猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:158652
Today:137
Yesterday:325
<<prev | 最新 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 最初 | next>>
日本人が歯を失う原因の第1位に挙げられているのは、実は虫歯ではなく歯周病です

こういった症状が見られる場合、歯周病にかかっている可能性があります。また、初期には自覚症状が出にくいために、このような異変に気づいたときにはすでに進行していることが考えられます。歯周病は虫歯と同じく決して自然治癒しないため、早期発見・早期治療が必要です。少しでも違和感を覚えたら、できるだけ早く箕面市の歯医者「箕面おとなこども歯科」までご相談ください。また歯周病は、虫歯とともに予防が可能な病気です。

 歯科重合用光照射器

歯周病は歯を失う病気です

歯周病は、プラーク(歯垢)や歯石に棲みつく歯周病菌が出す毒素によって、歯を支える顎の骨や歯ぐきが徐々に溶かされていく病気です。悪化すれば歯は支えを失ってグラグラになり、最後には抜け落ちてしまいます。

 

日本人が歯を失う原因の第1位に挙げられているのは、実は虫歯ではなく歯周病です。日本人の成人の約8割が「歯周病である」もしくは「予備軍である」とされるほど、広く蔓延しているのです。つまりあなたも、すでに歯周病にかかっているかもしれないのです。

 超音波スケーラー

ご自宅での"ホームケア"

予防における大切な基盤となるのは、毎日のホームケアです。毎日ブラッシングしていても、正しくみがけているかは別の問題。一人ひとりのお口の状態に合ったみがき方で行うことが大切です。

 

歯科医院での"プロケア"

ご自宅で毎日きちんとブラッシングしていても、残念ながらすべての汚れを落とすことはできません。そこで歯科医院で専門的なケアを行い、歯と歯、歯と歯ぐきの境目などにこびりついた汚れを、残らず取り除くことが必要です。定期的にプロケアを受けていれば、虫歯や歯周病を予防できる確率は大幅に上がります。積極的にプロケアを受けましょう。

虫歯・歯周病の原因となるプラークやバイオフィルムと呼ばれる膜はご自宅での歯みがきだけでは落としきれません

歯周ポケットの内部にできたプラークやバイオフィルムは、歯科医や歯科衛生士でなければ除去不可能です。つまり口腔内環境の健康維持には、ご自宅でのケアと歯科で行うケアを両立して行うことが欠かせません。

 生体情報モニタ

歯周病の原因

お口の中には数百種類もの細菌が住んでおり、歯磨きが不十分であったり、体調が悪くなって免疫力が低下したりすると、お口の中にプラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊が作られます。なんと、たった1mgのプラークには10億もの細菌が含まれており、これが虫歯や歯周病の原因になり、歯周病の場合は骨まで溶かしてしまいます。さらに、プラークはやがて固まって歯石となり、歯磨きだけでは取れなくなってしまいます。

 

歯周病の進行過程

健康な歯肉

特徴
歯茎が引き締まっており、色はきれいなピンク色で、弾力もあります。

 

歯肉炎 

特徴
歯茎が腫れ、歯を磨いたときに血が出るなどの症状が現れます。

 

歯周炎 

特徴
歯茎が腫れて赤くなり、歯磨きをすると出血します。また、歯茎が腫れたことで、歯と歯茎の間に歯垢が溜まりやすくなります。

 歯科用マイクロスコープ

 歯を支える骨が溶け、歯が抜け落ちる 

特徴
歯茎がさらに腫れて、赤紫色になってしまいます。歯茎の中に膿が溜まる、骨が溶け出すなど、重大な症状が現れます。

 

どれくらい歯周病が進行しているかに関わらず、まずはお口のプラークや歯石を除去すること、そして歯の根っこ部分まできれいにお掃除するルートプレーニングが基本的な治療となります。これらを継続することで歯周病の改善が見られる場合は、定期検診とメンテナンスを続けていくことになりますが、改善しない場合は歯茎を開いて歯の根っこに付着した歯石を取り除く歯周外科手術が必要となります。

