musublog(ムスブログ)ブログ -猫のおもちゃのブログ

猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:169437
Today:21
Yesterday:142
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
歯茎にプラークが付着すると歯肉に炎症がおこり、歯磨きなどの際に出血しやすくなります

歯石は歯垢と唾液のカルシウム分がくっつき、硬くなって取れなくなったものです。そして歯垢とは菌の塊で、食べカスなどを餌に繁殖していきます。

 

歯周病を予防するために、特別なことは必要ありません。
食後に歯磨きをしっかりとしていただき、お口の中を清潔に保ってください。そして、自分では気づかない磨き残しなどをチェックするために、数ヶ月ごとに歯科医院へ定期検診に来てください。
それだけで十分に予防できます。

 超音波スケーラー

歯肉炎

歯茎にプラークが付着すると歯肉に炎症がおこり、歯磨きなどの際に出血しやすくなります。大きな自覚症状はありませんが、健康な歯肉が「うすいピンク色で引き締まっている」のに対して、「歯肉炎」の状態は「赤みが強く丸く膨む」となっています。だけど、「歯肉炎」の状態であれば十分な歯磨きでプラーク除去を行えば、元の状態に回復することが可能なのです。

 歯科用ユニット

歯周炎

歯肉炎の状態を放置していると炎症が歯肉から、歯槽骨、歯根膜へと広がり歯の土台を破壊していきます。ここまで進行すると「歯周炎」という状態になり、どれだけプラークを取り除いても正常な状態まで回復出来なくなります。進行が中等度になると、歯茎から膿がでる「歯槽膿漏」状態になり、歯のぐらつきが起こります。更に重度になると、ぐらつきが大きくなって移動し、やがて抜け落ちてしまいます。一度「歯周炎」になると正常な状態にはもどりませんが、早期の歯周治療を受けることで進行を最小限に食い止め、歯周外科治療などで歯を残すことが可能となります。

 

予防やメンテナンスが重要な訳

早期の発見・治療が負担の軽減につながります虫歯や歯周病の治療が終わって健康を取り戻しても、その健康状態を維持し続けるためには、日ごろの丁寧なブラッシングはもちろん、歯科医院での定期検診・メンテナンスが欠かせません。

 

定期検診を受けることによって、常にお口の健康状態を維持できるうえ、たとえ虫歯などが再発したとしても早期のうちに発見・治療ができます。「歯が痛くないのに歯医者へ行くの?」と思われるかもしれませんが、結果的に治療費や治療にかかる時間など患者様の負担を軽減することにつながるのです。

 

プローブという器具を用いて歯周ポケットの深さを計測します

歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から歯の根に沿って歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をジワジワと破壊していきます。歯周病が進行すると、歯周ポケット(歯と歯肉の境目)が深くなり、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後には自然に抜けてしまったり、抜歯せざるを得なくなります。

 歯科 超音波スケーラー

歯周病の原因

歯周病の原因はプラークだけではありません。個々の患者様の先天的な要素が多く占めていて、これはいわゆる生活習慣病とも言えます。又、その他の原因として、喫煙、糖尿病などの全身疾患、ストレス、歯ぎしり、TCH(歯列接触癖)などの習慣が挙げられます。

 

歯周病と全身疾患

近年、歯周病と全身疾患の密接な関係が明らかにされてきました。歯周病の原因菌は、お口から体内に侵入することで、様々な疾患を引き起こします。体内に細菌が侵入する経路のほとんどは、お口を通して起こります。

 

1.検査

プローブという器具を用いて歯周ポケットの深さを計測します。

歯肉がやせて根がみえているところを通常の位置からの距離を計測します。

歯肉に炎症がないか調べます。

歯に動きがないか調べます。

プラークの付着具合をみます。

レントゲンを撮り、歯周病の進行具合を診断します。

 歯科 ユニット

2.スケーリング

歯に付いている歯石を専用の器械を使って歯茎の少し下まで、痛みのない範囲で取り除きます。

 

