猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:98641
Today:125
Yesterday:333
| 1 | 2 | 最初 | next>>
気がついたときにはすでに手遅れになっていることが多い歯周病

歯周病は日本人が歯を失うもっとも大きな原因の病気です。歯ぐきの腫れや出血といった症状がおこり、最終的には歯が抜けてしまいますが、歯周病の初期段階では自覚症状がなく、成人の80%が歯周病にかかっていると言われています。気がついたときにはすでに手遅れになっていることが多い恐ろしい病気です。歯科材料

 www.zetadental.jp

歯周病の検査

パノラマレントゲン撮影
進行した歯周病では、歯を支えるアゴの骨が溶けてしまっている場合があります。レントゲン撮影は、治療計画を立てる上で重要な指標となります。 

 

精密検査
歯周ポケット測定、歯の動揺度の検査を専用の歯科器具を使って行います。この検査によって歯周病の進行度が分かります。 

 

プラーク(歯垢)付着検査
染め出し液を使い、プラークが多く溜まっているところを確認します。赤く濃く染まっている箇所はプラークが多く溜まっているところです。染め出し検査は、日常のブラッシングの改善にも役立ちます。 オートクレーブ

 

ブラッシングチェック
効果的なブラッシング方法を実施していただくために、まずは患者様の今までのブラッシングの仕方をチェックします。

 

歯周病には歯肉炎と呼ばれる状態と、歯周炎と呼ばれる2段階の進行症状時期があり、歯肉炎までの状態であれば、大抵の場合において、原因となっている細菌(歯垢と歯石)を除去し、丁寧にブラッシングをすれば完治します。しかし、歯周炎まで症状が悪化してしまい、重度の状態になると、抜歯せざるを得ない場合があります。大切な歯を健康な状態で常に維持をするには、日頃からの定期検診やプロによるクリーニングで事前予防をしていくことがとても大切です。

 

歯周病を予防するためには、何よりもまずプラークコントロールが不可欠です。歯の周辺に付着したプラーク(歯垢)を除去し、細菌を減らすことで歯周病の進行を食い止めることができます。歯の上側の歯垢は、ご自身の毎日のブラッシングによって取り除くことができますが、歯肉の内側深く入り込んだ歯垢はご自身で除去できないため、歯科医院で清掃を行う必要があります。ご自身と歯科医院の相互の取り組みによって、歯周病を予防していきます。

美しく魅力的な口元をつくることを目的とした審美歯科

美しく魅力的な口元をつくることを目的とした審美歯科。しかし、見た目の美しさだけにこだわっているわけではありません。きれいな口元は、すなわち健康的な歯や歯ぐきを維持するということ

 

口をあけたときに、虫歯治療で入れた銀歯が目立って気になるという方は多いようです。審美歯科では、インレー(詰めもの)やクラウン(被せもの)にセラミック素材のものを使うことで、本物の歯と同じような見た目を再現します。ハンドピース

 

ラミネートベニア

歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適している治療が、ラミネートベニア法です。ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。口腔内カメラ

 

セラミッククラウン(被せ物)

天然歯が虫歯などで大きく欠けていたり、また差し歯の変色や金属のかぶせ物が目立つ場合には、セラミックのかぶせ物を使用することにより天然歯と変わらない透明感のある白い輝きが取り戻せます。

 オートクレーブ

セラミックインレー

セラミックインレーとは、虫歯の治療をした部分を埋める、セラミックの詰め物のことです。奥歯の金属の詰め物が気になる方の取替えにも、用いられます。奥歯の一部にむし歯がある、以前治療した奥歯の金属が気になる・・・など、主に奥歯が対象となる治療法です。

本来の自然な歯のような白さや機能を回復するための歯科治療

審美歯科とは、本来の自然な歯のような白さや機能を回復するための歯科治療です。セラミックを使用したかぶせものや詰め物の材質により、天然歯に近い状態に回復することも出来ます。特に保険適用外のかぶせものや詰め物の中には、天然歯とほとんどかわらない物もあり、ご予算や症状により様々な種類があります。ハンドピース

 

