猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:98724
Today:55
Yesterday:153
<<prev | 最新 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 最初 | next>>
歯を支える周りの組織に起こる病気

歯を支える色々な組織には、歯肉(歯ぐき)、歯根膜、セメント質、歯槽骨があります。
歯周病はこれらの組織が細菌に感染して破壊される病気で、以前は、歯槽膿漏と呼ばれていました。

 マイクロモーター 歯科

歯と歯肉の間の歯周ポケットに細菌が入り、歯肉が炎症を起こし赤く腫れます。
ブラッシング時に出血したりしますが、痛みは全くありません。さらに進行すると、歯を支えている歯槽骨が溶けて、歯がグラグラしてきたり、歯肉が腫れて膿が出たりします。
この頃になってやっと、痛みを伴います。そして、最後には、歯が抜けてしまいます。

 

次の項目をチェックしてみましょう。

① 歯ぐきが赤くブヨブヨしている。

② 歯を磨くと血が出ることがある。

③ 歯をこそぐと白い物(プラーク)がつく。

④ 人から口が臭いと言われたことがある。

⑤ 硬いものが食べにくくなってきた。

⑥ 歯がぐらつく。

⑦ 歯が長くなった気がする。

⑧ 歯を磨かない日がある。

⑨ ここ数年歯医者さんへ行っていない。

⑩ 糖尿病にかかっている。

これらの項目のうち3つ以上、当てはまるようでしたら歯周病の疑いがあります。
お近くの歯医者さんでチェックしてもらいましょう。

 超音波スケーラー

治療法

歯みがき指導

歯周病治療・予防の基本は、プラークコントロール。歯みがきはプラークコントロールの基本です。正しい歯みがき方法を身につけましょう。

 

スケーリング

歯みがきでは落とせない石灰化したプラーク=歯石を、スケーラーという器具を使って取り除きます。

 

ルートプレーニング

歯周ポケット内部に付着した歯石やプラークを、専用器具でしっかり取り除き、表面を滑らかにし再付着を防ぎます。

歯周病は症状の進行に気づきにくく、重度になると歯を失う恐れもある病気です

歯周病は歯の周りの骨がとける病気です。歯と歯肉の境目に歯周病菌(プラーク)がついたままになっていると、歯肉に炎症が起こります。これをそのまま放っておくと、歯の周りの骨を溶かしていきます。最終的には歯がグラグラになって抜けてしまいます。歯周病は、自覚症状がほぼ出ない病気です。自覚症状が出たときには歯周病がかなり進行してしまっているということも少なくありません。一度溶けた骨は二度と元には戻りません。早期発見・早期治療を心がけましょう!

 家庭用超音波スケーラー

以下のような症状が出たら要注意です。早急に歯科医院に相談してください。

 

歯と歯の隙間が広くなってきた気がする

歯に食べ物が詰まりやすくなってきた気がする

硬いものを食べると歯茎から出血することがある

歯を磨くと歯茎から出血する ことがある

口臭がひどくなってきた気がする

歯茎が赤紫色に腫れている

歯を指や舌で押すとぐらぐらしている

口の中がねばねばする

歯茎から膿がでている

 

歯周病は予防できます

歯周病は症状の進行に気づきにくく、重度になると歯を失う恐れもある病気ですが、口腔内環境を清潔に保ち、正しい生活習慣を身につけることで予防できます。歯周病によって歯や顎の骨が受けたダメージを治療で完全に回復させることは難しいので、何よりもまず「予防」に力を入れることでダメージを受けない状態を維持することが大切です。

 エアースケーラー

歯周病とむし歯に共通する特徴は、初期段階の自覚症状がほとんどないこと。そんな歯周病やむし歯から大切な歯を守るには、治療すること以上に予防に努めることが重要です。八尾市の歯医者「はっとり歯科」では、予防歯科に力を入れています。定期健診を受けていただくことで歯の病気にかかるリスクを軽減でき、もし病気が見つかっても治療を最小限に抑えることができるので、特に「痛い治療」が苦手な方は積極的にご活用ください。