3.ルートプレーニング

歯周病が進行すると、歯周ポケットが深くなっているため、スケーリングだけでは深いところの歯石を取ることができません。これが残ったままだと歯周病が進行する原因になります。
その為、麻酔や専用の器具を使って綺麗に除去します。通常、34回に分けてさせていただきます。処置後、麻酔が切れた後少しイジイジした感じや痛みが出る事がありますが、数日で治まります。必要な場合は痛み止めを処方させていただきます。

歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットが深くなり、歯ぐきが腫れ、顎の骨が溶けはじめます。

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている歯周病菌に感染し、歯茎が腫れたり、出血したり、最終的には歯周組織が破壊されて歯が抜けてしまう病気です。

歯肉炎、歯周炎とも呼ばれています。日本の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。歯垢(プラーク)は時間が経つと歯磨きでは取り除くことができない歯石になります。歯石自体は歯周病の原因ではありませんが、歯みがきでは除去できないため、周囲のプラークの除去を困難にします。

 マイクロモーター

歯肉炎

痛みなどの自覚症状はほとんどありませんが、歯の付け根にプラークが溜まり、歯ぐきに炎症が起きている段階です。ブラッシングをしたり、硬い物を食べたりしたときに、歯ぐきから出血することがあります。

 

軽度歯周炎

歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットが深くなり、歯ぐきが腫れ、顎の骨が溶けはじめます。ブラッシングのときに出血が見られるほか、冷たい物がしみたり、口臭がきつくなったりすることがあります。

 

中等度歯周炎

歯周ポケット内部の炎症が進み、歯ぐきの腫れや出血、口臭といった症状がひどくなってきます。顎の骨は半分ほど溶けてしまい、歯がグラグラしはじめます。歯が浮くような感覚も現れます。

マイクロスコープ 歯科

重度歯周炎

歯ぐきが下がって歯が長く見えるようになり、歯と歯ぐきの境目からは膿が出てきます。この段階では顎の骨が3分の2ほど溶けてしまい、歯のグラつきがひどくなります。このまま放置すると、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまいます。

 

予防歯科

虫歯や歯周病は、痛みを感じたときにはすでに症状が進行しているため、歯を削ったり歯ぐきを切開するなど、患者様への負担が大きい治療が必要になるケースもあります。一度削ったり抜いたりした歯は、二度と元に戻ることはありません。当院では、あらかじめ虫歯や歯周病にならないようにする予防歯科に力を入れて取り組んでいます。

定期検診は予防歯科で重要なポイントです!

虫歯や歯周病などの病気を効果的に予防するためには、ブラッシングなどの患者様自身によるご自宅での「セルフケア」と、歯科クリニックでの「プロフェッショナルケア」を並行して行うことが大切です。ご自身ではしっかり磨けているつもりでも、歯科医師や歯科衛生士などから指導を受けていないと、適切に磨けていない場合があります。当クリニックでは、「PMTC」などによって患者様の歯を清潔な状態に保つとともに、「ブラッシング指導(TBI)」によって適切なブラッシング方法の指導も行っておりますので、是非3ヶ月に1回程度、クリニックにお越しになり、定期メンテナンスを受けられて、効果的な病気予防に取り組んで頂ければと思います。

 歯科 マイクロスコープ

3ヶ月に1回というのも実は理由がありまして、歯の磨き残しによる細菌のバイオフィルム(排水口のヌメりのようなもの)が石のように固まり、歯にこびりついてしまうのが23ヶ月かかると言われており、そうなる前に除去してしまうのが効果的であるからです。

 

定期検診は予防歯科で重要なポイントです!

予防歯科で最も大切なのは定期的な検診です。早期発見は早期治療につながります。進行する前に治してしまえば痛くて辛い思いをしなくてすむでしょう。定期検診では歯や口内のチェックはもちろん、歯垢の除去も行っています。ご自宅でのブラッシングだけでは取りきれない歯垢を、定期的に取り除きましょう。

 

予防をおすすめする理由

定期的な検診で健康的な口内環境を保つことは、実は医療費においてもメリットがあるんです。歯の予防をせずに治療が必要になったときの医療費の合計と、年に数回の予防を続けて、健康的な歯を保った医療費の合計を比べてみると、治療にかける費用のほうがずっと高くなってしまいます。定期健診で歯石の除去などを行い、お口のトラブル発生率を抑えることは、実は経済的費用を抑えることにもつながるのです。

 

虫歯や歯周病になる前に、歯医者でしっかり予防をする!

