ふるさと栃尾里山倶楽部

プロフィール
ふるさと栃尾里山倶楽部さん
未来も元気な里であるように…。
ふるさと栃尾里山倶楽部は、郡上市明宝、二間手にある静かな集落の地域住民が集まって、築100年の古民家「源右衛門(げんねもん)」を拠点に始めた週末倶楽部活動です。

かなぎ(広葉樹)の森づくりをはじめ、耕作放棄地復活や自然エネルギーの活用…都会の人たちの力も借りた里づくり活動「栃尾里人塾」も開催しています!

一緒にからだを動かして、おいしいお酒を飲みながら語りましょう!
仲間随時募集中です。

QRコード
アクセスカウンタ
Total:559041
Today:93
Yesterday:104
| 1 | 2 | 最初 | next>>
里人塾&どろんこ運動会

5月17・18日の二日間。

明宝二間手・栃尾の里で
第1回栃尾里人塾が開催され、
参加者40名+地元12名が
集まり、里づくりを行いました

週末倶楽部活動も今年で4年目。

里山倶楽部のクラブメンバーからあがった
地元の子育て世代も
一緒に参加できるイベントがやりたい

・・・という声を受け、

1日目は「どろんこ運動会」が開かれました

蛍やどじょうが棲む里づくりを目指す
どうじょう田んぼ」がその舞台。

 おたま競争、玉入れ、親子リレー

たくさん遊んだあとには
明宝温泉を入れたプールにどぼん。

 

遊びのあとは・・・
苗を植えるために田んぼを平らにする
「ろくなおし」の作業。


はしごのついたトラクター登場しました

順番待ちの子どもたち・・・ 

おいしいお米ができるように
田んぼのこれからの姿を
一緒に見守りましょう! 

2日目は、どじょう田んぼ(5畝)の田植えをしました

田んぼの先生は、ケイイチま

寒暖の差の激しいこの地域ならではの
コシヒカリの植え方伝授

昨日遊んだ田んぼは、泥がまだ落ち着かず・・・

紐に目印をつけて
みんなで「せーの」と、田植えをしました

肥料をまんべんなく撒いて、終了

1日目、森の整備に入った森チームからのおみやげ

朴葉の葉っぱ」は・・・
地元のおかあさんのおいしい朴葉ずし

今年も、里人塾は10月までの第4土日に活動します。
ぜひ、遊びにください

(ふるさと栃尾里山倶楽部 一同) 

学生ボランティアうえちゃんリポート〜器づくり編

里人塾最終回 2日目>>>
旋盤(せんばん)講座に急きょ参加させていただき、
器をつくりました

楽しみと不安が半々な状態で開始・・・。
不安というのは、
私は彫刻刀など刃物を使う作業が苦手だったから。

でもお椀つくりたい!

ということで挑戦
お椀になるのは栃尾のサクラの木

かおりん先生のご指導のもと、
今日の作業の説明と、
縦木横木
ならい目さか目の説明を受けました。


太い方から細い方へという方向で削っていきます。
(ホセ先生が鉛筆の削り方を例に説明してくださいました)


次に、旋盤と削る道具の説明を受けました。

刃物のポイントはしのぎの部分を材にしっかりつけること、
刃物を真上に向けないこと、
刃先を回すのではなく右手を動かすようにすること、

などたくさんあり、不安拡大

できるのか、私

削る道具たち。
この4つで削ります

まずは外側を削り、そのあとで内側をつくります。
外側の角を道具を使って丸くしていきます。

使ってみてとにかく難しい


始めは全くきれいでなめらかになりません
先生方やミチオさんやケンジさん、
カツアキさんなど地元の方にもたくさん
フォローいただきながら進めます。

このあたりから作業工程をメモしたり、
写真をとる余裕が無くなりました。必死です

 
外側がまるくなったら、好きな形にします。
刃物も向きは2時の方向
しのぎをしっかりつけて削っていきます。

 ・・・私がやるとでこぼこ

特にお椀の底の部分の形をつくる時が難しかったです。
刃先を回転させるのではなく、
ギアチェンジのように右手を動かし
削る方向を変えていきます。

私はついつい刃を回転させてしまい、何度も危ない場面が。

でも自分の好みの形になっていく様子は面白いです

できた2種類の紙やすり(150ばんと220ばん)で
つるつるにします。
最後に2種類のやすり同士をこすり合わせて
それで磨くとツヤがでるそう!

