林業女子会@岐阜

プロフィール
林業女子会@岐阜さん
2011年8月8日
林業女子会@岐阜設立。
学生をはじめ、森林組合やNPO法人で働く女性16名が川上から川下までの林業の魅力を伝えます☆

F_Girl_Gifuをフォローしましょう
≪お問合わせ》 f_girl_gifu☆yahoo.co.jp ※☆を@にかえてお問い合わせください!
QRコード
アクセスカウンタ
Total:1006547
Today:153
Yesterday:419
<<prev | 最新 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 最初 | next>>
川上から川下までの流れを知ろう!~第1弾~
はじめまして。
木材市場で働くkanakoです。
神奈川県出身で昨年から岐阜に来ました。
岐阜は、大自然に囲まれ、伝統的なお祭りがたくさんでお休みの日は忙しく遊び回っています!!
宜しくお願いします。

さて、今回は「川上から川下までの流れを知ろう!~第1弾~」について報告させていただきます。

とそのまえに、
現在林業女子会@岐阜は最近メンバーを増やし、さらに林業の現場や林業に関わる仕事に就いている子で構成されているのが特徴です。

そしてあらためて木がどのような過程を経て消費者まで届くのかということで、
実際に林業女子会のメンバーの働く現場を含め、さまざまな見学会を開き自らの足で追っていきたいということになりました!

その~第1弾~木を切り出す ということで、メンバーの所属する東白川村森林組合に見学に行きました!!

今回は、木を伐倒している現場、丸太にし集材している現場を見学してきました。
現場までは車ですが、しっかり管理の行き届いた道で現場のすぐ真下まで通っていました。
到着すると、山の上のほうからチェーンソーをもった2人組が下りてきました。
一人は、林業女子会のメンバーでした!
とても開けた視界のいい場所ですが、かなり傾斜がきつそうな山でした。
チェーンソーの音が鳴り響き1本の木が倒れ始めました。

イメージしていたよりも細い木でしたが、やはり倒れるときは迫力がありました。
倒した木は、枝が払われ、玉切りをして谷に集めるそうです。

今回の現場は樹齢7,8年のまだまだ若い木が植わる現場で、その木を傷つけないように作業するのが難しいと話していました。
木を切るときは、将来に山を残していけるような山の管理、残す木の判断に気を付けて作業していると話していました。

まさに川上最前線であり、今植えた木が30年40年後に使われる。
植え方、切り方が正しい判断だったのか、誤りだったのかの答えはすぐに出ないのが林業であり、継承していくことが大切なことであるということを感じる現場でした。


次は、集材している現場。
そこは、谷に敷き詰めるように同じ大きさに切られた丸太がいっぱいありました。

白川村森林組合では、山の傾斜を利用したトビを使った集材が特徴的で昔から変わらない方法で今も行われています。

玉切りされた丸太は、谷に集められて道際から上に向かって敷き詰めていきます。
その上を丸太を滑らせてあっという間に道まで出すという方法です。

今回は、トビを使った集材を実際に体験させてもらいました。
まず山を登ってみると、思っていた以上に傾斜がきつく、少し登るだけでも息があがってしまいました。
トビも持ってみると重いことにびっくりしました。笑
そして丸太はもっともっと重かったです。。
ただトビをひっかけて引くのと、丸太を回しながら引くのでは全く違いました。
さらに、2人でタイミングを合わせて回すことで、大きな材も動かすことができます。
実際に30mくらい先の道まで材を出すのに丸太を敷き詰めた道を
女の子でもトビを使ってくるっとまわすだけで丸太がスルスルと動き出し、どんどん加速して道まで滑っていきました。
そのスピードはとても速く、実際に体験して、これはすごい方法だと思いました。

その反面、丸太の重さもあり、そんなスピードで上から落ちてきたら、もちろん止めることなんてできません。
上から材を出すときは絶対に人がいないことを確認して作業することが大切であるということもわかりました。