専門家による定期的な検診とメンテナンスを受ければ、虫歯のリスクを避けられるだけでなく、周りに自慢できるような健康な歯を維持できます。さらにホワイトニングも行えば、いつまでも白く輝く口元で、きれいな笑顔を作ることができるでしょう。

 超音波スケーラー

歯を残すには専門家による定期的なケアが大切

治療をしたあと、3ヶ月か半年などの一定期間が経ってから、再び診察することをリコールといいます。リコールは、症状が改善されているのか、また、新しい病気にかかっていないかを確認するために必要なことです。リコールのときは病状の確認ばかりではなくブラッシングの大切さを改めて認識したり、プラークや歯石がたまっている場合には、スケーリング・ルートプレーニングも行います。長期的にみると、リコールを行っている人と行わない人では歯を失う率に大きな差が出てきます。

毎日のブラッシングをしっかりと行えば、虫歯や歯周病の発生率を下げることができます

虫歯、歯周病を防ぐことはできません

予防歯科では、むし歯や歯周病になってから治療するのではなく、それらの病気を予防するための治療を行います。病気になってから治療をしたとしても、失ってしまった歯や歯ぐきは元には戻りません。だからこそ、しっかり予防していくことが大切なのです。

 超音波スケーラー

PMTC

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略で、訳すと「専門家による機械を使った歯の清掃」という意味になります。様々な専用機器を使用して、虫歯や歯周病の最大の原因である「バイオフィルム(歯の表面についた細菌のかたまり)」や歯垢・歯石を除去していきます。あくまで歯のクリーニングなので、ドリルなどで歯を削ることはありません。普段の歯磨きでは除去できない汚れが取れますので、爽快感を味わうことができます。バイオフィルムは約3ヶ月で再生されると言われていますので、定期的なPMTCをお勧めしています。

 

家庭でできる予防

毎日のブラッシングをしっかりと行えば、虫歯や歯周病の発生率を下げることができます。ただし、歯ブラシだけでは歯間の汚れを取ることが難しいので、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってしっかりと汚れを除去することが理想です。ご希望があれば、正しいブラッシング方法の指導も行っております。

 

定期メンテナンス

定期メンテナンスでは、患者様の口腔内の健康を維持するために虫歯の再発の予防はもちろん、虫歯になる前に歯を強く、健康に保つことが目的です。特に注意したいのは歯周ポケットの治療後の歯周病原菌はだいたい3ヶ月ほどで、もとの細菌叢に戻ってしまうことがあります。細菌が悪影響を及ぼす前に、きっちりとしたケアで虫歯、歯周病の再発を防止することができます。

 歯科用ユニット

虫歯や歯周病を予防するためには日々の歯磨きが重要になってきますが、それだけでは虫歯、歯周病を防ぐことはできません。歯石は歯磨きだけでは取ることは難しいです。歯磨きでうまく歯と歯茎の隙間などをうまく掃除できていない方も沢山います。自分できっちりと掃除できていない場所から虫歯になるケースはよくあることです。自分一人で口腔内のメンテナンスを行うにはどうしても限界があるので、お気軽に歯科メンテナンスについてご相談して下さい。 患者様の口腔内の状況と照らし合わせて適切な処置やケアを行なってまいります。

歯槽膿漏(歯周病)の原因は、歯石やプラーク(歯垢)などの歯にこびりついた汚れです

歯周病治療にも段階があるため、その患者さまがどの程度の歯周病治療を必要とされているかをしっかりと診査・診断して、その方の症状に最も適した治療法を提案させていただいております。基本的には細菌に感染して歯石が沈着した層と、病的な歯肉粘膜を綺麗に取り除いていくという方法を取っていますが、それだけでは完全には治りません。

