猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:97474
Today:12
Yesterday:91
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
歯周病を予防することは、成人病を予防することにもなります

一昔前までは、歯が抜ける一番の原因は虫歯でした。しかし、虫歯予防が進んだことで虫歯で歯が抜ける人はほとんどいません。歯が抜ける最大の原因は歯周病ですさらに、歯周病に感染すると、心筋梗塞、脳梗塞、動脈硬化、糖尿病、骨粗鬆、誤嚥性肺炎など生命にかかわる病気になるリスクが高まります。ですから、歯周病を予防することは、成人病を予防することにもなります。

 コントラ 歯科

歯周病のサインは「歯ぐきが赤く腫れる」「ブラッシング時に血が出る」などさまざま。「これって歯周病……?」と思ったら、早めに検査を受けましょう。けやき台鈴木歯科では、「歯周ポケット検査」を実施しています。

 

歯周ポケット検査・・・歯周病になると歯と歯ぐきの間にある隙間「歯周ポケット」が深くなっていきます。専用の器具を用いて歯周ポケットの深さを調べ、歯周病の進行具合を確認します。

 

歯周病の原因は、歯の表面に付着する細菌です。細菌は歯茎の炎症部分から進入して、体内の血管に乗って全身に巡っていきます。歯茎が炎症状態になると出血や膿が見られるようになりますし、体の抵抗力が低下した時などに腫れを繰り返すこともあります。また、ひどい痛みや腫れなどの自覚し症状がない炎症でも、歯の周囲の骨が自らの細菌感染を防ごうとして、骨を溶かし歯がぐらつくようになります。

 

歯周病が引き起こす全身疾患
誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)
ご高齢の方や寝たきりの方など、抵抗力が落ちていると大量の歯周病菌が発生します。食べ物を誤嚥した際に歯周病菌が肺の中に入ることで、肺炎を起こすリスクが高まります。

 生体情報モニター

早産、低体重児出産
歯周病菌によるお口の中の炎症が血管をとおして全身に回り、羊水にも影響を及ぼすことがあります。これにより、早産や低体重児出産のリスクを高める場合があります。

 

<歯周病予防のメンテナンス>
・歯周病の程度に合わせた歯石除去
・歯の表面のクリーニング
・歯磨きのチェックと正しいブラッシング指導
・患者さんに合った歯ブラシ・歯間ブラシのご提案

歯周病は、歯の表面に付いた汚れ(プラーク)が原因で、歯を支える周りの組織に起こる病気で、歯を失う大きな原因になっています

初期症状がほとんどないため、発見が遅れ、手遅れ(抜歯)になることもあります。そうならないためには、日頃のケアー(ブラッシング)と定期的な歯科医院でのプロフェッショナルケアー(歯石除去・クリーニング)が大切です。

 マイクロスコープ 歯科

軽度歯周炎

歯と歯ぐきの間にある歯周ポケットが深くなり、歯ぐきが腫れ、顎の骨が溶けはじめます。ブラッシングのときに出血が見られるほか、冷たい物がしみたり、口臭がきつくなったりすることがあります。

 

中等度歯周炎

歯周ポケット内部の炎症が進み、歯ぐきの腫れや出血、口臭といった症状がひどくなってきます。顎の骨は半分ほど溶けてしまい、歯がグラグラしはじめます。歯が浮くような感覚も現れます。

 

重度歯周炎

歯ぐきが下がって歯が長く見えるようになり、歯と歯ぐきの境目からは膿が出てきます。この段階では顎の骨が3分の2ほど溶けてしまい、歯のグラつきがひどくなります。このまま放置すると、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまいます。

 ニッケルチタンファイル

歯周病治療の流れ

1.診査

歯肉の状態、歯周ポケットの測定、X線検査により歯周病の進行状態、清掃状況を把握します。

2.ブラッシング指導

歯周病の予防と治療にはブラッシングで口腔内を清潔に保つことが一番です。
自分では「磨いた」と思っていても、「磨けている」とは違います。一人ひとりにあった正しいブラッシング方法を指導します。