今回、川上では木を倒し、丸太にし、トビを使い道に集め、林業機械でトラックに積み込み材を下す。
山では、傾斜がきつい、足場が悪い、視界が悪い、さまざまは環境の中で木を切り倒し材を出す。
そこには継承される思いと機械ではできない技術がありました。
ひとつ間違えると大きな事故にも繋がる仕事ですが、正しい技術と判断によって未来に繋げることのできる素敵な仕事だと感じました。
今までもそんなたくさんの方がいるから今の山がある。
そのことに感謝し、今このことに気付けたことをこれからに繋げていきたいと思いました。

東白川村森林組合のカッコいい皆さん!
大切な時間をありがとうごございました。
これからも体に気を付けて頑張ってください。
本当にありがとうございました。

そして、次回はこのように山から出てきた丸太はどこへ行くのでしょうか?
といううことで、~第2弾~私の働く木材市場へ見学に行きたいと思います!!
また次回お楽しみー!!


長い報告最後までおつきあいいただきありがとうございました。
kanakoでした!!



  




【募集!】原木市場の見学会
お久しぶりのイベント募集です。

おそらく公表するのは初めてになるのですが・・
2014~2015年の林業女子会@岐阜のテーマを決定しました!

それは・・「林業の川上から川下までを知ろう!」です。

現在は林業関係のお仕事に就いているメンバーの多い林業女子会@岐阜ですが、
自分の仕事以外の林業の現場って、なかなか見る機会がない!
木がどうやって山から出されて、流通していくのか知りたい!
ということで、川上から川下まで、林業の現場を辿っていくツアーを
年間を通して何回か(まだ回数は未定なのです^^;)開催することになりました

第1弾は、11月29日に東白川村森林組合を見学させていただき、
(その様子は別の機会にご報告します^^)


第2弾として、12月20日(土)に岐阜県森林組合連合会の岐阜支所林産物共販所の見学会を開催します!
なお、第1弾は人数上限の関係からメンバー限定とさせていただきましたが、今回は一般の方も募集いたします。

こちらの共販所は、郡上地域で生産される長良杉の原木を主体とした市場で、月に2回、入札による市が行われます。
なお、メンバーの一人の勤務先でもあります^^

また、12月22日には納市が開催される予定で、それに向けて原木が搬入されているとのこと。
原木の目利きについてのお話も伺えると思います!

原木市場の役割・仕事内容・原木の価値の付け方・コスト・・などなど、
興味のある方はふるってご参加くださいませ。


詳細は下記のとおりです。

日時:12月20日(土)9:30~11:30
場所:岐阜県森林組合連合会 岐阜支所林産物共販所
   http://www.g-moriren.or.jp/gifu_kyou/gifu_kyouhan.html
   関市倉知字物見山4660-16
参加費:無料
集合:共販所駐車場
持ち物:ヘルメット
服装:土場は屋外なので、暖かい服装で

内容:
1.市場の見学
2.共販所の歴史、成り立ちなどについて
3.感想のまとめとシェア
4.解散 →時間のある方は近くでランチ

参加をご希望方は、【12月18日(木)まで】に、ringyoujosikaigifu@yahoo.co.jpまで下記事項をご連絡くださいませ
・氏名
・居住地(○○県××市程度)
・職業
・TEL
・E-mail
・見学会で聞きたいこと
・その他(ヘルメットがご用意できない場合はお知らせください)
2年と8か月が過ぎました
あっというまに11月も終わり
今年もあと1か月。
インフルエンザも流行りつつあるので気を付けなければ!

さて、ここ最近毎日ではないですが
さらに木を伐らせていただく時間が増えました!

ということでMyヨキを購入しました。



柄の長さは特注で60cmに!
種類はかし材!硬いので!!
これで伐採するときにクサビを打ちます。

まだ慣れないので打った時に柄がボロボロになって(先輩のヨキも少しボロボロにしました・・・)雨で腐らないように布をぐるぐる


テープまきまき



実際使ってみるともう少し柄は長くてもいいかなと思いましたが
先輩たちのを借りて今までやっていたせいか、そんなに重く感じなかったのであとはひたすら使いこんで身体に馴染ませるだけ!!

