猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:80961
Today:104
Yesterday:233
| 1 | 2 | 3 | 最初 | next>>
歯周病を改善してからでないと虫歯治療、審美治療、インプラント治療などができません

歯周病とは歯槽膿漏とも言われ30代後半の八割がかかっている病気です。歯を失う原因の50%が歯周病と言われており、糖尿病、脳卒中などと同様の生活習慣病の一つです。歯周治療は歯科治療の基本で、歯周病を改善してからでないと虫歯治療、審美治療、インプラント治療などができません。

 オートクレーブ 価格

歯周病は大きく分けると歯肉炎と歯周炎に分けられ、「歯肉炎歯周炎」というように進行していきます。

歯肉炎
歯周病の初期段階の状態で、歯肉に炎症が限局している状態です。

歯周炎
歯肉だけでなく歯槽骨などの歯周組織まで炎症が波及し歯槽骨などが破壊されてしまった状態です。

歯周炎が進行すると最終的には歯が抜けてしまいます。歯周炎が重度まで進行してしまうと治癒が非常に困難で、治すことができないことも多々あります。

 

歯周病の原因

歯周病の原因は歯と歯肉の間に溜まるプラークと歯石です。

プラーク(歯垢)

プラークとは歯と歯肉の間に溜まる乳白色の粘性のある物で細菌の塊です。
歯垢1mg中には10億ほどの細菌が存在するといわれております。
このプラークの中に虫歯や歯周病の原因となる細菌がひしめいているのです。

バイオフィルム

バイオフィルムは細菌の塊である「プラーク」の強固な集合体です。時間の経過とともに、バイオフィルムへと変化します。だ液中の殺菌作用のある成分を寄せ付けず、虫歯や歯周病を進行させます。

超音波スケーラー 

 

間接的な原因

歯周病の直接的な原因は歯垢ですが、他にも以下のようなものが歯周病になるリスクを高めてしまいます。

● 歯並び
歯並びが悪い所は、歯ブラシを当てにくいため、歯垢が付きやすい状況になり、歯周病・虫歯共にリスクが高くなってしまいます。

● 不適合な詰め物
CR・インレー・クラウンなどの詰め物の適合状態が悪いと、段差や隙間が存在してしまい、歯垢が付きやすくなり、歯周病・虫歯共にリスクが高くなります。

● 咬み合わせ
咬み合わせが悪く、歯に許容範囲以上の力がかかってしまうと歯周病の悪化につながります。また、咬み合わせが悪くなくても、ブリッジや入れ歯を支えている歯も、本来より強い力を受け止めなくてはならず、歯周病が悪化しやすくなります。

歯周病(歯槽膿漏)とは、口腔内の細菌によって発症する細菌感染症です

歯ぐきが腫れ、出血しやすくなり、硬いものが噛めない、口臭が出てくるなど、お口の不快な症状に止まらず、体全身にも影響を及ぼすことが分かってきました。歯周病のお口の中は慢性的な炎症状態で、常に歯ぐきから膿が出ています。その中には細菌などのさまざまな有害物質が入っており、それが毎日のように体の中へ、血液を介したり飲み込んだりして侵入していきます。その結果、心臓病や脳血栓・糖尿病などを引き起こしたり、悪化させるという報告が出ています。

 マイクロモーター

初期歯周病

歯周ポケットに歯垢や歯石などが付着し始めた状態です。初期のうちは自覚症状がほとんどありません。歯垢や歯石を取り除き、ブラッシングをしっかり行うといった毎日のケアで症状は改善します。

 

中等度歯周病

歯周ポケットが深くなり、歯の根に近い部分に歯垢や歯石が付着し始めます。この段階になると、歯ぐきが腫れる、歯ぐきを押すと血や膿が出るといった症状が出てきます。中等度の治療法も、歯垢や歯石を取り除き、ブラッシングをしっかり行うといった毎日のケアです。

 

