猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:126094
Today:134
Yesterday:466
<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
歯周病は、虫歯のように痛みが出るなどはっきりとした症状がありません。

虫歯や歯周病は、正しいケアで口腔内を清潔に保っていれば防ぐことができる疾患です。

「歯医者は苦手だから、歯周病らしき症状が出てるけどできるなら行きたくない」「虫歯があるみたいだけど、痛くないから大丈夫」という声を耳にすることがあります。しかし、放っておくほど治療による歯や歯周組織へのダメージは大きくなってしまいます。歯や歯周組織は一度傷ついてしまうと完全には元に戻りません。最終的には歯を失い、食事や会話に支障をきたしてしまうことも。お口の健康を保つためには、虫歯や歯周病にならないように予防することが何よりも大切です。

 歯科器具中古販売

虫歯や歯周病は、正しいケアで口腔内を清潔に保っていれば防ぐことができる疾患です。にもかかわらず、悪化させて大切な歯を失ってしまうケースが後を絶ちません。毎日の歯みがきだけでは落としきれない汚れは、歯科医院での専門的な処置できれいにして、お口トラブルのない快適な毎日を過ごしませんか?

 

歯は、目に見える「歯冠」と歯ぐきの中にある、通常は見えない「歯根」からなる構造をしています。歯根と顎の骨は、歯根膜という繊維製の組織により結合しており、歯根膜は歯と顎にかかる力を和らげる役割を果たしています。歯ぐき、顎の骨、歯根膜といった歯周組織によって歯は支えられているため、この部分に炎症が起こると、歯は大きなダメージを受けてしまいます。

 ポータブルレントゲン

歯周病の進行

プラークが付着したままさらに放置すると、約1週間で硬くなり(石灰化とよばれます)歯石という物質に変化し、歯面や歯の根の部分に強固に付着します。その表面は軽石のようにザラザラと凹凸があるために、その内部や周囲にはさらに細菌が入り込み、毒素を出し続けます。こうなると、もはやブラッシングでも落とせません。

歯周病は、虫歯のように痛みが出るなどはっきりとした症状がありません。そのため、かなり進行しないと自覚症状として出てこない疾患です。細菌は毒素を出し続けて、その影響により歯槽骨を溶かしていき、やがて周囲の骨の支えを失った歯は抜けてしまいます。
また、歯を支えている骨(歯槽骨)や、歯と歯槽骨をつなぐ繊維(歯根膜)などは、一度破壊されてしまうともとには戻りません。

 

早期発見・早期治療

歯肉炎のうちに症状に気づけば、ブラッシングの徹底や歯石除去のみによる短い期間での治療で済み、健康な状態に戻せます。しかし、歯周炎に悪化した場合、いったん破壊されてしまった組織はもとに戻せません。できるだけ早期に治療を行ない、これ以上状態が進行しないように食い止めること=早期発見・早期治療が大切です。歯周病のチェック項目に日頃から気を配り、歯周病の可能性を疑ったら歯科医院にご相談ください。

歯周病とは、歯垢に含まれる細菌によって歯茎に炎症を引き起こし、ひどい場合は歯そのものへ影響を及ぼす病気です

歯茎の炎症と言うと「歯槽膿漏(しそうのうろう)」を思い浮かべる方も多いと思いますが、歯槽膿漏は歯周組織から膿が出る症状で、歯周病の一部の症状のみを指しています。最近では歯槽膿漏という言葉はあまり使われず、歯槽膿漏を含めて歯周病と呼ばれるようになっています。

 ハンドピース

歯周病のチェック

歯周病のチェックとして挙げられるものは、起床時に口の中がネバネバしたり、口臭が気になる。また、歯磨き時に出血するなど歯肉が赤く腫れている、痛みやむずかゆいという症状がでてきたら要注意です。その他にもかたい物が噛みにくいなど自分で感じる症状はあります。歯周病は子供から大人まで多くの人がかかっている病気です。特に中高年の方は、加齢により歯茎が痩せて、免疫力が低下するなど歯周病にかかりやすくなる要因が加わります。

