猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:80507
Today:44
Yesterday:304
<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
一般歯科でもっとも多く行われる治療は虫歯治療です

今までに虫歯にかかったことがないという方はほとんどいないでしょう。それほど多くの方にとって身近な「虫歯」ですが、一体どのような病気なのでしょうか?

 

虫歯は、口腔内のプラーク(細菌の塊)によって歯が溶かされる病気です。自然治癒することはなく、放置するとどんどん悪化していきます。最終的には歯を失うことにもなりかねません。

 ハンドピース

虫歯にかかってもはじめは自覚症状がありません。ですが、放置することで進行し、歯が痛み出した頃には重症になっていることがほとんどです。虫歯は早期発見と早期治療が重要。

 

CO 初期段階の虫歯

歯の表面を覆うエナメル質が少し溶け出し、白濁が見られます。この段階の虫歯は適切なブラッシングと予防治療により再石灰化して治ります。

 

C1 エナメル質の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始め、歯の表面が黒くなります痛みはほとんど感じませんが放っておくと虫歯が進行する状態です。この段階では虫歯を削ってレジンなどの修復材を詰めるか、フッ化ジアミン銀による進行防止といった簡単な治療を行います

 

C2 神経に近い虫歯

エナメル質の下の象牙質まで虫歯が進行した状態です。象牙質まで進行すると、甘い物や冷たい物がしみるようになり自覚症状が現れます。この段階では虫歯の部分を削り、詰め物か、被せ物をして保護します。

 

C3 神経に達した虫歯

象牙質によって保護されていた歯髄(歯の神経)まで虫歯が進行した状態です。神経が侵され、何もしていなくても激しく痛みます。この段階では被せ物(クラウン)を装着するのが一般的で、歯の神経を取り除く治療(根管治療)が必要となる場合があります。

電気歯髄診断器

C4 末期の虫歯

歯冠の大部分が崩壊し、歯の根まで虫歯が進行して化膿している状態です。神経が壊死しているため痛みはなくなりますが歯根先端が化膿すると激痛が走ります。この段階では多くの場合は抜歯が必要です。抜歯後はインプラント、ブリッジ、入れ歯などで欠損を補います。

歯周病とは、歯周病菌がこの歯と歯茎の隙間に入り込み、やがては歯槽骨(歯を支えている骨)に達し、この骨を溶かしてしまう病気です

骨を溶かしてしまうなんて、歯を溶かしてしまうむし歯菌と同じくらいこわいですね。 

 歯科材料 通販

もちろん、歯槽骨が溶けてしまったら、歯を支えることは出来ませんので、歯が健康であっても抜けてしまいます。 しかも、今や成人の8割が歯周病であると言われています。そして、むし歯は歳をとるにつれてかかりにくくなるのですが、歯周病は、逆に、歳をとるにつれて進行します。 このように、ほとんどの人がかかっている上に、骨が溶け、健康な歯でも抜けてしまう怖い病気なのですが、本当に怖いのはこれだけではありません。

 

歯周病治療の流れ

1. 歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影などを行います。 歯周病の原因は11人異なりますので、治療していく前に検査を行い、11人に適した治療を行っていきます。

 

2. 歯周病の原因は歯垢(プラーク)なので、プラークを除去し付きにくくすることが治療の基本となります。歯科衛生士による歯みがき指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなどで改善をはかります。簡単に落とせる歯石やプラークを落していき、検査にて改善を確認します。軽度の歯周炎の方はここまでで治療が完了します。

 光照射器

3. 中等度~重度の歯周炎の場合、歯石が深くまであるため取りきれません。このような場合は外科的な治療が必要となります。

4. 口の中の細菌を完全になくすことは難しく、歯周病は再発し易いので、治療完了後も定期的なメンテナンスが 必要となります。再発防止には患者さん自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでなく、定期的に歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯を メンテナンスすることが重要です。

 

