いきいき元氣でありがとう

プロフィール
yujiさん
子ども達に「夢」「志」を、NPO法人岐阜立志教育支援プロジェクの活動を中心に、日々の活動、勉強、
趣味(家庭菜園)そして感じることを書いていきたいと思っています。
少しは自分の仕事の事も書いていきます。
  http://www.ikiikigenki.net/
宜しくお願いします。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:349902
Today:46
Yesterday:16
| 1 | 2 | 3 | 最初 | next>>
臥龍 こと 角田識之氏 より 第三回岐阜立志教育支援フォーラム

臥龍こと 角田識之氏のメルマガより

第三回 岐阜立志教育支援フォーラム

YouTube を追加しました。

いよいよ明日です。

20日 午後1時30分

じゅうろくプラザ 大ホール


お席の余裕あります。

当日參加も歓迎です。

無料で素晴らしいお話し・コンサート

です。




■「お志事は、ひそやかに用意される」


始めたときは、それが将来、どのような大きな意味を持つものか分からないものというものは、
たくさんあるようです。


イチローの子供のころのバッティングセンターでの一打、
石川遼選手の子供のころのティーグラウンドでの一打
など、皆、そうでしょうね。


臥龍にとっての「志授業」の第一回がそうでした。


「お志事は、神の御手によって、
        ひそやかに用意される」(臥龍)

 

この第一回の「志授業」は、今思えば、必然のように四人の男が集わされたことで生まれました。


井上武、岩田雄治、西原朗、そして臥龍です。


あまりに見事なセッティングで、神にはめられたような思いです(苦笑)


 

臥龍の天命である「東アジア・幸福感ルネッサンス」への貢献は、

次の三つの事業を22世紀の世に送ることで完遂する予定でした。


1.「人本主義」の古典を著し、遺す。

2.「幸福感ルネッサンス」のシンクタンクとして
    「APRA」を 遺す。

3.「社会志産」としての「感動物語コンテスト(カンコン)」     を遺す。

それに次のものが加わりました。

4.時代を切り拓くSK(スーパー勘違い)を輩出する「志授業」の教育文化を遺す。

 


■「口に出すことで、胆(はら)に落ちていく」


「志授業」の教育文化を遺す「志業」として、
48都道府県に「NPO法人・立志教育支援プロジェクト」を設立します。


そのモデルとなる「NPO法人・岐阜立志教育支援プロジェクト」の年に一回のイベントが、
「立志教育支援フォーラム」です。


今年で三回目になります。


今年は、8名の中学生が「我が志」を発表してくれます。


楽しみです。


★08月20日:「第3回立志教育支援フォーラム
                      ・2011」IN岐阜

★詳細は→ 
http://gifu-kokorozashi.jimdo.com/




また今年は、全国に「志授業」を普及する同志が集う

「立志教育支援プロジェクト・ネットワーク会議」の第1回目も開催されます。


★08月21日:「第1回立志教育支援プロジェクト・ネットワーク会議」IN杉原千畝記念館


★詳細は→ 
http://gifu-kokorozashi.jimdo.com/


この同志の集いの第1回目が「杉原千畝記念館」というのも、まさに神の御手を感じます。

 

それにしても、「志」は表明してこその「志」だと思います。

「志」を思っただけでは「頭の中」です。

口に出し、表明することで、初めて頭から出で、胆(はら)に落ちていくような気がします。

そして、口に出し、表明することで、初めて同志が集ってきます。

頭の中に思っているだけでは、流れない水と同様、淀んでくると思います。

表明することが大事です。

 

しかし、この表明は大の大人でも勇気が必要です。

ましてや小中学生で、表明するのは大変です。

応援の気が要ります。

あなたも是非、子供たちへの「応援団」となってください。


★08月20日:「第3回立志教育支援フォーラム・2011」IN岐阜

★詳細は→ 
http://gifu-kokorozashi.jimdo.com/


-------------------------------------------

臥龍のメルマガより




            いきいき元氣ネット  yuji でした

第三回 岐阜立志教育支援フォーラム

第三回
 岐阜立志教育支援フォーラム

日時  8月20日

    午後1時30分~4時30分

場所 じゅうろくプラザ 大ホール


 「子どもたちの立志に未来を託そう!」

    ~立ち上がれ日本!
       教育の復興をともに見つめよう!~

広がりのある楽しく役に立つ会になりました


1.臥龍の基調講演

2.子どもたちによる「夢・志」発表
      ・中学生8人が発表します
3.「道徳のまち」笠松町の取り組み 
       広江笠松町長
4.岩手県北上市教育長 石川秀司さん
      ・岩手県でスタ―トする取組発表
5.ゲスト・ミニコンサ-ト
        AUN 太鼓・三味線
       (今年5月サラマンカホールでコンサートが
                 開催されました)
             




