なしきのブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:193714
Today:41
Yesterday:74
| 1 | 2 | 3 | 最初 | next>>
「美女コンシム」ナムグン・ミン×ミナ、トキメキ指数アップで視聴率も上昇

美女コンシム DVD」のナムグン・ミンとミナ(Girl’s Day)のロマンスを期待していた視聴者が歓呼した。
26日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると、前日放送されたSBS週末ドラマ「美女コンシム」は視聴率12.3%を記録ヴァンパイア探偵 DVD。瞬間最高視聴率は18.0%に達した。
この日、同ドラマでコンシム(ミナ)とダンテ(ナムグン・ミン)は、刺身店で室内壁画を描き、お互いを「ヨボ(夫婦が呼び合う愛称)」と呼び合い、お客さんの前で一緒に歌ったりもした。そして、2人が一夜を共にするシーンまで描かれた。応答せよ1988 DVD
瞬間最高視聴率を記録したシーンは、コンシムとダンテが刺身店の社長に促され、一緒に写真を撮る瞬間だった。ずっとすれ違っていた2人が共にする姿に、視聴者が反応したのだ。そのシーンで、ダンテはコンシムの肩を力強く引き寄せるなど、以前とは異なる姿を見せ、トキメキ指数をさらに高めた。

コ・ス&チン・セヨン主演「獄中花」、視聴率17.2%で同時間帯1位

MBCドラマ「獄中花」が週末夜のお茶の間を熱くし、視聴率1位を獲得した。激安 韓国ドラマ
26日、視聴率調査会社ニールセンコリアによると、25日に放送された同ドラマは視聴率17.2%を記録。これは、先週放送の18.7%を1.5ポイント下回る数値だが、同時間帯ドラマでは1位に当たる。
この日、「獄中花 DVD」では、典獄署の食糧難を解決するため、チョン・ナンジョン(パク・ジュミ)を利用する計画を立てるオクニョ(チン・セヨン)の姿が描かれた。オクニョはユン・テウォン(コ・ス)と共にチョン・ナンジョンを騙し、典獄署の食糧を調達しようとする計画を企てた。
なお、同時間帯に放送されたSBSドラマ「美女コンシム DVD」は12.3%だった。

『また、オ・ヘヨン』エリック、「ソ・ヒョンジンと壁キス、一番良かった」NG無く一度で 

tvN 『また、オ・ヘヨン』の最終回を控えて、主演俳優のエリックとソ・ヒョンジンの和気あいあいとした撮影現場の写真と共にエリックが選ぶ自分だけの名場面が公開された。

またオヘヨン DVD』の第17話の放送を控えて、『また、オ・ヘヨン』の制作陣が最後まで雰囲気の良い撮影場の写真を公開した。 公開された写真には、最強ロコカップルに挙げられるエリックとソ・ヒョンジンは、写真の中でも甘いケミを伝え、見る人を微笑ませる。

エリックは、『また、オ・ヘヨン』の中で自分だけの名場面を挙げ、撮影ビハインドストーリーを伝えた。 エリックの名場面は、ドギョンとヘヨンの激しいキスシーン。 エリックは「第9話の放送でやっとキスシーンがある。 遅いキスシーンでもあり、流れの上で長い間我慢していて、激烈にはじける感情シーンだから、台本を読みながらとても良かった。 でも、いざ表現しようとすると、とても難しいと思い、心配になった。 またオヘヨン OSTソン・ヒョヌク監督が最大限カットしないで、男女の泥沼のような争いを要求して、ソ・ヒョンジンさんと簡単にいくつか決めて、最大限集中してNG無く、一発OKだった。 ヘヨンと早く放送でキスシーンを確認したいと、期待していたことを思い出す」と、伝えた。 

『スター・ウォーズ』J・J・エイブラムスがマイケル・ジャクソンの最後の日々を描く!

「キング・オブ・ポップ」と呼ばれ、世界中を魅了し続けたエンターテイナー、マイケル・ジャクソンの晩年を描くTVドラマが企画されていることは以前お伝えしたが、このほど、ヒットメーカーのJ・J・エイブラムスが製作総指揮に就任したことが明らかになった。英Digital Spyが報じている。

『LOST』『FRINGE/フリンジ』『パーソンオブインタレスト シーズン5 犯罪予知ユニット』などの人気TVドラマや、『スター・トレック』シリーズ、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』といった大ヒット映画を数多く生み出してきたエイブラムスが、不慮の死から7年経った今でも圧倒的な人気を誇るスーパースターの最後の日々を描くことになった。シェトランド シーズン2本作は、TV司会者やジャーナリストで知られるタビス・スマイリーによる著作「Before You Judge Me: The Triumph and Tragedy of Michael Jackson's Last Days」をベースに、幻のコンサート・ツアー「ディス・イズ・イット」の準備期間を中心とした最後の16週間を描く。

