猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:98645
Today:129
Yesterday:333
| 1 | 2 | 最初 | next>>
歯周病は、歯を失う最も大きな原因となっており、気づかないうちに徐々に進行します

歯肉からの出血や腫れ、進行すると歯ぐきから膿が出たり、ひどく傷んだりします。また、歯周病は口の中の病気だけでなく、心臓病や肺炎などの全身の病気を引き起こすことが分かってきました。

 超音波スケーラー

歯周病の原因は?

歯周病(歯槽膿漏)の原因は、細菌の塊であるプラーク(歯垢)です。このプラークが歯周組織(歯肉や歯槽骨など)に炎症を起こし、歯周病がはじまります。プラークは食べかすのように思われがちですが、実際は歯周病菌や虫歯菌などの細菌の集団で、最近ではバイオフィルムとも呼ばれています。

 

歯周病が進行すると?

歯周病は症状が進むまでなかなか自覚しにくい病気であるため注意が必要です。初めはほとんど自覚症状がなく、徐々に歯肉からの出血や腫れ、進行すると歯の間のすき間が大きくなり、歯がぐらついてきます。この状態のまま放っておくと、ついには歯を失うことになります。

 

歯肉炎

歯肉に限局した炎症がみられ、歯肉の縁だけが赤く腫れて、歯磨き時などに出血することがあります。
歯の表面にプラークや歯石が付着しています。
触れると痛むことがあります。
歯肉が腫れることにより、仮性ポケットが出現します。

 

軽度歯周炎

炎症が進行し、歯を支えている歯槽骨の破壊がはじまります。
浅い歯周ポケットができ始めます。
歯石が歯肉の上(縁上歯石)だけでなく、歯肉の内側に付着し始めます。
歯ぐきがすいてきた感じになります。

 

中等度歯周炎

歯周組織の炎症がさらに進み、歯周ポケットが深くなります。
歯槽骨の破壊が進行し、歯が長くなったように見えます。
歯根表面の茶色い歯石(縁下歯石)がさらに内部に付着します。
歯がぐらつきはじめます。
歯がしみやすくなる症状(知覚過敏)が出る場合もあります。

 生体情報モニター

重度歯周炎

歯槽骨の破壊がひどくなり、歯がぐらぐらになります。
歯肉から膿や血が出て、口臭もひどくなります。
歯石が歯根の先まで付着してきます。
最後に歯が抜けてしまうこともあります

歯周病は、歯や歯ぐきに付着するプラークが原因となって引き起こされる感染症です

歯周病にかかると、歯の周りの組織である歯ぐきや骨に炎症を起こし、やがて歯が抜け落ちてしまいます。

 生体情報モニター

歯周病の進行は非常に遅いため、普段の口腔内の変化ではなかなか気がつきません。気づかないうちに歯周病は進行し、多くの人が歯槽骨が吸収して歯が動くのを感じてから初めて症状を自覚します。さらに歯周病は口腔内だけではなく、全身にも影響を及ぼすことが最近分かってきました。歯周病菌そのものは強い病原性を持っているわけではありませんが、菌が歯周炎を起こした歯肉から血液に入りやすい状態になり、全身疾患の原因になる場合があるのです。

 

進行度1

健康で正常な歯ぐきです。

 

進行度2

歯肉炎の状態です。プラークが溜まりバイオフィルムが付着しています。それにより歯ぐきに炎症が起こり、歯ぐきが腫れています。

 

進行度3

中等度歯周炎の状態です。炎症が広範囲に広がることにより、歯と歯茎の付着がはがれ、歯を支える骨もとけています。

 パルスオキシメーター

進行度4

重度歯周炎の状態です。歯を支えている骨がほとんど溶け、大きく動揺しています。さらに進むと、歯は抜け落ちてしまいます。

 

『プラーク』、いわゆる『歯垢』が歯周病の原因です。このプラークは、ただの食べかすではなく、歯周病の原因となる細菌の塊です。1mg中に何と約10億もの細菌が含まれています!近年、プラークは細菌が固まり強固にへばりつく『バイオフィルム』として捉えられるようになりました。このバイオフィルムは抗菌薬が効かず、簡単には除去できないのが特徴です。歯科医院での特殊な器具を使った歯科医師、歯科衛生士によるクリーニングで定期的に除去するようにしましょう。

