猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:98481
Today:298
Yesterday:393
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
これらの項目のうち3つ以上、当てはまるようでしたら歯周病の疑いがあります

歯と歯ぐきの間の溝にプラークがたまり歯ぐきに炎症がおこります・・・これが歯周病の始まりです。歯ぐきが炎症で腫れ上がると溝が深くなり、歯周ポケットができます。さらに、歯みがきをせずに放置しておくと、歯周ポケットがより深くなり、歯石もできて、歯周病は勢力を増していきます。さらにこのポケットを拠点として炎症がひろがり、歯を支える土台である歯槽骨を破壊してしまうのです。

超音波スケーラー

歯周病を放っておくと

日本では今、成人の約8割が罹患しているといわれる歯周病。歯周病を放置し、進行が進むと歯を支える歯槽骨が解け、回復が難しい場合は抜歯せざるを得ない状態となります。歯を失うと、歯並びや噛み合わせが悪くなり、歯の隙間に汚れがたまりやすくなり、余計に歯周病を悪化させてしまうなど、歯を失うサイクルができてしまいます。また近年は、歯周病菌が歯周ポケットからは肉の毛細血管から大きな血管へと入り込んで全身に循環、心筋梗塞や脳梗塞などの重篤な疾患を引き起こす原因になるともいわれています。

次の項目をチェックしてみましょう。

① 歯ぐきが赤くブヨブヨしている。

② 歯を磨くと血が出ることがある。

③ 歯をこそぐと白い物(プラーク)がつく。

④ 人から口が臭いと言われたことがある。

⑤ 硬いものが食べにくくなってきた。

⑥ 歯がぐらつく。

⑦ 歯が長くなった気がする。

⑧ 歯を磨かない日がある。

⑨ ここ数年歯医者さんへ行っていない。

⑩ 糖尿病にかかっている。

これらの項目のうち3つ以上、当てはまるようでしたら歯周病の疑いがあります。
お近くの歯医者さんでチェックしてもらいましょう

 エアーモーター

歯周病のケア

歯周病の予防は、日々のブラッシングや、歯周病対策として有効な薬用歯磨き粉を使う方法が有効です。習慣の中で歯周病を予防することが可能です。プラーク自体は、黄白色をしているので、すぐには、歯にプラークが付着しているか判断することは難しいですが、歯にネバネバとした黄白色の物質があれば、プラークが付着しているため、適切な処置が必要です。

歯科医では、歯垢が付着しているかどうかを判断するためのプラーク染色剤という特殊や薬品があります。この薬品を使用することでどの程度プラークが歯に定着しているかを判断することが出来、ブラッシングなどの指導を行っています。

 

歯周病と最も関連の大きい病気が「糖尿病」です

歯周病とは、歯磨きが不十分などの理由で歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に歯垢がたまっていき、歯垢に潜む細菌が歯ぐきに炎症を引き起こす病気です。進行すると歯を支える骨(歯槽骨)まで溶かしてしまい、最悪の場合には歯が抜けてしまいます。

 オートクレーブ滅菌

糖尿病との関係

歯周病と最も関連の大きい病気が「糖尿病」です。糖尿病になると身体の免疫力が奪われるので、免疫力がない=口の中が歯周病菌に侵されやすい状態となります。 また、糖尿病になると唾液の分泌量が減ってしまいますので、口の中の細菌が増殖しやすくなり、歯周病が進行しやすい状態になってしまいます。 そのため糖尿病になると歯周病になりやすくなり、また歯周病が治りにくくなってしまいます。

 

全身疾患との関係

近年、歯周病が糖尿病・肺炎・心疾患などの原因になることが明らかになり、歯周病が全身の健康を脅かすことがわかってきました。歯周病を引き起こす細菌は、歯周病の人の口の中に数多く存在します。その細菌が気道や血管から内臓に入り込むことで、肺炎や心疾患の原因となってしまいます。更に妊娠している方の場合、低体重児出産や早産の確率が高まることも指摘されています。お口の中を清潔に保つことは、全身疾患の予防に繋がります。

 

タバコとの関係

たばこに含まれるニコチンは、身体の血液の流れを悪くします。そのため、歯や歯肉へ酸素や栄養がいきわたらなくなります。その結果、身体の免疫力が下がってしまい、歯周病になりやすくなってしまいます。