3.スケーリング・ルートプレーニング

歯に付いた歯石を専用の道具で取り除き、根面を滑沢にし再度付きにくくします。
軽度の歯周病はこの治療で治ります。

4.再評価

再度歯周組織の審査を行い、更なる治療が必要かを判断します。

5.歯周外科治療(フラップオペ)

スケーリング・ルートプレーニングでよくならない場合や、重度の歯周病の場合は、歯周外科手術を行います。

6.メインテナンス

治療が終わった後、病気の再発を予防するため、1~3ヶ月ごとに定期健診を行います。歯周病は、再発しやすい病気です。
再発させないためにはホームケアーによる毎日のお手入れ(ブラッシング)とプロフェッショナルケアー(スケーリング・PMTCなど)が必要です。

あなたも歯周病?

日本人成人の約80%以上が歯周病といわれています。もはや国民病ともいえますが、早期発見・早期治療で完治できます。それだけではなく、重度の歯周病であっても、歯周外科や再生療法など高度な歯周病治療を行うことによって進行を食い止めることができます。

 歯医者 器具

あなたも歯周病?

歯周病は歯の表面に残った歯垢(プラーク)が歯ぐきに炎症を起こすこと(これを歯肉炎と言います)から始まります。そうすると歯ぐきから出血したり、腫れたり、ムズ痒くなったりします。

その状態を放置しておきますと、歯肉炎は進行して歯と歯ぐきの間の付着を破壊し、歯を支えている骨が失われて歯周炎になります。歯と歯ぐきが剥がれるとそこには深い溝ができます。これを歯周ポケットと呼んでいます。歯周炎が進行していくと腫れたり膿が出たりして、骨はさらに失われ、歯はだんだんグラグラしてきて、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。歯は大切な器官です。一本一本がそれぞれの役割を持って生えているのです。一本歯を失うと他の歯の負担が増します。今度は負担の増した歯が失われるかも知れません。当医院では歯周病治療に一生懸命取り組み、一本でも多くの歯を残すように取り組んでいます。

 ハンドスケーラー

たいていの歯周病は正しい歯磨きと歯石除去で治ります

どの治療にも欠かせないのは、原因の除去です。これがなくてはどれだけ治療しても治りません。歯周病の原因は歯垢(プラーク)もしくは歯石ですのでこれらを取り除くことが最も重要で、かつ効果的な方法になります。

そのためには、歯ブラシで歯垢を除去するばかりでなく、歯ぐきをマッサージして鍛えることがまず必要です。それに加えて歯ブラシでは除去できない歯周ポケットの中にたまった歯石を取り除きます。 正しい歯磨きの仕方の指導と歯石を丁寧に徹底的に取り除いていきます。これはその道の専門家である当院の歯科衛生士が行います。その他にも歯周病を進行させる要因もありますが、大抵の歯周病は正しい歯磨きと歯石除去で治ります。

日本人の成人の約8割が歯周病(歯肉炎or歯周炎)にかかっているといわれています

歯周病とは、歯周組織が歯垢(プラーク)に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染し、歯肉(歯茎)が腫れたり、出血したり、最終的には歯が抜けてしまう、日本人が歯を失うもっとも大きな原因の歯の周りの病気の総称で、歯周病の初期では自覚症状がほとんどないため、気づいていない方が多いのが特徴です。

歯周病と同じ意味で「歯槽膿漏(しそうのうろう)」という言葉もありますが、最近では「歯槽膿漏=歯周病」として、歯槽膿漏という言葉はあまり使われなくなり、歯槽膿漏を含めて歯周病という言葉を使う事が多くなっています。歯槽膿漏は字のごとく、「歯周組織から膿(うみ)が出る」症状のことなので、厳密にいえば歯槽膿漏は歯周病の一症状ということになります。

歯科技工 機器 

歯周病の症状にはどのようなものがありますか?

