猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:158667
Today:152
Yesterday:325
<<prev | 最新 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 最初 | next>>
歯垢がたまりやすくなっています

日本は「歯周病大国」と呼ばれており、30代の約8割が歯周病だといわれています。歯周病は、歯周細菌と呼ばれる細菌が、歯ぐきの内側に入り込むことで発生します。歯周病が進むと、歯ぐきだけではなく、歯を支えている顎の骨(歯槽骨)にまで炎症が及びます。進行を抑えられなければ歯を支えることが困難になり、最終的には歯を失ってしまう恐ろしい病気です。 歯周病を予防するには、早期発見・早期治療が欠かせません。

 抜歯鉗子

歯肉炎

歯磨きや、固いものを食べたときに出血する場合があります。歯の周りにある歯周ポケットと呼ばれる溝が広がり、歯垢がたまりやすくなっています。

 

軽度の歯周病

歯肉炎から更に細菌感染が進んだ状態で、歯ぐきが腫れ、顎の骨が溶け始めます。

 

中度の歯周病

歯ぐきの腫れが増し、ブヨブヨと腫れぼったくなります。歯磨きでの出血が増え、歯肉も減ってしまって歯が長くなったような感じがします。

 

重度の歯周病

顎の骨の溶解も進んでしまい、歯のグラつきがひどくなります。出血だけでなく膿が出たり、口臭がより強くなったりし、最悪の場合、歯が抜け落ちます。

 ワックスペン

スケーリング(歯石取り)

「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて、歯周病の原因となる歯垢を除去します。軽度の歯周病に対して行う治療です。歯石は歯磨きでは取れないので、定期的に歯科医院で取ってもらいましょう。

 

ルートプレーニング

歯周病が進行すると歯周ポケットが深くなるため、スケーリングだけでは歯の汚れを取り除くことができません。そのため、「キュレット」といわれる専用の器具を歯周ポケット内部に入れ、歯周ポケットの奥深くにこびり付いた歯石を取り除きます。

歯周病(歯槽膿漏)を予防して、入れ歯になるのを防ぎましょう

歯周病は、歯垢中の細菌が原因で歯周組織(歯の周りの歯肉や骨)に炎症を起こす病気です。炎症により歯の根の周囲の骨が吸収され、進行すると最悪の場合歯が抜け落ちます。 歯茎から出血したり、歯がグラグラしていれば、歯周病の疑いがあります。

歯周病(歯槽膿漏)を予防して、入れ歯になるのを防ぎましょう。

 ニッケルチタンファイル

歯周病はお口の中以外の病気との関連があることをTVなどでも最近よく紹介されており、深刻な影響を及ぼしかねないことがわかってきました。歯周病はさまざまな全身疾患のリスクになります。お口の中に住み着く細菌が命を狙っているのです。歯や歯ぐきの健康はお口の中だけでなく、全身と関係しています。

 

お口の中には何百種類という細菌が生息していますが、お口から体の中へ入り込むとさまざまな病気を引き起こすことが知られています。たとえば心臓病・肺炎・糖尿病・早産などです。歯周病は歯周病菌の塊である歯垢(プラーク)や歯石による歯ぐきの炎症ですが、たかがお口の病気とあなどってはいけません。

 

軽度歯周炎(歯肉炎)

歯ぐきに炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、3mm程度です。

 

中等度歯周炎

顎の骨が溶け始めた状態。歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、歯が浮くような感じがしたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、46mm程度です。

 ハンドスケーラー

重度歯周炎

顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

 

歯周病を予防するには?

歯周病の原因は歯垢ですから、それをためない、増やさないことが基本です。そのためにはまず、正しく歯ブラシを使用し、こまめに歯を磨くことが重要です。

歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておくことが何より大切です。

 

食生活に注意することなども必要です

歯周病とは、虫歯とは異なり、歯そのものでは無く歯の周りで起こり、歯を支えているあごの骨が溶けて歯がぐらぐらになり最終的には歯が抜けてしまう怖い病気です。歯周病は、歯と歯肉の間の溝、歯周ポケットに入り込んだ細菌が毎日の歯磨きで取り除けなかった歯の汚れ・歯垢・歯石を餌に毒素を出すことで起こります。

 パルスオキシメーター

また、歯周病が進んでしまうと食べ物を食べると激しく痛んだり、歯を磨いたりする時に痛むようになり、さらに進行すると歯肉が腫れブヨブヨになり、歯肉から膿が出て口臭がします。

 

