猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:150352
Today:30
Yesterday:79
<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
歯石は放置しておくと中で細菌が繁殖し、歯茎が腫れたり、歯周病の原因になったりします

歯周病は初期段階ではあまり自覚症状がなく、徐々に歯石が付いて歯茎が腫れたり、歯茎から出血するなどの炎症を起こし、痛み出したときには既に骨が溶け出していたりします。特に、前歯や上の奥歯の裏側などの唾液が出てくる箇所の周辺にみがき残しがあると、歯周病になりやすいので注意が必要です。

 歯医者 器具

また、歯周病などで歯がグラついても、すぐに「歯を抜かないといけない」というわけではありません。歯周ポケットの中の汚れを取って薬剤を塗布して様子を見る、という場合もあります。掃除してキレイにすると歯茎が引き締まり、出血もおさまることがあります。毎日の歯みがきで気を付けていても、みがき残しはどうしても出てくるものです。

 

歯石除去

歯石は放置しておくと中で細菌が繁殖し、歯茎が腫れたり、歯周病の原因になったりします。今は特に問題がないと感じていても、将来起こり得る歯のトラブルを防ぐために定期的な歯のクリーニングをおすすめいたします。

 

これまで歯科医院へは「歯が痛くなってから行く」という方は多かったのではないでしょうか?確かに歯科医院に行くことで歯の痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。歯は一度削ってしまったら、もう元には戻りません。近年は虫歯や歯周病にならないためのケアが重要視されてきているのです。ずっと健康な歯を保つためにも、虫歯になり治療によるダメージを歯に与える前に予防を心がけることが大切です。

 ユニファスト

PMTC

PMTCとは「プロフェッショナル・メカニカル・ティース・クリーニング」の略称で、毎日の歯みがきでは落ちない歯の汚れや歯ブラシの届きにくい場所を、プロが専用機器を用いてきれいにクリーニングすることです。

歯の表面には、プラークの元となるバイオフィルムという菌が膜のように定着してしまうことがあります。PMTCでこのバイオフィルムを破壊し、菌を除去し、再付着の防止と免疫力の向上をはかります。

本当の意味でお口の中をきれいにするには、「歯科医院=プロ」の力が必要なのです

放っておくと、最終的には抜け落ちてしまいます。初期には自覚症状がないため、気づいたときにはかなり進行してしまっていることも少なくありません。当院では、歯周病の進行段階を把握するために、レントゲン検査を行っています。大切な歯を守るために定期検診に通って検査を受け、早期発見・早期治療に努めましょう。

 オートクレーブ 価格

虫歯や歯周病には、いくつかの共通点があります。それは、「初期に自覚症状がない」「一度かかると自然には治らない」「早めに治療すれば、簡単に済む」といったことのほかに、「予防が可能である」ということが挙げられます。

 

歯科先進国では「歯医者は健康なときに通う場所」というのが常識となっているものの、日本では未だに「どこか悪くなってから通う場所」というよくない風潮があります。しかし、大切な歯を長く使い続けるためには、悪くなったところを治療するばかりでなく、悪くならないよう適切な予防処置を受けることが、何よりも大切なのです。定期検診に通う習慣を身につけ、ご自身の歯を守っていきましょう。

 

歯の健康のためには、毎日の歯みがきがとても重要になりますが、実際はそれだけでは歯の汚れを落としきれません。本当の意味でお口の中をきれいにするには、「歯科医院=プロ」の力が必要なのです。

定期検診では、お口の中のチェックのほか、虫歯や歯周病を予防するさまざまな処置を行っています。定期的なプロによる予防処置を受けて、お口の健康を手に入れましょう。

 

PMTCとは、プロフェッショナルクリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で、歯科医院にて専用の器具を用いて歯科衛生士が行う歯のクリーニングのこと。日頃のブラッシングだけではどうしても落としきれていない汚れを、すみずみまできれいに取り除きます。定期的に行うことで、予防に効果的です。

 超音波スケーラー

歯の再石灰化を促し、歯質を強化する効果を持つフッ素を塗布し、虫歯に強い歯にします。初期の虫歯であれば、これによって治癒することもあります。プロフェッショナルクリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)と同じく、定期的に行うと効果的です。

 

毎日ブラッシングしていても、正しく行えていなければ意味がありません。染め出し液を使ってみがき残しをチェックしたうえで、一人ひとりの口腔内に合った正しいブラッシング方法を指導します。

歯周病の予防には、歯ブラシで歯と歯肉の隙間を磨くことが一番 !