歯周病といってもさまざまな症状があり、歯周病の方の多くが1つだけではなく複数の症状を抱えている事が多いので、上記の中で複数の症状が出ている方はもちろん、1つだけでも思い当たる症状がある場合はかなりの確立で歯周病の可能性が高いので、1日も早く診察を受けましょう。

もちろん歯周病と診断するのは私たち歯科医師です。上記のような症状があったからといって必ずしも歯周病とは限りませんが、その可能性は非常に高いと思いますので、歯周病であれば早めに治療をしていく事が何よりも大切なのです。

沈黙の病気~と呼ばれる歯周病

歯周病は今や生活習慣病のひとつとも言われ、歯周病は放置しておくと全身疾患を引き起こす引き金にもなりかねない病気です。また、歯を失う原因の大きな要因となっています。

 歯科 鉗子

口腔内には300500種類ほどの細菌がいます。口内が不潔だと、これらの細菌が歯垢や歯石を作り、細菌の温床になります。ここに歯周病を引き起こす細菌が棲み着いて活発化すると、歯肉に炎症が引き起こされ、歯を支えている骨を溶かしていきます。
以下の症状がある方は、歯周病の進行がかなり進んでいる可能性があるのでご注意ください。

 

歯周病の初期症状

歯がぐらついてきた

歯ぐきからの出血が頻繁に認められる

口臭が気になる

歯ぐきが腫れて痛む

 ダイヤモンドバー

歯肉炎

プラークが歯の周りに付着することで歯肉に炎症が起こり、歯周ポケットが作られます。 
炎症の原因であるプラークが除去されると改善します。

歯科用マイクロスコープ

歯周炎

歯肉炎が進行すると、歯を支えている骨(歯槽骨)にまで影響が及びます。歯茎から出血や膿が出たり、口臭も強くなります。歯槽骨が溶かされてしまい歯がグラグラして、最終的には歯が抜けてしまします。

 

「サイレント・アーミー」~沈黙の病気~と呼ばれる歯周病。

歯肉炎と歯周炎をあわせた歯周病には3545歳で80%、4555歳で88%の人がかかっているとの報告があります。また歯肉からの出血、口臭、歯肉の腫れ、これら全ての症状は歯周病の予備軍となりえます。

歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病原菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

歯肉に炎症がおきた状態を『歯肉炎』、それに加え歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を『歯周炎』といいます。また、初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

テレビCMなどでも耳にする「歯周病」。

これは炎症性疾患のひとつで、「軽度歯周炎」と言われる状態に差し掛かると歯を支える土台である歯槽骨が溶け始めるようになります。また、歯周病の炎症が歯茎のみに生じている場合は「歯肉炎」、それが進行した場合は「歯周炎(歯槽膿漏)」と言われます。

 生体モニター歯科

歯周病の原因として「細菌への感染」が挙げられます。歯磨きをしっかりとしているつもりでも、歯肉溝と言われる歯と歯ぐきの溝まで歯磨きが行き届いていないとそこが最近の溜まり場になってしまいます。

 

軽度歯周病

【症状】
歯ぐきが炎症をおこし赤く腫れます。ブラッシングすると出血がみられますが、痛みを感じることはありません。
【治療例】
炎症が起きている部分を検査し、クリーニングして歯垢や歯石を取り除きます。また、正しいブラッシング方法を指導します

 

中等度歯周病

【症状】
歯垢や歯石により歯周組織に炎症が生じます。口臭が強くなり、容易に歯ぐきから出血します。歯がグラつく場合も。
【治療例】
検査を行い、どの部分に炎症があるかを調べ歯石を除去します。ブラッシング方法を確認していただき、歯周病がひどい箇所は歯周ポケット深くまで徹底的に掃除を行います。

 歯科用ユニット

重度歯周病

【症状】
痛くて強く噛むことができない。治療にも時間がかかり骨がなくなる場合もあるので、入れ歯も安定しなくなります。
【治療例】
完治させるのが困難で、歯を保存するために歯周外科手術や再生療法を行います。最終的には12歯欠損はブリッジ、3本以上の場合は入れ歯になることが多いです。

