猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:98647
Today:131
Yesterday:333
| 1 | 2 | 最初 | next>>
予防歯科ではどんな治療をするの?

予防歯科では、虫歯や歯周病を防ぐためのクリーニング・歯石除去(PMTC)、セルフケアの効果を高めるためのブラッシング指導、効果的な予防を行うための唾液検査(サリバテスト)などを行います。

PMTC

PMTCとは、歯医者で行うプロフェッショナルクリーニングです。毎日歯磨きをしている人でも、磨き残しはありますし、歯ブラシでは除去できない汚れもあります。PMTCでは、普段のお手入れで除去できない汚れを徹底的に除去していきます。

プロの手によるクリーニングはココが違います!

専用の器具やフッ素が配合された研磨剤を用いて、歯面の汚れを徹底的に除去します。プラークはもちろん、着色汚れを除去して口の中を清潔にします。
また、歯石が付いている場合には、スケーラーという器具を使って除去します。

ブラッシング指導

「毎日歯磨きをしている」という人は多いですが、正しく磨けている人は少ないというのが実状です。虫歯・歯周病予防の基本はセルフケアですから、正しいブラッシングを身に付けることは大切なことです。

大人になってからブラッシングの指導を受けることを、「今さら」と思う方も少なくないでしょう。しかし、自己流の磨き方になっていたり、利き手と反対側を磨けていなかったり、適切に磨けていない人が多いです。
普段の歯の磨き方を見直すためにも、一度ブラッシング指導を受けてみることをお勧めします。

 マイクロモーター

唾液検査(サリバテスト)

唾液検査とは、虫歯や歯周病のリスクを把握するための検査です。唾液の分泌量や唾液の質(緩衝能)、口の中の細菌の数などを調べます。

 

唾液には虫歯を防ぐ働きがありますが、中和する力が弱かったり、分泌量が不足していたりすると、虫歯になりやすくなってしまいます。虫歯になりやすい原因を「歯の質」と認識している人が少なくありませんが、さまざまな要因が関連していますので、さまざまな角度で虫歯予防を行うことが大切になるのです。自分の口の中の状態に合った、効果的な虫歯予防を行うためにも、ご自身の口の中についてよく知ることが大切です。

 電気歯髄診断器

口の中の健康は全身の健康に影響します

虫歯や歯周病になっても、「口の中の問題」と捉えてしまうかもしれません。しかし、口の中の健康は、全身の健康にも影響しているのです。歯科医師会と厚生労働省が、「8020運動(はちまるにいまるうんどう)」を推進しています。20本というのは、自分の歯で不自由なく噛むために必要な本数ですが、80歳まで20本の歯を残すということは、口の中の健康だけでなく全身の健康、生活の質(QOL)向上のためにも必要です。

 

予防歯科は治療を行わないのが大きな特徴です

痛みや違和感などの自覚症状が出る前に、むし歯や歯周病の検査、噛み合わせのチェック、専門的な歯のクリーニングPMTC、歯みがきの指導やお子様の仕上げみがきなどの指導などを行い、口内環境を整えるのが予防歯科なのです。当院は予防歯科が一番大切だと考えています。むし歯や歯周病になってから通院されるのではなく、歯の健康を維持するために歯科医院に行く。これが歯科医院の新しい目的であると同時に、予防歯科の大きな役割だと思っているからです。

 歯科用マイクロスコープ

歯みがきだけでは予防できない?

