猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:64569
Today:18
Yesterday:337
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
しっかりと正しい歯磨きをしていただくことが何よりの虫歯予防になるのです

近年、「虫歯を治す」という目的ではなく、「健康な口腔内を維持する」という目的で歯科医院に通われている患者さんが増えています。それを、予防歯科といいます。虫歯や歯周病は、進行すればするほど治療にかかる時間や費用が増え、痛みも大きくなります。予防歯科を行うことで、治療やケアを最小限に抑えていただきたいと考えています。

 エアーモーター

予防歯科メニュー

スケーリング

歯に付着した歯石を、スケーラーという器具を用いて除去する方法です。歯肉の表面には歯石がつきやすく、虫歯を作る原因になります。スケーリングで歯石を除去することによって、プラークコントロールがしやすくなります。

 

ブラッシング指導

いくら歯科医院で予防歯科を受けていても、毎日の歯磨きを怠っていては意味がありません。しっかりと正しい歯磨きをしていただくことが何よりの虫歯予防になるのです。

 

PMTC

PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略で、専用の器具を使った歯のクリーニングのこと。どんなに丁寧にブラッシングしても、「歯と歯の間」「歯ぐきの境目」「奥歯の裏側」などには、どうしてもプラークが残ってしまうことがあります。ご自身では除去困難なプラークを、歯科医師や歯科衛生士が専門器具を用いて徹底的に清掃し、健康的な歯を保ちます。

 

虫歯や歯周病には初期に自覚症状がないため、自分では発症に気づきにくいものです。そこで当院では「定期検診」をおすすめします。歯は痛くなってから治療するものではなく、「治療する前に予防する」という予防歯科にも通じる考え方です。定期健診は、治療後の健康な口腔内状態の維持や歯周病などの再発防止に大変役立つだけでなく、口内状態の変化をいち早く発見して、早期治療を施すこともできるのです。

 パルスオキシメーター

歯周病予防・早期発見のために

歯周病は自覚症状がなく、気付かないうちにどんどん進行してしまう病気です。だからこそ、歯科医院での定期検診が大切です。当医院では次のような検査を実施し、早期発見・早期治療につなげています。

 

ポケット検査

歯周病が進行するとともに、歯周ポケットも徐々に深くなっていきます。ポケット検査では、プローブという専用の器具を使ってポケットの深さを測り、歯周病の進行度合を判断します。

 

歯の動揺度の検査

健康な歯でも、強い力を加えれば多少の動揺がありますが、歯周病の場合、その動揺度は顕著です。歯の動揺度を測定し、歯周病の進行度合を判断します。


歯周病の原因と進行

歯周病は、歯を失う原因にもなる病気で、日本では約80%の人が罹患しているといわれる国民病です。歯周病は、痛み無く進行していきます。そのため、痛みなどの自覚症状が出た時には、すでに重度の歯周病にまで進行している事があります。自覚症状の無いうちから歯周病予防する事が、歯を守るために大切です。では、歯周病はどのように予防すれば良いのでしょうか。

 エアーモーター

細菌が増殖します。歯と歯肉の境目に歯垢が多く付着していると、そこの歯肉が赤く腫れていきます。 歯肉が腫れると歯肉溝が深くなっていき、深いと細菌が喜んで溝の中で増殖します。この深くなった歯肉溝を歯周ポケットと呼びます。

 

歯肉は更に腫れ、炎症により歯槽骨が少し溶け始めました。歯周ポケットの溝の最下点は歯槽骨の位置に常にありますので、歯槽骨が下がってくると、結果的に歯周ポケットが深くなります。深くなると更に細菌増殖し、炎症により組織液がジワジワ歯周ポケットの中からでてきて、その成分が歯石となります。歯石には細菌ついていきます。

 http://kiki.jimab.net/

歯周ポケットが3mm以内で、歯槽骨の破壊が起こっていない状態です。歯茎が赤っぽく炎症を起こし、細菌の進入は歯肉部で止まっています。歯肉炎では、歯垢(プラーク)や少量の歯石がたまり歯茎に炎症が起こり、赤く腫れたり出血したりします。この状態が進むと、中程度歯周病になります。自覚症状として、硬いものが、噛みづらくなったり、歯磨きの時に出血したり、起床時に、口の中がネバついたりします。

 

