いきいき元氣でありがとう

プロフィール
yujiさん
子ども達に「夢」「志」を、NPO法人岐阜立志教育支援プロジェクの活動を中心に、日々の活動、勉強、
趣味(家庭菜園)そして感じることを書いていきたいと思っています。
少しは自分の仕事の事も書いていきます。
  http://www.ikiikigenki.net/
宜しくお願いします。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:349896
Today:40
Yesterday:16
7月の杉本芳郎先生 健康教室・名古屋


7月8日の健康教室・名古屋は過去最高の参加人数でした。

節電の為、土日操業で木金が休みになり、參加できた人が多かったようです。

 

会場の都合で金曜日開催に変更しましたが、土曜日も考えねばと思いました。

 

人数が多いと、杉本先生も絶好調。

 

最初の立ち姿から、どんどん話題が飛び出します。

立ちながら聞くのは、チョット辛いところがあります。

 


体を痛めるのは、休んでゴロゴロしている時

気を抜いて時に、体を痛める

 

スポーツでも、子供相手だから、力を抜く

練習だから、適当にやる

 

その時に、体を痛める

 

筋肉に緊張がないと、代えって筋肉を痛める。


 
















夏場は塩と梅エキスを持ち歩いている

 

塩は手を洗う時に使う - 

       バイキンを洗い流してくれる

塩水スプレーは目が痒くなった時に

       目を洗うのに使う

 

梅エキスは喉が乾いたときに、少量口に含む

  唾液が出てくる 自然と喉の乾きも収まる

 

水は飲まない - 余計に体が疲れる

 

塩を舐めると、タンパク質の多い血液になる

  血液の流れが良くなる 

  疲れがとれる

  流れが早くなるから血圧が上がる-問題ない

 

  減塩はしてはいけない
















野球少年にバッティングの極意

 

  ジャストミートする所で一番力をいれる

 

  ジャストミートはヘソの前

  へその前にターゲットを置き

  そこ迄力いっぱいふる

  後は惰性でよい

  ヘソの前で如何に力が一番入るか

  その練習をする

 

 

夏でも、ズボン下をはく

 

シャツもキチンと着ているシャツ・ズボン下が汗を吸いとってくれる

 

二重構造の服だと、汗を吸いとりそれ以上、汗が出なくなる




















むくみ

 

  血液は栄養素・酸素を細胞に届ける働きをする

  最初は赤い血(酸素)・動脈

 

  細胞に栄養素を届け、静脈で戻ってくる

 

  静脈から戻った血は、肺に入り

  ヘモで酸素を取り入れ

  赤い血になる

  

  この循環がうまくいかないと、体でむくみがおきる

  特に、脂肪の多い血は、静脈に戻りにくい

 

  むくみになる

 

  治すには、運動と塩を取る

  血流がよくなり、むくみが取れる

   


















夏の疲れ

 

    肝臓の疲れからくる

 

    V字にして真直ぐ立つ

    胸を上げる

    アゴを上げる

 

    体が楽になる

 

やってみて下さい

 


<

夏の常識 夏の良識

夏の常識    夏の良識


 杉本芳郎先生の健康教室・名古屋の講話より

 
熱中症

   テレビでも、ラジオでも熱中症の予防に、水分の補給を
 充分にするように訴えています。

  では、水分が体内に入った時、体温と同じ36度に
 なるのに、どれだけの熱量、カロリ―が必要か。

 1g の水を  1度上げるのに、1カロリ―の熱量が必要
 コップ1杯100gの水 16度から36度に上げるのに
 2000カロリ―必要。
















大量の熱量が必要になります

 この熱量は肝臓のグリコゲンを膵臓のグレカゴンという
 ホルモンが糖にして出して、膵臓のインシュリンという
 ホルモンが糖を熱量に変えます。

 インシュリンで糖を熱量に変えたら、脳や臓器を守る、
 水分である細胞液も熱を持ってしまいます。
 それでは、脳や臓器を守れません

 だから水を飲めば飲むほど、熱中症になりやすい
 又、冷水を飲むと又水を飲みたくなる理由です
 熱くなった細胞液が水を欲しがるからです。

 夏場に水分を取り過ぎると、疲れがでると言われます


では、どうするか   昔の父母の知恵は


 土用干し、梅干しです

   紫蘇と塩で梅干しを漬けます
   紫蘇は食あたりの予防にいいです

   