 超音波スケーラー

日ごろのセルフケアと専門的な治療を併用して改善をめざしましょう

軽度から中度にかけては、専用の器具を使って歯周ポケットにたまった歯垢や歯石(歯垢が硬くなったもの)を取り除いて改善を図ります。特に歯石は通常のブラッシングでは取り除けないため、歯科医院で専門的な治療を行うことが必要です。また、患者さん自身がセルフケア力を向上させて、日ごろから丁寧にブラッシングを行うことも大切です。

口が開きにくい(開口障害)

顎関節症は、顎関節に不自然な力がかかることから始まります。たとえば、歯並びが悪かったり、上の歯が少し外を向いていて、下の歯ときちんと噛み合わなかったりすると、あごの骨の動きに負担がかかります。また、極端な噛みぐせや歯ぎしり、ストレスによる歯の食いしばりなども要因になります。

 家庭用超音波スケーラー

症状を詳しくみてみましょう。

口が開きにくい(開口障害)

正常な場合は口を開けたときに指を縦にして3本入ります。しかし指が2本しか入らない、又は1本しか入らない。痛みにより口が開かない場合と、顎の関節の異常で口が大きく開けづらい場合、急に開かなくなってしまった場合や、段々と開かなくなってしまう場合など様々なパターンがあります。

 

顎から音がする場合(関節雑音)

口を開けたり、顎を動かしたりすると、カクッと音がしたりシャリシャリ、ミシミシなどの音が聞こえる場合もあります。症状が音だけの場合なら早急な治療はしなくても良いでしょう。

 

顎が痛む

口を開けたり閉めたりするときに特に痛みがあり、硬いものを食べにくい。顎を動かしたときに痛むのが特徴です。このような症状以外にも様々なところに症状が現れることもあります。頭痛や腰痛、肩こり、背中の痛み、めまい、歯の痛みなどが併発するようなパターンもあります。

 パルスオキシメーター

顎関節症にはどのような治療を行うのでしょう。

物理療法

患部を温めたり、冷やしたりして痛みを軽減させる。

 

運動療法

口を開ける練習をしたり顎を動かす訓練をしたりして口が開くようにする。

 

スプリント療法

歯にマウスピースのようなものを装着して筋肉や歯の負担を軽減させる。歯ぎしりや食いしばりからのダメージも軽減させる。治療はセルフケアが中心となりますが、顎関節症の症状が気になったらまずは歯科医院でみてもらいましょう。あなたに合った治療方法を提案してもらってください。

歯周病予防の基本は、プラーク(歯垢)を確実に取り除くことです

歯周病は、歯磨きが十分に行われなかったことにより、食べかす等の汚れが歯面に付着し、細菌が繁殖することが主な原因といわれています。また、この細菌が菌体外多糖という物を作って堆積し、バイオフィルムという細菌の塊を形成します。

 電気歯髄診断器

バイオフィルムはとても厄介で、通常のブラッシングでは除去し難く、歯周ポケットに入り込んだ場合歯ブラシやフロスでの除去することはまず不可能です。このバイオフィルムが歯周組織や歯槽骨、歯根膜をも浸食し溶かしてしまうと最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

 

歯周病予防の基本は、プラーク(歯垢)を確実に取り除くことです。プラークを100%取り除くことが出来れば基本的に歯周病は防げます。ところが、これが簡単ではないんです。
プラークはネバネバしており、歯にしっかり付着しています。水でゆすいでも落とすことはできません。

ですので、まずは、毎日の歯みがきで歯垢(プラーク)をしっかり取り除くことが大切です。初期の歯周病はブラッシングで健康な状態に戻すことも可能です。毎日のケアが欠かせません。日本人の90%は11回以上歯みがきしているのですが、むし歯や歯周病になってしまう方は他の先進国に比べてかなり多いのが現状です。歯を磨いていても原因となるプラークを落とせていないのではないでしょうか?一見キレイに見える歯もプラークを見えるように染めてみるとまだまだ歯に残っています。

 超音波スケーラー

よく噛んで食べる

物をよく噛むということは非常に大切で、噛めば噛むほど唾液が分泌され、唾液によって細菌を洗い流してくれるため歯周病予防、虫歯予防、口臭予防に効果的となり、さらによく噛むことによって満腹中枢が刺激され食べすぎを防いでくれるので肥満、糖尿病予防にも繋がるのです。

 

生活習慣の改善について

歯周病は生活習慣病ですので、日頃の生活習慣によって歯周病になりやすくなったり、治りづらくなることがあり、いくら正しい歯磨きを行ったり治療を行っても生活習慣を見直さない限り、歯周病の完治は困難です。今一度、ご自身ライフスタイルを見直すことが重要です。