歯周ポケットが4mm〜7mmで、骨の破壊(歯の根を支えている骨が溶けている)が起こっている状態で、歯茎が赤っぽく炎症を起こし後退しています。また細菌の歯周組織への進入が進み、骨が溶けています。こうなってくるとどんどん歯槽骨が溶けていきます。悪循環の始まりです。知覚過敏といわれる状態になり特に、冷たいものがしみるようになります。食物がつまりやすくなり、歯磨きが難しくなります。

 パルスオキシメーター

歯周ポケットが6mm〜8mm以上で、歯槽骨の破壊がかなり進んでいる状態です。重度歯周病では、歯や根っこには多量の歯垢や歯石が付着し、歯周組織の破壊が相当進んでいます。また、支えを失った歯は、前後左右に揺れるばかりではなく、上下にも揺れます。
自覚症状として、歯肉溝から膿がでたり、歯肉が腫れたり、味覚にも影響を及ぼします。また、噛むと痛くて物が噛めないようになってしまいます。

 

ずかな時間で抜けてしまいます。歯槽骨もほとんどなくなり、ブリッジや入れ歯を入れてもなかなか合わず、インプラントもそのままではできなってしまう可能性もあります。

 

からだに優しいメタルフリー素材

素材を選ぶ時は、審美性・機能性はもちろんですが、全身の健康に影響がないことも大切な要素です。当院では、全身の健康を意識し、オールセラミックなどのメタルフリー素材を中心としたご提案をしています。金属がお口の中で溶け出して、身体の中に蓄積されると、金属アレルギーを引き起したり、健康を害する恐れがあります。メタルフリー素材は金属を使っていませんので、金属アレルギーの心配がなく、歯と全身に優しい素材です。

 口腔内カメラ

ラミネートベニア

歯の表面に貼り付けるセラミック製の板状の人工歯です。歯の表面をごく薄く削り、その上から装着します。歯と歯の間に隙間がある場合や、歯の形や大きさを揃える時に使用します。大きく削らずにできるので歯に与えるダメージが少なく、大掛かりな矯正治療を避けることができ、治療期間や費用を抑えることができます。

 http://www.0465.net/blog/dental111/index.html

ハイブリッドセラミック

セラミック素材とプラスチック素材をミックスした材料で作った人工歯です。セラミックの美しさと、プラスチックの柔かい性質を併せ持ち、噛み合う歯にダメージが少ないといえます。ただし、色調はオールセラミックに比べるとやや劣り、経年変化による変色があります。

 

オールセラミック

セラミック素材の人工歯です。自然の歯と同じ白さと光沢があり、天然の歯と変わらない美しさがあります。強度と耐久性があるので壊れにくく、変色や汚れもつきにくいので、お口全体を健康に保つことができます。

 超音波スケーラー

ホワイトニング

ホワイトニングはご自身の歯自体を、歯みがきや歯のクリーニングでは落ちない、加齢や遺伝による歯の黄ばみを、歯を削ることなく白くする方法です。その為、本来の歯の色よりも白くすることが出来ます。

クリーニングとは異なります。クリーニングとは磨いてとれるような物理的なよごれ取りの方法で、本来の歯の色を取り戻します。ホワイトニングが有効なのは、健康な天然の歯に限られます。虫歯のある方は、その治療が終わってからホワイトニングすることをお勧めしております。ホワイトニングの治療方法は、歯の表面にホワイトニング剤を塗布し、歯の黄ばみ色素を分解して歯を白くしていきます。天然の歯を白くしていくため、自然な色の仕上がりになり、笑顔の魅力度が格段にアップします。

方法には、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、家庭で道具を使って行う、ホームホワイトニングに分けられます。また、これら2つを 併用して行うデュアルホワイトニングがあり、もっとも効果的な方法です。

日本人の歯を失う原因のトップが歯周病です

歯周病は細菌が引き起こす口腔内疾患で、日本人成人の80%がこの病気に感染しているといわれております。お口の環境は年齢とともに変化していき、誰でも歯周病になる可能性が潜んでいます。歯の先進国・スウェーデンでも、かつて深刻な歯周病問題に直面し、国をあげて歯周病対策に取り組んできました。その結果、国民の歯周病罹患率が20%にまで減少し、大きな成果をあげています。

 歯科用品

歯周病と全身疾患の関係

歯周病と全身疾患は互いに影響を与えていることが、医療関係者の間で指摘されています。歯周病にかかると細菌が唾液とともに体内に入って血液と一緒に全身に巡ります。心臓病や糖尿病を引き起こす可能性が高いといわれ、歯周病治療の重要性が再認識されています。

