猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:98642
Today:126
Yesterday:333
| 1 | 2 | 最初 | next>>
虫歯は、細菌が糖質から作った「酸」によって歯が溶かされる病気

虫歯は、細菌が糖質から作った「酸」によって歯が溶かされる病気で、「細菌の塊=プラーク(歯垢)」が原因で起こります。歯と歯の間、奥歯の噛み合わせ、歯と歯茎の境目の溝など歯ブラシが届きにくく、磨き残しの多いところが虫歯になりやすいのですが、しっかりと予防を行えば、確実に防ぐことができる病気でもあります。歯科器具

 

軽度:C1

歯の表面をおおっているエナメル質が脱灰(歯が溶ける)している状態です。痛みはあまり感じませんが、歯の表面が白くにごっていたり、茶色などに着色してザラついていたりします。まだ穴になっていません。きちんとした歯磨きや、フッ素を塗ることによって虫歯を防ぐことができます。超音波スケーラー

 

中等度:C2

象牙質の層にまで進んで穴があいている中等度の虫歯です。冷たいものを食べたり飲んだりすると歯がしみます。治療は麻酔を使う場合もあり、詰め物も型を取る必要があるので、多少治療に時間がかかります。削る部分が広い場合などは、詰め物ではなく、クラウンになる可能性があります。ハンドピース

 

重度:C3

虫歯が大きな穴になって象牙質のすべてに及び、歯髄(神経)まで達した深在性ウ蝕です。治療に行かずに我慢していると、痛みが消えることがあります。これは神経が死んでしまっただけで虫歯が治ったわけではありませんので、忘れた頃に歯茎が腫れて食事ができなくなったり、歯がボロボロになって割れてしまったりします。

 

末期:C4

歯がくずれて根っこだけが残ってしまった状態です。このままにしておくと歯髄が腐敗してしまい、さらに歯周病へと進んでいきます。根の状態が良ければ義歯を入れることもできますが、ほとんどの場合残すことはできずに抜歯になります。

見た目にも機能的にも考慮する審美歯科

審美治療とはただ歯の形を整え、白くする事だけではなく、見た目にも機能的にも考慮し治療します。バランスの取れた口元を作り出すことで、健康で美しい素敵な笑顔が生まれます。保険診療による一般の歯科治療では、虫歯などの除去、失ってしまった歯の機能を回復するといった治療に重点が置かれ、治療した後の見た目や周りの歯との調和・機能性などを考えた場合には、限界があります。ハンドピース

 

メタルボンド

金属の周りにセラミックを貼り付けた被せ物です。中身が金属なのでオールセラミックよりも強度があり、表面がセラミックなので審美性もあります。しかし金属を用いているため、歯ぐきの変色や金属アレルギーが起こる可能性もあります。そのため、強度が必要な奥歯などに用いることが多い素材です。エアーモーター

 オートクレーブ

ハイブリッドセラミック

ハイブリッドセラミックは、硬いセラミックに粘りのあるレジン樹脂を混ぜたものです。噛み合わせる歯に優しい素材なので、噛む力が必要な奥歯などに適しています。

 

ラミネートベニア

ラミネートベニアは、歯の表面を0.5mmくらい削り、その上に薄いセラミックを付け爪のように貼り付ける審美歯科治療です。適応症としては、歯の黒ずみや、前歯にすき間が空いている場合です。ラミネートベニアは歯の形を美しく変えられます。23回の通院で仕上がります。

 

セラミックインレー

セラミックインレーとは、セラミック(陶材)製の詰め物のことです。むし歯治療後などの金属の詰め物が気になる方や、むし歯治療をした部分を埋める場合に用います。ご自身の歯と同じ色で作製されるため、歯の自然な美しさに仕上がります。詰めた部分の仕上がりが美しく、変色がないので、自然な仕上がりを求める方にはお勧めです。

テレビのCM等でよく聞く歯周病はどんな病気?