まず歯周病のSTEP1での症状を説明します

歯周病の原因を段階に合わせて説明をしていきます。

まず、歯周病の最大の原因は、プラークと呼ばれている歯垢中の中に含まれている細菌が、発生する毒素を「口腔内細菌」と呼びますが、これが原因なのです。また、この口腔内細菌は、歯周病の最大の原因でもあり進行過程でも、大変かかわってくる菌です。

 マイクロモーター ハンドピース 

STEP1

まず歯周病のSTEP1での症状を説明します。

歯の表面や歯周ポケットに細菌がくっつきます。また、この細菌が原因で歯肉に炎症がおこります。この炎症が「歯肉炎」です。

次にこの歯肉炎は、どんどん進行していきます。すると歯周組織が壊されてしまうようになります。これを「歯周炎」と呼びます。

 

STEP2

STEP1)で歯周炎になってしまうと、通常は歯とくっついている歯肉の間に溝が出来てしまいます。この溝を「歯周ポケット」もしくは「歯周溝」と呼びます。歯周病の原因となっている菌(悪玉菌)は、暗く空気が少ないところが好きなので、この暗い歯周ポケットは、菌(悪玉菌)が住みやすくなってしまいます。また、この歯周ポケット内にどんどん溜まった菌(悪玉菌)は、互いにプラークと呼ばれる歯垢や歯石を作り出していきます。また同時に、有害な物質も生み出します。

 

STEP3

STEP2)で歯周ポケットで発生した有害な物質は、歯肉の炎症を起こします。また歯を支えている歯槽骨を溶かしていくことにより、口臭を発生させます。この段階では、歯周病の初期治療で完治することが出来ます。口臭が気になるなどの悩みも歯周病が原因の場合もあります。まずは、悪化する前に恥ずかしからずに相談することが重要です。

 

歯周病予防の基本は、毎日ご自宅で行う歯磨きです。しかし、歯磨きだけでお口の中の汚れやプラークを落としきることは簡単ではありません。だからこそセルフケアに加えて、歯医者で行う予防・メンテナンスをご活用いただきたいと思います。

 生体情報モニター

皆さまは歯磨き方法に自信はおありでしょうか?当院の予防治療では、歯科医師や歯科衛生士が、患者さま一人ひとりのお口の形や歯並びに適した歯磨き方法のアドバイスを行っています。正しい磨き方をマスターして、ご自宅でのセルフケアにお役立てください。

とはいえ、どんなに丁寧に磨いても、落としきれない汚れは生じてしまいます。定期的に歯医者で歯のクリーニングを受けることで、毎日の歯磨きでは落とせない汚れを除去し、歯周病のリスクを減らすことが可能です。

まずはじめに、歯の表面に虫歯の原因となるミュータンス菌が付着することが始まります

菌が歯の表面に付着して糖分と接着した時点で、酸の発生が始まります。

つまり、口の中を細菌だらけにしたまま、飲食物を口の中に入れると細菌と糖分の接触が頻繁に行われます。その分酸の量も多くなるので虫歯になりやくなります。

ですので、食事をしてから早めに歯磨きをすることで細菌を除去できるので酸の発生を抑える事ができますので虫歯になるのを防ぐいわゆる「予防」になるわけです。

虫歯になるSTEP

虫歯の原因となっているものをみなさんは知ってしますか?
虫歯の原因は、プラーク(歯垢)に含まれている細菌です。その細菌を「ミュータンス菌」と言います。
このミュータンス菌が飲食物から「糖分」を取り込み「強い酸」を作ります。この「酸」が虫歯の主な原因です!虫歯になるプロセスには5段階あります。では実際どのような過程を経て虫歯になってゆくのかのプロセスを説明したいと思います。

 マイクロモーター 歯科

1)感染

まずはじめに、歯の表面に虫歯の原因となるミュータンス菌が付着することが始まります。ミュータンス菌は、歯の表面でどんどん増殖をしていきます。ここで大切なことは、歯磨きでこの菌をしっかりと落としていくことです。また、歯と歯の間など自分では磨きづらい箇所は、歯科医院で専用の機械による掃除(PMTC)などを受診するといいでしょう。