糖尿病
糖尿病になると血糖値のコントロールが上手くできなくなります。そのため歯周病に感染すると症状が悪化しやすくなります。その逆に、歯周病から糖尿病を誘発する場合もあるといわれています。

 

低体重児出産・早産
妊娠中はホルモンバランスが崩れて、歯周病になりやすくなります。感染すると胎児の成長にも悪い影響を与え、早産・低体重児出産のリスクが高くなるといわれています。

歯科用マイクロスコープ
心臓病
歯周病が進行して重度になると血液中に細菌が入り込んで、血管内で血栓ができやすくなります。それによって動脈硬化が進んで、心筋梗塞や狭心症等を誘発するといわれています。
オートクレーブ滅菌
肺炎
血液の中に入り込んだ歯周病菌が肺に感染すると、肺炎になるリスクが高くなります。また細菌を含んだ唾液が気道内に入り、肺に感染する誤嚥性肺炎もあります。

歯周病は、今まで徐々に進行するといわれていました。最近では、急に悪くなる時期(勃発期)と静止期を繰り返しながら進行していくことがわかっています。そこで勃発期に感じる変化に十分注意し、早めに歯科医に相談し、治療を受けることが大切です。

歯周病の直接の原因はプラークがたまることからはじまります。プラークは食べ物のなかの糖分と誰の口の中にもある細菌によってでき、プラークの90% 近くが細菌です。また歯周病が進行してできる歯周ポケットの内側には、1mg(湿重量)あたり400種、1億個以上の細菌がいて体との間で、免疫応答といわれる戦いが繰り広げられます。抵抗力が弱まれば、全身にいろいろな症状があらわれてきます。ですから歯周病を予防し、進行を防ぐには、まずプラークをためず、歯周病を進行させないことが大切です。また生活習慣を改めることも、大きなポイントになります。

 


美しい口腔内を取り戻す『セラミック治療』

審美歯科は一般歯科と異なり、歯の機能の回復と口元の美しさの両立を目指す診療メニューです。セラミック製の白い詰めものや被せものを使った虫歯治療はもちろん、すでにお使いの銀歯を白い歯に取りかえることもできます。白く輝く歯は、笑顔に自信が持てるようになり、明るい気持ちにもつながります。

 

セラミック治療とは虫歯や歯周病など、何らかの要因により歯の一部が損なわれてしまった際に、欠損部分を補う素材を『セラミック』で行う治療の事を指します。セラミックは親和性が高く、強度が有り、審美性も損なわれない事から、審美目的での治療としても広く浸透しています。

 

① 過去の治療物(金属や変色したレジン)を白くしたい

自然な笑顔は相手に好印象を与えます。口を開けた時に銀歯や変色した歯が見えて気になる方は、白く自然で強度のあるセラミックによる被せ物(クラウン)、詰め物(インレー)に交換できます。

 

② 短期間の治療で歯並びを改善したい

セラミックを使っての歯並び改善治療も可能です。被せ物を作ったり、歯の隙間をセラミックで埋めたりしますので、希望の形や色にする事ができ、短期間で歯並びを改善できます。

 オートクレーブ

③ 半永久的に白い歯を手に入れたい

セラミックは審美性に優れ、半永久的に変色せず、強度の強い素材ですので、これを活用し半永久的な白い歯を手に入れる事ができます。人前に出る職業の方には大変お勧めの治療です。

 

④ メタルフリーの治療を受けたい

セラミックは金属を一切使用しない素材なので、金属アレルギーの恐れがある方でも安心して治療を受けていただけます。人体への馴染み(親和性)も高く、安心・安全な素材です。

 

 超音波スケーラー

人気急増中!ホワイトニング

ホワイトニングとは、削ることなく、専用の薬剤で歯を漂白する方法です。歯は加齢や遺伝、毎日の生活の中で色素や汚れは付着し、徐々に黄ばんでいくものです。ホワイトニングはそのような黄ばみを解消するため、口もとの美しさを大切にするアメリカで誕生しました。ホワイトニングには歯科医院で行う「オフィスホワイトニング」と、ご自宅で処置していただく「ホームホワイトニング」の2種類があります。

美しさを追求するのが審美歯科治療ですが、それだけを追い求めるのはNGです

 