最近、テレビのCM等でよく聞く歯周病。歯周病とは一体どの様な病気なのでしょうか?
歯周病は歯を支える骨(歯槽骨)が溶ける病気です。主な原因がプラーク(歯垢)、歯石です。 成人の8割の人が歯周病に罹っていると言われ、生活習慣病の一つとして捉えられています。歯周病は、自覚症状がないため、発見が遅れることが多く、気付いたら手遅れになる怖い病気なのです。ハンドピース

 

歯周病の検査方法

レントゲン撮影
進行した歯周病では、歯を支えるアゴの骨が溶けてしまっている場合があります。レントゲン撮影は、治療計画を立てる上で重要な指標となります。 超音波スケーラー

 

精密検査
歯周ポケット測定、歯の動揺度の検査を専用の歯科器具を使って行います。この検査によって歯周病の進行度が分かります。 

 

プラーク(歯垢)付着検査
染め出し液を使い、プラークが多く 溜まっているところを確認します。赤く濃く染まっている箇所はプラークが多く溜まっているところです。染め出し検査は、日常のブラッシングの改善にも役立ちます。 

 

免疫力と歯周病

人は本来自然治癒力をもっています。それは、大自然が調和するのと同じくらい自然の摂理です。しかし、現代の食習慣や生活様式の変化によって身体のバランスが取れにくくなっています。 オートクレーブ

免疫力(病気に対する抵抗力)は歯周病の回復に大きく影響します。
1)治療しているのになかなか治らない
2)歯ぐきが腫れやすい 
3)口内炎ができやすい
以上の原因は免疫力の低下によるものと考えられます。 

 

治療

歯周病が進行して溶けてしまった骨は戻すことができません。とにかく症状を悪化させないようにすることが大事です。歯周病の原因は歯垢です。歯周病になってしまった際には、根源である「歯垢=細菌」をいかに減らしていくかが重要なポイントです。細菌を減らすためには、まずご自身の毎日のブラッシングによって、今以上に細菌を増やさないことが大切です。

予防歯科に対する日本と外国の意識の違い

欧米の人々は歯が美しい人が多いと言われています。歯質そのものも違いますが、海外では予防やケアに重点をおいている文化が存在します。国によっては医療費がとても高いところもあるため、よりいっそう日頃のケアを大切にしているのかもしれません。

 

日本は保険診療制度がありますから、虫歯などのトラブルがあっても治せば大丈夫、という考え方が一般的です。「日常生活に支障がでたら歯科に行こう」と思っている人も、残念ながら少なくありません。理想的なのは、年齢を重ねても虫歯がないお口の環境を維持することなのです。歯科を訪れる理由がトラブルではなく、定期健診としてのデンタルチェックであることを目指しましょう。

 ハンドピース

ブラッシング指導

日常のブラッシングがしっかりできれば、むし歯も歯周病も発症しにくくなります。予防歯科歯科衛生士が磨き癖を見極めて、効果的なブラッシング方法を指導していきます。

 

PMTC

トレーニングを受けた歯科医師や歯科衛生士が、専用の器具を使って、通常の歯みがきでは落としきれない歯の表面の汚れや歯垢、バイオフィルムなどを除去(クリーニング)する方法です。PMTCによるクリーニングには、虫歯や歯周病を防ぎ、強く美しい歯を保つ効果があります。痛みもなく、時間もかかりません。オートクレーブ

 

フッ素塗布

フッ素を歯の表面に塗ることで、歯質を強化し酸に対する抵抗力を高めます。また、フッ素には再石灰化を促す作用があるので、酸で溶けてしまったカルシウムを歯に再び沈着させ、初期の虫歯であれは治癒が期待できます。定期的に実施するとより効果的です。ハンドピース

歯周病はたいていは気付かないうちに進行します

歯周病はたいていは気付かないうちに進行し、治療できないほどに重症化することが多い病気です。大人のほとんどの人が歯周病にかかっていると言われ、40歳を過ぎると、虫歯よりもこの病気によって多くの歯が失われます。しかも歯ではなく歯の周囲組織を破壊するので、完璧な歯でさえも、この病気で失われる可能性があります。ハンドピース

 

歯周病の原因はプラークです。歯ぐきにプラークが付着することで、歯周病が起こります。特に歯並びが悪い場合や詰め物が外れた場合など、ブラッシングでプラークを除去しにくくなると発生しやすくなります。オートクレーブ

 

歯周病になりやすい習慣

歯周病は、日常の生活習慣と大きな関わりがあります。
以下のような習慣がある方は、歯周病にかかりやすいので要注意です。

たばこを吸う

疲れやストレスとため過ぎる

食事のときあまり咬まないで食べている

間食が多い

 ハンドピース

歯周病の検査方法

歯周ポケット検査(プローピング)

「プローブ」という器具を用いて、歯周ポケットを検査します。この検査では、歯周ポケットの深さ、出血の有無、歯石や歯垢の有無、歯肉の後退具合を調べます。

 

口腔粘膜の検査

お口の中の粘膜に異常がないかをチェックします。

 

レントゲン検査

レントゲン撮影で顎の骨の状態を調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。

 