   塩を取ると、タンパク質の多い血液になり血流が良く
   良くなります

   塩は陽イオンのナトリウムと陰イオンの塩素から構成
   されています、両方のイオンを持っている塩は細胞液
   の中にいち早く溶け込みます

   塩分を多く含んだ細胞液は、回りの細胞液と
   バランスをとるために水を必要とします、
   空気中や腎臓等から水分を吸収します。

   細胞液が水分を吸収すると、脳も内臓も暑さから守る
   事ができます

  塩は、夏など暑い時は、汗として排出されます、
  夏は特に多量に塩分を摂取しても取りすぎにならない

 
塩   ―   
            梅干し
      塩辛
      ゴマ塩      等で摂取する

   塩分が少なくなると


     筋肉痛
     目が見えにくなる
     老人肌

   土木、肉体労働者が塩分の多い食事を取るのは
   筋肉を強くするから

   塩を取ることで、こむら返り、筋肉痛を防げる


   塩は、前述した様に、血液の流れを良くする、だから
   血圧も上がるが心配ない

    夏の手洗いに塩を使うとばい菌の繁殖も押さえられる
   塩を入れた風呂に入るのもよい

   塩水スプレ―は目が痒い時、鼻がモゾモゾする時、
   喉の異常を感じた時に効果がある

 

貧血は塩分をとるか、赤梅酢を飲ますとスグ治る

 
夏の疲れ ―  肝臓が疲れている

        足をV字にして立ち、
        胸を上げる
        アゴを上げる
        体が楽になる

 -----------------

 梅干  ―  効用


①  クエン酸リンゴ酸コハク酸の有機酸の働きは、
      新陳 代  謝エネルギ―代謝が活発になり、
  疲労物質の乳酸を燃焼させ、身体の老廃物を
  身体から排除します。
  ゆえに疲労防止、疲労回復に効果があります。

②  味のさわやかで、食欲増進、消化酵素の分泌を
  高め、大腸の蠕動運動を活発にして便通を
  よくしてくれます。
  梅干を見るだけで、よだれが出ますが、
  食欲を誘ってくれます。

③  強力な殺菌作用をもち、特にクエン酸が
  細菌(雑菌)に含まれるタンパク質を凝固させて、
  繁殖力を抑制して、結果的に殺菌することになります
  昔の人はこのことを良く知っていた為、
  コレラ菌が流行ると、競って梅干を食べたので
  町から梅干がなくなったそうです。
  又、おにぎりやお弁当に梅干を入れて、
  腐るのを予防しました。

④  日本人が慢性的に不足している栄養素が
  カルシウム。カルシウムが不足
  すると骨がスカスカになり、骨折しやすくなる
  骨粗しょう症が起こりやすくなると言われています。
  しかし、カルシウムは非常に吸収されにくい
  栄養素であるため、吸収率を高める必要があります。   
  それを手助けするのが梅に含まれる
  クエン酸なのです。

⑤  梅干が疲労回復に良いというのはピクリン酸と
  いう物 質も作用している。
  ピクリン酸は劇薬だが、うまく解毒されていて、
  疲労回復に大きく貢献しています。

⑥  梅干に含まれる塩は、胃酸の働きを助け、
  食欲を増進して、血液に力を与えてくれます。
  血液は、昔から血潮といって塩は不可欠なものです。


-----------------------------

 皆様の常識とは、かなり違ったお話と思います。
杉本芳郎先生が、父・母から聞いた話し、
ヨ―ロッパで学んできたことを基本に話されています。

 昔から、夏場に氷・冷水を飲み過ぎると、秋から冬、体か疲れやすくなり風邪も罹りやすいと言われています。

 なかなか私もできてはいませんが、夏場は、梅エキスを少量飲む、白湯を飲むと良いと言います。

  冷たいものを飲み過ぎ、食べ過ぎ無いことが大切だと思います。

          いきいき元氣ネット  yuji でした



  

