猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:45180
Today:6
Yesterday:88
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
審美歯科治療は機能性とともに審美性にフォーカスを当てた治療です

「銀歯が気になる」「黄ばみを治したい」など、 歯の美しさに関する希望を叶えることができます。 お肌をエステで美しく整えるように、歯も審美歯科治療で美しく整えましょう。

オートクレープ

白く輝く歯は美しさをもたらしてくれるだけでなく、健康も与えてくれます。 審美歯科治療で、コンプレックスを自信に変えてしまいましょう! 審美歯科治療は歯を美しくするだけでなく小さい不正咬合を治療することもできます。 「前歯が少し傾いている」といったお悩みも、この治療で解決することもできます。

 

「ホワイトニング」とは、加齢や生活習慣によって蓄積された歯の黄ばみを薬によって漂白する方法です。着色物のみ分解し歯本来の白さにするので自然な仕上がりになります。
削る・被せるなどの行為を行わず、麻酔の必要もありません。歯質への負担が少ないことが特徴です。

 http://nanami01.ti-da.net/

オールセラミックス

セラミックでできている素材です。 ハイブリッドセラミックスと同様、虫歯を治療するときに用いられます。 金属をまったく用いない治療が可能です。 天然歯に合わせた色や形を再現できるため、仕上がりも治療したことが分からないほど自然です。 審美性の高さとハイブリッドセラミックスよりも高い強度が特徴になります。

 マイクロモーター

CR(コンポジットレジン)

身体に優しい白いプラスチック素材を利用します。主に「詰め物」で利用します。もちろん金属を利用していませんので金属アレルギーの心配もありません。他の「詰め物」と異なりゲル状の素材となりますので、自由に形を作ることができ、かつ、歯を削る量も最小限に抑えることが出来ます。

 

ラミネートベニア

薄いシェル状のセラミック(つけ爪のようなもの)を歯に貼りつける治療法です。 従来のセラミックス治療では、歯の全体を大きく削り取る場合もありましたが、 ラミネートベニアは歯の表面を約0.50.7mm程度削るだけで治療可能です。 ホワイトニングで希望通りの歯の白さにならなかった場合も この治療法で対応する場合があります。

 

審美歯科治療の主な種類についての紹介

審美歯科は、一般的な保険治療では行えない審美性(美しさ)を提供する治療です。一般的な保険治療では、むし歯の治療を行うと削ったところや欠けているところに銀色やプラスチックの詰め物をします。

 マイクロスコープ 歯科

セラミックによる修復 (かぶせもの・つめもの)

保険診療において、白い歯を入れることができるのは、前歯の上下計6本のみになります。保険診療では、プラスチック系の素材(レジン)を使用しますが、残念ながらこのプラスチックは変色しやすく、摩耗しやすいため、見た目・機能性ともに大きな問題を抱えています。それに対して、セラミックは、身体になじみやすく、色調再現性・強度ともに非常に優れており、外見的にも、機能的にも、天然歯に近い歯を再現することができます。

 

ホワイトニング

歯はわずかに黄ばんだ色をしていますが、ホワイトニングすることで、歯を削らずに白くすることが可能です。その方法には、歯科医院のみで行う「オフィスホワイトニング」と、主に家庭で道具を使って行う「ホームホワイトニング」があります。

 歯科 ユニット

歯のクリーニング(PMTC

毎日、きちんと磨いているつもりでも、歯ブラシの届きにくい所や汚れがたまりやすい所があります。その部分のクリーニングを歯科衛生士が専門的な機械を使って行うのがPMTCです。PMTCには、虫歯予防や歯周病の予防や改善、歯質の強化とともに、歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を保つ、などの効果があります。痛みもなく早く終わるのが特徴。

 

審美歯科はこのような方にオススメです

人の印象は、会った瞬間に決まるといわれています。そして、その70%は両方の瞳と前歯を結んだ三角形で決定されるのです。昔から『めもとくちもと』(明眸皓歯)と言われるように、くちもと(口元)は、その方が人に与える印象、ひいては人生までも左右する、極めて重要な部分なのです。これらについては、すでに科学的なデータ集計と、正確な医療技術が確立されています。多くの方々が、最新技術を応用した審美歯科によって、明るく前向きに生きていって下さることを期待しています。

早めの治療で、歯周病から歯を守りましょう

歯周病は、歯垢が歯と歯肉の間に挟まる事で炎症を起こし、骨を溶かして最後には歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気で、日本人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。

