杉浦太陽のブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:38239
Today:9
Yesterday:4
現在hyt腕時計で使われるだけである技術を生産するために設立されました。

成分の入場レベルの腕時計のための2018年の腕時計業界ニュースで数年前に設立されたときhytの腕時計は、と呼ばれるのを聞いたことがないかもしれないという会社は非常に同じ時間で設立されました。ハミルトと両方とも同じ人が所有している、そして、彼らは別の理由があったはずであるhytを特定の腕時計ブランドの特定の技術を使用するためには、ブランドのデザインと技術を必要とします。今日では、そこの若干の面白いニュースグループから、内部管理のシフトは3年次の二つに来ることになっていることを手伝うように、2018年度によって何の具体的に言及している。このニュースの一部である答えへの質問の何の会社がおよそ23万スイスフランは上げましたが、現在ではありません。
を開発し、現在hyt腕時計で使われるだけである技術を生産するために設立されました。この技術の多くは、これまでの薄い「キャピラリー」管の複雑なシステムとベローズシステムは、機械式時計に関する情報を示すための手段として液体を動かすのに用いられます。カルティエまた研究と液体現像技術指標(彼らは冗談を言っていませんでした、彼らは彼ら自身に電話したとき、「ハイドロ機械的または時計商」)、液体自身はこのアプリケーションのために使われているr&dの多くを費やしました。
hyt今日の消費者の環境では、贅沢な腕時計ブランドのために成長の高い率を楽しみました、しかし、彼らの野心はまだ高い。ヴィンセントのグレゴリーと場所を実際に取引される。の日々の活動の実行に集中しますし、間の今後の課題になるのを手伝ってくださいより多くの入手可能なバージョンのものがありドルの下でよくコストを意図した時計の市場へのhytのために開発された。
詳細はまだスリムとして投資家は認めます2〜3年待つ間が現在のものと市場に最初に来ます。また、同社は、まだ彼らは彼ら自身の新しいブランドが彼らのより費用対効果の指標としての解決策を提供する液体または彼らが彼らが新しくて創造的な方法で彼らの技術を使用して、他の会社に売るというパーツを製作したいならば作成するかどうかは未定。ガガ・ミラノということで、疑いがないとの技術を使用していくつかのねえ、彼ら自身の製品を開発しているということに興味があるかもしれない会社からの便りを公開されています。私は、この技術と関連する成分は、彼らが新しいエントリレベル向けブランドを持っているかどうかに関係なく、何らかの方法で会社または他の第三者への販売のためにできないこともないとわかります。
http://www.dokei2015.com/copyn-53-b0.html
http://www.ninnki2016.com/category-56-b0.html
http://www.kopi24.com/brandcopy-l-67.html