これからヨキを使うのもすごく楽しみ♪

あと今月ものすごく苦戦したのが「かり出し」
もうほんとにどうトビをさして回したら動いてくれるのか分けわからず。
雨の日は足元すべって力はいらないし
一歩間違えれば危ないし。
でも何気にかり出しの作業は好きなんですけどね(笑。
上から道までザーっ!!って滑っていくのが!!

これからもっと寒くなって身体も動かなくなってきますが
1つ1つ丁寧に学んでいくしかないです!

今年もあと1か月!
頑張る!!
森のようちえん(日常編)
林業ママ寺田です。
寒くなりました。
でも森の子は元気です。

ぎふ森の妖精ようちえん 里山で新園を開園して半年以上が過ぎました。
畑が猪にやられながらも、トマトも大根も収穫し、
いがに刺さりながら木に登って栗を取り、
熊の出没にびくびくしながらも、冬いちごを頬張り、
真っくろになりながら焼き芋をして、
楓の美しい秋もそろそろ過ぎ、
時雨るようになった11月。

古民家を借りることになりました。↓

数年前までおばあちゃんが1人で住んでいた素敵な空家を
冬の間お借りできることになりました。

最近の子どもたちの遊びは、赤土でのお料理。かくれんぼ。ナンテンの影でお医者さんごっこ。手をつないでぐるぐる回り。道路にお絵かき。ナンテンやアオキやお茶の実、椿の実、おままごとには最高です。
かまきりの産卵も間近で見ることができます。
森は近くにあるというだけで毎日おばあちゃんちで粘土をこねる日が続いていますが、それもまた森のようちえん。
昔の子どもはそうやって遊んでたんでしょう。






最近、この1年でいろんなものに出会った子どもたちに聞いてみることにしています。「生きてるとか死んでるとかってどういうことだと思う?」
「赤くなって落ちた葉っぱは死んでるのかな?」「葉っぱが死んだら木も死んでるってこと?」「じゃあ大根は?」「「じゃあ人はどうなったら死んだってことになるの?」と聞いてみます。
3歳~4歳なら、相当のやりとりができます。
知らないと思ってたことも実はとてもよく観察して知っているし、質問することでさらに考えてとてもするどい答えをみつけます。
こちらが真剣であればあるほど子どもたちも真剣に応えてくれます。
子どもたちはとてもユニークにいろいろ応えてくれます。 
その答えとやりとりが楽しい。

林業女子会@岐阜では森のようちえんとのコラボ企画も考えています。
いろんな大人と真剣に関わることで子どもたちはどんどん自分らしさを磨いていく。
林業女子会@岐阜メンバーと関わることで子どもたちは何を発見するのだろう。楽しみでしかたありません。 

よろしければ「ぎふ森の妖精ようちえん」ブログもご覧ください。こちら↓
http://blog.livedoor.jp/chikomail/

ぎふ木育キャラバンin中津川に参加しました!

こんにちは。こいけです。

今日は、11月2日(日)に開催された「ぎふ木育キャラバンin中津川」の様子をリポートします。

この企画は、中津川市主催の「環境フェスタ中津川」内に岐阜県のブースとして出展されたものですが、事前に行われた「木育キャラバンサポーター養成講座」や、その後の会議などにより、市民の木育サポーターと県とが協力してつくったものです。

ぎふ木育キャラバンin中津川は、3つのコーナーで構成されました。


ひとつめは、ぎふ木育キャラバンではおなじみ、

ぎふの木のおもちゃコーナー

つみぼぼ、バランスレール、まあるいつみきなどなど。
岐阜の木を使ったおもちゃがわんさかと集い、子どもが自由に遊べるコーナー。





ふたつめは、ぎふ木育キャラバンin中津川オリジナル企画

「素足で遊ぼう木馬育(もくばいく)」

木馬育って?初めて名前を聞く方も多かったと思います。
これは、東濃ヒノキの里、中津川市加子母でうまれた、缶ぽっくりや下駄のような、ヒノキ製のおもちゃ。



素足で乗ると、足の裏にヒノキの感触が心地よいのです。

さらに、当日はこちらのおもちゃの製作者である「かしも遊木民」の田口さんもスタッフとなっていただけました。

田口さんは、とってもアイデアマン。
この日のために、様々な難易度の木馬育を開発してくださいました。

初心者や小さい子には、高さの低いもの。
もう少し難しい、下駄の歯の高さが10センチぐらいのもの。
もっと難しい、下駄の歯の、地面に接する部分が楔型になっていて、前後方向が不安定になってしまうもの。
鬼のように難しい、下駄の歯の、地面に接する部分が尖っていて(!)、私は立つことすら出来なかったもの(T□T;)