 

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中に存在する歯周病菌に歯周組織が感染するために起きるお口の病気です

症状としては、歯肉(歯ぐき)が腫れたり出血したりして、最終的には歯が抜けてしまうというものです。日本人が歯を失う原因で、最も多いのがこの病気です。歯周病は、初期段階では自覚症状がほとんどないために気づかない方が多く、実際には成人の5人中4人がこの病気にかかっていると言われています。

歯科治療器具

一口に歯周病と言っても、原因や症状を悪化させている要因は患者さま一人ひとりによって異なります。そのため、治療を始める前に検査を行い、それぞれに適した治療をしていきます。

 

歯周病セルフチェックリスト

歯周病は気づきにくい病気です。下記の中にひとつでも当てはまるものがあれば、検査を受けていただくことが大切です。

歯ぐきが腫れている。

歯みがきのときに歯ぐきから血がでる。

口臭が気になる。

歯がグラグラする。

疲れたときなど、歯が浮いているような感覚がある。

歯が以前より長くなった。

 

生活習慣・食生活の改善
病・睡眠不足・ストレスなどで体の抵抗力は低下してしまいます。そのため歯周病菌に感染しやすくなるので、十分な睡眠、適度な運動、ストレスの解消などは歯周病を治していく上で大切な事柄です。また、歯周病が起こりやすくなる糖尿病を予防するような食生活を送ることも重要です。食材や料理法を工夫することも大切ですが、良く噛んで食べる習慣をつけることも必要です。

 歯科治療器具

プラークコントロール
歯周病の予防・治療ともに重要なのは、プラークコントロールです。歯周病の原因となる歯垢(プラーク)の増殖を抑えるのが目的で、正しいブラッシングや、歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使います。

 

スケーリング

毎日のブラッシングで取り残してしまうプラークや、ブラッシングでは取り除くことができない歯石を除去し、再び付着しづらくするように処置する治療法です。歯周病になると歯周ポケットが深くなり、そこにたまったプラークが病気を進行させていきます。スケーリングをすることによって歯ぐきの炎症が治まり、歯周ポケットも浅くなるので、症状の改善が期待できます。

 

歯周炎は歯肉炎が進行した状態で、進行が歯肉を超えて歯槽骨まで及んでいる状態です

歯周病(歯槽膿漏)、歯肉炎、歯周炎はどう違うの?良く聞かれる質問ですが、どれも歯周病のことです。最近では、呼称はほとんど「歯周病」で統一されていますが、進行度の違いによって呼称を変える場合があります。

 ニッケルチタンファイル

歯肉炎とは

歯肉炎は、歯肉に炎症が起きている程度の初期段階です。歯磨きをしたときや、リンゴなどを食べたときに出血する状態は歯肉炎と思って良いでしょう。 この段階で治療を開始して進行を食い止めれば、歯槽骨が溶けるところまではいきません。

 

歯周炎とは

歯周炎は歯肉炎が進行した状態で、進行が歯肉を超えて歯槽骨まで及んでいる状態です。この状態になってしまうと歯槽骨が溶ける段階となるので、歯ぐきから膿がでたりグラグラしてきたりしてしまいます。 これがさらに進行すると、最後には歯が抜けてしまうのです。

 

歯周病の特徴

矯正治療は装置を使用するだけだと思われている方が多いですが、ただ装置でひろげる事が治療の目的ではありません。歯並びが悪くなった原因の多くは機能にあります。歯を装置でひろげてキレイにしても、正しい機能がなければ歯は元の歯並びに戻ろうとしてしまいます。矯正治療は、見た目はもちろん機能的にも自然で安定した歯並びにすることが目的です。装置に頼るのではなく、「食事」や「生活習慣」を見直し、自分の力で自分の機能を回復させることが大切です。

 

歯周病の治療方法

歯磨き指導

プラーク(歯垢)はただの食べかすではなく、何億もの細菌の塊です。どんなに治療しても、毎日の歯みがきでプラークを取らなければ、いつまでも細菌を減らすことはできませんので、まずは正しい歯みがきの方法を指導します。

 マイクロスコープ 歯科

歯石取り

歯石には無数の穴があり、細菌の格好のすみかとなっていますので、歯石を除去しない限り歯周病は改善しません。また、歯石はご家庭でのブラッシングで取ることができませんので、歯科医院にて専用の器具を使って取り除きます。