歯のトラブルを予防するための基本となるのが、毎日の歯みがきです。そのため当院の予防歯科では、患者様にあった正しい歯みがきの指導に力を入れています。しかし歯みがきは効果的な予防方法ではありますが、これだけではむし歯や歯周病を防ぐ完ぺきな手段とはいえません。なぜならセルフ歯みがきでは、細菌の塊であるバイオフィルムを完全に取り除くことができないからです。むし歯や歯周病をしっかり予防するためには、毎日の歯みがきに加え、歯科医院で専門的なクリーニング「PMTC」を受けることが大切になります。

 生体情報モニター

予防歯科の重要性

一度むし歯になった歯はもろくなり、再発のリスクが高まります。だから「むし歯になったけれど、治療したから大丈夫」と言うのは大きな間違いです。健康な歯を保つためには、はじめのむし歯を作らないことがとても大切です。

しかしむし歯や歯周病は初期段階ではほとんど自覚症状がないので、自分で見つけることが難しいとされています。そのため予防歯科の定期検診がとても重要になってきます。
検診では口腔衛生のプロである歯科衛生士がむし歯や歯周病になりそうな箇所や、軽度のむし歯・歯周病を発見し、効果的な予防方法や早期治療を行います。

 

一生涯自分の歯で暮らしたい・・・

予防歯科先進国のスウェーデンでは80歳での残存歯数は20本以上です。それに対して、予防の習慣がない日本では7本というデータがでています。歯を失う主な原因は虫歯か歯周病です。

スウェーデンでは子供から大人まで年2回以上歯科医院で口腔内のクリーニング(メインテナンス)を受けていますが、日本ではそのような習慣がない為、30歳以上の8割が歯周病にかかっています。

 口腔内カメラ

子供の頃から予防をすることが大切ですが、歯周病にかかっている人でも今から予防を始めても遅くはありません。私達は患者様が「一生自分の歯で」暮らせるようサポートします。そのために十分な説明と患者様の適した最善の治療を提供いたします。

 

治療が終わったら・・・

治療が終わったら、定期健診を受診されることをオススメします。「えー、やっと終わったのにまた来るの?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、定期健診を受けることは自分の歯を残すためには重要なポイントなのです。

 

Point1 治療だけでは歯が残らない・・・

若いうちから定期健診を受けていると、将来自分の歯を多く残せることが
統計的にも明らかになっています。

 オートクレーブ

Point2 歯を抜く主な原因は虫歯ではない?

40歳以上の方で歯を抜かなければいけない主な原因は虫歯ではありません。 歯周病が主な原因なのです。また、歯周病は痛みが無く進行しますので、虫歯だけでなく歯周病予防のためにも定期健診を早くから受診されることをオススメします。

 

Point3 歯石を取るだけでも来ていいの?

「歯医者さんは虫歯も無いのに行ってはいけない」と思っている方が多いようです。歯石は歯磨きでは取れません。歯石は歯周病の主な原因です。歯石を取るのは我々プロにお任せください

一昔前の日本では八重歯を「可愛い」と捉えていました

しかし八重歯は紛れもない不正咬合です。不正咬合は単に「歯並びが悪い」という見た目に限った問題ではありません。ブラッシングしにくい箇所ができてしまうため虫歯や歯周病などを引き起こしやすく、また正確な発音がしにくかったりするなど様々な悪影響をもたらすのです。矯正を受けるのに"早い遅い"はありません。不正咬合を治して、健康的な歯並びを手に入れましょう。

 オートクレーブ

種類

叢生(そうせい)
歯が重なり合っている状態で、いわゆる「八重歯」や「乱ぐい歯」のことです。上下の歯が噛み合わないため、食べ物をしっかりと噛むことができません。

 

反対咬合
口を閉じたとき下の歯が上の歯より極端に前に出ている状態で、いわゆる「受け口」のことです。下顎の過剰な発育などが原因です。食べ物が噛みにくく、発音に問題が起こりやすい傾向にあります。

 

上顎前突
いわゆる「出っ歯」で、上の歯が下の歯より前に出ている状態です。上顎の過剰な発育などに原因があります。重度の上顎前突では歯が噛み合うことなく、歯ぐきに当たっていることもあります。

 マイクロモーター

開咬
前歯が噛み合っていない状態です。口を閉じても前歯に隙間があったり、上下の歯が噛み合わなかったりします。空気が漏れやすく、発音に問題が生じやすい傾向にあります。

