猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:127433
Today:340
Yesterday:250
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
近年、注目の治療法としてオールセラミックがあります。

審美治療とは、虫歯治療や白い被せ物にするだけでなく、顔や口元のバランスを考えながら、いろいろな治療法を用いて歯並びを改善したり歯を白くすることで、総合的に審美を回復させる治療です。矯正歯科は今のままでは将来生活に支障をきたす、あるいはすでに生活に支障をきたしている歯並びを変えることですが、セラミックなどの審美治療は歯を美しくするものです。また、矯正歯科に比べ短期間の治療になります。歯科では、審美治療にも徹底的にこだわり、自分自身や自分の家族にしてあげたいと思う治療を、自信を持って提供します。

 歯の模型

オールセラミック

理想の素材 - セラミック

近年、注目の治療法としてオールセラミックがあります。最近では包丁などにも利用されるこのセラミックという素材は、非常に高い強度をもった鉱石になります。歯科治療の現場でもその技術は応用されており、治療に金属を一切使わないため、金属アレルギーの方には特に有効な治療法です。

 

オールセラミックの治療法は、お口の中でも金属とは異なり、非常になじみも良いため、患者さんは術後も安心して生活を送ることができます。今後、有効な治療法として益々注目されるでしょう。

 

従来の素材とオールセラミックの違い

オールセラミックは、天然の鉱石を利用しており、従来素材の欠点を補い、金属を使わないという大きな特長をもって注目されています。冠の全てをセラミックで作り上げるため、これまでその強度が問題となっていましたが、最新の技術によって、ジルコニアなど強度に優れた材料が開発され、奥歯の力のかかる部分にも利用できるようになりました。

 マイクロスコープ 歯科

ラミネートベニア

歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適している治療が、ラミネートベニア法です。ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。歯へのダメージも最小限であり、仕上がりもごく自然に出来上がります。ホワイトニングと比較して、 治療後の変色や着色もほとんどありません。

近年、注目の治療法としてオールセラミックがあります

審美治療とは、虫歯治療や白い被せ物にするだけでなく、顔や口元のバランスを考えながら、いろいろな治療法を用いて歯並びを改善したり歯を白くすることで、総合的に審美を回復させる治療です。矯正歯科は今のままでは将来生活に支障をきたす、あるいはすでに生活に支障をきたしている歯並びを変えることですが、セラミックなどの審美治療は歯を美しくするものです。また、矯正歯科に比べ短期間の治療になります。歯科では、審美治療にも徹底的にこだわり、自分自身や自分の家族にしてあげたいと思う治療を、自信を持って提供します。

 歯科器具中古販売

オールセラミック

理想の素材 - セラミック

近年、注目の治療法としてオールセラミックがあります。最近では包丁などにも利用されるこのセラミックという素材は、非常に高い強度をもった鉱石になります。歯科治療の現場でもその技術は応用されており、治療に金属を一切使わないため、金属アレルギーの方には特に有効な治療法です。

 

オールセラミックの治療法は、お口の中でも金属とは異なり、非常になじみも良いため、患者さんは術後も安心して生活を送ることができます。今後、有効な治療法として益々注目されるでしょう。

 ポータブルレントゲン

従来の素材とオールセラミックの違い

オールセラミックは、天然の鉱石を利用しており、従来素材の欠点を補い、金属を使わないという大きな特長をもって注目されています。冠の全てをセラミックで作り上げるため、これまでその強度が問題となっていましたが、最新の技術によって、ジルコニアなど強度に優れた材料が開発され、奥歯の力のかかる部分にも利用できるようになりました。

 

ラミネートベニア

歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適している治療が、ラミネートベニア法です。ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。歯へのダメージも最小限であり、仕上がりもごく自然に出来上がります。ホワイトニングと比較して、 治療後の変色や着色もほとんどありません。

超音波で、石灰化した歯石や歯垢を除去します。

歯茎の周りにプラークがたまり、プラークが細菌に感染することによって歯肉が炎症を起こして腫れ、歯肉炎を起こします。プラークは歯肉炎だけでなく心臓病や動脈硬化との関わりも推測されています。歯周病が進行すると歯茎の腫れがひどくなり、歯と歯茎の間に歯周ポケットと呼ばれる隙間ができます。

 ニッケルチタンファイル

また、炎症が歯槽骨や歯根膜まで及び、歯茎から膿が出たり、歯茎がやせて下がってきたり、歯がぐらついてきたりします。歯周病がさらに悪化すると、歯槽骨が溶けて歯のぐらつきがひどくなり、食べ物が噛むことができなくなって、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