オールセラミック

一般的に虫歯などの治療には金属製のいわゆる「銀歯」を用いるのが一般的です。しかし、銀歯は口を開けたときに目立ってしまうのが審美的観点から言うと欠点となります。オールセラミックは丈夫な上に、本物の歯と見分けが付かない質感や美しい白さが特徴の素材です。オートクレーブ

 www.zetadental.jp

ホワイトニング

ホワイトニングとは、歯を白くする治療です。日常の歯ブラシやクリーニング方法では落ちないような、タバコやコーヒーなどで黒ずんだり黄ばんでしまった歯を、表面に専用の薬剤を塗布して歯を削ることなく白く仕上げて行きます。基本的には、ご希望の場合、本来の歯の色よりも白くすることが可能です。

 

ハイブリッドセラミックインレー

硬い材質であるセラミックに粘りのあるレンジを混ぜ合わせることによって、セラミックの持つ審美性と耐久性、硬質レジンの操作性をあわせもっています。噛み合う際に、対合歯に優しく、天然歯と同じように磨耗するという特徴があります。金属で詰め物していた箇所や、口をあけたときに奥歯の銀歯が見えてしまうのが気になる方にお勧めです。

 

メタルボンドクラウン
メタルボンドとは中身は金属で、外から見える部分にのみセラミック(陶器)を貼り付けたクラウン(被せ物、差し歯)です。見た目が良く変色せず、強度も強いので非常によく使用されます。

8020運動達成状況と予防歯科治療

8020運動達成状況

8020運動とは80歳で20本歯を残そうというものです。スウェーデンでは既に達成されており、アメリカは2010年達成予定、日本では2040年達成予定と、かなり遅れをとっています。これだけの差が生じる原因は予防歯科の立ち遅れにありそうです。

 

日本の定期検診率

口の中の変化は自分では分かりにくい物です。定期的に検診、掃除を行わなければなりません。世界で一番予防が進んでいるスウェーデンでは歯科の定期検診受診率が大人で80%、子供は100%で、アメリカでも70%と高い受診率です。先進国ではこのようにお口に対する関心が高いのに対し、日本では驚くことに、たった5%の定期検診受診率です。これでは虫歯や、歯周病が悪化してしまうのも当然といえます。オートクレーブ

 www.zetadental.jp

予防歯科治療

歯みがき指導

お口の状態というのは人それぞれです。そのため、患者様一人ひとりに合わせた歯みがきの方法が、健康な口内環境維持には大切。予防歯科では、歯ブラシの選び方や動かし方まで、丁寧にアドバイスを差し上げます。

 

歯石除去

歯や歯ぐきにこびりついた歯垢・歯石は、お口のプロである歯科医院での除去がおすすめです。ご自身で行うと歯や歯ぐきを傷つけてしまう可能性もあります。また、歯石は再付着しやすいという特徴がありますので、定期的な除去が大切です。超音波スケーラー

 

PMTC

歯の表面に付着した食べカスやバイオフィルムをさまざまな専用器具を使いクリーニングをします。柔らかい素材を使いますので痛みもありません。むし歯・歯周病に高い予防効果があり、口臭を防ぐ効果もあります。

気づいた時には手遅れのことが多い病気

歯周病は、日本の成人の8割ほどがかかっている、もしくはその予備軍といわれる病気。歯が抜ける原因として最も多いのが、この歯周病にかかったケースです。自覚症状がないまま進行し、いつの間にかあごの骨が溶け、歯が抜けてしまうという恐ろしい病気ですので、予防と早めの治療を心がけることが大切です。超音波スケーラー

超音波スケーラー 

歯周病は大きく分けると、歯肉炎と歯周炎に分かれます。 歯周病は放っておくと、歯ぐきと顎の骨の組織が破壊され、最終的には歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。歯周病の特徴は油断すると誰でも罹りやすい病気です。自覚症状があまりないのに除々に進行し、気づいた時には手遅れのことが多い病気です。オートクレーブ

 

歯周病の原因

歯周病の1番の直接的な原因はプラークです。プラークとは、虫歯菌や歯周病菌をはじめとするさまざまな微生物のかたまりで、プラーク1㎎のなかに約1億個の微生物がいるといわれております。

 

歯石

通常の歯磨きではとれません。この歯石の上にどんどんプラークがたまります。

 

糖尿病

身体の抵抗力が低下するため、歯周病も急速に悪化させるといわれています。 その他、ストレスや妊娠・更年期、食生活、噛み合わせなど様々な要因があります。

 

歯周病が進行して溶けてしまった骨は戻すことができません。とにかく症状を悪化させないようにすることが大事です。歯周病の原因は歯垢です。歯周病になってしまった際には、根源である「歯垢=細菌」をいかに減らしていくかが重要なポイントです。細菌を減らすためには、まずご自身の毎日のブラッシングによって、今以上に細菌を増やさないことが大切です。

