猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:80964
Today:107
Yesterday:233
<<prev | 最新 | 24 | 25 | 26 | 27 | 最初 | next>>
人類史上最も感染者の多い感染症ー歯周病

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)などに含まれている細菌(歯周病菌)に感染し、歯肉がはれたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう感染症です。人類史上最も感染者の多い感染症とも言われています。 歯科材料

 

歯周病の検査

パノラマレントゲン撮影
進行した歯周病では、歯を支えるアゴの骨が溶けてしまっている場合があります。レントゲン撮影は、治療計画を立てる上で重要な指標となります。 

 

精密検査
歯周ポケット測定、歯の動揺度の検査を専用の歯科器具を使って行います。この検査によって歯周病の進行度が分かります。 オートクレーブ

 

プラーク(歯垢)付着検査
染め出し液を使い、プラークが多く 溜まっているところを確認します。赤く濃く染まっている箇所はプラークが多く溜まっているところです。染め出し検査は、日常のブラッシングの改善にも役立ちます。 

 超音波スケーラー

ブラッシングチェック
効果的なブラッシング方法を実施していただくために、まずは患者様の今までのブラッシングの仕方をチェックします。

 

歯周病はどうやって治すのでしょうか?

歯周病が進行して溶けてしまった骨は戻すことができません。とにかく症状を悪化させないようにすることが大事です。歯周病の原因は歯垢です。歯周病になってしまった際には、根源である「歯垢=細菌」をいかに減らしていくかが重要なポイントです。細菌を減らすためには、まずご自身の毎日のブラッシングによって、今以上に細菌を増やさないことが大切です。

虫歯はしっかりとした予防プログラムを受ければ、高確率で防げる病気
むし歯とは、むし歯菌が糖(食べ物のカス)を餌にして「酸」を作り、その酸によって歯が溶かされる病気です。近年では、しっかりとした予防プログラムを受ければ、高確率で防げる病気だと言われています。

日本人が歯が抜ける原因の第二位がむし歯です。むし歯は初期段階では、症状(痛いなど)が小さいため気付かない場合も多いですが、初期段階で発見できれば、回数も少なく、最小の治療で済みます。 一見問題なさそうでも、定期的に歯医者さんでむし歯のチェックはしたほうがいいでしょう。万が一症状が出てきた場合は要注意です。すぐに歯医者さんに行きましょう。歯科 超音波スケーラー

初期段階の虫歯
歯の表面を覆うエナメル質が少し溶け出し、白濁が見られます。この段階の虫歯は適切なブラッシングと予防治療により再石灰化して治ります。エアスケーラー

エナメル質の虫歯
歯の表面のエナメル質が溶け始め、歯の表面が黒くなります痛みはほとんど感じませんが放っておくと虫歯が進行する状態です。この段階では虫歯を削ってレジンなどの修復材を詰める簡単な治療を行います ハンドピース

神経に近い虫歯
エナメル質の下の象牙質まで虫歯が進行した状態です。象牙質まで進行すると、甘い物や冷たい物がしみるようになり自覚症状が現れます。この段階では虫歯の部分を削り、詰め物か、被せ物をして保護します。

神経に達した虫歯
象牙質によって保護されていた歯髄(歯の神経)まで虫歯が進行した状態です。神経が侵され、何もしていなくても激しく痛みます。この段階では被せ物(クラウン)を装着するのが一般的で、歯の神経を取り除く治療(根管治療)が必要となる場合があります。

末期の虫歯
歯冠の大部分が崩壊し、歯の根まで虫歯が進行して化膿している状態です。神経が壊死しているため痛みはなくなりますが歯根先端が化膿すると激痛が走ります。この段階では多くの場合は抜歯が必要です。抜歯後はインプラント、ブリッジ、入れ歯などで欠損を補います。
歯周病の原因となる要素
歯周病菌
その名のとおり歯周病のもととなる細菌で、ひとたび口腔内に広がるとなかなか取り去ることができません。自覚症状がなくても、定期的に検診を受けることが早期発見につながります。また、虫歯同様、毎食後の正しいブラッシングが予防の第一歩です。超音波スケーラー

不規則な生活習慣
生活習慣病の代表的とも言える寝不足やストレスは、歯周病においても悪影響を及ぼします。とはいっても、定着している生活パターンはなかなかすぐに変えられないものです。生活を大きく変えるのではなく、まずは、夜早く寝るように意識する、タバコの量を減らすなど、ちょっとしたことから改善してみましょう。オートクレーブ

歯周病の検査
ポケット検査
「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。 www.zetadental.jp