 

歯医者は「歯が痛くなったら行くところ」というだけでなく、「お口のトラブルを予防するために通うところ」でもあります。むし歯や歯周病の自覚症状がある場合は、思った以上に進行していることが多く、治療で歯を大きく削ることになったり、治るまでに時間・日数がかかったりと、患者さんの負担が大きくなりがちです。また、治療をすると、多かれ少なかれ歯はダメージを負ってしまいます。治療費負担の増加も避けられません。

予防歯科は、お口の中の健康状態を維持するために非常に大切です

以前は、歯医者へは『虫歯になったから』『歯が痛いから』行くというのが一般的でした。実際、痛んできてからでは、症状は進行しており、歯の神経を取ったり、さらにひどければ、抜かざるをえない場合もあります。

そういった事にならないために、虫歯や歯周病の自覚症状がなくても定期的にチェックすることで、健康な歯を長期間維持する事が可能です。毎日のブラッシングでは除去できない、歯の周りの汚れや歯周ポケットなどを歯科医院で綺麗にクリーニングすることで、虫歯や歯周病の発生率を大きく下げることができます。また、適切なブラッシング方法を習得していただくことで、より的確な虫歯や歯周病の予防が可能になります。

 歯科用ユニット

歯周病はプラークの中にいる歯周病菌がもとで発症する可能性があります。自覚症状のないまま歯ぐきが炎症を起こしてしまうものであり、やがて顎の骨が溶けはじめ、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうリスクもある怖い病気です。日本人の30代の9割が感染していると言われています。

 

PMTCとはProfessional Mechanical Tooth Cleaningの略です。

つまり、歯科医師・歯科衛生士が専用の器具を使用して歯を清掃するということです。口の中の細菌の塊であるプラークが成熟するとバイオフィルムが形成されます。バイオフィルムは歯周ポケットに付着するだけでなく、舌の表面や入れ歯にも付着します。このバイオフィルムが歯周病や虫歯を悪化させます。

対策として丁寧なブラッシングで歯ブラシの届く範囲は除去出来ます。しかし、歯周ポケットのバイオフィルムは歯磨きでは除去出来ないので、専門家による器具を用いたクリーニングが必要となります。

 

洗浄

歯石除去後、人によっては歯周ポケット内のバイオフィルムを、歯科医院専用の器具を使って除去(破壊)する必要があります。

 歯科 マイクロスコープ

清掃

歯科医院専用の器具を使って歯面、歯間部、歯と歯肉の間、咬合面などをきれいにします。

 

PMTCの効果

虫歯の予防

歯周病・歯肉炎の改善

歯質の強化

自然な美しさの回復(歯についた色素やヤニも取り除ける)

歯科医院では、スケーリング・ルートプレーニングを行います

歯周病は別名(沈黙の病)Silent Disease と言われています。歯周病にかかっていても虫歯と違って痛みを感じる事が少なく、病気になっている事を自覚しないまま放置して、気がついた時には取り返しがつかない状態になっている事が多いからです。

 歯科レントゲン

歯周病はかつて(歯槽膿漏)と呼ばれていたため、中高年からの病気というイメージがありますが、25歳以上の成人の約8割が歯周病に罹患していると言うデータもあり、最近では10代、20代といった若い人にも歯周病が広がっている事が報告されています。

歯の周りには、歯を支えるために必要な組織(歯肉 歯根膜 セメント質 歯槽骨)があります。 

歯周病は、歯の根元などにこびり付くプラーク(歯垢)や歯石が「歯周病菌」の温床となり、毒素を出すことで、歯肉に炎症を起こし、徐々に顎の骨を溶かしていく病気です。

進行段階により、歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする「歯肉炎」と、歯を支えている顎の骨が溶かされる「歯周炎」に分類されます。炎症が慢性化すると歯槽骨が破壊されることで歯は支えを失い、最終的には抜け落ちてしまいます。

 

歯周病は「沈黙の病気」とも呼ばれ、痛みを伴わずにゆっくりと進行し、ときには一時的に歯茎の腫れや痛みを感じるものの、放っておくとまたその症状が治まるという経過を繰り返しながら、歯を支える組織が破壊され、ついには歯を失ってしまう病気です。

そこで、この原因である歯垢・歯石を完全に取り除いて清潔にすることが歯周病の予防であり、治療の第一条件なのです。

歯周病は治りますか?

