猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:126085
Today:125
Yesterday:466
<<prev | 最新 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 最初 | next>>
歯の根の先まで歯石が付着している。支える骨も溶けてしまっている

歯周病とは、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です。むし歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯茎もとても大切です。症例は、歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されたりする病気です。歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。治療に早すぎるという事はありません。あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。
歯周病は歯ぐきだけが腫れた状態となる歯肉炎と、歯と歯ぐきをつないでいる部分が壊されたり、歯を支えている骨が壊される歯周炎に分類されます。

 ポータブルレントゲン

歯周病の軽度の段階

症状 
歯磨きをしていると歯茎から出血することがある。歯磨きをしないと歯がうずいたり、歯茎が少し腫れてる感じがするが、初期段階の歯周病では症状が無いことが多い。

 

お口の中の状態

目に見えない部分(歯茎に隠れてしまう箇所)に歯石が少しついている。骨へのダメージはほとんどなく、歯石を取り歯磨きをしっかり行なえば改善する場合がほとんどである。

 

歯周病の中等度の段階

症状 
歯磨きすると歯茎から出血をし、冷たいものを飲んだり、うがいをすると歯がしみるようになる。歯茎が腫れたり、口臭がしたり指で押すと膿が出る。初期の歯周病を数年放置したり歯医者でメインテナンスを受けないと中期の段階に進むことが多い。

 口腔内カメラ

お口の中の状態

初期の歯周病よりも歯茎の深い場所に、歯石などが付着している。ぐらついている自覚症状はないが、周囲の骨は溶け始めている。

 

歯周病の重度の段階

症状 
噛むだけで歯がグラグラする。歯の周囲を指で押すと白い膿が歯の周囲から出てきて、口臭がひどい。重度だからと言って、必ずしも痛いわけではない。歯磨きの際、毎回のように出血する。

 

お口の中の状態

歯の根の先まで歯石が付着している。支える骨も溶けてしまっている。

歯周病は「歯の土台が破壊される」病気なのです

現代人が歯を失う要因を大別すると、歯周病が5割、虫歯が4割、その他(事故・矯正時の抜歯など)が1割となっています。歯周病は年齢とともに静かに進行し、放っておくと自然に歯が抜ける疾患です。

 オートクレーブ 価格

昔は、歯周病の適切な治療法はなく、年を取ると歯が抜けるのは当然と思われていました。しかし、最近では歯周病の原因と対策が明らかになり、治療法も著しく進歩しています。従って、歯周病が進行しきってしまう前に適切な処置、メンテナンス行うことで一生自分の歯を守ることも出来るのです。

 超音波スケーラー

一昔前は「歯槽膿漏」と呼ばれていました。歯槽とは、歯の根っこが収まっている歯槽骨で囲まれた部分です。その部分から膿が出てくる状態を表しているのですが、「歯槽膿漏」は現在では歯周病の一部のケースと分類されています。虫歯が「歯そのものが破壊される」のに対して、歯周病は「歯の土台が破壊される」病気なのです。

 

「歯周ポケット」とは、歯と歯茎の間にプラークがたまることで歯茎がはれ、隙間が大きくなって形成されます。「歯周ポケット」は「歯周病原菌」が繁殖するのに非常に適しており、放っておくと歯茎の下にある歯槽骨を溶かしまいます。

 

しかし、「歯周病原菌」が増殖していても、痛みなどの自覚症状は少なく、静かにゆるやかに進行していきます。そして、気づいた頃には恐ろしく進行しており、歯を失う危険をもっているのが歯周病の特徴です。更に、歯周病を要因として内臓疾患の悪化など二次病変の危険性ももっています。

歯科材料

 歯科医院での定期的な歯石除去およびクリーニング日頃の歯磨きが重要とはいえ、歯ブラシによる通常の歯磨きでは完全とはいえません。また、歯垢は時間が経つと歯磨きでは落とすことができない歯石に変化してしまうことから、歯科医院での定期的に歯石除去やPMTCと呼ばれるクリーニングが必要です。歯石除去については「歯周病治療」、PMTCについては「PMTC」で詳しく紹介していま すので、ぜひ参考にして下さい。