ということは皆さんご存知だと思います。しかし最近もう 1 つ歯周病や虫歯の予防に大変役に立つことがこの PMTC  (Professional Mechanical Tooth Cleaning)  だと言われるようになりました。 PMTC 」を簡単に説明すると、毎日の自分で行なう歯磨きで落ちない歯の汚れを歯医者さんで専用機器を用いてきれいにクリーニングすることです。 毎日、知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や歯ブラシでは磨くことができない歯周ポケット ( 歯と歯肉の間のみぞ ) 内の歯の根の部分もキレイに磨き上げて汚れを取り除きます。歯石を取るような治療ではなくあくまで心地よい範囲の刺激で行なわれます。

 歯科用ユニット

こんな人にオススメ !

治療ではなく歯磨きの手伝いをして欲しい人

特に痛いところもなく、歯肉が腫れているわけでもないが、口の中をすっきりさせたい人。

歯周病の治療が終わっている人

PMTC は歯石などは取る事ができないので、治療などですでに歯石を取り除いてあることが前提になります。

矯正中の人

矯正装置の周りの汚れなどをきれいに取り除くのが難しいときなど歯磨きの手助けになります。

被せ物やブリッジなどがある人

ブリッジなどの歯のない部分も自分では磨けないような所まできれいになります。

PMTCの効果は?

お口のリフレッシュ

歯石を取るような強い刺激ではなく終わった後に爽快感が生まれることを目標に行なわれます。

歯の輝きが増す

多少の汚れやざらつきなどはツルツル、ピカピカに磨きあげられます。

虫歯の予防

歯磨きでは落とせない虫歯の元になる細菌の塊を磨き落とします。

歯周病予防

歯周ポケット内の根の部分に強く付着した歯石ではない細菌の塊を磨き落とします。

歯を強くする

磨き終わってきれいになったら歯の表面にフッ素を塗って歯を強くします。

 ユニファスト

初期のもの

歯周病を予防するには、細菌の住み家となっている歯垢を取り除く「定期的な予防措置」が第一です(プラークコントロール)。
歯磨きが十分にできていない場所に悪玉菌が覆いかぶさると、歯石の原因となる「バイオフィルム」が形成されます。歯石になる前に、バイオフィルムを除去することがプラークコントロールのポイントです。バイオフィルムを除去するには、デンタルフロスと歯ブラシを併用して歯垢を取り除くことです。

重度のもの

専門技術を持った衛生士によるスケーリング(歯石除去)を行う他、さらに重度な場合には歯肉を切開して歯の根元を露出させて歯石を除去する歯周外科処置(フラップ手術)を行う場合もあります。

8020運動とは、80歳になった時に自分自身の天然歯が20本残ることを目指す運動です。

実際、日本に次ぐ世界第二の長寿国スウェーデンの80歳の老人の歯の残存数は、日本人の2倍以上(21本)で自分の歯で生活できる方が多くおられます。なぜならスウェーデンの人々は、歯医者は治療のためでなく、歯の汚れの除去や歯や歯ぐきの健康チェック、そして予防のため(メインテナンス)に歯医者に行くのが普通と考えているからです。

 パルスオキシメーター

予防歯科を受けて歯を大切にするという習慣が普通であり、これはアメリカやヨーロッパ各国もほぼ同様です。それに対して日本人のメインテナンス率は約2%です。しっかり定期的に予防歯科(メンテナンス)を受けることによって、天然歯で一生過ごせることが可能になります。

 

PMTCProfessional Mechanical Tooth Cleaning)とは、プロの歯科衛生士が専用の装置を使って歯をツルツルに磨き上げることです。歯の黄ばみや着色がとれ、驚くほどきれいになります。のみならず、歯をツルツルにすることでプラークが破壊され、歯石がつきにくくなり、ひいては歯周病や虫歯を予防することが出来ます。近年、歯の表面の「再石灰化」というメカニズムが注目を集めています。初期の虫歯を削るのではなく、「治す」ことが研究されています。最新の研究成果をもとに科学的な裏付けを伴った予防歯科を実践していきたいと考えています。

