musublog(ムスブログ)ブログ -猫のおもちゃのブログ

猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:170407
Today:26
Yesterday:241
歯並びが乱れている部分は、虫歯や歯周病に対してリスクが高くなります

歯周病は、薬では治りません。薬は症状を抑える対症療法のみで、原則は原因をなっている歯周病菌を機械的に取り除く原因除去療法が行われます。

治療で取り除くのは、歯周病菌が表面に付着した歯石などです。厳密には、歯石自体の内部は石灰化していて、歯周病菌は活動できないため、ほぼ無害です。しかし、歯石表面は、細かい凹凸があり、その凹凸に生きている歯周病菌などの細菌が付着しているのです。結果的に、歯石ごとすべて取り除く必要があります。

歯石を取り除くことを「スケーリング」といいます。歯石は非常に硬いため、超音波スケーラーや、スケーラーと呼ばれる器具で取り除きます。

 ハンドピース

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は、通常のブラッシングでは落とせない汚れを落とす専用機械を用いたクリーニングです。毎日ていねいに歯磨きをしていても、どうしても磨きにくいところがあり、磨き残しが生じてしまいます。こうした箇所には細菌がたまりやすく、集まった細菌はやがて歯の表面に「バイオフィルム」という膜を張って固着し、むし歯などの原因になります。

 

PMTCでは、専用機械や特殊なペーストを用いて、歯の表面についたバイオフィルムやステイン(歯の着色・汚れ)を除去します。当院では、治療を行ってキレイになった歯をさらに美しくするための歯のお掃除として、「審美的PMTC・エアフロー」と名付けてご提案しています。

 高圧蒸気滅菌器

歯周病になりやすい場所

・歯と歯の間
歯並びが乱れている部分は、虫歯や歯周病に対してリスクが高くなります。また、歯並びが綺麗であっても歯周病になりやすいポイントです。

・奥歯
奥歯の最後方や裏側は磨き残しが多い部分です。丁寧に磨くことが大切です。

・歯に物が挟まりやすい部分
歯の隙間が「緩い」状態だと、食べ物などが歯に挟まりやすくなります。物が挟まった状態は、歯周病が急速に進行するため、毎日の歯磨きで必ず取り除くようにしてください。

・以前腫れたことがある、よく腫れる歯茎の場所
歯周病は腫れを繰り返すことが多いため、一度腫れてしばらくすると治った経験がある歯茎の場所も歯周病予防のために気をつける必要があります

定期健診

歯周病予防で効果的なのは、歯科医院での定期健診です。定期健診で削らない・抜かない健康な歯を常に保つことができるか、虫歯になって痛み出してから時に長い通院となってしまうかでは大きな差があります。

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=110223