 

 歯周病の要因となる疾患の治療

口内環境以外の歯周病の要因を取り除くことで歯周病を予防します。歯肉の炎症を引き起こす「糖尿病」のほか、唾液量の分泌の低下による、口内の乾燥が原因となって歯周病を引き起こす「ドライマウス」などの症状が見られる場合は、早期の治療をおすすめします。

歯石と歯垢を除去すれば正常な状態に戻ります。

歯槽膿漏=(イコール)歯周病と捉えられることも多いようですが、厳密には歯周病は、細菌によって引き起こされる歯や歯ぐきの病気である「歯肉炎」と「歯周炎」の総称です。病名としては歯周病が正解です。

 ポータブルレントゲン

日本人の場合、歯肉炎は1020代前半ですでに60%のかたがかかっているといわれ、50才代でおおよそ80%の人がかかっているといわれるほど、多くの方が悩んでいる歯の病気です。だれもがかかっている病気だからといって軽視していると最後には取り返しのつかないことになってしまう怖い病気です。

 

歯周病は予防できます。また、早期発見、早期治療がもっとも大切なキーポイントとなりますから、歯が痛くなくても、半年に一回は診察したほうがいいと言われています。(健康な歯と歯ぐきであれば、定期検診は痛くもなんともない、むしろリラックスできる癒しの場となるはずです。)

 

歯肉炎の場合

歯周病菌によって歯肉に炎症は起こりますが、骨が溶けていないため、歯石と歯垢を除去すれば正常な状態に戻ります。

歯周病になる前の段階です。

 超音波スケーラー

軽度の場合

歯周病菌によって歯肉に炎症が起こり、歯を支える歯槽骨が溶かされ始めている状態です。この状態からは歯ぐきが下がってくるので、冷たいものがしみることがあります。

原因となる歯垢や歯石を除去し、歯のクリーニングをします。

 

中度の場合

歯肉の炎症に加え、軽度の歯周病に比べ、歯を支える歯槽骨が更に溶かされている状態です。歯にぐらつきが出てくる事もあります。歯の表面の歯垢や歯石を取り除きます

 

重度の場合

歯を支える歯槽歯が溶かされ、歯がグラグラしている状態です。この段階になると抜歯をするしか選択肢がなくなります。

歯周病(歯槽膿漏)とは、歯を支えている骨(歯槽骨)が細菌(歯周病菌)の出す毒素によって溶けていく病気です

歯が長くなる、歯が揺れる、冷たいものがしみる、お口がねばねばする、口臭がする、などの症状がみられ、最後には歯が抜けてしまいます。日本人が歯を失う一番の原因が歯周病(歯槽膿漏)で、成人の80%が罹患しているといわれます。歯周病はまさに国民病ともいえる状態で、糖尿病、心臓病、早産などの悪化因子にもなっています。

 ハンドピース 歯科

歯周病はプラーク(歯垢)の中の歯周病菌が原因です。病状の進行を阻止し、治療を進めるためには歯垢をためない・増やさないことが必要不可欠です。

そのためには、以下のことが重要になってきます。

 

正しいブラッシング

日々の歯磨きを正しく実行し、歯垢を取り除いてお口の中を清潔な状態に保つこと。

 ②歯石除去

固まった歯垢(歯石)を取り除き、炎症の原因となる歯周病菌を徹底的に除去する。

 ③歯肉、骨の治療

ダメージを負った歯肉・骨を治療して良好な状態に戻す。

 ④定期メインテナンス

お口の中の健康状態を維持するために、歯のクリーニング等のため定期的なメインテナンスを受けること。

 

歯周病チェック

歯肉が赤く腫れている。

 口臭が気になる。

 朝起きた時に口の中が粘つく

 歯間に隙間ができた。

歯が長くなったように感じる(歯茎が下がった)。

歯肉が痛い、かゆく感じる。

 歯を磨くと出血することがある。

硬いものが噛みにくい。

 オートクレープ

上記が3つ以上当てはまる方は、密かに歯周病が進行している可能性があります。歯科医院で歯周病の検査を受けてみましょう。該当の少なかった方も、油断は禁物です。定期検診に通って予防するように努めましょう。