重度歯周病

この段階では歯ぐきが歯から剥がれ、歯を支える骨も溶けてしまっています。舌で触れただけで歯がぐらつく、といった症状も起きます。歯周ポケットの掃除や内服薬では治療できないので、歯ぐきや骨の再生手術が必要となります。

 超音波スケーラー

予防

プラークコントロール

歯ブラシの磨き残りはプラーク(歯垢)として存在します。そしてそれは細菌の塊なのです!この細菌が産生する「酸」や「毒素」が虫歯や歯周病の主な原因なので、しっかり綺麗にして細菌の数を減らせば、虫歯や歯周病を予防・改善させることができてきます。さらに歯垢を専用薬で染め出し、歯垢がどこについているのかも細かくチェックし、専用の器具を使って効率よく除去していきます。同時にハブラシの指導も行っていきます。

 

メインテナンス

歯周病の治療終了後、再発を予防するためには、定期的な検診とクリーニングが重要になります。 一度歯周病になってしまった場合は、治癒しても再度歯周病になってしまう可能性が高いからです。 各種専用器具を使用した、歯科衛生士による高度なお口のクリーニングで健康な口内環境を保ちましょう。メインテナンスの間隔は、通常3ヶ月に1回です。基本的にはお口の中が全体的に健常な人ほど間隔は長く、状態が悪くなる可能性が高いと思われる人ほど間隔が短くなってきます。

歯周病の治療では、まず原因を明確にし除去していく「原因除去療法」が基本となります

歯周病の治療では、まず原因を明確にし除去していく「原因除去療法」が基本となります

歯を支える歯ぐきなどの歯の周囲に起こる病気です。歯の土台の病気ですから、進行すると歯がぐらつき、ついには抜けてしまいます。

 

歯周病の原因は、口の中にいる細菌の塊、プラーク(歯垢)と呼ばれているものが直接関わっています。このプラークは歯を支えている骨を溶かしてしまう毒素を出してしまうので、歯周病の原因と言われています。

 

歯周病は、歯の土台(歯槽骨や歯を支えている歯根膜など)が破壊される病気です。むし歯のように激痛があるわけでもなく、ゆっくりと進行します。その為に、患者さんがその症状を自覚するには、非常に時間がかかります。そして、歯が揺れたり、歯ぐきが腫れたりと自覚したときには、歯周病がかなり進行している場合がほとんどです。

 歯医者 器具

歯周病の治療では、まず原因を明確にし除去していく「原因除去療法」が基本となります。初診時に、プラークの付着状態・歯周ポケットの深さ・歯槽骨の吸収程度・歯の動揺・歯肉の炎症状態・咬合状態等を診査します。それを元に診査結果・処置内容を具体的にお話しし、治療に対する理解を得られてから開始します。具体的な治療の進め方は、下記の通りです。

 口腔内カメラ

本格的な治療をおこなう前に、現段階で治療が必要な場合におこなう処置です。

 

プラーク除去の必要性を説明し、患者様のプラークの現状や、口腔内の状況を把握し、各患者様に最も適したプラーク・コントロール法を指導いたします。

 

ブラッシングだけでは、取り除く事が出来なくなってしまった歯石を、「スケーラー」と呼ばれる器具を用いて、除去いたします。

 

4 一通り歯肉縁上歯石を取り終えたところで、歯肉がどの程度健康を取り戻しているか検査します。その結果を受け、治療法について再検討いたします。

 

歯肉縁上の歯石だけでなく、縁下の歯石も除去いたします。治療時には局所麻酔をおこない、汚染されたセメント質を除去し、歯根表面に光沢があるように仕上げます。

 

一回目の再評価検査時に良好な結果が得られなかった部位の改善状況を確認します。予測した結果が得られない際は、歯周外科手術をおこなう事もあります。

 

