猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:98638
Today:122
Yesterday:333
歯周病の典型的な症状で、歯みがきや硬いものを噛むことで出血します

歯を支えている歯肉に炎症が起き、歯肉や骨の組織が破壊され、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうという恐ろしい感染症です。歯や歯茎に症状が出るので、お口だけの感染症と思われがちですが、歯周病は様々な全身疾患を引き起こす可能性がある、「怖い感染症」なのです。

 コントラ 歯科

歯周病は、初期段階ではほとんど自覚症状がないのが特徴です。そのため、以下に挙げるような症状が現れたときには、歯周病がかなり進行している場合が多いというのが現状です。早めに治療をすれば回復を望めますが、症状が進んでしまうと、最悪の場合抜歯しなければなりません。

 

歯みがきをすると歯ぐきから出血する
歯周病の典型的な症状で、歯みがきや硬いものを噛むことで出血します。歯ぐき(歯肉)には多くの血管がとおっており、歯周病菌に侵されて歯肉に炎症が起こることで、歯みがきなどの強い力が加わると炎症部分から出血するのです。

 

口の中がネバネバする
唾液の中に歯周病菌が多く存在すると、お口の中がネバネバしてきます。朝起きたときにお口の中がネバついていたり不快な感じがしたりするときは、歯周病の可能性があります。

 

歯ぐきが腫れる
歯ぐきが腫れてブヨブヨになるのは歯周病の典型的な症状です。

 

歯ぐき(歯肉)が変色する
健康な人の歯ぐきはピンク色をしています。しかし、歯周病になると歯ぐきが明らかに赤くなり、進行するに従って赤紫になるというように色が濃くなっていきます。

 

歯周病は、歯垢(プラーク)の細菌が出す毒素によって起こります。そのため、歯垢を綺麗に取り除くというのが、治療のメインの方法となります。歯垢は、普通の歯磨きではなかなか落とせません。正しいブラッシングを行うだけでなく、歯間ブラシなども使って、歯と歯の間や歯茎の隙間に溜まったものも取り除く必要があります。

 パルスオキシメーター

歯科医院では、そのような家でのケアの仕方を指導しながら、それでも落としきれないバイオフィルム(歯垢の膜)を専用器具でクリーニングします。家庭でのケアと歯科医院でのケアの両方から行うプラークコントロールによって、歯周病を止めて、歯茎を健康な状態に戻していくのです。

 

歯周病が悪化する前なら、治療はプラークコントロールだけで済みます。しかし歯がぐらつくほどの状態になれば抜歯をしなければならなくなる可能性がありますので、歯周病を疑ったら早めに適切な対処をし、治療が終わっても定期的に歯科医院でメインテナンスを行うことが大切です。

最近では虫歯がある人は減ってきているといわれています

その原因は様々ありますが、そのうちの1つが予防歯科の徹底です。

 エアータービン

予防歯科はできてしまった虫歯や歯周病の治療ではなく、これから虫歯や歯周病などの歯のトラブルに「ならないように」するための通院です。しかしできてしまった虫歯と違い、3ヶ月に1回程度の通院で良いのです。痛みや歯を削る治療もなく、定期的に通うことで歯のトラブルを未然に防げる可能性が高くなります。

 

虫歯、歯周病共に口の中の「常在菌」が引き起こしますので、歯垢の除去がとても大切です。そのためには日常の歯磨きが一番なのですが、磨いてはいるけれど磨けていない人がほとんどなのです。

 

その理由は、歯は想像以上に複雑な立体形状をしていて、全体を綺麗に磨くのはほぼ不可能です。デンタルフロスや歯間ブラシで丁寧に時間をかければ可能ですが、一般の方にはなかなか難しいことなのです。

 

それを助けてくれるのが歯科医院でのPMTCProfessional Mechanical Tooth Cleaning)です。歯科衛生士が専用の器具を使って丁寧に歯垢や歯石を完全除去する方法です。こうした予防処置を定期的に行うことにより、虫歯や歯周病になるリスクを格段に減らすことができるのです。

 

スケーリング・ルートプレーニング 

ハンドスケーラー(手用器具)や超音波スケーラー(器械洗浄)を使用して、歯と歯の間や、歯と歯肉の隙間のブラッシングでは落とせない歯石を除去します。保険適応です。

 歯科レントゲン

フッ素塗布 

フッ化物を塗布することにより、強固な歯質を作り虫歯を予防します。また、ごく初期の虫歯なら治すことも可能です。

 

唾液検査 

唾液の量と質を検査します。このことから虫歯や歯周病になるリスクを調べることができます。治療ではありませんが、ご自身の歯に対する予防意識が高まります。

 

ブラッシング指導 

ブラッシングは毎日の習慣です。間違った磨き方を無意識に行っていてはプラークコントロールはできません。正しいブラッシングを習得していただきます。また、染め出し液を使用してどこに磨き残しがあるかを知ってもらいます。