musublog(ムスブログ)ブログ -サカム@林業再生講座

サカム@林業再生講座

プロフィール
サカムさん
森林文化アカデミー 林業再生講座の学生です。
神戸出身。元プログラマー。
アカデミーのこと、林業のこと、アントレプレナーシップのこと、
たくさん発信していきます!

QRコード
アクセスカウンタ
Total:202353
Today:25
Yesterday:20
クヌギの実
サカムです。

家の近くには、クヌギの木が何本か植樹されています。
そのうちの1本が、大量に実をつけていました。

クヌギの実は、大きいのでクリのように食べられたら幸せなのですが、そのままでは渋くて食べられません。

渋いのは、タンニンという物質が含まれているからで、クヌギの場合は、1.3%ほどだとか。ほかに実が多くなっているコナラは、それよりも多く4.8%ほどですから相当渋そうですね。

クヌギとコナラは、ブナ科コナラ属で、この種類の実はどれも渋みが強いようです。渋味が少なくそのままでも食べられるのは、ブナ科マテバシイ属のマテバシイ。これも家の近くにあるのですが、剪定のせいでしょうか、実がなっていません。

渋みを抜くには、粉々して水にさらし、渋みがなくなるまで水を交換するそうで、ちょっと手間がかかるようです。ですが、この粉を白玉粉に混ぜて団子にするなど、いろいろと調理法があるらしいので、ちょっとやってみようと思います。

クヌギやコナラのようなどんぐりも林産物と言ってもいいのでしょうか?調べてみようと思います。

どんぐりを使った料理で、何かおすすめがあれば教えてください。