 超音波スケーラー

歯周病はむし歯と違い、軽度から中等度ではほとんど症状がなく進行するので、自分ではなかなか気が付きにくく、痛みや腫れに気付いた頃には歯周病がかなり進行している事が多いので厄介です。歯周病の原因は主に歯垢・歯石で、取り除く事で大部分が改善されます。歯を失わないために、早めの治療で歯を守りましょう。

 

【歯周病の進行】第1段階

歯みがきの磨き残しから、歯と歯ぐきの間に歯垢が溜まりはじめ、歯周ポケットが少しずつ広がります。この段階ではほとんど自覚症状はありません。

 

【歯周病の進行】第2段階

中等度の歯周病で、歯周ポケットは45mm程度です。歯周ポケット内に、歯垢や歯石がたまることで炎症が広がっていき、歯ぐきの色は赤みを帯び、歯みがきの際に出血があります。徐々に、歯を支える歯槽骨が溶け始めてきます。

 エアーモーター

【歯周病の進行】第3段階

炎症がさらに進行し、歯周ポケットが69mm程度と深くなった状態。歯槽骨もさらに溶かされ、歯を指で押すと動きます。歯ぐきの腫れや出血など自覚症状が現れる段階です。また、歯ぐきの高さが落ち、歯が長くなったように見えます。

 

歯周病の治療法

スケーリング

プラークが硬くなってできた歯石は、歯磨きで落とすことはできません。スケーラーという器具を使って、歯にこびりついたプラークや歯石を徹底的に取り除きます。

 

ルートプレーニング

キュレットという器具を使い、歯周ポケットの中に入り込んだプラークや歯石を徹底的に取り除く処置です。最後に歯根面をなめらかに磨き上げ、汚れの再付着を予防します。

 

「歯が痛くなったら歯医者に行く」そのように思われていませんか?

たしかに歯医者に行って治療をすれば歯の痛みはなくなります。ですが、一度虫歯や歯周病になった歯は、いくら治療をしても完全に元通りになることはありません。若いうちから「虫歯になったら歯を削る」ということを続けていると歯のダメージがどんどん蓄積します。たとえ今は健康な状態であっても治療を繰り返していれば、10年後、20年後には歯を補う治療である入れ歯やインプラントの治療が必要になることもあるのです。

 http://blog.goo.ne.jp/geenaakusesari

【予防歯科はこんな方にオススメ】
歯の汚れ・黄ばみが気になる方
最近、自分の歯ぐきが下がってきたと感じている方
人前に出たときに口臭が気になることがある方

 

徹底的なプラークコントロール

虫歯や歯周病の原因は歯垢(プラーク)です。プラークを適切に除去し、お口の中を清潔に保つことが虫歯や歯周病を防ぎ、歯を確実に守ることにつながります。(プラークコントロール) ではこのプラークコントロールを徹底し、健康状態を維持するためには実際にはどのようなことを行えばいいのでしょうか。

 

それは定期検診(メンテナンス)とご自宅での正しい歯磨き(セルフケア)です。日本で定期的に歯科医院でメンテナンスを受けている方は全体の約15%程度なのに対し、スウェーデンでは実に約8090%の方が定期的に歯科医院でメンテナンスを受けており、これがスウェーデンの人々に虫歯や歯周病が少ない理由なのです。

 

PMTC

歯科医師、歯科衛生士が専用の器具を使用して行う歯のクリーニングです。歯の表面や歯と歯のすき間に付着した歯石やプラークを取り除きます。

 エアーモーター

フッ素塗布

歯質を強化できるフッ素を歯に塗布することで、虫歯菌が出す酸から歯を守ります。また、フッ素には歯の再石灰化を促す効果もあり、初期の虫歯なら治癒が期待できます。なお、歯のクリーニング後すぐにフッ素を塗布すると、通常よりも虫歯予防の効果は数倍高くなります。

 歯科用ユニット

ブラッシング指導

歯並びや年齢によって、適切な歯磨きの仕方は異なります。歯科衛生士が専任でつき、患者様のお口の状況に合った歯磨き方法を指導します。歯磨きは毎日のケアの基本です。正しい方法を身につけて、虫歯や歯周病を効果的に予防しましょう。

