林業女子会@岐阜

プロフィール
林業女子会@岐阜さん
2011年8月8日
林業女子会@岐阜設立。
学生をはじめ、森林組合やNPO法人で働く女性16名が川上から川下までの林業の魅力を伝えます☆

F_Girl_Gifuをフォローしましょう
≪お問合わせ》 f_girl_gifu☆yahoo.co.jp ※☆を@にかえてお問い合わせください!
QRコード
アクセスカウンタ
Total:984039
Today:79
Yesterday:306
なぜベストを尽くさないのか
林業ママ寺田です。
連投失礼します。ですが、!
すごい本に出会ってしまいました。

「大工が教えるほんとうの家づくり」です。

私が林業を始めたのは自分の住む環境を美しくしたいからでした。
初めは自分の健康のことがきっかけでしたが、
地域のことに関わり、
家族をもって暮らすうち、
美しい環境を後世まで残したいという思いに深化してきました。

建築物には昔から興味がありました。
図書館や美術館などにはとてもかっこいい空間がある一方で、
都市の住宅の貧相さはいつも不思議でした。
●●風の分譲建売住宅には石を模したサイディングばかりだし、
住宅展示場なのに桧のプリントを貼りつけた集成材の大黒柱だったり、
なぜ偽物を使うのだろう。
この家は壊したときどれだけのゴミができるのだろう。
そういう疑問にいつも心がざわざわしていました。

一方で
学生時代、調査で能登半島を訪れたとき、
とても美しい街並みをみました。
輪島市黒島地区というところです。


ちょうどそこに家をたてている大工さんが居たので、
「なぜこんなに同じ家ばかりなんですか?」
と聞いたところ、
「同じ大工しかいないからだよ」
と言われました。
妙に納得してしまいました。


そして今、自分が家を建てるとなったとき、
構造強化のためには合板をつかわなければいけない。
価格が高いから自然素材の壁はあきらめなければいけない。
アカマツの強度は安定しないので、米松を使った方がいい。
などなど、、、
できるだけ環境に負荷をかけずに暮らしていきたいと林業をしているのに、
私、本当に家を建てていいのだろうか。
結局は私自身が環境汚染に手をかしているだけじゃないだろうか。
とざわざわとしていました。

それが、この本を読むと、
センスが良く、技術の高い大工が1人いれば、
もっとシンプルに家は建てられるんだ。
ということがよくわかりました。

腕のいい大工がいなくなっていることや
センスのいい工務店が少ないことや
建築基準法ががちがちなことや
ハウスメーカーの宣伝がうますぎることや
何も知らない存ぜない国民が多いことや
建てる時間が短いことなど
嘆くことはいろいろありますが、
嘆いていてもしょうがない。
できることはしてみようと思います。
気持ちよく生活するために。
林業ママ家を建てる01
お久しぶりです。林業ママ寺田です。
第2子が産まれ、はや1歳になろうとしています。

念願の家を建てています。
まず、山林を購入し、
土地を席巻している孟宗竹を伐りまくり、
根っこを引っこ抜き、
片知(美濃)の共有林でヒノキを伐採し、
運び出し、
製材し、
足りない材を市で買い集め、
製材し、
さて、いつ建ちますことやら~

初めは自分で伐った木の何本かを柱に使いたいな~
くらいに思っていたのですが、
そのうち、せっかくの機会だし、市も覗いてみるか、
となり、買えるよと言ってくれてるし、2~3本札いれてみるか、
となり、、
事前に損益分岐点を計算していたので、
「120×210㎝の桁材(桧)をとれる末口26㎝材を2万5千円まで」
120×180㎝、末口24㎝は損になるから製品で、とわかっていたのにぃぃ、、、
揃った?と聞かれると、また入れたくなり、
4度(2ヶ月)の市で入札し、
24㎝でいいのに、26㎝材を買ってしまい、、、(だって単価一緒なんだもん)
売れ残った楠まで買ってしまい(だって、800円なんだもん)




現在、構造材の全てを市で買って自分の手配で製材し終わりました。
初心者って怖い(-_-;)

柱梁桁とれるだけの損益を考えていたのですが、その原木から
床板もすべてとれてしまい、
間柱や胴縁も少しとれてしまったので、
考えていたよりも少しお得になりました。
 
さすがに120㎝角と土台には手をつけていません。 
市も関の県森連の市しか行っていません。

でも土台は栗ぃぃぃぃ?
いやいややめとこ。。
恵那の市も行ってみたいなぁ。
でも遠いし、高い立派な桧だろうし、初めてのとこは怖いなぁ。。。 
外壁のカラマツはどこで入手できるのかなぁ。
などなど、これからもお愉しみは尽きないのです。。。 

この楽しさをいろんな人に伝えたい。
知っているところの木を使ってどのように建てるか考える。
こんな楽しいことみんなやればいいのに!
ということで、もうちょっとブログでも書かせてもらいます。