2)糖を分解

口の中に運んだ食べ物が含む糖分を、ミュータンス菌が持っている酵素が分解を始めます。この糖の分解が始まると次のSTEPに進みます。

3)酸を産生し不溶性グルカンを形成

2)のSTEPで分解された糖分は、さらにミュータンス菌の持つ酵素の力により「酸」と「不溶性グルカン」を作り出します。またこの不溶性グルカンは、歯に菌をつけやすく抗菌剤などからも菌を守り保護する働きをします。さらに、この不溶性グルカンは、酸と一緒となり温床を作りだしミュータンス菌をさらに増やしていきます。

エアーモーター

4)エナメル質を脱灰

歯の表面のカルシウムであるエナメル質を、STEP③で生み出された「酸」のより溶かしてしまいます。(エナメル質を脱灰)
この歯の表面のエナメル質が溶けたのが、虫歯です。さらに、この発生した酸を不溶性グルカンが閉じ込めてしまいます。

5)実質欠損

歯の表面であるエナメル質が溶けると、Caイオンが抜けてしまいます。また、エナメル質も崩壊してしまいます。このエナメル質は、他の体の骨と違い自然に再生することはありません。つまり、1度エナメル質が溶けて欠損してしまう自然に治癒しないので痛みがなくても歯科医院にて治療が必要です。

健康な歯の維持だけでなく、治療後の歯が虫歯や歯周病などにならないように

予防歯科は、赤ちゃんがこの世に誕生した時から始まります。生まれたばかりであれば、虫歯菌の無いお口の環境をつくることが可能です。しかし、もし虫歯菌や歯周病菌がお口の中に入ってしまっても、それを極力取り除くことは可能です。

 スリーウェイシリンジ

予防的歯科治療を受けることで、虫歯の再発、新たな虫歯、歯周病の進行、口臭、歯の汚れを防ぐことができます。毎日きちんと歯磨きをしていても、セルフケアだけでは、虫歯の原因となるバイオフィルムやお茶・コーヒー・タバコなどのステイン(汚れ)を完全には落とすことはできません。正しいセルフケアに加え、プロによる定期的なケアがあなたのお口の健康を維持していきますので、当院のスタッフにお任せください。

 

健康な歯の維持だけでなく、治療後の歯が虫歯や歯周病などにならないように
予防処置やメンテナンスを行うことが大切です。

「治療」から「予防」へ 

虫歯の発症・治療・再発を繰り返してしまうと、歯は虫歯や歯周病になるリスクを負いながら弱っていく一方です。

歯科医療の先進国であるスウェーデンやフィンランドでは、20年以上前から「予防歯科」を導入し、虫歯の数を激減させてきました。 そのため日本の歯科医療も治療中心から予防中心へと徐々に変化してきています。

 

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)は、予防のプロである歯科衛生士が行う超音波や 専用機器を使ったクリーニング処置です。

 

これにより虫歯や歯周病の原因となる歯石やバイオフィルム(歯ブラシでは取りづらく、 薬剤にも抵抗性がある細菌の集合体)、舌・口腔粘膜にまとわりついた汚れを除去することができます。

 家庭用超音波スケーラー

 また、歯の表面をツルツルに仕上げることでバイオフィルムの再付着防止をはかることはもちろん、 殺菌水を用いたお口の中全体の除菌や、フッ素塗布による歯質の強化も行うことができます。

 

健康な歯の維持だけでなく、治療後の歯が虫歯や歯周病などにならないように

予防歯科は、赤ちゃんがこの世に誕生した時から始まります。生まれたばかりであれば、虫歯菌の無いお口の環境をつくることが可能です。しかし、もし虫歯菌や歯周病菌がお口の中に入ってしまっても、それを極力取り除くことは可能です。

