なしきのブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:199677
Today:42
Yesterday:46
| 1 | 2 | 3 | 最初 | next>>
「嫉妬の化身」チョ・ジョンソク、コ・ギョンピョに気持ちを明かす“コン・ヒョジンとキスしたい”

チョ・ジョンソクがコン・ヒョジンの隣に行った。彼女が暮らすマンションの隣の屋根部屋に引っ越した。

韓国で28日に放送されたSBSドラマ「嫉妬の化身 DVD」第11話では、ピョ・ナリ(コン・ヒョジン) に対する気持ちに気付くイ・ファシン(チョ・ジョンソク) の姿が描かれた。

この日イ・ファシンはピョ・ナリへの気持ちに気付いた獄中花 DVD 。実は彼女のことが好きだったのだ。

しかし、友達であるコ・ジョンウォン(コ・ギョンピョ) のため近づくことが出来ない状況。

そんな中、イ・ファシンはピョ・ナリの隣に引っ越したW二つの世界 DVD 。イ・ファシンはコ・ジョンウォンに「告白する。彼女を抱きしめたいし、キスしたい」と打ち明けた。

「ワイルド・スピード」のヴィン・ディーゼルも出演!アン・リー監督の最新作は11月公開

2016年9月27日、アン・リー(李安)監督の最新作「ビリー・リンのロングハーフタイムウォーク(原題)」に、「ワイルド・スピード」シリーズで知られる米俳優ヴィン・ディーゼルも出演している。中国時報が伝えた。

米アカデミー賞で自身2度目の監督賞に輝いた「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」から数えて4年ぶりとなるファン待望の最新作。アニキに恋して DVD 10月14日に米ニューヨークのリンカーン・センターでプレミア上映を行い、香港で11月10日から、台湾と米国では翌11日から公開される。

この映画に、「ワイルド・スピード」シリーズの人気俳優ヴィン・ディーゼルも出演していることが明らかになった名家の妻たち DVD 。27日、フェイスブック上でアン・リー監督と撮った動画を公開し、映画のPRをスタートした。

動画では笑顔のアン・リー監督とぴったり寄り添い、2人のいい関係をのぞかせている。ろうやぼう DVD 「アン・リーと仕事ができるなんて。1人の俳優としてまさに夢のような気持ち」と語るヴィン・ディーゼルは、アン・リー監督に対し、動画の中で3回も「ありがとう」を繰り返して感謝を示した。

映画の撮影は昨年夏、サハラ砂漠で行われたときめき旋風ガール2 DVD 。いずれは映画監督になる希望も持っているというヴィン・ディーゼルは、「今回、アン・リーのそばで学んだ時間以上に、僕の監督への夢を揺り動かした経験はない」と断言している。

10月のプレミア上映を前に、アン・リー監督は9月30日、故郷の台湾で映画の発表記者会見を開く予定だ。

「ショッピング王ルイ」ナム・ジヒョン、ソ・イングクのイケメンぶりに惚れたか?

22日から放送されたMBCドラマ「ショッピング王ルイ DVD」2話では、臭いホームレスのルイ(ソ・イングク)を連れてスーパー銭湯に向かうボクシル(ナム・ジヒョン)の姿が描かれた。シンデレラと4人の騎士 DVD
ルイは洗って来いというボクシルの指示により、シャワーを浴びて出てきた。ボクシルはきれいになったルイの姿を見て目つきが変わった。戦おう幽霊 DVD 汚さに隠れていたルイの美貌が初めて輝いたのだった。
ルイはボクシルにくっついて離れようとしなかった。ボクシルに離れろと言われてルイは「逃げるかと思って。いとしのクムサウォル DVD 一人でいるのが怖い。周りの人が僕をなぐるのも、バカにするのも怖い。これまで一度も感じたことないそんな気分だ」と打ち明けた。
その後ルイは「僕の記憶が戻るまで一緒にいてくれよな」と言って、小指を出した。ボクシルは「あんたの記憶が戻れば、ボンナムも見つかるから」と言って一緒にいることを約束した。

