猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:254500
Today:109
Yesterday:132
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
歯周病になると、歯ぐきが退縮したり、エナメル質が消失したりして、象牙質が露出します

歯周病が悪化すると知覚過敏になり、知覚過敏になると歯がしみて歯磨きをすることが困難になります。ここでは、知覚過敏について説明し、知覚過敏の原因やケア方法についても解説します。知覚過敏のケアは、歯ブラシやハミガキの選び方も大切ですので、そのこともご説明します。

 歯科ハンドピース滅菌

知覚過敏とは、冷たいものを食べたり飲んだりした時に歯がしみて痛みを感じる症状のことです。場合によっては、歯ブラシの毛先が触れただけで歯がしみて痛くなることがありますので、歯磨きをすることが困難になります。歯磨きが困難になると歯垢や歯石が蓄積しやすくなり、そのまま放置しておくと歯周病が悪化して歯を失う原因にもなります。知覚過敏の症状が出た時には歯科医院を受診して、早めに治療を受けることが大切です。

 

知覚過敏の主な原因

知覚過敏の主な原因は、歯周病や強いブラッシングです。

歯周病になると、歯ぐきが退縮したり、エナメル質が消失したりして、象牙質が露出します。象牙質表面には、象牙細管という細い管があり、象牙質を刺激してしまうと神経にまで伝わり、しみる・痛いなどの症状が発生するのです。また、歯磨きをする際に強い力でブラッシングすると歯のエナメル質が削れてしまい、象牙質が露出して知覚過敏になることがあります。また、酸性の食品を食べるとエナメル質が消失して知覚過敏になりやすくなります。

 

知覚過敏のケア方法

知覚過敏の症状が出た場合には歯科医院で治療を受けることが必要ですが、毎日継続して口腔内をケアすることが大切です。歯磨きを毎日続けることは口腔内の細菌の増殖を抑えることにつながり、知覚過敏を予防できます。歯磨きをする際は強くブラッシングしないように注意して、歯ブラシは柔らかめのものを使うようにします。知覚過敏症状を防ぐハミガキもありますので、歯磨き粉選びも大事になってきます。

 オートクレーブ 歯科

歯科医師や歯科衛生士に相談すると、知覚過敏のケアができる歯ブラシやハミガキを紹介してもらえることもあります。口腔内のケアにお困りなら、ぜひかかりつけの歯科医院に相談してみましょう。

総入れ歯とは、歯を全て失ってしまった場合に使用する入れ歯です。

入れ歯ってどんな構造をしているの?

入れ歯には、基本的に次の3つの部分があります。

01. 人工歯
失ってしまった歯の代わりになる人工の歯。

02. 義歯床
上あごや歯ぐきなどの歯のない粘膜部分に接する入れ歯の土台。

03. クラスプ(バネ)
部分入れ歯を使用する際に、入れ歯を支える歯にひっかけるためのバネ。
※ノンクラスプ(バネなし)もあります。

 電気歯髄診断器

口腔ケアの現場でも目にすることの多い一般的な入れ歯です。

総入れ歯

総入れ歯とは、歯を全て失ってしまった場合に使用する入れ歯です。
人工歯と義歯床でできています。

 

部分入れ歯

部分入れ歯は、歯を失ってしまった本数が1本から、また支えになる歯が部分的に残っている場合に使用する入れ歯です。
失ってしまった歯の場所により、部分入れ歯のかたちは変わります。
人工歯、義歯床、クラスプでできており、クラスプを入れ歯を支える歯にひっかけることにより、入れ歯を固定しています。
ノンクラスプの部分入れ歯はクラスプではなく、義歯床を入れ歯を支える歯にひっかける形状にして固定しています。

 

レジンプラスチック床と金属床

人工歯や義歯床の素材は選ぶことができますが、素材によっては保険適用外となる場合があります。

 超音波スケーラー

レジンプラスチック床

入れ歯の土台となる義歯床が全てレジンプラスチックでできています。
歯ぐきの色に近いピンク色の土台をつくることができますが、強度を持たせるためある程度の厚みを要します。
保険適用の一般的な入れ歯です。

 

金属床

入れ歯の土台となる義歯床が金属でできているものを指します。レジンプラスチック床と比べて、熱を伝えやすいので異物感が少ないといえます。
金属床は保険適用外となります。