 

TBI(ブラッシング指導)

TBI(トゥース・ブラッシング・インストラクション)とは、歯科医院で行うブラッシング指導のこと。毎日の正しい歯みがきで歯垢除去を完璧に行うことは、病気の早期発見と同じくらい重要です。正しい歯みがき方法をマスターして、健やかな口腔内環境を保ちましょう。

 

PMTC

歯科医師、歯科衛生士が専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行う、歯面清掃(クリーニング)のことを言います。歯の表面から歯と歯肉の境の溝の中(13mmまで)のプラーク(細菌の塊)をすべて取り除くことができます。PMTCをすることによりツルツルに磨かれた歯面はプラークがつきにくくなります。PMTCとはお口の健康維持のための環境作りを目的とした処置です。特に、タバコのヤニや茶渋など着色が気になる方や歯槽膿漏、口臭の気になる方におすすめです。

 

歯周ポケットチェック

歯と歯肉の隙間「歯周ポケット」の深さは、歯周病の進行でどんどん深くなってしまいます。この検査は、ポケットの深さを専用の細い器具で計測し、歯周病にかかっていないかをチェックします。

ハンドピース

スケーリング

超音波で、石灰化した歯石や歯垢を除去します。歯肉や歯周ポケットに付着した汚れを取り除くことで、むし歯や歯周病からお口を健康にキープ。保険適用内で行える処置なので費用負担も軽めです。

 

SRP

麻酔をして歯周ポケットの奥深くや歯の根の表面に付いた歯石を除去したり、歯周病感染で傷んだ歯の根を部分的に削り取ったりしたあと、歯の表面を滑らかにする処置です。

一度治療してもまた虫歯になってしまう……。

虫歯は、治療すればそれで永久に再発しない、というわけにはいきません。治療を重ねることで自分の大切な歯は削られ、寿命は短くなってしまいます。予防歯科では、大切な歯を削ることなく、健康をキープするための治療を行います。

 ハンドピース

虫歯の原因である虫歯菌は、人が生まれた時から持っているものではありません。主に、生後1031ヶ月のあいだに母親から感染します。この時点での感染を遮断することが最大の予防となりますが、感染してしまった場合もきちんと予防を続けることで虫歯を防ぐことができます。虫歯や歯周病になってしまうと、治療による身体的・金銭的な負担がかかります。予防によって、それらの負担を軽減し、全身の健康維持へと繋げることができるのです。

 

ブラッシング指導

虫歯予防の基本である歯磨きは、ご自分でできる重要な予防法です。しかし、ブラッシング方法が間違っていると、時間をかけて丁寧に磨いていても効果が半減してしまいます。食べカスが歯に残っていると、お口の中の菌が繁殖し、やがて歯や顎の骨にまで影響を与えてしまいます。磨きにくい場所には食べカスが残りやすいため、正しいブラッシングが大切なのです。

 ポータブルレントゲン

フッ素塗布

フッ素塗布は虫歯予防に有効です。口腔内の掃除を行ったあとにジェル状のフッ素を塗布することで、歯質が強化されて虫歯になりにくくなります。まだ歯磨きが上手でないお子様の虫歯予防に効果があります。

 

PMTC

PMTCとは、歯科医師や歯科衛生士による専用の機械を使った歯の掃除のことです。虫歯や歯周病の原因であるプラーク(歯垢)を除去します。プラークは強力に付着するとブラッシングだけではなかなかきれいに取れません。PTMCでは、やわらかいラバーとフッ素入り研磨ジェルで、歯の表面から歯周ポケットの中までクリーニングしていきます。

 

生活習慣の指導

歯周病は生活習慣病のひとつとされています。つまり、生活習慣の改善が治療であり、予防ともなります。私たちの生活の中には、歯周病を引き起こすリスク因子が多く潜んでいます。

歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目に、歯ブラシでは落とすことの難しい汚れが残っています

歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。痛くなってから行く歯を削るの悪循環をとめることが重要です。そのため、近年はむし歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。ずっと健康な歯を保つためにも、むし歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。