家庭用超音波スケーラー

歯磨き指導

歯磨きはしているのに虫歯や歯周病になってしまう方が多くいらっしゃいます。
その原因は、正しく磨けていないために、食べカスが残ってしまい菌の繁殖を増長させてしまっているからです。これではせっかく歯磨きしても意味がありません。当クリニックでは、磨き残しを抑えることができる正しい歯磨き指導を行なっています。成人の方もそうですが、お子様は特に磨き残しによる虫歯の発症が早いのでご家族で歯磨き指導を受けられることをお勧めしています。

 

定期検診

たとえご自身でしっかり歯磨きができていても、知らず知らずのうちに菌の繁殖が進んている場合があります。そのためにも34ヶ月に一度は定期検診を受けることをお勧めします。スタッフが全力で皆様の口腔内の管理をサポートします!一生ご自身の歯でおいしく食事を楽しむためにも、口腔内のメンテナンスをしっかり行ないましょう。

毎日の予防が健康への近道です

「歯に痛みがある」「口の中に違和感がある」など症状が出始めてから歯医者に通うことお考えになっている方が多いかと思います。しかし、最近ではその傾向が変わり始めていることをご存知でしょうか?むし歯や歯周病にかかってからの「治療」より病気にかからないように「予防」するために歯医者に通う方が増えてきています。むし歯は完璧に治療をしても歯が元通りになることはありません。治療の場合、悪い所を削って詰め物や被せ物をするので、どうしても歯はダメージを受けます。ダメージを避けるためにも、病気を未然に回避する「予防」が効果的なのです。

 ニッケルチタンファイル

毎日の予防が健康への近道です

むし歯や歯周病を予防するためには、毎日のご自宅でのケアが欠かせません。食後にブラッシングやうがい、そして就寝前にしっかりお口の汚れを落とす。そんな毎日のケアをしっかり行うようにしましょう。それに加えたいのが歯科医院で定期的に行うケアです。むし歯や歯周病の有無をチェックすることで病気の早期発見・早期治療につなげることができます。また、毎日のケアでは落としきれないプラーク(歯垢)や歯石を、お口の衛生ケアのプロフェッショナルによる歯のクリーニングで落とすことは、予防への近道となります。

 

治療が終わってもメンテナンスで健康を維持

むし歯や歯周病は再発しやすい病気です。そのため治療が終わったから安心という訳にはいきません。治療後の健康なお口の状態を維持するためには、毎日のケアと定期的な歯科医院でメンテナンスを行うことが必要です。メンテナンスを続けることが、治療した歯を長持ちさせる秘訣ともいえます。

 歯科用マイクロスコープ

PMTC

歯科医師、歯科衛生士が専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って行う歯面清掃(クリーニング)のことを言います。歯の表面から歯と歯肉の境の溝 の中(13mmまで)のプラーク(細菌の塊)をすべて取り除くことができます。PMTCをすることによりツルツルに磨かれた歯面はプラークがつきにくくなります。
PMTCとはお口の健康維持のための環境作りを目的とした処置です。特に、タバコのヤニや茶渋など着色が気になる方や歯槽膿漏、口臭の気になる方にお勧めです。

PMTCの効果】
・歯肉炎、歯槽膿漏、口臭の予防
・知覚過敏、虫歯の進行抑制

PMTC・予防歯科】
当院では専門家による口腔内清掃(PMTC)のみに頼ることなく虫歯の原因菌の量、唾液の量、唾液の質なども検査して、甘味の摂取、フッ素の応用等など個人に対応したアドバイスをする事により、予防歯科を行っております。

歯周病は、歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)から細菌が入り込み、炎症を引き起こす病気です

歯周病は歯の表面につくプラーク:歯垢(細菌の塊り)によっておこる文字通り、「歯の周りの病気」です。 

まずはご自身の菌を顕微鏡で見ていただきます。歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎と、歯を支えている歯槽骨が破壊される歯周炎の分けられます。 世間一般で言われている歯槽膿漏は、成人性歯周炎をいいますが歯周病には、その症状、病態によっていろいろな種類があります。

