サカム@林業再生講座

プロフィール
サカムさん
森林文化アカデミー 林業再生講座の学生です。
神戸出身。元プログラマー。
アカデミーのこと、林業のこと、アントレプレナーシップのこと、
たくさん発信していきます!

QRコード
アクセスカウンタ
Total:205440
Today:23
Yesterday:11
環境税の使い道
サカムです。

今年度から環境税が始まりましたね。
環境税の使い道として、環境保全林や里山林の整備・利用促進というのがあります。

ありがちな施策としては、何かでかい建造物を作るとかですが、最近は地域のNPOやボランティア団体に事業委託、もしくはフィールドを無料で貸し出すということもあるようです。

アカデミーのある美濃市でも演習林の隣をモデル林として設定し、利用団体を募って運用してもらうという趣旨で計画が進められています。

計画策定の会議に出席してきたのですが、具体的にどこに税金が投入されるかというと、活用するに当たって必要な施設(建物とか道とか)を県が外部業者に発注する部分です。結局・・・。

利用団体は、モデル林で「自立的な経営」を求められることになります。例えば、地元のNPOがこれをやる場合は、まず

・ミッション(社会貢献としてやるべきこと)に合う事業がそこでできるのか?
・事業の収支を合わせられるのか?

の2点がクリアできて、初めて「やります。」と言えます。

そのためには、まずモデル林の価値について評価しなければなりません。これって結構コストがかかるのです。

森林としてどのような価値があるのかについては、生えている樹木の種類や量を把握する必要があるし、生物多様性の観点では、どのような生物がそこにいるのかを調査する必要もあります。整備による環境負荷の評価も必要。

社会的な価値としては、その場所の歴史的な背景とか人の暮らしとの関係を調べ、ストーリーがあるかが重要となります。

そこから可能性のある事業をイメージして、初期コストや運用コスト、売上などを試算し検証するなど、多くの労力が必要です。

今気づきましたが、、このような検証段階やプランニングで行政からの支援(税金の投入)があれば助かりますね。