これまでの治療をほどこしても改善の見込みが望めない場合、その部位に対し、おこなう外科手術の事です。

症状が進行すると、最終的に、歯が抜け落ちてしまう恐れもあります

日本人の、歯が抜ける原因1位である歯周病。症状が進行すると、最終的に、歯が抜け落ちてしまう恐れもあります。歯が抜け落ちてしまう前に、歯科医院で治療しましょう。歯周病とは、歯茎や歯槽骨が細菌に感染し、破壊されていく病気。初期段階ではあまり痛みがないので、自覚症状がないうちに進行してしまうことも多くあります。日本人で歯周病に感染している方は多く、なんと、成人の約8割が歯周病、もしくはその予備軍と言われるほど広まっているのです。

1.歯茎から出血する

歯茎からの出血は歯周病のごく初期から出てくるサインです。歯磨きのたびに出血するようであれば歯周病にかかっている可能性があります。

 

2.歯茎が赤く腫れている

歯茎がピンク色でなく、赤く腫れぼったい場合は歯茎の炎症が起きている証拠です。

 

3.歯茎がむず痒い

歯茎がムズムズするような痒いような症状が出ることもよくあります。

 歯科レントゲン

4.歯石がついている

みがき残しが多いところは歯垢が溜まりがちになり、やがてそれが歯石になります。歯石は歯周病を進行させやすくするもので、歯石がついているところの歯茎はたいてい炎症を起こしています。歯石がつきっぱなしになっている人は要注意です。

 

5.歯が長くなった

歯周病で骨が溶けると、その上にかぶさっている歯茎も下がります。そうすると歯が長くなったように感じます。

 

6.歯が冷たいものでしみる

歯茎が下がると、歯根が露出して冷たいものがしみたり、歯ブラシで触れると痛みが出るようになります(知覚過敏)。

 マイクロモーター

7.口の中がネバネバする

歯茎の溝からは歯肉溝滲出液とよばれる液体が分泌されています。歯茎が炎症を起こすことで、その性質が変わります。また膿が出たりすることにもよりネバネバした液体が出るようになります。

8.口臭がきつくなった

歯周病により歯周ポケットが作られると、その奥で歯周病菌が増殖します。その歯周病菌が作り出す代謝産物が悪臭を発するようになります。

 

スケーリング

歯みがきでは落とせない石灰化したプラーク=歯石を、スケーラーという器具を使って取り除きます。

ルートプレーニング

歯周ポケット内部に付着した歯石やプラークを、専用器具でしっかり取り除き、表面を滑らかにし再付着を防ぎます。

硬さも天然歯に近いため、自分の歯にダメージを与える心配もありません

審美歯科では、患者さんの満足度を高めるため、美しさと機能性を重視した治療を行っています。一般的な歯科治療では、口腔の機能を改善する治療を行うため、健康保険が適用されます。その一方で、審美歯科の場合には、より美しさにこだわる治療を行うため、基本的には健康保険が適用されず、料金は高めになります。審美歯科では、歯を白くするホワイトニングや歯並びを整える矯正治療、歯の形を整える治療などが行われています。

 歯科 ユニット

ジルコニアセラミックス

強度が高いジルコニアのフレームに審美性の高いセラミックスを合わせたものです。強度の高さから症例の適応範囲が広く、ブリッジなどはこの素材が最適です。
また金属を使用しないので金属アレルギーの心配もありません。

 

オールジルコニア

ダイヤモンドに近い高い屈折率を有することから模造ダイヤモンドとも呼ばれています。透明感がなく審美性は劣りますが、セラミックのなかでも一番強度があり、優れた耐久性を誇ります。物を噛みしめても欠ける可能性がかなり小さく、奥歯のように力がかかる部分には最適です。

 歯科用マイクロスコープ

e-max

通常の焼成型のセラミックスより強く、天然歯のような透明感・審美性を再現することができます。硬さも天然歯に近いため、自分の歯にダメージを与える心配もありません。
またこちらもメタルフリーになっております。

 

メタルボンド

金属のまわりにセラミックを貼り付けた被せ物です。中身が金属で出来ているので、強度がオールセラミックより強く、表面がセラミックで出来ているので、自然な色合いで審美性にも優れていますが、金属が溶け出すことによる歯ぐきの変色や金属アレルギーが起こる可能性などのデメリットがあります。

