なしきのブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:193319
Today:56
Yesterday:58
チョ・ジョンソク&EXO ディオ主演映画 「兄貴」爆発的な興行力を証明

映画「兄貴」(監督:クォン・スギョン、制作:チョイスカットピクチャーズ) が成功的な興行の火ぶたを切った。歴代11月の最高興行韓国映画「インサイダーズ/内部者たち」の前夜オープニング記録に次ぐ爆発的な興行力を誇示した。

24日、映画振興委員会の映画館入場券統合ネットワークによると、23日前夜に先行公開された「兄貴」は、7万5879人を動員し、24日午前7時基準、累積観客数9万6394人を集めたウォーキング王 DVD 。これは昨年同時期に公開された「インサイダーズ/内部者たち」の前夜オープニング9万1947人に次ぐ記録だ。「インサイダーズ/内部者たち」は前夜オープニングでの興行を皮切りに、継続して観客集めに成功、韓国での青少年観覧不可の映画の新たなる歴史だと評価された弁護人 DVD 。「兄貴」もまた前夜公開での興行の勢いを受け、今年11月最高の話題作として登板するか期待が集められている理由だ。

「兄貴」の興行で劇場街にも韓国映画ブームが再び起きている。10月興行の異変を産んだユ・ヘジン主演の「ラッキー DVD 」以降、これという作品がなかった劇場街は「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」「ドクター・ストレンジ」などが占領していた。

映画「兄貴」は、詐欺前科10犯の兄(チョ・ジョンソク) と、国家代表柔道選手で売れっ子の弟(ディオ) の、他人よりも遠い兄弟の予測できない同居ストーリーを描いたコメディ映画だアシュラ DVD 。24日正式に韓国で公開された。

ユ・ヘジン&イ・ジュン&チョ・ユニ&イム・ジヨンが『ラッキー』600万突破に感謝の挨拶

映画『ラッキー』が封切りから23日目に観客600万人を突破した中で、俳優たちの感謝の言葉が公開された。スプリット DVD

先月13日に封切られた『ラッキー』(監督イ・ゲビョク、製作ヨンフィルム)が、公開から4週目も興行パワーを継続しながら、4日に観客600万人を突破した。

これに『ラッキー DVD 』に主演した俳優ユ・ヘジン、イ・ジュン、チョ・ユニ、イム・ジヨンは、観客の熱い声援に応えるために感謝の挨拶を伝えた。俳優たちは心をこめた手書きレターと感謝の映像を公開して、600万人突破を祝った。

「力道妖精キム・ボクジュ」イ・ジョンソクが登場!“漫画から飛び出たよう”

イ・ジョンソクがコミカルな客として登場し、存在感を見せつけた。

韓国で17日に放送された「力道妖精キムボクジュ DVD 」(脚本:ヤン・ヒスン、演出:オ・ヒョンジョン) では、チキンのお店でチキンは注文せずに、無料のカンネンイ(トウモロコシのお菓子) だけを注文する迷惑な客として登場し、ボクジュ(イ・ソンギョン) をときめかせるジョンソク(イ・ジョンソク) の姿が描かれた。

客が多く、デリバリーの仕事を手伝いに来たボクジュ。そのとき、外のテーブルから「カンネンイおかわりください」という声が聞こえてきた。我が家に住む男 DVD ジョンソクだった。デホ(カン・ギヨン) はチキンの店でビール2杯を注文して、おつまみは注文しないジョンソクのことが憎たらしかった。「迷惑な客」と一喝した。君を守りたい DVD

しかし、ジョンソクが自分が出演したドラマに気づくと、飛ぶように喜ぶデホ。彼はジョンソクに「漫画から飛び出たようだ」と態度を変え、笑いを誘った。

クリス・ヘムズワース、GQオーストラリア版で「マン・オブ・ザ・イヤー」に選出

日本でも発行されいる国際的な男性誌「GQ」のオーストラリア版が、今回で10回目となる「メン・オブ・ザ・ヤー」を発表リーサルウェポン DVD 。映画『マイティ・ソー』シリーズの人気俳優クリス・ヘムズワースが、その頂点に立つ「マン・オブ・ザ・イヤー」を受賞した。

 海外メディアE!Onlineによると、クリスは現地時間16日にオーストラリアのシドニーで開催された授賞式には欠席したが、ビデオで受賞スピーチを行ったという。「少年の頃から大人の男になるのが僕の夢でしたグリム シーズン5 。18歳(オーストラリアの成人年齢)の時に達成できましたが、でもそれはちょっとしたお飾りでしかありません。今回、男になったと本当の意味で認められたことは、この上ない光栄です」と冗談めかしながら述べたという。

 さらに、「これからも自分の一生を通して男らしい行いを続け、称号に相応しい男であり続けます。薪を割り、ワニと格闘するなど、あらゆる男らしい仕事に精を出しますよ」と続け、クリス節を展開した。ザニック DVD

