猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:38083
Today:141
Yesterday:121
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
歯垢の中にいる細菌によって引き起こされる病気

歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

 超音波スケーラー

歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。また、初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

 

歯周病は歯肉炎の段階では、歯の磨き方など口の中の健康管理を積極的にケアすることでよくなります。しかし、ある程度症状が進行している場合は出来るだけ早めに診察を受けることが大切です。また、歯周病のかかり始めには自覚症状があまりない病気ですので、検査をうけて症状を知ることも大切です。

 エアーモーター

歯周病は歯肉炎の段階では、歯の磨き方など口の中の健康管理を積極的にケアすることでよくなります。しかし、ある程度症状が進行している場合は出来るだけ早めに診察を受けることが大切です。また、歯周病のかかり始めには自覚症状があまりない病気ですので、検査をうけて症状を知ることも大切です。

 

歯周病は「歯周ポケット」から始まる

歯肉に炎症が起きると、歯と歯茎の間の溝が深くなります。これを歯周ポケットと呼び、この溝(歯周ポケット)は炎症によってどんどん深くなっていきます。歯周ポケットの中は酸素がなく、わずかな出血などから栄養が豊富なため、酸素の苦手な毒性の強い細菌「歯周病原性細菌」の格好の住みかになり、細菌による炎症と歯周ポケットの形成が繰り返され、歯周病が進行していきます。

歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。

歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

 エアーモーター

歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。また、初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

 

歯周病は「歯周ポケット」から始まる

歯肉に炎症が起きると、歯と歯茎の間の溝が深くなります。これを歯周ポケットと呼び、この溝(歯周ポケット)は炎症によってどんどん深くなっていきます。歯周ポケットの中は酸素がなく、わずかな出血などから栄養が豊富なため、酸素の苦手な毒性の強い細菌「歯周病原性細菌」の格好の住みかになり、細菌による炎症と歯周ポケットの形成が繰り返され、歯周病が進行していきます。

 

歯周病は歯肉炎の段階では、歯の磨き方など口の中の健康管理を積極的にケアすることでよくなります。しかし、ある程度症状が進行している場合は出来るだけ早めに診察を受けることが大切です。また、歯周病のかかり始めには自覚症状があまりない病気ですので、検査をうけて症状を知ることも大切です。

 マイクロスコープ 歯科

歯周病は歯肉炎の段階では、歯の磨き方など口の中の健康管理を積極的にケアすることでよくなります。しかし、ある程度症状が進行している場合は出来るだけ早めに診察を受けることが大切です。また、歯周病のかかり始めには自覚症状があまりない病気ですので、検査をうけて症状を知ることも大切です。

歯周病にならないために大事なこと

歯周病かな?歯磨きをした時・硬い物を食べた時歯ぐきから出血する。口腔内の病気で虫歯と共に、非常に多くの方がかかっている病気の1つに歯周病が挙げられます。歯周病は、特に痛み等の自覚症状があまりないため、一昔前までは今と比べひどく軽視されていました。しかしその結果として引き起こされるのは、歯ぐきの衰退による歯の脱落です。
さらに最近では、歯周病と全身疾患との関係も明らかになってきています。永久歯は抜け落ちると二度と生えてきません。歯が抜け落ちる最大の原因である歯周病に対しての意識を今後高めていきましょう。

以下に歯周病進行チェック表を記載しておりますので、少しでも気になる症状があれば一度診療を受けられることをおすすめします。

 オートクレーブ

歯ぐきが腫れている、ぶよぶよしている

歯が長くなったような気がする

食べ物が歯と歯の間によくはさまるようになった

歯ぐきから膿が出る

口臭が気になる。口の中がネバネバしている。

硬いものを噛むと痛みがズキッと伴う

歯ぐきが赤い

何か気になる所が無いと歯医者に行かない

歯磨きをした時、硬い食べ物を食べた時
歯ぐきから出血する

糖尿病を患っている

 

歯科医院での歯周病予防

歯石除去

歯面についた歯石や、沈着物を機械的に除去し、さらに専門的に磨くことによって、プラークをつきにくくします。つるつるの歯面にはプラークもつきにくくなり、またハブラシで除去しやすくなります。歯石は本人でも気がつかない、歯の表面がざらざらする程度のものや、歯と歯の間に入り込んだもの、またそれが蓄積して大きな石になったものと様々です、歯科医院に来院して除去してください。

 