歯周病は生活習慣病の1です。日頃の生活習慣によって歯周病になりやすくなったり、歯周病を治療しても治りづらくなる事があります。歯科医院で治療を受けたり、普段のブラッシングをいくら正しくをおこなっていても生活習慣を見直さない限り歯周病を予防し、完治することは困難と言われています。生活習慣の改善するためには、食生活や睡眠といった基本的な事に注意を払うことはもちろんですが、ストレスを溜め込まない生活や適度な運動を心がける事が必要です。生活習慣病の一例を挙げますと、喫煙などが代表的と言えるでしょう。喫煙は血管を収縮させ、歯ぐきの血行を悪くさせます。そうすると、肺を痛めるだけではなく、歯周病に対する抵抗力が低下し、症状が進行してしまいます。
また、糖尿病を患っている人と健康な人はほぼ同じ比率で歯周病にかかりますが、糖尿病になると細菌感染に対する抵抗力が低下し、歯周病が悪化しやすい状態を引き起こします。歯の病気だけではなく、健康的な体と心のためにも生活習慣改善をはかりましょう。

正しいブラッシングの方法につきましては歯科医院に相談すると教えてもらえます

歯周病は歯肉や歯周組織に炎症が起こる病気で、虫歯と違って自覚症状がないまま進行してゆくため早期発見が難しいという特徴があります。症状が進むにつれ、歯肉から血や膿が出てきたり、口臭がひどくなってきたりします。さらに症状が悪化すると、最終的に歯が抜け落ちたり、歯を支える骨が溶けてしまったりするなど、大変恐ろしい病気なのです。また歯周病菌が糖尿病や心臓病、肺炎、早産などの引き金になるという研究結果も出ており、歯科治療にとどまらず総合的な医療が必要になってくるケースさえあります。

 マイクロスコープ 歯科

歯周病のCT検査

歯周病の治療をスムーズかつ正確におこなうためには、CTでの診断が非常に重要です。CTでは患者様の顎の骨の形はもちろん、骨の質や厚み、高さなどの状態まで詳しく計測できます。正確なデータがあれば、治療をスムーズに進めることができるほか、CT上で手術のシミュレーションをおこなえるため、その結果によっては切開の必要がなくなる場合もあるのです。

治療の成功率を高め、患者様の負担を減らすためにも、CTは必要不可欠な機器と言えるでしょう。

 

安全性が高い

歯周病治療の前に、治療箇所の詳細なデータが得られます。正確なデータがあれば、治療をより正確に進めることができるため、高い安全性が確保できます。

画像が高精度

従来のX線写真に比べ、非常に高精度な画像を撮影できます。あらゆる角度から疾患を見られるほか内部まで確認できるため、細かい部分の異変なども発見できます。

病巣を確認できる

治療対象の患部だけでなく、通常の診断では見つけられないような病巣まで発見できます。

 生体情報モニター

歯周病の予防には、まず何よりも毎日の歯のメンテナンスが重要です。また少しでもおかしいと思ったら専門医に相談することが肝要です。

 

ブラッシング

毎日少なくとも朝晩の2回は念入りな歯のブラッシングをすることをおすすめします。正しいブラッシングの方法につきましては歯科医院に相談すると教えてもらえます。

定期検診とクリーニング

しっかりブラッシングをしていても歯ブラシだけではなかなかプラーク(歯垢)は除去できません。定期的に歯科医院で歯や歯ぐきの状態を検診しましょう。またブラッシングではとれない汚れやプラークを除去するために、歯石取りやPMTCなどの歯のクリーニングをおすすめします。