PMTCでは、専門的な器具を用いて研磨や清掃を行い、むし歯や歯周病を予防することができます

日本人は、病気にならなければ歯科医に行かない人が多いため、歯が痛くても、ギリギリのところまで我慢して、先延ばしする人も少なくありません。しかし、アメリカやスウェーデンなどは治療よりもメンテナンス(検診)が中心になりしっかりとメンテナンスをしているのです。この違いの現れとして80歳での残存歯数が、スウェーデンでは約20本、アメリカでは約15本です。なんと日本は10本にも満たないのです。予防歯科はお口の中の健康だけではありません。最近ではお口の中の健康は全身の健康の向上にまでつながるといわれています。歯が痛くなくても定期的に検診をしてより健康な歯と身体を保てるようにがんばりましょう。

 歯科用プライヤー

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTCは、プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニングの略のことです。
PMTCは、普段お家で行っている歯磨きでは落としきれない汚れ・歯垢や細菌を徹底的に落とすことができるクリーニングです。

普段の生活で、歯磨きをしっかり行っていても、プラーク(歯垢)は除去することができても、バイオフィルムと呼ばれる細菌の塊は除去することができません。バイオフィルムは、付着が強力なため、専門的な清掃が必要なのです。

PMTCでは、専門的な器具を用いて研磨や清掃を行い、むし歯や歯周病を予防することができます。普段歯磨きで清掃している箇所の他にも、歯間や歯肉の間なども徹底的にお掃除することができるのも特徴です。

 

 エアスケーラー

「プロのクリーニング」の重要性

定期的なお口のメンテナンスでは、歯科衛生士による「プロのクリーニング」 を行います。 日ごろの磨き残しを取り除き、お口を清潔な状態にします。また、これがとても大事なことなのですが、定期的にメンテナンスを受けることで、皆さん自身が、お口を健康な状態に保とうと、自分の歯に関心を持ち意識を高めることができます。万一、悪いところが見つかった場合も、早期の発見・早期の対処により通院にかかる時間、費用、精神的な負担は、悪くなって初めて通うよりもずっと少なくすることができます。皆さんにも、歯科医院を「定期的なメンテナンスに行くところ、予防をするために行くところ」と考えていただけたら、と思います。

 


虫歯になっている部分を削り、詰め物(インレー)で補います

虫歯は虫歯菌(ミュータンス菌)の出す「酸」によって歯が溶かされていくお口の病気です。虫歯は一旦なると自然治癒することはなく、ごく初期でない限り削る治療が必要となります。

 歯科用ユニット

虫歯になった歯を放置するリスク

リスクその1 自然治癒しないので、虫歯になるとどんどん進行する
リスクその2 何もしていないのにガマンできないような痛みが出てくる
リスクその3 虫歯が深くなればなるほど、治療は大がかりになり痛みも伴う
リスクその4 ひどい虫歯の治療だと、何度も通院する必要がある
リスクその5 治療費がかさむ
リスクその6 最悪の場合、抜歯して入れ歯かインプラントに……

 

C1 エナメル質の虫歯

【状態】

歯の表面にツヤがなく、黒や茶色に見えます。歯の表面のエナメル質が溶かされています。

【治療法】

虫歯になっている部分を削り、歯科用プラスチック(レジン)で補います。

 

C2 象牙質の虫歯

【状態】

エナメル質が溶かされ、下層の象牙質まで虫歯に冒されています。痛みやしみる症状が出はじめるのはこの頃。

【治療法】

虫歯になっている部分を削り、詰め物(インレー)で補います。

 歯科 マイクロスコープ

C3 神経の虫歯

【状態】

歯の内部を通る歯髄(神経や血管)まで虫歯に冒されています。何もしていないのに激しく痛むようになります。

【治療法】

虫歯に冒された歯髄を除去する「根管治療(こんかんちりょう)」なら、歯を残すことができます。

 