  
後援 岐阜県教育委員会・岐阜市教育委員会・   羽島市教育委員会・羽島二郡教育委員会

  

   HP  岐阜立志教育支援プロジェクト

        HPに申込書があります



8月21日に
「第一回 立志教育支援プロジェクト
        ・ネットワ-ク会議」開催します

立志教育を進めている全国の仲間が集まり、情報交換・知恵の共有をします。

場所も、岐阜県が生んだ志ある外交官の故鄕

八百津町、杉原千畝記念館です。



ぜひ、中学生たちの「夢・志」発表を
聞きに来て下さい。



          いきいき元氣ネット yuji でした

寺尾 ほたる公園
「志授業」を実施していただいた、
各務原市立稲羽中学校の校長先生の案内で

関市武芸川町寺尾 ホタル公園

に行ってきました。

東京から、臥龍夫妻 そして台湾から臥龍の心友 王さん
総勢、9人で出かけました。













憩いの館で、ホタルについて説明を聴きました。
















ホタルの幼虫は水中ではエラ呼吸、孵化してホタルに変化する。 基本は1年の寿命。
















このホタルの幼虫は、孵化しそこなって、来年まで
幼虫のまま過ごすそうです。 5月には蛹になり孵化
の準備をするそうです。

















ホタルがサナギになる土手の様子。 
















ホタル公園では、乱舞していました。
このように手のひらに乗ってきてくれます。

ある友達は、5匹を捕まえ、手のひらに載せました。

















本当に久しぶりに、ホタルを堪能しました。

時期は年によって違うとのこと。
昨日は、ジャストタイミングだったようです。

段取りをしていただ先生に感謝です。

場所は

     関市武芸川町谷口(寺尾)
                     寺尾小学校の近くです


日曜日には ほたる & 音楽鑑賞会があります。



         いきいき元氣ネット  yuji  でした


志授業のコーチング研修会
「志授業」のコーチング研修会

子どもたちの立志に未来を託そう!

       立ち上がれ日本!教育の復興をともに見つめよう!

昨年に続き、2度目の小中学校の先生方を対象にした
研修会を開催した。

準備が遅れ、バタバタだったが、70数名の方に參加して戴けた。



























期日までに、事前申し込みをしていただいた方には
「志授業コーチ認定書」をお渡しした。

















「志授業」のコーチ心得・五箇条

一 「未来からの使者」

   その子の表層ではなく、「未来からの使者」として
   未来像を信じ切る。

一 「キャッチボール」

   
その子の「夢描き力」を高めるものは、温かい
   キャッチボールである。

一 「5の5の育成」

   
その子が全力で仕上げたものは、全てが
   100点満点である。

一 「IQも大切、EQはもっと大切」

   
社会人としての「お役立ち力」の要となる「EQ」が
   高まる環境を整える。

一 「立志人のお手本」

   
自らが「立志人」のお手本となるべく、未来観と
   使命感を高め続ける。

















理事長が挨拶でお話ししたように、今回は自らの
意志で参加された方が多かった。

これからの「志授業」の展開に楽しみが増えた。

この授業も四年目に入り、継続の成果が少しづつ
現れてきたと思う。

今後も、しっかり継続していきたい。


8月20日の

   「 立志教育支援フォーラム」

8月21日の

   「 全国立志教育ネットワーク会議」

を成功させたい。



         いきいき元氣ネット yuji でした



「志授業」 岐阜市立島中学校
岐阜市立島中学校で 「 志授業 」

笠松中学校で、2度志授業を実施していただいた、
水谷校長よりの依頼で実現しました。




















校長室はもちろん、玄関・校内のあちこちに
学校経営の指針が掲示されています。





















「 志をもち、共に向上する 」





















学校経営の基本方針があり、その上で生徒に優しく
接しておられる校長先生の日常行動の
賜物が「志授業」に結実したと思います。

蒸し風呂の様に暑い体育館でしたが
生徒たちは、臥龍の授業を90分
しっかり聞いていました。
生徒たちが書いてくれる、「夢作文」「お役立ち山」が
楽しみになりました。





































