猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:241279
Today:183
Yesterday:177
歯周炎(歯周ポケットの深さ6mm以上)

歯周病とは、歯肉や歯周組織に歯周病歯が入り込み、炎症を起こす病気です。徐々に進行して顎の骨が溶けてしまい、歯が抜けるなどの症状をもたらします。初期の段階では自覚症状がほとんどないために気づかず、知らない間にどんどん進行していくとても静かで恐ろしい病気です。実際、日本人の成人の約80%が歯周病・歯周病予備軍と言われています。

歯周病の原因は主にプラーク(歯垢)や歯石などに含まれる歯周病菌が歯周ポケットに入ることで起こります。プラークや歯石を除去することは歯周病を治療・予防するにおいて極めて重要になります。

 歯科ハンドピース滅菌

初期段階

歯肉炎(歯周ポケットの深さ4mm以内)
あまり痛みはありません。歯肉が赤く腫れ、ブラッシングの刺激で出血することがあります。

 

2段階

歯周炎(歯周ポケットの深さ46mm
歯肉だけではなく、顎の骨まで歯周病菌が達した状態です。歯肉からの出血に加え、歯のぐらつき、口臭といった症状が出ます。

 

3段階

歯周炎(歯周ポケットの深さ6mm以上)
触れると痛みを感じます。歯のぐらつきも大きくなり、放置すると土台となっている顎の骨が溶け、歯が抜けてしまう場合もあります。

 

歯周病の外科的治療

歯周病が重症化すると、スケーリングやルートプレーニングだけでは歯石が除去できなかったり、また歯周ポケットの奥深くに歯石が溜まったりしてしまいます。通常はスケーリングやルートプレーニングで対応しますが、それでも歯石を除去できない場合は、外科的治療を行います。

 

歯周病の外科的治療は、歯肉を切開して歯と歯ぐきの間に溜まった歯石を除去し、歯肉を縫合することで歯周病の改善を目指します。また、歯周病の進行によって歯の土台となる顎の骨が減少している場合は、特殊な材料を使って骨の再生なども行うケースもあります。

 オートクレーブ滅菌

歯周病の外科的治療には、さまざまな方法がありますので、まずはお気軽にご相談ください。患者様に合わせて、最適な治療法を提案させていただきます。また、症状によっては、お薬で治療する歯周内科治療などで改善するケースもございます。

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=202979