酸蝕症とは、酸の作用によって、歯質の表面が徐々に溶解していく病気です

 これだけ聞くと、虫歯と変わりありませんが、酸蝕症には細菌が関与していないという特徴があります。

 口腔内カメラ

ですから、歯を溶解させるのは、う蝕原因菌が産生した酸ではなく、飲み物や食べ物に含まれる酸であるといえます。

酸蝕症(酸蝕歯)の原因

過食嘔吐や無理なダイエットなどによる、胃酸の逆流。
(一度や二度のことでは全く問題ありませんが、習慣的に繰り返すと酸蝕症になることがあります)

酸性食品の摂取。
(黒酢、レモン・オレンジなど柑橘系の果物、ドレッシング、赤ワインなど)
(上記のような食品を常に摂取する機会のある人は、酸蝕症のリスクが高くなります)

歯軋り・過度のブラッシングなど
(直接の原因ではありませんが、酸蝕症を進行させる要因となることがあります)

他にも酸蝕症(酸蝕歯)の原因はいろいろと考えられますが、いずれにしてもいきなり酸蝕症(酸蝕歯)になるわけではなく、日常的に歯が酸に晒され、それが再石灰化のスピードを上回った場合に少しずつ歯が溶かされ、酸蝕症(酸蝕歯)が発生します。

 

酸蝕症の治療法

 酸蝕症の治療では、まず病気を発症するに至った原因を究明することが大切です。

 酸蝕症は、生活習慣病の一種とも考えられていますので、まずはその習慣を取り除かなければ根治させるのは難しいといえます。

 オートクレーブ

その上で、歯科治療では次のような修復を行います。

 コンポジットレジン修復

 ラミネートベニア修復

 酸蝕症による欠損部が部分的な場合は、コンポジットレジンで修復することが多いです。

 一方、欠損部が広範囲に及ぶ場合は、ラミネートベニア修復で対応することになります。

 http://blog.goo.ne.jp/geenaakusesari

知覚過敏症と歯周病の紹介

特に虫歯になっているわけでもないのに冷たい水を飲んだときに「ピリッ」とくるあの痛みです
ハンドピース 

知覚過敏症はどうして起こるのか

刺激のあるものを口にしたときに、刺激物が象牙細管(象牙質にある細い管)を通って歯髄(神経)に伝わるからです。何らかの理由で広がり、口の中で露出してしまった場合にこのようなことが起こります。ほかにも歯髄の変化によるものや、中枢神経内の変化によるものなどがあります。

 

知覚過敏の治療法には、知覚過敏の進度によって薬を使ったり、詰め物を詰めたり、虫歯や歯周病を治療するといった方法があります。刺激が伝わる原因を考え、根本から治療する必要があります。

 

1.歯磨き

知覚過敏対応の歯磨き粉で歯磨きをします。フッ素入りの歯磨き粉でも効果があります。軽症の場合はこれだけでも効果があります。

 

2.薬を塗る

歯の象牙質にセメント類を塗って刺激が伝わりにくいようにします。歯磨き治療を合わせると効果が表れます。

 

3.詰め物を詰める

歯の表面が削れていたり、損傷が大きい場合は詰め物を詰めて刺激が伝わるのを防ぎます。

 http://blog.goo.ne.jp/geenaakusesari

歯周病(歯槽膿漏)とは、細菌によって口の中での炎症を引き起こす病気です。特に歯と歯肉(歯茎)の間にある歯肉溝と呼ばれる部分に磨き残しなどがある場合、歯垢(プラーク)と呼ばれるネバネバとした細菌のかたまりが付着します。プラークには、数億個の菌がいるとされていて、その中でも歯周病を引き起こす菌によって、周囲が赤く炎症します。歯垢をそのまま放置すると、硬くなり歯石となります。歯石になってしまうと、歯磨きのブラッシングだけでは除去することが難しくなります。さらに放置すると、歯周ポケットとなり、歯を支える土台が溶けていき、最終的には、歯が抜けてしまいます。

 オートクレーブ

治療について

歯周病は、予防・治療が十分可能なものになっています。しかし、病状が進んでしまったものについては、治療が困難なケースもあります。当院では、歯周病の治療だけでなく、定期的なクリーニング、歯垢(プラーク)の除去、歯石の除去、予防指導などをおこなっています。歯周病の初期・中期は痛みなどがなく気づきにくい病気ですが、早期に治療することで、元の健康な状態に戻すことができますので、お早めに当院へご相談ください。

