ウォン ルイスのブログ

QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:48621
Today:3
Yesterday:34
ルイ・ヴィトン(LV)が絶えず改善して現代のハイエンドを作る時計算する作品

ルイ・ヴィトン(LV)のジュネーブの印の飛行する陀はずみ車の腕時計の誕生は影響がはかり知れなくて、サイドオープンについて透視する処理、それなのに極致がシンプルなののは精致で非常で、ハイエンドの表を作スーパーコピー時計成する業の準則を揺り動かしていないものはありません。

この時計の殻はルイ・ヴィトン(LV)の腕時計の一族の最新の設計で、円形と方の外観の解け合ってなる全く新しいアウトライン。幅の41mm、対角線の43.7mm、分類はいかなる既存の腕時計の形の中に着くことができなくて、枕の形、も非楕円形ではありません。殻の鏡映面を表して円形のシルクを売り払ってと紋様をこすって、および独特で精致な面取り処理、更に突然その自身のを現すのが繊細で精巧でよく動きます。

厚さはただ9.1mmのジュネーブの印の飛コピー時計行する陀はずみ車の腕時計のためだけ、自然と体の曲線に似合います。950プラチナの金は殻のやさしい線を表して手首部で貼って、もし体の一部分をまねます。小さい似合う表す耳はこれらを強化したのを更に1歩進めて人間工学の特色に合います。

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=193676