猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:98662
Today:146
Yesterday:333
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
CMなどでよく聞く歯周病、あなたは本当にどういう病気かご存じですか?

歯周病とは簡単に言うと、歯を支えている骨が少しずつ減ってしまう病気です。歯の周囲に付着したプラーク(歯垢)が歯と歯肉の隙間(歯周ポケット)に入り込み、プラーク内の細菌から歯を支えている骨が逃げて減ってしまうのです。

 超音波スケーラー 家庭用

つまり、むし歯もない健康な歯でも、その周りの骨が解けることにより最後には抜けてしまう恐い病気です。日本人が歯を失う一番の原因が歯周病(歯槽膿漏)で、成人の80%が歯周病にかかっているといわれています。

 

歯周病は、歯肉の炎症による出血、腫れを特徴とする歯肉炎(しにくえん)と、歯を支えている歯槽骨(しそうこつ)が破壊される歯周炎(ししゅうえん)に分けられます。

 

世間一般で言われている歯槽膿漏(しそうのうろう)は、成人性歯周炎をいいますが、歯周病には、その症状、病態によっていろいろな種類があります。

 

歯肉炎

歯肉のみに炎症が起きているもので、歯周病の一歩手前の歯科疾患です。原因は歯垢。
歯垢の中には細菌がたくさんいて、その細菌が有害物質を出し歯肉炎が発症します。

 パルスオキシメーター

歯周病

歯槽膿漏(しそうのうろう)ともいう。歯肉炎の進行により発生する、歯を支持する組織(歯根膜や骨など)の炎症や感染を伴う歯科疾患です。

 

歯周病は、進行するにしたがって歯を支える骨が溶けてしまう特徴があります。さらに、一度溶けて下がってしまった骨は、基本的に元の位置に戻ることはありません。治療が完治しても下がった場所で止めるのが精一杯で、治療を行わなければ、どんどん進行してしまうのです。

 

末期になると、最初は1本だけがぐらつくだけであっても、短期間のうちに次々とぐらついてくることがあります。そのため歯を守るには、歯周病を早い段階で予防や治療を行うことが大切となってきます。

歯周病について、「テレビのコマーシャルなどでよく聞くもののどんな病気かわからない」という方は多いのではないでしょうか?

歯周病はプラークに棲みつく歯周病菌が繁殖して毒素を出し、歯ぐきに炎症を起こす怖い病気。症状としては、歯ぐきの腫れからはじまり、徐々に歯を支える顎の骨が溶けるため歯がグラグラし、最終的には歯が抜け落ちてしまうこともあります。

 エアースケーラー

健康な状態

歯ぐきは引き締まり、淡いピンク色をしています。

 

軽度

歯と歯ぐきの間にプラークがたまり、歯ぐきに炎症が起き、腫れや出血があらわれます。痛みなどはありません。また、歯を支えている顎の骨に異常はありません。

 

中等度

軽度の症状に加えて、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットが深くなり、歯の根に歯石となってこびりつきます。顎の骨が溶けはじめ、歯がグラグラし、硬いものが咬みにくくなります。また、出血したり、膿が出たりすることもあります。

 

重度

顎の骨が半分以上溶け、歯周ポケットがさらに深くなり、さらに歯がグラグラし食べものを食べにくくなります。また、口臭が発生します。歯の根が見えはじめ、放っておくと、歯が抜け落ちてしまいます。

 

歯みがき指導

歯周病の原因であるプラークや歯石をこれ以上ためないためには、日々の歯みがきが重要です。適切な歯みがき方法を身につけてもらうため、歯みがき指導を行います。

 歯科 マイクロスコープ

スケーリング

専用器具を用い、目に見える範囲のプラークや歯石を取り除きます。口腔内がすっきりとし、歯に隙間ができ見た目も長くなったような感覚になりますが、正常な状態に戻っただけですので問題ありません。

 

ルートプレーニング

スケーリング後、特殊な器具を使い歯ぐきの中など目に見えない範囲の歯石を取ります。歯の表面がツルツルになり、プラークなどの再付着を防ぎます。

歯肉炎?それとも歯周炎?

歯周病は、口腔内の歯周病菌が原因となり、歯茎や顎の骨などの歯周組織に炎症を起こす病気。大きく、「歯肉炎」と「歯周炎」というステージに分けることができます。はじめは歯肉炎が発症し、そのまま放置していると歯周炎へと進行していきます。違う言い方をすれば、歯肉炎は歯周炎になる手前の状態で、歯周病の初期段階だと位置づけられます。なお、一般的に歯周炎は「軽度歯周炎」「中度歯周炎」「重度歯周炎」の3段階に分けられます。症状の軽い順に並べると以下のようになり、これらを総称して「歯周病」と言うのです。

 ニッケルチタンファイル

歯肉炎?それとも歯周炎?