 2016年の「GQ」オーストラリア版「メン・オブ・ザ・イヤー」では他に、映画『華麗なるギャツビー』の俳優ジョエル・エドガートンが俳優賞にあたる「アクター・オブ・ザ・イヤー」、オーストラリア出身メル・ギブソンが監督した戦争映画『Hacksaw Ridge(原題)』のキャストが、団体賞にあたる「アンサンブル・オブ・ザ・イヤー」、女性ラッパーのイギー・アゼリアが「ウーマン・オブ・ザ・イヤー」に輝いている。

世界に先駆けて日本先行発売! 「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のサントラが発売開始

いよいよ来週11月23日から日本公開となるJ.K.ローリングの「ハリー・ポッター」新シリーズ映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」のオリジナル・サウンドトラックが世界に先駆けて発売となった。シカゴPD DVD

音楽はハリウッドの重鎮ジェームズ・ニュートン・ハワードが手がけており、特別に日本盤ボーナス・トラックを2曲収録。

「ハリー・ポッター」の生みの親、J.K.ローリングが特別に脚本を書いた最新作として今年最大の注目を集める「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」。アフェア2 DVD

サントラには、ホグワーツ魔法魔術学校で学んだ魔法動物学者ニュート・スキャマンダーの大冒険を彩るスコアを収録している。

サントラは魅力たっぷりの魔法使いと魔法動物たち(ビースト)をユーモラスなサウンドで彩っており、聴くだけで場面が浮かぶよう。ウォーキングデッド シーズン7 コンポーザーのジェームズ・ニュートン・ハワードは美しいメロディー・ラインに定評があり、これまでに「プリティ・ウーマン」「シックス・センス」「ハンガー・ゲーム」のスコアや人気TVシリーズ「ER 緊急救命室」のテーマ曲等、幅広いジャンルの映像作品のスコアを70作以上世に送り出している実力派だ。

本作でも、流麗かつスケール豊かなオーケストラ・サウンドでエディ・レッドメイン演じるスキャマンダーの大活躍を表情たっぷりに描き出す。そして誰もいなくなった DVD 世界が待ち焦がれた、あの魔法界を舞台にした新しい物語のファンタスティック・サウンドがいち早く日本で解き放たれる。日本盤初回限定盤のみ、ジャケット絵柄のステッカーを封入特典付。

『クリミナル・マインド』トーマス・ギブソンと揉めたスタッフが口を開く

『クリミナル・マインド FBI行動分析課』のアーロン・"ホッチ"・ホッチナー役のトーマス・ギブソンが、シーズン12の撮影中にスタッフと揉めた後、解雇されたことについては当サイトでも何度かお伝えしてきたが、彼と衝突した相手が口を開いた。米Peopleが報じている。

トーマスと揉めたのは、製作者の一人で脚本家のヴァージル・ウィリアムズ。同メディアの取材に応じたウィリアムズは、最近ロサンゼルスにある映画学校を訪れたそうで、学生の一人からTVシリーズでメインキャラクターを外すことの難しさについて質問された時、トーマスの例を挙げて簡単ではなかったと語ったというザニック DVD 。新シーズンの最初の2話の撮影が終わった段階で彼が去った後の対応を、「あまりに突然のことだったから、スムーズにはいかなかった。でも僕らはなるべく物語の流れに支障が起きないように進めていったよ。とにかく前を向いて素晴らしいストーリーを綴っていかなければならないからね」と振り返った。

ウィリアムズは続けて、8月に起きたトーマスとの衝突については以下のように説明。「彼はセリフの一つを変えてほしいと言ってきたんだ。でもトーマスが望むセリフは、ストーリーの魅力を削ぐものだった。僕は彼がリクエストしたものとは違うセリフを提案したけど、彼は気に入らなかったリミットレス DVD 。『僕が望むように直してくれ』と言って部屋から出て行ったんだ」と話している。

一方トーマスは、ウィリアムズとの一件について別のストーリーを語っている。「その日は夜遅くまで撮影していた。あるセリフについて、以前に言ったセリフと矛盾して内容が合わないと思い、ヴァージルと話したが、『悪いけど、そのセリフは必要だから絶対に変えられない』と言われた。ガッカリした私は撮影場所に戻り、共演者にヴァージルの言葉を伝えていた時、彼もその部屋に入ってきて、私に向かって歩いてきたウエストワールド DVD 。彼が私の横をすれ違いざまに通り過ぎた時、私の足が彼の足に当たってしまった。もしその時に私が動かなかったら、彼が私にぶつかっていただろう。その後、私たちは少し言い争ったが、翌日、私は彼に謝罪したグリム シーズン5 。それだけだよ。それがすべてだ。とあるシーンを撮影後、私は帰宅して、その後、二度と撮影現場に戻れなくなってしまった」と語っている。トーマスの降板当時、彼がウィリアムズの足を蹴ったと報じられていた。

かつて自身も声を荒げたとして撮影現場への出入りを制限された経験を持つウィリアムズは、トーマスが職場に悪い雰囲気をもたらしたと主張しながらも、彼の今後がうまくいくことを祈っているという。「彼のために祈っているよ。家族と一緒に過ごせていればいいね。トーマスの今後がうまくいければいいと思う」と付け加えている。

ソ・ガンジュン主演「アントラージュ」放送開始…大胆な期待作?超豪華な問題作?