入れ歯は歯がなくなった部分に歯を作る方法の選択肢のひとつです

入れ歯は歯がなくなった部分に歯を作る方法の選択肢のひとつです。他の方法と比較した時、、入れ歯は取り外しが可能という点が大きく違います。

高圧蒸気滅菌器

入れ歯の種類(構造上の分類)

1.部分入れ歯

残っている自分の歯にバネ(金具)をかけ維持をとる入れ歯です。 
歯と歯茎で入れ歯を支えます。 
入れ歯の範囲が大きくなる場合や入れ歯を支える歯が少ない場合、遠くの歯にまでバネを延ばすことがあります。

,総入れ歯

歯が1本もない時に装着する入れ歯です。 

支えとなる歯がない状態で、歯茎にのせるだけの形になるので、部分入れ歯に比べ入れ歯の範囲は大きく、外れやすくなります。写真は上あごに装着した総入れ歯です。

入れ歯の利点

●Brと比較した場合

健康な歯を削る量が比較的少ない。(バネをかける歯は少し調整する必要があります)

着脱可能なため清掃がしやすい。

歯を削る時間が少ないので治療が楽

●インプラントと比較した場合

外科手術が不要

費用が安価にできる

作製が容易、治療期間が短い

入れ歯の欠点

違和感が大きい。(入れ歯を支える床の部分が粘膜にあたるため)
電気歯髄診断器

金属のバネを使用した場合、審美性が悪い。

食事や会話中外れることがある。

ここに挙げている入れ歯の欠点は保険の入れ歯のものです。 
欠点を改善するため、けやき歯科では自費のものも製作が可能です。

入れ歯を初めて使用される方へ

入れ歯の治療は、入れ歯を作った時点が終わりではありません。 
装着した後で調整をして患者様の口に適合するようにする処置が必要です。 
というのも、入れ歯は硬い石膏模型上で作ります。 
実際に入れ歯を使用する口の中は歯茎があり、歯茎は柔らかく弾力があるので、模型上で作った入れ歯が何の調整もなく口に馴染むことはほとんどありません。 口や歯茎に馴染むように入れ歯を装着した後も何度か来院頂き調整していきます。

また、入れ歯の治療は歯科医ががんばれば満足いくものができるかというとそういうものでもありません。入れ歯を装着した患者さま本人も入れ歯を使いこなす努力が必要になります。

歯周病は自覚がなくても、静かに進行する点にも注意が必要です

歯周病とは、歯の周りの歯ぐき(歯肉)や、歯を支える骨などが破壊される病気で、 かつては歯槽膿漏と言われていました。歯と歯ぐきの境目(歯周ポケット)に細菌が入り、歯肉が炎症を起こし赤く腫れて、ブラッシング時に出血します。 しかし、痛みは全くありません。さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨(歯槽骨)が溶けて、膿が出たり歯がグラグラしてきます。この時期になると、やっと痛みや腫れをともないます。そして、最後には歯が抜けてしまいます。その理由として、初期の段階では虫歯のように歯に穴があいたり、痛くなったりと言ったはっきりとした症状が現れにくく、 かなり進行しないと、痛みや腫れと言う自覚症状が現れないからです。さらに、日本人には歯の定期検診を受ける習慣があまりないこと、また歯周病を確実に治療できる歯科医が残念ながら 非常に少ないことなどが考えられます。一生自分の歯で噛むためには、むし歯の予防と同時に歯周病の予防と適切な治療が大切なのです。 

 口腔内カメラ

歯周病が引き起こす病気

歯周病菌は全身疾患を引き起こします。 歯周病は口の中だけの問題と考えられていました。しかし最近ではその影響は全身のいたるところに及ぶといわれるようになっています。

歯周病は、歯周病菌が歯と歯茎の境目に集まることからはじまります。 そして歯周病菌が出す毒素によって歯茎が炎症を起こします。 歯茎は毛細血管が豊富にあるため、炎症が起こると出血しやすくなるのです。歯周病菌は、その毛細血管などから血管に入り込み、体全体へと巡っていきます。

血管以外でも歯周病菌が唾液などに溶け込むなどして、唾液を飲み込むことによって、歯周病菌が気管や肺、食道に流れ込むことが考えられます。 歯周病の影響がリスクとなって、影響を与える可能性がある疾患は、主に次のようなものがあります。