「プラークコントロール」とは、歯周病の原因となる歯垢(プラーク/細菌のかたまり)を作らせない、または留まらせないことです。歯科医院で定期的に歯垢や歯石の除去などを受けていても、原因であるプラークが出来やすいお口のままでは再発を繰り返してしまいます。プラークコントロールは歯ブラシだけで行うことは難しく、歯ブラシ以外のアイテムを使用することや、食生活に注意することなども必要です。

 

歯周病治療は、歯科医師・歯科衛生士の力だけでは全てを解決することは出来ません。ご自身による、日常ケアが重要です。歯科衛生士より、それぞれの患者様のお口の状態にあった、11本の歯をしっかりと磨ける方法を指導させていただきます。まずは正しい歯磨きの方法を学んでいただきます。

 ハンドスケーラー

歯科医院にて、着色、プラーク、歯石などを落として汚れが再びつきにくい環境にしたり、フッ素塗布によって歯質を強化したりします。歯を丁寧に磨いているつもりでも、プロによるクリーニングを受けなければ、除去できない部分があります。 お口の健康を保つためには、1ヵ月~3ヵ月に1回メンテナンスを受けられることをお勧めしております。

 

失われた歯周組織を再生する治療法

歯周病が進行すると、歯根膜や歯槽骨といった歯を支えている歯周組織が破壊されます。治療により細菌を除去することで歯周組織の健康は取り戻せますが、失われた歯周組織は自然には元の状態へ戻りません。歯周組織再生療法とは、歯周組織の破壊の程度が限定的な段階であれば、失われた組織を回復することで、歯を抜かずに保存することも可能になる画期的な療法です。

歯周病予防の基本は、プラーク(歯垢)を確実に取り除くこと!

歯の清掃が不十分であったり、かぶせ物と歯との間に隙間があって歯の清掃ができない場合などに歯の表面にプラーク(歯垢)と呼ばれる細菌の塊のようなものが歯の表面吸着してきます。このプラークの中で歯周病の原因となる細菌が活動し始めるのです。まずプラークにより歯肉に炎症が起きます。この時には歯を支えている歯槽骨にはまだ影響は出ていません。

 マイクロスコープ 歯科

この状態を歯肉炎といいます。

歯肉炎のままでプラークが付いたままになっていると細菌の活動によりプラークは唾液の中のカルシウムと反応して石のように固まってきます。これが歯石です。歯石がついているとその上にプラークがさらに増え、歯と歯肉が結合している部分や歯槽骨を破壊して歯と歯肉の間に歯周ポケットという深い溝を作ります。

 

このような状態を歯周炎といいます。

そしてその歯周ポケットの中にプラークが入り込んで歯周組織を破壊し、ポケットはさらに深くなり、そこへまたプラークが入り込んで悪循環を繰り返し歯周組織の破壊は進み、歯の支えである歯槽骨が溶けてしまい最終的には歯がぐらぐらになって噛めなくなり抜歯しなければならなくなってしまいます。  その他の歯周病の進行を早める要因として、かみ合わせのバランスが悪い場合や歯ぎしりなどの咬合性外傷と呼ばれるものや糖尿病等の全身疾患、また喫煙などが挙げられます。

 歯科用マイクロスコープ

歯周病予防の基本は、プラーク(歯垢)を確実に取り除くこと!

歯周病予防の基本は、プラーク(歯垢)を確実に取り除くことです。プラークを100%取り除くことが出来れば基本的に歯周病は防げます。ところが、これが簡単ではないんです。
プラークはネバネバしており、歯にしっかり付着しています。水でゆすいでも落とすことはできません。ですので、まずは、毎日の歯みがきで歯垢(プラーク)をしっかり取り除くことが大切です。

初期の歯周病はブラッシングで健康な状態に戻すことも可能です。毎日のケアが欠かせません。日本人の90%は11回以上歯みがきしているのですが、むし歯や歯周病になってしまう方は他の先進国に比べてかなり多いのが現状です。歯を磨いていても原因となるプラークを落とせていないのではないでしょうか?一見キレイに見える歯もプラークを見えるように染めてみるとまだまだ歯に残っています。

専用の機械で歯の表面を徹底してクリーニングする処置

日本人は歯周病になりやすく、30代以降のおよそ80%がかかっているといわれています。また、歯を失う理由で最も多いのが歯周病です。では、どのようにしたら、歯周病を予防できるでしょうか。 歯周病は治療、予防ともにお口の中の細菌を除去することが最も重要なことです。まずご自身のお口の中の状態を知ることから始めましょう。お口の中は一人一人違うものです。歯肉の検査で歯周病の進行具合と進行部位を検査します。また、歯周病を増悪させる因子の検査や問診を行います。検査後は今お口の中がどんな状態で、今後どのように歯を守っていくかをお話し致します。 

