猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:158643
Today:128
Yesterday:325
<<prev | 最新 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 最初 | next>>
歯や歯茎の周辺に歯石と歯垢が付着する

歯は骨によって支えられているのですが、少しずつ歯周病が進行する事で歯がぐらつきいずれ抜け落ちてくるという恐ろしい病気です。しかも進行期の大半は自覚症状がありません。
歯科バイブレータ
1、歯や歯茎の周辺に歯石と歯垢が付着する
2、それらが増殖して行き、歯茎が炎症を起こす(歯茎から出血する)
3、炎症が徐々に酷くなり次第に自覚症状が出てくる(歯が浮いたような状態)
4、口臭がはっきりと他人にも感知されるようになる
5、歯がぐらつきだし、最後には抜け落ちる

さらに、歯周病について以下の事も判明しています。
・肺炎の原因 
・心臓病の原因 
・その他全身疾患との関連性が深い

介護に携わっている方であれば、歯周病と身体の様々な病気の関連性が深いという話しは聞いた事があると思います。なぜなら、抵抗力が弱まったご高齢者にとって歯周病が文字通り命取りとなるケースが頻発しているからです。

歯周病菌は強力な毒素を持ち、バイ菌を常に増殖させ続けます。それを口腔内に常時飼っている状態なので、唾液と一緒に24時間飲み込んでいる状態です。これが身体に悪影響を及ぼしても何ら不思議はなく、抵抗力の落ちたご高齢者であれば尚更です。

 歯科用マイクロスコープ

1.自宅でできる基本のケア

歯周病治療のカギはプラークコントロール、そして基本は患者さんご自身による毎日のブラッシングです。歯科衛生士が貴方に合ったブラッシング方法を、マンツーマンでご指導いたします。

使いやすい歯ブラシを選ぶ
歯ブラシは歯と歯肉の境目に沿って、細かく動かす
歯科医・歯科衛生士の指導を受けて、自分に合った正しい歯みがきの方法をマスター
歯間ブラシやデンタルフロスなどの補助清掃用具を活用

2.歯科医院での治療・ケア

歯肉炎が進んでしまった場合は、できるだけ早く歯科医院を受診してください。

細菌のかたまりであるプラーク(歯垢)は、付着後時間が経って古くなるほどに毒性を強め、歯面上に強固なネバネバ物質(バイオフィルム)を作り出し歯肉に炎症を起こします。歯周病の治療においては、このこびりついたバイオフィルムを徹底的に除去し、再生させないようにすることが大切です。

お口の中の病気である歯周病。しかし近年、歯周病が全身にもたらす影響が危惧されています

みなさまは治療が終わったあと、また虫歯や歯周病になり、歯科医院で治療を受けた経験はありませんか?

もしそういう経験があるなら、それは定期的な検診や予防処置がきちんといかされていないのかもしれません。予防歯科の重要性がお分かりの方でも、ご自分のお口のリスク(虫歯や歯周病のなりやすさ)を知らなければ、予防しようがありませんよね。

 歯科 超音波スケーラー

メンテナンスとは、私たちお口の専門家が、歯科医院で定期的に皆さんのお口のケアを行い、お口のリスクを「検査、管理、予防」することにより、そういった治療終了後の病気の再発を予防していくことなのです。予防処置ですから、お口の環境が悪くなる前に定期的に行っていくことにより、健康なお口の状態を保つことができます。

 

あまり知られていないのですが、実は初期の虫歯は痛みを感じませんし、歯周病も歯が揺れてくるまで気づかないことが多いのです。ですから、痛みが出たり、歯が揺れたりして歯科医院に訪れると、予想以上に治療期間がかかることはよくあります。そのため当院では治療終了後、3ヶ月ごとのメンテナンスをおすすめし、リスクの少ない方は間隔も少しずつ長くしながら、皆様のご負担が少なくなるように進めていきます。

 