それで外側が完成。

続いて内側。
旋盤に材を付け替えて、いざ。
次は刃物が10時の方向です。
中心部に刃物をあて、
そこからお椀の縁側へとくぼみを広げていきます。

こちらも刃先が上を向いて削っていて
危ない場面が終始ありました…。

気をつけていても慣れない。

時々削っている途中に
引っかかったようになり、
そこで私が刃を変な向きにするもんだから
パン!!っと
大きな音を立てて弾かれたようになって
ビクビクしながら作業…。

何度もサポートしていただいてすみません

途中に機械を代えていただき、
最後のほうは少しずつできるように。

すーっと削れ
繋がった林檎の皮みたいに
スルスル繋がった削りカスが出てくると
嬉しくなりました

最後の最後で指を切りましたが…
(もう本当、鈍くさくて申し訳ありません)

何とかみなさんのおかげで出来上がりました

栃尾の木で,みなさんと一緒に作ったお椀
少しぼこぼこしているところもあって、
決して上手くないところが少し自分らしくも感じ、
とっても愛着が湧きます。
 


大切に、大切に使います。めっちゃ自慢します()
かおりん先生、ホセ先生、一緒に作った皆様、
本当にありがとうございました

苦手ではあるけれど、またやってみたいなと思いました。

学生ボランティア:うえちゃんリポート

学生ボランティアうえちゃんリポート〜畑編

今回農チームは子どもも含め約15名で作業です。

〈1日目 農チーム内容〉
○サトイモ収穫
○ダイコン・カブの間引きと草取り
○タマネギの定植
○ワラをたたく!!!
(きれいにして干し、田んぼづくりや工芸用に活用するため)

まず、ケイイチマ指導のもと、サトイモ収穫です。


サトイモは葉をカマで切り落とし、
根の部分にスコップを深く差し込んで掘り起こします。


するとこんなに大きなサトイモがでてきました


大きな親芋のまわりに子芋がコロコロついています。
これをパキパキと手で外していきます。

この作業がおもしろい
思っていたより簡単にとれます。
形は大小様々。

市販されているものは形も綺麗にそろっています。
選別の段階で揃えられるのでしょうが、
本来の形は色々あって当たり前。


「売り物だけ見てたら当たり前のことを忘れちゃうよね~」
なんて、参加者の方々と話をしながら作業しました。

こういう話ができるって 私にはやっぱり心地良い

そして自分で気付いた こと、思ったこと、
それをお互い伝え合うことができる場が
里人塾にはたくさんあるなと思います (あとふきでも感じました)

全部掘りおこし,大きさに分けて選別します。


こんなにたくさん収穫できました!! 


掘っていたらヤマイモ?でしょうか、
白いイモも出てきました。
これはとろろにします。
絶対美味しい。

選別したらイモを洗います。

イモと水を石臼に入れ、
板を使って回します。(草津温泉の湯揉みみたい…)
 


スギちゃんがもくもくと作業。


イモ洗い機も登場!