狭心症、心筋梗塞

血液中の歯周病菌が、その毒素や炎症反応の影響で、心臓の冠動脈などが血栓によって詰まる原因となることがあります。歯周病が進行していると、これらの心疾患になる確立が約3.6倍も高まります。

感染性心内膜炎

すでに心臓に病気がある場合などは、血液に入り込んだ歯周病菌が、人工弁や心内膜などに歯周病菌が付着して増殖、感染性心内膜炎になることがあります。

糖尿病の悪化

血管に歯周病菌が入り込むと炎症反応が起こり、インスリンの活動に障害を起こします。その結果血糖値のコントロールが悪くなり、今度は口の中の歯周病菌が繁殖、ますます歯周病が悪化する悪い循環に陥ることがあります。

小型高圧蒸気滅菌器

早産

妊娠中に歯周病菌が血管内に入り込むと、炎症反応により、子宮筋を収縮させたり、胎児の成長に影響を与えて低体重出産になりやすくなります。歯周病が進行している場合には、そうでない場合の約78倍リスクが高まると言われています。

肺炎

要介護の高齢者などは、謝って唾液を気管に入れてしまうことが少なくありません。歯周病菌などが多く唾液中に含まれていると、誤嚥性肺炎を起こすことがあります。これは寝たきりの状態の長期化につながります。

歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去

「歯周病なんて自分には関係ない」と思っていませんか?しかし歯周病は、日本人の成人の約8割が「かかっている」もしくは「予備軍である」といわれているほどの国民病。どなたにとっても関係ない話ではないのです。

 オートクレーブ 歯科

歯周病は、プラーク(歯垢)に棲みつく歯周病菌が毒素を出し、歯を支えている顎の骨や歯ぐきを徐々に溶かしていく病気。悪化すれば歯は支えを失い、最後には抜け落ちてしまうこともあるのです。

 

歯周病治療の流れ

1.歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影

歯周ポケット診査、レントゲン撮影、口腔内写真撮影を行います。
歯周病の原因は11人異なりますので、治療していく前に検査を行い、11人に適した治療を行っていきます。

 

2.プラークを除去

歯周病の原因は歯垢(プラーク)なので、プラークを除去し付きにくくすることが治療の基本となります。歯科衛生士による歯みがき指導や歯間ブラシ、デンタルフロスなどで改善をはかります。
簡単に落とせる歯石やプラークを落していき、検査にて改善を確認します。軽度の歯周炎の方はここまでで治療が完了します。

 

3.歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去

中等度~重度の歯周炎の場合、歯石が深くまであるため取りきれません。
このような場合は外科的な治療が必要となります。 
麻酔をしてから歯肉の切開をし、歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去します。

 歯ホワイトニング通販

4.歯と歯肉の間に溜まっていた歯石や歯垢(プラーク)除去

口の中の細菌を完全になくすことは難しく、歯周病は再発し易いので、治療完了後も定期的なメンテナンスが必要となります。
再発防止には患者さん自身による歯垢(プラーク)のコントロールだけでなく、定期的に歯科医師や歯科衛生士による検診や治療を受け、歯をメンテナンスすることが重要です。

つまり歯周病をしっかり予防するということは、お口だけでなく全身の健康を守ることに繋がるというわけなのです

歯周病は現在、歯を失う一番の原因と言われています。そのため、天然歯を守ってきちんとものが噛み続けられるお口を維持するためには、この歯周病の改善・予防が欠かせません。いくつになっても食事を楽しみ、健康的で楽しい毎日を送るためにも、歯周病の早期発見・早期治療を心がけるようにしましょう。

歯周病はお口だけに限った病気ではありません

歯周病は歯を失うことに繋がる病気であるだけでなく、糖尿病、心臓病、脳梗塞などとも密接に関係していることがわかっています。つまり歯周病をしっかり予防するということは、お口だけでなく全身の健康を守ることに繋がるというわけなのです。

 歯科 タービン 滅菌

歯周病と糖尿尿の関係

歯周病が進行すると、血糖コントロールが悪くなって糖尿病を悪化させる恐れがあるとされています。

心臓病

歯周病菌がお口を通じて心臓まで達して感染を起こすと、細菌性心内膜炎(感染性心内膜炎)を起こす恐れがあるとされています。

脳梗塞

歯垢(プラーク)が脳の血管に詰まったり、動脈硬化の原因となったりすることで、脳梗塞を引き起こす恐れがあるとされています。

 