歯周病は全身疾患とも関わってきます。

お口の中の病気である歯周病。しかし近年、歯周病が全身にもたらす影響が危惧されています。たとえば、歯周病菌が血管内に入り込むことで、梗塞をつくり、血液の流れが悪くなることで心筋梗塞や動脈硬化などの疾患を引き起こします。当院では、多くの患者さんに、歯周病がさまざま合併症の原因となることを知っていただき、治療の重要性をお話しています。

 

軽度歯周病の場合

軽度の場合、毎日しっかりと正しい歯磨きをすることや、歯科医院で歯石除去をするだけで改善が見込めます。

 

中度歯周病の場合

歯周病の症状が進んでしまっている場合には、歯周ポケットの奥に溜まっている汚れをキレイにする外科的な処置や、再生療法で治療を行っていきます。

 パルスオキシメーター

重度歯周病の場合

重度の歯周病の場合、ほとんどが抜歯になってしまいます。その後はインプラントや入れ歯、ブリッジで欠損を補う治療をします。

みなさまは治療が終わったあと、また虫歯や歯周病になり、歯科医院で治療を受けた経験はありませんか?

もしそういう経験があるなら、それは定期的な検診や予防処置がきちんといかされていないのかもしれません。予防歯科の重要性がお分かりの方でも、ご自分のお口のリスク(虫歯や歯周病のなりやすさ)を知らなければ、予防しようがありませんよね。

 生体情報モニタ

メンテナンスとは、私たちお口の専門家が、歯科医院で定期的に皆さんのお口のケアを行い、お口のリスクを「検査、管理、予防」することにより、そういった治療終了後の病気の再発を予防していくことなのです。予防処置ですから、お口の環境が悪くなる前に定期的に行っていくことにより、健康なお口の状態を保つことができます。

 

あまり知られていないのですが、実は初期の虫歯は痛みを感じませんし、歯周病も歯が揺れてくるまで気づかないことが多いのです。ですから、痛みが出たり、歯が揺れたりして歯科医院に訪れると、予想以上に治療期間がかかることはよくあります。そのため当院では治療終了後、3ヶ月ごとのメンテナンスをおすすめし、リスクの少ない方は間隔も少しずつ長くしながら、皆様のご負担が少なくなるように進めていきます。

 

歯周病は全身疾患とも関わってきます。

お口の中の病気である歯周病。しかし近年、歯周病が全身にもたらす影響が危惧されています。たとえば、歯周病菌が血管内に入り込むことで、梗塞をつくり、血液の流れが悪くなることで心筋梗塞や動脈硬化などの疾患を引き起こします。当院では、多くの患者さんに、歯周病がさまざま合併症の原因となることを知っていただき、治療の重要性をお話しています。

 

軽度歯周病の場合

軽度の場合、毎日しっかりと正しい歯磨きをすることや、歯科医院で歯石除去をするだけで改善が見込めます。

 歯科 マイクロスコープ

中度歯周病の場合

歯周病の症状が進んでしまっている場合には、歯周ポケットの奥に溜まっている汚れをキレイにする外科的な処置や、再生療法で治療を行っていきます。

 

重度歯周病の場合

重度の歯周病の場合、ほとんどが抜歯になってしまいます。その後はインプラントや入れ歯、ブリッジで欠損を補う治療をします。

 

歯を磨くときに歯ぐきから出血がある。

歯周病とは、歯磨きが不十分だったりすることで、歯と歯ぐきの間に細菌の塊である歯垢(プラーク)がたまり、周囲に炎症を引き起こす病気です。進行すると歯を支える骨を溶かし、歯が抜けてしまうこともあります。

 歯科重合用光照射器

むし歯とは違って痛みなどの自覚症状がなく、気が付いたときには歯が抜ける寸前だった、ということもあります。歯周病は歯ぐきが腫れる歯肉炎から始まり、軽度・中度・重度と段階的に進行していきます。軽度であれば日ごろの歯磨きや歯科医院での定期的なクリーニングで進行を防げますが、重度になると専門的な治療が必要です。

 