難易度が設けてあるということも良かったのか、子どもにも大人にも大人気でした。

難易度や乗り方の説明をスタッフが丁寧に行っており、大人気につきとっても忙しかったので、
次回は難易度や乗り方をパネルなどで展示して、子どもに自由に遊んでもらっても良いかな、と思いました。
そうすると、意外な遊び方を発明する子が出てくるかもしれませんね☆+.


みっつめは、やはりぎふ木育キャラバンin中津川オリジナル企画

「拾ってつくろう!葉っぱアート」


子どもや親御さんに、中津川の里山には面白いものがたくさんあることを知ってもらい、山を好きな人、山に遊びに行く人が増えればいいな、と願って作った企画です。

内容は、まずは中津川の山にある葉っぱ・木の枝・木の実を集めた「たからのやま」コーナーでお気に入りのものを拾い、木端や枝を土台にして葉っぱアートを作るというもの。





予想以上に親御さんの反応が良かったのが印象的でした。
子どもが好きに拾って作って、親御さんは待ってるか、他のブースに行っているものかなと思っていたのですが。
それなら、親さんにも別に葉っぱアートを作ってもらってもよかったな、と思いました。

それと、やっぱりドングリやまつぼっくりって人気ですね。
パッと見はなんでもないような葉っぱの面白さ・多様さ・可愛さなんかも感じてもらいたいから、次はドングリ・まつぼっくりをうんと少なくしてもいいかもしれないですね。

また、子ども向けの樹種紹介パネルを自作してみました。
樹木の特徴や用途を調べるのは久々でした。なかなか機会がないとやらないので(汗)、これも良い経験になりました。


ぎふ木育キャラバンin中津川をとおして、恵那・中津川地域でのつながりが増えたことが何よりの収穫でした。
このつながりを今後も大切にしたいですね。

2年と7か月が過ぎました。

今月はなんとスイングヤーダで木材を集材する現場へ!
自分の担当する現場ではなかったので
線を張るとこから関わることが出来なかったのですが・・・

今回は山の上から洞へ材木を溜めて
トビで出せるところまでかり出しをして
山側から谷側へおろしてくる下げ荷の作業だったので向柱を設置!




木材が溜っているとこには荷掛をする人
下には荷外しをする人
グラップルを操作する人
スイングヤーダを操作する人

スイングを操作するオペレーターと山側で荷掛をする人がトランシーバーを使って
事故の無いように危険な作業にならないように
こまめに連絡を取りながら慎重に作業を進め。

何日もかけて無事に作業終了。




1日しか関わることが出来なかったのですが
仕事ってやっぱりチームワークが大事だなーって改めて実感する現場でした。

そして今月はヒヤリとすることがたくさん。

足踏み外して滑っていくし
ヒノキ伐らせてもらったときに下つるを伐りすぎて自分のほうに倒れてくるし。

自分のほうに倒れ始めたときに
親方が「逃げろ!」といって無事に逃げることが出来ましたが。

人間って危ないときに誰かに「おい!」って言われても咄嗟に動けなくて逃げれないらしく、
逃げなあかんときは「逃げろ!」っていうと「おい!」って言われる時よりも動けるらしいです。

と親方から教えてもらいました!