歯肉炎なのか、それとも歯周炎なのか? この2つを見分けるには、炎症の進行度合いが一つの基準となります。炎症が歯茎でとどまっていれば歯肉炎ですが、顎の骨まで及んでいれば歯周炎となります。とはいえ、見た目や症状だけで判断することは難しいため、歯科では一般的に「歯周ポケット検査」によってどの段階の歯周病なのかを把握します。

 

歯周ポケット検査

歯周ポケット検査は、歯周ポケット(歯と歯茎の間にある溝)の深さを測る検査。歯周ポケットが深いほど、歯周病が進行しているということになります。以下は目安ですが、深さが3mm以内であれば歯肉炎で、3mm以上になってくると歯周炎の疑いが出てきます。

 

【歯周ポケットの深さ】
3mm以下:歯肉炎
3mm以下:軽度歯周炎(顎の骨が溶かされ始めるが、歯周ポケットの深さは歯肉炎と同様)
45mm:中度歯周炎
6mm以上:重度歯周炎

 

スケーリング

専用器具を使って、奥歯の裏や歯と歯の間などに強固に付着したプラークや歯石を除去します。

 歯科用マイクロスコープ

ルートプレーニング

スケーリングできれいになった歯の表面を磨いて滑らかにします。ツルツルになるので、歯周病の原因となるプラークや歯石の再付着を防げます。

 

咬み合わせの改善

歯周病は咬み合わせ不良からなることもあります。咬み合わせが悪いということは、歯並びも悪く、歯みがきがしにくいということなのです。咬み合わせの不良は、もともとの咬み合わせ異常だけでなく、治療で入れた補綴物の不具合によっても起こります。そのため、咬み合わせを整えたり、補綴物を修復したりして歯周病の改善を図ります。

軽度の歯周炎は歯茎が少し赤みを帯び腫れた状態になります

成人の約8割、20歳を過ぎた方のほとんどの方が何らかの形で感染していると言われる歯周病。歯周病は本人に自覚がないままに進行してしまう恐ろしい病気で、痛みや腫れなど自覚症状が現れるのは末期になってから。歯がグラグラ動くようになったり、歯ぐきがはれたり、出血したり……と、重症化した歯周病が原因で歯を失ってしまう……というのは決して珍しい話ではなく、その証拠に日本人が歯を失くしてしまう原因の第1位がこの歯周病なのです。

 家庭用超音波スケーラー

虫歯と同様、歯周病も一度かかってしまうと自然に治ることはありませんので、歯科医院での適切な治療が必要になります。歯周病の直接の原因は歯垢、つまりバイオフィルムです。歯と歯肉の境目には歯肉溝(しにくこう)とよばれる浅い溝があり、そこにたまった歯垢中の細菌が歯周病の原因になります。

 

軽度歯周炎:

軽度の歯周炎は歯茎が少し赤みを帯び腫れた状態になります。軽度歯周炎の場合の目安は歯周ポケットが34mm程度と言われています。この段階での治療法は、プラークや歯垢をスケーリングなどで取り除き、正しいブラッシングを毎日することです。

 生体情報モニター

中度歯周炎:

中程度の歯周炎になると、口臭がおこり、歯茎が化膿します。ブラッシングをした際に膿がでることもあります。歯周ポケットは45mm程度です。この段階での治療法はスケーリングやレーザー治療器などを使用して治療をしますが、歯周ポケットが5 mm以上深くなるとフラップ手術をする場合があります。

 

重度歯周炎:

重度の歯周炎になると、歯がグラグラして、歯と接している歯茎がさらに腫れ、化膿が進みます。歯と歯の間が広がり、歯茎が下がって、歯が長く見えます。この段階の治療法は再生療法を用いて歯周組織の再生をはかるかことが多いです。しかし、ここまで進行すると抜歯になる可能性が高くなります。

歯周病を放置させると歯を失う原因になります

歯周病とは歯周病菌により歯を支えている骨が解かされる病気です。初期状態では歯ぐきに炎症が起こり、腫れたり出血したりします。悪化すると膿みがでてきて顎の骨が溶けていき、歯を支えている組織が破壊され、最終的には歯が抜けてしまします。