歯肉炎

歯肉溝にプラークが溜まり、歯茎だけに炎症が起きている状態。まだ、歯根膜・セメント質・歯槽骨の破壊ははじまっていません。

軽度歯周炎

歯根の3分の1程度の深さまで破壊されている状態。すでに、歯槽骨が失われはじめています。

軽度とはいえ歯周炎になっているので、すでに歯槽骨が失われはじめています。ブラッシング時の出血などで気づくことが多いです。

中等度歯周炎

歯根の3分の2程度の深さまで破壊されている状態。歯槽骨が失われているために、歯のグラつきがはじまります。歯が長くなり歯間部の隙間が広がって見えます。

重度歯周炎

歯槽骨が大きく失われ、すでに歯はグラグラ。食べるときにも支障がでる。口臭もひどくなります。歯茎が腫れて痛んだり、ポロリと歯が取れてしまうことがあり、治療をしても歯を救えない場合もあります。

 

歯周病がある患者さんへの治療手順

虫歯を治療する場合
激しい痛みなどで急を要する場合を除いては、歯石除去などの歯周病の治療を並行して行っていきます。

 口腔内カメラ

詰め物・被せ物を使う場合
最初に歯をきれいにし、歯周病で腫れた歯ぐきを治療してから、詰め物や被せ物を入れます。歯や歯ぐきをきちんと治療すると、詰め物がきれいに入るばかりか長持ちします。

 

知覚過敏の場合
知覚過敏は噛み合わせの悪さが原因となる場合があり、歯周病と深く関係することも多いです。歯周病がある場合、歯周病の治療を優先するのはそのためです。

審美歯科治療を受ける方が増えているのです

審美歯科治療とは名前の通り審美を目的とした治療です。また、必要な治療だったとしてもそこに審美を求めた場合にはそれも審美治療の一つになります。例えば、虫歯の治療の後に銀歯を使用することがありますが、審美目的であればセラミックを使用することになります。以前は審美歯科治療は歯が命と言われる芸能人が行うものという認識が強かったのですが、一般的に歯に対する美意識が高まっており、審美歯科治療を受ける方が増えているのです。

 ハンドスケーラー

 

セラミック治療

昔入れた銀歯を白くしたいと思っている方は是非一度当院へご相談ください。体に優しい安心のセラミック素材による治療であれば、審美的な要求も十分に満たすことができます。ツルッとした仕上がりで色が変わりにくいのも特徴です。同じ白でもプラスチックの歯に比べてセラミックの歯は汚れません。セラミックはいわば陶器です。プラスチックの食器と陶器の食器の汚れ落ちの違いを思い浮かべれば、その差をご想像いただけると思います。

 

セラミック治療のポイント

表面が滑沢で汚れが付着しにくい

表面が高いレベルで研磨されているため汚れやプラークが付着しにくく、その結果として虫歯の再発や歯周病の発生が著しく抑制できます。

 

天然の歯に近い質感

光の透過性に優れた素材で、白さは患者様の歯に合わせて調節しますので、天然歯と見分けがつかない仕上がりが期待できます。

 歯科用マイクロスコープ

虫歯の再発が極めて低い

セラミック素材は金属よりも精密な加工が可能で、仕上がった被せ物を歯に接着する際の材料も、金属に使うセメントとは異なる特殊な材料を用いておりますので、セメントのように経年劣化により溶け出して隙間が出来てしまうリスクがなく、再発率を極めて低く抑えることができます。

 

ラミネートべニア

ラミネートべニアは歯の表面を0.3mm0.8mmほど薄く削り、削った部分にセラミックのシートを貼りつける方法です。ホワイトニングでは白くすることができない強い変色の歯も白くすることができるのが特徴です。また、白い歯を手に入れることができるだけでなく、ねじれた歯や3mm以内のすきっ歯の治療を行うことができるので、複数のお悩みを抱えている方にも有効な方法なのです。

