サカム@林業再生講座

プロフィール
サカムさん
森林文化アカデミー 林業再生講座の学生です。
神戸出身。元プログラマー。
アカデミーのこと、林業のこと、アントレプレナーシップのこと、
たくさん発信していきます!

QRコード
アクセスカウンタ
Total:205388
Today:33
Yesterday:9
| 1 | 2 | 最初 | next>>
サードアニバーサリー

サカムです。

昨日は、久しぶりに郡上八幡へ。
サードアニバーサリーにお邪魔しました。

初めての方ばかりで緊張。
みなさん、いい方ばかりでよかったです。

いろいろな話を聞くことができてよかったです。少し政治の話題になったのが、とくに良かったなと思います。こういう場でも普段の会話でも、政治の話があっていいなと感じます。

あとは、やっぱりスマホアプリが作りたくなった(笑)。

郡上八幡でゆっくりコーヒーでも飲みながらスマホアプリを作るというのは、幸せな休日の過ごし方だなあと思って、そういうことができる場所探しから始めようと思います。カフェとかあればいいのですが。

やる気になるエネルギーをもらった感じの1日でした。
ありがとうございました。




季節のうつろい

サカムです。

アカデミー入学するまでは、都心部に住んでいて、サラリーマンしていて、紅葉というと、休日にわざわざ出かけて見に行くもの。という感じでした。

最近は、外の実習とか課外活動でわりと頻繁に山道を走り、わりと普通に紅葉を見ています。あぁ、環境変わったなと思う瞬間です。

昔は、季節感というのはあまり気にしてなかったんですが、今は季節のうつろいをかなり感じるようになりました。樹木の種類がある程度分かるようになってきたのも大きいかと思います。

春夏秋冬。
まあ、いいもんですね。

 

川魚
サカムです。

アカデミーの学生でありつつ、最近は外部での活動が多くなってきました。いろいろとお声掛けいただく機会が増えてきて、嬉しいです。

写真は、最近お会いした森林所有者の方からいただいた小魚のつくだ煮(?)。長良川でご自身が獲ったそうですが、10kg以上あったそうで、すごいですね。

いろんな種類の稚魚が混ざっていて、何がどれかわかりませんが、とにかくおいしくいただきました。



ネムノキ
サカムです。

最近、所々で目にするのはネムノキ。
花が咲いているので、遠目でも分かりやすい。

観賞用で植樹されることが多いのは知っていましたが、調べてみると、葉がお香の材料として使われているようです。また、若葉は食用に、樹皮は乾燥させて薬用になるなど、意外にも使い道がたくさんあって驚きました。

お香といえば、いいにおいのする樹木 で挙げたカツラですが、果たしてネムノキはどんな香りがするのか、試してみたいと思います。



白川町で観ました!
サカムです。

白川町の方にお誘いいただいて、「キツツキと雨」という映画を観てきました。実に8年ぶりの映画鑑賞で興奮しました。

この映画のロケ地は、白川町だったそうです。今回はロケ地記念ということで町民会館で上映会が開かれたのでした。

映画を観ていると別の小さなスクリーンにロケ地の場所が表示されて、地元の人たちはちょっとうれしそうにざわついていました。

上映会の後は、白川町黒川に移住し農業をやっている方のお宅に泊めていただきました。自分は林業の勉強中ですが、農業の方と意見交換することができて、とても勉強になりました。

また、田舎暮らしのいいところや不便なところなど、リアルなお話も聞けました。



リョウブを天ぷらで
サカムです。

春の味覚第2段。
先輩とアカデミー近くにある古城山へ行きました。
春なので、山菜を探しに行ったのですが、まだ早かったです。

コシアブラやタカノツメを目指していたのですが、代わりにリョウブの若芽を取ってきました。

アカデミーに戻って調理です。
1つ1つが小さいので、かきあげにしてみました。

見た目はいい感じです。

味は?

おぉ、結構いけます! 
山菜によくある苦味や渋みはなくて、さわやかな風味がスッーと鼻に抜ける感じがして、まさに春を感じるお味。

他にツクシを佃煮に。フキノトウ、タラノメは天ぷらで。収穫は少なかったけど、堪能できました。

皆さんもリョウブ天ぷらぜひお試しを!
(山菜特有の苦味や渋みが好きな人には物足りないかも。)



春の味覚
サカムです。

アカデミーの演習林まで行く途中で、「つくし」を見つけました。

なんとなく5月ごろにあるやつ。って、勝手なイメージを持っていましたが、今から生えてるんですね。

少しだけ取って、佃煮にしてみました。人生初挑戦。
ゆず酒で少しだけ香り付けを。

次は卵とじとかいうのをやってみます。


欠かせないもの - 2
サカムです。

以前「欠かせないもの」で書いたのですが、プログラムを作っていたりすると甘いものが欠かせません。チョコやクッキーなんかは季節問わずですけど、季節を問うものを食べることもあります。

それは、和菓子。

春、夏、秋、冬と季節によって、売られているものが変わります。こういうの結構大事にしてます。

で、今はやっぱりサクラかな。と。


皆様もお近くの和菓子屋へ!

タマミズキ
サカムです。

アカデミーから見える山に点々と赤い何かがありました。この時期、山はちょっと地味ですから、ひときわ目立ちます。

急斜面を登って近づくと、12mほどの木があって、びっしり赤い実をつけていました。幹も太くてまっすぐできれいです。

持っていた図鑑では特定できず、学校に帰って先生に聞いて見ると、「タマミズキ」でした。ミズキというので、ミズキ科かと思ったら、モチノキ科でした。

結構きれいなので、材としても使いやすそうですが、器具材としての利用がある程度のようです。やはり数が多くないからでしょうか。

それにしてもあれだけの密度で実をつけるのだから、もっと群生していてもいい気がするのですが。目立つ割に鳥に食べられているようすがないので、きっとおいしくないんでしょうね。





性格診断
サカムです。

林業の道に進むにあたって、すぐに職を探すか、学問に集中するかを考えていた頃、自分の性格診断をやったことがあります。

この手の書籍やWebサイトはいくつもありますけど、診断内容が一番わかりやすかったのが、「5つの性格診断心理テスト」というものでした。

36問の質問に答えていって、下記の6項目について結果(点数と段階)が出ます。

(1)外向性
 心的エネルギーが外に向いているかを判定。高い人は、積極的に人と接することができ、コミュニケーション能力が高い。
(2)情緒安定性
 精神的にバランスが安定しているかを判定。
(3)勤勉性
 プロ意識を持ち、向上心があり、努力家。中途半端を好まず、徹底的に行動するタイプを判定。
(4)協調性
 周囲とうまくチームを組んで活動できるタイプを判定
(5)知的探究心
 知的好奇心が強く、新しいことに挑戦し、経験や知識を増やしているかを判定。
(6)自己ギャップ
 劣等感を感じていないか、自分に自信を持っているかを判定。

診断結果は、外向性、情緒安定性、協調性、自己ギャップが、「普通」。勤勉性が高く、知的探究心がかなり高い(満点だった)。でした。


自分のこれまでを振り返ると、勤勉性については公文式で鍛えられた気がしましたが、知的探究心はもともと備わっていたように思いました。

そこで自分の知的欲求を満たすのはどっちの方向か?
を考えて学問に集中することにし、森林文化アカデミーに入学して林業を勉強しています。今思えば、それでよかったなと思います。

林業を選んだ理由はいくつかありますが、知的欲求を満たせそうだから。が大きいです。

| 1 | 2 | 最初 | next>>