マイケルの物語がTVドラマ化されるのは今回が初めてではない。トラブル続きだった子ども時代を描いたドラマ『The Jacksons: An American Dream(原題)』が1992年に放送され、その年のエミー賞に4部門でノミネート、振付賞を受賞している。

また、先月製作が発表された英Sky Artsのコメディドラマ『Elizabeth, Michael and Marlon(原題)』では、マイケルと、彼の親しい友人で有名俳優のエリザベス・テイラーとマーロン・ブランドの3人が、2001年の同時多発テロ発生直後にニューヨークから車でオハイオへ向かった道中が描かれる。シャナラクロニクルズ DVDこの作品では、マイケル役に英国の白人俳優ジョセフ・ファインズ(『恋におちたシェイクスピア』)が起用されたことで大きな論争が起きていた。

本作では、誰がマイケルを演じるのか。これから発表される情報にも注目していきたい。

“年上女子×年下男子”が熱い!韓国で新しいブーム?カップルの新定番

時代の流れは年上の女性と年下の男性。この公式がお茶の間にも通じている。「太陽の末裔 DVD」のソン・ヘギョ、ソン・ジュンギでスタートを切った“年上女子、年下男子”ブーム。「ダブルユー」のハン・ヒョジュ、イ・ジョンソク、「運勢ロマンス DVD」のファン・ジョンウム、リュ・ジュンヨルがバトンを受け継いでいる。

除隊直後にすぐ復帰作を選んだソン・ジュンギ。彼はキム・ウンスク脚本家の作品KBS 2TV「太陽の末裔」に出演したことで除隊する瞬間から現在まで話題の中で生きている。ソン・ジュンギが除隊後に共演した相手は年上女優ソン・ヘギョだった。

ソン・ヘギョ、ソン・ジュンギ、キム・ウンスク。夢のラインナップを完成した「太陽の末裔」は予測通り、熱いブームを巻き起こした。地上波の危機という言葉を見事に破ったソン・ヘギョ&ソン・ジュンギ。二人の活躍により、「太陽の末裔」は視聴率30%も突破した。ソンソン姉弟(ソン・ヘギョ&ソン・ジュンギ) は視聴率で苦戦していたKBSの救世主として活躍した。

最近ハン・ヒョジュ、イ・ジョンソクの所属事務所側はMBC「W-二つの世界」の出演を伝えた。二人は5月から本格的な撮影に入っている。ハン・ヒョジュ、イ・ジョンソクが出演を決めた「W」は「ナイン ~9回の時間旅行~」「イニョン王妃の男」のソン・ジェジョン脚本家と「彼女は綺麗だった」のチョン・デユンプロデューサーの出会いでもう一度ブームを予告している。

久しぶりにお茶の間に復帰するハン・ヒョジュ、そんな彼女の相手役である年下の男イ・ジョンソク。この組み合わせだけでも十分期待を集めている。かつてドラマ「華麗なる遺産」「トンイ」で大きな人気を博したが、映画界で主に活動し始めたハン・ヒョジュ。そしてデビュー作「検事プリンセス」から「シークレット・ガーデン」「君の声が聞こえる」「ピノキオ」まで出演作ごとに大ヒットを記録したイ・ジョンソクの出会い。この年上年下カップルが2016年度の下半期を牛耳る予定だ。

tvN「応答せよ1988」ブームの主役リュ・ジュンヨルも新しいパートナーとしてお姉さんに会った。それも“ラブコメディの女王”“信頼して見れるファン”と呼ばれるファン・ジョンウム。二人は同名のウェブ漫画を原作にした、運と占いを信じる女とけちな男のラブストーリーを描いたMBC新水木ドラマ「運勢ロマンス」に出演中だ。

デビュー1年で地上波ドラマの主人公にキャスティングされたリュ・ジュンヨル。顔が知られるやいなやすさまじい勢いでファンダムを広げながら熱い人気を証明している今最もホットな男と「ゴールデンタイム」「秘密」「キールミー・ヒールミー」「彼女は綺麗だった DVD」を連続ヒットさせながら信頼して見れる女優に成長したファン・ジョンウムの出会い。この年上年下カップルも放送界の注目を集めている。