 

歯周病とは、歯磨きが不十分などの理由で歯と歯ぐきの間(歯周ポケット)に歯垢がたまっていき、歯垢に潜む細菌が歯ぐきに炎症を引き起こす病気です

進行すると歯を支える骨(歯槽骨)まで溶かしてしまい、最悪の場合には歯が抜けてしまいます。

 生体情報モニタ

歯と歯ぐきの溝にたまったプラーク(歯垢)や歯石の中に含まれる細菌の毒素によって歯ぐきが炎症を起こし、さらに歯を支える歯周組織や顎の骨を溶かされていくのが歯周病です。出血や歯ぐきの腫れ、口臭などをともない、やがては支えを失った歯が抜け落ちてしまうことにつながります。歯周病はお口の中だけの病気のように考えられがちですが、全身疾患との関連性も指摘されています。歯周病菌が血管に入り込み全身に運ばれるために、糖尿病や心疾患、誤嚥(ごえん)性肺炎、早産や低体重児出産などを引き起こすこともあるのです。こんなお悩みはありませんか?

 

歯ぐきが腫れている

歯みがきのときに出血することがある

朝起きたときに口の中がねばつく

歯ぐきが下がり歯が長くなったように見える

歯がグラつく

口臭がきつくなった

硬い物を咬むとき力が入らない

 ハンドスケーラー

ひとつでも当てはまる項目がある方は歯周病にかかっている可能性があります。歯周病は早期発見・早期治療が大切ですので、気になる症状がありましたらお早めにご相談ください。

 

歯周病は全身の病気にも影響します

歯周病は口腔内だけでなく、全身の病気にも深く関わります。歯周病の原因菌が血液の中に入り、その細菌が血中を巡って、早産や、心筋梗塞などのリスクになることが指摘されています。また糖尿病の方は歯周病になりやすく、歯周病の方は糖尿病にかかりやすくなってしまいます。歯周病を治療することは口の中だけでなく、全身の健康を守る意味でも有効なのです。歯周病は早めの治療、そして予防が大切です

口臭がある、あるいは周囲の人に指摘されたことがある 

歯周病は30代で80%以上の方がかかる生活習慣病であり、中高年の歯を失う最大の原因です。原因は誰のお口の中にもいる細菌で、誰でも歯周病にかかる可能性があります。さらに最近では、歯周病は糖尿病や心臓病などの全身の病気に影響することがわかってきました。

 マイクロスコープ 歯科

しかし、歯周病の初期にはほとんど無症状で、むし歯と違って痛みを感じることは少なく、患者さん自身の自覚症状が現れてきたときにはかなり進行している事が多いのが現状です。10代から発症している場合もあり、食生活、生活環境の変化によって今後ますます低年齢化していく可能性もあります。

 

歯周病の特徴

歯肉からの出血(特に、ブラッシングや食事の時)
歯肉の腫れ(歯肉が丸くなっていたり、赤紫色をしている)
 歯がぐらぐらする
硬いものや咬み切りにくいものが苦手になってきた
全体、あるいは部分的に歯肉が下がって歯が延びた気がする
歯並びが悪くなってきた
口臭がある、あるいは周囲の人に指摘されたことがある 

このような症状がひとつでもある人はある程度の差はあれ、歯周病かもしれません。
すぐに検査を受けることをお薦めします。
歯周病は、目に見えない歯肉の溝の中に起こり、気づかないうちに進行してしまいます。

 

歯周病の主な原因はプラーク(バイオフィルム)
歯周病の始まりは、まず歯ぐきからです。では、なぜ歯ぐきが腫れてしまったり、出血したりするのでしょうか?それは明らかに、歯の表面に付着したプラーク(バイオフィルム)が原因です。このプラーク(バイオフィルム)の主体は「生きた細菌の集団」です。