 マイクロモーター

歯周病を治す為には、炎症の原因である細菌の減らすことに尽きます。細菌の棲みかであるプラークは、ブラッシングでも除去できますが、かなり上手な方でも除去率は70%程と言われています。

 

すでに、歯肉炎や歯周炎の症状がある場合、歯ブラシでは、なかなか届かない歯周ポケットの奥深くに、プラークや歯石が隠れているはずです。歯石とは、プラークが唾液中のカルシウムを取り込んで固まった軟石状のものです。しつこく歯にこびり付く為にセルフケアでは取れません。そこで、歯茎に隠れたプラークと歯石を徹底的に取り去るために、歯科医院では、スケーリング・ルートプレーニングを行います。

 

歯肉縁下のスケーリング・ルートプレーニングで、プラークと歯石を徹底的に取り除けば、私は8割近い歯周病が手術なしに治癒すると考えています。とはいえ、その限界もあります。いずれにせよ、重度に進行してしまう前に、歯科医院の定期健診とスケーリング・ルートプレーニングで貴方の歯を守っていきましょう。

歯周病を治す為には、炎症の原因である細菌の減らすことに尽きます

歯周病は別名(沈黙の病)Silent Disease と言われています。歯周病にかかっていても虫歯と違って痛みを感じる事が少なく、病気になっている事を自覚しないまま放置して、気がついた時には取り返しがつかない状態になっている事が多いからです。

 ダイヤモンドバー

歯周病はかつて(歯槽膿漏)と呼ばれていたため、中高年からの病気というイメージがありますが、25歳以上の成人の約8割が歯周病に罹患していると言うデータもあり、最近では10代、20代といった若い人にも歯周病が広がっている事が報告されています。

歯の周りには、歯を支えるために必要な組織(歯肉 歯根膜 セメント質 歯槽骨)があります。 

歯周病は、歯の根元などにこびり付くプラーク(歯垢)や歯石が「歯周病菌」の温床となり、毒素を出すことで、歯肉に炎症を起こし、徐々に顎の骨を溶かしていく病気です。

進行段階により、歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする「歯肉炎」と、歯を支えている顎の骨が溶かされる「歯周炎」に分類されます。炎症が慢性化すると歯槽骨が破壊されることで歯は支えを失い、最終的には抜け落ちてしまいます。

 

歯周病は「沈黙の病気」とも呼ばれ、痛みを伴わずにゆっくりと進行し、ときには一時的に歯茎の腫れや痛みを感じるものの、放っておくとまたその症状が治まるという経過を繰り返しながら、歯を支える組織が破壊され、ついには歯を失ってしまう病気です。

そこで、この原因である歯垢・歯石を完全に取り除いて清潔にすることが歯周病の予防であり、治療の第一条件なのです。

歯周病は治りますか?

 遠心鋳造機

歯周病を治す為には、炎症の原因である細菌の減らすことに尽きます。細菌の棲みかであるプラークは、ブラッシングでも除去できますが、かなり上手な方でも除去率は70%程と言われています。

 

すでに、歯肉炎や歯周炎の症状がある場合、歯ブラシでは、なかなか届かない歯周ポケットの奥深くに、プラークや歯石が隠れているはずです。歯石とは、プラークが唾液中のカルシウムを取り込んで固まった軟石状のものです。しつこく歯にこびり付く為にセルフケアでは取れません。そこで、歯茎に隠れたプラークと歯石を徹底的に取り去るために、歯科医院では、スケーリング・ルートプレーニングを行います。