歯周病とは,歯と歯を支える歯ぐきや骨に起こる病気で歯肉炎と歯周炎があります

初期には歯ぐきの腫れや出血が見られますが(歯肉炎),そのまま放っておくと歯を支えている骨が吸収されて歯がぐらつくようになり,抜けてしまうこともあります(歯周炎)。歯周病は,成人のおよそ8割がかかっており,むし歯とならんで歯を失う原因となっています。以前は歯槽膿漏(しそうのうろう)と呼ばれていました。

口腔内カメラ

歯周病のセルフチェック~あなたは大丈夫?~

次の項目にあてはまるものに,チェックをしてみてください。

 

歯ぐきが赤く腫れている

歯磨きのときに出血する

ムズガユイ感じがする

歯が長く伸びたように見える

歯がグラグラ動く感じがする

歯と歯の間に食べ物がはさまる

歯ぐきを押さえるとウミがでる

朝起きたときに口の中がネバついて変な味がする

口臭がする

歯周病は自覚しにくい病気です。

セルフチェックでひとつでも該当するものがあったら,必ず歯科医院を受診しましょう。

 

歯周病を予防しましょう!

歯周病は生活習慣病です。次のようなことに気を付けて,歯周病の予防に努めましょう。

 オートクレーブ

規則正しい食事をする

偏食をなくす

禁煙に努める

ストレス(過労・睡眠不足等)を減らす

デンタルフロス・歯間ブラシ等を使用した効果的なブラッシング

定期的な歯科検診

 

歯周疾患検診を受けましょう

 

歯周病の予防及び早期発見・早期処置には,かかりつけ歯科医での定期的な歯科健診が欠かせません!自覚症状がなくても,かかりつけ歯科医を年に23回は受診して早期発見に努めましょう。

 虫歯・歯周病から歯を守る「予防」をはじめましょう

「虫歯ができたから」
「歯周病になったから」

こういった、何らかの症状が起こってからはじめて歯医者に行くという方が、ほとんどではないでしょうか。しかし「なってから」の治療では、歯や歯ぐきを元の一番健康だった状態に戻すことはできません。たとえば虫歯なら感染した歯質を削らなくてはならず、ダメージを避けることはできないからです。
マイクロモーター 

 

海外と日本の予防意識の差

歯科先進国である欧米では、かねてから予防意識が高く、病気になる前から定期検診に通う習慣がしっかり根づいています。それに対し日本ではまだ予防意識が低く、定期検診に通う習慣がある人はまだ多くありません。その違いは、年齢を重ねてからの歯の残存数に顕著に表れています。

 

定期検診

日々少しずつ変化するお口の状態を、定期的にチェックするとともに、専門的な予防処置を行います。治療が不要になり、またもし必要な症状が見つかっても早期の治療が可能になることで、お口のダメージを回避することができます。

 超音波スケーラー

PMTC

歯科衛生士が専用の器具を使って行う歯のクリーニングです。毎日ブラッシングしていても落とし切れないプラーク(歯垢)や歯石を取り除き、虫歯・歯周病の予防につなげます。また口臭改善や軽度の着色除去も可能です。

 

ブラッシング指導

「みがいている」のと「みがけている」のとで、大きな差が生じるのがブラッシングです。そこで歯科衛生士が、一人ひとりのお口の状態に合った正しいブラッシング方法を指導します。初診時でも、その日のうちに指導が可能です。日々のケアの質を高めるために、しっかり身につけましょう。



歯周病の間接的な原因

口腔内環境の危険因子としては、適合の悪い冠(詰めもの)やブリッジなど歯科治療に関連したものの他、口呼吸、歯ぎしりなどの不良習癖、悪い歯並びなどが挙げられます。 また、生活習慣による危険因子には、食生活、喫煙、ストレス、糖尿病などがあります。