 

歯周病の治療方法

歯周病の治療は、いくつか治療方法はあります。

まず問診を行い、その後レントゲンを撮り骨の状態を見たり、歯周ポケットの深さを測ったりして歯周病の状態を検査します。診断の際に回復不可能と判断された歯は、残しておくと健康な歯にまで悪影響を与える可能性があるので早期に抜歯します。

 

治療1

プラークコントロール指導を受けます。これはお口の中の歯垢を減らすことです。 歯磨き=プラークコントロールではありません。正しい歯磨きを行うことがプラークコントロールとイコールになります。

 生体情報モニタ

治療2

スケーリングという歯石を取る治療を行います。スケーラーという器具を用いて歯石を取ります。歯石は歯磨きでは取ることができません。その上、90パーセント以上の人にあります。しかも、歯石は一度取ってもしばらくすると再形成されるため、定期的に治療が必要です。だいたいの目安は36ヶ月に1回が目安とされています。その後スケーリングではとることのできない歯の根っこ部分の歯石や、細菌に感染した歯質を専用の器具を使って除去します。それをルートプレーニングといいます。

 

治療3

以上の2つの治療を行っても症状が改善されない部分に対しては、歯周外科治療と呼ばれる治療を行います。この治療は、歯周病治療の基本治療が完了し、口腔衛生状態が良好で歯の保存を求める患者に行います。

常に口腔内が健康であることが大切であると考えています。

予防歯科では、一般的な「歯に痛みを感じてから治療をする」という考え方ではなく、「歯が痛くならないよう、口腔内の健康を常に維持する」という考えのもとむし歯を予防していく治療となります。歯科クリニックでは虫歯や歯周病になってから治療を行うのではなく、常に口腔内が健康であることが大切であると考えています。

 ポータブルレントゲン

定期健診を行うメリット

むし歯や歯周病にならない

予防歯科では、定期的に通院していただき、口の中をチェックして必要なケアや指導を行います。むし歯や歯周病は12日で大きく病気が進行することは無く、ゆっくりと時間をかけて進行していきます。むし歯や歯周病が進行する前の段階で異常を発見し、深刻化する前に手を打つのでむし歯や歯周病を患うことはありません。

 

治療の時に痛くない

予防歯科では病気が深刻化する前に手を打ちます。中にはある程度病気の原因が大きくなっていることもありますが、本格的にむし歯や歯周病が進行するよりは簡単な治療で完治させることができます。当然ながら、痛みはほとんど発生しません。

 超音波スケーラー

自分の歯が残る

予防歯科の最大のメリットです。
定期検診で疾患の前段階で治療するので、むし歯や歯周病によって歯の寿命を削ることがありません。したがって、高齢になっても歯の健康を維持し続けることができ、入れ歯やインプラントといった歯の欠損を補う治療が最小限に抑えられます。実際、予防歯科の普及している諸外国では、日本の高齢者の倍以上の本数の「自分の歯」を維持し続けているというデータがあります。

 

治療費を節約できる

「むし歯でもないのに歯医者に行くのはお金がかかるのでは?」と思われるかもしれませんが、本格的にむし歯や歯周病の治療を行う場合には短い期間に何度も通院していただくことになります。そうなると、それだけ多くのお金も時間も必要になります。予防歯科の目的で定期検診を受けられる場合は3か月から6か月に1回の通院で済みますので、お金も時間もそこまでかかりません。かかるお金と時間に対する「歯の健康を維持できる」という費用対効果の面でも、予防歯科は圧倒的に高いコストパフォーマンスを誇ります。

近年、予防歯科の分野に注目が集まりつつあります

予防歯科とは虫歯や歯周病の治療が一通り終了した方や、もともと虫歯や歯周病無かった方も、今後虫歯や歯周病にならないように予防に努めることを指します。松尾歯科医院では予防歯科は健康状態を保つためには重要であると考え、重視している項目の一つです。