C4 末期の虫歯

【状態】

歯に大きな穴があき、歯ぐきから上の大部分が溶かされている状態。内部も膿み、腐敗し、悪臭を放ちます。歯の根っこが炎症を起こし発熱することも。

【治療法】

ここまで虫歯が進行すると、抜歯するしか方法はなくなります。抜歯後は、入れ歯インプラントで歯の機能を補う必要があります。

輝くような白い歯にすることもできます。

ハイブリッドセラミック(エステニア)

セラミックに少量のレジン(プラスチック)を混ぜることで、セラミックに適度な弾力性を持たせたハイブリッド素材です。金属がかぶせ物の中にある点は、メタルボンドと同じです。メタルボンド同様、セラミックならではの美しく自然な仕上がりを期待できる一方、レジン(プラスチック)が少々混ざるため、長期的にはやや変色する可能性があります。また、メタルボンドよりも若干透明感が落ちると言われています。金属を使用するため、金属アレルギーの方にはお勧めできません。

 歯の模型

ラミネートベニア

歯の表面に一部変色がある場合や軽度の変色の場合に、歯の表層を0.5mmほど削って薄いセラミックのシェルを貼り付ける方法です。付け爪のようなものですので、剥がれる可能性があります。また、歯の大きさや向きを大幅に変更することは出来ません。

 

セラミック(メタルボンド)

金属がかぶせ物の中にあり、その上に完全オーダーメイドのセラミックが焼き付けられて作製されています。内面に金属を使いその上にセラミックを盛り上げているため、オールセラミックよりも透明感は落ちます。

 歯科用マイクロスコープ

セラミックならではの色艶の再現性・質感により、保険治療で使われるプラスチックと比べれば遥かに美しく、自然な仕上がりが期待できます。プラスチックのような収縮・変色はなく、強度が高く、ブリッジや連結冠などいかなるケースにおいても使用できるという利点も備えています。但し、金属を使用するため、金属アレルギーの方にはお勧めできません。

 

オールセラミック

金属をまったく使用しないため、光が金属に遮断されることなく、天然歯のような透明感を再現します。自然な透明感と美しい色艶を高いレベルで再現するため、光があたる前歯に用いることで最大のパフォーマンスを発揮します。治療の際はファイバーコアを用い、金属は一切使わないため歯肉が黒ずんでしまうこともなく、身体に優しい治療法といえます。金属アレルギーの方にも最適です。

 歯磨き中に歯ぐきから血が出る

歯周病は、お口の中の歯周病菌によって歯ぐきが炎症を起こし、悪化すると顎の骨が溶けて歯が抜けて落ちてしまうこともある恐ろしい病気です。歯ぐきに出血があっても虫歯のような痛みがあるわけではないので、「症状に気づいたときには重度の歯周病になっていた」というケースも珍しくありません。

 エアーモーター

歯周病は現在、日本人が歯を失う原因の第1位となっています。成人のうち80%は歯周病にかかっているかその可能性が高い予備軍であると言われているので、決して他人事ではないのです。こんな症状があったら歯周病かもしれません

 

 歯磨き中に歯ぐきから血が出る
歯ぐきが赤く腫れている
朝、お口の中がネバネバする

 歯が伸びたように見える
口臭が強くなってきた気がする
歯がグラグラする

上記に一つでも該当項目があった場合は、すでに歯周病にかかっている可能性があります。すぐに歯科医院へご相談ください。

 

歯科クリニックの予防歯科メニュー

ブラッシング指導

歯みがきはお口の健康を保つ大切なポイント。
お口の状態や歯並びに合わせた歯ブラシの選び方、持ち方、みがき方、回数、タイミングなど、ベストな歯みがきができるようアドバイスさせていただきます。正しいブラッシングの仕方を身につけて、ホームケアの精度を高めていただきます。

 ニッケルチタンファイル

フッ素塗布

歯の抵抗力を高めるフッ素を塗布する処置です。フッ素を歯に塗るだけの処置なので痛みなどもなく歯科治療が苦手という方にもおすすめです。

 

クリーニング(PMTC

専用機器を用いて行うお口のクリーニングです。普段の歯みがきでは除去できない頑固な汚れもしっかり取り除きます。虫歯や歯周病の予防にたいへん効果的です。
お口のなかの汚れを除去するため、口臭改善にも効果があります。

虫歯は皆さんにとってとても身近な病気ですが、なぜ虫歯になるのか? 

