猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:51680
Today:13
Yesterday:47
「歯ぐきの腫れ」や「歯ぐきからの出血」はありませんか?

こんな症状は歯周病が疑われます。日本人の40代以上の方の7割が予備軍またはすでに発症しているともいわれるくらい蔓延している歯周病は、成人が歯を失う原因の第1位です。そこで、歯周病についての知識を得て、治療や予防につなげましょう。

 歯科技工用エンジン

歯周病の進行について

歯周病は歯肉が炎症を起こしている「歯肉炎」と歯を支える顎の骨にまで炎症が進んでしまった「歯周炎」に分けられ、歯周炎もその段階によりいくつかに分けることができます。歯周病の進行のひとつの目安は歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)の深さで、進行とともに深くなっていきます。

 

初期

歯ぐきが軽い炎症を起こし始めた状態です。ブラッシングのときに出血することはありますが痛みなどの自覚症状はまだほとんどありません。
【歯周ポケット】14mm程度

 超音波スケーラー

中期

歯を支える歯のまわりの組織や顎の骨が溶かされ始めた状態です。歯ぐきの腫れや口臭が気になりだし、冷たい物がしみるなどの自覚症状が現れます。
【歯周ポケット】36mm程度

 

重度

歯を支える顎の骨の半分以上が溶かされた状態です。歯が大きくグラつき、出血や口臭がひどくなります。放っておくと抜け落ちてしまうこともあります。
【歯周ポケット】6mm以上

 

歯周病の治療

歯周病の治療は、進行の程度によって方法もそれぞれ異なってきます。歯周病の治療で必要なことは、定期的に歯科医院でメンテナンスを行うことと、日々の正しいブラッシングです。歯科に定期的に通っていても、毎日の汚れを落とさなければ、ほとんど意味が無くなってしまいます。正しいブラッシング指導をお受けになり、それをぜひ励行していただきたいと思います。

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=63206