「アントラージュ」がベールを脱いだ。露出、俗語、キスシーン、カメオが何よりも印象的だった。

4日、tvN新ドラマ「アントラージュ DVD 」の第1話が放送された。主人公のヨンビンと周辺人物のストーリーが描かれた。

同日、ヨンビン(ソ・ガンジュン)、チャジュン(イ・グァンス)、ホジン(パク・ジョンミン)、コブク(イ・ドンフィ) はともに釜山(プサン) に向かった。釜山国際映画祭に参加するためだった。4人は銭湯で裸で登場し、視線を集中させた。タフな言葉遣いも一緒だった。

釜山ではさらに大胆なシーンが描かれた戦おう幽霊 DVD 。ヨンビンとテイム(イ・テイム) のキスシーンがそれだった。テイムは元恋人であるヨンビンを呼んだ。テイムはヨンビンに「映画祭に来たし、夜なので思い出した。少し入ってきて」と誘惑し、直後に二人はディープなキスを交わした。

次にソヒ(アン・ソヒ) と会った。ソヒはヨンビンの初恋相手だ。ヨンビンは見事に振られた過去がある。それでもヨンビンはソヒのために自らトッポギを買いにいくなど、優しい魅力を誇った。

4人の友人たちの共演も続いた。君を守る恋 DVD 特にチャジュンのハードキャリーが印象的だった。チャジュンは旬を過ぎた助演俳優だ。人気を求める切実な演技が視聴者を爆笑させた。正式契約をめぐるヨンビンとマネージャーのホジンの神経戦も視線を集中させた。ウンガプ(チョ・ジヌン) は彼ら全員を圧倒するカリスマ性を誇った。

あまりにも材料が多かったためか、展開は多少煩雑していた。全体的な流れが続かず、劇への集中を妨げた。アメリカのドラマを韓国の情緒で描き、中途半端な雰囲気が演出されることもあったTHE K2 DVD 。露出、俗語、キスシーンのすべてがそうだったというのがネットユーザーの評価だ。それでもまだ第1話が放送されただけなので、今後の展開が大いに期待される。

「アントラージュ」は2004年7月に「アントラージュ★オレたちのハリウッド」としてアメリカのHBOで放送された。ハリウッドスターの日常をありのままに描き、人気を博した。

チョ・ジョンソク&コン・ヒョジン主演「嫉妬の化身」視聴率10.6%で水木ドラマの1位を奪還

逆転の化身だった。

視聴率調査会社ニールセン・コリアによると、3日に韓国で放送された水木ドラマは、SBS「嫉妬の化身」の第22話が視聴率10.6%(以下、全国基準)、MBC「ショッピング王ルイ DVD 」の第13話が10.0%、KBS 2TV「空港に行く道 DVD 」の第14話が9.1%を記録した。

1位と2位は変わった。「ショッピング王ルイ」は第12話のとき、11.0%で自己最高視聴率を記録し、1位に躍り出た。だが、この日1.0%下落し、1位の座を譲ってしまった。

嫉妬の化身 DVD 」は前回9.7%で、この日0.9%上昇し、1位を取り戻した。

「空港に行く道」は第13話の8.5%から0.6%上昇した。

タイガーJK&ユン・ミレ&LENA PARK&ジョンヨプ『心の声』OSTで団結

『心の声』OSTに参加する歌手が公開された。タイガーJKからLENA PARK(パク・チョンヒョン)、ジョンヨプ、Dynamic Duoまでトップ歌手が参加するOSTラインナップが公開された。W二つの世界 OST

11月7日にNaverのtvcastで公開されるKBS第2のドラマ『心の声』(演出:ハ・ビョンフン)は“単純”と“即興”が日常の漫画家志望生チョ・ソクと、想像以下の家族たちのハチャメチャな日常が描かれた抱腹絶倒ウェブドラマ月の恋人 OST 。同名のウェブ漫画を基盤にKBSの芸能局、ポータルサイトNaver、版権を所有した共同制作会社クロスピクチャースが組んで制作される。

こんな作品を後押しするOSTラインナップが公開されて注目を集めている。タイガーJKやLENA PARK、ジョンヨプ、Dynamic Duoまで自他共に認めるトップ歌手が参加する予定。獄中花 OST特にタイガーJKの曲にはユン・ミレがフィーチャリングして、期待感を高めている。

『心の声』は、Naverのtvcastでは11月7日にスタートして4週間放送され、12月からKBS第2で放送される予定。