日本人の成人が歯を失う理由の一位は歯周病です

25歳以上の日本人の、実に80%超の人が歯周病の状態にあるという調査結果もあります。自覚症状がなくても、成人のほとんどが歯周病である可能性があるのです。

 生体情報モニター

ほとんどの方は、歯周病は歯茎が腫れる・血が出るといった症状が出て、最終的に歯が抜けてしまう病気だと考えているでしょう。しかし、歯周病の本当の怖さは「あごの骨が溶けてなくなる」ということです。あごの骨が溶けると、入れ歯の安定が悪くなるなど歯を失った後の口腔内の環境にも悪影響を及ぼします。歯が抜けて終わり、ではありません。また、近年は歯周病が脳卒中、誤嚥性肺炎、心筋梗塞、糖尿病などを招き、全身の健康を脅かす恐れがあることも明らかになっています。

 

歯周病は初期から最終段階まで、3つの段階に分けられます。

軽度歯周炎

症状

歯周ポケット(歯と歯茎の間にできた隙間)はおよそ35mmです。歯茎の腫れが感じられるようになると、すでに菌は歯周組織に入り込んで、歯根膜や歯槽骨にも侵入しています。すると歯周ポケットはさらに深くなり、歯垢や歯石が溜まりやすくなります。

 

中等度歯周炎

症状

歯周ポケットがおよそ47mmになります。菌による炎症はさらに進み、歯槽骨が歯根の長さの半分程度まで冒され、もう歯を支えていられなくなります。歯のぐらつきを感じるようになり、これによってますます歯周ポケットが深くなってしまいます。

 ハンドスケーラー

重度歯周炎

症状

歯周ポケットが6mm以上の深さになります。すでに歯槽骨は原型をとどめておらず、歯がぐらぐらになり、ちょっとしたことで出血し、抜けてしまいます。

 

PMTC

歯科医院で行う歯のお手入れを「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」と言います。歯垢を落とす専用の器材や研磨剤でクリーニングするので、患者さん自身のブラッシングでどうしても落としきれない歯垢もきちんと落とせます。

歯周炎になると、歯槽骨のまわりに膿がたまり、漏れ出るようになるため、「歯槽膿漏」とも呼ばれています

初期段階であれば、歯磨きでプラークを取り除き、歯石を除去してもらうことで治ります  

歯周組織は、歯肉のほか、歯を支えている歯槽骨、歯根膜、セメント質などからなりますが、炎症が歯肉だけに限られているものを「歯肉炎」、歯槽骨や歯根膜にまで炎症が広がったものを「歯周炎」と呼んでいます。
歯周炎になると、歯槽骨のまわりに膿がたまり、漏れ出るようになるため、「歯槽膿漏」とも呼ばれています。

歯周病は、初期には痛みや出血などを伴うことが少なく、自覚症状のないまま進行しやすいので、要注意です。 下記は歯周病の主な症状です。当てはまるものがないかチェックしてみてください。

 口腔内カメラ

朝起きたときなどに、口の中がネバネバする。

ブラッシング時に出血する。

口臭が気になる、指摘された。

歯肉がむずがゆい、痛い。

歯肉が赤く腫れていたり、赤黒くなっている。

かたい物が噛みにくい。

歯と歯の間に食べ物がはさまりやすい。

歯が長くなったような気がする。

歯ぐきを押すと血や膿が出る。

歯がグラグラするようになった。

 

歯周病を甘く見ると大変な事になります。実は日本人の歯を失う原因の半分は歯周病です。歯周病とは、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちていきます。初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

 スリーウェイシリンジ

歯周病の進行

歯周病は歯肉炎の段階では、歯の磨き方など口の中の健康管理を積極的にケアすることでよくなります。しかし、ある程度症状が進行している場合は出来る限り早めに診察を受けることが大切です。また、歯周病のかかりはじめは自覚症状があまりない病気ですので、検査を受けて症状を知ることも大切です。

 