 ハンドピース

歯周病治療にとって何よりも大切なのはセルフケアであり、クリニックで汚れを落としたとしてもご自宅での正しい歯磨きを続けていかなければ、また腫れて元に戻ってしまいます。
歯科医院を離れてからの時間の方が圧倒的に多いので、治療後の状態を写真に撮り、腫れてきた時には写真と比較してセルフケアの方法に問題がないかチェックするようにしています。

 

歯槽膿漏(歯周病)の原因は、歯石やプラーク(歯垢)などの歯にこびりついた汚れです。歯石やプラーク(歯垢)は歯周病菌の塊ですから、キレイに取り除かなければ歯槽膿漏(歯周病)を治すことはできません。歯槽膿漏(歯周病)の原因になる歯石やプラーク(歯垢)を取り除くプロフェッショナルが、歯科衛生士です。SRP(スケーリング・ルートプレーニング)と呼ばれる技術で、歯石やプラーク(歯垢)をキレイに取り除いていきます。

 

軽度歯周病

歯周ポケットの深さ:3〜4mm程度
症状:歯ぐきが腫れ、炎症を起こしています。冷たいものがしみたり、口臭がでやすくなったり、歯みがきの際に出血しやすくなります。

 

中等度歯周病

歯周ポケットの深さ:6mm程度
症状:舌で歯を押すとグラついて歯が少し浮いているような感じがあります。歯ぐきの腫れや出血、口臭がより強くなります。

 超音波スケーラー

重度歯周病

歯周ポケットの深さは:8mm程度(非常に深い)
舌で歯を押したときのグラつきが大きくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出します。そのため歯が長く見えます。歯と歯ぐきの境目から膿が出て、口臭もひどくなります。最悪の場合、歯が抜け落ちることがあります。

歯周内科では、検査内容に応じて最適な内服薬や歯磨き粉で治療を行います

悪化すると歯は支えを失って抜け落ちてしまうこともあるのです。歯周病は初期には自覚症状がないため、知らず知らずのうちにどんどん進行していくのが特徴。気づいたときには手遅れになっていた……というケースも少なくありません。また、心臓病や糖尿病などの全身疾患とも深く関わっているため、注意が必要です。日ごろからお口の中の状態を気にかけ、次のような症状が見られる場合にはすぐに適切な治療を受けましょう。

 歯科 通販

歯周病は主に口腔内の細菌が原因で発病します。現在行われている歯周病治療は、歯石を除去する事で菌を減らす事が出来ても、完全に除去することができないため、いわゆる「対処療法」でしかありません。歯周内科治療は、お薬で除菌する治療法で、完全な菌の排除を目指しています。発見が早いほど、菌を取り除くだけでも完全に治す事が可能になりました。

 

歯周内科では、検査内容に応じて最適な内服薬や歯磨き粉で治療を行います。お口の中を清潔にする方法ですので、歯周病の進行状況に関係なく予防にも最適 です。

歯周病を再発しないために

 

歯周病が治ったら再感染に気をつけましょう!回し飲み、回し食い、箸の使いまわし、キス、くしゃみなどで感染する場合があります。ご家族から感染する場合がございますので、夫婦一緒に治療することをお勧めします。

 歯科レントゲン

ホームケア・メンテナンスの大切さ

お口の中を清潔に保つことが大切です。お口の中が清潔であれば歯周病菌が感染する可能性は低くなります。そこで毎日の歯磨きが大切です。歯科医院でブラッシングのコツを教えてもらいましょう。毎日の歯磨きで歯周病菌が増えることを防ぐことができます。自分で磨けない部分が必ずありますので、定期的に歯周病をおこす細菌が再感染していないか、また、お口の中が再感染しやすい環境になっていないか、歯科医院での顕微鏡を用いた定期検診を受け、歯のクリーニングを受けましょう。

 

歯周病の予防

歯周病は慢性疾患であり、いくら治療をしても完治させることはできません。しかし、それ以上の悪化を食い止め、症状を改善させることは可能です。また歯周病は予防できる病気でもあります。悪くなる前から定期検診に通い、専門的なクリーニングなどのメインテナンスを受けることで、発症を防ぐことができるのです。いつまでも自分の歯で食事を楽しめるよう、定期検診に通う習慣をつけて歯周病を予防しましょう。