 

歯肉縁下のスケーリング・ルートプレーニングで、プラークと歯石を徹底的に取り除けば、私は8割近い歯周病が手術なしに治癒すると考えています。とはいえ、その限界もあります。いずれにせよ、重度に進行してしまう前に、歯科医院の定期健診とスケーリング・ルートプレーニングで貴方の歯を守っていきましょう。

 

歯周病やむし歯の原因は歯垢です

歯を支える骨や歯茎が病気になっていくことを歯周病といいます。具体的には歯茎が炎症を起こして腫れてしまったり、出血することを歯肉炎、それがさらに悪化し、歯を支える骨が溶けた状態になると歯周炎といいます。支える歯が溶けてしまうと歯はぐらぐらしだして、根の先まで溶け切ってしまうと歯は自然に抜けてしまいます。歯周病は初期段階では自覚症状が少ないため、気づくと手遅れだと言う場合が多々あります。

 オートクレープ

歯周病の症状と歯の周りで起きていること

歯石が付いている

歯石の付着それ自体は歯周病の直接的原因ではありませんが、歯石の表面にはプラーク(歯垢)が強固に付着しやすくなります。このプラークこそが歯周病の原因となりますので、歯石は歯周病に大きな関わりを持っています。歯肉の上に見える白い歯石(縁上歯石)ばかりでなく、歯ぐきの中の歯の根の表面に付く黒っぽい歯石(縁下歯石)もあります。

 

歯みがきの時に歯肉から出血がある

歯周病の典型的な症状として、ブラッシングをしたときに痛みを感じる事は無いが出血する(歯ブラシに血が付いている。ゆすいだときに血が混じっている)ことが上げられます。
歯肉には多くの毛細血管が網目状に通っていますが、歯周病菌の感染により炎症を起こした歯肉にブラッシングなどで強い刺激が加わると出血してしまいます。

 

 電気歯髄診断器

歯周病の主な原因としましては、歯周病を引き起こす細菌で、これらが歯茎や骨に感染を起こしていくことにより発症する感染症です。また歯周病菌は常にお口の中に存在する細菌で、常に歯周病を引き起こそうとしています。しかし人間は免疫力を持っているため、その免疫力で歯周病が引き起こされるのを抑えているのですが、その免疫力が歯周病に負けてしまった時に歯周病は進行してしまうのです。また、免疫力が弱まり発症するのではなく、歯周病菌が増殖し、免疫力よりも勢力が拡大し、発症してしまうのがほとんどです。

 

歯周病やむし歯の原因は歯垢です。この歯垢は正しく丁寧なブラッシングを行うことで歯周病を予防することが出来るだけではなく、程度の軽い歯周病であれば治してしまうことも可能です。しかし、たまってしまった歯垢を放っておくとやがて歯石になってしまい、これを歯ブラシで取り除くことができません。そうなってしまわないように、正しいブラッシング方法を身につけると共に、6ヶ月~1年に1度の定期検診をおすすめしております。定期的に、歯科医院によるクリーニングを行うことにより、見た目の美しさを保つだけではなく、歯周病や虫歯予防の一番の近道になります。

歯周病とは、歯垢(プラーク)の中に存在する歯周病菌に歯周組織が感染するために起きるお口の病気です

症状としては、歯肉(歯ぐき)が腫れたり出血したりして、最終的には歯が抜けてしまうというものです。日本人が歯を失う原因で、最も多いのがこの病気です。歯周病は、初期段階では自覚症状がほとんどないために気づかない方が多く、実際には成人の5人中4人がこの病気にかかっていると言われています。

 ニッケルチタンファイル

歯肉炎

歯と歯肉の間に入り込んだ歯周病が活動して炎症を起こします。歯肉が腫れてしまい歯周ポケットができます。

歯周炎

細菌が歯と歯肉の間にある組織を破壊してそこに隙間が発生します。この隙間は、歯周ポケットと呼ばれこの段階まで進んだ状態を歯周炎と言います。

重度歯周炎

歯槽骨の吸収が起こってきます。支える基盤を失った歯はぐらぐらになり、歯周ポケットから膿が出てきます。ここまで進むと元に戻す事が難しくなります。

 

こんな症状がでていたら要注意!

