ふるさと栃尾里山倶楽部

プロフィール
ふるさと栃尾里山倶楽部さん
未来も元気な里であるように…。
ふるさと栃尾里山倶楽部は、郡上市明宝、二間手にある静かな集落の地域住民が集まって、築100年の古民家「源右衛門(げんねもん)」を拠点に始めた週末倶楽部活動です。

かなぎ(広葉樹)の森づくりをはじめ、耕作放棄地復活や自然エネルギーの活用…都会の人たちの力も借りた里づくり活動「栃尾里人塾」も開催しています!

一緒にからだを動かして、おいしいお酒を飲みながら語りましょう!
仲間随時募集中です。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:604002
Today:224
Yesterday:54
失敗しても自分たちでやってみる~自然エネルギー再考
6月13日(土)、14日(日)の両日、
今年度2回目の栃尾里人塾が開催されました。

みなさん、ご存じのとおり、
栃尾里人塾の拠点「古民家源右衛門」
2011年立派な自然エネルギーシステムが備えつけられました。

ただ、残念ながら、
そのシステムが現在上手く稼働できていません。

「電気は作ることが出来るのに、
それを上手く活用できていないのはもったいない」

そこで今回の栃尾里人塾では、
みんなで自然エネルギーの勉強会をすることにしました。



講師にお招きしたのは、
実際に地域ぐるみで自然エネルギーを上手く活用している
郡上市白鳥町石徹白から久保田さんと、
地域再生機構の野村さん。

自然エネルギーについて
基礎的なことから、
ちょっと小難しいことまで…

実際に流量を計算してみたり、




最後に水あても見に行きました。




まず、
「何をしたいのか」
を考える。

次に、
それをするために
「どれだけの電力量が必要なのか」を計算し、

その必要量をまかなうためのシステムを、
みんなで作る

みんなで作ると、みんなでメンテナンスできる。

失敗しても、それが経験になる。
大事なのは「継続していくことだ。

ご自身たちの経験から、
こんなお話をしてくださいました。

つまり、
「自分たちで考えてやってみる」ということ。
栃尾里人塾のモットーの1つ。

栃尾の里の自然エネルギー。
どんな形で実現していこうか、
ワクワクします。

+++++++

もちろん、栃尾里人塾では今回

・ホオノキの伐倒⇒朴葉採り⇒朴葉寿司づくり
・ヨシを刈る⇒畑に敷く

(写真がなくてごめんなさい)

おかあさんたちの手ほどきを受けて、
美味しい朴葉寿司がたくさんできました。

そして今回も、

ヤギのメー子ちゃんは、
草刈りに、子どもの相手に大活躍。

+++++++

次回第3回の栃尾里人塾は
7月25日(土)26日(日)です。

案山子づくり、ピザ窯づくり、山いきさの小屋の再生・・・
やりたいことは盛りだくさん。
自然エネルギーの勉強会では、
実際に里で何に電気を使いたいか、
一緒に考えていきたいと思います。

詳細が決まり次第、
またこのブログでお知らせしますね。

(ふるさと栃尾里山倶楽部 部員 サミー)





 
コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=36400