男性陣が皮や目の部分をとって下さり、どんびき2号で茹で
楽しみです。

ダイコン&カブの間引きはこどもたちが頑張ってくれていました。
 


白菜はたくさん虫に食われてしまっていました…。
きっと虫もおいしいから食べてしまうのでしょう。

これも畑だから見られる光景。

そんななかサトイモを収穫し終えた私は、
ワラをひたすらたたいてました。


これはワラ細工(ぞうり、むしろ)などに利用するために、
たたいて余分な部分を取り除くために行ないます。

何かに使う前にもう一度、しっかりたたくことで
柔らかくなって、編んだりしやすくなるそうです。
石や丸太など、丸い部分に打ち付けます。


皆で思いっきりワラを打ち付ける姿は、どこかの祭りの儀式のよう…。
日頃のストレス発散にはもってこいの作業かもしれません。


しっかりたたいて綺麗になったら束にして結びます。
それを5つ束ねてまた結びます。

こうして物干し竿などにかけることで、風通しもよくなり、
しっかりとワラを干すことができるそうです。

*******************

夕方、カシの木の遊歩道開通式へ。
源右衛門に向かう道から
カシの木が見えるようにする工夫もあって、
すごい!


カシもこんなに注目されるようになるとは思わなかったかもな…。
栃尾に来る度に歩いてみたいです。

山が色づき始めていて綺麗でした

>>>2日目、栃尾の木をつかって「器」づくりに挑戦!へ続く

リポート:学生ボランティア うえちゃん

今年最後の・・・

10月27日・28日の二日間。
2012年、栃尾里人塾最終回が開催されました

来年度に胸膨らませて
これでもか
と言わんばかりの
盛大なあとふき

今年も
最後の里人塾が終りました

山に



畑に



自然エネルギー




まだまだやりたいことイッパイ

来年度が待ち遠しいばかり
たくさんの方に楽しんで頂き
本当にありがとうございました


あとふきでの恒例振り返りスライドショー
一年生から卒業までのような
確かに成長したみんなの顔

年をとったのか?
いやいやみんなの笑顔
何よりも素敵

今年は特に
学生ボランティアの皆さんのお陰で
みんな若返りの里人塾!

サウスポウずは大人になったよね~ 
うえチャンも後輩の中では頼もしい先輩

私とっては
娘息子たくさん出来ました 

源右衛門はにぎやかな
四世帯の大家族
になりました

また遊びに来てね

ふるさと栃尾里山倶楽部 ヒロミ

秋☆満喫 第6回栃尾里人塾

空が高くなり、
ススキの穂が開きはじめた9月末。

第5回の栃尾里人塾は
26名のご参加を頂きました。
本当に参加者のみなさん、ありがとうございます。



9月22日(土)
気持ちの良い秋晴れのとなった塾一日目

<農チーム>
サツマイモ、カボチャ、スイカの収穫。
収穫の喜びもつかの間、
収穫は、かなり大変な作業。

イモを傷つけないように、丁寧に手で掘り進めます。


<森チーム>
前回つけたカシの木の遊歩道。
手直しをし、周辺にあった人工物を撤去。

スギの木の伐倒デモ。
木が密集している場所での伐倒作業は、
危険も伴い、大変な作業なんだとみんなで体感。
立っている木が倒れた時の、
その木の大きさにまたビックリ。

カシの木の周辺の除間伐。
下から見ながら、伐る木を慎重に決めます。

<自然エネルギーチーム>
山行きさの小屋で
冬に備えて薪づくり。
チェンソーの使って玉切りにし、
斧を使って薪割りをする。

スッコーンと割れると、気持ちいい。


みんなが外で活動してる間…
新しくなった台所には、
鍋や食器、家具、家電製品が入り、
いつでも料理OK、という状態に。

あとふきは、

台所と囲炉裏部屋がつながって一体化。
いつも以上に大盛り上がり


翌日、二日酔い者が続出…だったとか


9月28日(日)
今年度初の雨降りとなった、塾2日目

一日めの続きは行うことを断念。

雨にも負けず、
ヒルにも負けず、
カシの木ルートでパイプの砂利詰まりを
取り除きに行った数名以外は…

源右衛門の2階の掃除。
とにかく、ものすごい汚れ。
雑巾で拭いても拭いても、真っ黒。


<自然エネルギーチーム>
かまど、ロケットストーブの次は、
ピザ窯を作ろうと、研究中


こちらはワラジづくり。
源右衛門のある地区、二間手(ふたまて)の祭礼の時には、
役者が履くワラジを地元のみんなで作るのですが、
里人塾生さんにも体験してもらいました。

