猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:182054
Today:90
Yesterday:162
歯周病は、歯周病原因菌により歯肉に継続的に炎症を生じることで骨が溶け結果的に歯が抜けていく病気です

歯周病とは今まで一般的には歯槽膿漏と言われていたもので、この歯周病の中には歯周炎と歯肉炎があります。炎とあるようにどちらも長期の炎症により悪くなる疾病です。

歯周炎と歯肉炎の違いは、

歯肉炎:歯肉に炎症があるが、その下にある歯を支える骨が溶けて(吸収して)いないもの。若い人に多い。

歯周炎:歯肉に炎症があり、骨も溶けて(吸収して)いるもの。30歳以降に多い。

 オートクレーブ 価格

歯周病は早期発見が大切です。

歯周病は、歯周病原因菌により歯肉に継続的に炎症を生じることで骨が溶け結果的に歯が抜けていく病気です。炎症を起こす原因菌の棲息する場所は歯周ポケットと言われる歯と歯茎(歯肉)の隙間で、ここが炎症の主戦場です。細菌はポケットの中でバイオフィルムという集合体(言い換えれば戦における城と言えるかもしれません)を作り、体の免疫の初期段階である白血球(私たちの細菌と戦ってくれる兵士でしょうか)を迎え撃ちます。戦いの場所が体外ということもあり長期戦になります。

 

このため病気の経過は長く、30年・40年かけてゆっくり骨の溶ける成人型と呼ばれるものが大半です。しかし、骨がどんどん溶けるケースは侵襲型と呼ばれものや若い時から特徴的に骨が溶けるものもあるので、とにかく早いうちからチェックをしておく必要があります。お口の健康という観点で考えると、この歯周病で歯が抜けることがとても多いので、この病気を抑えてしまえば多くの歯を守ることができます。

 

歯周病は、歯が抜けてしまう大半の原因です。

歯周病は歯を支えている骨が溶ける病気です。慢性の病気なのでゆっくりと自覚症状もなく溶けていきます。溶ける量が多くなると、歯を支えられなくなり歯は大きく揺れるようになり結果として抜けていきます。むし歯では、1本1本抜けていきますが、歯周病では何本もまとめて抜けることもあります。そして、私たちが抜くこともありますが自然に脱落することもあります。歯の抜ける理由の半分はこの歯周病が原因だと言われています。多くの歯が歯周病で抜けていきます。ですから歯周病にならないこと、悪化させないことが歯を残すという観点からとても重要です。

 歯科 鉗子

歯周病と歯に加わる力の関係

歯に加わる力という言葉はあまり皆さんには馴染みがないかもしれません。私たち歯科の分野でも最近特にクローズアップされ、その為害性(いがいせい:体に害を及ぼす可能性のこと)について問題にされ、第三の歯科疾患と認識されています。考えてみれば歯は上の歯と下の歯があり、その噛み合わせにより食事を行っているので歯に力が加わるのは自然のことです。しかし、歯の健康状態(歯そのものであったり、歯を支える骨の状態)が悪いとその力が歯を壊したり、抜くようになったりします。特に歯周病の悪化があると、この歯に加わる力が骨の溶けるスピードを速めます。ですから、治療を行うときもこの力のコントロールも考えていかないといけません。

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=122223