見た目の美しさの実現は、歯や歯茎の健康を持続させることにも大きく貢献します

より快適で美しい歯にするための歯科治療

歯の治療の目的は、「悪いところを治す」に留まらず、「より快適で美しい歯にする」ことへと広がってきています。白く美しい歯並びが「マナー」と考えられる時代であるとともに、口元の悩みを解消して自信を取り戻すことが「当然の要求」と考えられる時代でもあります。

 パルスオキシメーター

たとえば、金属の詰め物を使って虫歯の治療をしたけれど、口の中に金属がちらちら見えるのがコンプレックスとなって思いっきり笑えなくなってしまったら? そんなときには当院にご相談ください。審美歯科には、白い詰め物や被せ物を使って歯を白く美しくする治療法があります。患者様が「より快適で美しい歯」によって悩みやストレスから解放され、「心の健康」を取り戻すお手伝いをするのも、審美歯科治療のひとつです。

 

できるだけ歯にダメージを与えない治療

審美治療といえば“神経の除去がつきもの”と考えられがちですが、そんなことは決してありません。歯科クリニックでは、患者さまの大切な歯を残す治療を最善と考え、治療法を検討して参りますので、神経の除去が心配で審美治療をためらっている方もご安心ください。必要以上に歯を削らず、可能な限り歯の神経を取らない治療を目指しています。

また、審美的な理由からだけではなく、アレルギーなどの健康面や患者様の精神的負担を軽くするためにも、メタルフリー(非金属)素材を用いることをお勧めしています。

 

PMTCとは

PMTCとは、歯科医師や衛生士といった専門家が(Professional)、専用の器械を使用して(Mechanical)歯を(Tooth)磨く(Cleaning)ことです。歯や歯肉を傷つけない専用の器械を使い、ご家庭の歯磨きでは落としきれない汚れを除去すると同時に、表面をツルツルに磨くことで歯垢がつきにくくなり、虫歯や歯周病の予防になるというメリットもあります。

 マイクロスコープ 歯科

ラミネートベニア

ラミネートベニアとは、歯の表面をごく薄く削り、そこに薄いセラミックのチップを貼り付ける方法です。削る部分は、エナメル質の表面のごく一部だけですので、歯へのダメージはほとんどありません。ホワイトニングで充分に白くできない変色(抗生物質などの影響によるもの)、歯の表面の凸凹、歯の一部が欠損している場合などに、ラミネートベニア治療を行います。また、歯間の大きな隙間を短期間で治したい場合にも、ラミネートベニア法で対応が可能です。また、ホワイトニング後に色が後戻りすることに不満を感じている方にも、ラミネートベニア治療をおすすめします。

予防歯科の目的は「お口の健康を生涯維持し、美しい歯を育てる」ことです

毎日きちんと歯磨きをしているつもりでも、セルフケアでは虫歯の原因となるバイオフィルムやお茶・コーヒー・タバコなどの汚れを完全には落とすことはできません。定期的なプロのケアで将来の口腔環境を守り、自然で健康な歯を保ちましょう。

 オートクレーブ滅菌

PMTCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、専門の歯科衛生士が行う歯のクリーニングです。歯ブラシだけでは取り除くことのできない汚れをなくすことで、虫歯や歯周病を予防できます。特にバイオフィルムが溜まりやすい「歯と歯の間」、「奥歯のまわり」、「歯と歯ぐきの境目」、「かぶせ物のまわり」等を重点的にお掃除していきます。

 

染出し剤で確認
まず染出し剤を使用し磨き残しを確認します。

 

汚れの除去
磨き残しの部分を専用の機械で除去します。その後、歯肉を傷つけないよう柔らかいラバーカップという機械で境目の汚れを落とします。

 

クリーニング
機械だけでは落としきれない凹みや窪みの部分はプロの衛生士が丁寧にクリーニングします。

 

仕上げ
歯茎が引き締まっていてとてもキレイに仕上がりました。最後にフッ素を塗布して歯質の強化を図ります。

 生体情報モニター

シーラント

シーラントは奥歯のかみ合う面(咬合面)にできる虫歯の予防の方法です。あらかじめ、虫歯になりやすい奥歯の溝を接着力のあるプラスチックで埋めてしまいます。このプラスチックは虫歯を削ったとき詰めるものと同類のレジンという材料なので、きちんと埋めていれば虫歯にならないという考えで普及し始めました。 シーラントは虫歯のない歯を対象にした予防です。しかし、フッ素、シーラントによる処方はあくまでも歯の強化にすぎません。一番大切なのはご家族の「仕上げ磨き」と「定期検診」であるということを忘れないでください。