歯科の審美歯科治療は「美しさ」、歯本来の「機能性」、そして「虫歯予防」の3点を考慮したものになります。

 

 血中酸素濃度計

 

歯本来の機能性とは「しっかり噛める」ということです。

 

審美歯科治療をしたことで、あごの疲れ・肩こり・

 

腰痛・頭痛などが発症することが稀にあります。

 

これは治療により「咬み合せ」が微妙に変化したことに

 

起因することがあります。

 

 https://shika.cookpad-blog.jp/

 

また、歯とつめ物・かぶせ物の適合が悪い場合、歯とかぶせ物などの間に「隙間」が生じてしまいます。この隙間は非常に小さなものですが、お口の中に潜んでいる虫歯菌にとっては十分の隙間になりますので、そこから虫歯菌が入りこみかぶせ物の中で虫歯広がることがあります。審美歯科治療では「歯の美しさ」も大切ですが、同じくらいに咬み合わせなどの「機能性」「虫歯予防」への配慮が大切になります。

 

 

 

ラミネートベニア

 

つけ爪のような薄片(セラミックもしくは、ハイブリッドセラミック)を、薄く削った歯の表面に貼り付けることで、歯を綺麗にみせる治療です。主に、歯の色を白くし、歯と歯の隙間を解消させる目的でされる治療ですが、同一目的のセラミッククラウンに比べてメリットが多くあります。

 

 

 

メリット

 

今の歯を削る量が少なくて済む
治療回数も少ないため、治療期間が短いため、治療費が安価
ホワイトニングでは満足できなかった方にも効果が期待できる
(直接、白い薄片を歯に貼り付けるため、歯が明るい印象に!)
歯と歯の隙間を隠すことができる

 

 マイクロスコープ 歯科

 

セラミックが優れている理由

 

セラミックは審美性に優れ、歯の自然な白さや透明感が再現でき、美しい見た目を手に入れることができます。そのほかにもセラミックには、以下のような選ばれる理由があるのです。

 

 

 

金属アレルギーのリスクがない

 

銀歯をはじめとする歯科治療で用いられる金属合金は、年月を経ることで金属が溶け出し、イオン化することで体内に取り込まれて金属アレルギーを引き起こすことがあります。それに対し生体親和性の高いセラミックは、金属アレルギーの心配がありません。

 

 

 

歯ぐきを黒ずませない

 

お口のなかに金属が溶け出すと、歯ぐきが黒っぽく変色することがあります。しかし、セラミックなら金属を含んでいないので、変色の心配もありません。


歯周病は、テレビCMなどでもよく耳にする機会が多いお口の病気です

歯ぐきの腫れや出血などで、気づくことが多いかもしれませんね。「ブラッシングしたら歯ぐきから血が出た」「口の中がねばつく」など、気になる症状がございましたら、一度、歯科までご相談ください。

 http://zetadentaljp.blogspot.com/

歯周病は、日本人が歯を失うもっとも多い原因に挙げられています。大切な歯を失ってしまうことのないように、早めの治療、そして予防を心がけましょう。歯周病とは、日本人の成人の約8割がかかっているといわれる生活習慣病です。自覚症状はあまりなく、病状がかなり進行してから気づくことが多いのが特徴です。

 パルスオキシメーター

歯周病の一番の原因とされているのは、プラーク(歯垢)です。プラークは細菌の塊であり、歯と歯ぐきのさかい目の中で異常に繁殖すると、歯周ポケットと呼ばれる空間がつくられます。そして歯ぐきが腫れたり、出血したり、最悪の場合には、あごの骨が溶けて歯が抜け落ちてしまうこともあるのです。また、喫煙などの生活習慣や糖尿病などが歯周病

の要因となる場合もあります。

 マイクロスコープ 歯科

歯周病を予防するためには、プラークコントロール、つまり、プラークをきちんと取り除くことがもっとも大切です。ブラッシングの際には、歯ブラシだけでなくデンタルフロスや歯間ブラシを併用して、正しくみがく習慣をつけましょう。さらに歯科医院にて、定期的に口腔内クリーニングをすることをおすすめします。

 