放送開始「空港に行く道」キム・ハヌル&イ・サンユン、お互いを知らないまま初めての出会い

久しぶりに感性たっぷりの恋愛ドラマが始まる。

21日韓国で放送がスタートしたKBS 2TV「空港に行く道 DVD 」は人生の第二の思春期を体験する二人の男女を通して、共感と慰めを描くラブストーリー。多くの作品で熱演したキム・ハヌルとイ・サンユンが出演し、ドラマに対する期待を高めている。

感性溢れる恋愛ドラマを掲げた「空港に行く道」は、初放送から秋の香りが漂う映像で視線を引きつけた。そこに男女主人公のスア(キム・ハヌル) とドウ(イ・サンユン) の続く縁と悲劇などが空港、飛行機などで繰り広げられ、視聴者に好奇心とトキメキを与えた。月の恋人 DVD
客室乗務員のスアはパイロットのジンソク(シン・ソンロク) と夫婦だ。2人の間には娘のヒョウン(キム・ファンヒ) がいるが、スアはフライトのためきちんと世話できない娘にいつも申し訳ない気持ちだ。韓国ドラマ 最後から二番目の恋 DVD ヒョウンは国際学校入学のためにマレーシアに早期留学に行き、そこでルームメイトのアニーに会う。

アニーの父ドウは建築学科で非常勤講師として働く。ドウは知り合いを通じてスアにホームステイを推薦し、アニーとヒョウンは親友となる。

しかし、なぜかアニーの母親でドウの妻ヘウォン(チャン・ヒジン) は娘が韓国に来ることを嫌う青春時代 DVD 。アニーは祖母の誕生日の時に韓国に来ようとしたが、ヘウォンの反対にぶつかり、ショックを受ける。その時、空港の外に飛び出したアニーは交通事故で命を落とす。

この日、スアとドウは空港でお互いが分からないまま、乗客と乗務員として出会い、その後父兄として通話しながら、お互いが感受性が豊かな人だと感じる。

キム・ハヌルとイ・サンユンの感性溢れる演技が目を引く「空港に行く道」は、初放送から視聴者にしっかりとした感性を与えた。顔を知らない状態で会った2人の、子供をテーマにした通話は慰めと共感を呼ぶ上で十分だった。久しぶりの温かい恋愛ドラマが嬉しい。

映画「トンネル」2016年韓国興行トップ3に…「釜山行き」「検事外伝」を目下追走中

映画「トンネル」が2016年韓国映画TOP3になった。

家に帰る途中、突然崩れたトンネルの中で孤立した1人の男と、彼の救助をめぐって変化していくトンネルの外の話を描いたリアルパニック映画「トンネル DVD 」が、新たな記録を生み出した。なんと2016年韓国で公開された韓国映画のうち、もっとも多くの観客数を記録したボックスオフィスTOP3に選ばれたのだ。

釜山行き DVD 」(11,548,670人) 「検事外伝」(9,706,696人) に続き3番目で「トンネル」は10日までに累積観客数計705万8979人を動員。国選弁護人ユンジンウォン DVD これは公開32日目で成し遂げた成果であるだけに、一層注目が集まっている。

これまで「トンネル」は、そうそうたる作品の中でも合計28日間、ボックスオフィス1位を獲得し、2016年最長期間連続ボックスオフィス1位、という驚くべき結果を出した。華麗なるリベンジ DVD さらに公開4週目にも変わらない興行ぶりを続けた末、このような大成果を成し遂げたため、より一層意味の深いものとなった。

公開5週目も、観客から継続的に支持されている「トンネル」の興行は、最近流行りの言葉通り、終わるまで終わったことではない。

「ショッピング王ルイ」ソ・イングク&ナム・ジヒョン、奇妙な同棲をスタート

ルイ(ソ・イングク) とコ・ボクシル(ナム・ジヒョン) の奇妙な同棲が始まった。

22日、韓国で放送されたMBC水木ドラマ「ショッピング王ルイ DVD 」(脚本:オ・ジヨン、演出:イ・サンヨプ) 第2話では「そしてその日、ショッピング王ルイは事故と共に消えてしまった」というナレーションで始まり、ルイが記憶を失った理由が交通事項であることが明らかになった。