歯周病セルフチェック

「世界で最もかかる人が多い感染症」とギネスブックに認定され、日本人の約8割が罹患していると言われている歯周病。下記項目に一つでも当てはまる方は、歯周病またはその予備軍です。

 

歯を磨くときに歯ぐきから出血がある。

「息が臭い」と言われたことがある。

歯ぐきから膿みが出ることがある。

 朝起きたときに、口が粘ついたり変な味がしたりする。

歯ぐきが赤く腫れたり、痛んだりすることがある。

 歯がグラグラと動く。

歯ぐきがむずがゆい。

 歯と歯の間に、食べ物がよく挟まる。

鏡で見ると、以前よりも歯が長くなったような気がする。

 

歯周ポケットの測定

歯周病の治療はまず、歯と歯ぐきの間の「歯周ポケット」を測定することから始まります。一般的に歯周ポケットの深さが12mmであれば正常で、35mmであれば中程度の歯周病、6mm以上だと重度の段階に進行していると考えられます。
特にポケットの深いところや検査時に出血した箇所は歯周病の可能性が高いです。この部分から治療を始めます。

 スリーウェイシリンジ

歯肉炎や軽度、中度の歯周病の治療

歯にこびりついている歯垢や歯石は、スケーラーという器具を使って削り取ります。
また、歯の根の表面がざらついていたり、歯石がこびりついたりしている場合は、歯垢や歯石から出る毒素で汚染されている可能性が高いため、「ルートプレーニング」という方法で汚れを取り除きます。歯石を除去するとその部分の炎症が治まり、軽度であれば治癒します。

虫歯予防・歯周病予防は歯科医院に任せっきりではございません

「歯が痛くないのに歯医者に行くなんて……」とお考えの方も多いかもしれませんが、治療を何度も繰り返している歯と、治療を受けていない健康な歯とでは寿命が違ってきます。最先端の治療を受けて治ったとしても、一度治療を受けた歯はダメージを受けているため、本物の歯よりも長持ちしないのです。だからこそ、「歯が痛む前に予防処置を受けること」はとても大切なことであり、実際に最近では、予防を目的として歯科医院に通うスタイルが一般的になりつつあります。

 ポータブルレントゲン

歯科の予防と生涯医療費

定期的に歯科の予防・メンテナンスを受けている人は、すべての病気に掛かる総医療費を抑制できる傾向にあります。前述のように歯が悪いと様々な全身の健康状態に影響を及ぼします。そのため、お口の健康を保つことは全身疾患の発症を予防し、結果として全体の医療費が下がり、歯科の費用を含めた生涯医療費が平均よりも低くなるのです。できるだけ若い時から継続的予防管理を行うことが望ましいですが、遅すぎるということはありません。「なんでもおいしく食べられる」という、とても身近な幸福は、健康な口腔があってこそ実現できることです。

まゆみ歯科では、皆様のQuality Of Life(生活の質) の向上・健やかで明るい生活の一助になりたいと考え、生涯にわたる健康の維持・増進を目指しています。そのような考えから、まゆみ歯科では充実した予防処置を受けていただくために、予防メニューをご案内しております。将来的に起こりうることを予測し、歯を守るための施術を行いますので、ぜひご検討ください。

エアーモーター

虫歯予防・歯周病予防は歯科医院に任せっきりではございません。

食後の歯ブラシをまったくしない、常にお口の中に食べ物が入っているような、食べかすがたくさん残った状態では、いくら上記のような専門的器具や予防に優れた特殊薬剤を使用した予防メニューを行なっても、何の予防効果も得られません。また、予防方法は全ての方が同じ方法ではございません。

個々に合った予防法がございますので、他の方と同じ予防法を行なっても、同じ効果が得られるとは限りません。処置歯数が何歯あるのか、初めて虫歯になったのか、あるいは再発の虫歯なのか、虫歯は大きいのか小さいのか、歯周病は軽度なのか重度なのか等々で、それぞれ持ち合わせている細菌の種類も数も違います。さらに、年齢や、基礎疾患の有無等によっても、予防法は異なります。