 オートクレーブ

口腔内環境の危険因子

【不適合な冠など】
適合の悪い冠やブリッジはその段差にプラークがたまりやすく、歯周病のリスクの元となってしまいます。

【悪習癖】
普段、意識せず行っている悪習癖も歯周病に影響します。
たとえば、口呼吸は、口の中が乾燥するためプラークが付着しやすくなり、歯肉の抵抗力が弱まり、炎症も起きやすくなります。
また、歯ぎしりのような強い力を歯に加えると、歯周組織に負担がかかり炎症を起こしやすくします。

【悪い歯並び】
歯並びが悪いところは歯の磨きにくい部分にプラークがたまり、炎症が起こりやすくなります。

 

生活習慣の危険因子

【喫煙】
喫煙は歯周病を悪化させる大きなリスクファクターです。
喫煙は、タバコに含まれる有害物質であるニコチンが歯周組織の毛細血管を収縮させて歯肉の血行不良を引き起こします。 そのため、歯周病細菌に対する抵抗力が低下し、歯周病を誘発したり、悪化させると考えられています。

 マイクロモーター

【食習慣】
甘いものや軟らかい食事はプラークが形成されやすく歯周病を悪化させるといわれています。

 

【ストレス】
精神的ストレスは免疫機能を低下させるばかりでなく、喫煙回数が増えたり、甘いものを食べるようになるなど、生活習慣を大きく変化させる可能性が強いので、歯周病が悪化しやすい状態になります。

 

【糖尿病】
糖尿病になると細菌感染に対する抵抗力が低下し、歯周病が悪化しやすい状態になります。 また、歯周病細菌が産生する毒素は糖尿病を悪化させることや歯周病治療によって血糖値が改善することも分かっています。

歯は一度削ってしまうと二度と元に戻りません

予防とクリーニングのプロである歯科衛生士が専門の機器や器具を用いて、通常の歯磨きでは取ることが出来ない汚れを除去し、病原菌を減らすとともに、歯をツルツルキラキラの状態に戻します。歯は一度削ってしまうと二度と元に戻りません。

 

一度歯を削り治療が終了しても、歯の磨き方が不充分だと、再治療になる可能性が高くなります。治療をやり直せばなおすほど、歯は大きく削られ確実に抜歯への道をたどっていきます。私たちは、皆様の歯を生涯守るためには「歯を削らない」事が重要だと考えます。そのために予防すること、「予防歯科」が重要なのです。

 ハンドピース 歯科

ブラッシング指導

歯・歯肉のブラッシングは非常に大切であり、ブラッシングに始まりブラッシングに終わると言っても過言ではありません。ブラッシングは唯一患者様ができる予防でもあり治療でもあるのです。ブラッシング方法はいろいろありますが、それぞれの患者様にあったブラッシング方法があり、それを指導するのが当院の役目だと考えております。

 

歯垢・歯石の除去

歯周病は、歯や歯ぐきについた歯垢により、歯ぐきや歯を支える骨に炎症が生じ、それらの組織が壊される病気です。歯周病の予防・治療には、歯垢と歯石の除去が欠かせません。歯垢は、毎日のブラッシングでの除去が可能ですが、歯石はブラッシングのみでは除去できません。歯科医院にてスケーラーとよばれる専用の器具で除去します。

 口腔内カメラ

PMTC

PMTCとは歯科医師・歯科衛生士によっておこなわれる、機械的なプラークコントロールの方法です。毎日の「歯磨き」では限界があり、磨き残しが生じてしまいます。磨き残しやすい部位を重点的に清掃・磨いていくことで、むし歯や歯周病を抑制する効果的なテクニックです。


歯を失う原因の多くは「むし歯」と「歯周病」です

しかも、どちらの病気も細菌が原因で発症する病気です。テレビCMで「プラ―クコントロール」とか「歯垢を落としましょう」などと耳にしたことはありませんか?プラ―ク(=歯垢)とは、お口の中にいる細菌の塊です。「むし歯」の場合には、むし歯菌により歯が溶解し穴があいてしまいます。これに対して「歯周病」の場合には、歯周病菌が歯ぐきに付着して歯肉炎を発症します。様々な症状を呈しますが、歯磨きしたりリンゴをかじったりした時に「出血」するなどは典型例です。