歯並び・咬み合わせ検査

歯並びや咬み合わせが悪いと歯垢が溜まりやすいので、歯周病になりやすいと言えます。そのリスクをチェックします。

 

歯周病を予防するには、早期発見、早期治療が一番重要です。 少なくとも3ヶ月~半年に1度定期健診を受けることをお勧めいたします。まずは現状を知るために医院で検査を受けることをお勧めいたします。また、歯周病は発生しやすい病気です。治療終了後も定期健診などの定期的なケアがとても大切です。

プラークコントロールで歯周病を防ぐ

歯周病とは「歯を支える骨が溶ける病気」です。歯と歯ぐきの境目についた歯垢(プラーク)から歯の根に沿って菌が入り込み、歯を支えている周りの骨をじわじわと溶かしていき、最後には歯が抜け落ちてしまいます。歯周病は「沈黙の病」などと呼ばれるように、ほとんど自覚症状がないため、気付かない間に悪化させてしまうことがよくあります。

 

歯周病は成人してから起こるものと思われていますが、実は歯周病の前段階ともいえる歯肉炎は幼少期から起こりえます。また、歯周病は痛みなどの自覚症状がほとんどないため、発見が手遅れになることもしばしば。歯周病を予防するために、毎日の歯みがきと歯科医院での定期検診が重要です。オートクレーブ

 

喫煙は、歯の周りの組織の病原菌に対する抵抗力を低下させ、歯周病にかかりやすくしたり、症状をより重くしたりします。また、治療によって生じた傷口の治り具合を悪くしますので、歯周病の予防や治療には、禁煙や節煙が大切になります。超音波スケーラー

 歯科材料

プラークコントロール

歯周病や虫歯の原因はプラークです。このプラークは丁寧なブラッシングによって、大部分を取り除くことができます。つまり適切なブラッシングを続けることで、歯周病を予防することができるのです。それだけではありません。程度の軽い歯周病であれば、ブラッシングで治してしまうことも可能です。

 

ブラッシングの指導を受けよう
歯科治療の最も基本になるのが、正しいブラッシングの方法を患者さんに知ってもらうことです。歯科医師による診断と治療方針により、歯科衛生士がブラッシングの方法を指導します。ブラッシングとは歯を磨くだけではありません。歯ぐきのマッサージをすることも大切な要素です。

 

歯周病の進行とスケーリングについて

歯周病とは歯の表面に付着したプラークの中の細菌により引き起こされる疾患で、種々のメカニズムにより歯を支える組織が破壊されます。大別すると歯肉炎と歯周炎に分けられます。症状が進行すると歯を支える骨が無くなってしまう為、歯がぐらつき自然に脱落してしまう事もあります。40才以上の成人のほとんどの方が、程度の差はありますがこの歯周炎にかかっている可能性があります。ハンドピース

 

原因について

歯周病の原因は、プラークにひそむ歯周病菌。歯周病菌が歯周ポケットに入り込み毒素を出すとやがて歯周病の諸症状があらわれます。歯科材料

 

軽度の歯周病

プラークが歯のつけ根に溜まると、やがて歯ぐきに炎症が起き始めます。まだ痛みはありませんが、歯みがきをすると出血します。

 

中度の歯周病

プラークが石灰化すると歯石になります。歯石が大きくなると歯根膜やあごの骨が溶け、歯周ポケットが深くなっていきます。歯ぐきの弾力が失われ、赤く腫れウミが出ます。

 ハンドピース

重度の歯周病

あごの骨の破壊が進み、歯がグラつき始めます。歯根が見えるくらいになると、歯ぐきからの出血、ウミ、また口臭も強まります。治療せずほうっておくと最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

 

スケーリングについて

歯ブラシでは届かない歯周ポケット内に溜まった歯石を、スケーラーという器具を使ってキレイに除去します。歯石をとった後は、歯がグラつくことがありますがすぐにおさまるのでご安心ください。スケーリング後は適切な歯みがきを続けて、歯周病予防に努めましょう。

歯の病気にならないための治療を受けてみてはいかがでしょうか 

予防歯科とは、虫歯・歯周病などの「歯の病気」を予防するために行われる歯科治療のことです。虫歯や歯周病で溶けてしまった歯やあごの骨は、元に戻すことはできません。虫歯や歯周病などができてから治療しているのでは遅いのです。いくつになっても自分の歯で美味しく食事を楽しめるよう、歯の病気にならないための治療を受けてみてはいかがでしょうか。

 