 

オフィスホワイトニング

診療室で行なうホワイトニングです。高濃度の薬剤を歯に作用させるため、短時間で歯を白くすることができます。オフィスホワイトニングの効果は個人差や歯によりその度合いは異なりますが1回のホワイトニングでその直後からホワイトニングの効果を得ることができます。

口元は、他人から多くの注目を集める部分。

それだけに、銀歯がのぞいたり、前歯が欠けたりしていることにお悩みの方も少なくありません。デンタルクリニックではそういった方に対し、口元を美しくする審美歯科治療を行っています。

 歯科用ユニット

「審美歯科」に関しては多くの方が一度は耳にしたことがあるかと思いますが、実際にどのような診療かご存じでしょうか? 審美歯科では歯の機能を回復させつつ、お口の見た目をキレイにします。いわばお口の状態をトータルに向上させるのが審美歯科なのです。

人の第一印象で目の次に気になる箇所は口元だといわれています。笑顔が素敵な人に好感を持つように、口元のキレイさはご自身の印象を大きく左右します。お口の中で銀歯が目立ったり、歯が欠けていたり、着色汚れで黄ばんでいたりすると相手に対してマイナスイメージを与えてしまうことも……。

 

セラミック治療の特徴

被せ物の素材にセラミックスを使用するのがセラミック治療であり、審美治療では金属よりもセラミックを使用した治療を行うことが多いです。セラミックは丈夫で長持ちであり、化学反応による腐食がなく、光の透過性があり、色調も調節できて、患者さんの歯の色に近づける事が出来ます。金属アレルギーを心配することもなく、本物のような歯の再現に最適です。

 

セラミッククラウン

歯を保護するために被せる物をクラウンと言い、保険治療で行える金属のクラウンではとても目立ちます。しかしセラミックを使用すれば目立たず、自然な美しさと機能性を両立させることができます。

 

セラミックインレー

虫歯を削ったりした部分に詰める物をインレーと言います。比較的小規模な切削部分に使われ、「オールセラミック」「ハイブリッドセラミック」「ジルコニア」など、どちらのセラミック素材を使用しても治療跡が目立たず、もとからの歯との境界がわかりません。

 マイクロスコープ 歯科

ラミネートベニア

審美歯科では、インレー・クラウン以外にもセラミックを用いた治療を行います。

前歯の表面をごく薄く削った上に、付け爪のような薄いセラミックのシェルを貼り付け、歯の色や形、軽度の歯並びの乱れなどを整える治療です。前歯の欠けやすきっ歯、またホワイトニングで効果が現れないケースなどに用いられます。

感染部位を除去して、レジン(歯科用プラスチック)などを詰めて補います

虫歯とはお口の中のミュータンスと呼ばれる細菌が砂糖やご飯やパンに含まれる「糖」を利用して酸を生成し、その酸よって歯が溶かされ、穴が開いた状態を「虫歯」と呼んでいます。、初期の段階では自覚症状がないため自分では気付かないことが多いのが特徴です。

 コントラ 歯科

引き起こす仕組みについて

虫歯とは言いますが細菌が糖質をもとに作り出す、酸が歯の表面を溶かすことで生じるものです。 多くは歯の間や奥歯の溝などの部分から発生します。 特に、溝の細菌というのは通常の歯磨きでは取り除くことが非常に困難です。 そのため、毎日歯磨きをすれば虫歯は完全に予防できる、ということはないのです。 定期的に歯磨きをしているのに、よく虫歯になってしまうという方は、こういった原因が考えられます。

 

エナメル質の虫歯(C1

【症状】
エナメル質が溶け、黒ずんで見える状態です。歯の中の神経より遠い部分なので痛みなどの自覚症状はまだ現れません。
【治療法】
感染部位を除去して、レジン(歯科用プラスチック)などを詰めて補います。

 

象牙質の虫歯(C2

【症状】
エナメル質の内側の象牙質にまで虫歯が進行した状態です。「冷たい物がしみる」などの症状が現れます。
【治療法】
感染部位を削り取り、詰め物や被せ物を装着して補います。