今回は、中学生バージョンとして、最初に就職と就社の
違い、正社員とパートとの生涯賃金の差等
子ども達の目を開く新しい話しでスタートしました。


キチンと受け止めてくれたと思います。



















生徒代表から、花束を受け取る、臥龍。

8月20日の立志教育フォーラムで2名の生徒に
発表していただけるよう依頼しました。

今年度、志授業を実施した学校は、
全て校長先生からの依頼により、実現。

また、どの校長先生もニュアンスの違いはあるが、
「 志 」を学校経営の基本にしておられる。

楽しみになってきました。



           いきいき元氣ネット  yuji  でした












志授業のコーチング研修会 2011

志授業のコーチング研修会

子どもたちの立志に未来を託そう!

日時   2011年 6月30日(木)

時間   19時 ~  20時45分

場所   ハートフルスクエアーG     2F  大研修室

内容   19時     開会 
 
      19時10分  講演   臥龍  こと
                          
角田識之様

      20時20分  質疑応答・
               コーチ認定書授与

      20時40分  閉会

特典  6月24日までにお申し込みの方には

      「志授業コーチ認定書」
      を発行します


講師   角田識之様  志授業提唱者

                NPO法人岐阜立志教育支援プロジェクト理事

申し込みは下記の書類にて

志授業のコーチンク研修会案内書
志授業2011.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [1.6 MB]
ダウンロード
志授業のコーチング研修会 申込書
志授業2011申込書.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント [196.2 KB]
ダウンロード






           いきいき元氣ネット  yuji でした

「志授業」が岩手県北上市で本格化しました
「志授業」 が 北上市で本格スタート

              岩手日日新聞より

夢の実現 諦めずに
  〜角田さんが講演
       北上・和賀東小

 



 北上市立和賀東小学校(中川久美子校長、児童数345人)で1日、県内で初となる小学生向けの
「志授業」が行われた。

立志教育の先進地岐阜県の
NPO法人岐阜立志教育支援プロジェクトの講師で、
経営コンサルタントとして国内外で活躍中の
臥龍先生こと角田識之さんが、
同校の4~6年生160人を前に「志」について説いた。

角田さんは「自分の未来は、自分で決められる」とし、
志や目標を持ち、その実現に向けて諦めずに
取り組むことの大切さを強調した。

 志授業は、同校創立10周年実行委員会(石川秀司委員長)主催の記念事業の一環で開かれた。

角田さんは「『人生経営の社長』に贈る『志の授業』」と題し、自らの体験や映像で世界の子供たちが置かれている状況などを紹介しながら、志を持って生きることの意義について語った。

 角田さんは「私自身、小学生の時は人と会話ができなかったが、今は世界中にたくさんの友人がいる。
人は変われる。皆さんは一人ひとりが『人生経営の社長』であり、主役だ。
自分が将来どうなりたいかを考え、諦めないこと。
志を明確にすることが、幸せのスタートになる」と述べた。

 角田さんは近年、就職した新規学卒者の3人に1人が3年以内に離職している現状に触れ「職に就いていない。入社がゴールになっているからすぐに辞める」と指摘。
その上で「幸せ感は人それぞれだが、共通しているのは人に感謝されること。そのために、自分は何ができるか、何をしたいか、何になりたいかを考え、『お役立ち山』を登ってほしい」と児童にエールを送った。

 授業は90分間の長丁場だったが、児童は誰一人として教室を出ることなく、角田さんの話に熱心に聞き入り、志や目標を持つことの大切さとそれを実現するための心構えをしっかりと学び取っていた。

 児童は今後、将来の夢や志、それを実現するための人生ステージを「お役立ち山」「夢作文」にまとめ、今秋に予定している創立10周年記念式典などで発表する予定。

 児童向けの授業終了後には、児童の「お役立ち山」「夢作文」の作成を指導する担任教諭を対象にしたフォロー講義、保護者を対象にした特別授業も行われた。

 市教育委員長でもある石川実行委員長は「和賀東小の卒業生が進む和賀東中では30年も前から立志式が行われており、市内の他の中学校にも波及している。小学生の段階で夢作文を書くことは立志の準備になるはず。市教委としても、立志教育の研究を検討しており、今年度は先進地の情報収集などを行う予定」と語った。