初期にはほとんど自覚症状が現れません

歯周病は痛みなどの症状はほとんど起きないまま、静かに進行していきます。そのため、症状に気づいた時にはすでに進行してしまっていることが少なくありません。こうしたことから「サイレント・キラー(静かなる殺し屋)」とも呼ばれている。このような特徴を持つ歯周病からお口、そして全身の健康を守るためには、3ヶ月に1回程度の定期メンテナンスを受けてお口の中の状態をチェックしてもらうことが大切です。大切な天然歯を失わないためにも、当院できちんと予防・メンテナンスを受けるようにしてください。

ハンドピース

原因である歯石はブラッシングでは取り除けません

歯周病の原因の1つに歯石がありますが、これはご自宅でのブラッシングでは取り除けません。そもそも歯石とは何か?これは歯垢(プラーク)が石灰化したもので、リン酸カルシウムを主成分としていて、ハイドロアパタイトが多く含まれているためとても硬いです。

歯石を取り除くには歯科医院での専門的なクリーニングが必要です。3ヶ月に1回の定期メンテナンスでスケーリングやPMTCなどのクリーニングを受けて、お口の中を清潔な状態に保つようにしましょう。

歯周病が進行してまったら?

歯周病が進行すると歯を支える骨(歯槽骨)が溶けて、ぐらぐらと動くようになってしまいます。これを元に戻すために「再生療法」と呼ばれる治療が必要になる場合があります。

 

プラークコントロールは、プラークを定期的に除去することをいいます。

歯周病は他人の唾液から感染します

 お口の健康を保つためには歯周病対策を忘れてはなりません。歯周病はうつる病気です。虫歯も感染症ですが、虫歯は幼児期に母親や養育者などから唾液を介して子供へうつります。一方、歯周病菌がうつるのは、それよりずっと遅く、最も病原性の高い歯周病菌に感染するのは18歳以降です。歯周病菌が口の中にいる高校生は5%もいません。歯周病菌も唾液を介してうつります。歯周病菌が唾液の中にいる人の唾液が口の中に入ることにより感染します。

 アメリカでは、歯周病菌の感染はパートナーとのキスが主な原因と言われています。一方、アジアの食習慣は食べ物を介した感染を増やしているようです。唾液が付着した食べ物やお箸・スプーン・フォークによる感染もあります。宴会でよく見られる光景ですが、自分の唾液が付着した箸でたくさんの人が大皿料理を分け合う直箸の習慣は危険です。特に口腔内の細菌叢が完成していない18歳から30歳前の方は要注意です。口腔細菌叢は20歳代後半に完成すると推測されています。
 歯科材料

個人個人で口腔内細菌叢は異なります。病原性の高い歯周病菌に感染している方でも、早い時期から定期検診を受けて正しいメンテナンスを続けていれば、大きな問題は起こりません。家族みんなで、歯石除去とPMTCを受ける習慣が大切です。PMTCを受けることは自分だけでなく、家族のお口と健康を守ります。

 

歯周病の治療と予防

プラークコントロール 歯垢を除去する

プラークとは、歯にへばりついた歯垢のことです。歯垢は、細菌のかたまりで、この細菌が歯肉や顎の骨などの歯周組織に炎症を起こします。
プラークコントロールは、プラークを定期的に除去することをいいます。
正しい歯みがきをすることで、プラークは除去できます。歯周病の最大の予防法・治療法は、歯みがきです。当院では、歯周治療の一環として、歯みがき指導を行なってまいります。正しい歯みがきの方法、歯ブラシの選択、歯みがき剤の正しい使い方などをご説明いたします。