歯並びが乱れている部分は、虫歯や歯周病に対してリスクが高くなります

歯周病は、薬では治りません。薬は症状を抑える対症療法のみで、原則は原因をなっている歯周病菌を機械的に取り除く原因除去療法が行われます。

治療で取り除くのは、歯周病菌が表面に付着した歯石などです。厳密には、歯石自体の内部は石灰化していて、歯周病菌は活動できないため、ほぼ無害です。しかし、歯石表面は、細かい凹凸があり、その凹凸に生きている歯周病菌などの細菌が付着しているのです。結果的に、歯石ごとすべて取り除く必要があります。

歯石を取り除くことを「スケーリング」といいます。歯石は非常に硬いため、超音波スケーラーや、スケーラーと呼ばれる器具で取り除きます。

 ハンドピース

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)は、通常のブラッシングでは落とせない汚れを落とす専用機械を用いたクリーニングです。毎日ていねいに歯磨きをしていても、どうしても磨きにくいところがあり、磨き残しが生じてしまいます。こうした箇所には細菌がたまりやすく、集まった細菌はやがて歯の表面に「バイオフィルム」という膜を張って固着し、むし歯などの原因になります。

 

PMTCでは、専用機械や特殊なペーストを用いて、歯の表面についたバイオフィルムやステイン(歯の着色・汚れ)を除去します。当院では、治療を行ってキレイになった歯をさらに美しくするための歯のお掃除として、「審美的PMTC・エアフロー」と名付けてご提案しています。

 高圧蒸気滅菌器

歯周病になりやすい場所

・歯と歯の間
歯並びが乱れている部分は、虫歯や歯周病に対してリスクが高くなります。また、歯並びが綺麗であっても歯周病になりやすいポイントです。

・奥歯
奥歯の最後方や裏側は磨き残しが多い部分です。丁寧に磨くことが大切です。

・歯に物が挟まりやすい部分
歯の隙間が「緩い」状態だと、食べ物などが歯に挟まりやすくなります。物が挟まった状態は、歯周病が急速に進行するため、毎日の歯磨きで必ず取り除くようにしてください。

・以前腫れたことがある、よく腫れる歯茎の場所
歯周病は腫れを繰り返すことが多いため、一度腫れてしばらくすると治った経験がある歯茎の場所も歯周病予防のために気をつける必要があります

定期健診

歯周病予防で効果的なのは、歯科医院での定期健診です。定期健診で削らない・抜かない健康な歯を常に保つことができるか、虫歯になって痛み出してから時に長い通院となってしまうかでは大きな差があります。

毎日のブラッシングをしっかりと行えば、虫歯や歯周病の発生率を下げることができます

虫歯や歯周病にかかってしまっても、ほとんどの場合は治療をすれば治すことができます。

しかし、歯や歯周組織へのダメージは蓄積され、歯の寿命が短くなってしまうのです。それを防ぐためには、最初から病気を予防することが大切。特にお子様は、虫歯菌が好む糖分がたっぷり含まれたおやつを好んで食べるため、虫歯になってしまうことも多いものです。

 歯科 通販

当院では、虫歯や歯周病を防ぐ「予防歯科」で患者様の健康をお守りしています。

病気を未然に防げば、歯にダメージはありません。痛みも少なく費用もかからず、見た目も美しいまま保てます。予防に効果的な方法としては毎日の歯磨きが挙げられますが、それでも完全に予防できるわけではないため、歯科医院でのプロケアと組み合わせることをおすすめします。

 

「フッ素の利用」  ~むし歯の予防に不可欠~

歯の表面にあるエナメル質がフッ素を取り込むと、酸に溶かされにくくなったり、初期のむし歯から元に戻す再石灰化の働きを高めたり、むし歯の原因菌が付きにくくなったりして予防できるのです。「歯面塗布」は主に歯科医院で歯の表面に専用のフッ素を塗る方法ですが、最近では家庭でもできるスプレーやジェル状の塗布剤も出てきました。フッ素の利用は歯ブラシの励行とともにむし歯予防になくてはならない方法です。特にむし歯になりやすい人や体の不自由な人、ご高齢の人には予防のための第一選択肢になる場合もあるでしょう。