JYJ ジュンス「ファンと新しい思い出を作りたい」中華圏でのアジアツアーへの期待を明かす

JYJのジュンスが5thアジアツアー「2016 XIA 5th ASIA TOUR CONCERT」の中国公演に対する期待とファンたちへの感謝の気持ちを伝えた。

ジュンスは23日、中国・上海にあるマリオットホテルで、7月と8月に中国と香港で開催予定のアジアツアーを控えて現地のメディアと記者会見を行った。

記者会見には中国の有名なメディアであるシナドットコム(sina.com)、Sohu.com(搜狐)、テンセント(腾讯)をはじめ、テレビメディアの新娱乐在线、有名動画サイトのYOUKU、Tudou、愛奇藝、中国最大級の音楽専門サイト音悦台(YinYueTai)など、約60社のメディアが参加した。

ジュンスは現地メディアから質問を受け、和気藹々とした雰囲気で進行した。「曲の作業において、どこからインスピレーションを受けるのか」という質問に「旅行に行ったり、風景の写真を見るなど、日常的なところからインスピレーションを受ける」と答えた。太陽の末裔 DVD「今回もジニータイム(ジュンスがファンの願いを3つ叶えるコーナー) があるのか」という質問には「もちろんだ。国・都市ごとにファンの皆さんが望むジニータイムの願いが多様なので、その地域のファンの方々と触れ合える新しい思い出ができるようにしている」と、ファンへの格別な愛情を示した。

ジュンスはファンたちのために、上海の方言で会場の雰囲気を和気藹々にしたり、曲のワンフレーズを歌って欲しいというファンの要望に対し、KBS 2TV「応答せよ1988 OST」(劇中歌) である「How Can I Love You」をライブで披露した。

ジュンスは「昨日、外灘から上海の名所、東方明珠電視塔をはじめ、美しすぎる夜景を見た太陽の末裔 挿入歌。中国での公演も僕にとって、とても幸せな時間の1つだ。それほど、ファンの方々の情熱とエネルギーがとても溢れている。久々にお会いするだけに、素敵な公演でファンの皆さんと一緒に楽しみ、良い時間を作っていきたい」と伝え、公演への期待を高めた。

現在、ソウル公演を皮切りに名古屋公演を成功裏に終えたジュンスは、6月30日から7月2日までの3日間、神戸ワールド記念ホールでアジアツアーを続けていく予定だ。

「また、オ・ヘヨン」神話 エリック&ソ・ヒョンジン、甘いロマンスは頂点へ

神話(SHINHWA) のエリックとソ・ヒョンジンが甘いロマンスの頂点を披露した。

韓国で21日午後に放送されたtvN月火ドラマ「またオヘヨン DVD」第16話では、ヘヨン(ソ・ヒョンジン) に心を隠さないドギョン(エリック) の姿が描かれた。

同日の放送でドギョンはヘヨンの会社に花を置いてきた。ヘヨンは「どんな花なのか」と質問した。ドギョンは「花を見たら、君のことを思い出した。これほどだとレスリー・チャンより上ではないか」と冗談を言った。帰ってきたファングムボク DVD

ドギョンは「なぜ僕に惚れたか」と質問した。ヘヨンは「一目で分かった。自分が愛する人は一目で分かると言うではないか。そっちの方が不幸に見えた。私がその席の代わりになれたらと思った」と答えた。

ソン・ジュンギ、中国・上海ファンミーティングにキム・ジョングクのゲスト出演が決定

歌手キム・ジョングクが中国・上海にて開催される俳優ソン・ジュンギのファンミーティングイベントにゲストとして出演する。

20日の午後、キム・ジョングクの所属事務所であるMAROO企画の関係者は、マイデイリーの取材に「7月13日に予定されているソン・ジュンギの中国・上海ファンミーティングにゲストとして出席する」と伝えた。

KBS 2TVドラマ「太陽の末裔 DVD」を通じてアジア地域で大人気を博しているソン・ジュンギは、最近「2016 ASIA TOUR」を行っている。彼のファンミーティングはソン・ヘギョ、パク・ボゴム、イ・グァンスなど華やかなゲストのラインナップで話題になっている。

このような状況の中、キム・ジョングクが上海ファンミーティングのゲストとして出演する。最高の恋人 DVDソン・ジュンギとキム・ジョングクは過去、SBS「ニュー! 日曜日は楽しい-ランニングマン」を通じて友情を築いたことがある。

キャスティングはタイミングが命!ソン・ジュンギ&リュ・ジュンヨル&キム・スヒョン、監督たちが見せた“先見の明”

「ソン・ジュンギによって国内外のファンの訪問が続くだろう」(映画「軍艦島」の撮影を控えた春川市)

「リュ・ジュンヨルのシーンをスローモーションにすべきか悩んだ」(「ロボット、声」イ・ホジェ監督)