歯と歯の隙間が広くなってきた気がする

歯に食べ物が詰まりやすくなってきた気がする

硬いものを食べると歯茎から出血することがある

歯を磨くと歯茎から出血する ことがある

口臭がひどくなってきた気がする

歯茎が赤紫色に腫れている

歯を指や舌で押すとぐらぐらしている

口の中がねばねばする

歯茎から膿がでている

 マイクロスコープ 歯科

歯周病になりやすい習慣

歯周病は、日常の生活習慣と大きな関わりがあります。
以下のような習慣がある方は、歯周病にかかりやすいので要注意です。

たばこを吸う

疲れやストレスとため過ぎる

食事のときあまり咬まないで食べている

間食が多い

 

スケーリング

毎日のブラッシングで取り残してしまうプラークや、ブラッシングでは取り除くことができない歯石を除去し、再び付着しづらくするように処置する治療法です。歯周病になると歯周ポケットが深くなり、そこにたまったプラークが病気を進行させていきます。スケーリングをすることによって歯ぐきの炎症が治まり、歯周ポケットも浅くなるので、症状の改善が期待できます。

歯周病は、初期のうちなら完治することができます

「歯茎から血が出る病気」と思っている人が多いのではないでしょうか。実は、歯を支えている骨を溶かしてしまい、症状が進行すると歯が抜けてしまうとても恐ろしい病気です。歯を失う一番の原因を「虫歯」だと思っている人が多いですが、実際には歯周病が一番の原因です。さらにお口の中だけではなく、心筋梗塞、高血圧、脳卒中、肺炎、肥満、などあらゆる体の病にも歯周病は関係しています。とても恐ろしい病気ですが、必要以上に怖がる必要もありません。体の病気と違い、お口の中を常に清潔に保っていれば、歯周病は予防することができます。

まずは歯周病のことを知ることから始めましょう。

エアーモーター 

進行した歯周病は、このような病気と関わってきます。

狭心症、心筋梗塞
血液中の歯周病菌が、毒素や炎症反応の影響で、心臓の冠動脈などが血栓によって詰まる原因となることがあります。歯周病が進行していると、心疾患になる確立が約3.6倍も高まります。

 

早産、低体重児出産
妊娠中に歯周病菌が血管内に入り込むと、炎症反応により、子宮筋を収縮させたり、胎児の成長に影響を与えて低体重出産になりやすくなります。歯周病が進行している場合には、そうでない場合の約78倍リスクが高まると言われています。

 

肺炎
要介護の高齢者などは、謝って唾液を気管に入れてしまうことが少なくありません。歯周病菌などが多く唾液中に含まれていると、誤嚥性肺炎を起こすことがあります。これは寝たきりの状態の長期化につながります。

 血中酸素濃度計

がん
最近では、歯周病によりがんのリスクが高まる可能性があるとの研究結果も報告されています。

 

早めの診療

歯周病は、初期のうちなら完治することができます。かなり悪化していても、現在は治療法の進歩で適切な治療とセルフケアをきちんとすれば、抜かなくて済むケースが多くなってきました。少しでも上記で述べたような自覚症状があれば、痛みがなくても積極的に診察を受けて下さい。

 

定期検診

定期検診は、非常に重要です。歯垢を放っておくと、石のように固い歯石になります。
こうなるともう日常のブラッシングだけでは取れません。少なくとも半年に1回、できれば3ヶ月に1回は定期検診に行き、歯石除去と歯の健康チェックをしてもらいましょう。

矯正歯科に比べ短期間の治療になります。

審美治療とは、虫歯治療や白い被せ物にするだけでなく、顔や口元のバランスを考えながら、いろいろな治療法を用いて歯並びを改善したり歯を白くすることで、総合的に審美を回復させる治療です。