ほんとに怪我をしないのは親方のおかげですが
自分でも危険予知をもっとできるようにしないと・・・(汗。

これからは寒くなって余計身体が動きにくいですが
来月も頑張ります♪
環境教育な週末@館山
こんにちわ。林業女子会@岐阜 東京支部(?)のひよしです。

先週11日~13日に、NPO法人樹恩ネットワークの
「エコサーバー・リーダー養成講座~森林環境教育編~」にスタッフとして参加させていただきました。講座の様子をご紹介してみようと思います♪
(講座概要はこちら



農工大の佐藤先生にはじめて環境教育のご指導をいただいてから早3年。
時間の流れが速すぎて若干あせります…(笑)
今回は千葉県の館山にあるセミナーハウスでの開催でした。







参加者同士のアイスブレイクから始まり、「木からできるものクイズ」をやったり
樹木の見分け方を教わったりしながら、
ただ知識を与えるだけではなく、どうやって子どもに気づきを与えながら
木に興味をもってもらうか…そのポイントを教わります。





私もほんのちょっと、レクチャーを担当させていただきました!
これは森林環境教育ではなく、水環境教育(Project WET)のアクティビティ
「大海の一滴」の様子です。
私たちが普段使える水がどれだけ貴重なのかということを「音」で感じてもらうアクティビティ。初レクチャーの私のために、今回の参加者のみなさんには実験台になってもらいました(笑)

3年前と変わったことといえば、人前で話すのがそれほど怖くなくなりました。
(大人数であれ少人数であれ、いまだに苦手ですが…。。。)
伝えたいことをわかりやすく人に話すことはまだまだ難しいなと感じますが、
苦手なりに、ちょっとずつ前進しているのかもしれない…です。




台風の影響が心配されましたが、
参加者の方々と交流しつつ、無事修了式を迎えることができました♪
おつかれさまでした。




最後に、館山の浜辺で見た夕焼けがとってもキレイだったのでシェアします。
また行きたいな~♪

秋が深まりつつある今日この頃、冷えこむ日が続きますが、
体をしっかりあたためて毎日元気に過ごしましょう!!


「木育」を学んできました!

こんにちは、こいけです。

先日、ぎふ木育地域キャラバンサポーター養成研修会に参加してきました。

これは、11月2日(日)に開催される「環境フェスタ中津川」の一画で開催される
「木育地域キャラバン」のスタッフ候補者に対する事前研修会という位置づけでした。
…が、興味のある人は誰でもおいで♪というオープンな雰囲気で行われました。笑


内容としては、岐阜県立森林文化アカデミー教授の松井先生からの木育に関する講義


ぎふグッド・トイ委員会の浅野さんから木育キャラバンや岐阜の木のおもちゃについてのご紹介

木のおもちゃに実際に触れ、参加者同士で話し合い、「木育地域キャラバン」で行うプログラム(案)を開発する、というものでした。


●木育の講義への感想

木育って?
木や森と共に生きる暮らしを子どもたちに伝え、
その体験を通して、子どもの感性や生きる力を育てること

今まで「子どもに木や森と親しんでもらうこと」かな?と漠然と考えていたのですが、
今回の研修会でやっと自分の中に落とし込めました。


また、私はまだ子育て経験がないので、子どもの発育に関する話題も大変勉強になりました。
たとえば、ドイツの「シュタイナー教育」の紹介。

この考え方によると、0~7歳は人生で一番強力な模倣力がある時期である。
また、同じことを意識的に繰り返すことによって意思=自分らしく生きる力が強められる。
つまり、子どもは身近な大人の仕草・行動を繰り返し模倣することで、意思を育んでいく、というのです。

これを聞いて、子どもの発育のためには、繰り返しの行動を制止してはいけないということ、
大人はマネされてもよい行動をとらなければならないことが分かりました。
これから(たぶん)子育てに関わる身として、背筋が伸びる思いでした。。


●プログラム開発ワークショップへの感想

地域独自の木育プログラムを作るために、まず4人グループ(できるだけ異なる世代・出身地・職業)で
「恵那・中津川地域の強み」は何かを話し合いました。

やはり、地域の外の人でないと分からないことと地域の中の人でないと分からないことがあり、これを共有できたのが良かったです。

私は、この地域の強みは次の通りだと思っていました。
・市民団体・NPO活動がさかん
・東濃ヒノキ・木曽五木のブランド→木の文化が誇り

意見交換を通して、「地域愛が強い」「木と共生する文化を伝えられる人が多い」
という強みがあるというのもわかりました。


「木育地域キャラバン」のプログラム(案)は、開発時間が短かかったこともあり、
完璧なものはまだ出来上がっていませんが、研修会で土台は共有できたため
成功しうる・・!と思います。まだ手放しにはそういえませんが。