歯面研磨

一生懸命に磨いていても、残ってしまった歯の隙間のプラークを取り除き、茶渋などの歯についた着色などをとりのぞきます。これでお口の中の環境改善をします。

 超音波スケーラー

PMTC

PMTCとは専門的な歯面清掃のことです。これによって、歯周病原菌を除去します。定期的に行うことによって、病原性の高い細菌を除去し、歯周病を予防します。

今も昔も、いつまでも健康で綺麗な真っ白な歯でありたいというのは、ずっと変わらず、誰もが持ち続けている願いです

笑顔が素敵な人=歯が綺麗であるということからも、歯や口元に美しさを追求されるようになってきました。白い歯や綺麗な歯並びをいつまでも保つことで、歯や口元のコンプレックスが取り除かれたり、食事が楽しめたり、通常の生活でも何事にも明るく積極的に行動できるようになったという方もいらっしゃいます。また、審美歯科による治療は、一時的な見た目の美しさだけではありません。

 パルスオキシメーター

ラミネートベニア

歯と歯の間に隙間がある方や、歯をあまり削りたくない方、ホワイトニングだけでは効果が期待できないケースに効果的です。この方法は、歯の表面をほんの少し削って、セラミックの白いシェルを接着する方法なので、歯の色の後戻りの心配がありません。

 

メタルボンド

メタルボンドとは金属のクラウン(被せ物、差し歯)に、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたものです。金属のフレームを土台として使用する為、強度を得ることができます。

 

オールセラミック

内面に金属を使用せず、セラミックのみで歯の修復をする方法です。従来のものよりも歯肉の変色や金属アレルギーもないので生体にやさしく、より自然に近い透明感を得られます。また、強度にも優れプラスティックや硬質レジンに比べ摩耗・変色もありません。

 マイクロスコープ 歯科

ホワイトニング

コーヒーやタバコの外因的なものから、体質などの内因的な理由により歯は黄ばんでくることがありますが、ホワイトニングではそれら黄ばんだ歯を削ることなく漂白します。

ホワイトニングにはクリニックで行う「オフィス・ブリーチ」とご家庭で行う「ホーム・ブリーチ」の2種類あり、現在は「ホームブリーチ」が主流となっています。

 

「歯ぐきの腫れ」や「歯ぐきからの出血」はありませんか?

こんな症状は歯周病が疑われます。日本人の40代以上の方の7割が予備軍またはすでに発症しているともいわれるくらい蔓延している歯周病は、成人が歯を失う原因の第1位です。そこで、歯周病についての知識を得て、治療や予防につなげましょう。

 歯科技工用エンジン

歯周病の進行について

歯周病は歯肉が炎症を起こしている「歯肉炎」と歯を支える顎の骨にまで炎症が進んでしまった「歯周炎」に分けられ、歯周炎もその段階によりいくつかに分けることができます。歯周病の進行のひとつの目安は歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)の深さで、進行とともに深くなっていきます。

 

初期

歯ぐきが軽い炎症を起こし始めた状態です。ブラッシングのときに出血することはありますが痛みなどの自覚症状はまだほとんどありません。
【歯周ポケット】14mm程度

 超音波スケーラー

中期

歯を支える歯のまわりの組織や顎の骨が溶かされ始めた状態です。歯ぐきの腫れや口臭が気になりだし、冷たい物がしみるなどの自覚症状が現れます。
【歯周ポケット】36mm程度

 

重度

歯を支える顎の骨の半分以上が溶かされた状態です。歯が大きくグラつき、出血や口臭がひどくなります。放っておくと抜け落ちてしまうこともあります。
【歯周ポケット】6mm以上

 

歯周病の治療

歯周病の治療は、進行の程度によって方法もそれぞれ異なってきます。歯周病の治療で必要なことは、定期的に歯科医院でメンテナンスを行うことと、日々の正しいブラッシングです。歯科に定期的に通っていても、毎日の汚れを落とさなければ、ほとんど意味が無くなってしまいます。正しいブラッシング指導をお受けになり、それをぜひ励行していただきたいと思います。

審美歯科とは、歯の白さや歯並びなど

「笑うと銀歯が見えて気になってしまう」、「歯や歯肉の色が気になって人前で口を開けたくない」

 口腔内カメラ

そんなお悩みを持った方におすすめなのが、審美歯科による治療です。歯の白さや歯並びなど"美しさ"に焦点をあてた治療方法のため、一般歯科とは目指す方向性が少し違うかもしれません。「同じ機能なら、より美しいものを」というのが審美歯科での考え方です。清潔で美しい歯並びは、見た目だけではなくお口の健康の維持にも高い効果をもたらします。

 

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックとは、セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で詰め物や被せ物を作る治療方法です。白く美しい色合いであることに加え、オールセラミックに比べて比較的安価に治療が可能です。また、非常に柔らかい素材であるため、周囲の歯を傷つける心配もありません。