歯周病とは放っておくと歯を失ってしまう、歯ぐきと歯を支える骨の病気です

みなさんは、歯周病についてどの程度の知識をお持ちでしょうか? 歯周病は見えないし、身体にも影響はないなどと、軽く考えている方はいませんか? こちらでは、歯周病の怖さについてご紹介したいと思います。 歯周病は歯茎の病気の総称で、大別すると、歯肉炎と歯周炎があります。 両者は別の疾患ではなく、まず歯肉炎になり、それが悪化すると歯周炎となります。 歯周病になると、歯茎やその周辺の組織が細菌によって炎症を起こし、悪化することで、すべての歯が抜けます。 以前では、老化現象でしかたがないと思われていました。 実はそれが、歯周病の大きな原因だということがわかってきたのです。

光照射器 

歯周病が招く全身の病気

歯周病の恐ろしさは、口の中の病気だけにとどまらず、 糖尿病・心臓血管疾患・骨粗しょう症・肺炎・感染性心内膜炎などにも影響を及ぼすことが分かってきました。  特 に、糖尿病は、歯周病の原因にもなっているので、また歯周病も糖尿病の原因とされています。放置すると悪循環になってしまうこともあり、注意が最も必要です。 

 スリーウェイシリンジ

 

【症状のチェック】 〜1つでも思い当たれば歯周病の可能性があります〜

歯を磨くと歯ブラシに血がついたり、硬いものを食べると歯茎から血が出たりする。
口臭がする。
口の中がねばねばする。
歯茎が腫れたり、ぶよぶよしたりしている。
昔より歯が長くなった気がする。

 

プラークコントロール

口腔内の状況を把握し、患者様に適したプラークコントロールを行います。また、ご自宅でのプラークコントロールのポイントもお教えします。

 

歯にこびり付いた歯石を除去します。

 

歯石をひと通り取り終えたところで、歯ぐきがどの程度健康を取り戻しているかチェックします。結果が良好であれば、歯周病治療はメインテナンスに移行します。逆に、予測した効果が得られていないときは治療法を再検討します。

歯周病を予防することは、成人病を予防することにもなります

一昔前までは、歯が抜ける一番の原因は虫歯でした。しかし、虫歯予防が進んだことで虫歯で歯が抜ける人はほとんどいません。歯が抜ける最大の原因は歯周病ですさらに、歯周病に感染すると、心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化、糖尿病、骨粗鬆、誤嚥性肺炎など生命にかかわる病気になるリスクが高まります。ですから、歯周病を予防することは、成人病を予防することにもなります。

 コントラ 歯科

歯周病のサインは「歯ぐきが赤く腫れる」「ブラッシング時に血が出る」などさまざま。「これって歯周病……?」と思ったら、早めに検査を受けましょう。けやき台鈴木歯科では、「歯周ポケット検査」を実施しています。

 

歯周ポケット検査・・・歯周病になると歯と歯ぐきの間にある隙間「歯周ポケット」が深くなっていきます。専用の器具を用いて歯周ポケットの深さを調べ、歯周病の進行具合を確認します。

 

歯周病の原因は、歯の表面に付着する細菌です。細菌は歯茎の炎症部分から進入して、体内の血管に乗って全身に巡っていきます。歯茎が炎症状態になると出血や膿が見られるようになりますし、体の抵抗力が低下した時などに腫れを繰り返すこともあります。また、ひどい痛みや腫れなどの自覚し症状がない炎症でも、歯の周囲の骨が自らの細菌感染を防ごうとして、骨を溶かし歯がぐらつくようになります。

 

歯周病が引き起こす全身疾患
誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)
ご高齢の方や寝たきりの方など、抵抗力が落ちていると大量の歯周病菌が発生します。食べ物を誤嚥した際に歯周病菌が肺の中に入ることで、肺炎を起こすリスクが高まります。

 生体情報モニター

早産、低体重児出産
歯周病菌によるお口の中の炎症が血管をとおして全身に回り、羊水にも影響を及ぼすことがあります。これにより、早産や低体重児出産のリスクを高める場合があります。

 

<歯周病予防のメンテナンス>
・歯周病の程度に合わせた歯石除去
・歯の表面のクリーニング
・歯磨きのチェックと正しいブラッシング指導
・患者さんに合った歯ブラシ・歯間ブラシのご提案