 ダイヤモンドバー

日本人の歯を失う原因第1位
歯周病は、歯と歯ぐきのすき間(歯周ポケット)から細菌が入り込み、炎症を引き起こす病気です。進行すると歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし、歯を失う要因となります。日本では50代は80%、30代、40代でも70%が歯周病を患っているとされています。初期段階では症状がないため、「気づいたら歯がグラグラして、抜けてしまった」というケースもめずらしくありません。さらに、歯周病菌による炎症から生まれた物質が、歯ぐきの小さな傷から入り込み、血流にのって全身に運ばれると、血糖値を上げる(糖尿病)、血管の老化を促す(動脈硬化)、骨を弱くする(骨粗鬆症)などの疾患に影響を及ぼすことがわかってきました。

 遠心鋳造機

歯周病は、早く気づいて治療すれば、進行を止められますが、「もう大丈夫」と、これまでと同じ生活に戻ると、再発の危険も……。当院の『予防歯科』ならば、歯磨き指導はもちろん、食事や生活習慣の見直しなど、多方面から歯を守るアドバイスします。3カ月に1回の定期検診で口の中の状態をしっかりチェックしましょう。

 

歯周病予防にはまずは歯科医院での定期健診を受けていただくこと、そして正しいブラッシング方法を身につけることがとても重要です。大人の患者さまへのブラッシング指導はもちろん、補助器具(歯間ブラシやフロスなど)のアドバイスも行っております。よしむら歯科医院の小児歯科では保護者の方とお子様に、楽しくそして正しいブラッシング方法をアドバイスする「ブラッシング指導」を行っております。 ぜひご参加頂き、正しい歯磨き方法を習得してくださいね。 また、日頃の歯磨きではなかなか落とせない汚れはプロにお任せください。 よしむら歯科医院では予防歯科として歯のクリーニングを行っております。

歯周病はむし歯とは違い、痛みが出にくく自分では気づきにくいのが特徴

多くの方は、このように思っています。しかし日本人の成人の約8割は歯周病患者もしくは予備軍とされています。つまり、あなたも自分が知らないだけで歯周病にかかっている可能性があるのです。

歯周病はむし歯とは違い、痛みが出にくく自分では気づきにくいのが特徴。かかっていることがわからず、異変に気づいて歯科医院ではじめて知ったという方が多いのです。
では、なぜ歯周病になるのでしょう?

歯周病のしくみ

 歯科器具中古販売

直接的な原因はプラーク

プラークは、歯の表面に集まる目に見えない細菌からできているネバネバとした薄い膜のことです。プラークには無数の歯周病菌が潜んでおり、菌が出す毒素が歯周病の発生や進行に大きく影響してきます。プラークを放置するとやがて歯石に変化。歯石になると、周囲の歯周組織がさらに炎症を起こします。さらに放置すると細菌が奥に入り込んでいき、毒素を出し続けることで歯を支える骨を溶かしていきます。最終的には歯を支えられなくなり、咬むことが困難になり、歯が抜け落ちてしまうので早めの受診をおすすめします。

 

プラークコントロール ― 歯周病の治療&予防のために

プラークコントロールとは、歯周病の直接の原因であるプラーク(バイオフィルム)を減少させたり、プラークが再び付着するのを予防することです。歯周病の治療では、プラークコントロールは不可欠なものです。プラークコントロールなくして歯周病を治療することはできません。

 

初期の歯周病であれば、プラークを徹底的に取り除くことで歯肉を健康な状態に回復させることができます。歯周病が進行したケースで歯周外科治療(フラップ手術歯周組織再生療法)が必要なケースでも、プラークコントロールをしっかり行うことで、治療の効果を大きく高めることができます。プラークコントロールは、歯周病の治療だけでなく、歯周病を予防する上でも大切です。プラークコントロールには、歯科医院で行うプラークコントロール(プロフェッショナルケア)と、ご家庭で行う毎日のプラークコントロール(ホームケア)があります。