オートクレーブ 歯科

スケーリング・ルートプレーニング

歯周病の原因は、むし歯と同じく歯の表面に付着したバイオフィルムの中で繁殖する細菌です。バイオフィルムは唾液中の栄養と結びついて石のように固い物質になります。これが歯石です。歯石の表面の凹凸に細菌が付着しやすく、歯ブラシの先が届かない凹凸の中で繁殖した細菌が歯周病の原因になります。そのため、バイオフィルムを破壊するだけではなく歯石の中の細菌も除去しなければ、歯周病の進行を止めることができません。歯周病の原因となるバイオフィルムが増殖している場所は、歯と歯肉の間の歯周ポケットの中ですから、患者さんが歯ブラシしただけでは除去することはできません。そのため歯周ポケットの中でバイオフィルムが歯石となって歯の根に付着するのです。歯石となったバイオフィルムは強固に歯に付着しているため、スケーラーという専用の器具を使用して取り除くスケーリングをした後、歯の表面をツルツルに滑らかにしてバイオフィルムが付きにくくするルートプレーニングをおこなうことによって歯周病の進行のリスクを軽減することができます。

 

知覚過敏は誰でもなる可能性があります

知覚過敏と虫歯の違い

物を食べて歯が痛い・しみると思ったとき、もしかしたらそれは、知覚過敏かもしれません。しかし、虫歯でも歯が痛い・しみると感じることがありますよね。2つの違いが何なのかというと、知覚過敏は痛む時間が短いというのが特徴です。

 

例えば冷たいものを食べて、10秒程度で収まるならば知覚過敏の可能性が高いでしょう。これが虫歯の場合は、食べ終えた後でも慢性的に痛みを感じるようになります。そのうち何もしなくても傷みを感じることが増えてくるのです。ちなみに知覚過敏に関しても、症状が進めば温かいものでも痛い・しみると感じるようにはなります。しかし、痛みの度合いが変わることがないので、虫歯との違いがわかりやすいでしょう。痛みがすぐに治まるならば知覚過敏、治まらない・何も食べてなくても痛いと思ったら虫歯の可能性が高いというわけですね。

 

知覚過敏になりやすい人

知覚過敏は誰でもなる可能性があります。その中でも、このような行動を良くしている人は、なりやすいので気を付けましょう。まず普段の歯磨きの仕方ですが、硬い歯ブラシを使ってゴシゴシ磨く・歯磨き粉をたっぷり使う人はなりやすいですね。また歯ぎしりをよくする人も注意してください。他にも普段の食事についても気を付けましょう。酸が多く含まれている炭酸飲料や果物などをよく食べる人は、知覚過敏になりやすいですよ。そして歯周病の人は知覚過敏になりやすいため、日ごろから歯周病の予防や治療をしておきましょう。知覚過敏にならないように、歯磨きの仕方や食べ物に気を遣うようにしてくださいね。

 超音波スケーラー

知覚過敏になってしまったら治療はできるの?

知覚過敏は原因となる行動を控えることで、十分に予防が可能です。では、もしなってしまったら治療できるのでしょうか。知覚過敏の治療は、まずなってしまった原因を知り、それに合わせて対処していきます。例えば歯茎下がりが原因ならば、ブラッシングを優しくするだけでも改善が期待できますよ。

 歯科顕微鏡

他にも歯ぎしりが原因ならば、マウスピースを作ってもらってはめるだけでも効果が期待できるでしょう。このように知覚過敏の治療は、まず原因を調べてそれに対処する方法が一般的です。そもそも知覚過敏なのか虫歯なのか。素人では判断がしにくいので、まずは歯科医師に診てもらわなければいけませんね。ひろかみ歯科医院は、一般歯科・予防歯科にも力を入れているので、知覚過敏の治療の相談にも乗ってくれますよ。群馬県高崎市近辺で通いやすい歯科医院をお探しの方は、一度ご相談ください。

他にもブラッシング、甘いもの、果物などで痛むことがあります。

正式には象牙質知覚過敏症といいます。特に虫歯になっているわけではないのに、冷たい水を飲んだときに「ピリッ」とくる痛みですが、日本人の4人に1人は知覚過敏を経験しているとされております。他にもブラッシング、甘いもの、果物などで痛むことがあります。

知覚過敏症の原因

過敏症

知覚過敏症

正式には象牙質知覚過敏症といいます。特に虫歯になっているわけではないのに、冷たい水を飲んだときに「ピリッ」とくる痛みですが、日本人の4人に1人は知覚過敏を経験しているとされております。他にもブラッシング、甘いもの、果物などで痛むことがあります。