 生体情報モニター

年齢に関係なくお子様からお年寄りの方まで『虫歯予防』や『歯周病予防』に取り組むことは非常に大切です。定期検診やメンテナンを通して、歯の磨き方や、食生活、生活習慣等への具体的なアドバイスをさせていただき一緒に健康状態を保っていきましょう。「痛くなってから」ではなく「痛くならないように」歯科医院に行く。そして、いつまでも健康なご自身の歯で過ごしていただきたいと考えています。

 

歯のクリーニング PMTC

PMTCとは?(Professional Mechanical Tooth Cleaning)虫歯と歯周病の予防には、原因である歯垢(プラーク)を抑制し、悪い影響が出ないように常にコントロールしていくことが大切で、患者様自身によるセルフケアが重要となります。しかし、毎日きれいに磨いているつもりでも日常のブラッシングだけではプラークを完全に落としきることは難しく、また、ブラッシングだけでは細菌の集団であるバイオフィルムを100%破壊することはできません。

※バイオフィルムとは
色々な細菌が結合して、歯の表面をフィルム状に覆った細菌集団です。フィルムの外からの刺激に対してバリアの役割を果たしています。ですから虫歯や歯周病の治療過程において、バイオフィルムを破壊することができる専門家(歯科衛生士)の処置がとても重要になってくるわけです。そのほか、患者さんだけではコントロールしきれない部分の補助など、さらにお口の中をよりよい環境にするためにも重要な処置です。歯周病治療を受けてきた方はもちろん、健康な歯と歯ぐきを維持していきたいと考えている全ての方におすすめするクリーニングです。

 歯科材料

予防歯科のメリット

毎日のブラッシングもとても大切ですが、スケーリングやPMTCなどのより専門的な予防法を受けていただくことが歯の長生きにつながります。たとえ虫歯があったりや歯周病の状態が進行している歯があったとしても問題を早期に発見することができます。実際、3か月に1度、定期的なメンテナンスを受けていただいている患者さんは、年配になった時にも歯を失う本数が少ないといった論文もあります。予防歯科により、虫歯・歯周病を防ぐことができれば、治療の痛みや治療の費用をなくすことができますので、ぜひ予防歯科のプログラムをご検討いただければと思います。

歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です

虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯茎もとても大切です。 症例は、歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されたりする病気です。 歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。治療に早すぎるという事はありません。 あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。

 生体情報モニター

歯周病治療とは

むし歯と同様,歯を失う原因の一つに多くの人がかかる病気として歯同病があります.歯の表面に付着したプラーク(歯垢)は細菌の塊で,むし歯ばかりではなく歯肉の炎症(腫れや出血),歯石や歯周ポケットの形成,歯根の表面の汚染など歯周病の原因になります.さらに,歯を支えている骨(歯槽骨)まで炎症が広がると骨が溶けてしまい,歯を支えることができなくなり最終的には歯が抜けてしまいます。

 

歯肉炎

歯と歯茎の境目にプラークが溜まり、細菌が出す毒素によって歯茎が炎症を起こして赤く腫れています。 この段階では痛みは伴いませんが、ブラッシングの際に出血することがあります。

 

中度歯周炎

歯茎の炎症がさらに進み、歯周ポケットもより深くなっていきます。顎の骨が半分くらい溶かされてしまい、歯がグラつきはじめるので硬いものが噛みにくくなってきます。
歯茎からの出血だけでなく、歯と歯茎の間から膿が出ることもあります。

 

重度歯周炎

重度になるとさらに症状が進行し、歯を支える顎の骨がほとんど溶かされ、歯が激しくグラつくようになります。放置しておくと歯が抜け落ちてしまう末期の状態です。ここまで進行すると、通常の食事も痛みを伴うため食べにくくなります。