 電気歯髄診断器

歯周病は「静かなる病気」と呼ばれ、自覚症状がほとんど感じられない病気で、気づいた時には歯を支えている骨がボロボロになり、重症になっているケースも少なくありません。歯周病を予防するには早期発見、早期治療が重要です。

 

検査・診断

カウンセリングを行い、患者様のお口の状態を把握するため、拡大鏡による口腔内検査やレントゲン撮影などを行います。必要に応じて、唾液検査や歯周病検査も行います。
検査後、患者さんには数値化したデータを元に、検査結果をわかりやすくご説明します。患者さんと情報を共有し、十分ご理解いただいた上で次のステップへ進みます。

 

軽度歯周炎:危険度2

軽度の歯周炎は歯茎が少し赤みを帯び腫れた状態になります。軽度歯周炎の場合の目安は歯周ポケットが34mm程度と言われています。この段階での治療法は、プラークや歯垢をスケーリングなどで取り除き、正しいブラッシングを毎日することです。

 

中度歯周炎:危険度3

中程度の歯周炎になると、口臭がおこり、歯茎が化膿します。ブラッシングをした際に膿がでることもあります。歯周ポケットは45mm程度です。この段階での治療法はスケーリングやレーザー治療器などを使用して治療をしますが、歯周ポケットが5 mm以上深くなるとフラップ手術をする場合があります。

 超音波スケーラー

重度歯周炎:危険度5

重度の歯周炎になると、歯がグラグラして、歯と接している歯茎がさらに腫れ、化膿が進みます。歯と歯の間が広がり、歯茎が下がって、歯が長く見えます。この段階の治療法は再生療法を用いて歯周組織の再生をはかるかことが多いです。しかし、ここまで進行すると抜歯になる可能性が高くなります。

歯周病(歯槽膿漏)の大きな原因は食べカスを栄養源とする細菌です

歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多く、歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されたりする病気です。歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。

 

あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。歯周病は歯ぐきだけが腫れた状態となる歯肉炎(しにくえん)と、歯と歯ぐきをつないでいる部分が壊されたり、歯を支えている骨が壊される歯周炎(ししゅうえん)に分類されます。

 歯科 マイクロスコープ

歯周病(歯槽膿漏)の大きな原因は食べカスを栄養源とする細菌です。清掃不良部位の細菌の増殖によるものがほとんどで、一度歯周ポケットを形成するとブラッシングのみでは除去できません。空気を嫌うこの細菌は歯の根の方向に深く進もうとする傾向があります。こうして歯を支える健康な繊維や骨を破壊していきます。

 

初期

ブラッシング時に歯ぐきから出血することがありますが、まだ痛みはありません。

歯周ポケット(歯と歯ぐきの溝)の深さ:4mm程度 ※健康時の深さは3mm以下

 

中期

歯ぐきが炎症を起こし、赤く腫れています。顎の骨が溶けはじめ、歯はぐらぐらしはじめます。

歯周ポケットの深さ:46mm

 

末期

顎の骨が大きく溶かされ、歯ぐきから膿が出ることで口臭が増します。歯は大きくぐらぐらし、最終的には抜け落ちてしまいます。

歯周ポケットの深さ:6mm以上

 生体情報モニター

歯科クリニックの歯周病検査

歯周病治療をおこなうには、まず進行状態を正確に把握する調べる必要があります。当院では次のような検査をおこない、その結果をもとに治療法を決定しています。

レントゲン検査

歯周病が進行すると、顎の骨はどんどん溶かされていきます。レントゲンによって顎の骨の状態を確認し、進行状況を調べます。

 

ポケット検査

歯周病が進行するにつれ、歯周ポケットは深さを増します。「ブローブ」という器具を使用して歯周ポケットの深さを測り、進行状況を調べます。

 

歯の動揺検査

歯周病が進行すると、歯はぐらつきを増します。歯をピンセットでつまんで動かし、歯がぐらつく程度を見て進行状況を確認します。

歯周病は、歯科の三大疾患の一つで日本人に多い病気です

虫歯にならないよう歯を守る事も大切ですが、歯を支える歯ぐきもとても大切です。症例は、歯を支えている歯肉や顎の骨が、化膿したり破壊されりする病気です。歯周病は限度を越えてひどくなるとどんなに一生懸命に治療しても手遅れになります。治療に早すぎるという事はありません。あまりひどくならないうちに完全に治療する事が重要です。歯周病は歯ぐきだけが腫れた状態となる歯肉炎(しにくえん)と、歯と歯ぐきをつないでいる部分が壊されたり、歯を支えている骨が壊される歯周炎(ししゅうえん)に分類されます。