「キム・スヒョンのシーンをもっと沢山撮っておけば良かったと後悔した」(「10人の泥棒たち」チェ・ドンフン監督)

人生はタイミングである。映画のキャスティングもタイミングである。俳優の可能性をあらかじめ知り、果敢に賭けに出ることができる洞察力。そのような監督の先見の明は、時に予想だにしない“大ヒット”を炸裂させたりもする。

「軍艦島」ソン・ジュンギ、制服ファンタジーをもう一度
キャスティングにおいて、抜群のタイミングを見せている映画がまさに「軍艦島」である。リュ・スンワン監督がメガホンを取った「軍艦島」は、軍艦島に強制収容された後、命がけて脱出を試みる400名の朝鮮人の物語を描いた作品である。ソン・ジュンギがKBSのドラマ「太陽の末裔 DVD」で人気を得る前に撮影が決まっていた作品で、映画はドラマの恩恵をしっかり享受することとなった。

何よりも「軍艦島」はまだプロジェクトの初期段階。ソン・ジュンギのカードを切る機会がたくさんある。実際に忠武路(韓国映画界の代名詞)では「太陽の末裔」の人気に乗り、ソン・ジュンギの比重が大きくなるのではとの予測が説得力を得ている。

今作でソン・ジュンギは独立運動の主要人物を救出するため軍艦島に潜入する独立軍のパク・ムヨン役を引き受けた。これにより再び“制服ファンタジー”に火が付く心算である。ファン・ジョンミン、ソ・ジソブとの共演も期待が高まる部分である。

「軍艦島」の撮影地である春川市もまた意気揚々としている。ソン・ジュンギによって春川市が代表的な韓流観光地である“第2の南怡島”(2002年「冬のソナタ」の撮影地)になるのではという期待が高まる雰囲気である。特に「太陽の末裔」は中国本土で爆発的な人気を博したため、「軍艦島」は中国上映でも有利な位置を先取りした。“ソン・ジュンギ発”の影響の威力はどれ程になるのか。すばらしいタイミングでソン・ジュンギを落札したリュ・スンワン監督の最近の心中がとても気になる。リュ・スンワン監督はキャスティングもやはりベテラン!

リュ・ジュンヨル、忠武路も応答した!
リュ・ジュンヨルは恐らくtvNのドラマ「応答せよ1998」における最大の受益者である。そんなリュ・ジュンヨルから派生した忠武路の受益者はかなりいる。「応答せよ1998」の制作スタッフよりもリュ・ジュンヨルを先に知り、撮影まで終えた映画だ。「応答せよ1998」が終わった時点で待機中だったリュ・ジュンヨルの映画は「ロボット、声」「島 消えた人々」「グローリーデイ」まで3本もあった帰ってきたファングムボク DVD。リュ・ジュンヨルの出演映画という点だけでもこれらは広報プレミアムを享受した。映画配給会社もまた思いがけないリュ・ジュンヨルの効果に心を弾ませたであろう。

だが、これら3作の映画もリュ・ジュンヨルが演じた役の比重によって悲喜こもごもであった。「ロボット、声」の場合、リュ・ジュンヨルの登場シーンはたったの一度。「リュ・ジュンヨル出演シーンをスローモーションにするべきかとも悩んだ」と言ったイ・ホジェ監督の言葉は、大袈裟なものではなかったはずだ。

そんな点から「応答せよ1998」の人気に最も強く応答した映画は「グローリーデイ」である。「ロボット、声」「島 消えた人々」とは異なり、「グローリーデイ」はリュ・ジュンヨルが主演した作品で、彼の魅力をスクリーンで長い間吟味することができる。リュ・ジュンヨルもまた制作報告会で「とても素晴らしい映画が様々な理由で世に出されなかったり、注目されなかったりする場合か多いが、僕によって『グローリーデイ』がパワーを得ることができて満足している」と感想を述べたりもした。

「10人の泥棒たち」のキム・スヒョン、ハートを盗む
「10人の泥棒たち」はキャスティングの先見の明の始まりに当たる作品である。チェ・ドンフン監督は「10人の泥棒たち」のキャスティング当時、人気上昇中だった新人のキム・スヒョンを、ただも同然でキャスティングして撮影まで終えた。MBCドラマ「太陽を抱く月」でキム・スヒョンがスターダムに上る前だった。映画が上映される頃のキム・スヒョンは「10人の泥棒たち」の撮影の時のキム・スヒョンではなかった。彼の値段が凄まじい右肩上がりの曲線を描き、多くの映画のシナリオがキム・スヒョンに向かい、彼が行く先々でファンの叫び声が続いた。