 ニッケルチタンファイル

スケーリング ルートプレーニング

スケーリング・ルートプレーニングは歯周ポケットの中に侵入(感染)し、歯を支えている骨(歯槽骨)を破壊する細菌の塊を除去することです。炎症が強い歯肉の場合、炎症性の歯肉組織も除去するため、治療後歯肉に痛みがある場合があります(必ずでるものではありません)。また、歯肉の腫れがひいて健康な状態まで戻る(見かけ上、歯肉はさがりますが、これが健康な状態です)ことから、歯根部が露出するために知覚過敏が起こる場合もあります。通常は1週間がピークで歯肉組織が治り、2~3週間で消えていきます。

虫歯の原因とC1~C4の虫歯

糖分

飲食物中の砂糖は虫歯菌のエネルギー源となり分解されて酸となり脱灰(虫歯)が始まります。

歯の質

 歯の質が弱いと脱灰しやすく虫歯になりやすいです。

虫歯菌

増えれば増えるほど虫歯になりやすいです。

時間 

虫歯菌が歯の面に付着している時間が長いほど虫歯になりやすいです。

 歯科材料

C

黒ずんでいる、もしくは茶色っぽく変色していて歯に小さな穴が空いてしまった状態です。歯の表面の部分だけ虫歯になっているため、痛くはありません。

治療法

虫歯の大きさによって、麻酔をし、虫歯になった部分を削って取り除きます。小さな虫歯であれば、麻酔をしなくとも痛みなく取り除ける場合もあります。虫歯を取り除いた後、コンポジットレジンという材料を詰め、光を当てて固めます。治療は1回で終わります。

 

C2

歯の奥には象牙質というものがあるのですが、虫歯が象牙質にまで達している状態です。こうなると、温かいものや冷たいもので沁みたりします。

治療法

麻酔をし、虫歯を取り除きます。虫歯が浅い場合はコンポジットレジンでも対応できますが、虫歯が深い場合は詰め物(インレー)を型取りして製作、詰める場合もあります。
詰め物の種類については、見た目をキレイにする治療ページをご覧ください。

 

C3

虫歯が歯髄(神経)にまで達すると、激しい痛みがあります。なにも口にしていなくても痛みがあるため、早めに歯医者さんへ行くことをおすすめします。

治療法

リーマーと呼ばれる細い棒状の特殊な器具を使い、歯の中を清掃します。「根管治療」と呼ばれるものです。歯の中をキレイにした後は、消毒薬を入れてフタをします。その後、歯の土台を入れ、被せ物を装着して完了となります。被せ物の種類については、見た目をキレイにする治療ページをご覧ください。

 オートクレーブ

C4

歯冠部がほとんどなくなり、虫歯菌は歯を通り越して歯槽骨まで達してしまった状態です。根の先には膿が溜まり、悪臭があります。また、歯ぐきが腫れることもあります。

治療法

この状態までくると、抜歯以外の治療は難しくなってきます。根管治療が行えそうな場合は、なるべく歯の保存を考えた治療を行っていきます。抜歯の場合は、抜歯後、部分入れ歯やブリッジ、インプラントなどの歯を補う治療を行っていきます。

お口の健康を保つためには病気を未然に防ぐことが大切です

虫歯や歯周病などのお口のトラブルは、原因がわかっているので予防できる病気です。そして予防の基本は毎日のブラッシングなどによるセルフケア。しかし、「いつもブラッシングしているのに虫歯になった」という声もよくお聞きします。それはセルフケアでは落としきれない汚れが原因。そこで大切なのがセルフケアと併用する定期的な歯科医院でのプロフェッショナルケアです。

 家庭用超音波スケーラー

お口の健康を保つためには病気を未然に防ぐことが大切です。病気にかかってしまってからの治療では、お口の中にダメージが残ってしまいますし、治療によるダメージも少なからず受けてしまいます。そこで、お口の異変を感じてから通院するより、痛くなる前に定期検診を受診することがお口の健康を守る秘訣です。

 

歯科診療の基本は「治療」よりも「予防」です。定期検診を受けることで、もし虫歯や歯周病にかかってしまっていたとしても、早期発見・早期治療につながります。結果的に大切なご自身の歯を失うことなく、治療にかかる時間や費用の節約にもなりますので、積極的にご活用ください。