審美歯科とは歯の見た目の美しさに重点を置いた治療を行う歯科です

より美しく、きれいな歯になることを目的とします通常の歯科治療は、保険が適用される材料や治療方法を使い、機能的な回復を目指します。一方、審美歯科では、多くは自費治療にて行うことになりますが、より口元をきれいにしたい方ならではの治療を提供します。有名人や女性、接客や営業などの対面のお仕事をされている方が多く受診しています。

 ハンドピース

審美歯科で行われる治療とは

審美歯科にはどのような治療法があるのでしょうか?代表的な治療法をご紹介します。

 

ラミネートベニア

歯をあまり削りたくないという人には、表面だけを薄く削ってセラミック製のシートを貼り付ける治療もあります。歯並びを大きく変えることはできませんが、歯の間の隙間を埋めつつ、歯の色を変えることができる治療法です。

 

ホワイトニング

歯にホワイトニング用のジェルを乗せて歯の漂白を行うホワイトニング治療です。ホワイトニングはクリニックで行う「オフィスホワイトニング」と自宅で行う「ホームホワイトニング」があります。

 

セラミック

歯を削った場合、詰め物や被せ物を装着させますが、その素材をセラミックにして治療する方法です。

 オートクレーブ

オールセラミック オススメです!

セラミックのみで制作されている究極の審美材料です。『白いメタル』とも言われ一切金属を使用していません。 金属を使用しませんので、金属アレルギーの心配もなく、生体親和性が非常に高いので歯肉との調和に優れています。

 

メタルボンド

日本の国民病「歯周病」は、日本人のおよそ8割がかかっている、またはその予備軍と言われています

歯周病とは、プラーク(歯垢)に棲む歯周病菌が毒素を出し、歯ぐきに炎症を起こすことからはじまり、次第に歯を支える骨を溶かします。放置すると最後には、歯が抜け落ちてしまいます。

 オートクレーブ

歯肉炎

歯周ポケット(歯と歯ぐきの間)に、歯周病菌の塊であるプラークがこびりつきます。歯ぐきが赤く炎症を起こしております。

 

軽度歯周炎

プラークが歯石化し、歯周ポケットが深くなります。次第に、歯を支える顎の骨が溶かされはじめます。

 

重度歯周炎

歯を支える顎の骨が大きく溶かされ、自覚できるほど歯がグラグラします。膿が出ることもあり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

 

適切な歯周病治療を行うには、歯周病の進行状態をきちんと把握することが必要です。

 超音波スケーラー

歯の動揺度検査

歯周病が進行するにつれて、歯はグラつきを増します。対象の歯をピンセットでつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。

 

レントゲン検査

歯周病が進行するにつれ、歯を支える顎の骨の溶解度は増します。レントゲンによって骨の密度を確認し、進行度を調べます。

 

歯周ポケット検査

歯周病が進行するにつれ、歯周ポケットは深さを増します。「プローブ」という器具を使い、歯周ポケットの深さを調べ、進行度を調べます。

歯垢の中にいる細菌によって引き起こされる病気

歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

 超音波スケーラー

歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。また、初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

 

歯周病は歯肉炎の段階では、歯の磨き方など口の中の健康管理を積極的にケアすることでよくなります。しかし、ある程度症状が進行している場合は出来るだけ早めに診察を受けることが大切です。また、歯周病のかかり始めには自覚症状があまりない病気ですので、検査をうけて症状を知ることも大切です。

 エアーモーター

歯周病は歯肉炎の段階では、歯の磨き方など口の中の健康管理を積極的にケアすることでよくなります。しかし、ある程度症状が進行している場合は出来るだけ早めに診察を受けることが大切です。また、歯周病のかかり始めには自覚症状があまりない病気ですので、検査をうけて症状を知ることも大切です。

 

歯周病は「歯周ポケット」から始まる

歯肉に炎症が起きると、歯と歯茎の間の溝が深くなります。これを歯周ポケットと呼び、この溝(歯周ポケット)は炎症によってどんどん深くなっていきます。歯周ポケットの中は酸素がなく、わずかな出血などから栄養が豊富なため、酸素の苦手な毒性の強い細菌「歯周病原性細菌」の格好の住みかになり、細菌による炎症と歯周ポケットの形成が繰り返され、歯周病が進行していきます。

歯周病とは、歯と歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。

歯と歯茎の境目についた歯垢(プラーク)から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えている周りの組織をじわじわと壊していき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。