 家庭用超音波スケーラー

むし歯の原因はバイオフィルム

歯と歯のすき間や、歯と歯ぐきの境目に、歯ブラシでは落とすことの難しい汚れが残っています。このネバネバした汚れをバイオフィルムといいます。バイオフィルムには、バイ菌が住みつき放っておくと、むし歯や歯周病、口臭、全身のさまざまな病気の原因となります。バイオフィルムが形成されると、抗菌剤やフッ素化合物などの薬剤が歯の表面まで到達しない為、十分な効果が期待されなくなります。

 

 

プロによる徹底的なクリーニング 「PMTC

PMTCとは、専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、むし歯や歯周病を防ぎます。どんなに毎日丁寧に磨いていても、磨き残しはどうしても出てしまうものです。歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)には歯ブラシが届かないのです。PMTCをすることにより、自身では取り除けない汚れを除去し口腔内を清潔に保ちます。

 生体情報モニター

10年後も健康な口腔内を保つためには、プロによる歯のクリー二ングが欠かせません。ご家庭での歯磨きももちろん大切なことですが、どんなにていねいにしっかりと磨いたとしても、歯と歯茎の間の見えない部分の汚れを全て取り除くことができないからです。歯の表面にもブラッシングだけでは落としきれない歯垢がついたり、茶渋やタバコのヤニなどの色がついたりしてしまうもの。汚れが残っているとそれが虫歯や歯周病の原因になりますし、歯の表面に色がついていると不潔に見えたり老けて見えたりすることも。

 

虫歯や歯周病を予防するためには見えない部分の汚れまで取り去ることが必要ですので、プロが専用の機械を使用して行うPMTCで、奥の方に入り込んだ隠れた汚れを掻き出すことが大切です。また、高濃度のフッ素入り研磨剤で磨くことで、歯の表面がツルツルになり次の汚れが付きにくくなります。見た目も白く美しくなり、口腔環境の改善によって口臭も予防できるので気分もリフレッシュするでしょう。このように、歯科医院では、歯を削ったり傷つけたりすることなく歯のメンテナンスを行うことが可能。事前に虫歯や歯周病になるリスクを減らすことで虫歯や歯周病を予防できますので、定期的に施術を受けるようにしましょう。

歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ、歯を磨いたり食事をした際に出血することもあります

歯周病とは、歯周病の原因菌の作用によって歯ぐきが炎症を起こし、やがて歯を支える歯ぐきや顎の骨が破壊されて、支えを失った歯が抜け落ちてしまうことにつながる怖い病気です。「歯ぐきの腫れ」「歯ぐきからの出血」「強い口臭」「歯のぐらつき」は歯周病のサインかもしれません。

 ポータブルレントゲン

[進行度1] 歯ぐきがはれ、出血する
歯肉(歯ぐき)が赤く腫れ、歯を磨いたり食事をした際に出血することもあります。

 

[進行度2] 口臭を感じるようになる
歯肉の炎症はさらに進み、赤みが増し腫れぼったくなります。
歯周ポケット(歯肉と歯の間のすき間)が広くなり、出血したり膿が出てくる事があります。

 

[進行度3] 歯がぐらついてくる
歯肉の炎症はますます進み、赤くブヨブヨとした歯肉になります。
歯周ポケットでの炎症により歯根膜、歯槽骨が先端部から溶けてきます。

 

[進行度4] 硬いものが食べられなくなる
歯根を支えている歯槽骨がほとんど溶けてしまい、歯根が露出します。歯のぐらつきがひどくなり、硬いものは食べられなくなってきます。

 

 

メンテナンス

定期検診について

歯の健康のためには、日ごろからフッ素入りハミガキを使って、ていねいに歯をみがくこと、そして、定期的に検診を受けることが大切です。・治療などの必要がなくても、少なくとも1年に1~2回は受診するように習慣づけましょう。口の中をチェックしてもらったり、歯みがきでは落とせない歯石や着色汚れなども落としてもらったりすれば、むし歯や歯周病の予防にも効果的です。家庭でのケアと、歯科医院での定期的なケアを上手に組み合わせて、いつまでも健康な歯を守りましょう。

 超音波スケーラー

メンテナンス間隔

メンテナンスの間隔は歯周病の重症度、セルフケアーの熟練度などを考慮し、患者さんとの話し合いで決定します。

毎月のメンテナンス

3ヶ月ごとのメンテナンス

6ヶ月ごとのメンテナンス

中程度以上の歯周病の治療を受けられた方は(2)または(3)をお勧めしています。歯垢(プラーク)が歯に付着している時間が長いほど、虫歯になりやすくなります。細菌の集団である歯垢を除去するクリーニングなど、定期的に口腔内を管理することで、歯肉などの歯周組織の健康を維持します。