このプラークは、歯の表面にこびり付き、うがいなどでは決して落ちることはありません。プラークは食べ物のカスなどとは全く違うものです。

 超音波スケーラー

口の中はプラークが成長するのに最も好ましい環境です。細菌が育つのに適した温度・湿度が保たれており、唾液から水分が補給されて、更には食べ物から栄養分が供給されるからです。このような環境が放置されるとプラーク(バイオフィルム)は勢いを増して、歯の表面を覆いつくします。プラーク(バイオフィルム)が出す様々な物質により、歯ぐきに炎症が起こるのです。これを歯肉炎と言います。

歯周病は歯を失う最大の原因です!

統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。しかし、35歳になってから突然、歯周病になるわけではありません。実は、10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯肉をジワジワとゆっくり侵し、歯ぐきから血が出るという自覚症状がでる30代の頃には、もはや歯周炎・歯肉炎になっています。虫歯と違って、ほとんど痛みが無いため、気がついた時には抜歯ということもあります。

 ハンドピース 歯科

かんたん歯周病セルフチェック

 歯みがきのとき歯肉から出血はありませんか?

 歯肉の色が変わったり、腫れたり膿がでたりしていませんか?

 1本でもグラグラする歯はありませんか?

 口臭は気になりませんか?

 歯肉が下がって歯が長くなってきているような感じはありませんか?

 歯並びやかみ合わせに変化はありませんか?

 

ひとつでも当てはまる場合は、お早めに歯科医院で受診することをおすすめ致します。

歯科疾患実態調査によると、35歳以上の国民の80%が感染している病気であると報告されています。蛇足になりますが、ギネスブックで世界一多くの人が罹っている病気であると認定されています。

 スリーウェイシリンジ

歯周病の治療法

歯周病を治療していくには時間もかかりますし、症状が進行していれば最悪、治療の甲斐なく歯が抜けてしまうこともありますので、歯周病はとにかく予防が大切なのですが、それでも日本人の多くが歯周病になってしまうのが原状です。では残念ながら歯周病になってしまった場合はどのような治療を行っていくのでしょうか?もちろん一口に歯周病といっても原因、症状を悪化させている原因は11人異なりますので、歯周病を治療していく前に検査を行い、11人に適した治療を行っていく事となります。

 

プラークコントロール

歯周病予防、治療共に基本となるのが『プラークコントロール』です。 プラークコントロールとは歯周病の原因である『歯垢(プラーク)=歯周病菌』の増殖を抑えることに重点を置いた予防、治療法で、正しい歯磨きの仕方や歯間ブラシ、デンタルフロスなどを使用してプラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本なのです!

歯周病とドライマウス(口腔乾燥症)は密接な関係があります

口腔内には約400種類の微生物が存在します。微生物が凝集し、歯面に付着した状態がバイオフィルムです。歯周病菌も虫歯菌もカビの菌(カンジタ菌等)といっしょに、お口の中で感染や炎症を引き起こす事が近年わかってきました。どなたのお口の中にも 300400種類のもの細菌が存在します。細菌と食べカス、唾液の酵素が反応して48~72時間位でプラーク(歯垢)という歯の表面に付着するネバネバ した白いものになります。これが炎症を引き起こすのです。バイオフィルムを除去するためには、定期的なプロフェッショナルケアが必要です。

 歯科レントゲン

歯垢と歯石
歯石とは歯垢(プラーク)が固まって(石灰化)できたものであり、この歯石は表面がザラザラしているために、細菌がつきやすくなります。目で見えるところ に付く歯石よりも、歯と歯ぐきの隙間に隠れて見えない歯周ポケットの中の歯石(歯肉縁下歯石=しにくえんかしせき)が歯周病を悪くします。歯石は、歯ブラ シでは除去できないので歯科衛生士の協力が必要になります。

 