歯の揺度検査
ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。

レントゲン検査
顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。

歯周病を予防するには、早期発見、早期治療が一番重要です。 少なくとも3ヶ月~半年に1度定期健診を受けることをお勧めいたします。まずは現状を知るために医院で検査を受けることをお勧めいたします。また、歯周病は発生しやすい病気です。治療終了後も定期健診などの定期的なケアがとても大切です。
厳密にいえば歯槽膿漏は歯周病の一症状
日本人の成人の約8割が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。 歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の周りの病気の総称で、歯周病の初期では自覚症状がほとんどないため、気づいていない方が多いのが特徴です。歯科検査は口腔内カメラのような専門の歯科器具が必要です。

歯周病と同じ意味で「歯槽膿漏(しそうのうろう)」という言葉もありますが、最近では「歯槽膿漏=歯周病」として、歯槽膿漏という言葉はあまり使われなくなり、歯槽膿漏を含めて歯周病という言葉を使う事が多くなっています。歯槽膿漏は字のごとく、「歯周組織から膿(うみ)が出る」症状のことなので、厳密にいえば歯槽膿漏は歯周病の一症状ということになります。歯科レントゲン

日本人が歯を失う理由で多いのは虫歯と歯周病。これらを予防すれば、歳を重ねても健康な口腔内でいることができます。実際、定期検診や歯科医院でのクリーニングの習慣がある方とない方では、70歳時の歯の本数が倍以上違うそうです。ご自身の歯を長く使い続けるためには、歯科医院での予防処置が必須なのです。 歯科材料

歯周病を予防するためには、何よりもまずプラークコントロールが不可欠です。歯の周辺に付着したプラーク(歯垢)を除去し、細菌を減らすことで歯周病の進行を食い止めることができます。歯の上側の歯垢は、ご自身の毎日のブラッシングによって取り除くことができますが、歯肉の内側深く入り込んだ歯垢はご自身で除去できないため、歯科医院で清掃を行う必要があります。ご自身と歯科医院の相互の取り組みによって、歯周病を予防していきます。
虫歯は防ぐことができる病気
虫歯は、細菌が糖質から作った「酸」によって歯が溶かされる病気で、「細菌の塊=プラーク(歯垢)」が原因で起こります。歯と歯の間、奥歯の噛み合わせ、歯と歯茎の境目の溝など歯ブラシが届きにくく、磨き残しの多いところが虫歯になりやすいのですが、しっかりと予防を行えば、確実に防ぐことができる病気でもあります。歯科ではハンドピースが必要です。

C0脱灰
歯の表面のエナメル質が少し溶け、一部が白濁している状態です。痛みなどの自覚症状はありません。光照射器 歯科

C1エナメル質の虫歯
エナメル質が溶け、歯の表面が黒くなっている状態です。痛みなどの自覚症状はまだありません。

C2象牙質の虫歯
歯の内側の象牙質まで虫歯が進行している状態です。甘いものや冷たいもので痛みます。

C3神経の虫歯
虫歯が歯髄(神経)まで進行している状態です。熱いものでも痛むようになり、次第に常に激しく痛むようになります。

C4歯根の虫歯
虫歯が歯根まで進行している状態です。神経が死んでいるため痛みは感じません。 www.zetadental.jp

虫歯の種類
歯冠部う蝕
歯のエナメル質から起こる虫歯です。奥歯のかみ合わせの溝や、歯と歯の間などの磨き残しの多いことから発生します。

二次う蝕(治療済みの歯に起こる虫歯)
一度詰めたりかぶせたりして治療した歯から起こる虫歯です。詰め物と歯との隙間にはプラークが溜まりやすく、そこから細菌が侵入し、虫歯が発生します。

根面う蝕(歯の根っこの虫歯)
歯の根の部分(歯根部)から起こる虫歯です。 歯周病とも関連が深く、歯周病の進行や治療によって歯ぐきが下がり、歯の根の部分が露出することにより起こる虫歯です。歯根は比較的軟らかいセメント質で覆われているため、虫歯になりやすいので注意が必要です。
とても身近な歯のトラブルである虫歯
「虫歯」はとても身近な歯のトラブルです。初期の段階では自覚症状がないので悪化させてしまいやすい病気で、治療を怠り放っておくと歯を失うことにもつながります。またある程度進むと虫歯は自然治癒することもありません。大切な歯をできるだけ長く保ち、いつまでも自分の歯で過ごせるように、虫歯についての理解を深め、「予防」や早期発見・早期治療に努めましょう。歯科治療は専門の歯科器具が必要です。一部分の歯科器具はオートクレーブでの消毒が必要です。