こうした口腔内細菌が虫歯や歯周病といった歯を失う原因となっているのです

プラークとは、歯にへばりついた歯垢のことです。歯垢は細菌のかたまりで、この細菌が歯肉や顎の骨などの歯周組織に炎症を起こします。プラークコントロールは、プラークを定期的に除去することをいいます。正しい歯みがきをすることで、プラークは除去できます。歯周病の最大の予防法・治療法は、歯みがきです。当歯科医院では、歯周治療の一環として、歯みがき指導を行なっています。正しい歯みがきの方法、歯ブラシの選択、歯みがき剤の正しい使い方などをご説明いたします。

 マイクロスコープ 歯科

口腔内の細菌をチェック

口腔内には数百種類の細菌が生息しています。
こうした口腔内細菌が虫歯や歯周病といった歯を失う原因となっているのです。
当医院では、位相差顕微鏡という特殊な顕微鏡を使用して口腔内の細菌の種類や量等を観察します。歯周病の原因となる細菌は口腔常在菌といって健康な状態であっても存在する細菌なので、歯周病治療を行ったとしても全ての歯周病細菌をゼロにはできませんが、数を減らすことにより歯周病の活動を抑えたり、再発を少なくすることにつながります。

 超音波スケーラー

歯周病が進んでしまった方のために(初期・中程度)

歯周病の進行を止めるためには、細菌感染の除去が必要になります。そのためには専門の器具を使用して、歯の根っこについた歯石を除去する必要があります。必要なときには麻酔を行い、担当の歯科衛生士が歯石を除去していきます。

 

歯周病の予防

歯周病予防の基本は「正しいブラッシング」です。もちろん毎日のブラッシングはとても大切なことですが、どんなに毎日丁寧に磨いていても、間違った磨き方をしていては口内の汚れを十分にとりのぞくことができません。正しい歯のブラッシング方法を覚えて、自宅でのケアを今までよりも効果的なものにしましょう。また、PMTCProfessional Mechanical Tooth Cleaning)という、歯科医師や歯科衛生士が、特殊な機材や研磨剤を用いて、専門的に口内の清掃を行う予防方法もあります。

歯周病にはとにかく「日々の予防」が大切となってきます

歯周病になってしまった場合は、進行を抑制させる治療が必要となります。歯周病は自覚症状が少な いため、気付かないうちに症状が進行してしまう可能性があるので、ここ最近歯周病の検査を受けていない方は一度検査を行うことをおすすめします。

 超音波スケーラー

初診

来院の理由、また、お口の気になることをお話します。

検査

歯周ポケットの検査やレントゲン撮影などで、歯周病の状態を調べます。

診断

検査結果をもとに、今のお口の状態を説明、これからの治療プランを立案します。

初期治療

歯石除去(スケーリング・ルートプレーニング)や、ブラッシングの指導、また必要に応じて虫歯の治療や咬み合わせの調整などを行います。

再評価

歯周ポケットが改善されているかどうかを検査します。そして、改善されていない部分にたいしての次の治療プランを考案していきます。

歯周外科治療

改善されていない部位や深い歯周ポケットを外科的に取り除きます。

再評価

外科処置後、歯周ポケットが改善されているかを再検査します。改善されていれば、メンテナンスへ進み、病状安定となればSPT(サポーティブペリオドンタルセラピー)へと移行します。

 マイクロスコープ 歯科

定期検診(メインテナンス)

歯周病は再発の恐れのある病気です。せっかく治っても、治療前と同じような生活・ケア方法では、また歯周病になる可能性もあります。
ですので、治療後もセルフケアをしっかり行いましょう。

[メインテナンスの目的]
・歯周病の再発予防
・新たな歯周病発症部位の早期発見
・良好な歯周組織環境の長期維持

治療の終わりがゴールではありません。セルフケアをしっかりと行い、お口の中の健康を継続して守っていくことが大切です。

むし歯や歯周病を治しても、再発してまた痛い思いをするのは誰でも避けたいものです

治療が完了した後もメンテナンスをしっかりと行い、むし歯にならないように努めましょう。 ご自宅での歯磨きはもちろん、むし歯がなくても定期的に歯科医院に通い、プロによるクリーニングを受けることをおすすめしています。万一定期健診でむし歯や歯周病が見つかっても、早い段階で発見すれば治療期間が短く済み、治療費も低く抑えられます。

