たらった♪たんか

プロフィール
きょうこさん
♪たらったたん♪と鼻うたを歌うように、短歌を詠めたらいいなと思います。 自分が感じたことを言葉にするのは、気持ちのいいこと。 言葉は人をしあわせにするためにあるそうです。 日常のきらりとした瞬間を眺めていられるように、ほんわりと過ごしていきたいです。

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:115513
Today:47
Yesterday:70
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
自分のリズムで
ゆらんゆら 風が枝の間抜けてゆく 葉たちは揺れる 自分のリズムで

物思いふっとドア開け視線合う 黒い目くるりん ちびアマガエル
テケテケ
テケテケと小走りをしてちょっと飛ぶ セキレイ追いかけ吾子もテケテケ
ゆらゆら ふくふく
帰り道手つなぎゆらゆら揺らしてく 7歳の子と我のつり橋

ふくふくと膨らんでゆくパン眺め 我も一緒に膨らんでゆく
いい風や
ふっと見たおしべとめしべに吸い込まれ  つつじの香りを初めて知った

いい風や命が元気になるようや 牡丹に囲まれ母がつぶやく

ご飯粒
夕飯に熱く語りし土づくり 夫の口元ご飯粒ひとつ
メタリックグリーン
腰落としぐるぐる指を回しつつ 狙うトンボはメタリックグリーン

束の間は我を草木と思いしか 手の甲に憩う緑のトンボ

ツバメ
チイーチイーと新居探しのツバメらに
              ここがいいよと軒(のき)を指す吾子

電線に並ぶツバメの新婚さん よくここに来たねと父子見上げる
葉っぱ
お茶飲んで ゆとりの窓が出来たとき 私に手を振る葉っぱがみえた
大丈夫
みぎひだりみぎ まだまだ私走れるよ 吾子(あこ)を迎えに夕暮れの坂

息切らせ迎えに行った我置いて 先帰る吾子 もう大丈夫

まん丸のつぼみ屈んで眺めれば 暖かい場所思い出してる

ぽこぽこと喜びの泉は湧いていた 気づかず下向き泣いてる時も
日曜の午後
家がありお山があって空がある バドミントンする日曜の午後

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>