状況と治療法をご理解され同意いただけましたら、歯周病に対する治療を開始します。まず、お家でのお口の管理について指導させていただきます。そして徹底的に歯石や細菌の除去を行います。その後再度歯肉の検査し評価します。この結果に基づき歯周病の治癒を確認していきます。この時更なる治療が必要であれば、患者さんに状況をご説明し同意を頂いたうえで、外科的な処置や再生療法を行います。 

 

スケーリング

ブラッシングや一般的なクリーニングでは除去できないプラークや歯石を、専用器具でていねいに除去するのがスケーリングです。プラークや歯石の再付着を防ぐためには36ヶ月ごとに受けるのがよいでしょう。

 

PMTC

専用の機械で歯の表面を徹底してクリーニングする処置がPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)。ブラッシングなどの日常的なケアでは落とせない汚れをしっかり除去します。

 歯科用マイクロスコープ

ブラッシング指導

毎日のブラッシングも自己流では磨き残しができやすくなりがち。そこで、歯科衛生士が一人ひとりのクセや口腔内の状態に合わせて、最適なブラッシングを指導します。

 

フッ素塗布

むし歯菌の増殖を抑え、歯の再石灰化を促す働きのあるフッ素を歯の表面に塗布する処置。むし歯に負けない丈夫で健康な歯をつくります。

 オートクレーブ

シーラント

上下で28本ある歯のうち、奥歯はその他の歯よりもむし歯になりやすいという特徴があります。奥歯の深い溝に細菌が蓄積しやすいことが原因となっているため、その溝に樹脂を埋めて塞ぎ、細菌の付着や繁殖を防ぐための処置が「シーラント」です。

歯周病は、歯垢(プラーク)の中に含まれる細菌が引き起こす感染症です

はじめは歯肉が炎症を起こして腫れる歯肉炎になり、そのまま放置しておくと、歯を支える骨(歯槽骨)がやがて溶けてしまう歯周炎へと悪化します。歯肉炎と歯周炎を総称して歯周病といいます。現在、日本の成人の80%以上の方が歯周病の何らかの症状があるといわれています。
歯周病は、その進行程度により一人ひとり異なるので、その方にあった治療方針を立てていきます。

 家庭用超音波スケーラー

プラークが付着したままさらに放置すると、約1週間で硬くなり(石灰化とよばれます)歯石という物質に変化し、歯面や歯の根の部分に強固に付着します。その表面は軽石のようにザラザラと凹凸があるために、その内部や周囲にはさらに細菌が入り込み、毒素を出し続けます。こうなると、もはやブラッシングでも落とせません。

歯周病は、虫歯のように痛みが出るなどはっきりとした症状がありません。そのため、かなり進行しないと自覚症状として出てこない疾患です。細菌は毒素を出し続けて、その影響により歯槽骨を溶かしていき、やがて周囲の骨の支えを失った歯は抜けてしまいます。
また、歯を支えている骨(歯槽骨)や、歯と歯槽骨をつなぐ繊維(歯根膜)などは、一度破壊されてしまうともとには戻りません。

 

基本的に歯周病は細菌による感染症です。しかしながら、その発症と進行には多くのリスクファクターが関与しています。なかでも、喫煙は歯周病のもっとも重大な因子のひとつです。タバコに含まれるニコチンには血管を収縮させる作用があり、歯肉が炎症を起こしても出血しにくい状態になっています。そのため、気づかないうちに進行してしまうことが多いのです。また、白血球や歯肉を作る細胞などの機能を低下させてしまうため、歯周病の治療を行なってもなかなか回復しないのです。

 生体情報モニター

毎日の予防が健康への近道です

虫歯や歯周病は治療によって治すことができます。しかし、一度でも治療を受けた歯には少なからずダメージが蓄積されています。治療跡が再び虫歯になるケースもあり、再発すればさらに歯を削ることとなり、歯の寿命自体を縮めてしまいかねません。

そうならないために、普段からの予防に努めることが最善だと言えます。毎日の歯磨きを怠らないことはもちろん、健康なご自身の歯を生涯にわたって維持するためにも、定期的に歯医者へ通い、口腔内に異常が起こってないかをチェックすることが大切です。