C0 ごく初期のむし歯
表面のエナメル質が溶けはじめ、白く濁っている状態です。痛みなどの自覚症状はなく、まだ歯に穴はあいていません。適切なブラッシングやフッ素塗布で治ることがあります。

C1 エナメル質のむし歯
エナメル質がさらに溶け、黒ずんで見える状態です。冷たいものがしみることはありますが、刺すような痛みはまだありません。むし歯に冒された部分を削り、その部分にレジン(歯科用プラスチック)を詰めます。電気歯髄診断器

C2 象牙質のむし歯
エナメル質の内側にある象牙質までむし歯が進行した状態です。ときどきズキズキ痛むことがあります。むし歯に冒された部分を削り、詰め物を入れて穴を塞ぎます。

C3 神経のむし歯 むし
歯が神経まで進行した状態です。熱いものがしみるようになり、何もしていなくてもズキズキと激しく痛むようになります。神経を除去し、神経が入っていた管(根管)の内部を消毒して薬剤を詰める根管治療を行い、クラウンを被せます。

C4 歯根まで達したむし歯
歯の大部分が溶かされてしまい、歯根までむし歯に冒された状態です。歯根部に膿が溜まると、さらに激しく痛みます。多くの場合、抜歯が必要です。抜歯後は入れ歯やブリッジなどで、失った歯の機能回復を図ります。 ハンドピース

予防
フッ素 歯科病院でフッ素を歯の表面に塗布することで、歯の組織が強化され、虫歯菌の出す酸に対しての抵抗性も向上します。さらに、虫歯菌が酸を作り出すのを阻害する効果もあります。 

よく噛んで食べる
よく噛んで食べると唾液の分泌を促進します。よく噛んだときにでる唾液は酸を中性にする力が普段の何十倍も強いと言われています。

定期健診を受ける
歯医者さんと協力してメンテナンスを実施していけば、虫歯を防ぐ事は可能です。
歯周病の怖さと歯周病の予防
歯を失う原因の48%が歯周病です。残りの48%が虫歯で、あとは事故や矯正歯科の治療においてが原因です。歯周病にかかっている人は日本人の70%で、大人のほとんどの人が歯周病にかかっているといってもいいでしょう。さらに歯周病は軽度の場合痛みをともなわないことが多いため、治療が大変遅れてしまいます。これらの、現実をふまえて、十分に歯周病の怖さを理解していただければと思います。歯科治療は専門の歯科器具が必要です。一部分の歯科器具はオートクレープでの消毒が必要です。

歯周病は歯の周りに付着した汚れ(プラーク)により歯の周りの歯茎(歯肉)や歯を支える骨(歯槽骨)などが破壊される病気で、かつては歯槽膿漏と言われていました。プラークには歯周病の原因となる細菌が含まれており、歯と歯茎の境目の歯周ポケットに細菌が入り込むと、歯肉が炎症を起こし赤く腫れて出血します。さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨が溶けて歯がグラグラしはじめ、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。オートクレーブ 価格

歯周病は、お口の中だけの病気と考えられてきましたが、近年、歯周病が全身にもたらす 影響についての研究がすすめられています。その結果、全身の健康状態にも悪影響を及ぼすことがわかりつつあります。歯周病菌が出す毒素が体内に入り、糖尿病や心臓の病気、早産や低体重児出産、高齢者では誤臓性肺炎を引き起こす可能性があるのです。 超音波スケーラー

歯周病を予防するには、早期発見、早期治療が一番重要です。 少なくとも3ヶ月~半年に1度定期健診を受けることをお勧めいたします。まずは現状を知るために医院で検査を受けることをお勧めいたします。また、歯周病は発生しやすい病気です。治療終了後も定期健診などの定期的なケアがとても大切です。
歯ぐきから膿が出る病気のことで、以前は歯槽膿漏と呼ばれます
歯周病とは
歯ぐきから膿が出る病気のことで、以前は歯槽膿漏と呼ばれていました。酷くなると、歯ぐきの下の歯を支えてる顎の骨が溶けて、歯がグラグラ揺れてきます。それでも放っておくと、自然に歯が抜けることもあります。歯科では超音波スケーラーのような専門の歯科器具が必要です。

歯周病の原因について
口の中にいる細菌の塊、プラーク(歯垢)と呼ばれているものです。このプラークは、歯を支えている骨を溶かしてしまう毒素を出し、歯周病の最大原因と言われています。また、歯周病の直接的原因ではありませんが、歯石もプラークの付着をしやすくして、歯周病を悪化させます。(歯科用品専門店)