矯正歯科は今のままでは将来生活に支障をきたす、あるいはすでに生活に支障をきたしている歯並びを変えることですが、セラミックなどの審美治療は歯を美しくするものです。また、矯正歯科に比べ短期間の治療になります。

 歯科用ユニット

セラミック治療

虫歯治療など、歯を削った時等に詰め物や被せ物をしますが、保険がきくのはレジン(プラスチック)や金属といった素材になります。機能としては問題ありませんが、大きく口を開けたときにどうしてもギラギラと見えてしまいます。

 

そこで、セラミック治療は金属やレジンの代わりにセラミックやハイブリッドとよばれる自然歯に近い色調や透明感をもった素材を使用します。驚くほど自然な仕上がりで、また、セラミックは陶器ですので、強度も高く、金属アレルギーもありませんので、安心して装着することができます。

 

ラミネートベニヤ

ラミネートベニヤは、歯の表面を薄く削り、シェルと呼ばれるセラミックの薄片を特殊な接着剤で貼り付けます。ホワイトニングが効かない場合や、前歯のすき間が気になる方などに適しています。また、クラウンで歯並びを直すことができるように、このラミネートベニヤでもある程度の歯並びをきれいに見せることが出来ます。

 歯科 マイクロスコープ

セラミックの利点

審美性

通常使われるものは3年程度で変色する場合がありますが、セラミックは変色、着色がしにくい傾向があります。

耐久性

セラミックは耐久性が強く壊れにくい特徴があります。

むし歯になりにくい

セラミックにはむし歯の原因になるプラークがつきにくいと言われています。結果的にお口の状態がむし歯になりにくくなります。

【歯周病チェック】こんな症状でお悩みの方は歯周病かもしれません

歯周病は国民病のひとつと呼ばれるもので、「日本人の成人、約8割が歯周病に感染している」というデータもあります。40才以上に限っていえば、100人中80人は歯周病にかかっている計算です。「進行してしまうと、歯が抜けてしまう怖い病気」というイメージもありますが、歯周病には110までの段階があります。

 

初期の歯周病の場合は、外科的な治療を行わなくても、メインテナンスで改善することが可能です。定期的な定期健診や予防歯科などを行うことで、歯周病を早期治療したり、予防することができますので、まだ若いからと思わずに一度ご来院いただければと願っております。

 エアスケーラー

【歯周病チェック】こんな症状でお悩みの方は歯周病かもしれません。
「歯磨きなどで歯ぐきから血が出る」
「口臭がするようになった」
「口の中がネバネバする」
「歯茎(歯肉)が腫れている」

 

口の中にいる細菌が歯周病の主な原因です

口内の汚れや歯垢を放っておくと石灰化してしまい、歯石に変わってしまいます。

 

1】そうすることで、歯と歯肉の間にある歯周ポケットと呼ばれる溝が深くなっていき、より細菌が増えてしまうのです。

 ハンドスケーラー

2】歯周ポケットなどの細菌により、歯肉に炎症が起き、広がっていくことで、歯を支える骨や歯根膜とよばれるものが徐々に溶かされていくのが、歯周病の症状です。そのまま放置してしまいますと、大切な歯が抜けてしまうという結果を招きません。

初期の歯周病は自覚症状があまりないことにご注意ください。

歯ぐきから血が出る
歯がグラつくといった症状が出るころには、かなり進行してしまっていることも多いといえます。早期発見・早期治療を行うためにも定期的な検診をおすすめしています。

 

歯周病にならないために

ご家庭でできること

自分に合った正しいブラッシング方法を見つけましょう。

規則正しい食習慣を身に付け、生活習慣を改善していきましょう。

 

歯科医院でできること

歯周病は痛みや出血など、自覚症状がでてからでは治療に時間と費用がかかります。

定期的な検診を受け、衛生士によるブラッシング指導と歯の掃除をしてもらいましょう。

<<prev | 最新 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 最初 | next>>