 エアーモーター

歯肉に炎症がおきた状態を歯肉炎、歯槽骨などを支えている組織全体が崩れてしまう病気を歯周炎といいます。また、初期の歯周病はほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

 

歯周病は「歯周ポケット」から始まる

歯肉に炎症が起きると、歯と歯茎の間の溝が深くなります。これを歯周ポケットと呼び、この溝(歯周ポケット)は炎症によってどんどん深くなっていきます。歯周ポケットの中は酸素がなく、わずかな出血などから栄養が豊富なため、酸素の苦手な毒性の強い細菌「歯周病原性細菌」の格好の住みかになり、細菌による炎症と歯周ポケットの形成が繰り返され、歯周病が進行していきます。

 

歯周病は歯肉炎の段階では、歯の磨き方など口の中の健康管理を積極的にケアすることでよくなります。しかし、ある程度症状が進行している場合は出来るだけ早めに診察を受けることが大切です。また、歯周病のかかり始めには自覚症状があまりない病気ですので、検査をうけて症状を知ることも大切です。

 マイクロスコープ 歯科

歯周病は歯肉炎の段階では、歯の磨き方など口の中の健康管理を積極的にケアすることでよくなります。しかし、ある程度症状が進行している場合は出来るだけ早めに診察を受けることが大切です。また、歯周病のかかり始めには自覚症状があまりない病気ですので、検査をうけて症状を知ることも大切です。

歯周病にならないために大事なこと

歯周病かな?歯磨きをした時・硬い物を食べた時歯ぐきから出血する。口腔内の病気で虫歯と共に、非常に多くの方がかかっている病気の1つに歯周病が挙げられます。歯周病は、特に痛み等の自覚症状があまりないため、一昔前までは今と比べひどく軽視されていました。しかしその結果として引き起こされるのは、歯ぐきの衰退による歯の脱落です。
さらに最近では、歯周病と全身疾患との関係も明らかになってきています。永久歯は抜け落ちると二度と生えてきません。歯が抜け落ちる最大の原因である歯周病に対しての意識を今後高めていきましょう。

以下に歯周病進行チェック表を記載しておりますので、少しでも気になる症状があれば一度診療を受けられることをおすすめします。

 オートクレーブ

歯ぐきが腫れている、ぶよぶよしている

歯が長くなったような気がする

食べ物が歯と歯の間によくはさまるようになった

歯ぐきから膿が出る

口臭が気になる。口の中がネバネバしている。

硬いものを噛むと痛みがズキッと伴う

歯ぐきが赤い

何か気になる所が無いと歯医者に行かない

歯磨きをした時、硬い食べ物を食べた時
歯ぐきから出血する

糖尿病を患っている

 

歯科医院での歯周病予防

歯石除去

歯面についた歯石や、沈着物を機械的に除去し、さらに専門的に磨くことによって、プラークをつきにくくします。つるつるの歯面にはプラークもつきにくくなり、またハブラシで除去しやすくなります。歯石は本人でも気がつかない、歯の表面がざらざらする程度のものや、歯と歯の間に入り込んだもの、またそれが蓄積して大きな石になったものと様々です、歯科医院に来院して除去してください。

 

歯面研磨

一生懸命に磨いていても、残ってしまった歯の隙間のプラークを取り除き、茶渋などの歯についた着色などをとりのぞきます。これでお口の中の環境改善をします。

 超音波スケーラー

PMTC

PMTCとは専門的な歯面清掃のことです。これによって、歯周病原菌を除去します。定期的に行うことによって、病原性の高い細菌を除去し、歯周病を予防します。

今も昔も、いつまでも健康で綺麗な真っ白な歯でありたいというのは、ずっと変わらず、誰もが持ち続けている願いです

笑顔が素敵な人=歯が綺麗であるということからも、歯や口元に美しさを追求されるようになってきました。白い歯や綺麗な歯並びをいつまでも保つことで、歯や口元のコンプレックスが取り除かれたり、食事が楽しめたり、通常の生活でも何事にも明るく積極的に行動できるようになったという方もいらっしゃいます。また、審美歯科による治療は、一時的な見た目の美しさだけではありません。

 パルスオキシメーター

ラミネートベニア

歯と歯の間に隙間がある方や、歯をあまり削りたくない方、ホワイトニングだけでは効果が期待できないケースに効果的です。この方法は、歯の表面をほんの少し削って、セラミックの白いシェルを接着する方法なので、歯の色の後戻りの心配がありません。

 