 高圧蒸気滅菌器

予防的歯科治療を受けることで、虫歯の再発、新たな虫歯、歯周病の進行、口臭、歯の汚れを防ぐことができます。毎日きちんと歯磨きをしていても、セルフケアだけでは、虫歯の原因となるバイオフィルムやお茶・コーヒー・タバコなどのステイン(汚れ)を完全には落とすことはできません。正しいセルフケアに加え、プロによる定期的なケアがあなたのお口の健康を維持していきますので、当院のスタッフにお任せください。

 

健康な歯の維持だけでなく、治療後の歯が虫歯や歯周病などにならないように
予防処置やメンテナンスを行うことが大切です。

「治療」から「予防」へ 

虫歯の発症・治療・再発を繰り返してしまうと、歯は虫歯や歯周病になるリスクを負いながら弱っていく一方です。

歯科医療の先進国であるスウェーデンやフィンランドでは、20年以上前から「予防歯科」を導入し、虫歯の数を激減させてきました。 そのため日本の歯科医療も治療中心から予防中心へと徐々に変化してきています。

 

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)は、予防のプロである歯科衛生士が行う超音波や 専用機器を使ったクリーニング処置です。

 超音波スケーラー

これにより虫歯や歯周病の原因となる歯石やバイオフィルム(歯ブラシでは取りづらく、 薬剤にも抵抗性がある細菌の集合体)、舌・口腔粘膜にまとわりついた汚れを除去することができます。

 

 また、歯の表面をツルツルに仕上げることでバイオフィルムの再付着防止をはかることはもちろん、 殺菌水を用いたお口の中全体の除菌や、フッ素塗布による歯質の強化も行うことができます。

 

歯周病の原因は、喫煙・不摂生・ストレスなどさまざまです

若いとき(10代や20)に歯を失う原因は虫歯であることが多いのですが、40代を過ぎてから歯を失う原因は歯周病がほとんどです。日本は「歯周病大国」と呼ばれており、30歳以上の方の約8割が歯周病だといわれています。

 歯科用高圧蒸気滅菌器

歯周病には痛みなどの自覚症状がほとんどありません。 そのため、気付いた時にはすでに手遅れになっていて骨が溶けてしまうなんてこともあり得るのが歯周病の恐ろしいところです。 そうならないためにも普段からしっかり予防・治療しておく必要があります。

歯周病とは、歯の表面に付く歯垢(プラーク)によって起こる歯肉や歯槽骨の病気のことです。最終的には、骨(歯槽骨)が溶けてしまいます。歯肉の炎症による腫れや出血といった症状が特徴で、治療せずにそのまま放置しておくと最終的には歯を支える歯槽骨が溶けて歯が抜けてしまうのです。

 

歯周病の原因は、喫煙・不摂生・ストレスなどさまざまです。また、ブラッシングが不完全でも歯垢が溜まり歯周病になってしまいます。歯周病は大変進行が遅いうえに自覚症状がないため、なかなか自分では気が付きません。歯槽骨が溶けてしまったあとでは完全には治療できないので、歯肉が腫れたり出血がみられたら、早めに治療することをお勧めします。うえの歯科医院は、歯周病治療に力を入れております。

 

歯周病でお悩みの方はお気軽にご相談ください。また、インプラント治療、矯正治療などをするには歯周病の治療を事前に済ませておく必要があります。インプラント治療、矯正治療などをお考えの方も、まずは歯周病や虫歯の症状がないか確認しましょう。

 歯科器具中古販売

歯周ポケット検査をされたことはありますか?

初診の患者様で、歯周ポケット検査を受けられたことのある方は510%ほどです。歯肉の中をよく調べることで、歯周病の進行状態や回復状態をチェックすることができます。これが歯周ポケット検査です。

歯周病ポケットとは?