ボクシルは弟の服を着ているルイを発見し、警察署に連れて行った。しかし何も覚えていないと、ルイの記憶が戻ってボクナムを探すまでに一緒に過ごすことにした。離婚弁護士は恋愛中 DVD 2人の運命的なラブストーリーが始まったのだ。

ボクシルが働く中、1人でいなければならないルイは、人たちから物乞い、泥棒、変態扱いされるなど、苦難に見舞われた。1人でいると怖いとボクシルの後をついて回った。彼女は綺麗だった DVD 紆余曲折を経てルイとボクシルは保証金のない屋根部屋で一緒に住むことになった。

第3話の予告ではボクシルと一緒に市場に行ったルイが、潜在されていたショッピングのノウハウを発見することになる夜警日誌 DVD 。自身がどんな人であるのか、名前は何なのか知りたがっていたルイは、新しく購買した携帯電話に掛かってきた電話をもらうことになる。

「ショッピング王ルイ」は韓国で毎週水曜日と木曜日の夜10時に放送される。

ハ・ジョンウ「食べるシーンを求められる悩み?最初はかなり心配していた」

今やハ・ジョンウは韓国映画界において欠かせない存在になった。いつも相手役の俳優や監督にたっぷりとインスピレーションを与える彼は、存在だけで一つのジャンルであり、ブランドである。映画「トンネル」(監督:キム・ソンフン)はハ・ジョンウという俳優、さらに自然体の彼が持つ魅力に多くを頼っている作品だ。前作「最後まで行く」でジャンルをねじる実力を見せたキム・ソンフン監督は、新作「トンネル DVD 」でパニック映画にブラックコメディのDNAを加え、新しい風が吹く映画を誕生させた。その結果、観客動員数700万人を突破しながらロングランしている。そして、その中心には図々しくて達弁で愉快な、どんな状況でもユーモアを忘れないハ・ジョンウがいる。

映画「トンネル」は崩れたトンネルの中で孤立した男ジョンスと、彼の救助を巡って変わっていくトンネルの外の物語を描く。危機にさらされているのに全力で腹を立てるハ・ジョンウの姿がアイロニカルな面白さを与えるトンネル DVD 。キム・ソンフン監督特有のユーモアセンスとハ・ジョンウの愉快な魅力が調和したおかけで、ユーモアの打率も高かった。最初からハ・ジョンウを主人公に考えて企画した映画ではないかと思えるほど、この映画でジョンスとハ・ジョンウは完全に重なり、映画の面白さを最大化する。

「トンネル」はハ・ジョンウが一人で引っ張っていく割合が相当高い。「テロ,ライブ」(監督:キム・ピョンウ)でもラジオスタジオという限られた空間でストーリーを導いていったことはあるが、「トンネル」の空間はそれよりも狭く、暗いきみの声を探して DVD 。出演シーンの大半が暗いクローズアップショットだったが、疲労感が小さかったのは、ハ・ジョンウが見せる多彩な表情や彼がもともと持っている魅力のおかげだ。美術と小道具に力を入れたハ・ジョンウとキム・ソンフン監督の細やかなこだわりも光を放った。たとえば、早起きサッカーに向かうかばんの中にどんな小道具が入っているかによって、ジョンス、そして映画の運命が変わることを、二人は本能的に感じたという。

―「トンネル」では一人でストーリーを導いていく割合が高かった。プレッシャーはなかったか。

ハ・ジョンウ:むしろ「テロ,ライブ」のほうが、ひたすらスタジオ内での物語だけを描いたので、もっとプレッシャーが大きかった。「トンネル」はトンネルの外で(オ)ダルス兄さんと(ぺ)ドゥナがバランスを取ってくれるから、あまり心配しなかった。トンネルの外の状況が感情的に大変な状況なので、トンネルの中では皮肉な状況を作ってあげなきゃと思った。

―リアクションをしてくれる相手がいなかった。

ハ・ジョンウ:だから美術セッティングと小道具に非常にこだわった。たとえば、早起きサッカーのかばんの中身によって、演技が変わるじゃないか。ウォッシャー液はどうかと僕が提案した。テンイに会うまでは、車の中の空間に適応する過程に焦点を合わせた。戦場のメロディ DVD できるだけ周辺の環境や小道具を活用しようと思った。