 ハンドピース

神経にまで達した虫歯(C3

【症状】
象牙質の奥の神経にまで虫歯菌の汚染が進行した状態です。何もしなくてもズキズキ激しく痛みます。
【治療法】
神経を除去する「根管治療)」を行ったあと、被せ物を装着して歯の機能を補います。

 

歯根まで達した虫歯(C4

【症状】
歯の上の部分(歯冠)がほとんど溶かされ歯根にまで虫歯が進行した状態です。神経が死んでしまうといったん痛みは治まりますが、歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます。
【治療法】
ほとんどの場合で抜歯が選択され、入れ歯、ブリッジまたはインプラント治療などで歯の機能を補います。

歯に歯石が付着している場合は、専用の器具(スケーラー)を使用して除去します

毎日知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や、ハブラシでは落としきれない汚れの塊(バイオフィルム)、歯面の着色などを除去してキレイに磨き上げ、ツルツルの歯に仕上げます。 
ブラシやゴムなどの柔らかい材質の器具を使用するため、痛みも無く心地よい刺激で眠ってしまう方もいらっしゃるほどです!

プロの手により、専用の器具を使って歯面に付着した歯垢や汚れを落としていきます。毎日知らず知らずのうちに磨き残してしまった部分や、ハブラシでは落としきれない汚れの塊(バイオフィルム)や、歯面の着色などをキレイに磨き上げてツルツルの歯に仕上げます。ブラシやゴムなどの柔らかい材質の器具を使用するため、痛みも無く心地よい刺激で眠ってしまう方もいらっしゃるほどです!

 ハンドピース 歯科

PMTCの効果

虫歯になりにくくなる歯周病・歯肉炎の予防口臭を予防お口のリフレッシュ歯の輝きが増すフッ素塗布により、歯面が強化される

 

歯石除去(スケーリング)

歯に歯石が付着している場合は、専用の器具(スケーラー)を使用して除去します。

 

染め出し

歯に残っているプラークを染色することにより、磨き残しになっているプラークを確認することができます。

 オートクレープ

歯面のクリーニング

研磨剤と専用の器具を使用して、歯の表面を磨きあげます。歯みがきでは届きにくい、歯と歯の隙間の汚れも徹底的に取り除きます。

 

フッ素塗布

フッ素ペーストを歯面に塗布して、歯を強化します。PMTCはこんな人にオススメしています

虫歯や歯周病の治療が完了している人

ブリッジなど被せ物がある人

口臭が気になる人

矯正装置をつけている人

 

ブリッジなど被せ物は、磨き残しになりやすい部分であり、うまく磨けていない人が多いです。 また、虫歯や歯周病の治療が一段落した人でも、口の中を清潔にしていなければ再び治療が必要になってしまう可能性が高いため、プロフェッショナルクリーニングを定期的に受けることは効果的予防につながります。セルフケアだけでは十分と言えません。痛みなど症状がなくても、定期的にクリーニングを受け、自分では除去しきれていない汚れを取り除くことが大切です。病気の予防だけでなく、早期発見にもつながります。

歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです

自覚症状がほとんどないまま進行するので、気づいたときには深刻な状態におちいっていることもめずらしくなく、日本人(40代以上)が歯を失う最大の原因となっているほどです。

 エアーモーター

歯周病初期(歯肉炎)

歯茎に赤い腫れが見られます。歯周ポケットも少し深くなっています。ブラッシング時や食事の際に出血することがあります。痛みなどの自覚症状はありません。

 http://nienie123.seesaa.net/

軽度歯周病

炎症が顎の骨まで進行しています。歯周ポケットはさらに深くなり、出血や腫れが気になるようになります。口臭が出始めるのもこのころから。

 ハンドスケーラー

中等度歯周病

炎症が拡大しており、歯槽骨(しそうこつ=歯を支える顎の骨)が溶かされてきています。歯を指や舌で触るとグラグラし始めます。

 