初めは自覚症状がなく鏡で見ても気がつきませんが、そのうち歯肉が赤くなったり、腫れたりします。歯周病は主に歯肉が歯に接する付近に存在するプラーク中の細菌が原因で進行します。プラークが石灰化し歯石になると自分では取り除きにくくなり、炎症が持続するようになると歯と歯肉が付着している部分の溝が深くなり歯周ポケットができます。
さらに炎症が持続すると歯根膜や歯槽骨が破壊されて、歯肉が腫れたり、膿が出たり、ぐらぐらするようになります。やがて歯は抜けてしまいます。

 

スケーリング・ルートプレーニング

比較的軽度の歯周病の治療法です。歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)に入り込んだ歯垢(プラーク)や歯石を「スケーラー」という専用器具で除去します。それでも取り切れない汚れは「キュレット」という器具を使って取り除きます。仕上げに歯根表面を滑らかにみがき、汚れの再付着を防ぎます。

 

歯周内科

お口の中の歯周病菌を位相差顕微鏡や試薬を使って検査します。そして歯周病菌の種類を特定し、その菌に合わせた薬を使って除菌する治療法です。

歯槽骨は半分以上破壊され、歯はぐらぐらです

お口の中に感染した歯周病菌(悪玉細菌)が、様々な要因によって、善玉菌よりも勢力が強くなり、その結果として起こる病気です。この要因としては生活習慣(喫煙習慣、はみがき習慣等)や体質(糖尿病等の基礎疾患)が大きく関わってきます。しかし、いくらハミガキをしても、歯周病菌は細菌ですから、物理的な作業だけでその数を激減させていくのには、非常に難しいものがあります。オートクレープ

 

なぜなら生活習慣や体質を変えることは患者様に生活上のさまざまな制約を強いることになり精神的な苦痛を少なからずともなう可能性がありますし、忙しい現代人において、突然、生活習慣をガラリと変えるということは、なかなか現実的ではないからです。
歯周病の原因の一つである細菌(歯周病菌)は目(顕微鏡)で確認することが出来るため、お口の中に歯周病菌がいるのか、いないのか、が簡単にわかります。

 

歯肉炎(歯肉ポケット26mm

歯肉にプラークがたまり、歯肉ポケットになります。場所によっては歯石も少し付きます。まだ、歯槽骨(歯根膜)は破壊されていません。

 

軽度歯周炎(歯周ポケット35mm

歯肉の腫れが強くなり、歯周ポケットを形成します。ポケット内部にはプラークや歯石がたまります。歯槽骨(歯根膜)も破壊され始めます。

 超音波スケーラー

中等度歯周炎(歯周ポケット47mm

炎症はさらに広がって歯槽骨の破壊も根の長さの半分くらいまで進み、歯がぐらぐらし始めます。歯肉が少し下がってきます。

 

重度歯周炎(歯周ポケット6mm

歯槽骨は半分以上破壊され、歯はぐらぐらです。

 

歯周病とは、歯を支える周りの歯槽骨が減り、歯が最終的には脱落する病です。歯槽骨が減るのは歯の周りに炎症があるためです。歯周病を予防する には、一番はもちろんブラッシングですが、食生活も見直す必要があり、食生活を踏まえて日常生活での生活習慣全般を見直せば、全身的な健康にもつながりま す。歯周病の原因は歯の汚れである歯垢(プラーク)です。ネバネバしたタンパク質の膜で覆われています。歯垢のネバネバした性質が歯垢除去を不完全にして います

健康維持には「治療」よりも「予防」が有効です

北欧では急速にむし歯・歯周病が減少しています。アメリカの富裕層の間でも同じことが起きています。これは、最先端の予防技術を駆使し、制度的にも予防を受けやすくする事の大きな成果です。振り返って我日本ではどうでしょう?技術も制度も充分とは言えないのではないでしょうか。 

 パルスオキシメーター

私は、すべての歯科治療は予防なしでは成り立たないと感じています。どんな一般的な治療法でも、最先端のインプラント治療でも同じだと思っています。だから、予防歯科が歯科治療法の1つではなく、すべての歯科治療法の土台にあるものだと考えています。崩れない土台があって初めて良い治療ができ、長く良い状態を維持できるのです。

 

効果

さまざまな負担が軽減できます

虫歯や歯周病を悪化させてしまうと、お口への健康ダメージが増加します。虫歯や歯周病は自然治癒することはありませんので、悪化させればさせるほど治療も複雑になり治療期間も費用も増加してしまいます。予防歯科での定期検診を受けていれば、「治療」の負担軽減につながるのです。

