猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:80966
Today:109
Yesterday:233
症状にはいくつかの種類があります。

歯周病とは、歯と歯ぐきの隙間にばい菌が入り込み、徐々に歯槽骨を溶かして歯が抜け落ちていまうという恐ろしい病気です。歯周病はこれまで中高年齢層に多く見られると言われていましたが、実際には30代前後で80%の人が発症しており、初期症状においては10代でも50%もの人に見受けられます。また、歯周病は『沈黙の病気』とも呼ばれており、発症しても痛みがないため自覚症状のないまま進行していき、気付いたら取り返しのつかないことになっていた、ということもあります。症状にはいくつかの種類があります。

 歯科用ユニット

軽度の歯槽膿漏「歯肉炎」

歯ぐきのみに炎症が起きている状態を歯肉炎といいます。 歯ぐきは腫れ、赤くなって丸みを帯びており、歯磨きやフロスの際に出血します。歯周ポケットの深さは2〜3mm程度で、その他の組織の破壊はありません。
この段階なら、正しい歯磨きや歯石の除去で正常な状態に回復させることが可能です。

 

歯ぐきの色:赤い
歯ぐきの形:丸みを帯びて膨らんでいる
状態:ブヨブヨと腫れている
出血の有無:歯磨きやフロスを使うと出血することがある

 

中等度の歯槽膿漏「歯周炎」

歯肉炎からさらに細菌の感染が進んだ状態で、ここから先の状態を「歯周病」と呼びます。
歯と歯ぐきの間の組織が破壊され、歯周ポケットは3mm以上になり歯ぐきが下がっていきます。また、歯を支えている骨の吸収が少しずつ進んでいきます。

 歯科用マイクロスコープ

歯ぐきの色:赤〜赤紫色
歯ぐきの形:丸く、歯ぐきが下がり歯の根が見える部分がある
状態:噛んだり、歯を触ると少しグラグラする、口臭を感じる
出血の有無:歯磨き時の出血が多くなり、膿がでることもある

 

重度の歯槽膿漏

さらに進行すると、歯周ポケットが4〜6mm以上にも及び、組織の破壊が加速していきます。歯を支えている骨は1/31/2以上吸収され、明らかに歯がグラグラしてきます。

 

歯ぐきの色:赤紫色
歯ぐきの形:歯ぐきがかなり下がり、歯が長くみえる
状態:歯がグラグラして物が噛みづらい、痛みがある
出血の有無:少し触るだけでも容易に出血する、膿の量も増える

 

スケーラーと呼ばれる器具を用いて歯石を取ることを『スケーリング(歯石取り)』といいます。歯周病の大きな原因の1つがプラークです。この歯石を取ることでプラークが付きにくい状態にし、歯周病を改善させます。歯石は歯磨きでは取れず、90%以上の人にあります。しかも、1度取ってもしばらくすると再び付着するので、定期的に歯科医院で取ってもらうことが必要です。

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=72324