技工機器

知覚過敏症の原因

知覚過敏症の原因としては、以前は誤ったブラッシング法(ブラッシングの害)で歯を削ってしまっている場合が言われておりましたが、最近はストレスによるかみ締めの影響で歯のエナメル質にヒビが入り、エナメル質が剥がれて象牙質が露出して起こる場合も増えてきております。外からの刺激が象牙細管(象牙質にある細い管)を通って歯髄(神経)に伝わり、痛みを生じるのが知覚過敏症の発生メカニズムです。例えば、右の図のように歯肉がやせて根が露出した場合、左下の顕微鏡写真で確認できるような象牙細管が開いた状態になり、刺激が簡単に歯の神経に伝わっていってしまいます。本来、象牙細管は図のように口を開いた状態でいることは稀なのですが、象牙細管が口の中で露出してしまった場合にこのようなことが起こります。他にも歯髄の変化によるものや中枢神経内の変化によるものなどがあります。

 根管長測定器

知覚過敏症の治療法

ブラッシング法の改善、知覚過敏用歯みがき剤の使用

フッ化物の局所応用(イオン導入)、歯科材料の塗布等で象牙細管を塞ぐ。

歯髄消炎療法等で過敏になった神経を治す。

歯髄を抜く、歯を抜く。

まずは1.から実践しましょう。知覚過敏用の歯みがき剤には即効性はありませんが、2週間程度継続使用しているうちに、歯がしみにくくなってきます。それでも駄目なら2.へと進みます。3.4.が必要な場合は極めて稀です。神経(歯髄)を抜いてしまえば痛みは治まりますが、よほどのことがない限りは歯髄を抜かないように他の治療方法を選択しましょう。歯髄を抜いてしまうと、その歯は変色してしまう場合や、歯が脆くなると言った代償があります。歯髄は歯を形成する上でとても重要な役割を果たしていますので、極力抜かないようにしましょう。  知覚過敏症は様々な要因から発症します。最近では、かみ合わせの不具合や歯ぎしりや食いしばりが知覚過敏の原因となることも分かってきました。歯科医師に相談してその要因を十分に理解し、適切な治療が行えるように心がけましょう。

クリーニング終了後は歯の表面がつるつるになってお口がさっぱりします。

一般歯科は予防歯科・インプラント・矯正歯科・ホワイトニング・審美歯科・小児歯科以外の最も需要の多い、虫歯などの通常の歯科治療のことを指します。 治療内容は多岐に渡り、常に綿密な内容の説明を行い、そのつど患者様の納得をいただきながら、またご希望をお聞きしながら進めてまいります。 治療については健康保険内の治療でほぼカバーできます。 

しかし、時には健康保険では認められていない材料や治療を自費で行ったほうが、治療期間を短縮できるようなケースがあります。 また、後々の患者様のお口の健康にとっては、健康保険適応外の治療のほうが有益と思われるケースなども出てきます。 その際には、常に最良の情報をご提供するとともに、患者様のご都合を確認しながら、保険内治療で済ませるか自費治療も交えるかなどを、相談させていただきます。 ご希望の方法をご選択ください。

 歯科 通販

PMTCについて

PMTCとは、プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で、歯科医師や歯科衛生士といった専門家による機械を用いた歯の徹底的な清掃のことです。

 

30年ほど前にスウェーデンで始まり、今では世界の先進国で広く行われています。ただ単に歯ブラシの代わりに機械を使って掃除するというものではなく、歯ブラシ等では絶対に落とせないバイオフィルム(台所のヌルヌル汚れのようにこびりついてしまった歯の汚れ)を柔らかいゴムのチップなどを用いて剥がし取り、悪玉菌が多い状態を善玉菌が多い状態にしてしまおうというものです。歯科医院で徹底的なクリーニングを受けてお口の中を善玉菌が多い状態にして、さらにお家でのお手入れを丁寧にしていただくと、次の定期クリーニングの日まで歯のバランス状態を良好に保つことができます。

オートクレーブ滅菌

PMTCは、選び抜かれた様々な機械・器具・材料の中から、患者さまのお口の状態に合わせて組み合わせを決定します。それらを用いて予防歯科のプロフェッショナルである歯科衛生士が患者さまの歯を隅々までクリーニングします。日常のお手入れではできないレベルのクリーニングです。使用する器具の中には細い隙間に入れるために先がとがっているものもありますがクリーニング中に痛みを感じることはありません。気持ちよく眠ってしまう方もいらっしゃるぐらいです。クリーニング終了後は歯の表面がつるつるになってお口がさっぱりします。

 

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>