 マイクロモーター

ご家庭で行うプラークコントロール

生活習慣病である歯周病の治療を成功に導くためには、患者様ご自身による毎日のプラークコントロール(ホームケア/セルフケア)が不可欠です。ホームケアで最も大切なことは、丁寧な歯磨き(ブラッシング)ですが、不規則な食事回数や間食を控えた規則正しい食生活、繊維質の食品をよく咬んで食べること、ストレスをため込まない生活や十分な睡眠を心がけることなども大切です。

プラークは、歯の表面に集まる目に見えない細菌からできているネバネバとした薄い膜のことです

多くの方は、このように思っています。しかし日本人の成人の約8割は歯周病患者もしくは予備軍とされています。つまり、あなたも自分が知らないだけで歯周病にかかっている可能性があるのです。

歯周病はむし歯とは違い、痛みが出にくく自分では気づきにくいのが特徴。かかっていることがわからず、異変に気づいて歯科医院ではじめて知ったという方が多いのです。
では、なぜ歯周病になるのでしょう?

歯周病のしくみ

 歯科器具中古販売

直接的な原因はプラーク

プラークは、歯の表面に集まる目に見えない細菌からできているネバネバとした薄い膜のことです。プラークには無数の歯周病菌が潜んでおり、菌が出す毒素が歯周病の発生や進行に大きく影響してきます。プラークを放置するとやがて歯石に変化。歯石になると、周囲の歯周組織がさらに炎症を起こします。さらに放置すると細菌が奥に入り込んでいき、毒素を出し続けることで歯を支える骨を溶かしていきます。最終的には歯を支えられなくなり、咬むことが困難になり、歯が抜け落ちてしまうので早めの受診をおすすめします。

 

プラークコントロール ― 歯周病の治療&予防のために

プラークコントロールとは、歯周病の直接の原因であるプラーク(バイオフィルム)を減少させたり、プラークが再び付着するのを予防することです。歯周病の治療では、プラークコントロールは不可欠なものです。プラークコントロールなくして歯周病を治療することはできません。

 

初期の歯周病であれば、プラークを徹底的に取り除くことで歯肉を健康な状態に回復させることができます。歯周病が進行したケースで歯周外科治療(フラップ手術歯周組織再生療法)が必要なケースでも、プラークコントロールをしっかり行うことで、治療の効果を大きく高めることができます。プラークコントロールは、歯周病の治療だけでなく、歯周病を予防する上でも大切です。プラークコントロールには、歯科医院で行うプラークコントロール(プロフェッショナルケア)と、ご家庭で行う毎日のプラークコントロール(ホームケア)があります。

 ポータブルレントゲン

ご家庭で行うプラークコントロール

生活習慣病である歯周病の治療を成功に導くためには、患者様ご自身による毎日のプラークコントロール(ホームケア/セルフケア)が不可欠です。ホームケアで最も大切なことは、丁寧な歯磨き(ブラッシング)ですが、不規則な食事回数や間食を控えた規則正しい食生活、繊維質の食品をよく咬んで食べること、ストレスをため込まない生活や十分な睡眠を心がけることなども大切です。

歯ぐきが赤くぶよぶよとして、出血や膿、口臭などが発生してきます

歯周病の怖いところは自覚症状がないまま進行し、いつの間にか歯がグラグラに、人によっては歯が抜け落ちてしまうことあるところにあります。

また脳血管障害・心臓病・糖尿病にならぶ成人病のひとつで日本では成人の70%~80%の方がかかっており歯を失う原因の50%を占めています。また歯周病はその原因菌が体内に入り込むことにより全身にも影響があるといわれています。例えば動脈梗化、心筋梗塞、狭心症、脳血栓、脳梗塞。妊産婦では早産、低体重児出産。老人では誤嚥性肺炎(口の中の菌が肺に入り肺炎が起こる)など、この他にも全身のさまざまな病気が歯周病と関係があると考えられています。

 エアーモーター

歯ぐきが赤く腫れる(歯肉炎)

【症状】歯と歯ぐきの間の「歯周ポケット」にプラークなどの汚れが溜まり、歯周病の原因となる細菌が繁殖して炎症を引き起こします。歯ぐきが赤く腫れ、ブラッシング時に出血が見られることもあります。痛みなどはありません。