ちなみに今年も
二間手の祭礼には、
4人の里人さんが出てくださいます



早いもので、
今年度の里人塾も次回が最終回。
10月27日(土)-28日(日)に行う里人塾は…

サトイモ掘り
 → どんびきで茹でて、炭火で焼いて、生姜醤油で食べよう!
    芋煮会
畑の片付けと春野菜定植の準備


除間伐の続き
カシの木ルートの開通式


自然エネルギー
かまど―どんびき2号の火入れ式
どじょう田んぼの米を炊こう
ダイポリン(水を引いているパイプ)埋め


そして、
―いつも以上に盛り上がること間違いなし 大あとふき
  あの人の、あのかくし芸
―源右衛門に感謝の気持ちをこめて 大掃除
―今年度の振り返りとこれから

リピーターさんはもちろん、
はじめてさんも、大募集。

たくさんの方々のご参加をお待ちしています


お問い合わせ・お申し込みは
ふるさと郡上会HPから >>>栃尾里人塾紹介ページ


ふるさと栃尾里山倶楽部


実りへの感謝(その2)サツマイモ掘り

9月22日・23日の二日間。

第5回栃尾里人塾が開かれました


ご参加いただいたみなさん、

ありがとうございました


第1回の塾で定植した「サツマイモ」…



大収穫祭、となりました



途中、ポキっと折らないように

大事に大事に土を寄せて行きます!


誰が一番大きなイモを

掘れるかな?


最年少ココちゃんが1番



恒例の「あとふき」(宴会)では、蕎麦の振る舞いや

小さな芋きんとんをつくってみたり…



この日完成披露のあった、

棟梁・ミチオさんの台所


初・料理づくりとなりましたが…

とても居心地がよく、うきうきする台所となりました!


ほかにも…


ケッくん&パンちゃんの沢登り


おいしい獲物をGETしてきてくれました!


気良歌舞伎もあり、盛りだくさんで

十分な振る舞いができず

すいません…(byヒロミ)


2日目は、

ココちゃんの「やおやさん」開店

みなさんに収穫のお裾分け



ちいちゃなおいもは、芋きんとん

中くらいのおいもは、天ぷら焼き芋

大きなおいもは、

ココちゃんの大好きな大学芋にするのが最適!(byケイイチマ)


とのことでした



ぜひ、次回、

おいしいスイーツになってくることを…

楽しみにしていまーす



まずは、御礼まで…

そして、詳しいプログラムはまた後日!


ふるさと栃尾里山倶楽部

第4回里人塾~ウエちゃんレポート

今回の里人塾では

前回に続き「」チームに参加しました


あとは、カシの木の遊歩道のルート確認を

みんなで一緒にしました


1日目のみの参加だったので、

「農」チームでは

草取りとこまめかけと、

肥料を加えるだけでしたが、

今回も楽しかったです。


今回の初挑戦道具は、備中鍬と、こまめ


鍬は耕すのではなく、

草取りの時に使いました。


根っこがしっかり張った草は普通に抜くと、

根が地中に残りまたそこから生えてきちゃうので、

根こそぎ取らなければなりません。


そのために鍬で少し土を起こして

根っこから取りやすくします。


「鍬を遠くから入れて、

そのまま上に持ち上げるようにすると、

取った草を巻き込まないでできる」

とケイイチマから教えてもらったという

YAYOIさんの指導のもと、

せっせと鍬を使っては草を取る

という作業を繰り返しました。


ユウくんが鍬で掘り起こしてくれています

こんなにきれいになりました


すっきり~


こまめはパンさんに使い方を教えていただき挑戦。



これ難しい


まっすぐ進まず、後ろを見ると、

くにゃっと曲がっていました


道具を使うときはちょっとしたコツが必要だから、

何度も使ってみて感覚を覚えないとうまく使えませんね。


だからコツをつかめると面白いんだろうな


あと!