 エアータービン

PMTC

PMTCとは「プロフェッショナルティースクリーニング」の略で、歯科衛生士がクリーニング専用機器・器具を用いて虫歯や歯周病の原因であるプラーク(歯垢)や、バイオフィルムを除去したり、プラークが付きにくくするために歯の表面を滑らかに整える処置です。自分で磨けていない所のプラークが除去されるのはもちろん、歯ブラシでは落とせない汚れなどもキレイになるので、予防歯科の観点とは別に見た目の改善としてもおすすめです。日本では予防歯科という考え方の認知度がまだ低く保険適用が認められていませんが、お金で買うことのできないご自身の歯を守る為にも、ぜひ受けていただきたい治療の一つです。

 

スケーリング(歯石除去)

歯についた歯石を、「スケーラー」と呼ばれる専用機器・器具を用いて除去することを『スケーリング(歯石除去)』と言います。歯周病の治療を進めていく上で最も大切なことはプラーク(歯垢)をしっかりと取ることなのですが、歯石(プラークが石灰化したもの)の表面はザラザラしているためプラークが付きやすく、付いたプラークが落ちにくくなります。

スケーリング(歯石除去)することでプラークが付きにくい状態にし、歯周病などを予防し、口腔内を改善させます。歯石は歯磨きでは除去することが出来ない上、90パーセント以上の人にあります。しかも、歯石は一度除去してもしばらくすると再形成されるため、定期的に歯科医院で除去してもらう必要があります。スケーリングの間隔は、普通の人で36ヶ月に1回位が目安です。(ただし、お口の中の状態によりスケーリングの間隔は変わります)また、スケーリングをすればそれでOKというわけではなく、毎日の家庭でのプラークコントロールも非常に重要です。

 ポータブルレントゲン

歯周病にならない(悪化させない)為には?

歯周病は、歯を失う最大の原因とも言われており、統計によると35歳では80%以上の人が罹患しています。しかし、ある日突然歯周病になるわけではなく、実は10代から少しずつ進行し、免疫値が低下するとともに病状が現れるのです。歯周病の原因は、磨き残しによる清掃不良が一番の原因です。「歯を失って初めて、大切さに気づいた……」と後悔しないよう、歯が健康なうちから歯科医院での専門的なケアを受けましょう。

30歳以上の多くの方々がかかっており、歯を失う原因の約半数が歯周病と言われています

人が歯を失う一番の原因は「歯周病」です。

歯周病に苦しむ患者さまに健康を取り戻してほしい、そして歯周病で歯を失いかけている患者さまをお一人でも多くお助けしたい……そのような思いを胸に、当院では丁寧できめ細かい歯周病治療をご提供しています。歯周病の恐ろしいところは、虫歯菌に侵されていない歯であっても抜け落ちてしまう可能性があることです。どれだけ虫歯がなく美しい歯であっても、歯周病が進行してしまうと、やがてものが噛めなくなり、最終的には歯そのものを抜かなければならなくなります。そのため、歯周病をコントロールしてしっかりと予防することが非常に大切になるのです。

 歯科用マイクロスコープ

歯周病治療の流れ

STEP1 初期検査

綿密な検査を行い歯周病の原因を調べます。
レントゲン撮影や歯周ポケットの深さを、日頃から行っているブラッシング方法で磨いてもらい、間違ったブラッシング方法で磨いていないかを調べます。

STEP2 初期治療

歯の汚れ(歯石も)を取り除きながら、歯茎の改善を目指します。
その際、歯茎に出来るだけ負担のかからない方法を選択します。
歯石が付くのは、正しいブラッシングが出来ていない事が原因です。

 オートクレープ

STEP3 再評価

歯周病の治り具合をチェックします。
歯石除去や正しいブラッシングで歯周病が治らない場合は、外科的な治療が必要になる場合もあります。

 

STEP4 外科治療(必要に応じて)

初期治療によって治らない場合、外科手術を行います。
歯肉を切って歯槽骨からはがし、根の先の方や根と根の間に付いている歯石や炎症巣を除去します。

 

STEP5 定期検診

全ての歯周病治療が終了した後は、長期的な健康維持のために34ヶ月毎の定期検診にきて頂きます。
歯石が溜まってしまえば、また歯周病になってしまう可能性がありますので、定期検診の度に歯の磨き方をチェックしたり、新たに付着した歯石を取り除きます。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>