いきいき元氣でありがとう

プロフィール
yujiさん
子ども達に「夢」「志」を、NPO法人岐阜立志教育支援プロジェクの活動を中心に、日々の活動、勉強、
趣味(家庭菜園)そして感じることを書いていきたいと思っています。
少しは自分の仕事の事も書いていきます。
  http://www.ikiikigenki.net/
宜しくお願いします。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:349897
Today:41
Yesterday:16
FB 友達 高橋仁也さんの、小沢一郎インタビュー ー2




高橋 仁也

6時間前

小沢さんに問う② 脱原発の状況をどう思いますか

 

Q3:原子力が安いという議論についてはどうですか

 

原子力が安いなど、まったくの嘘っぱちです。当初の設備コストだけを議論しているが、高レベルの廃棄物のコストがどれだけ必要なのか、また一度、事故が起きると、どれだけコストが必要なのか。

今は福島では、ぜんぜん対応ができていない。放射能を完全に封じ込めるため、あるいは県民のみなさんの生活、子どもたちが癌になるなどの問題、これを正す必要があります。それには、本当は膨大なコストが必要です。マスコミが、脱原発すると電気代が上がる、と騒いでいるが、それどころじゃない。

 

Q4:原発ゼロの現実性はどうか

 

すぐにでもできる。嘉田さんの言うとおり、資源を大切に使うということと、火力ガスコンバインドはCO2も少ないし、原子力に負けない効率のいい技術が日本で作られている。だから、原発ゼロというのはすぐにでもできるが、廃棄物の問題と福島の問題を、何とかしないといけない。

 

Q5:世の中の、原発に対する意識について

 

今の日本では一番の問題なのは、福島の問題をほっとらかしておいて、原発の話は絶対にしないようにし、本当のことを全部隠していることです。政官業、そしてその尖兵はマスコミですが、この選挙でも、原発のことのいっさい話をしない。

だから、みんなは安全だと信じ込んでいる。しかし、福島の人は深刻だ。これから発症するであろう病気のことを考えたら、悲劇ですよ。僕は本当にそう思う。しかも、何十万人が行くあてのないジプシーのような生活です。これは、本当に政治の責任です。これで、福島であれ、どこであれ、もう一度事故が起きたなら、日本は壊滅的なことになる。

 



コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=15631