【写真】4~6年生160人を前に志を持つことの大切さを説く角田さん


北上の石川さんと、連携して、岐阜も負けないように
「志授業」を広めていきたい。

岐阜の次は

   6月30日  岐阜市立島中学校


            いきいき元氣ネット yuji でした

岐阜立志教育の今後の予定
NPO法人 岐阜立志教育支援プロジェク


の今後の予定です。

HPも、更新しました、一度見て下さい




1. 「志授業」 島中学校

 

   「志授業」  1~3年生

   岐阜市立島中学校

 

   平成23年6月30日(木)

 


 2. 教員向け 研修会


 「子ども達の立志に未来を託そう !」

    ~志授業のコーチング研修会~

 

     平成23年6月30日

   午後19時~21時30分

 

   岐阜ハートフルスクエアー 中会議室

 

 

3. 第三回 岐阜立志教育支援フォーラム








 「子ども達の立志に未来を託そう !」

   ~立ち上がれ日本!教育の復興を共に見つめよう!~

 

    

   平成23年8月20日(土)  午後1時より受付


   じゅうろくプラザ (岐阜市文化産業交流センター)   

       

                 岐阜駅前  

       600人の会場

 

        時間  午後1時30分 ~ 午後16時30分

 

4. 全国立志教育交流会

   ~各地の立志教育 志者の交流会~

 

日時   平成23年8月21日(日)   

 

時間   午前9時 ~ 午後16時 頃

 

場所   杉原千畝記念館    

          加茂郡八百津町

 

          杉原千畝記念館HP 

 

 

 

 

 

       いきいき元氣ネット  yuji でした


 

志授業 第三弾 北方中学校教職員研修
午前中の「志授業」に続いて、午後は教職員研修

「先生のお志事は未来を変えること」















北方中学校の先生方全員が研修に参加されました。

MDSの成功の秘密を探り、北方中学に置き換え、
実行するテーマを決める研修です。

さすが、先生方、発言・議論も活発でチーム討論が順調に進みました。

















全員参加の研修で、先生方の想いの方向は決まりました。
提案された、実行方法をよく検討し、決めれば
北方中学校が大きく飛躍できる事と思います。


久しぶりに、研修のお手伝い?を、させて頂きました。

校長先生の「感動」教育を推進する一歩が刻まれました。



  訪問すると、すぐ撮影され
  帰る時に、渡された
 
  記念の写真立て。

  進んだ会社でも、ここまでは
  なかなか出来ません。






写真だけでなく、
メッセージもキチンと
入っています。







次回、訪問するときが、楽しみになってきました。

先生方の、活躍をお祈りしています。



          いきいき元氣ネット yuji  でした
「志授業」 北方中学校    連続講話 第二弾
「 志授業 」  北方中学校   


「 高い志をもって、
      自分の人生経営の社長になろう 」


のテーマで、全校生徒600名と
家庭教育学級で参加された
父兄、100名での、講話になった。

















北方中学校は、NPO法人の仲間の先生が4月に
赴任され、今回の企画を4月第一週に
計画され実現したものです。


教育目標も

 「 高い志をもって
      生き抜く力を身につけた
                 生徒の育成 」

さっそく「志」を取り上げらていました。


今回の 「志授業」 は仲間の学校と言うこともあり、

臥龍も、90分フル回転の密度の濃い講話でした。

昨日の、稲羽中学校から、中学生向けの「志授業」に
バージョンアップされ、より完成度が高くなりました。




 


























生徒たちの、「 お役立ち山 」 「 夢作文 」 が楽しみになりました。

生徒の感想、質問と生徒会長のお礼の挨拶、3年生の
お礼の合唱と続きました。

中学生になると、周りを見まわし、なかなか質問・感想が
でません。
それでも1-2人終わると、少しづつ手が
上がり始めました。

















取材に来られていた記者の方が、お二人とも、
大変参考になりました。
良かったですと言っていただいた。

昨日の、稲羽中学校の父兄の感想を読みましたが、
前向きの良い感想が多かった。


次回は、6月30日の、島中学校  

そして

8月20日の立志教育支援フォーラム 
                 600人会場へ 続く

しっかり計画を立てて進みたい。



          いきいき元氣ネット  yuji  でした



| 1 | 2 | 3 | 最初 | next>>