歯周病の予防

初期段階であれば、歯磨きでプラークを取り除き、歯石を除去してもらうことで治ります。しかし、ほっておくとポケットはますます深くなり、歯を支える歯槽骨が解け始め歯周病となります。 炎症が歯槽骨に達した段階でも痛みを感じないのがほとんどで、気付くと歯槽骨の破壊が進んで歯がグラグラということもあります。

短期で歯周病菌を取り除いて、あとは適切な歯のケアを続けるだけです

歯周病には自覚症状がありません。それだけに、気づいたときには症状が進んでいることもありますが、決して怖い病気ではないと思っています。単純に言ってしまえば、歯周病というのは、歯周病菌という悪玉菌が口腔内にあるかないかの話。短期で歯周病菌を取り除いて、あとは適切な歯のケアを続けるだけです。

 歯科治療器具

さて皆さん、このような症状はありませんか?

歯磨きすると歯茎から出血する。

歯肉が赤く腫れている。

歯茎から膿がでる。

食べ物が歯の間にはさまりやすくなった。

昔より歯が長くなったように見える。

 

これは歯周病の典型的な症状です。歯周病は、成人の方の約8割が罹患しているという統計があります。そして、虫歯と異なり歯周病は痛みもなく進行していきますので、気付いた時にはもう手遅れ(抜歯)ということが多い病気です。歯周病の厄介なところがこの、痛みがない、つまり自覚症状がなく進んでしまうところなのです。 

 

歯周病を治す為には、炎症の原因である細菌の減らすことに尽きます。細菌の棲みかであるプラークは、ブラッシングでも除去できますが、かなり上手な方でも除去率は70%程と言われています。すでに、歯肉炎や歯周炎の症状がある場合、歯ブラシでは、なかなか届かない歯周ポケットの奥深くに、プラークや歯石が隠れているはずです。

 

歯石とは、プラークが唾液中のカルシウムを取り込んで固まった軟石状のものです。しつこく歯にこびり付く為にセルフケアでは取れません。そこで、歯茎に隠れたプラークと歯石を徹底的に取り去るために、歯科医院では、スケーリング・ルートプレーニングを行います。歯肉縁下のスケーリング・ルートプレーニングで、プラークと歯石を徹底的に取り除けば、私は8割近い歯周病が手術なしに治癒すると考えています。とはいえ、その限界もあります。いずれにせよ、重度に進行してしまう前に、歯科医院の定期健診とスケーリング・ルートプレーニングで貴方の歯を守っていきましょう。

 ハンドピース

歯周病の進行
健康な歯肉:健康な歯肉はひきしまり、弾力があるピンク色をしています。歯ブラシで多少こすっても出血しません。
歯肉炎~軽度歯周炎:歯と歯ぐきの間にプラークがたまって、歯ぐきが腫れ出血しやすくなっています。歯を支える骨にはあまり影響がないか、もしくは微量の骨吸収がみられます。また、歯周病は悪くなる時期(活動期)と静止期を繰り返しながら進行していきます。
中等度歯周炎:歯周ポケットが形成され、歯石が深部まで付着し、歯を支える骨が半分くらい失われています。
重度歯周炎:歯を支える骨がほとんどなくなり、歯がぐらつき、このまま放っておくと歯がぬけてしまいます。歯ぐきが下がる、膿が出るなどの症状もみられます。

早期の発見と正しい治療である程度の進行を止めることが可能なのです

歯周病は歯槽膿漏とも、呼ばれている歯肉の病気で,成人のほとんどは歯周病にかかっているといっても過言ではありません。歯を失う原因はムシ歯よりも多いと言われ,知らないうちに歯ぐきの骨がなくなる病気です。磨き残しなどによる歯垢(プラーク)の中には歯周病菌が増殖、歯を支える土台である歯周組織や骨を破壊し、歯を失ってしまうのです。おもな原因は歯垢(プラーク)ですが、糖尿病などの全身の病気やタバコを吸うなどの生活習慣 が、歯周病をひきおこしたり悪化させる原因にもなっています。