個々に合った予防法を見つけ出すために、そのようなことを診療しながら注意深く観察し、皆様に過去の治療歴を細かくお伺いし、過去に受けた治療痕から様々なお口の中の情報を読み取り、治療の反応性を見ながら継続的に管理しております。したがいまして、予防の重要性をご理解いただくために、まゆみ歯科では、歯科疾患の治療が終了した時点が治療終了ではなく、予防処置のご説明をお受けいただいた時点を治療終了と考えております。そのためにも、どうぞ、治療終了の予防処置のご説明に至るまで、ご通院ください。

定期的なケアで、80歳になった時の歯の本数が変わる

しかし、健康な状態を保つためのケアを怠っては、虫歯や歯周病が再発するリスクが高まります。当院は予防のための正しい情報を提供するとともに、お1人お1人のお口の中の状態に合わせた予防プログラムを立てて予防処置を行ないます。

 

健康な状態を保つためのお手伝いをさせていただきます。普段の歯磨き(ホームケア)に加えて定期健診・PMTC(クリーニング)を併せて継続していくことが、最も効果的です。予防処置としてシーラント、フッ素コーティングなどもおこなっております。

 口腔内カメラ

ホームケア

毎日の歯みがきが大切です。 しかし、歯みがきには患者様それぞれの磨き方があり、丁寧に磨いていても磨き残しがあることが 多々あります。
そこで、ブラッシング指導(TBI)を受けていただき、ご自宅でしっかりとお口の中のお手入れができるようにお手伝いしています。

 

定期検診

治療によって得られた口腔の健康を持続させ、再発を防止することを目的としています。
虫歯や歯周病を発症する前の潜伏期または、ごく初期の進行状態のうちに発見し、予防処置を行います。これにより、ご自身の歯を残せる可能性が高くなります。

定期検診で行う内容

1 歯周状態の検査プラーク(歯垢)の付着率、歯肉の出血・腫れなどの状態をチェックします。2 口腔内の清掃日常のメインテナンスで除去し切れていない部分の汚れを清掃します。3 メインテナンス指導食生活のことやブラッシングの方法をご指導いたします。

 電気歯髄診断器

定期的なケアで、80歳になった時の歯の本数が変わる

欧米諸国は日本人の280歳になったときに、皆さんの歯は何本残っているでしょうか?

日本人の平均的な本数は、約67本です。これに対して予防先進国といわれるスウェーデンでは、日本人の約3.54倍の25本、その他の欧米諸国でも約2倍の歯が残っているといわれています。

なぜ予防先進国では残存歯が多いのか?
アメリカやヨーロッパは国民の予防意識が高く、13か月に1度、定期的に歯医者さんに通ってお口の中の環境を整えているからです。欧米諸国の平均残存歯数が向上したのは、歯のクリーニングに力を入れているからといえます。

歯周状態の検査プラーク(歯垢)の付着率、歯肉の出血・腫れなどの状態をチェックします

虫歯、歯周病治療が終わると、お口の中は健康な状態に戻ります。

しかし、健康な状態を保つためのケアを怠っては、虫歯や歯周病が再発するリスクが高まります。当院は予防のための正しい情報を提供するとともに、お1人お1人のお口の中の状態に合わせた予防プログラムを立てて予防処置を行ないます。

 歯科用マイクロスコープ

健康な状態を保つためのお手伝いをさせていただきます。普段の歯磨き(ホームケア)に加えて定期健診・PMTC(クリーニング)を併せて継続していくことが、最も効果的です。予防処置としてシーラント、フッ素コーティングなどもおこなっております。

 

ホームケア

毎日の歯みがきが大切です。 しかし、歯みがきには患者様それぞれの磨き方があり、丁寧に磨いていても磨き残しがあることが 多々あります。
そこで、ブラッシング指導(TBI)を受けていただき、ご自宅でしっかりとお口の中のお手入れができるようにお手伝いしています。

 