歯や歯茎の健康は口の中だけでなく全身と関係しています

虫歯予防も大事ですが、大人になったらそれよりも歯周病の予防はもっと大切です。なぜなら、歯周病は歯を失う最も大きな原因となっているからです。歯周病と聞くと、おじいちゃんやおばあちゃんがなるお年寄りの病気だと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実は20代で歯周病になっている人もたくさんおり、早ければ30代には歯を失い始めてします。

 コントラ 歯科

歯周病は虫歯のように自分で気づくことがほとんどないため、どんどん進行していき、歯を支えている骨が知らない間に溶けてしまいます。一度溶けた骨が元の状態に戻ることはありません。常に歯周病の予防を心掛け、定期的に歯科医院に通ってスケーリングなどの処置も受けるようにしましょう。

 

歯周病の原因
歯周病の直接の原因は、プラーク(歯垢)です。プラーク中にはむし歯菌や歯周病菌が、1mg中になんと1億個以上いるといわれています。この中の歯周病菌は歯磨きを怠ったり、砂糖を取りすぎたりしますと、歯周ポケット内で異常に増殖し、それらが産出する毒素や酵素によって歯周組織に炎症をおこし、歯槽骨をとかす歯周病へと進行していきます。

また、歯石はプラークが石灰化して固まったものです。表面がざらざらしているのでさらにプラークがたまりやすくなります。歯石はうがいや歯磨きでは取れないので専門家にとってもらうしかありません。そうなる前にまず歯磨きでプラークをきれいに取り除くことが大切です。

 歯科用ユニット

歯や歯茎の健康は口の中だけでなく全身と関係しています。口の中には何百種類という細菌が生息していますが、口から体の中に入り込むとさまざまな病気を引き起こすことが知られています。たとえば心臓病、肺炎、糖尿病、早産などです。歯周病は歯周病菌の塊であるプラークや歯石による歯茎の炎症ですが、たかが口の病気とあなどっていると後悔することになるかもしれません。

 

食べたらみがくという習慣をつけることが大事です。その際、正しいブラッシングでプラークを取り除き、歯周ポケットをつくらないようにします。正しいブラッシング指導は当院で行っていますのでぜひご相談ください。また、不規則な食生活、偏食、喫煙などの生活習慣を改善することで抵抗力が高まり歯周病の悪化を防ぐことができます。

私たちにとって非常に身近な病気である歯周病。

なんと成人の8割が予備軍とも言われ、さらに日本人が歯を失う原因の第一位でもあります。 しかし、初期段階では自覚症状が感じられないため治療が遅れてしまうケースが多々あるのです。歯茎から出血がみられる頃にはすでに重症化している場合もあり、 最悪の場合は歯がグラグラしたり、抜け落ちたりしてしまいます。

 ハンドピース 歯科

歯周病の原因とは

歯に付着した歯垢や歯石内で歯周病菌が繁殖します。これが原因で、 歯茎が慢性的な炎症に陥り、その後徐々に歯茎はもちろん、顎の骨を溶かしていってしまいます。

 

全身に影響を与える歯周病

歯周病は歯茎や口腔内にトラブルを引き起こすだけではなく、体全体に悪い影響を与える場合があります。 たかが歯周病、と油断していると、最終的には全身疾患などが引き起こされるケースもありますのでご注意ください。

 

歯周病克服のための4つのキーワード

知る 

歯周病の原因や症状など、歯周病について患者様自身が知っておくことが大切です。
「知る」ことで、歯周病にならないようケアする意識付けができたり、症状が出たときに病気に気づくことができたりと、予防や早期発見に役立ちます。

 

見る 

歯並びなどお口の状態をよく確認することで、プラークが付きやすい箇所はどこか、どの箇所を重点的に磨いたらいいのかがわかります。

 

取る 

歯周病ケアの基本は正しいブラッシングです。正しいブラッシング方法を習得して、毎日のブラッシングで歯周病を起こさない口腔内環境に保ちましょう。

 歯科用マイクロスコープ

行く 

ホームケアができていても、どうしても歯と歯の間や歯と歯ぐきのすき間にプラークは溜まってしまうものです。ホームケアで落としきれない汚れは、歯科医院でプロのクリーニングを受けることでスッキリ取り除くことができます。定期的に歯科医院に通ってクリーニングを受けるようにしましょう。

歯周病と糖尿病は、互いが互いを悪化させる関係にあることがわかっています

歯ぐきの腫れやブラッシング時の出血、歯のグラつき……こうしたサインがあった場合は、歯周病かもしれません。痛みがほとんどないためにむし歯に比べると危機感が薄い方も多い印象のある歯周病ですが、重症化すると歯が抜け落ちてしまうこともある、とても怖い病気です。