重度歯周病

歯槽骨の大部分が溶かされています。歯はグラグラして今にも抜け落ちそうです。歯茎の膿や強い痛み、口臭もあります。

 

プラークコントロール

歯周病予防、治療共に基本となるのがプラークコントロールです。プラークコントロールとは歯周病の原因である歯垢(プラーク)の増殖を抑えることに重点を 置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本です。

 

スケーリング ルートプレーニング

歯垢(プラーク)は時間が経てば歯磨きでは取り除くことができない歯石になり、歯石は歯周病菌の格好の棲家となるため、早めに取り除くことが大切です。歯 石・歯垢(プラーク)を除去し、再び付着しづらくする治療法がスケーリング&ルートプレーニングで、歯磨きでは取り除けない歯石はもちろん、取り除けてい ない歯垢(プラーク)を歯医者で除去することによって炎症が収まっていき、歯周ポケットの深さも浅くなりますので、歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待 できます。

 

PMTC】プロが行うお口の清掃

歯科医師・歯科衛生士など専門家が、専用の機器を用いてお口の中の清掃を行うのがPMTCProfessional Mechanical Tooth Cleaning)です。むし歯・歯周病の予防だけでなく、口臭の改善にも効果があります。PMTCでは、通常の歯磨きでは除去できないバイオフィルム(歯垢や歯石が成長してできた汚れの膜)を除去し、歯の白さや健康な歯肉を取り戻します。

 

歯に付着して「酸」を出し、この「酸」が歯を溶かしていく病気です

虫歯は、お口の中の虫歯菌が食べかすなどに含まれる糖分を養分にしてプラーク(歯垢)を形成し、歯に付着して「酸」を出し、この「酸」が歯を溶かしていく病気です。つまり虫歯の発症や進行を防ぐためには、プラークや歯石などのお口の汚れを落とし、食べかすが残っている時間をできるだけ短くすることが大切です。唾液にはお口の自浄作用を高めるはたらきがあります。よく咬んで食べると唾液の分泌量が増えますので虫歯予防につながります。しかし、時間を決めずにだらだらと食べ続けると、常にお口が汚れている状態に。時間を決めて規則正しく食事をすれば、お口の中がきれいな時間が長くなり、虫歯予防につながります。また虫歯菌の出す「酸」に強い歯質にするための予防処置もおすすめです。
エアーモーター 

初期の虫歯(CO

【症状】
歯の表面のエナメル質がわずかに溶け、白く濁って見える「脱灰(だっかい)」程度の状態です。「しみる」「痛む」などの自覚症状はまだ現れません。
【治療法】
適切なブラッシングで汚れを除去し、予防処置で歯の再石灰化を促すことで治癒が期待できます。

エナメル質の虫歯(C1

【症状】
エナメル質が溶け、黒ずんで見える状態です。歯の中の神経より遠い部分なので痛みなどの自覚症状はまだ現れません。
【治療法】
感染部位を除去して、レジン(歯科用プラスチック)などを詰めて補います。

象牙質の虫歯(C2

【症状】
エナメル質の内側の象牙質にまで虫歯が進行した状態です。「冷たい物がしみる」などの症状が現れます。
【治療法】
感染部位を削り取り、詰め物や被せ物を装着して補います。

神経にまで達した虫歯(C3

【症状】
象牙質の奥の神経にまで虫歯菌の汚染が進行した状態です。何もしなくてもズキズキ激しく痛みます。
【治療法】
神経を除去する「根管治療)」を行ったあと、被せ物を装着して歯の機能を補います。

歯根まで達した虫歯(C4
生体情報モニター 

【症状】
歯の上の部分(歯冠)がほとんど溶かされ歯根にまで虫歯が進行した状態です。神経が死んでしまうといったん痛みは治まりますが、歯根の先に膿がたまるとふたたび激しく痛みます。
【治療法】
ほとんどの場合で抜歯が選択され、入れ歯、ブリッジまたはインプラント治療などで歯の機能を補います。

| 1 | 2 | 3 | 最初 | next>>