定期検診

治療によって得られた口腔の健康を持続させ、再発を防止することを目的としています。
虫歯や歯周病を発症する前の潜伏期または、ごく初期の進行状態のうちに発見し、予防処置を行います。これにより、ご自身の歯を残せる可能性が高くなります。

定期検診で行う内容

1 歯周状態の検査プラーク(歯垢)の付着率、歯肉の出血・腫れなどの状態をチェックします。2 口腔内の清掃日常のメインテナンスで除去し切れていない部分の汚れを清掃します。3 メインテナンス指導食生活のことやブラッシングの方法をご指導いたします。

 エアーモーター

定期的なケアで、80歳になった時の歯の本数が変わる

欧米諸国は日本人の280歳になったときに、皆さんの歯は何本残っているでしょうか?

日本人の平均的な本数は、約67本です。これに対して予防先進国といわれるスウェーデンでは、日本人の約3.54倍の25本、その他の欧米諸国でも約2倍の歯が残っているといわれています。

なぜ予防先進国では残存歯が多いのか?
アメリカやヨーロッパは国民の予防意識が高く、13か月に1度、定期的に歯医者さんに通ってお口の中の環境を整えているからです。欧米諸国の平均残存歯数が向上したのは、歯のクリーニングに力を入れているからといえます。

歯周病は、口腔内のプラーク(歯垢)や歯石に生息する歯周病菌が原因で起こる病気です

現在、日本人の成人のうち約8割が歯周病、もしくはその予備軍だと言われています。

歯周病は歯を失う原因にもなるお口の病気。できるだけ長く自分の歯で食事を楽しむためには、歯周病の早期治療・予防に努めることがとても大切です。

 歯科用マイクロモーター

歯周病の原因

歯周病は、口腔内のプラーク(歯垢)や歯石に生息する歯周病菌が原因で起こる病気です。歯周病菌の出す毒素が歯茎の炎症を引き起こし、さらに症状が進むと歯周組織(顎の骨など)を溶かしてしまいます。そのため、治療・予防では口腔内のプラーク・歯石を取り除くことが大切。日々のケアが不十分で歯周病菌が増殖しやすい環境になると、歯周病リスクが高まります。また、以下のような生活習慣も歯周病の原因となることがあります。歯周病ケアでは、歯周病になりやすい生活習慣の見直しも重要なポイントです。

 

歯周病が影響を与えるのは、お口の中だけではありません

歯周病は口腔内だけではなく、全身にもさまざまな影響を与えることがわかっています。歯周病菌が血液を介して全身へめぐると心臓疾患・肺炎・糖尿病を引き起こす可能性があり、妊娠中の女性は、お腹の赤ちゃんへ悪影響を与える可能性も指摘されています。

 家庭用超音波スケーラー

歯のクリーニング

歯科衛生士がクリーニング専用の機械を用いて虫歯や歯周病の原因であるプラーク(歯垢)や歯石(プラークが石灰化したもの)を除去したり、プラークが付きにくくするために歯の表面を滑らかに整えます。自分で磨けていない所のプラークが除去されるのはもちろん、歯ブラシでは落とせない汚れなどもキレイになるので、予防歯科の観点とは別に見た目の改善としてもおすすめです。日本では予防歯科という考え方の認知度がまだ低く保険適用が認められていませんが、お金で買うことのできないご自身の歯を守る為にも、ぜひ受けていただきたい治療の一つです。

 

ブラッシング指導

毎日しっかり歯を磨いているはずが、むし歯になってしまったり、歯科医院で歯石の付着を指摘された経験はありませんか?自分では十分にできているつもりでも歯並びは一人一人異なっていますし、歯ブラシによるブラッシングだけでは限界のある方も少なくありません。ブラッシング指導では、歯並びに応じたブラッシング方法や歯間ブラシ・デンタルフロスなどのケア用品の選定、その使い方などを、歯の専門家である歯科衛生士や歯科医師が指導します。いくらプロフェッショナルケアを定期的に受けていても、ご自身での日々ケアが十分でないと、リスクを軽減することはできません。歯の専門家からしっかり指導を受け、自分に合ったケア方法で丁寧に毎日のお手入れをしていきましょう。