 生体情報モニタ

軽度の歯周病

歯肉の炎症が進み、歯肉線維が消失し歯肉と歯根の結合が破壊されていきます。それに伴い歯を支えている歯槽骨の吸収が起こっています。歯槽骨の吸収が生じると歯肉炎と違い元の状態に戻りません。ただし、この段階で歯ブラシをしっかり行うことと、歯肉の下にある歯石を除去してきちんと治療を行えば、大きな問題にはなりません。

 

中等度の歯周病
 さらに、炎症が進み歯周ポケットも深くなり、歯を支えている歯槽骨は歯根の半分近くまで吸収が生じています。歯周が腫れる、出血がある、歯肉も減ってしまって歯が長くなったような感じがする。歯がぐらぐらするといった症状もでる時期ですので、そのため噛み合わせのバランスが崩れるので、噛み合わせの改善が必要になり、また歯茎から膿が出るようになり口臭の原因となります。歯周病に対する専門的な治療が必要です。

 

重度の歯周病

かなり進行した歯周病です。歯を支えている歯槽骨の吸収もだいぶ進んでいます。抜歯になる場合もあります。抜歯になると、ブリッジ、入れ歯、インプラントなどのいずれかの治療をすることになります。歯周病に対する専門的な治療が必要です。

 ハンドスケーラー

歯石除去

歯の表面についたプラークに、唾液中のリンやカルシウムがまじって石灰化したものが歯石です。非常に硬く、自分では取れません。歯医者さんで、専門的な器具を使って取り除く必要があります。特に、歯と歯肉の間のポケットの見えない部分はよく見てもらいましょう!

 

歯のクリーニング「PMTC

PMTCとは、歯科医師や歯科衛生士のプロの技術によって、歯の表面についた歯垢を機械的に除去するものです。歯肉炎や歯周炎などの改善や予防、歯質の強化による虫歯予防、歯の着色を除去することができます。終わった後は、とても気持ちよく、お口の中も心もスッキリします!

「歯茎が赤く腫れている」「歯磨きすると血が出る」といった症状がある場合には、歯周病が疑われます

日本人の国民病と呼ばれる歯周病は、実は成人の約8割がかかっているか、予備軍であるといわれています。歯周病が進行すると、歯を支える顎の骨や歯茎が溶かされていき、歯はどんどんグラグラして最終的には抜け落ちてしまうことに――。大切なのは、早期発見・早期治療です。できるだけ早く進行を食い止め、大切な歯を守っていきましょう。

 抜歯鉗子

以下の項目に1つでも当てはまる場合は軽度の歯周病が疑われます。また、2~4項目が当てはまれば中程度の歯周病、それ以上ある場合は重度の歯周病が疑われます。
歯周病は早期発見と予防管理がとても重要です。

歯と歯の間に食べ物がよく挟まるようになった

口臭が強くなった気がする

歯ぐきがやせて歯の根元が出ている

歯が浮いたような違和感がする

歯磨きすると歯茎から血が出る

起床時、口の中がネバネバする

歯ぐきが腫れている感じがする

歯がぐらついて硬い物がかめない

冷たい水がしみる

 

歯周病を予防する為には、プラークコントロール、つまりプラーク(歯垢)を確実にきちんと取り除く事が最も大切です。歯科医院での定期的なケアと家庭における日々の正しいブラッシングが重要になってきます。専門家である歯科医師、歯科衛生士の指導を受け正しいブラッシングを実践しましょう。正しいブラッシング方法をしていないと、毎日磨いていても歯垢はたまっていってしまいます。まずは現状を知るために医院で検査を受けることをお勧めいたします。

 歯科用マイクロスコープ

予防歯科メニュー

定期検診

虫歯や歯周病には初期に自覚症状がないため、自分では発症になかなか気づきにくいもの。定期検診で医師のチェックを受けていれば、わずかな変化も見逃さずに済みます。

 

歯垢の染め出し

歯に残った歯垢を赤く染め出す処置。磨き残しやすい部分がわかるため、この結果をもとに、一人ひとりに合った歯磨き指導を行います。

 

歯磨き指導

予防の基本である歯磨きは、毎日正しく行えていなくては意味がありません。日ごろのクセを見直し、一人ひとりのお口の状態に合った正しい方法を指導します。

 