―トンネル外の状況は大変なのに、トンネルの中にいるジョンスの態度には軽快ささえあった。

ハ・ジョンウ:状況や態度は余裕があるが、見た目では苦しい環境を見せようと努力した。映画ではあまりはっきり映ってないから悔しいけれど、栄養士が作ってくれたプログラム通り体系的に体重を減量した。そもそもジョンスがひたすら苦しむキャラクターだったら、おそらく「トンネル」に出演しなかったと思う。パニック映画は流れるように伏線が登場し、事件が起き、主人公が苦痛にさらされながらエンディングに向かうものだが、「トンネル」は開始5分でトンネルが崩れる。残り1時間50分をどうやって率いるかの勝負だった。その中の様々なポイントを喜怒哀楽などの様々なタッチで表現することがカギだった。

―イ・ジョンスは一体どんな人だったため、極限の状況でも希望を持ち続けられたのだろうか。

ハ・ジョンウ:編集でカットされたシーンがある。もともとはガソリンスタンドに行く前にバースデーケーキを買うため、パン屋さんに寄る。そのシーンで人生に対するジョンスの普段の態度が分かる台詞が出た。そのシーンのほかにも、レンタカー業者との対話やガソリンスタンドのお年寄りに対する態度を通じて、ジョンスのポジティブな面が十分伝わると思う。

―オ・ダルスとは「暗殺」に続き、二度目の共演だ。

ハ・ジョンウ:「暗殺」では最初から最後まで一緒だったけど、「トンネル」では主に電話でコミュニケーションした。後半でジョンスがテギョンの耳にささやくじゃないか。実際はダルス兄さんを笑わせるために変なセリフを言った。「私が朝鮮の国母だ」「食事はちゃんとしてるのか」と言ったけど、兄さんは笑わなかった。(座中爆笑)

―モクバン(食べるシーン)の話をしなきゃ。今回はドッグフードまで食べた。

ハ・ジョンウ:ドッグフードは本当にこってりしていた。塩や調味料がまったく入ってなかった。小麦粉を固めた味だ。ダイエット用のカロリーバランス、それがドッグフードより10倍ほど甘いと思ってもらえばいい。

―出演する作品ごとモクバンが話題になっている。“ハ・ジョンウ=モクバン”という認識があるため、俳優として悩んだこともあると思う。

ハ・ジョンウ:最初は僕もかなり心配した。真面目でシリアスな雰囲気の映画なのに、僕のモクバンシーンがネット上のユーモア掲示板に出回るから。一部の観客には僕のモクバンが映画に入り込む妨げになるかも知れないと思った。「テロ,ライブ」の時は水を飲むことも注目されるから、これままでいいのかと考えた。「お嬢さん」に出演した時はパク・チャヌク監督に桃を食べるシーンがあるが大丈夫かと聞かれた。内容的に不要な、作品を濁らせるモクバンなら僕も悩むが、桃を食べるシーンは「お嬢さん」に必要なシーンだった。

―本当に美味しそうに食べる(笑) そのために工夫はしてるのか?

ハ・ジョンウ:特に工夫はしてないが、しばらく前に自分のモクバンの違いが分かった。普通は監督にOKと言われると、食べていたものを吐くけど、僕は本当に食べる。最初から吐こうと思う演技と、「本当に食べよう」と思う演技は、その気配から違うと思う。「悪いやつら」の時は、美術チームに冷めたのは絶対食べないから熱々の中華冷菜と酢豚を用意してほしいと言った。「哀しき獣」の時も、美術チームが撮影現場の隣でジャガイモを蒸していた。それは演技じゃなかった。本当に熱かったからそんな風に食べたのだ。

―現在撮影している「神と共に」(監督:キム・ヨンファ)にもモクバンは登場するのか?