現在の日本人が歯をなくす原因の90%以上は、虫歯と歯槽膿漏です

逆に言えば虫歯と歯槽膿漏にならなければほとんど一生自分の歯で生活できると言えるでしょう。正しい噛合せは、虫歯と歯槽膿漏の両方になりにくい状態です。ご老人が病気になったとき、快復の一番の要は、自分の口からしっかりと栄養がとれるかどうかとのことです。自分の歯をどれだけ長く残せるかが長生きの秘訣でもあるわけです。

 エアーモーター

矯正治療は、美容整形などのように外観のみを整えるものではありません。かみ合わせを直したり顎の運動を改善させるなど、健康な歯と歯肉を生涯にわたって維持していけるようにすることも大きな目的の1つです。

 

矯正歯科の重要性

悪い歯ならびを総称して不正咬合といい、そのままにしておくと心身に以下のような大きな影響を与えます。

 

虫歯や歯周病になりやすい

乱ぐい歯や八重歯のような歯の重なり、歯と歯の間の不均等な隙間、かみ合わない歯がある状態だと食物が詰まりやすくなります。そのため歯ブラシが難しく口腔内を清潔に保てなくなり、虫歯や歯周病になってしまいます。

 

胃腸などの消化器に負担がかかりやすい

良いかみ合わせは咀しゃく能力を高め、胃腸での消化吸収を助けます。胃腸の負担を減らすということは、全身の健康、若さを保つことにも大きな影響を与えます。

 

発音にも影響が

構音機構に大きく影響して、正しい発音がしにくくなります。特に電話での会話や外国語を話す時に相手に伝わりにくくなります。

 パルスオキシメーター

あごの骨の成長を妨げる

成長期における好ましくない咬み合わせは、あごの発育や顔の成長に影響を与えて上下のあごの関係が悪くなったり、左右非対称となったりといった不調和をもたらします。

 

心理的な影響を与える

悪い歯ならびを気にして生活をしていると、人前で歯を見せて笑うことができず、消極的になる傾向があります。また生活習慣ストレスの1つでもあります。

 

姿勢が悪くなりやすい

咀しゃく筋(かむ筋肉)の発達に影響を与え筋力のバランスが崩れます。また上下の顎の位置が悪いと気道を圧迫するため呼吸しずらくなり姿勢も悪くなりやすい。

虫歯や歯周病になってから通うものと考えられている方も多い歯科医院

しかしそれでは歯の健康は手にできません。なぜなら虫歯も歯周病もなりはじめには自覚症状がほとんどなく、気づいた時にはかなり進行してしまっているケースが多いからです。虫歯の治療は歯を削ってインレーやクラウンをすることがほとんどですが、できることなら自分の歯は削りたくないもの。そのためには、虫歯になる前の予防処置が重要です。
歯科用品
また、歯周病を招く細菌は、お口の中だけに留まらず、心臓病や糖尿病、脳梗塞などを引き起こすリスクも持っています。つまり、「予防歯科でお口を守ること」は「全身の健康を守ること」ともいえるのです。歯の健康への意識を一度見直し、予防歯科を積極的に受けることが大切です。

 

虫歯は、細菌が出す酸が歯の表面のエナメル質を溶かしてしまうことからはじまります。そしてその後、象牙質、歯髄へと進行します。進行するにつれ、食べものがしみたり痛みが出たりし、最悪の場合には抜歯が必要になります。

また、歯周病になると下記のような症状があらわれます。

歯肉が赤く腫れ上がる

歯石がたまり出血する

歯周ポケットの炎症が慢性化し膿が出る

歯が浮いた感じがし、強く噛むと痛みを伴う

歯がグラつき、硬いものが食べられない

歯の根っこが露出する

 超音波スケーラー

定期検診について

定期検診を受けることで、虫歯や歯周病の早期発見・早期治療が可能になります。大きな処置がいらず、治療期間も短縮されるなど、患者様の負担の軽減につながります。定期検診の際にプラーク(歯垢)や歯石を除去することで、歯は見違えるようにきれいになり、爽快な気分にもなれます。美容院や床屋さんで髪の手入れをするのと同じ感覚で、お気軽に定期検診にお越しください。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>