なしきのブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:200206
Today:54
Yesterday:74
韓国史実基づく社会派映画『国家が破産する日』11月日本公開決定
韓国映画『国家が破産する日』が、11月8日よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国順次公開されることが決定した。

本作は、1997年に多くの自殺者まで出した韓国の通貨危機の裏側を暴き、政府を痛烈に批判する、史実に基づく社会派映画。国家が破産する日 DVD

「国家が破産する日」は、韓国が経済の好景気が続くと信じて疑わなかった1997年を舞台とする作品。通貨危機を予測した韓国銀行のハン・シヒョンは非公開の対策チームを招集する。しかしそのときには、国家破綻までわずか7日間となっていた。同じ頃、危機の兆候を独自にキャッチした金融コンサルタントのユン・ジョンハクは一世一代の勝負に出ることに。さらに経済情勢に疎い町工場の経営者ガプスは、大手百貨店からの大量発注を手形決済という条件で受けてしまう。世界で一番可愛い私の娘 DVD

シヒョンを演じたのは「修羅の華」のキム・ヘス。ジョンハクに「バーニング 劇場版」のユ・アイン、ガプスに「黒く濁る村」のホ・ジュノが扮した。またシヒョンと対立する財政局次官役で「1987、ある闘いの真実」のチョ・ウジン、IMF専務理事役で「ジェイソン・ボーン」のヴァンサン・カッセルが出演している。監督を務めたのはチェ・グクヒ。泡沫の夏 DVD

「国家が破産する日」は東京・シネマート新宿、大阪・シネマート心斎橋ほか全国にて順次ロードショー。
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=205060