なしきのブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:195340
Today:47
Yesterday:121
韓国映画興行成績.『娑婆訶』1位、『証人』2位
25日、イ・ジョンジェ主演の映画『娑婆訶』は観客11万人を動員してボックスオフィス1位、チョン・ウソン主演の映画『証人』は6万人を動員して2位にランクインした(映画振興委員会・映画館入場券統合ネットワーク調べ)。これで『娑婆訶 DVD』は6日間にわたって1位を守り、『証人 DVD』は前日2位だった『究極の職業』を抑えて順位をアップさせた。2作の累積観客数はそれぞれ129万人、162万人。

「娑婆訶」は新興宗教集団を追っていた“パク牧師”(イ・ジョンジェ)が謎の人物と事件に出会うことで始まるミステリースリラーだ。一歩先も予想できないストーリーと、しっかりとした展開でこれまで見たことのないミステリースリラーを届ける「娑婆訶」は、観客の間で映画の中に隠された様々な象徴と意味を分析する解釈ブームで熱くなり、リピーターが続き映画に対する爆発的な関心を証明している。奇妙な家族 DVD

韓国芸能界を代表する親友同士として知られるイ・ジョンジェとチョン・ウソンは、『娑婆訶』と『証人』の公開が重なったことで競争することになった。これに先立ち先週末には、2人がステージあいさつをして回っていたところ、ある映画館でたまたま顔を合わせて「クロスポーズ」を取るというハプニングも起きていた。2人はそれぞれ異なる面白みを持つ『娑婆訶』と『証人』の善戦を互いに応援していたという。 

『証人』は、殺人事件の有力容疑者の無罪を立証しなければならない弁護士スンホ(チョン・ウソン)が、事件現場の唯一の目撃者で自閉症の少女ジウ(キム・ヒャンギ)と出会うことで展開する物語を描いた作品。
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=152584