 ニッケルチタンファイル

全身にも悪影響を及ぼす怖い病気です

程度の差こそありますが、歯周病は30代以上の方の約80%がかかっているともいわれています。感染病である歯周病のトラブルは、お口の中だけにとどまりません。歯周病菌が血液を通じて全身をめぐることにより、さまざまな悪影響を及ぼすことがあるのです。

中でも歯周病と大きく関わりがあるとされるのが糖尿病です。

 

歯周病と糖尿病は、互いが互いを悪化させる関係にあることがわかっています。また、歯周病菌が血管に入ると血栓ができやすくなるので、動脈硬化を招くおそれがあります。妊娠中の方が歯周病にかかると、早産や低体重児出産のリスクが高まるという報告もあります。

 

歯石除去(SRP

歯石とは、歯周病の原因となるプラーク(歯垢)が石灰化したものです。磨き切れなかった歯にプラーク(歯垢)が残ってしまうと、23日で歯石に変化すると言われており、歯の表面にこびり付いた歯石は歯ブラシでは除去できません。 はじめに歯周ポケットの深さを測定し、歯垢、歯石の除去を行っております。歯石除去は歯周病に対する基本的な治療で、大きく分けてスケーリングとルートプレーニングという2つの方法があります。

 歯科 マイクロスコープ

スケーリング

専用の器具を使って歯石やプラーク(歯垢)を除去する作業をスケーリングといいます。このスケーリングにはスケーラという専用の器具を使います。

 

ルートプレーニング

ルートプレーニングとはスケーリング終了後に、歯根表面の汚染・軟化されたセメント質や象牙質を除去し、歯根面を硬くなめらかに仕上げることをいいます。歯根面がなめらかではなく、でこぼこしていると、プラーク(歯垢)が付着しやすくなり、それが後々歯周病の重大な原因となります。

 

歯を失う原因のうち、もっとも多い「歯周病」

歯周病は、プラーク(歯垢)に含まれる歯周病菌によって歯ぐきに炎症が起き、放っておくと顎の骨までもが溶かされてしまうおそろしい病気です。痛みなどの自覚症状がほとんどないまま進行し、最悪の場合には顎の骨が歯を支えられなくなり、歯が抜け落ちてしまいます。そうならないためには、定期的に歯周病検査を行うことと、予防に努めることが大切です。

 マイクロモーター

全身にも悪影響を及ぼす怖い病気です

程度の差こそありますが、歯周病は30代以上の方の約80%がかかっているともいわれています。感染病である歯周病のトラブルは、お口の中だけにとどまりません。歯周病菌が血液を通じて全身をめぐることにより、さまざまな悪影響を及ぼすことがあるのです。

中でも歯周病と大きく関わりがあるとされるのが糖尿病です。

 

歯周病と糖尿病は、互いが互いを悪化させる関係にあることがわかっています。また、歯周病菌が血管に入ると血栓ができやすくなるので、動脈硬化を招くおそれがあります。妊娠中の方が歯周病にかかると、早産や低体重児出産のリスクが高まるという報告もあります。

 家庭用超音波スケーラー

定期的に歯石を取るようにしましょう

歯石とは歯の周りについている「石」のようなものです。歯垢(プラーク)は唾液中のミネラルと結びつくことによって石灰化し、歯石に変わります。歯ぐきや歯を支える骨を溶かしていく原因である歯周病菌は歯垢の中に潜んでいますが、歯垢は歯石があるところに付着しやすいため、歯石を除去することは歯周病の予防につながります。

 

歯石は通常のブラッシングでは落とせないので、歯科医師や歯科衛生士の手で除去してもらいましょう。軽度の歯周病であれば、歯石の除去だけで症状が改善することもあります。定期的に歯科医院で歯石をとることによって、歯周病は効果的に予防できます。

 

歯科医院での定期的なメンテナンスを受けずに放置してしまう、たまった歯垢は歯石となり、そこにまた歯垢が集まってお口の中の細菌がどんどん増えていきます。歯周病が重症化すると、口臭がきつくなります。固いものが噛みにくくなります。そして大切な歯を失ったり、全身疾患を招いたりする可能性もあります。お口の健康だけでなく、全身の健康を維持するためにも、歯石を定期的に除去することが必要なのです。

<<prev | 最新 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 最初 | next>>