どのように進行するのか? などをご存じの方は少ないものです。虫歯の原因、症状、治療法を知ることで、虫歯への最善の対処がわかります。このページでは、虫歯についてわかりやすくご説明します。「虫歯になっている気がする方」「虫歯を予防したい方」はぜひ参考にしてください。

 ハンドピース 歯科

虫歯は早期発見・早期治療をすれば、怖くありません。虫歯を予防、もしくは治療できれば金銭的、肉体的負担が少なくなりますし、何より痛い思いや不便さを感じることがありません。当院では虫歯予防のために、定期検診による予防処置を行っています。

 

3Mix

3種類の抗菌剤を歯に塗布することで、虫歯菌を無菌化する治療法です。感染組織をできるだけ除去せず、人が本来持っている生体の自然治癒力を活かして病巣組織を修復させながら虫歯を治療していきます。歯を削る量を抑えることができるうえ、痛みはありません。

 

根管治療

重度の虫歯に対して行う、歯を残すための治療法です。歯の神経や血管が入っている根管内を洗浄・消毒し、薬剤を詰めて芯(コア)を立て、最後に被せ物をします。

 ポータブルレントゲン

予防の大切さ

虫歯や歯周病になった時は、治療を受けることである程度は修復することができますが、完全に元の状態に戻すことは不可能です。失った患部は詰め物や被せ物で補えるものの、一度でも治療を受けた歯は確実に寿命が短くなっていきます。歯の寿命を長く保つためには、できるだけ日頃の予防やメンテナンスを徹底して、歯の治療を避ける方向に持っていくことが必要です。

 

自分の歯でしっかりと生涯噛めるということは、健康増進や脳の活性化に繋がります。さらに、歯の治療には痛みだけでなく費用や時間などの負担がついてまわります。予防をするだけなら費用も低額で済み、来院回数も格段に減りますので、患者さまにとって大きなメリットとなります。

 

歯周病の予防や進行を抑えるためには、毎日の正しいブラッシングが欠かせません

日本では成人の約8割もの人がかかっているかその予備軍と言われ、国民病と称されるほどで決して他人事ではないのです。

 ハンドスケーラー

現在、30代以上のほぼ90%が罹患していると言わる歯周病。歯周病にかかると歯が揺れて咬めなくなってしまったり、歯茎から出血したりします。そのまま放置すれば、歯を抜かなくてはならなくなることも。また、その影響はお口の中だけでなく、放置すると脳血管疾患や心不全、ときには癌の原因にもなり得る恐ろしい病気です。

 

治療の流れ

Step1歯周病の状態を検査・診断

レントゲン撮影や歯周ポケットの検査などを行い、歯周病の進行状態を確認します。

 

Step2ブラッシング指導

歯周病の予防や進行を抑えるためには、毎日の正しいブラッシングが欠かせません。
当院では23回に渡って丁寧にブラッシング指導を行い、個人の磨き方のクセを見直して正しいやり方をアドバイスいたします。また必要に応じて、一人ひとりに合った歯磨き粉やブラッシング用の道具などもご紹介します。

 超音波スケーラー

Step3歯石取り(歯茎の上まで)

歯周病の原因となる、歯の表面から歯茎の上までこびりついた歯石を除去します。

 

Step4歯石取り(歯茎の中まで)

麻酔をして、歯茎と歯の間に隠れている歯石を除去します。

 

Step5外科的処置・歯根治療

麻酔をして歯根にたまった細菌や汚れを除去します。状況により骨の再生が期待できる部位は特殊な方法で再生療法を行います。

<<prev | 最新 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 最初 | next>>