歯のまわりの歯肉の溝が歯周ポケットです。健康な歯肉の溝はだいたい12mmです。
小さなお子様から年配の方まで、又人種にも左右されません。

歯面清掃用ハンドピース

歯肉炎

歯の表面にプラークが残っていると炎症が起き、ポケットが34mm位に腫れます。

歯周病

プラークが固まり歯石になると、歯根を支えている骨に悪影響が起き(悪い細菌の塊から遠ざかろうと生体の防御反応により骨が吸収)、5mm以上の深いポケットに進行していきます。

歯周病は、歯を支えている骨(歯槽骨)が細菌によって溶けてしまう病気です

若いとき(10代や20)に歯を失う原因は虫歯であることが多いのですが、40代を過ぎてから歯を失う原因は歯周病がほとんどです。日本は「歯周病大国」と呼ばれており、30歳以上の方の約8割が歯周病だといわれています。

 歯科ハンドピース

歯周病には痛みなどの自覚症状がほとんどありません。 そのため、気付いた時にはすでに手遅れになっていて骨が溶けてしまうなんてこともあり得るのが歯周病の恐ろしいところです。 そうならないためにも普段からしっかり予防・治療しておく必要があります。

歯周病とは、歯の表面に付く歯垢(プラーク)によって起こる歯肉や歯槽骨の病気のことです。最終的には、骨(歯槽骨)が溶けてしまいます。歯肉の炎症による腫れや出血といった症状が特徴で、治療せずにそのまま放置しておくと最終的には歯を支える歯槽骨が溶けて歯が抜けてしまうのです。

 

歯周病の原因は、喫煙・不摂生・ストレスなどさまざまです。また、ブラッシングが不完全でも歯垢が溜まり歯周病になってしまいます。歯周病は大変進行が遅いうえに自覚症状がないため、なかなか自分では気が付きません。歯槽骨が溶けてしまったあとでは完全には治療できないので、歯肉が腫れたり出血がみられたら、早めに治療することをお勧めします。うえの歯科医院は、歯周病治療に力を入れております。

 

歯周病でお悩みの方はお気軽にご相談ください。また、インプラント治療、矯正治療などをするには歯周病の治療を事前に済ませておく必要があります。インプラント治療、矯正治療などをお考えの方も、まずは歯周病や虫歯の症状がないか確認しましょう。

 ポータブルレントゲン

歯周ポケット検査をされたことはありますか?

初診の患者様で、歯周ポケット検査を受けられたことのある方は510%ほどです。歯肉の中をよく調べることで、歯周病の進行状態や回復状態をチェックすることができます。これが歯周ポケット検査です。

歯周病ポケットとは?

歯のまわりの歯肉の溝が歯周ポケットです。健康な歯肉の溝はだいたい12mmです。
小さなお子様から年配の方まで、又人種にも左右されません。

歯肉炎

歯の表面にプラークが残っていると炎症が起き、ポケットが34mm位に腫れます。

歯周病

プラークが固まり歯石になると、歯根を支えている骨に悪影響が起き(悪い細菌の塊から遠ざかろうと生体の防御反応により骨が吸収)、5mm以上の深いポケットに進行していきます。

どうしてブラッシングをしても虫歯や歯周病になってしまうの?

歯石除去(スケーリング)とは、歯面に付着した歯石を専用の器具(スケーラー等)で歯科医師または歯科衛生士が除去することです。(歯石は歯ブラシでは取り除けません。)
歯石を取ることによって歯肉の炎症を治まりやすくしたり、歯を支えている骨の吸収を抑えて、歯周病を予防していきます。また歯石による凹凸が無くなりますので歯垢(しこう=プラーク)の付着を抑え歯肉炎を予防し、こびり着いた歯石を取ることで、むし歯予防にも繋がります。 

 spo2モニター

どうしてブラッシングをしても虫歯や歯周病になってしまうの?「どうしたら虫歯や歯周病を防げるの?」毎日欠かさずブラッシングをしているのに、なぜか虫歯になってしまった――という経験はありませんか?

