なしきのブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:195332
Today:39
Yesterday:121
愛する人の真の顔をその死後に知る『ミセス・ウィルソン』7月日本初放送
愛する夫を心臓発作で亡くしたウィルソン夫人には、悲しみに暮れている余裕などなかった。彼の死後、別の妻と家庭の存在が発覚したのだ。実話をベースにした衝撃の物語『ミセス・ウィルソン DVD』が、7月17日(水)よりスーパー!ドラマTVにて独占日本初放送。

英BBC Oneで昨年放送され、英国アカデミー賞にもノミネートされたミステリードラマが早くも日本上陸。本作は、主演を務めるルースの祖母アリソン・ウィルソンの実話を基に、アリソンとその家族の回顧録から製作され、全3話となる。ルースは本作で主演を務めることについて、「祖父母の常識では考えられない実体験を作品に投影することができるなんてとても興奮するわ。彼らの人生は心を動かされるストーリーよ」とコメントしている。彼女は、ニール・ブレア(『ファンタスティック・ビースト』シリーズ)や、ルース・ケンリー=レッツ(『私立探偵ストライク』)らと共に、製作総指揮にも名を連ねている。海獣の子供 DVD

舞台は、1963年ロンドン。アリソン・ウィルソン(ルース)は、イギリスの秘密情報部で働いていた時に出会った夫のアレックと、二人の息子たちと平凡で幸せな日々を送っていた。しかしある日、夫が突然亡くなってしまう。間もなくして、彼女の前に自分がアレックの本当の妻であると主張する女性が現れる。アリソンは自分たちの結婚の有効性、そして夫の自分への愛を証明するためにも、彼が本当は誰なのかを探ることを決心する―。必需恋愛教養 DVD

実話をベースにした本作は、ドラマ性を高める巧妙な作劇術が光る。三重婚のヒントはストーリー内で巧みに提示されている、と英Telegraph紙は指摘。スパイ業の傍ら、小説家という表の顔を持っていたアレック。「タイプライターの前に座って物語を作り上げるのさ」と自らの仕事を語る。彼の言葉が必ずしも真実ではないというヒントを、さり気なく暗示するシーンだ。こうした伏線を経て、第1話のクライマックスでは三人目の妻ドロシーの存在が明かされる。あまりの衝撃に視聴者は負けを認めざるを得ないかもしれない。

BBCの公式サイトによると、脚本のアンナ・サイモンは元ジャーナリスト。脚本家としては一風変わった職歴だ。ドキュメンタリー作品の執筆を経て、ドラマの世界に足を踏み入れた。報道とドキュメンタリーのバックグラウンドがあるからこそ、2015年の夏に本作『Mrs. Wilson』の脚本家募集を目にした際、自分こそが適任だと確信できた、と彼女は本作との縁を振り返る。実際の執筆に当たっては、30年以上にわたる実話を検証するため、膨大な資料の一つひとつの信ぴょう性を吟味するところから着手したという。報道畑出身の彼女が手がける、事実とフィクションが融合したプロットに注目したい。
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=196550