サカム@林業再生講座

プロフィール
サカムさん
森林文化アカデミー 林業再生講座の学生です。
神戸出身。元プログラマー。
アカデミーのこと、林業のこと、アントレプレナーシップのこと、
たくさん発信していきます!

QRコード
アクセスカウンタ
Total:199233
Today:29
Yesterday:93
今年を振り返って

サカムです。

今年は、振り返るといろいろ実りのある年だったと思います。

まず、生まれて初めて確定申告しました(笑)。

春は、これは学生としての本業に近いですが、京都のH森林組合さんと協働開発しているマネジメントツールのバージョン1.0を出すことができました。バージョンアップを続けて実運用が始まっています。在学中にもの出すと決めていたので、実現してよかったです。

林業においては、現場(木こり)の方との出会いが多かったと思います。プロの技術やノウハウ、現場視点でたくさんのことをご教授いただきました。

木こりの現場も(有給で!)経験させていただきました。学校では、知識を。学校の外では、現場技術を。という理想的な環境で、アカデミーに入学してホントよかったなと思います。

夏は、念願の青森県は八戸市森林組合へ訪問できました。まさに多様な森林施業という感じで、いろいろな施業地を案内していただき、貴重なお話も伺うことができました。また、その旅中に素敵な出会いがたくさんありました。

秋になると、白川町がホットになり。。有機農家でもある山主さんとそのお仲間とで、とあるプロジェクトを始めています。地域林業のリビルドにつながればと思っています。

最近は、このつながりで有機農業関係にも片足がズボズボと。。自分の能力は使えるところにどんどん投入したいなと。

たくさんの人に機会をいただき、そしてお世話になりました。
Work with Smart People!
来年もよろしくお願いします。



中間収入
サカムです。

今年もあと少しですね。
学校生活もあと少しで終了です。

ちょうど1年くらい前、学生同士で、林業での初期コストと中間収入のどちらに興味があるか(重要だと思うか)について盛り上がったことがあります。

スギあるいはヒノキの単一的な森林にして、最後は皆伐(生えている木を全部伐る)して収入を得るという想定ですが、その時は皆伐までの中間的な収入に興味がありました。

人工的な森林は様々な手入れをしていくことが必要でコストがかかりますから、中間的な収支を合わすことが経営上大事だと思います。

アプローチの1つは、キノコや山菜といった林産物を隙間でやることでしょうか。写真は白川町にあるヒノキ林ですが、中でシイタケ栽培をしています。ほだ木、種菌に初期投資が必要ですが、数年間毎年収穫できるということと、原木シイタケとしていい値段で売れるというのがメリットです。


山主さんから獲れたシイタケをいただきましたが、肉厚で味が濃く美味しかったです。こういう食べられるものは、楽しみにもなりますからいいですよね。


このヒノキ林は、ちょうど間伐(成長して混んできたので間引く)時期ですが、伐った木も十分売れる品質で、これも中間収入になります。また、今までは伐採業者へ発注していましたが、自分で間伐し出荷する取り組みもされています。

収支が合う条件はいろいろありますが、キノコなんかはやっぱり一考の余地ありじゃないでしょうか。
 
タグ: 林業