ハ・ジョンウ:ユッケジャン(牛肉と野菜の辛いスープ)が登場する。これも本当に笑っちゃたな……(笑) 葬式場でユッケジャンを食べるシーンがあるが、演出部から電話があって「おかずは何にしましょうか?」と聞いてきた。(座中爆笑) どうしてそれを僕に聞く。ハハハ。でも僕は答えてやった。「切干大根と牛肉の煮物の薄切りを用意してください」と(笑)

―今や監督たちはハ・ジョンウをキャスティングする時からモクバンを考えているみたいだ。「トンネル」もそうだし。

ハ・ジョンウ:ナ・ホンジン、ユン・ジョンビン、僕と仕事をしたすべての監督が全員気にしていた。「哀しき獣」の時は民宿のシーンがあるけど、ナ・ホンジン監督がどんなものを食べるか前もって言ってくれなかった。「中に入れば大根がある」とだけ言ってくれたが、入ったら大根キムチがあった。ハハハ。食べながら笑ってしまった。「群盗」の時は鶏の煮物、豚の煮物、長ネギがあったけど、僕は長ネギを選んだ。

―キム・ソンフン監督が特に格別な理由は?

ハ・ジョンウ:人間的な魅力に惹かれたと思う。キム・ソンフン監督のデビュー作「愛情の欠乏が二人の男に及ぼす影響」とその次の「最後まで行く」の間に7年間の空白期間があった。キム監督にその時期をどうやって過ごしたのかを聞いたけど、尊敬心さえ芽生えた。どんな人生を生き、どんな悟りがあれば「最後まで行く」のような作品が作れるのか気になったからだ。軽々しくなるのではなかった。自然に「トンネル」のヒットに役に立ちたいと思うようになった。俳優が上手に演技をし、自身の役に真面目に臨むのは当たり前のことで、それ以外に自分にできることには最善を尽くしたかった。

―クランクインの時とクランクアップの時のキム・ソンフン監督の顔を覚えているか?

ハ・ジョンウ:クランクインの日は僕の登場するシーンがなかったのでメールを送った。「雨が降って撮影が中止になり、スタッフの信頼を失ってください」から始まる、初日に起きる可能性のある事件、事故を並べた。監督の経験があるから僕も分かるけど、クランクインの日が一番怖いからだ。何も見えないし、みんなに無視されるような気がする。ジョークで緊張をほぐしてあげたかった。最後の日の前日には監督と電話で話したけど「トンネル」の瞬間が目の前を過ぎていった。撮影が早めに終わって残念だと恥ずかしがりながら話す監督の言葉から気持ちが伝わってきた。映画という作業自体を愛する気持ちが感じられた。

『12モンキーズ』『サイコ』…米メディア選出“映画を基にする”TVシリーズ9選

テレビシリーズの映画化作品が多い昨今だが、映画を基にするテレビシリーズの秀作もまた多い。海外メディアComingSoon.netは、『12モンキーズ』『ベイツ・モーテル』『FARGO/ファーゴ』など9本を、映画を基にするテレビシリーズのベスト9として紹介している。

 1995年に公開したテリー・ギリアム監督の同名映画を基にする『12モンキーズ』は、2015年から放映開始して、現在までに2シーズンが放映されているリミットレス DVD 。映画でブルース・ウィリスが演じた主人公で、人類滅亡の危機を救うために未来から現代へと送られたジェームズ・コール役は、映画『X‐MEN』シリーズや海外ドラマ『ニキータ』のアーロン・スタンフォードに引き継がれた。導入はさほど変わらないが、ストーリーには多くの新要素が詰め込まれているため、オリジナルのファンも楽しめると評価が高い。

 アルフレッド・ヒッチコック監督の代表作『サイコ』を基にする『ベイツ・モーテル』は、映画で鮮烈な印象を残した冷酷な殺人鬼ノーマン・ベイツと彼の母親の関係にフォーカスした作品。イケメン俳優フレディ・ハイモアと『死霊館』シリーズで知られる演技派女優ヴェラ・ファーミガが織り成すサスペンスフルな親子のドラマは、映画版のファンにも好評を博している。キリング DVD 他にも9本のリストには、クエンティン・タランティーノとロバート・ロドリゲスが製作した『フロム・ダスク・ティル・ドーン』や、今は亡き名匠ロバート・アルトマンの『M★A★S★H』のテレビシリーズ化作品などが名を連ねている。