歯の健康を保つには日常的な予防が必要

虫歯になってからでは、どんなに治療の質を高くしても、患部を削ることが必要な場合がありますので、歯を悪くしないよう予防することが一番です。また、虫歯の次に患者さまが多い「歯周病」の場合、自覚がない方も多く、自覚症状が出て来院されたときには、病状がかなりひどくなっていることが少なくありません。こうした状態にならないようにするためには、日常的な予防が必要です。超音波スケーラー

超音波スケーラー
ブラッシング指導

ブラッシングを欠かさずに行っていても、自己流のブラッシングでは、磨き残しなどがあり、虫歯や歯周病になってしまうことがあります。 効率よく予防するには、正しいブラッシング法を身に付けて歯垢をできるだけ取り去り、無い状態を保つことが大切です。 予防歯科では、歯11本の生え方や噛み合わせ、年齢などを考慮し、患者様一人ひとりに合った歯ブラシを選び、ブラッシング指導を行います。

 

PMTC

歯科医師や歯科衛生士などの専門家が歯のクリーニング専用の機器を用いて、専門的にお口の中の清掃を行うのがPMTCです。歯垢や歯石が成長すると、バイオフィルムと呼ばれる歯磨きでは取れない頑固な汚れへと変化します。PMTCはこれらの汚れをキレイに除去し、歯の白さや健康な歯肉を取り戻します。歯の表面についたステインを取り除くこともできます。オートクレープ

 

定期検診

患者様の状態に合わせ、34ヶ月に一度の定期検診を推奨していますが、毎月のお掃除だけの予防プログラムを推奨しております。 定期的に行う、お口のチェックや専門的なクリーニングは、お口の健康状態の回復や維持のために重要なことです。 もし虫歯や歯周病が見つかっても初期段階で治療ができるため、歯へのダメージを最小限にとどめることができます。

人類史上最も感染者の多い感染症ー歯周病

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)などに含まれている細菌(歯周病菌)に感染し、歯肉がはれたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう感染症です。人類史上最も感染者の多い感染症とも言われています。 歯科材料

 

歯周病の検査

パノラマレントゲン撮影
進行した歯周病では、歯を支えるアゴの骨が溶けてしまっている場合があります。レントゲン撮影は、治療計画を立てる上で重要な指標となります。 

 

精密検査
歯周ポケット測定、歯の動揺度の検査を専用の歯科器具を使って行います。この検査によって歯周病の進行度が分かります。 オートクレーブ

 

プラーク(歯垢)付着検査
染め出し液を使い、プラークが多く 溜まっているところを確認します。赤く濃く染まっている箇所はプラークが多く溜まっているところです。染め出し検査は、日常のブラッシングの改善にも役立ちます。 

 超音波スケーラー

ブラッシングチェック
効果的なブラッシング方法を実施していただくために、まずは患者様の今までのブラッシングの仕方をチェックします。

 

歯周病はどうやって治すのでしょうか?

歯周病が進行して溶けてしまった骨は戻すことができません。とにかく症状を悪化させないようにすることが大事です。歯周病の原因は歯垢です。歯周病になってしまった際には、根源である「歯垢=細菌」をいかに減らしていくかが重要なポイントです。細菌を減らすためには、まずご自身の毎日のブラッシングによって、今以上に細菌を増やさないことが大切です。

虫歯はしっかりとした予防プログラムを受ければ、高確率で防げる病気
むし歯とは、むし歯菌が糖(食べ物のカス)を餌にして「酸」を作り、その酸によって歯が溶かされる病気です。近年では、しっかりとした予防プログラムを受ければ、高確率で防げる病気だと言われています。

日本人が歯が抜ける原因の第二位がむし歯です。むし歯は初期段階では、症状(痛いなど)が小さいため気付かない場合も多いですが、初期段階で発見できれば、回数も少なく、最小の治療で済みます。 一見問題なさそうでも、定期的に歯医者さんでむし歯のチェックはしたほうがいいでしょう。万が一症状が出てきた場合は要注意です。すぐに歯医者さんに行きましょう。歯科 超音波スケーラー