メタルボンド

メタルボンドとは金属のクラウン(被せ物、差し歯)に、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたものです。金属のフレームを土台として使用する為、強度を得ることができます。

 

オールセラミック

内面に金属を使用せず、セラミックのみで歯の修復をする方法です。従来のものよりも歯肉の変色や金属アレルギーもないので生体にやさしく、より自然に近い透明感を得られます。また、強度にも優れプラスティックや硬質レジンに比べ摩耗・変色もありません。

 マイクロスコープ 歯科

ホワイトニング

コーヒーやタバコの外因的なものから、体質などの内因的な理由により歯は黄ばんでくることがありますが、ホワイトニングではそれら黄ばんだ歯を削ることなく漂白します。

ホワイトニングにはクリニックで行う「オフィス・ブリーチ」とご家庭で行う「ホーム・ブリーチ」の2種類あり、現在は「ホームブリーチ」が主流となっています。

 

「歯ぐきの腫れ」や「歯ぐきからの出血」はありませんか?

こんな症状は歯周病が疑われます。日本人の40代以上の方の7割が予備軍またはすでに発症しているともいわれるくらい蔓延している歯周病は、成人が歯を失う原因の第1位です。そこで、歯周病についての知識を得て、治療や予防につなげましょう。

 歯科技工用エンジン

歯周病の進行について

歯周病は歯肉が炎症を起こしている「歯肉炎」と歯を支える顎の骨にまで炎症が進んでしまった「歯周炎」に分けられ、歯周炎もその段階によりいくつかに分けることができます。歯周病の進行のひとつの目安は歯と歯ぐきの溝(歯周ポケット)の深さで、進行とともに深くなっていきます。

 

初期

歯ぐきが軽い炎症を起こし始めた状態です。ブラッシングのときに出血することはありますが痛みなどの自覚症状はまだほとんどありません。
【歯周ポケット】14mm程度

 超音波スケーラー

中期

歯を支える歯のまわりの組織や顎の骨が溶かされ始めた状態です。歯ぐきの腫れや口臭が気になりだし、冷たい物がしみるなどの自覚症状が現れます。
【歯周ポケット】36mm程度

 

重度

歯を支える顎の骨の半分以上が溶かされた状態です。歯が大きくグラつき、出血や口臭がひどくなります。放っておくと抜け落ちてしまうこともあります。
【歯周ポケット】6mm以上

 

歯周病の治療

歯周病の治療は、進行の程度によって方法もそれぞれ異なってきます。歯周病の治療で必要なことは、定期的に歯科医院でメンテナンスを行うことと、日々の正しいブラッシングです。歯科に定期的に通っていても、毎日の汚れを落とさなければ、ほとんど意味が無くなってしまいます。正しいブラッシング指導をお受けになり、それをぜひ励行していただきたいと思います。

審美歯科とは、歯の白さや歯並びなど

「笑うと銀歯が見えて気になってしまう」、「歯や歯肉の色が気になって人前で口を開けたくない」

 口腔内カメラ

そんなお悩みを持った方におすすめなのが、審美歯科による治療です。歯の白さや歯並びなど"美しさ"に焦点をあてた治療方法のため、一般歯科とは目指す方向性が少し違うかもしれません。「同じ機能なら、より美しいものを」というのが審美歯科での考え方です。清潔で美しい歯並びは、見た目だけではなくお口の健康の維持にも高い効果をもたらします。

 

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックとは、セラミック(陶器)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で詰め物や被せ物を作る治療方法です。白く美しい色合いであることに加え、オールセラミックに比べて比較的安価に治療が可能です。また、非常に柔らかい素材であるため、周囲の歯を傷つける心配もありません。

 オートクレーブ滅菌

<ハイブリッドセラミックの特徴>
白く美しい色合いが得られる
比較的安価で治療が受けられる
柔らかい素材のため周囲の歯を傷つけない
オールセラミックと比較すると色調は多少劣る
長年使用していると変色する可能性がある

 

オールセラミック

お口の中の銀歯が気になる方へおすすめなのがオールセラミックです。金属の代わりにセラミック(ジルコニア)を使用することで、自然な透明感を持つ白い歯を実現します。金属を使用していないため、金属アレルギーの方も安心です。

<オールセラミックの特徴>
白く美しい歯を手に入れられる
歯ぐきの変色や金属の露出がない
金属アレルギーの方でも安心

 

| 1 | 2 | 最初 | next>>