今回はサツマイモをすこし掘らせて頂きました!

するとすっごく大きなサツマイモが


私の手と比べてもこんな感じ

とるのには一苦労でしたが、

あのワクワクする感じは大人になっても楽しいものですね



BBQではいろいろな方とお話しました。


「里人塾の日は

何があっても仕事入れないようにしている」

とおっしゃる人がいて、

そこまでの魅力は何だろうとお聞きしたら、

いろんな人がいて楽しい

ここに来ないと、この人たちと出会えないから」

とおっしゃっていました。


里人塾のプログラム内容の面白さもあるのでしょうが、

里人塾に参加しているみなさん一人ひとりが

魅力となっているのだなと気付きました。


また「子どもがテンション高くて,うれしそうに遊んでる」と

話すお母さんの温かな表情も印象的でした。


子どもたちも今日初めてあったのにすぐ仲良くなっていて、

そんな様子をみるとこっちも勝手にうれしくなりました。


楽しみにしていた星空観察も、

土星と月がとっても綺麗で感動しました

大人も子どもも盛り上がってましたね~


今回も楽しませていただきました。


学生が多く、

みんなで手分けしながらできたのでよかったですが、

まだまだボランティアとして出来なかった部分もあったな

と思いました。


そこは反省点として、次の目標にします。

どうもありがとうございました


学生ボランティア・ウエちゃん
意外と穴場?~かなぎの森の遊歩道づくり
森チームリーダーヤマちゃんは、
「暑いし、重労働だし…あんまいいことないかも
と言っていたけれど、

それでも森チームに参加した塾生みずのさんから、
レポートが届きました。

意外と、森の中は涼しく、穴場だったりして。

**************
森チームの作業は、樫の木ルート遊歩道作りをしました。

初めに参加者全員で、
前回決めた樫の木ルートの確認をしました。


 
駐車場角の所から樫の木の横を通り、
林間道に抜けるルート(前回決めた目印に沿って)を歩きました。

その後準備を整え、
ミキさん・ヤマちゃんの説明で遊歩道作りを始めました。

まず入口です。
檜の丸太三本を持って行き、木の皮を剥ぎ、

入口に橋を掛けました。
皮を剥ぐことで木を乾燥させ、腐りにくくするためだそうです。

そしてここから階段状の足場を作って進めました。



ルートの邪魔な木を切り、石をどけ、樫の木まで初日で進みました。

しかし、休憩中に問題が発覚しました。
スズメバチです。
樫の木の下に蜂の巣を発見。
  
幹の上の方にもいました。
蜂は驚かすと襲ってくるので、近くで大声で騒ぐのも厳禁です。

根の下の蜂の巣は、後で処理してもらう事に成りました。
 

二日目は、樫の木から林間道までの残りのルートを進めました。
  
森チームは、今回ハードな作業と思っていましたが、
木陰は涼しくとても過ごしやすかったです。

さらに今回カブトムシも見つけました。


 
スカイブルーのヤスデ(ムカデと似ていますが、噛みません。)も、
何匹も見ました。
森は面白かったです。

レポート・写真 : 塾生 みずのさん
若者パワー集結?!~第4回栃尾里人塾
いつもに比べて、
ぐっと平均年齢が若くなった今回の栃尾里人塾。

大学生がなんと、8名!
みんなで28名のご参加を頂きました。


ご参加頂いたみなさん、
本当にありがとうございます。

さてその中身は?