歯ぐきに軽度の炎症が起こっている状態です。

「サイレント・ディジーズ(沈黙の病気)」とも呼ばれる歯周病は、知らず知らずのうちに進行してしまう怖い病気です。

気がついた時には重症化していることも少なくなく、最終的には顎の骨が溶かされて支えを失った歯が抜け落ちてしまうこともあります。歯周病は、日本では成人の約8割が罹患している(もしくはその予備軍である)と言われている非常に身近な病気です。

 ハンドピース 歯科

歯肉炎

歯ぐきに軽度の炎症が起こっている状態です。歯ぐきが赤く腫れたり、ブラッシングすると出血したりします。

 

初期歯周炎

歯ぐきの炎症が進行し、浅い歯周ポケット(歯と歯ぐきの間の隙間)ができます。歯を支える顎の骨(歯槽骨)が少しずつ溶かされはじめます。

 

中期歯周炎

歯ぐきの炎症がひどくなり、顎の骨の破壊が進むと、歯がグラついたり、硬い物が咬みにくくなったりします。歯ぐきの色が黒っぽくなったり、口臭がきつくなったりするのも特徴です。

 

後期歯周炎

顎の骨の大部分が溶かされてしまうと、歯ぐきが後退して歯根が露出してきます。歯のグラつきはさらにひどくなり、重症化すると最終的には抜け落ちてしまいます。

 オートクレープ

歯周病を改善するには

歯周病の治療法は、進行具合によって異なります。当院では、患者様の口腔内の状態に応じて最適な治療法をご提案しています。歯周病を改善するには歯科医院での治療が不可欠ですが、歯周病治療でもっとも大切なのは毎日のブラッシングです。歯周病の原因となるプラークをできるだけ残さないよう、しっかりブラッシングしましょう。

 

1.歯ぐきの状態を検査する。

2.専用器具を用いてプラークや歯石を除去する。

3.重度の場合は歯周外科処置を行う。

4.歯を残すのが不可能な場合は抜歯をし、インプラントや入れ歯などで補う。

歯石は放置しておくと中で細菌が繁殖し、歯茎が腫れたり、歯周病の原因になったりします

歯周病は初期段階ではあまり自覚症状がなく、徐々に歯石が付いて歯茎が腫れたり、歯茎から出血するなどの炎症を起こし、痛み出したときには既に骨が溶け出していたりします。特に、前歯や上の奥歯の裏側などの唾液が出てくる箇所の周辺にみがき残しがあると、歯周病になりやすいので注意が必要です。

 歯医者 器具

また、歯周病などで歯がグラついても、すぐに「歯を抜かないといけない」というわけではありません。歯周ポケットの中の汚れを取って薬剤を塗布して様子を見る、という場合もあります。掃除してキレイにすると歯茎が引き締まり、出血もおさまることがあります。毎日の歯みがきで気を付けていても、みがき残しはどうしても出てくるものです。

 

歯石除去

歯石は放置しておくと中で細菌が繁殖し、歯茎が腫れたり、歯周病の原因になったりします。今は特に問題がないと感じていても、将来起こり得る歯のトラブルを防ぐために定期的な歯のクリーニングをおすすめいたします。

 

これまで歯科医院へは「歯が痛くなってから行く」という方は多かったのではないでしょうか?確かに歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。近年は虫歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。ずっと健康な歯を保つためにも、虫歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。

 ユニファスト

PMTC

PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング」の略称で、毎日の歯みがきでは落ちない歯の汚れや歯ブラシの届きにくい場所を、プロが専用機器を用いてきれいにクリーニングすることです。

歯の表面には、プラークの元となるバイオフィルムという菌が膜のように定着してしまうことがあります。PMTCでこのバイオフィルムを破壊し、菌を除去し、再付着の防止と免疫力の向上をはかります。

<<prev | 最新 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 最初 | next>>