検査

歯周ポケットの深さをミリ単位で測定する「歯周ポケット検査」や、骨の吸収程度を調べるレントゲン検査など、歯周病における検査をしっかり行います。超音波スケーラー

 超音波スケーラー

PMTC

PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の頭文字をとったもので、「専用の機材を使用したプロによる歯のクリーニング」です。歯科衛生士や歯科医が様々な機材を使って、虫歯や歯周病の原因である「バイオフィルム(ばい菌のかたまり)」を除去します。エアーモーター

 

TBI

おもに歯科衛生士によって行われる歯磨き指導のことを指します。歯科医院で正しい歯磨きの方法を習得し、ご自宅でのケアをしっかりと行いましょう。

 

歯科医院でのフッ素塗布

フッ素は、歯を硬く強くし、虫歯になりにくくするためのお薬です。方法はフッ素を歯の表面に塗ります。フッ素塗布は定期的(年に34回)に塗布することが有効です。

 

虫歯の仕組みと進行

虫歯の仕組み

虫歯の原因には、いくつかの要素が関連しています。まずひとつが、口腔内に溜まる細菌の塊プラーク(歯垢とも呼ばれる)です。プラークの中には、虫歯菌の代表格ミュータンス菌などが棲みついています。この細菌が、食事の後、お口に残った糖分を栄養源に酸を生み出し、虫歯はその酸によって歯質が溶かされていく病気です。初期の虫歯では、自覚症状がほとんどないため、気がつかない間に進行してしまうことが多いのが特徴です。

 オートクレーブ

《C1》
歯の表面だけ溶け始めた状態です。痛みはありません。

生体情報モニター

《C2》
歯の表面だけ(エナメル質)でなくその下の歯の部分(象積)まで溶けはじめてきた状態です。時に冷たいものがしみたり甘いもので痛みを感じたりします。

 

《C3》
虫歯が神経まで達した状態です。神経の治療が必要です。ズキズキと痛んだり時には食事時に咬んでいて痛んだりします。パルスオキシメーター

 

《C4》
歯が歯の根だけ残った状態です。多くの場合抜かれる運命にあります。場合によっては痛んだり歯ぐきが化膿して腫れたりします。ほっておくと顎の骨も腐って溶けたりします。

 

根管治療

根管治療は、虫歯菌が歯の神経まで進行してしまった場合に行う治療方法です。歯の根の部分を特殊な器具を使用して、虫歯菌を綺麗に取り除き被せ物をします。時間がかかりますがしっかりと治療を行えば抜歯をする必要がなくなります。

歯周病の進行、症状、治療 

歯周病とは?
歯周病には日本人成人の9割程度がかかっていると歯科疾患実態調査では報告されています。

歯周病の症状とは、
歯を磨くと歯ぐきから血がでる。
歯ぐきから膿がでる。
歯ぐきが腫れたり、痛むことがある。
歯がグラグラと動く感じがする。
口臭が気になる。
これらの項目に当てはまる人は歯周病になっている可能性があります。

 

歯周病の進行

健康な歯肉:健康な歯肉はひきしまり、弾力があるピンク色をしています。歯ブラシで多少こすっても出血しません。超音波スケーラー

歯肉炎~軽度歯周炎:歯と歯ぐきの間にプラークがたまって、歯ぐきが腫れ出血しやすくなっています。歯を支える骨にはあまり影響がないか、もしくは微量の骨吸収がみられます。また、歯周病は悪くなる時期(活動期)と静止期を繰り返しながら進行していきます。

中等度歯周炎:歯周ポケットが形成され、歯石が深部まで付着し、歯を支える骨が半分くらい失われています。ハンドピース

重度歯周炎:歯を支える骨がほとんどなくなり、歯がぐらつき、このまま放っておくと歯がぬけてしまいます。歯ぐきが下がる、膿が出るなどの症状もみられます。生体情報モニター

 

虫歯や歯周病になってしまったら早期に治療することが重要ですが、それより、もっと大切なのは「ならないように予防する」こと。一度治療をすると、どうしても再発のリスクが高まって再治療をくり返すこともあります。大切な歯を守るためには、何よりも「予防する」ことが重要なのです。

 

PMTCとは専用の器具を使った歯のクリーニングのこと。どんなに丁寧にブラッシングしても、「歯と歯の間」「歯ぐきの境目」「奥歯の裏側」などには、どうしてもプラークが残ってしまうことがあります。ご自身では除去困難なプラークを、歯科医師や歯科衛生士が専門器具を用いて徹底的に清掃し、健康的な歯を保ちます。

| 1 | 2 | 最初 | next>>