 

かみ合わせチェック

歯並びや咬み合わせが乱れていると汚れがたまりやすい部位が生じることがあります。するとそこから虫歯や歯周病を発症しやすくなるのです。また通常は歯列全体で咀嚼(そしゃく)の力を分散しますが、咬み合わせが悪いと一部に過度の負担がかかり、その歯が揺らされ、歯周病を起こしやすくなるのです。定期的な咬み合わせのチェックと改善が歯周病予防につながります。

 生体情報モニター

PMTC

プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、毎日のブラッシングではなかなか落としきれない歯と歯の間や歯と歯ぐきの溝のプラークや歯石を取り除くための歯科スタッフによる専門器具を用いた歯のクリーニング処置です。歯面をなめらかにみがいたあとの仕上げのフッ素塗布で、歯質を強化し汚れの再付着を防ぎます。

 

ブラッシング指導

患者様の歯並びやお口の状態は一人ひとり異なります。またブラッシングのクセもあります。ブラッシング指導ではお口の中の汚れのたまっている部位をチェックし、その部位を中心に汚れを落とせるような歯ブラシの持ち方や動かし方をアドバイスします。また歯ブラシだけでなくデンタルロスや歯間ブラシの選び方や使い方もご説明しますので、毎日のセルフケアに役立ててください。

予防歯科では、お口の中のさまざまな病気を未然に防ぐことに取り組みます

虫歯や歯周病に感染していない状態を守るのはもちろん、治療後の良好な状態を長く維持するためにも、とても大切なメンテナンスです。歯医者に「痛くなってから通う」のではなく、「痛くならないように通う」。これが予防歯科の考え方です。

 コントラ 歯科

しかし日本では残念なことに、予防歯科の考え方があまり浸透していません。歯科先進国であるスウェーデンでは9割もの人が定期検診を受けているため、80歳時点の平均残存歯数は約20本もあります。それに対し、定期検診を受けている人がほとんどいない日本の場合は80歳の時点で平均8本ほどしか残存していません。予防歯科は、子どもから大人まで世代を問わず大切にすべき考え方です。何歳になっても歯を失わないように定期的に歯科医院へ通い、ご家族全員で歯の健康維持を心がけましょう。

 

歯の治療が完了すれば、外見や機能を取り戻すことができます。しかし、治ったからと安心して放置してしまうと、再び虫歯や歯周病を招いてしまいます。どんなに小さな患部の治療でも、治療のダメージは残ってしまいます。そのダメージが積み重なることで、歯の寿命は確実に短くなります。

 歯科用マイクロスコープ

当然ですが、一度抜けてしまった歯は取り戻すことができません。歯を失ってから歯の大切さに気が付いても、それでは遅すぎるのです。きちんと咬んで食べることは、消化や栄養の吸収にも大きな影響を与えます。不自由なく会話するうえでも、歯は欠かせません。重いものを持ったり瞬間的に力を入れたりするときも、しっかり食いしばれる歯が必要です。生涯にわたって健康な生活を送るために、健康な歯を守っていきましょう。

 

PMTC

歯科医師、歯科衛生士が専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯面清掃(クリーニング)のことを言います。歯の表面から歯と歯肉の境の溝の中(13mmまで)のプラーク(細菌の塊)をすべて取り除くことができます。PMTCをすることによりツルツルに磨かれた歯面はプラークがつきにくくなります。PMTCとはお口の健康維持のための環境作りを目的とした処置です。特に、タバコのヤニや茶渋など着色が気になる方や歯槽膿漏、口臭の気になる方にお勧めです。

歯を失ったら、入れ歯やインプラント治療などで失った歯の機能を補う必要があります

虫歯や歯周病にかかる前に、お口のトラブルを予防する診療メニューです。定期検診でお口の中をチェックし、歯をクリーニングします。これまで、歯科医院には「治療」のために通っていた方が多いのではないかと思います。しかし歯科先進国といわれる北欧の国々や英国、米国では、歯科医院は「予防」に行くところで、痛くなる前に定期的に通院するのが常識なのです。