 ComingSoon.netが選ぶ映画を基にするテレビシリーズのベスト9は下記の通り。
 『12モンキーズ シーズン2
 『ベイツ・モーテル』
 『吸血キラー/聖少女バフィー』
 『Clerks:The Animated Series(原題)』
 『FARGO/ファーゴ』
 『Friday Night Lights(原題)』
 『フロム・ダスク・ティル・ドーン ザ・シリーズ』
 『マッシュ』
 『スター・ウォーズ クローン・ウォーズ』
 『ウェット・ホット・アメリカン・サマー:キャンプ1日目』

“人気急上昇中”ナム・ジヒョン、成熟した魅力のグラビアを公開

映画「古山子 大東輿地図」でチャ・スンウォンと父娘として共演した女優ナム・ジヒョンがあどけない少女から大人の女性のような魅力をアピールした。

ナム・ジヒョンは最近、トレンド&ライフスタイル雑誌「ADDYK」とのグラビアインタビューで、これまでの純粋な少女のようなイメージとは違って、成熟した眼差しを見せた。

公開された写真の中で、ナム・ジヒョンはパンチングブラウス、黒いオーバーオール、強烈な赤のニットやパターンスカートなど、様々なファッションを着こなした仁川上陸作戦 DVD 。洗練された雰囲気を保ったまま、美しい美貌をアピールしているナム・ジヒョンは、いつしか少女から女性になり、さらに成熟した雰囲気をアピールした。

グラビアと共に行ったインタビューで、ナム・ジヒョンは9日、韓国で公開された映画「古山子 大東輿地図」に対して「すごく期待している作品だ。個人的にもキム・ジョンホ先生は教科書だけで見た親しみやすいながらも見慣れない存在だった国選弁護人ユンジンウォン DVD 。スンシルは家族の立場を代弁する人物であるため、演技しながらじんとくる時が多かった」と話した。

21日、韓国で放送予定のMBCドラマ「ショッピング王ルイ」で初主演に挑戦する感想を聞くと「放送前だからまだ実感が沸かない。エネルギーを失うことなく、明るく楽しく撮影に臨むために努力している」と伝え、ドラマへの期待感を高めた。

また、これからどんな役者になりたいかという質問に対して、ナム・ジヒョンは「『家族なのにどうして~ボクらの恋日記~』を撮影する時に、多くの先生、先輩たちが本当に楽しんでいる姿が印象深かった。私の状況が変わり続けているので、また変わるかもしれないけれど、今の私の目標はこの仕事を楽しくできる人になりたい」とし、率直な気持ちを打ち明けた。

先月公開され、現在まで680万人の観客を動員した映画「トンネル DVD」で、崩れたトンネルの中のもう1人の生存者ミナ役で映画の切り札の役割をし、映画「古山子 大東輿地図」では偉大な地図作りキム・ジョンホの唯一の家族を演じた。君の香り DVD 「ショッピング王ルイ」では純朴な田舎の少女コ・ボクシルに扮して、2016年精力的に演技活動を展開し、立派な20代女優として成長したナム・ジヒョンが披露する演技活動は多くの人々の期待を集めている。

ナム・ジヒョンのグラビアとインタビューは「EDDYK」の9月創刊号で確認でき、「EDDYK」のウェブサイトとSNS(Facebook、Instagram) とYouTubeで様々なコンテンツで確認することができる。

コン・ユ主演映画『密偵』、公開10日目にして400万人超え

16日午前、韓国映画館入場券統合ネットワークによると、『密偵』(監督キム・ジウン)の累積観客数が、この日午前8時を基準に424万7千29人を記録した国選弁護人ユンジンウォン DVD 。公開8日目に観客300万人を突破したばかりだったが、2日後には400万動員という記録を打ち立てることとなった。

密偵 DVD 」は1920年代末、日本統治時代の主要施設を破壊するために上海から京城に爆弾を運ぼうとするグループと、彼らを追いつめる日本警察の息を飲む死闘とかく乱戦を描いた作品。クワイエット・ファミリー」「反則王」「箪笥」「甘い人生」「グッド・バッド・ウィアード」「悪魔を見た」「ラストスタンド」のキム・ジウン監督がメガホンを取った。きみの声を探して DVD

映画には、ソン・ガンホ、コン・ユ、ハン・ジミンなどが出演。さらに、イ・ビョンホン、パク・ヒスンが特別出演をし、存在感を残した。

| 1 | 2 | 3 | 最初 | next>>