初期の歯周炎

【症状】さらに細菌感染が進んで歯周ポケットが深くなります。歯ぐきからの出血があっても、痛みは感じない場合がほとんどです。

初期の歯周炎

【症状】

さらに細菌感染が進んで歯周ポケットが深くなります。歯ぐきからの出血があっても、痛みは感じない場合がほとんどです。

中期の歯周炎

【症状】歯ぐきの炎症が進み、歯ブラシやデンタルフロスの刺激で出血することが多くなります。歯周組織の破壊が進んで歯を支える顎の骨が溶けてきます。

重度の歯周炎

【症状】歯ぐきが赤くぶよぶよとして、出血や膿、口臭などが発生してきます。歯周組織の破壊がさらに進み、歯ぐきが退縮します。

末期の歯周炎

【症状】歯ぐきが赤紫色に腫れて、少しの刺激でも出血するようになります。歯を支える顎の骨が破壊され、歯がグラついて食べものをしっかり咬めません。このまま放置すると、歯が抜けてしまう場合もあります。

 ニッケルチタンファイル

歯を失ったまま放っておくと

虫歯や歯周病は歯を失うことにつながる病気です。万が一これらの病気で歯を失い、そのまま放っておくと、欠損部分の両隣の歯が倒れてくるなどして、噛み合わせが乱れる場合があります。そうして噛み合わせが乱れると、適切なブラッシングが行いにくくなり、虫歯・歯周病リスクが高まる可能性があります。そして、これらの病気により再び歯を失い、さらに噛み合わせが乱れて虫歯・歯周病リスクが高まり、また歯を失うことになる…などというように、「歯の悪循環」にはまり込んでしまう場合があります。このような悪循環を回避するためにも、歯を失った時にはできるだけお早目に当院にお越しになり、適切な治療を受けられるようにしてください。

歯周病の進行プロセス

虫歯は、歯が虫歯菌の侵入を受けることによって引き起こされます。

そして歯周病は、歯周病菌によって歯の周辺組織が攻撃され、破壊されることによって起きる病気です。加齢によって歯の汚れ(歯垢)が蓄積され、歯周病にかかるのは一種自然な現象といえます。適切な治療をしていきましょう。

 歯科用ユニット

歯周病の進行プロセス

ものを食べると、歯に食べかすが付着します。時間が経つと食べかすは歯垢となり、これらが食べかすに含まれる成分と混ざり合って酸をつくり出し、歯や歯茎を溶かしてしまうのです。俗に「歯茎がやせる」ともいいますが、歯茎が菌に冒され歯とのすき間(歯周ポケット)ができてしまうと、ここに歯垢がたまりやすくなり、ますます歯周病が進行します。歯周ポケットにたまった歯垢は、毎日の歯磨きだけで取り除くことが難しく、放っておくと歯周病が進行し、口臭の原因ともなります。歯周病が悪化すれば歯が抜け落ちてしまうことにもつながり、生活に支障が出てしまいます。

 

歯科医院でのケア方法

生活習慣のチェック
口腔内に異常を起こしている原因が、特定の食習慣にあるということもしばしばあります。

 

口腔内のチェック
患者様のお口の中を拝見します。歯や歯肉の現状をチェックし、必要があれば検査や治療を行います。噛み合わせが歯周病の悪化の原因になっていることも多いのです。

 

ブラッシング指導
普段のご自宅での歯磨き(ホームケア)が行われていないと、せっかく治療をしても炎症はなかなかひきませんし、すぐに再発してしまいます。
そこで患者様に合わせたブラッシング用具とその方法をご提案し、質の高いセルフケアを実践していただければと思います。

 

歯垢、歯石除去
どれだけきちんとした歯磨きをしていても、すべての歯の歯垢を落としきれるとは限りません。ましてやそれが歯石化した場合、ホームケアでの除去は不可能といえます。そこでプロの手であらゆる隙間に潜んだ汚れを、すべてきれいに掃除します。

 顕微鏡歯科

PMTC
歯科衛生士や歯科医師により、 専用の器具と専用のペーストを使用し、全ての歯面プラークを機械的に取り除く方法で、 タバコのヤニなどもキレイに除去できます。

フッ素塗布歯のエナメル質の強化や汚れの沈着防止、虫歯予防にも効果的です。

 

<<prev | 最新 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>