猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:98727
Today:58
Yesterday:153
歯周炎になると、歯槽骨のまわりに膿がたまり、漏れ出るようになるため、「歯槽膿漏」とも呼ばれています

初期段階であれば、歯磨きでプラークを取り除き、歯石を除去してもらうことで治ります  

歯周組織は、歯肉のほか、歯を支えている歯槽骨、歯根膜、セメント質などからなりますが、炎症が歯肉だけに限られているものを「歯肉炎」、歯槽骨や歯根膜にまで炎症が広がったものを「歯周炎」と呼んでいます。
歯周炎になると、歯槽骨のまわりに膿がたまり、漏れ出るようになるため、「歯槽膿漏」とも呼ばれています。

歯周病は、初期には痛みや出血などを伴うことが少なく、自覚症状のないまま進行しやすいので、要注意です。 下記は歯周病の主な症状です。当てはまるものがないかチェックしてみてください。

 口腔内カメラ

朝起きたときなどに、口の中がネバネバする。

ブラッシング時に出血する。

口臭が気になる、指摘された。

歯肉がむずがゆい、痛い。

歯肉が赤く腫れていたり、赤黒くなっている。

かたい物が噛みにくい。

歯と歯の間に食べ物がはさまりやすい。

歯が長くなったような気がする。

歯ぐきを押すと血や膿が出る。

歯がグラグラするようになった。

 

歯周病を甘く見ると大変な事になります。実は日本人の歯を失う原因の半分は歯周病です。歯周病とは、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちていきます。初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

 スリーウェイシリンジ

歯周病の進行

歯周病は歯肉炎の段階では、歯の磨き方など口の中の健康管理を積極的にケアすることでよくなります。しかし、ある程度症状が進行している場合は出来る限り早めに診察を受けることが大切です。また、歯周病のかかりはじめは自覚症状があまりない病気ですので、検査を受けて症状を知ることも大切です。

 

歯周病の予防

初期段階であれば、歯磨きでプラークを取り除き、歯石を除去してもらうことで治ります。しかし、ほっておくとポケットはますます深くなり、歯を支える歯槽骨が解け始め歯周病となります。 炎症が歯槽骨に達した段階でも痛みを感じないのがほとんどで、気付くと歯槽骨の破壊が進んで歯がグラグラということもあります。

コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=71920