歯周病の初期段階は自覚症状が少なく、歯周病になっても気付かずに、そのままにしてしまう方がほとんどです。しかし、症状は静かに進行し、歯ぐきが炎症を起こして腫れ上がり、出血も伴い、顎の骨が溶かされて歯がグラグラしてきます。この状態になるとすでに重症です。最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうことに。「歯を磨くと出血する」「口臭が気になる」「歯がグラグラする」などの症状がある方は、早期治療を施すためにも、早めに歯医者さんに診てもらうことが大切です。 オートクレーブ

歯周病の治療方法
スケーリング
歯と歯ぐきの間や歯周ポケットなどにたまった歯石を、スケーラーという器具を使って除去します。これを「スケーリング」といいます。

ルートプレーニング
スケーリングでは取り切れない歯周ポケットの奥に溜まったプラークや歯石をとる処置です。

詰め物・被せ物
詰めものや被せものの隙間に食べかすが詰まり、そこから歯周病になることもあります。詰め物や被せ物のチェックを行い、必要に応じて調整や作り直しをご提案しています。
近年は虫歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです
歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です。虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯ぐきもとても大切です。歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されりする病気です。歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。治療に早すぎるという事はありません。あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。歯周病は歯ぐきだけが腫れた状態となる歯肉炎と、歯と歯ぐきをつないでいる部分が壊されたり、歯を支えている骨が壊される歯周炎に分類されます。歯科では専門の歯科器具が必要です。一部分の歯科器具はオートクレーブでの消毒が必要です。 www.zetadental.jp

歯肉炎
歯ぐきに炎症が起きている状態。ブラッシングの際などに出血しやすくなります。歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目の溝)の深さは、3mm程度です。歯科用品商組合

軽度歯周炎
顎の骨が溶けはじめた状態。歯ぐきが腫れ、ブラッシングの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。歯周ポケットの深さは、4mm程度です。

中等度歯周炎
顎の骨が半分くらい溶けた状態。歯を指で押すとグラつきます。歯ぐきの腫れや出血に加え、歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。歯周ポケットの深さは、6mm程度です。

重度歯周炎
顎の骨の3分の2以上が溶けた状態。歯のグラつきがひどくなります。歯ぐきが下がり歯根が露出し歯が長く見えたり、歯と歯ぐきの境目から膿が出て口臭がよりきつくなったりします。この状態を放置すると、最悪の場合、歯が抜け落ちます。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

予防歯科
これまで歯科医院へは「歯が痛くなってから行く」という方は多かったのではないでしょうか?確かに歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。近年は虫歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。ずっと健康な歯を保つためにも、虫歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。
最近、テレビのCM等でよく聞く歯周病
最近、テレビのCM等でよく聞く歯周病。歯周病とは一体どの様な病気なのでしょうか? 歯周病は歯を支える骨(歯槽骨)が溶ける病気です。主な原因がプラーク(歯垢)、歯石です。 成人の8割の人が歯周病に罹っていると言われ、生活習慣病の一つとして捉えられています。歯周病は、自覚症状がないため、発見が遅れることが多く、気付いたら手遅れになる怖い病気なのです。歯周病の治療は進行具合によって、歯石をとる治療と、悪くなった歯茎、溶けた骨を改善する治療に分けられます。そして、治療が一段落しても家庭でのケア(歯磨き等)と、歯科医院での継続的な治療、その両方が必要であると考えられています。歯科では超音波スケーラーのような専門の歯科器具が必要です。 zetadental

歯周病の進行について
歯肉炎~軽度歯周炎: 歯と歯ぐきの間にプラークがたまって、歯ぐきが腫れ出血しやすくなっています。歯を支える骨にはあまり影響がないか、もしくは微量の骨吸収がみられます。また、歯周病は悪くなる時期(活動期)と静止期を繰り返しながら進行していきます。歯科材料組合

中等度歯周炎: 歯周ポケットが形成され、歯石が深部まで付着し、歯を支える骨が半分くらい失われています。

重度歯周炎: 歯を支える骨がほとんどなくなり、歯がぐらつき、このまま放っておくと歯がぬけてしまいます。歯ぐきが下がる、膿が出るなどの症状もみられます。

歯周病の治療方法
スケーリング
歯と歯ぐきの間や歯周ポケットなどにたまった歯石を、スケーラーという器具を使って除去します。これを「スケーリング」といいます。

ルートプレーニング
スケーリングでは取り切れない歯周ポケットの奥に溜まったプラークや歯石をとる処置です。

詰め物・被せ物
詰めものや被せものの隙間に食べかすが詰まり、そこから歯周病になることもあります。詰め物や被せ物のチェックを行い、必要に応じて調整や作り直しをご提案しています。
<<prev | 最新 | 24 | 25 | 26 | 27 | 最初 | next>>