 

メインテナンス治療」  ~状態に合わせ定期的に~

一度きれいにした歯周ポケットの中も23ヵ月間適切なプラークコントロールが行われないと、歯周病菌がまた増えてくると言われています。しかし、歯周ポケットの中は自分できれいにすることができませんし、バイオフィルムを歯磨きだけで完全にきれいに取り除くことは難しいと言われています。したがって、歯周病治療では、患者さん一人ひとりの状態やリスクに合わせた間隔や内容でのメインテナンスが欠かせません。健康な状態を維持するためには、「また痛くなってから歯医者に行こう」という意識から、「定期的に専門家の協力を受けながら、自分自身で口の中の健康を維持いていこう」という皆さんの意識改革が必要であり大切です。

 歯科レントゲン

家庭でできる予防

毎日のブラッシングをしっかりと行えば、虫歯や歯周病の発生率を下げることができます。ただし、歯ブラシだけでは歯間の汚れを取ることが難しいので、歯間ブラシやデンタルフロスを使ってしっかりと汚れを除去することが理想です。ご希望があれば、正しいブラッシング方法の指導も行っております。

歯周病原菌が心臓病、脳卒中のリスクを高める

予防歯科とは、ムシ歯になる前の予防を学習、実践することです。

歯とお口の健康を積極的に守るため、まずは定期健診を受けてみませんか。治療をしていて患者様からよく聞く言葉は「もっと若いうちに歯の手入れをしていればよかった」ということです。失った歯は元には戻せません。来ていただいている患者さんが一生楽しく食事ができることを目標に、スタッフ一同治療にあたっています。ブラッシング方法をはじめ、専門のスタッフが患者様の状態にあった指導をさせていただいております。何回か通っていただくと、正しいメンテナンスとは何かを体感していただけると思います。

 歯科 コントラ

歯周病と関連のある全身疾患

敗血症、感染性心内膜炎などへの移行

口腔内が不潔になり歯の周囲のプラークが蓄積して歯肉に炎症が生じて腫れあがってきます。この状態で、咀嚼運動やブラッシングをすると一過性に口腔細菌が血管内に入り菌血症を生じます。全身状態が悪く抵抗力が低下している高齢者では、敗血症に移行することもあります。心不全をお持ちの方は、血管内に入った口腔細菌が心内膜に付着、繁殖し、感染性心内膜炎を発症します。

 

歯周病原菌が心臓病、脳卒中のリスクを高める

動脈硬化を悪化させると考えられており、重症になると歯周病菌による炎症から血栓(血の固まり)ができやすくなるため、動脈硬化を招き心筋梗塞や狭心症などを引き起こすことがあります。また心臓の内側にある心内膜の炎症を引き起こし、細菌性心内膜炎になる場合もあります。

 

歯周病は糖尿病を悪化させる

歯肉の炎症自体が、糖尿病を悪化させる要因のひとつになっていると考えられています。歯肉の炎症反応によって生じたさまざまな物質や歯周菌が産生する毒素が毛細血管から血液中に入り込み、インスリンの機能障害を起こしていると考えられています。

 マイクロスコープ 歯科

歯周病にかかっている母親は低体重児出産や早産の可能性

歯周病原菌の病原因子刺激によって産生されたサイトカイン(インターロイキン、インターフェロンなど)の作用として、妊婦に対して低体重児出産(2500g以下)を促すことが報告されています。歯周病の妊婦は、歯周病でない妊婦に比べて、早産や未熟児を出産する確率が7倍にもなるといわれています。

 

PMTCで歯周病予防!(PMTCProfessional Mechanical Tooth Cleaning

歯周病の本格的な予防に一番重要なのはプラークコントロール(プラークを徹底的に除去すること)です。歯科医院での年34回の定期的な健診、歯石除去が効果的です。お口の徹底クリーニングが歯周病の進行を抑え、予防することができます。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>