また11月2日の「環境フェスタ中津川」における「ぎふ木育地域キャラバン」の様子をレポートしたいと思います^^


●余談
今回、子ども抜き、大人だけで岐阜の木のおもちゃで遊ばせていただいたのですが、大変たのしかったです!!
まあるいつみきに癒され、木馬育にうまく乗れず歯噛みし、つみぼぼ世界選手権にエキサイトする・・・といった具合に。
大人だけの企画でも、岐阜の木のおもちゃは県庁から貸し出していただけるのでしょうか?
具体的な企画提案とかはまだないですが、借りれたらいいなあ、と少し狙っています(☆v☆)
2年と6か月が過ぎました。

 

最近

「女性に期待してるよっ!!」

と多く声をかけられるようになりました。


率直にうれしい。


私が現場に出たいと言い出した3年前は

「女性には無理だ!!」

という声しか聞こえなかったのに。

2年半経って周りの状況が変わっていることに
本当にうれしく思います。


いま先輩たちも必死に技術を教えてくれてます。
間違ったことをすれば
チェンソーのエンジンを一旦止めて
丁寧にわかるまで教えてくれています。


周りの評価も現場の環境も前と比べると
本当に今めっちゃ良いところにいるなぁと思います。


ただ・・・・
「期待してる」とは。

具体的にどういったことに期待をしているのでしょうか。

林業のPR?
女性の社会的立場?
林業=男性社会というイメージ脱却?

私が男社会である「林業」という職種で現場で働く意味って何だろうって思います。

私は単に「現場で働いてみたい」という興味から今の仕事を選びました。
別に女性だからとか日本の森林のためとか岐阜県の山ためとかじゃなくて
本当に単なる興味本位でしかありませんでした。

でも現場で働くにつれて
「女性だからこそ」求められる何かがあって
ついでに「若いからこそ」求められている何かがあって

んー・・・何なんだろう。

まぁ「これ!」という答えはないんだろうけど
単に技術がほしいという気持ちだけではダメな気がして(汗。

全国で働く女性技術者の皆様はどういう気持ちで働いているのでしょう?
そして女性を雇っている経営者の方はどう考えているのでしょう。

この疑問が頭をぐるぐるした1か月でした(笑。

『長良川おんぱく』へ行こう!!
こんにちは。
新米竹かご職人(?)の前西です。

お彼岸が過ぎ、今年もいよいよ竹の伐り旬のシーズンに突入です。
この時期に伐る竹は水分が少なくカビにくく、
栄養分も少ないので虫もつきにくいと言われています。
というわけで10月~12月のあいだに1年間で必要な竹を伐採します。

ところで、10~11月にかけて岐阜市を中心とした
『長良川おんぱく2014(長良川温泉博覧会)』というイベントがあり、
長良川流域の各地で、地域の魅力を活かした140を超える
様々な体験プログラムが開催されます。

その中のひとつで私が案内人をつとめさせていただくプログラムがこちら。
『~暮らしにそっと竹の美しさを~ 青竹を割って削って、竹かごづくり』
10/25(土)、26日(日)の2日間の開催です。
定員残りわずかとなっておりますが、興味をお持ちの方はぜひご参加ください。
>>>予約はこちらから



ほかにも、岐阜の自然を満喫できるプログラムがたくさん。
たとえば、
・秋の森でリフレッシュ!ふくべの森散策と野外ご飯
・郡上のヒノキでMY下駄づくり
・恵みの森の椅子づくり
・郡上八幡の水源地でコーヒー野点
・狩って、捌いて、食べる!郡上の里山で一日猟師体験!(※)
・森ぶら~秋の森を歩き 薪窯でピザを焼こう~(※)
など。(※)のプラグラムは既に満員のようです。
くわしくは長良川おんぱくのHPをチェックしてみてくださいね。
お近くの方はもちろん、
遠方の方も、岐阜を訪れるきっかけにしていただければ幸いです。

<<prev | 最新 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 最初 | next>>