 家庭用超音波スケーラー

さまざまな負担が予防で軽減できます

歯を失ったら、入れ歯やインプラント治療などで失った歯の機能を補う必要があります。しかし、入れ歯を入れた場合には噛む機能をほとんど回復できず、インプラント治療の場合でもご自分の歯の噛む機能の約8割程度しか回復できません。

 

やはりご自分の歯に勝るものはないのです。また、それまでには治療費や治療期間などの負担のほかに、精神的負担もしいられることになります。一方、予防がしっかりできていれば、歯を失うリスクを大きく低減できるだけでなく、治療にあたっての負担も負わずに済むのです。余計な負担を負わないためにも、予防に積極的に取り組み自分の歯を維持しましょう。

 

ブラッシング指導

お口の中の状態は人それぞれ。そのため、ベストなブラッシング方法もその人によって違います。当院では患者さん一人ひとりに最適なブラッシング方法を指導し、ご自宅でのケアに役立てていただいています。

 パルスオキシメーター

PMTC

日々のブラッシングでは落としきれない歯の裏や歯のすき間の汚れを、専門の器具を使って徹底的に除去するクリーニングです。軽度の着色汚れであれば、PMTCで落とせることもあります。

 

フッ素塗布

歯質の強化に効果があるフッ素を歯の表面に塗り、虫歯に強い歯をつくる処置です。予防処置の仕上げとして、虫歯予防効果をアップするためにも行っています。

予防歯科では、食生活に問題があるようでしたら正しい食事指導を行います

むし歯も歯周病も生活習慣病ですから、治療が終わったからと言ってむし歯や歯周病になったままのお手入れや食生活を続けているとすぐに再発してしまいます。再発を避けるためには、お口の条件を整えて、きちんと手入れされた健康な歯肉を保つ予防が重要です。

むし歯や歯周病の予防は、口内だけでなく、全身の健康にも良い影響を与えます。

 ハンドピース 歯科

また、予防をしっかり行って将来、歯を失わないようにすることで健康寿命は伸びる可能性が高くなります。そしてなにより口内のトラブルがなくなれば、日常生活の中で「会話」「食事」「笑顔」を心おきなく楽しむことができます。

 

PMTC

歯科医師、歯科衛生士が専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯面清掃(クリーニング)のことを言います。歯の表面から歯と歯肉の境の溝の中(13mmまで)のプラーク(細菌の塊)をすべて取り除くことができます。PMTCをすることによりツルツルに磨かれた歯面はプラークがつきにくくなります。PMTCとはお口の健康維持のための環境作りを目的とした処置です。特に、タバコのヤニや茶渋など着色が気になる方や歯槽膿漏、口臭の気になる方にお勧めです。

PMTCの効果

歯肉炎、歯槽膿漏、口臭の予防

知覚過敏、虫歯の進行抑制

 

シーラント

シーラントとは、奥歯の噛み合わせの部分にプラスチックを埋め込んで、その部分を虫歯予防する方法です。その方法は非常にシンプルで、シーラントをする歯の溝をきれいにし、そこにレジンを貼り付けるのです。(レジンとは、軽い虫歯治療の時につめる白いもの)
奥歯など歯磨き時にブラシが届きにくい場所に有効です。実際に行う際には、本来の噛み合わせをずらすことになるので、噛み合わせに注意しながら進めます。

 オートクレーブ

フッ素塗布

歯の一番外側にあるエナメル層は、フッ素を取り込むことで、より丈夫に硬く、そして虫歯になりにくくなります。フッ素を取り込むには歯医者で行う方法とホームケアで日常的に行う方法があります。

 

食事の仕方を見直します

予防歯科では、食生活に問題があるようでしたら正しい食事指導を行います。たとえば間食や甘い飲み物も、上手にとるようにしたらむし歯や歯周病になるリスクはそれほどあがりません。食生活の見直しは、むし歯や歯周病予防にとって、かなり重要な治療のひとつです。

<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>