 歯科ハンドピース

最後には歯が抜けてしまう

この歯肉炎の状態が続くと、歯ぐきの下にあって元々歯を支えている骨(歯槽骨)が溶解していきます。支えを失った歯はグラグラしはじめ、最後に歯は抜けてしまいます。

「むし歯」のような痛みがあまり出ないため、自覚しないまま病気が進行するのが「歯周病」です。臨床データでは45歳を過ぎたころから歯を失う人が増えてくることから、この年代の人は「歯周病」対策を早めに行うべきでしょう。

 歯科用ユニット

歯周病と喫煙

日本人の成人8割以上の人は歯周病に罹患していると言われていますが、その中でも喫煙者の方は歯周病が進行しやすいことと病状の進行に気づきにくいという特徴があるようです。

 

有害物質は歯周組織の健康を阻害する

歯周病は歯肉の炎症に端を発して、歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて歯が抜け落ちる病気です。読んで字のごとく歯の周囲組織の病気ですが、ニコチンを代表とする様々な有害物質は歯周組織の健康を阻害することがわかっています。

 

たばこの有害物質は、歯肉や口腔粘膜の細胞合成を阻害するため傷負けしやすく、また傷も治りにくくなります。ニコチンは毛細血管の血流を阻害する作用がありますが、このために血流が滞り細胞には栄養分や酸素が行きわたらなくなります。歯周組織細胞が栄養失調や酸欠の状態になるのです。血流障害が起きていますから、細菌など外来因子に対する防御能力も低下してしまいます。

積極的に歯医者に通いましょう

歯周病は、再発リスクが非常に高いお口の感染症です。重症化した状態の歯周病は「歯槽膿漏(しそうのうろう)」とも呼ばれますが、現在では軽度の炎症(歯肉炎)から歯槽膿漏までのすべての段階をひとくくりにして「歯周病」と呼んでいます。

 歯科材料 通販

高齢者がかかる病気だと思われがちですが、近年は10代や20代といった若年層が歯周病を発症するケースも増えています。歯周病のリスクが高まるのは、免疫力が低下しはじめる30代から。30代以上の成人は、歯周病についてしっかり考えておく必要があると言えます。たとえ今は大丈夫でも、今後もずっと大丈夫だとは限らないからです。

 

歯周病は、プラーク(歯垢)の内部に潜む歯周病菌が歯周組織に炎症を引き起こすお口の病気です。ほとんど自覚症状がないまま進行していくという特徴から、サイレント・ディジーズ(沈黙の病気)とも呼ばれます。はじめのうちはブラッシング時に歯ぐきから血が出る歯肉炎になり、少しずつ顎の骨が溶かされていく歯周炎となり、最終的には支えを失った歯が抜け落ちてしまうこともあります。

 

また歯周病は「日本人の国民病」とも言われており、成人の約80%が罹患している、もしくは予備軍であると考えられています。また、歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位でもあります。歯を失ってしまうとさまざまな不都合が生じ、生活の質が著しく低下してしまうことがわかっています。原因とメカニズムがわかっている歯周病は予防できる病気です。早い段階から適切なケアを行い、歯を失わないように努めましょう。

 

歯肉炎

歯と歯ぐきの境目にプラークが溜まりはじめます。強めのブラッシングで出血するなど、軽い炎症を起こしています。

 ハンドピース

軽度歯周病

炎症が進み、歯周ポケット(歯と歯ぐきの境目にできた空間)が深くなっていきます。この段階から、顎の骨が少しずつ溶かされはじめます。

 

中等度歯周炎

溶かされた顎の骨が多くなると、歯がグラついたり、硬いものが噛みにくくなったります。歯周ポケットはさらに深くなります。

 

重度歯周炎

顎の骨が半分以上溶かされ、歯のグラつきが大きくなり、食べ物を噛むのが難しくなります。膿が出て口臭もひどくなり、最終的には歯が抜けます。

| 1 | 2 | 最初 | next>>