林業女子会@岐阜

プロフィール
林業女子会@岐阜さん
2011年8月8日
林業女子会@岐阜設立。
学生をはじめ、森林組合やNPO法人で働く女性16名が川上から川下までの林業の魅力を伝えます☆

F_Girl_Gifuをフォローしましょう
≪お問合わせ》 f_girl_gifu☆yahoo.co.jp ※☆を@にかえてお問い合わせください!
QRコード
アクセスカウンタ
Total:1157939
Today:33
Yesterday:135
森女cafe~ぎふの木のスプーンづくり~を開催しました
12月15日(土)、岐阜県立森林文化アカデミー森の工房にて
林業女子会@岐阜主催イベント『森女cafe~ぎふの木のスプーンづくり~』を開催しました。

岐阜県内だけでなく、富山県や兵庫県から来て下さった参加者の方もいて
@岐阜メンバーも合わせて10名が集まりました

まずはじめに自己紹介
森林や林業との関わり(仕事、趣味など)と好きな木についてお聞きしました。
では、仕事で関わっている方(行政、森林組合、NPOなど)、林業を目指す学生の他に、大学で林学を学びたい高校3年生の娘さんを持つお母さんもいらっしゃいました。(とても嬉しいお話です
では、ヒノキを筆頭に、スギ、カヤ、ケヤキ、カツラ、スダジイなどたくさん木の名前が出てきました。

スプーンづくりの講師は、森林文化アカデミー卒業生で
木工スプーン作家の長岡かやさん。
今回作るスプーンの材料は、ホオノキカエデ好きな方を選びます)です。



使う道具は、鉄工ヤスリやドレッサー、紙ヤスリなど。
紙ヤスリは#150~#600の5種類を使います。(数字が小さいほど粗い)
講師のかやさんにあらかじめおおまかに形作っていただいたキットを
これらの道具を使って思い思いの形に整えていきます



疲れたらひと休み
参加者の方から差し入れていただいたドングリ型のケーキを
みんなで美味しくいただきました



紙ヤスリで粗いものから順番に#400まで磨いたら、水引きをします。
水引き>>>材の表面を軽く湿らせることで、つぶれていた繊維が浮き上がってきます。
水引きをした後、#600の紙ヤスリで磨き上げ、クルミオイルを塗って仕上げました



以下、参加者の方からの感想です。
今までだったら、木のスプーンを雑貨屋さんで眺めて買うかどうかを迷っていただけだったけど(つくれてよかった)。
女子会メンバーの頑張っている姿を見て、娘を応援したいと思いました。
お箸やお皿など食の道具をほかにも手づくりしてみたい。

ヨーグルトを食べました!雑炊を食べました!との報告も
使っていて、しみじみうっとりと眺めてしまいます、との声も多数届いています



木のスプーンは使っていて気持ちが良く、食事を美味しくしてくれます。
毎日使う食事の道具だから、それを使ったり見ていたりする時間がもっと楽しくなるようなモノを使ってもらいたい。
かやさん(講師)のそんな想いが伝わって広がっていくといいなぁと思いました

Wrote:前西


コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=15683