猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:245770
Today:71
Yesterday:76
虫歯予防のための一番は食生活の改善です。

これまで歯医者さんへ行くのは「歯が痛くなった時」または「虫歯の治療するために」という考え方ではありませんでしたか?
もちろん、治療医療は必要不可欠ですが治療医療のみだけ進んでしまうと、結果的に虫歯や歯周病が増え続けてしまうのが現実なのです。

虫歯や歯周病にならないために日頃から歯医者さんで管理、指導する新しい歯科医療それが予防歯科医療です。

ポータブルレントゲン 歯科

虫歯予防

歯磨きだけでは虫歯を予防できません

虫歯予防のための一番は食生活の改善です。
食生活の改善とは、甘いものはなるべく摂らないようにする、食べるとしてもだらだら食べないようにすることです。

CMなどでおなじみのキシリトールガムですが、歯科医院で販売している100%キシリトール配合のガムは虫歯予防の効果があります。
市販されているものは100%キシリトール配合ではありませんが、歯垢の形成抑制の効果はあると言われています。
ただし市販のガムの場合、歯磨き後にガムをかむのはやめましょう。
また口腔内が乾燥しやすい方には、噛むことにより唾液の分泌を促し虫歯の細菌が出す酸を薄めて緩衝させる時間を早めるので、是非利用してください。

フッ素の塗布

フッ素の歯質に対する効果はエナメル質はもちろん象牙質に対する効果も若干ながら期待できるので例え大人でも利用したほうがよいでしょう。
軽い虫歯では再石灰化を促す効果も期待出来ます。

プラークコントロール

 超音波骨切削器

プラークコントロールについてですが、基本的には歯周病に対する考えと変わりはありません。
歯周病に限定して歯磨きの仕方を考えた場合は、寝る前にしっかり歯垢を落とす事が出来れば問題はありませんが、虫歯予防を目的に歯磨きを行うのであればそれだけでは足りません。

歯周病については極端な話、歯と歯茎の間を狙って磨けばいいのですが、虫歯予防の歯磨きについては、虫歯になり易い歯と歯の間は歯ブラシでは絶対に磨く事が出来ないのでデンタルフロスの使用が必要になります。
と言っても毎回デンタルフロスの使用はかなりの負担になる可能性がありますので、歯磨きは歯周病予防のために歯と歯茎の境目に焦点を置いて行い、虫歯予防に関しては食生活を改善した方が日常生活の負担にならないのかもしれません。

口臭予防

自分や他人の口臭が気になったことはありませんか?
誰もが気になる口臭。
爽やかな息になりたいと、いろいろ努力している人もいるでしょうが、そのやりかたは、本当に正しいのでしょうか?
間違ったやり方は、口臭をひどくするだけです。
正しいケアの仕方を知っておきましよう。

 

そうした考えに沿って生まれたのが「予防歯科」です。

予防歯科とは、歯が悪くなってから歯科医院に行くのではなく、歯が悪くなる前に歯科医院でクリーニングを行うことによって虫歯にならないようにしたり、治療した歯が再び虫歯にならないようにケアしていくことをいいます。むかしは、「痛くなってから歯医者さんに行く」という考え方一般的だったので、結果として「歯医者は痛い」といったイメージがついてしまうこともありました。しかし、自分のもともとの歯を健康な状態で維持していくことが最も健康的で、痛い思いもしなくてすみます。また、治療にかかる費用よりケアの費用の方が少なくてすみます。そうした考えに沿って生まれたのが「予防歯科」です。

 レントゲン照射器

歯石とは?

プラークに唾液中のカルシウムやリン酸が沈着して石灰化したもの。この状態になると、歯ブラシだけでは取り切れなくなります。更に、表面がザラザラしているので、その上にもまたプラークがつきやすくなり、 炎症がひどくなったりと、お口の中の状態が悪化します。

 

プラークとは?

歯の表面につく垢(あか)とでもいえそうなものですが、実は、食べ物の残りカスや、タバコや茶しぶなどによる歯の表面の汚れとは全く違ったモノで、非常に多くの種類の細菌の集団です。そして、歯の表面にしっかりくっついてしまっていて、うがいなどでは落とすことのできないものです。プラークは、もともと口の中にいる細菌が、歯の表面に残った食べ物の細片などをエネルギー源として、どんどんその数を増やし、同時に砂糖などの物質から「デキストラン」と呼ばれる非常にねばねばした、歯につきやすいのりのような物質をつくりだし、歯にべっとりとへばりついたものです。このプラークの中にいる細菌のあるものはむし歯をつくり、またあるものは歯周病の原因となります。

 

PMTCとは、Professional Mechanical Tooth Cleaning の略で、歯科医師、歯科衛生士などの専門家により、さまざまな器具とフッ化物入り ペーストを用いて、すべての歯面とその周辺のプラーク(歯垢)を除去する方法です。このPMTCは、約20年ほど前に虫歯、歯周病の予防管理を目的として 北欧でシステム化され、現在多くのリサーチに裏付けられて着実な臨床実績を上げています。

 歯科用プライヤー

PMTC(クリーニング)の流れ

プラークがどこに残っているのかを染色液で確認します。(行わない場合もあります)

歯の表面に専用のクリーニングペーストを塗ります。

プラスチックのチップを使って歯と歯の間の汚れを落とします。

歯肉を傷つけないように、柔らかいラバーカップで歯と歯肉の境目の汚れを落とします。

さわやかな洗浄液でお口の中をきれいに洗います。

歯の質を強くし輝きを増すために、きれいになった歯面にフッ素を塗布して終了です。