杉本芳郎 先生 語録 -1

今回は、健康の話題から少し外れて、

杉本芳郎先生が、名古屋健康教室で語られた事を
書きます。

「  日本の文化が、無くなってきている  」

「  先人の文化を見直す。  日本人が築かってきたモノを大切にする  」

* 日本の五節句

1月7日   人日    白馬    七草粥

 3月3日   上巳    曲水    流しビナ
                      江戸時代に  ひな祭りに

 5月5日   端午    武芸    流鏑馬
                   武勇に優れた人を、天皇が表彰するくす玉

7月7日   七日    棚機    機織      女の子の節句  裁縫
        中国の民話と一緒になり、七夕になった

9月9日   重陽    菊の節句         
        菊に長寿をお祈りする日

 棚機  ―  裁縫  ・  折目(しつけ)、結ぶ、ほどく  ― 
                         女の子のシツケ

 桃の節句  ―  桃の木は、厄除けの木

 節分  ―  豆まき    大豆を火の中に入れると、
               音が出る   ―  音で鬼を追い払う
        ヒイラギの葉を、玄関に置く


*  大黒天  と  恵比寿

大黒天  ―  大國天  おおくにのみこと   
               国津神・くにつかみ

恵比寿  ―  蝦夷・エビス    東北・北海道を指す

*    神  様              仏  様
  -----------        ------------
 榊  さかき          香花  こうばな

お水―自然          お茶―先祖を慈しむ

  神棚                仏壇

* 神  ―  自然  ―  宇宙

   大切にする  生きていく為に

   便利    ―  人間の体をこわす

   豊かさ  ―  自然を壊す

* 崇  あがめる  ―  山を神様として崇

   山を大切にした  ―  水をきよらか  ―  水が飲める


* 旦那 
―  ダナ―(インド) ―  無償で仕える人

         ドナ―  ・  ダンナ  ―  だんなさん

         おかみさん(お神様)


* 豆腐  と  納豆    ―    字の意味が逆になっている

    豆腐は、明治以降の言葉
     本来は、おかべ(白いカベ) ― 公家の食べもの


* ゆず湯

   一年の汚れを落とす為に、おこなった
   「ゆず」の酸・酢の作用を利用した
   体の汚れを落とす  ―  毛穴の汚れを落とす
                  ので、体が温まる

   ダイダイ  ミカン  ゆず  りんご  等

 

「  昔の人が、やっていた尊い事を、伝え守る  」

「  正しい事を、正しい眼で観る  」


参考  「  美しい日本を探して  」    杉本芳郎著    文芸社

         いきいき元氣ネット yuji でした 

杉本芳郎 健康教室・名古屋 6月

6月3日 杉本芳郎先生の健康教室




まず、1時間 基本の姿勢でマットの上に立ちます

姿勢をお互いチェックします

手の位置

肩・腰・顔の位置

細かいところは、先生が指導されます



一人 壁で立ってみえます

 ETの姿勢から、手を上に上げます

左右に振れないかチェック

キチンと真直ぐに手が上がっているか

 先生がいろんな話をされます

 その時は、休むチャンス

「 クツ医学 」  ドイツが一番進んでいる

   杉本先生は、ドイツで「クツ医学」を
   学んでこられた

    クツは 「 小さめ 」

         「 クツ底が硬い 」

           「 カカトが高い 」

       * 足の筋肉をつける

       * 筋肉をキチンと使う

      クツが広い・大きいと - 足の骨が広がる 
                                  - 外反母趾になり易い 
 



 

立つとき・座るとき

  ・ ヒザを押さえて 座る・立つ

  ・ モノに手をついて 立つ・座る をしない

      手を使うと、神経が手にいき、

     逆にヒザを痛める

 ・ 階段を昇るときも、ヒザに手を当て昇る


イスの座り方

・ 浅くすわる
・ 運転するとき、イスとの間に中置をつくる
     背もたれを使わない
     疲れにくくなる 
 


今月の歩きは「 ケイシン 」

  尾骶骨を押しあげる

 

