www.24hi.netスーパーコピーブランド高品質がよい!

QRコード
アクセスカウンタ
Total:23882
Today:4
Yesterday:12
www.24hi.net:スイスの買物スーパーコピーガイドは4つの駅のみのお金を買うために買う

www.24hi.net:スイスの買物スーパーコピーガイドは4つの駅のみのお金を買うために買う
通常スイスに来る友人、最初の停止はチューリッヒへの最初の飛行になります。そして、あなたがフランス、ドイツからヨーロッパ鉄道を利用するなら、それはまた非常に便利です。チューリッヒに、あなたは間違いなく、その最も有名なバーンホフ通りに行きます - 通りが広くないものの、チューリッヒで最も忙しい通りであるバーンホフ通り(BAHNHOFSTRASSE)、が、シャトルの歩行者や訪問者の休憩なしで、道路上チューリッヒの最も一般的な交通手段の1つであるDangdang車を運転すると、道路の両端にブランドショップがいっぱいです。あなたが最初のスイス時計を買うためにチューリッヒに到着した場合は、ここで最も均質チューリッヒで最大の時計店があるので、あなたは、周りのこの通りに行く必要があり、一部の店舗でも中国の女性の販売と言うでしょう。

多くの腕時計の店の中で、KURZ、GUEBLIN、BURCHERERは、最初に前向きに耐えています。 BURCHERERはスイス最大級のジュエリー&時計チェーン店です。ここではすべての有名な時計を見つけることができます。特に、スイスの多くの時計店ではロレックスを販売していません。このブランドを購入するには、BURCHERERに行ってください。旧スイスの宝石店であるグーブレインは、洗練されたサービスで知られています。

ダイヤモンドを購入している場合はもちろん、ティファニーに行ってください。購入するとカルティエカルティエに行くことができます。良い信頼関係は、何かを買うときに幸せに感じるようにする上で重要な要素です。スイスの時計を購入する人にとって、アフターサービスの重要性はさらに重要です。リマ川は川のGrossmünster(Grossmüsterkircher)の前に、別の1 Heinickeのような古いたくさん家庭的ある都市(ダウンタウン)の西と東(街)歩行者専用道路を、分離することにより、販売スイスの時計が多数あります。頻繁に見つけることが一般的にのみオークションの貴重な時計を見ますが、オークションより提示価格が公正になりますKappelegasse古いアトリエWerenbachが、そこにある湖周辺のバーンホフ通り。

2番目の停留所:民間資本ベルンベルン

 

市民の首都ベルンベルン

スイスは "時計王国"です。スイスの首都として、ベルンは多くの人々によく知られていません。実際、スイスでスイスの時計を購入したい場合は、実際にベルンに行くことができます。ここの観光産業は支配的ではないので、時計店の水分は比較的少なく、スイスの地元の人々もここで買い物をする傾向があります。

ベルンの「時計の街」としての評判は、十分に価値があります。ベルン鉄道駅からほど近く、時計塔であるベルン市のランドマークです。西の鐘楼は、古代の鐘の4メートルの直径を有している、古代の鐘内の機械装置は、元の16世紀の操作であり、人々が絶妙なスイスの時計技術ではないことはできません賞賛、非常に真のまま。ベルン全体が巨大な展示ホールであれば、それは過大ではありません。

ベルンの通りでは、毎日約1000軒の時計店が世界中の観光客を迎えています。店の窓には高価なスイスの時計がいっぱいで、店の看板までは時計でできています。ベルンは伝統的なスイスの時計産業の中心であり、中世の特徴を持つヨーロッパ最大のショッピング街です。ダウンタウンプラザカジノ(カジノプラッツ)とそこブヘラクルツの枝、およびテーブルの端にあなたは書店がプロのデザインソフトウェアを見る購入することができます店があるが、カルティエスーパーコピーそれは精神的、物理的なハンズオン時計愛好家のための良い場所のようです。

ベアパークの東側に騒がしいゲレッチティック・キーツガッセの両側には、数多くの小さな時計店があります。オメガとブライトリングの両方があり、フライングウォッチを専門とするゼノも見つけることができます。市内中心部の古い家屋の大きさによって制限されていますが、これらの通りの店舗の規模は大きくありませんが、ミドルレンジのスイスの時計ブランド用のものもあります。ショップのオーナーはプロの時計メーカーまたはプロの独立した時計メーカーです。さらに、両側の多くのアンティークショップは、時々、良い中古時計に切り替えることができます。

スイスで高価な腕時計を買う噂:

スイスの時計事業に長年携わってきた友人は、実際にはスイスの時計を割り引くことができると私に言った。特に一部のトップウォッチブランドの場合、相手側は割引はブランド品質の欠陥の一種であると考えます。もちろん、スイスの購入表には依然として価格優位性があります。特に、スイス製の時計は、価格が比較的低くなるように、バッチ価格の状況で代理店に供給されます。

一般的に言えば、1万元の価格は国内価格の70%になり、1万元以上の豪華な時計が有利になるでしょう。タイミングは非常に重要です。スイスの特別な腕時計に遭遇すれば、それは「自然な贈り物」です.BucchererやGuebelinのように、毎月1,2回の特別な腕時計があります。毎年12月からルツェルン全土がクリスマスの割引シーズンに入り、すべての企業が参加します。

3番目の停留所:バーゼル

バーゼル

バーゼルはスイス北西部で最も小さい州であり、フランスとドイツの国境に面してライン川に頼っています。有名な大聖堂だけでなく、時計のファンである年中無休の時計フェア(Baselworld)もあります。

毎年3月末に、バーゼルは世界中のメディア、有名な時計ブランド、時計販売業者を集めています。ホテルは人でいっぱいで、世界の言語は通りに浮かび、地球規模の村であるという気持ちが失われています。現在、中国のバーゼル展をテーマにしたツアーグループが数多くありますが、目的は実際にはっきりしています。この練習はまだまだ非常にスマートですが、最新かつ大部分のINスイス時計モデルが初めて見つかりました。

展覧会の外では、バーゼルは比類なく清潔です。ラインは市内の中心を通り、北西と南西の2つの部分に分かれています。テーブルを見つけるために、自然はビジネス地区とは切り離せません。赤の広場、自治体の歩行者専用道路に近い市の南西側では、観光客は赤のみ市庁舎、川の道路への大聖堂の散歩を見つけるだけでなく、百歳ブヘラ見つけることができません。ここでは、他の時計店があるかどうかを確認するために市の旅行パンフレットにアクセスし、地図の道に従う必要がある場合は、グラハムスーパーコピー時計店へのショートカットを見つける方が簡単です。



http://mycopys02.yoka-yoka.jp/
https://tecopys.exblog.jp/
http://www.musublog.jp/blog/tecopys/
https://blog-deng.wixsite.com/mysite

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=134594