ゆったりほっと山歩き

プロフィール
ヤマケンさん
復興しよう!!
岐阜県郡上市在住山とMacと酒が大好きな中高年です。山と川をめぐる環境を守る為の活動がしたいと思っています。
日本山岳ガイド協会認定登山ガイドステージ2️
森林活動ガイド
登録番号 第212864号
CONEリーダー

QRコード
アクセスカウンタ
Total:893841
Today:39
Yesterday:266
<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
大変ご無沙汰しておりました
最近、Face Bookに寄り道しておりましてすっかりこっちの更新が滞っておりました。
久しぶりに覗いてみると、全く更新していないにもかかわらず昨日も200以上のアクセスを頂いており、申し訳ないと思いました。

さて、そこで近況報告。

先月、22日〜24日の三日間、富山県は立山町の国立登山研修所へ行ってきました。
登山ガイドの講習検定会のためです。

積雪2メートル近く、郡上とは比べものになりません。
そんな雪の中、急斜面をガイドするための技術や、雪崩に巻き込まれた人を救助する訓練をしてきました。

めっちゃハードでした。
三日間まともな昼飯は食べてません。
自分で用意した動きながら食べることができる物のみ。

まぁ、山ではいつもそうなんですが。

朝は5時起き。
野外の実技を終えて、夕食後9時過ぎまで講義、当然ビール無し。
クタクタです。

3日間おえて、午後三時解散、すぐ帰れるかと思いきや研修所の駐車場から出て行けない車が続出、雪に埋まって。
雪になれてない地方の人もいてFRだったりして、そんな人たちを見送ったら結局4時過ぎ。

愛車ジムニーは難なく雪を押しのけ発進。
立山周辺はガンガン降ってました。

立山インター近くのスーパーで地元ならではの鮮魚やら干物を購入して自動車道に乗る。
北陸自動車道には雪はありません。富山の平地は雪降らないんです。

問題は、東海北陸自動車道。
五箇山とか白川郷のあたりがひどい吹雪で前が殆ど見えない、そんな道を時速80キロでとばすわけです。

生きた心地がしなかった。
そんな僕の車を追い越していくバカがいるのにも驚き。
あそこで少しハンドル操作を誤ったりブレーキを踏んだら、、、、

雪が降りそうなときは今度から下道にしよう、たとえ時間が掛かっても。

そんなことで我が家へ帰り着きほっとしました。

ところで、登山研修所であるとき飲んだ水道水。
旨いんです。
朝、実技に出かけるとき洗面所で水道水をペットボトルに入れてる人がいて、水道水なんてまずいだろうと思ったんですが、試しに飲んでみると???

旨い。

僕も三日間ペットボトルに入れて飲みました。

富山の友達に聞いてみたところ、地下深くからきれいな水をくみ上げているところや、海洋深層水を使っているところ、立山の水を使っているところ、某清涼飲料水メーカーの水をくみ上げる所と同じ水源の水を水道水に使っているところなど。

あるんです。

富山の水道水は、旨い!

僕はペットボトルで持って帰ってきました。
ウイスキーや焼酎を割ると旨い。

良いなぁ富山。

で、訓練風景です。

Untitled

フィックスロープ設置訓練中

Untitled

雪崩救助訓練中

北アルプス沢周遊
先週の三連休、
北アルプス薬師岳周辺の沢登りに行ってきました。
 
稜線には既に秋の風が吹き、紅葉が始まっているところもありました。
 
今回は荷物を絞り込んだため、iPhoneのカメラしかなく、バッテリーのこともあって少しか写真は撮れませんでしたが、山行の雰囲気は伝わると思います。
 
Untitled

かなり荷物は絞り込んでいます。
8〜9㎏くらい。
 
Untitled

曇り時々晴れ、入渓。
 
Untitled

谷は苔もきれいですね。
 
カメムシの幼生?
 
Untitled
岩が大きくなってきました。
 
Untitled
滝も出てきたよ。
 
北薬師を望む僕らのテン場
かなり頑張ったけど今日はここまで、ガスの間から北薬師岳が。
 
Untitled
ツエルトの夜が来て
 
日本クライミング界の黎明期を担った男
ヒマラヤからヨーロッパの山々を渡り歩いてきた大ベテラン。
67歳、本気で歩いたら僕も付いていくのがやっとです。
 
Untitled
言葉は要らんね
 
Untitled
みんなが寝静まったら腹減った
 
Untitled
今日も安全に、晴天をお願いします〜
 
Untitled
傾斜がきつくなってきたぞ
 
Untitled
二股には雪が、、、水割りに使うか?
 
Untitled
すっごい高巻きの後、伝わらんなぁ。
 
Untitled
まだまだ滝
 
Untitled
ここはザイルなしで越えます!
 
Untitled
余裕だぁ
 
Untitled
難所を越えて劔が見えてきた。
 
Untitled
極楽じゃ〜
 
Untitled
チングルマもおわり。
 
Untitled
スーパー爺さん
 
Untitled
タテヤマリンドウが揺れてました
 
Untitled
遠くに槍ヶ岳を望む稜線にでます
 
Untitled
二日目の沢〜
 
Untitled
北ノ股岳から富山湾!
 