 

日本では95%以上の人が「毎日きちんとブラッシングをしている」と言われていますが、それでも実際には80%以上の人が歯周病にかかり、96%もの人が虫歯にかかっているのです。これはつまり、「きちんとブラッシングをしているつもりでも、実は歯のすみずみまでキレイに磨けていない」ということです。ブラッシングによって汚れを完璧に落とすのは、思った以上に難しいもの。歯のクリーニングのプロである歯科医師や歯科衛生士でも、しっかりと歯の汚れを落とすのに20分以上もかかります。しかし、毎回のブラッシングに20分以上の時間をかける人はなかなかいません。磨き残しができてしまうのは、当然のことだと言えるのです。こうして歯や歯の周囲に汚れがたまっていくと、虫歯や歯周病を招くおそれが高まります。トラブルになる前に磨き残しを減らし、病気を未然に防ぎましょう。

 

スウェーデンで行われた予防歯科の取り組みは、「全国民に対し定期的に歯科医院を受診させる」というもの。歯の病気になる前に歯医者を訪れた人には、口腔管理のプロである歯科衛生士が徹底的なクリーニングを行います。そして最後に、虫歯や歯周病になりにくい生活習慣をつくるためのアドバイスがなされるのです。

 歯科用マイクロスコープ

このような取り組みを3カ月に1度のペースで行ったところ、歯の病気にかかる国民はみるみるうちに減ってゆきました。ちなみに現在のスウェーデンでは、虫歯の患者数は日本の半分以下で、歯周病の患者数は日本の4分の1程度とされています。 スウェーデンでの成功によって、予防歯科に取り組むことで虫歯や歯周病を未然に防げることが実証されました。虫歯や歯周病にならないためには、病気になる前の定期的な受診が重要なのです。当院ではこういったスウェーデンの方式にならった予防歯科で、皆さまのお口の健康を守っています。

ツルツルになるので、虫歯の菌が付きにくくなります

虫歯も歯周病も早期発見することで、重症化することを防ぐことが出来ます。ただし、初期の症状はどちらも、自覚症状がありません。その為、ご本人が、見逃してしまうことが多々あります。

 家庭用超音波スケーラー

歯周病は特に、重症にならないと、気づかないことが多いのです。そこで、定期的に来院していただき、初期の状態で発見し、治療、予防することが必要不可欠なんです。

 

また初期であれば、虫歯の場合、適切なケアを覚えていただければ、削らずに経過観察で良いという可能性が高くなります。なにより、定期的に来ていただくことで、歯で痛い思いをすることを防ぐ事が出来ます。また、過去10年間のデーターで定期検診を続けている人と、痛い時だけ受診する人では、50歳から歯を失う本数は、定期検診を受けている人は、0.7本に対し、痛い時だけ受診する人の喪失歯は、5.4本です。このデーターからも、定期検診の重要性は明らかです。

 

定期的なPMTCクリーニング

PMTCとは、歯科医師、歯科衛生士による歯面のクリーニングです。 
毎日の歯磨きだけでは、歯石など落とせない汚れがあります。その部分をキレイにします。プロが行うので、痛みはありません(炎症がある場合は除きます)。PMTCを受けることで、ご自身では、体験しにくいツルツルした歯面を体験することが出来ます。

 

ツルツルになるので、虫歯の菌が付きにくくなります。しかし残念ながら、1回のPMTCが長期間持続するわけではないので、定期的に受ける必要があります。定期的に受けることで、ご自身の歯面はツルツルになりますので、虫歯予防にもなり、なにより、とてもお口の中がすっきりします。

 

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)とは、歯科医院の専用器材を使用して歯のお掃除する方法です。痛みはありません。普段のブラッシングなどでは除去する事ができない歯と歯の隙間や歯肉縁下(歯周ポケットの中)の付着物を徹底的に取り除きます。数種類の洗浄剤や研磨剤を使い、歯磨き粉では落とせない歯の表面の着色やバイオフィルム(細菌の膜)までも綺麗にお掃除する事ができます。

 歯科用ユニット

定期的にPMTCを行うことで虫歯や歯周病を予防する事が出来ます。

口の中が清潔になる事で口臭予防にも効果的です。

歯の表面を綺麗に研磨する事で歯石がつきにくくなります。

タバコやコーヒーなどの着色を綺麗に取り除きます。

歯の表面がツルツルになり爽快です。

<<prev | 最新 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 最初 | next>>