歯周病は、歯の表面に付いた汚れ(プラーク)が原因で、歯を支える周りの組織に起こる病気で、歯を失う大きな原因になっています

初期症状がほとんどないため、発見が遅れ、手遅れ(抜歯)になることもあります。そうならないためには、日頃のケアー(ブラッシング)と定期的な歯科医院でのプロフェッショナルケアー(歯石除去・クリーニング)が大切です。

 マイクロスコープ 歯科

軽度歯周炎

歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットが深くなり、歯ぐきが腫れ、顎の骨が溶けはじめます。ブラッシングのときに出血が見られるほか、冷たい物がしみたり、口臭がきつくなったりすることがあります。

 

中等度歯周炎

歯周ポケット内部の炎症が進み、歯ぐきの腫れや出血、口臭といった症状がひどくなってきます。顎の骨は半分ほど溶けてしまい、歯がグラグラしはじめます。歯が浮くような感覚も現れます。

 

重度歯周炎

歯ぐきが下がって歯が長く見えるようになり、歯と歯ぐきの境目からは膿が出てきます。この段階では顎の骨が3分の2ほど溶けてしまい、歯のグラつきがひどくなります。このまま放置すると、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまいます。

 ニッケルチタンファイル

歯周病治療の流れ

1.診査

歯肉の状態、歯周ポケットの測定、X線検査により歯周病の進行状態、清掃状況を把握します。

2.ブラッシング指導

歯周病の予防と治療にはブラッシングで口腔内を清潔に保つことが一番です。
自分では「磨いた」と思っていても、「磨けている」とは違います。一人ひとりにあった正しいブラッシング方法を指導します。

3.スケーリング・ルートプレーニング

歯に付いた歯石を専用の道具で取り除き、根面を滑沢にし再度付きにくくします。
軽度の歯周病はこの治療で治ります。

4.再評価

再度歯周組織の審査を行い、更なる治療が必要かを判断します。

5.歯周外科治療(フラップオペ)

スケーリング・ルートプレーニングでよくならない場合や、重度の歯周病の場合は、歯周外科手術を行います。

6.メインテナンス

治療が終わった後、病気の再発を予防するため、1~3ヶ月ごとに定期健診を行います。歯周病は、再発しやすい病気です。
再発させないためにはホームケアーによる毎日のお手入れ(ブラッシング)とプロフェッショナルケアー(スケーリング・PMTCなど)が必要です。

あなたも歯周病?

日本人成人の約80%以上が歯周病といわれています。もはや国民病ともいえますが、早期発見・早期治療で完治できます。それだけではなく、重度の歯周病であっても、歯周外科や再生療法など高度な歯周病治療を行うことによって進行を食い止めることができます。

 歯医者 器具

あなたも歯周病?

歯周病は歯の表面に残った歯垢(プラーク)が歯ぐきに炎症を起こすこと(これを歯肉炎と言います)から始まります。そうすると歯ぐきから出血したり、腫れたり、ムズ痒くなったりします。

その状態を放置しておきますと、歯肉炎は進行して歯と歯ぐきの間の付着を破壊し、歯を支えている骨が失われて歯周炎になります。歯と歯ぐきが剥がれるとそこには深い溝ができます。これを歯周ポケットと呼んでいます。歯周炎が進行していくと腫れたり膿が出たりして、骨はさらに失われ、歯はだんだんグラグラしてきて、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。歯は大切な器官です。一本一本がそれぞれの役割を持って生えているのです。一本歯を失うと他の歯の負担が増します。今度は負担の増した歯が失われるかも知れません。当医院では歯周病治療に一生懸命取り組み、一本でも多くの歯を残すように取り組んでいます。

 ハンドスケーラー

たいていの歯周病は正しい歯磨きと歯石除去で治ります

どの治療にも欠かせないのは、原因の除去です。これがなくてはどれだけ治療しても治りません。歯周病の原因は歯垢(プラーク)もしくは歯石ですのでこれらを取り除くことが最も重要で、かつ効果的な方法になります。

そのためには、歯ブラシで歯垢を除去するばかりでなく、歯ぐきをマッサージして鍛えることがまず必要です。それに加えて歯ブラシでは除去できない歯周ポケットの中にたまった歯石を取り除きます。 正しい歯磨きの仕方の指導と歯石を丁寧に徹底的に取り除いていきます。これはその道の専門家である当院の歯科衛生士が行います。その他にも歯周病を進行させる要因もありますが、大抵の歯周病は正しい歯磨きと歯石除去で治ります。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>