なしきのブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:201822
Today:46
Yesterday:62
バービィー・スーの名前をつけた高級ホテル開業、中国人実業家の夫が家族愛を語る

2017年8月27日、台湾の女優バービィー・スー(徐熙媛)の夫で実業家のワン・シャオフェイ(汪小菲)氏が、愛妻のニックネームをつけて開業したばかりのホテルについて語った王女未央 DVD 。中国新聞網が伝えた。

バービィー・スーは10年、中国の大手レストランチェーン後継者のワン・シャオフェイ氏と結婚。1男1女に恵まれて幸せな家庭を築いている。今年6月、ワン・シャオフェイ氏は台北市内の繁華街に、「S Hotel(台北量子酒店)」を開業した三生三世十里桃花 DVD 。10代で妹の小S(シュー・シーディー/徐熙[女弟])と姉妹ユニットとしてデビューしてから、「大S」と呼ばれる愛妻のニックネームから命名したものだ。

27日、台湾メディアの取材を受けたワン・シャオフェイ氏が、この「S Hotel」について語った。もともとホテル経営が夢の一つで、ちょうどいい場所が見つかったため、偶然のような形で投資を決めたという楚喬傳 DVD 。仏建築デザイナーのフィリップ・スタルク氏が手掛け、パールを散りばめたような壁面の外観は、バービィー・スーの好みに合わせたもの。ホテル内には愛妻や子どもたちの写真も飾られ、ワン氏の家族への愛情を示している。あの星空あの海 DVD

家族を意識したデザインについてワン氏は、「確かに自宅をモデルにプランを練ったところがある」と語っている。

ロケーションも良好な「S Hotel」は開業以来、夫婦の知名度も手伝って順調に客足を伸ばし、6月の稼働率が約60%だったのが、7~8月には70%に上昇。およそ7割が中国からの観光客だという。

『青春時代2』チェ・アラ、ミステリーなハウスメイト登場... 正体が何か?

『青春時代2』に、新しいハウスメイトのチェ・アラが登場した。彼女は既存のハウスメイトの生活を監視してノートに記録してそのミステリーな正体を気がかりにさせた。

26日放送されたケーブルチャンネルJTBCの金土ドラマ『青春時代2 DVD 』ではチョ・ウン(チェ・アラ)が、新しいハウスメイトで登場する姿が描かれた。

ハウスメイトたちはチョ・ウンに関心を見せたが、チョ・ウンは彼女たちの好感が迷惑なように冷たく言い返した。そのため、ハウスメイトたちはチョ・ウンの顔色をうかがった。

そんなある日、チョ・ウンの友達アン・イェジ(シン・セヒ)が訪ねてきた。メロホリック ドラマ ハウスメイトたちはイェジがチョ・ウンの腕組みをして行くのを見て、チョ・ウンがレズビアンだと誤解した。

ユ・ウンジェ(ジウ)は家に1人でいることになるとすぐにチョ・ウンを意識して部屋に入り、ドアにしっかり鍵をかけた。ウンジェが具合が悪いことを知ったチョ・ウンは薬を買ってきて、ウンジェの部屋のドアをノックした。

だが、ウンジェの返事がないのでと彼女が気絶したと誤解して急いで鍵でドアを開け始めた名前のない女 DVD 。ウンジェはチョ・ウンがドアを開けて入ってこようとするとすぐに恐怖に震え、ドアがパッと開けられるとすぐに裸足で逃げた。

チョ・ウンやはりウンジェを追いかけて行き、2人は息をぜいぜい切らして立ち止まった。チョ・ウンは「いったいなぜ逃げたの」と尋ね、ウンジェは「どうしてだろう」と、ごまかした花咲けダルスン DVD 。家に帰ってきたウンジェは食卓に置かれた風邪薬を見て自身がチョ・ウンを誤解していたことを悟った。

一方、ドラマの最後でチョ・ウンは手帳を取り出してハウスメイトたちの特徴を記録し、折りたたんでいた手紙を広げた。手紙には「お前を殺してやる」という脅迫性のメッセージが書かれていて『青春時代2』以後のストーリーを気がかりにさせた。

『マンホール』JYJジェジュン、猛暑の中スーツ姿で熱演

JYJのジェジュンの所属事務所C-JeSエンターテインメントは「今日(27日)午前、ジェジュンの公式SNSアカウントにKBS2TV『マンホール 不思議の国のピル DVD 』の撮影現場ビハインドカットが公開された。『マンホール DVD 』撮影中、絶頂に達した暑さに負けないジェジュンの姿にインターネットユーザーの熱い反応が続いている」と、伝えた。

公開された写真の中のキム・ジェジュンは、劇中扮する“ポン・ピル”を演じるために真夏の暑さの中にもさわやかなスーツ姿を維持して、携帯用の扇風機に頼って撮影に臨んでいる花咲けダルスン DVD 。また、チンピラコンセプトに合わせて小道具で準備した伝統扇子とジェジュンの組合せが、見る人々のささやかな笑いを誘った。

特に、ジェジュンは極限の暑さの中でも常に笑顔で元気そうで、冗談を言うなど力あふれる撮影現場の雰囲気を作り出してハッピーウイルスの役割をしっかりやり遂げている。メロホリック DVD

製作スタッフはもちろん共演俳優らと冷たいアイスクリームを分け合って食べて少しの間の休息を取り、夜の撮影まで続いた熱帯夜の中で、ファンが心を込めて送った夜食を食べて頑張って撮影に臨むなど、避けられない夏を最大限で楽しんで“ポン・ピル”というキャラクターに没頭しているという。