短期間の治療で歯並びを改善したい

「歯の黄ばみが気になる」
「歯ぐきが黒ずんできた」

口元の見た目が気になって、いつの間にか会話や思いっきり笑ったりすることをためらってしまっている……といったお悩みはありませんか?白く美しく整った歯並びは、あなたの魅力をいっそう引き立ててくれます。審美治療とは、口元の美しさに焦点を当てながらトータル的に機能回復を目指す歯科治療です。当院では豊富な審美メニューをご用意し、咬み合せも考慮に入れた治療計画を立てています。

 

たとえば「以前の歯科治療で入れた銀の詰め物や被せ物が気になって、口を開けて笑えない」という場合には、詰め物や被せ物を白いセラミック素材と交換することで、ご自身の歯と変わらない美しさと機能を実現できます。審美治療は見た目だけよくすればいいというわけではありません。合わない被せ物や詰め物によって咬み合わせのバランスが崩れてしまっては意味がないのです。当院が目指しているのは、見た目の美しさはもちろん、機能面でも満足していただける審美治療です。

 

美しい口腔内を取り戻す『セラミック治療』

セラミック治療とは虫歯や歯周病など、何らかの要因により歯の一部が損なわれてしまった際に、欠損部分を補う素材を『セラミック』で行う治療の事を指します。
セラミックは親和性が高く、強度が有り、審美性も損なわれない事から、審美目的での治療としても広く浸透しています。

 

① 過去の治療物(金属や変色したレジン)を白くしたい

自然な笑顔は相手に好印象を与えます。口を開けた時に銀歯や変色した歯が見えて気になる方は、白く自然で強度のあるセラミックによる被せ物(クラウン)、詰め物(インレー)に交換できます。

 歯科 鉗子

② 短期間の治療で歯並びを改善したい

セラミックを使っての歯並び改善治療も可能です。被せ物を作ったり、歯の隙間をセラミックで埋めたりしますので、希望の形や色にする事ができ、短期間で歯並びを改善できます。

 歯科 集塵機

③ 半永久的に白い歯を手に入れたい

セラミックは審美性に優れ、半永久的に変色せず、強度の強い素材ですので、これを活用し半永久的な白い歯を手に入れる事ができます。人前に出る職業の方には大変お勧めの治療です。

 

④ メタルフリーの治療を受けたい

セラミックは金属を一切使用しない素材なので、金属アレルギーの恐れがある方でも安心して治療を受けていただけます。人体への馴染み(親和性)も高く、安心・安全な素材です。

歯を支える周りの組織に起こる病気

歯を支える色々な組織には、歯肉(歯ぐき)、歯根膜、セメント質、歯槽骨があります。
歯周病はこれらの組織が細菌に感染して破壊される病気で、以前は、歯槽膿漏と呼ばれていました。

 マイクロモーター 歯科

歯と歯肉の間の歯周ポケットに細菌が入り、歯肉が炎症を起こし赤く腫れます。
ブラッシング時に出血したりしますが、痛みは全くありません。さらに進行すると、歯を支えている歯槽骨が溶けて、歯がグラグラしてきたり、歯肉が腫れて膿が出たりします。
この頃になってやっと、痛みを伴います。そして、最後には、歯が抜けてしまいます。

 

次の項目をチェックしてみましょう。

① 歯ぐきが赤くブヨブヨしている。

② 歯を磨くと血が出ることがある。

③ 歯をこそぐと白い物(プラーク)がつく。

④ 人から口が臭いと言われたことがある。

⑤ 硬いものが食べにくくなってきた。

⑥ 歯がぐらつく。

⑦ 歯が長くなった気がする。

⑧ 歯を磨かない日がある。

⑨ ここ数年歯医者さんへ行っていない。

⑩ 糖尿病にかかっている。

これらの項目のうち3つ以上、当てはまるようでしたら歯周病の疑いがあります。
お近くの歯医者さんでチェックしてもらいましょう。

 超音波スケーラー

治療法

歯みがき指導

歯周病治療・予防の基本は、プラークコントロール。歯みがきはプラークコントロールの基本です。正しい歯みがき方法を身につけましょう。

 

スケーリング

歯みがきでは落とせない石灰化したプラーク=歯石を、スケーラーという器具を使って取り除きます。

 

ルートプレーニング

歯周ポケット内部に付着した歯石やプラークを、専用器具でしっかり取り除き、表面を滑らかにし再付着を防ぎます。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>