≪森チーム≫
前回の里人塾でルート付けをした
カシの木の遊歩道。

みんなで一度、歩いてみました。


そして実際に遊歩道作りに着手。

遊歩道の入り口に丸太で橋をつくり、
道をふさぐ木の枝を払ったり、

石をどかしたり、

踏み固めたり。
急な所は、トンガで階段をつけたり。

2日間で、カシの木の道をつけることができました!!


≪農チーム≫
草を引き、
こまめ(小さい耕運機)をかけ、

畝を立てる。

マルチをはって、

白菜を植え、
赤カブと大根の種をまきました。

大きく育つのが楽しみだ。



汗かいたあとの
スイカの美味さよ。ね、ヒロシさんっ。


≪自然エネルギー≫
ワラと石灰を混ぜた赤土に水をいれて、
足でこねる。



かまど2号と、

ロケットストーブづくり。

タイルでデコレーションまでつけて完成
あとは乾燥。



確かに若者が多かったのだけれど、
昔若かった(?!)人たちも、
全然、若者に負けてないっ!

汗をかいた後の
夜のあとふき(交流会)は
生ビールで乾杯で始まり、
代表ケンちゃんこだわりの
BBQに、

超高性能な天体望遠鏡で、
星空観察。

土星の輪っかにみな感動

そして、花火も



毎回、栃尾里人塾では、
みなさんにアンケートをお願いしています。

「2日間で得たいちばんの大きな学び・気づきは?」
との問いに、
初参加の学生さんからこんな一言が書かれていました。

「自分よりもかなり年配の人たちと話すことの楽しさ。」

栃尾里人塾は、
世代も、性別も、いろいろな背景もさまざまな人が、
「里づくり」を目的に集まってきます。

普段の暮らしの中では、
なかなか経験できない、世代を越えたつながり

若者が年長者に学び、
年長者も若者に刺激を受ける。

そんな里山の暮らしならではのつながりを感じ、
それが楽しいと思って頂けたことを
とても嬉しく感じました。


あなたも、その「つながり」の中に入ってきませんか?

次回は
第5回の栃尾里人塾は9月22日23日に開催!
中身はこんな感じ

・大根・カブの間引き作業・水まき・草取り
・カボチャとスイカ最後の収穫・片付け
・サツマイモお試し収穫 → サツマイモスイーツ作り

・カシの木周辺の除間伐
・遊歩道の手直し
・人工物の片付け

自然エネルギー
・かまどの手直し
・山いきさの小屋周辺で薪づくり、薪積み
・ダイボリン埋め
・ピザ釜研究
・小水力発電の仕組み学習


お申し込み、お問い合わせは

たくさんのご参加をお待ちしています

ふるさと栃尾里山倶楽部

こだわりのものが、続々と!

里人塾4回も無事終了


暑いなか

みんなで汗をかきながら


こだわりのもの

ぞくぞくと完成しました!


ジャ~ン

栃尾版ロケットストーブ



山のワラをまぜ…

切った瓦とレンガでカタチをつくって

土を塗り…



これまた、水舟に使った水槽からポロポロと落ちた

タイルをペタペタ。


横には、かまど「どんびき2号」も蘇りました


ミズノさんとコバケン、塾生2名が参加した、

パーマカルチャー中部の自然エネルギー講座でつくった…



ソーラーパネル!>>>

点灯〜


そして、小水力発電機!?>>>


観覧車?

いえいえ、くるくる発電携帯充電可能!?

用水のなかで、すでに活躍中のマイクロ水力発電機にも…


ステキな看板がつきました!

外灯(5w)発電中!

も…


草の生えていたも…



みんなの力で…




みるみる姿が変わっていきます



ひとつ発見



作業のあとに食べるスイカが一番

こっそりとった、サツマイモ

天ぷらにして食べたら

サイコーでした


詳しいレポートはまた、おいおい


9月からは収穫が続きます。

ぜひぜひ遊びに来てください


ふるさと栃尾里山倶楽部 一同

| 1 | 2 | 最初 | next>>