 オートクレーブ滅菌

<ハイブリッドセラミックの特徴>
白く美しい色合いが得られる
比較的安価で治療が受けられる
柔らかい素材のため周囲の歯を傷つけない
オールセラミックと比較すると色調は多少劣る
長年使用していると変色する可能性がある

 

オールセラミック

お口の中の銀歯が気になる方へおすすめなのがオールセラミックです。金属の代わりにセラミック(ジルコニア)を使用することで、自然な透明感を持つ白い歯を実現します。金属を使用していないため、金属アレルギーの方も安心です。

<オールセラミックの特徴>
白く美しい歯を手に入れられる
歯ぐきの変色や金属の露出がない
金属アレルギーの方でも安心

 

審美歯科とは、虫歯や歯周病といった「歯の病気」の治療とは少し異なります

欠けてしまった歯並びや歯の色などを整え、審美性(見た目)を回復させ、より美しい口元を作る治療です。気になる部分の歯を削り、人工の歯を装着することで自然の歯に近い、白く美しい歯を手に入れることができます。金属を使用しない素材を装着すれば年月がたっても黒ずみしません。

 照射器 歯科

素材について

オールセラミック

全てをセラミック(陶器)を使用して製作した素材です。金属を使用しないため見た目が天然歯に近く、金属アレルギーの心配もありません。

 

ハイブリッドセラミック

レジン(プラスチック)とセラミックを混ぜて製作した素材です。将来的に色が変わってしまいますが、柔らかい素材なので、周りの歯を傷つけにくいです。

 

メタルボンド

金属性の人工歯の上からセラミックを焼き付けた素材です。人工歯の中では最も古くから使われ、強度も強いのが特徴です。

 

ジルコニア

人工ダイヤモンドとしても知られているジルコニアで作られた被せ物は、見た目や色が自然の歯に近く、金属の物に比べても強度が高いのが特徴です。金属を使用していないので、金属アレルギーの方でも安心して使用して頂けます。

 高圧蒸気滅菌器

ホワイトニング

コーヒーやタバコの外因的なものから、体質などの内因的な理由により歯は黄ばんでくることがありますが、ホワイトニングではそれら黄ばんだ歯を削ることなく漂白します。

ホワイトニングにはクリニックで行う「オフィス・ブリーチ」とご家庭で行う「ホーム・ブリーチ」の2種類あり、現在は「ホームブリーチ」が主流となっています。

 

たいていの歯周病は正しい歯磨きと歯石除去で治ります

歯の周りの歯ぐき(歯肉)や歯を支える骨が破壊される病気で、かつては歯槽膿漏と言われていました。日本人の成人の約80%が歯周病にかかっていると言われており、40歳以上の人の歯の喪失原因の第1位になっています。この歯周病の特徴は通常、自覚症状がなく進行していき、症状が出るころにはかなり進行して、時には手遅れになることがあります。

 歯髄診断器

あなたも歯周病?

歯周病は歯の表面に残った歯垢(プラーク)が歯ぐきに炎症を起こすこと(これを歯肉炎と言います)から始まります。そうすると歯ぐきから出血したり、腫れたり、ムズ痒くなったりします。

その状態を放置しておきますと、歯肉炎は進行して歯と歯ぐきの間の付着を破壊し、歯を支えている骨が失われて歯周炎になります。歯と歯ぐきが剥がれるとそこには深い溝ができます。これを歯周ポケットと呼んでいます。歯周炎が進行していくと腫れたり膿が出たりして、骨はさらに失われ、歯はだんだんグラグラしてきて、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。歯は大切な器官です。一本一本がそれぞれの役割を持って生えているのです。一本歯を失うと他の歯の負担が増します。今度は負担の増した歯が失われるかも知れません。

 エアーモーター

たいていの歯周病は正しい歯磨きと歯石除去で治ります

どの治療にも欠かせないのは、原因の除去です。これがなくてはどれだけ治療しても治りません。歯周病の原因は歯垢(プラーク)もしくは歯石ですのでこれらを取り除くことが最も重要で、かつ効果的な方法になります。

そのためには、歯ブラシで歯垢を除去するばかりでなく、歯ぐきをマッサージして鍛えることがまず必要です。それに加えて歯ブラシでは除去できない歯周ポケットの中にたまった歯石を取り除きます。 正しい歯磨きの仕方の指導と歯石を丁寧に徹底的に取り除いていきます。これはその道の専門家である当院の歯科衛生士が行います。その他にも歯周病を進行させる要因もありますが、大抵の歯周病は正しい歯磨きと歯石除去で治ります。