初期段階の虫歯
歯の表面を覆うエナメル質が少し溶け出し、白濁が見られます。この段階の虫歯は適切なブラッシングと予防治療により再石灰化して治ります。エアスケーラー

エナメル質の虫歯
歯の表面のエナメル質が溶け始め、歯の表面が黒くなります痛みはほとんど感じませんが放っておくと虫歯が進行する状態です。この段階では虫歯を削ってレジンなどの修復材を詰める簡単な治療を行います ハンドピース

神経に近い虫歯
エナメル質の下の象牙質まで虫歯が進行した状態です。象牙質まで進行すると、甘い物や冷たい物がしみるようになり自覚症状が現れます。この段階では虫歯の部分を削り、詰め物か、被せ物をして保護します。

神経に達した虫歯
象牙質によって保護されていた歯髄(歯の神経)まで虫歯が進行した状態です。神経が侵され、何もしていなくても激しく痛みます。この段階では被せ物(クラウン)を装着するのが一般的で、歯の神経を取り除く治療(根管治療)が必要となる場合があります。

末期の虫歯
歯冠の大部分が崩壊し、歯の根まで虫歯が進行して化膿している状態です。神経が壊死しているため痛みはなくなりますが歯根先端が化膿すると激痛が走ります。この段階では多くの場合は抜歯が必要です。抜歯後はインプラント、ブリッジ、入れ歯などで欠損を補います。
歯周病の原因となる要素
歯周病菌
その名のとおり歯周病のもととなる細菌で、ひとたび口腔内に広がるとなかなか取り去ることができません。自覚症状がなくても、定期的に検診を受けることが早期発見につながります。また、虫歯同様、毎食後の正しいブラッシングが予防の第一歩です。超音波スケーラー

不規則な生活習慣
生活習慣病の代表的とも言える寝不足やストレスは、歯周病においても悪影響を及ぼします。とはいっても、定着している生活パターンはなかなかすぐに変えられないものです。生活を大きく変えるのではなく、まずは、夜早く寝るように意識する、タバコの量を減らすなど、ちょっとしたことから改善してみましょう。オートクレーブ

歯周病の検査
ポケット検査
「プローブ」というものさし状の器具を用いて、歯と歯ぐきの間の溝(歯周ポケット)の深さを調べます。深ければ深いほど、歯周病が進行しています。 www.zetadental.jp

歯の揺度検査
ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、グラつき度合いを調べます。グラつきが大きいほど、歯周病が進行しています。

レントゲン検査
顎の骨の状態をレントゲン撮影にて調べます。骨密度が低いほど、歯周病が進行しています。

歯周病を予防するには、早期発見、早期治療が一番重要です。 少なくとも3ヶ月~半年に1度定期健診を受けることをお勧めいたします。まずは現状を知るために医院で検査を受けることをお勧めいたします。また、歯周病は発生しやすい病気です。治療終了後も定期健診などの定期的なケアがとても大切です。
厳密にいえば歯槽膿漏は歯周病の一症状
日本人の成人の約8割が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています。 歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の周りの病気の総称で、歯周病の初期では自覚症状がほとんどないため、気づいていない方が多いのが特徴です。歯科検査は口腔内カメラのような専門の歯科器具が必要です。

歯周病と同じ意味で「歯槽膿漏(しそうのうろう)」という言葉もありますが、最近では「歯槽膿漏=歯周病」として、歯槽膿漏という言葉はあまり使われなくなり、歯槽膿漏を含めて歯周病という言葉を使う事が多くなっています。歯槽膿漏は字のごとく、「歯周組織から膿(うみ)が出る」症状のことなので、厳密にいえば歯槽膿漏は歯周病の一症状ということになります。歯科レントゲン

日本人が歯を失う理由で多いのは虫歯と歯周病。これらを予防すれば、歳を重ねても健康な口腔内でいることができます。実際、定期検診や歯科医院でのクリーニングの習慣がある方とない方では、70歳時の歯の本数が倍以上違うそうです。ご自身の歯を長く使い続けるためには、歯科医院での予防処置が必須なのです。 歯科材料

歯周病を予防するためには、何よりもまずプラークコントロールが不可欠です。歯の周辺に付着したプラーク(歯垢)を除去し、細菌を減らすことで歯周病の進行を食い止めることができます。歯の上側の歯垢は、ご自身の毎日のブラッシングによって取り除くことができますが、歯肉の内側深く入り込んだ歯垢はご自身で除去できないため、歯科医院で清掃を行う必要があります。ご自身と歯科医院の相互の取り組みによって、歯周病を予防していきます。
| 1 | 2 | 最初 | next>>