 エアーモーター

 歯を磨くと歯ぐきから血がでる。
◎ 歯ぐきが赤く腫れている。
◎ 冷たいものや熱いものがしみる。(虫歯の可能性あり)
◎ 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
◎ 歯と歯の間がすいて食べ物が詰まる。
◎ 歯ぐきがやせてきたと感じる。

 

歯周病は虫歯と違いほとんど痛みがなく、気づかないうちに進行します。ほっておくと症状はどんどん進行しやがて歯が抜けてしまいます。 自然に治るということはありませんが、早期の発見と正しい治療である程度の進行を止めることが可能なのです。

 

歯周病は痛みなどが無く進行するので、自覚症状が無い方がほとんどです。そのため、歯周病に気付くためには定期的な歯科検診を受ける事をお勧めします。歯周病の原因としては、不十分な歯みがきや歯ぎしり、かみ合わせが悪い、といったお口の問題だけでなく、喫煙、ストレス、不規則な生活習慣などが関係しています。つまり、歯周病は生活習慣病の一つなのです。たばこを吸う、疲労やストレスをためている、よく噛まずに食べる、間食が多い、つい夜ふかしをしてしまう、そんな人は歯周病に要注意です。

 パルスオキシメーター

軽度の場合
歯周病の基本検査をした後、クリーニング、歯石除去、ブラッシング指導。
 
中度の場合
歯周病の基本検査をした後、患者様にご説明をさせていただき治療計画を立てます。深い歯周ポケット内の歯石除去、細菌検査の結果により抗菌治療などを行います。
 
重度の場合
中度の方と同じ過程の後、歯周外科手術・歯並び・かみ合わせの再構築・抜歯などを行います。

次の項目をチェックしてみましょう

歯周病とは、歯を支えている組織に起こる様々な症状のことで、歯を失う原因としては、虫歯よりも非常に高い確率が高いのですが実は、日本人の成人の80%が歯周病と言われております。歯周病は一度悪化してしまうと簡単に治ることはなく、進行を止めるための治療しかできません。重度の歯周病になると歯を抜くしか選択肢はありません。歯周病になる前の予防が最も大事です。

 歯科レントゲン

次の項目をチェックしてみましょう。

歯ぐきが赤くブヨブヨしている。

② 歯を磨くと血が出ることがある。

③ 歯をこそぐと白い物(プラーク)がつく。

④ 人から口が臭いと言われたことがある。

⑤ 硬いものが食べにくくなってきた。

⑥ 歯がぐらつく。

⑦ 歯が長くなった気がする。

⑧ 歯を磨かない日がある。

⑨ ここ数年歯医者さんへ行っていない。

⑩ 糖尿病にかかっている。

これらの項目のうち3つ以上、当てはまるようでしたら歯周病の疑いがあります。
お近くの歯医者さんでチェックしてもらいましょう。

 

歯周病を治す為には、炎症の原因である細菌の減らすことに尽きます。細菌の棲みかであるプラークは、ブラッシングでも除去できますが、かなり上手な方でも除去率は70%程と言われています。すでに、歯肉炎や歯周炎の症状がある場合、歯ブラシでは、なかなか届かない歯周ポケットの奥深くに、プラークや歯石が隠れているはずです。

 マイクロモーター

歯石とは、プラークが唾液中のカルシウムを取り込んで固まった軟石状のものです。しつこく歯にこびり付く為にセルフケアでは取れません。そこで、歯茎に隠れたプラークと歯石を徹底的に取り去るために、歯科医院では、スケーリング・ルートプレーニングを行います。

 

歯肉縁下のスケーリング・ルートプレーニングで、プラークと歯石を徹底的に取り除けば、8割近い歯周病が手術なしに治癒すると考えています。とはいえ、その限界もあります。いずれにせよ、重度に進行してしまう前に、歯科医院の定期健診とスケーリング・ルートプレーニングで貴方の歯を守っていきましょう。

<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>