喫煙
治りにくい歯周病の患者さんの約90%以上が喫煙者であるというデータがあるようにタバコは体の免疫機能を弱め、治療効果を妨げます。

 

ドライマウス
歯周病とドライマウス(口腔乾燥症)は密接な関係があります。お口の中が乾燥すると、細菌が繁殖しやすくなり、歯周病や虫歯が多発します。

 スリーウェイシリンジ

歯周病の進行

出血は歯周病の特徴。 歯周ポケットの深さで進行の度合いがわかります。

歯周病がどれだけ進行しているかは、歯ぐきの状態を見ればわかります。歯ぐきからの出血は歯を支える歯ぐきに炎症がある証拠で、歯周病の特徴的な症状といえます。

炎症が進み歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)ができるほどになると歯を支えているアゴの骨の一部である歯槽骨(しそうこつ)の破壊がはじまります。歯周ポケットの深さが4mm以上になると病状はかなり進行しているといえます。ポケットの中は歯周病菌が繁殖しやすい環境なのでどんどん増殖し、歯周ポケットの深さが6mm以上になると歯槽骨の破壊がさらに進み、ついには歯が抜けてしまいます。

歯周治療を希望して来院される患者様の多くの場合は、歯周病の何らかの症状がすでに現れており、かなり病状が進行しているケースが多く、治療に要する期間も長くなります。治療は早く終わるにこした事はありませんが、じっくりと腰を据えて治療を受ける心構えを持つ事が最も重要です。

最も歯に近く理想的だといわれているものが、セラミック(陶材)です 

<保険の材質>

現在の保険制度で使用できる、歯の色と同じような色の素材が、レジン(プラスチック)です。強度の問題から、レジンの歯は犬歯から犬歯の間(上下で12本)にしか適用されません。材質的な特性としては、透明感がないこと、水分を吸収するため時間と共に変色すること等が挙げられます。またプラスチックは磨耗しやすく内部の金属が表に出る可能性があります。一時的に入れる歯としては充分ですが、変色や着色を嫌う方、口元に美しさを求める方には不向きです。

 ハンドピース

<自費の材質>
最も歯に近く理想的だといわれているものが、セラミック(陶材)です。セラミックは、自然の歯のように透明感があり、水分を吸収しないため変色も起こりません。また色調の再現性に優れています。セラミックの中には幾つかの種類があります。

 

ラミネートベニア

歯の色が気になる、前歯に隙間があって気になる、前歯の形をもう少しバランスよくしたい、少しだけ歯並びを直したいけれど時間がかかるのは嫌だ、などと悩まれている方に適している治療が、ラミネートベニア法です。ラミネートベニア法は、歯の表面を薄く削り「付け爪」の感覚で、薄いセラミックを歯の表面に貼り付けることにより、理想的な色・大きさ・バランスで前歯を作り上げます。歯へのダメージも最小限であり、仕上がりもごく自然に出来上がります。ホワイトニングと比較して、 治療後の変色や着色もほとんどありません。

 

セラミックについて

セラミックインレー

審美歯科に使用されるセラミックインレーとは、虫歯治療などで虫歯による浸食部分を削った後に、セラミックを詰める治療法です。一般的には銀歯を詰めますが、自然歯に近い色調を持つセラミックを詰めることで、自然な外観を維持する事が可能です。又、陶質であるセラミックは金属アレルギーを起こす事が無く、安心して治療を受けられるメリットもあります。

 口腔内カメラ

オールセラミック

オールセラミックとは、全てセラミック陶材で作成された歯を指します。自然な光を透過する優れた美しさを演出する理想的な材料です。金属を一切使用しないので金属アレルギーの方も安心して治療を受けることができます。従来のセラミックの差し歯は、金属を使用していたので歯肉の色が黒ずんでしまいましたが、オールセラミックを使用することで黒ずみのない歯肉になります。体に優しい材質なので違和感もなく、自然な白い輝く歯に変身が可能です。

 

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>