リンパ球を育てるのは紫外線

  外で遊ぶ

  朝の散歩が一番

  できたら昼も散歩する

  紫外線が血液を造る手助けをする

今日參加してみえる方で、焼津のVIP教室に

毎月通って人もいる

早く自分で悪いところを治したい人は、

ぜひ、焼津VIP教室に行かれることを

お奨めします

     焼津VIP教室案内

毎月、伊那から二名の方が、名古屋教室に来られる

以前は、伊那にも教室があったが、無くなってから名古屋まで

バスで来られてる



                        いきいき元氣ネット yujiでした

杉本芳郎先生の健康教室

杉本 芳郎先生  の健康教室

先生の  講義と  歩き方の  実習

講師    杉本  芳郎  先生
    すぎもと  よしろう

正しい歩き方・正しい姿勢を学び、健康で良い人生をすごしましょう。

体のいろんな仕組みを、知って、どうすれば体に良いか勉強しましょう。

*長い人生で痛めた体、自分の力だけで治す方法を、指導していただけます。
足の痛み、腰の痛み、肩こり等で、困ってみえる方に、バランスを取り戻す
歩き方、体操の指導をしていただけます。

もう一つ、絶対お勧めなのが、靴のインソ―ルです。  歩く時間
立っている時間の長い方、是非、ご自分の靴に、先生が開発された
インソ―ルを入れられることをお勧めします。  私も体験済みです。


1  WHEN  4月8日(金)  13時―16時

     第ニ金曜日です
     ~~~~~~~~~~~~~~~

2  WHERE      愛知県菓業会館  3F      (「豆福」の前です)
     名古屋市西区新道2丁目15番17号
     TEL  052―561―3380

3  FEE          お一人  3000円

4  MENU     13時―14時 立ち方・基本の歩き
         14時-15時  杉本先生のお話し・講義・
                  質疑応答
         15時―16時  歩き方の実習  その他

5  持ち物    くつ下着用 短スカ―ト(ひざが見える着衣)


6  ゲスト大歓迎です
    健康に興味のある方  たくさんお誘いください


7  次回        5月6日(金)  午後1時より

  場所  菓子会館三階  です。第一金曜日になります。


8  行き方    *JR名古屋駅より        徒歩15分

       *バス
         名古屋駅市バス  乗り場
         ①5番乗り場
         幹名駅1――上飯田/大曽根  ~~~~  方面
         名古屋駅より  2区  菊井町下車


申込先     yiwata@quartz.ocn.ne.jp


                                いきいき元氣ネット yujiでした

 

杉本芳郎痩身美容教室 in 名古屋
昨日は、杉本芳郎痩身美容教室の名古屋教室「杉本芳郎健康教室」でした。

場所は愛知県菓業会館-名古屋の銘菓「豆福商店」の前です。

正しい歩き方・正しい姿勢を学び、健康で良い人生を過ごしましょうと始まった教室も7年目を迎えます。















最初の1時間は、基本姿勢のチェックです。お互い前の人をみて姿勢の歪みを指摘し合います。先生も鋭く指摘して頂けます。















次の一時間は杉本先生の講義と質疑応答です。
体の仕組みを知って、どうすれば体に良いか勉強します。目からウロコのお話しが満載です。あっという間に一時間が過ぎます。















最後の一時間は、歩きです。 短いゴムシートの上を基本の姿勢で歩きます。後半20分は今月の歩きで48種類の姿勢の中から毎月変わってきます。結構キツイです。

教室が終わる頃には、姿勢が悪かった人もだいぶ良くなっています。
私も昔は、すぐ腰が痛くなり整体等アチコチ行きましたが、今はめったに行くことはなくなりましたし、少しの事は自分で歩きで調整します。

次回は、4月8日(金)午後1時からです。
長い人生で痛めた体を自分の力で治す方法を指導していただけます。

               いきいき元氣ネット yujiでした