そうでなくてもキム・ユンソク、イ・ジョンジェ、キム・ヘス、チョン・ジヒョンなどの豪華キャスティングで注目されていた「10人の泥棒たち」はキム・スヒョンが巻き起こしてきた熱気までもが加わり、熱いというより煮立つほどだった。強いて残念だったのは、キム・スヒョンが扮した新米泥棒ザンパノの出番がそんなに多くなかったという点。綱渡り専門の泥棒イェニコール(チョン・ジヒョン)に片思いするザンパノは、チョン・ジヒョンの魅力を輝かせる助演級のキャラクターで、映画の途中で忽然と消える不運を迎えた。

これについて「10人の泥棒たち」の制作報告会当時、チェ・ドンフン監督は「映画の撮影終了後、キム・スヒョン氏の人気がドラマ『太陽を抱く月』で最高潮に達した。スヒョン氏が上手くいってとてもうれしい一方で不安だった。太陽の末裔 OSTこうなると知っていたら、スヒョン氏のシーンをもっと撮っておくべきだったと後悔した」と打ち明けたりもした。

しかし、他の俳優のシーンがある程度編集された一方で、キム・スヒョンの出演シーンのほとんどはしっかり入れて上映されたため、全てがキム・スヒョンのお陰とは言えないが、映画は嘘のように観客動員数1千万人を突破したのだった。

実際に映画の上映当時、劇場ではキム・スヒョンが登場する場面場面で女性客の嘆声が聞こえた。劇中キム・スヒョンはチョン・ジヒョンのデビュー以来初のキスの相手として非の打ちどころがないほど迫力にあふれ、時にはセクシーで、時には純情味あふれた。王の服を脱いで露わにした逞しい筋肉は、観客に向けた一種のボーナス! キム・スヒョン効果は「10人の泥棒たち」のあちこちで実を結んだ。

苦境のフリー女子アナたちが“女優への道”開眼中!? 夏目三久には『半沢直樹』続編出演のウワサも

視聴率低迷、経費削減の流れが各局で加速している昨今だが、その煽りをもっとも受けているのが、元局アナたちだ。フリーに転身すれば収入が10倍増になるかと思いきや、キャスターのイスに座れるのはひと握り。バラエティタレントとしてなんとかして爪痕を残そうと、無理なキャラクターを演じる者が続出しているのが現状だ。

 そんな中、このところフリーアナたちの「ドラマへの進出」が急加速している。

 最近では、元フジテレビの高島彩が昨年放送の『下町ロケット』(TBS系)にジャーナリスト役で登場。さらに、今年5月には黒木華主演ドラマ『重版出来 DVD』(TBS系)に、赤江珠緒が出演している。

「赤江はこれまで、キャスターやアナウンサー役で登場したことはありましたが、今回は伝説の人気漫画家の亡き妻という役どころでした。赤江本人は『演出家の要求にうまく応えられなかった』と落ち込んでいましたが、視聴者やドラマ関係者からは合格点を得ています。アナウンサー業だけで食べていくのが難しい時代ですが、女優だったら一度ハマれば収入は倍以上。元フジテレビの八木亜希子は、演技力が評価されて日本アカデミー賞新人俳優賞も受賞しています。赤江の本格的な女優転身は十分にありえそうです」(制作会社プロデューサー)

 そしてもう一人、ドラマ関係者の間でウワサになっているのが、2011年に日本テレビを退社した夏目三久の動きだ刑事専門弁護士 DVD。これまで『真相報道 バンキシャ!』(日本テレビ系)や『マツコ&有吉の怒り新党』(テレビ朝日系)などニュース番組やバラエティを中心に活動していたが、どうやら本格的に女優の道を目指す構えのようなのだ。

「夏目の所属事務所が彼女を女優として売り出すべく猛烈に営業を開始。NHKの大河ドラマ『真田丸』で、竹内結子演じる淀殿の侍女役として出演させてもらえるように打診しているといいますディアスポリス DVD。さらに、13年に大ヒットとなった『半沢直樹 DVD』(TBS系)の続編がいよいよ来年1月に放送されるというウワサです。前作で夏目の登場は銀行のポスターに使われただけでしたが、続編では『実は社長令嬢だった』という設定で、半沢が失脚するキーマンの役が用意されていると聞いています」(テレビ関係者)

 もともとルックスでは女優にも引けをとらない元女子アナたちだけに、演技力にも磨きがかかれば、冬の時代が続くドラマ界の救世主となりえるのかもしれない。

| 1 | 2 | 3 | 最初 | next>>