歯周病菌と呼ばれる細菌が原因で起こる、感染症

歯周病というのは、かつて歯槽膿漏(しそうのうろう)とも言われていた病気で、歯周病菌と呼ばれる細菌が原因で起こる、感染症です。歯周病は、歯周病菌が出す毒素によって歯の周りの骨が溶けてしまう病気です。歯周病のせいで歯ぐきが腫れたり、血が出たりするのは、この毒素が原因なのです。そのまま放っておくと歯周病が進行して、いずれ歯がグラグラになって抜けてしまいます。痛みもないまま骨が溶けるなんて恐ろしい病気ですが、さらにこの歯周病は糖尿病や心臓病、早産の原因になるとも言われています。

 顕微鏡歯科

あなたは、年をとったら歯が抜けるのが当たり前だと考えているかもしれませんが、実は、歯が抜ける原因の50%が歯周病だと言われています。つまり、歯周病を防ぐことができれば、あるいは歯周病になってしまっても、きちんと治すことができれば、一生自分の歯で過ごすことも可能なのです。

 

歯周病になると、このような症状が出ることがあります。

口臭

歯磨きのときに出血する

歯ぐきがぶよぶよになる

歯がぐらつく

歯ぐきが赤くなる

口の中がネバネバする

歯肉から膿が出る

 

歯周病のリスク

歯周病は、初期段階ではほとんど自覚症状がありません。そのため、知らないうちに進行していることが多く、痛みや出血が見られたときには重度まで悪化しているといえます。治療をせず放置すれば、最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうこともあるのです。

 生体情報モニター

さらに、近年の研究では、歯周病はお口の中だけでなく、全身にも影響を及ぼす病気であることがわかっています。例えば、お口の中の歯周病菌が傷口などから血管や体内に入り循環することで、心臓疾患や脳梗塞、肺炎、糖尿病、早産など多くの疾患や症状を引き起こす恐れがあるとされています。

 

1)応急処置

応急処置が必要な場合には行ないます。歯肉が腫れている場合には、腫れている部分を切って膿を出すことがあります。

2)ブラッシング指導(プラーク・コントロール)

的確に歯垢を取り除くための、正しい歯みがきの仕方をお教えします。(ブラッシング指導と呼びます。)新しい歯ブラシをお渡ししますので、歯科衛生士と並んで一緒に歯みがきをします。

3)歯石除去(スケーリング)

歯垢が石灰化してかたまってしまった歯石は、プロが取り除くのが、一番安全で確実です。むし歯や歯周病の温床となってしまうので、歯石があったらすみやかに取り除きましょう。

歯周病は痛みなどが無く進行するので、自覚症状が無い方がほとんどです

歯周病は成人の8割が罹患しているといわれる生活習慣病の一つであり、成人以降の抜歯の多くは歯周病の進行によるもです。統計的に60才代で10本の歯が喪失しています。(厚労省歯科疾患実態調査から)歯周病は徐々に病変が進むことが多く、歯科受診時には重症になっていることもあります。歯を喪失しないためにも、歯周病に対して早期に治療を行い、予防することが大切です。
マイクロモーター 

歯周病の治療

軽度の場合
歯周病の基本検査をした後、クリーニング、歯石除去、ブラッシング指導。
 
中度の場合
歯周病の基本検査をした後、患者様にご説明をさせていただき治療計画を立てます。深い歯周ポケット内の歯石除去、細菌検査の結果により抗菌治療などを行います。
 
重度の場合
中度の方と同じ過程の後、歯周外科手術・歯並び・かみ合わせの再構築・抜歯などを行います。

 

予防について

歯周病は痛みなどが無く進行するので、自覚症状が無い方がほとんどです。そのため、歯周病に気付くためには定期的な歯科検診を受ける事をお勧めします。歯周病の原因としては、不十分な歯みがきや歯ぎしり、かみ合わせが悪い、といったお口の問題だけでなく、喫煙、ストレス、不規則な生活習慣などが関係しています。つまり、歯周病は生活習慣病の一つなのです。たばこを吸う、疲労やストレスをためている、よく噛まずに食べる、間食が多い、つい夜ふかしをしてしまう、そんな人は歯周病に要注意です。

 超音波洗浄機 歯科

欧米では歯科治療の中心は予防歯科

欧米では虫歯や歯周病にならないため積極的に歯科医院を活用しています。日本人が持つ歯科医院のイメージは、「歯が痛くなったら行くところ」ですが、欧米の予防歯科先進国では「虫歯や歯周病にならないため、健康で美しい歯のお手入れに利用するところ、」という考えです。結果、70歳での平均残存歯数に大きな差が出ています。歯は一度失うと二度と生えてくることはありません。ずっと健康な自分の歯で美味しくごはんを食べたい方は、今から予防歯科を始めましょう。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>