Untitled
疲れたぁ。
 
長い長い山旅でした。
 
白山へ行ってきました
先日の日曜日、白山へ行ってきました。

6月〜8月初めまでの白山は花の山です。

とにかく素晴らしいの一言に尽きます。

Untitled

タカネナデシコ、平瀬道の途中では一カ所でしか咲いてませんでした。

他にも

Untitled

タカネマツムシソウ

やら

Untitled

シモツケソウ
みんな咲き乱れておったよ。

その他色々、こちらでご覧ください。
近場の楽園
土曜日、近場の沢へ写真を撮りに行ってきた。
車で20~30分の所、行程は大したことないので午前中で終わって帰ってくるつもりだったのだが、、、

こんな感じに始まって

Untitled

こんなところが現れ

Untitled

こんな風になって

Untitled

こういう所もありーの

Untitled

こんなとこもあり

緑の谷

ため息がでた。

まだまだ素晴らしい景色が広がってました。
こっちで見てください。
306/

ちなみに撮影に夢中になりすぎてうちへ帰ってきたら二時半でした。
昼飯食べるのも忘れてた。
タグ: 沢登り 郡上
ghee の田植え
土曜日、白鳥はgheeの曾我さんちの田んぼで田植えをしてきました。田植機を使わない手植えで、
Mother Natureの千葉くんと曾我さんの共同企画です。

手で田植えをするなんて、機械植えの植え直しをちょこちょこするぐらいで、子供の時以来やったことが有りませんでした。

結構たのしい。

10人くらいでやったのでたいした作業じゃなかったということもありますが、自分で米を作るという感触がしました。

農業に限らず、物を作るというのは手を動かすというのが基本ですね。
そこに愛情が生まれる。

種籾への消毒以外は農薬を使わない、という減農薬栽培で、しばらくしたら雑草や害虫を食べてもらうために鯉の稚魚を放すそうです。

それも見に行ってみたいなぁ。

大きくなった鯉をたんぼからすくう時も楽しそう。

稲刈りもしたい。(自分とこの田んぼが先やろ?)

ん〜収穫まで楽しみです。
いずれは自分の田んぼも減農薬から無農薬にしたいとも思っているので、大いに参考にさせてもらえそう。

千葉くん、曾我さん、有り難うございました。

Untitled

その他の写真はこちらでご覧下さい。




タグ: ghee Mother Nature
内ヶ谷
先日の土曜日、
大和町のの内ヶ谷へ行ってきました。

長良川水系・水を守る会では、毎年内ヶ谷の自然を知っていただくためにツアーを企画しています。

僕は実は初めての参加。

今までは時期がもっと早かったので田植えとか畑の仕事が重なり参加できなかったのです。

Untitled

先ずは谷の入り口で一休み、緑が綺麗です。

小さなカジカがいた、内ヶ谷行。

郡上ではカブ、小さいです。8センチくらい、僕らが子供の時は15センチ位のがいましたね。

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

Untitled

1センチでもシダはシダ。

あぁ、美しい谷だ。

河口堰とセットで建設が計画された内ヶ谷ダム、既に建設する意味が薄れてきていると思う。

一度水底に沈んでしまったら、取り戻すことは出来ない。
連休最終日
ゴールデンウイーク最終日、
みなさま如何お過ごしでしょうか。

さて、昨日から日本中の全ての原発が停止しています。
実に喜ばしいことです。
こんな日が永遠に続くことを願います。

一日もはやく日本中で原発に頼らない生活が送れるようになりますように。

お休み中は行楽に出かけられた方も多いと思いますが、私は当然山へ向かいました。

3日〜4日の予定で北アルプス、奥穂高へ。

しかし、天候不順で全体の予定を1日ずらし、それでも天気の具合が悪いので、福井県の白山山系三之峰へ予定を変更し、それでも具合が悪いので結局福井県の取立山というハイキングレベルの山へ行ってお茶を濁してきたのでした。

あ〜ぁ、です。
天気が良かったのがせめてもの救い。
写真は咲き始めていたイワウチワ。
光にあふれてます。
イワカガミ

白山から別山が雄大です。
Untitled
タグ: 取立山
盛り上がった!
昨晩は盛り上がった!
我が家での家呑み。
おっさん4人が原発や震災復興について語る語る?

いや、ただ音楽と酒と自分の好きなことについてだらだらと熱く盛り上がったのでした。

6時過ぎから始まって、気がつけば深夜2時過ぎ。

こういうのもたまには良いでしょ。
料理の準備が忙しくて写真撮るのも忘れてた。
昨日は僕の山野草料理と持ち寄りの心のこもった品々でした。

シャクのごま和え、甘草の酢味噌和え、アケビのピーナツ和え、コゴミのマヨネーズ和え。
煮豚、友達のお母さん手作りのお総菜、友達が売っている自慢の商品、忙しい中ゲットしてきてくれた総菜等々、
そして、大量の酒類。

ほとんど無くなった。(^_^;)

そしてみんな寝不足の顔で今日も頑張っているだろう。

Cくん、Hくん、Mさん。
楽しませてくれてありがとう〜。

また呑もうぜ!

ついでに先日行ってきた石徹白の野伏ヶ岳の写真Flickrにアップしてます。

Untitled



タグ: 野伏ヶ岳
今年も蕗の薹
今年も春はやってきました。
悲しいと辛いこと、嬉しいこと楽しいこと

色んな事が人生にはあるけど、春は必ずやってきます。

春だね〜

蕗の薹が顔を出し、鳥が鳴き、風は色を変えます。

あぁ、春よ春。

そして蕗の薹はこんなごちそうになるのです。

今日採った蕗の薹で蕗味噌作りました。

蕗味噌、酒の肴には最高です。
春はここから始まります。
アルコールストーブと固形燃料
アルコールを燃料にしたストーブと固形燃料を使ったストーブ。
ストーブというのはいわゆるコンロのことです。

アルコールストーブとエスビットのセット、コンロも燃料も全部コッフェルに収まります

色々工夫して組み合わせてみたら直径15センチのコッフェル(登山用の鍋などの呼称です)にコンロから燃料、調味料、全部収まりました。

これは結構凄いです。

一泊二日のテント単独行なら十分行けます。
荷物軽いです。
わくわくです。
<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>