 マイクロスコープ 歯科

お口がスッキリします

定期検診では、毎日のブラッシングなどによるセルフケアでは落としきれない歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝などに付着するプラーク(歯垢)や歯石を徹底的に除去する歯のクリーニングを行います。病気の予防につながるとともに口臭予防にも効果を発揮し、お口の中がきれいにサッパリします。

 

お口のトラブルを未然に防げます

定期的に歯科検診を受けると、虫歯や歯周病の発症リスクを抑えられます。またもしすでにお口のトラブルを発症してしまっていたとしても、早期発見・早期治療につなげられますので、お口へのダメージを抑えることができるのです。

 

ブラッシング指導

個々の口腔内の状況に合わせて適切なブラッシング方法を指導いたします。

 http://kiki.jimab.net/

PMTC

専用の機器を用いて歯をクリーニングしていきます。日頃のケアでは除去できない汚れまできれいに落とします。

 

かみ合わせチェック

かみ合わせの乱れは口腔内疾患を引き起こすだけでなく、全身にも影響を及ぼします。かみ合わせに問題がないか定期的にチェックします。

 

生活習慣の指導

不規則な生活習慣・喫煙習慣などがないかお伺いいたします。健全な口腔内環境を維持するには、健全な生活習慣が必要です。

プラークコントロールで歯肉が引き締まり、元に戻ります。

ある報告によりますと、30歳代の約80%が歯周病に感染し、35歳以上の約70%が歯周病で歯を失っていると示されています。日本人にとって歯周病は正に国民病ともいえる病気です。歯周病は、歯を支えている骨が溶けていく病気です。初期段階では自覚症状がほとんどありません。そのため、歯周病に気づかないまま進行していくケースがほとんどです。進行すると歯茎の出血や腫れなどの自覚症状が現れますが、この段階ではかなり進行しています。治療をせずに放置していると、やがて歯がぐらつき、最後には自然に抜け落ちてしまいます。最近の研究では、歯周病で歯を失うだけでなく、様々な病気の原因にもなっていることが確認されています。

 http://www.musublog.jp/blog/pinshi000/

歯肉炎
歯と歯肉の間や歯と歯の間にプラークが溜まることによって、歯肉が炎症を起こして赤く腫れあがります。また、歯を磨くと出血がみられます。歯周ポケット(歯の歯茎の溝)は炎症により緩くなり、引き締まりがなくなります。この段階では、歯を支えている骨への細菌の侵入はありません。プラークコントロールで歯肉が引き締まり、元に戻ります。

 生体情報モニター

歯周病初期
細菌は緩くなったポケットから進入し、歯の汚れ(プラーク)に入り込みます。そして、時間をかけて固まり、歯石になります。歯石は細菌の住処になると同時に、炎症を起こす有害なものです。この段階になりますと、ご自身のブラッシングだけでは元に戻りません。専門の器具を使って歯科医院でしっかりと取り除く必要があります。

 

歯周病中期
歯周ポケット内の奥まで炎症が広がると、歯を支えている歯槽骨や歯根の周りの歯根膜に炎症が起き、口臭も強くなります。歯肉が剥がれて歯周ポケットが深くなると、歯根膜炎を起こし、噛んだときに違和感や痛みを伴うこともあります。骨に炎症が起きると、骨が徐々に溶かされていき、歯を支える骨が少なくなったり、炎症が強いときは歯が揺れることもあります。この段階では、スケーリングで治っても、歯肉が下がり、歯根が表に現れている状態です。それでも完治できない場合は、歯周外科手術が必要になることもあります。

歯周病後期
歯の揺れがさらに大きくなると炎症が強くなり、骨を溶かします。また、歯根膜の炎症も強くなり痛みが伴います。特に炎症が強いときは膿が出ることもあります。この段階では、治療が難しく、残念ながら抜歯となる可能性もあります。

 超音波スケーラー

歯周病の予防には、歯ブラシによるブラッシングやキシリトールガムを噛んでいるだけでは不十分です。 総合的な対策として、規則正しい生活習慣が大切です。歯周病は不注意で簡単になってしまいます。歯周病になってからでは、治療も容易ではありません。 その為にも、きちんとした予防を行う事が大切です。歯周病の禁忌症になっている喫煙を制限することも予防の一つです。また、定期的に歯科医院に通い、歯石除去、PMTC(クリーニング)などのプロフェッショナルケアを受けましょう。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>