猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:58813
Today:273
Yesterday:143
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
歯と歯ぐきの境目の隙間が深くなり、歯周ポケットを形成します

歯周病は病原菌が歯周ポケット(歯と歯ぐきの隙間)から進入し、歯周組織を侵し、放っておくと歯を支えている歯槽骨を溶かす病気です。初期は自覚症状がなく歯ぐきが炎症を起こすなどし、痛み出した頃には病気が既に進行しています。 

 エアーモーター

軽度歯周炎

歯と歯ぐきの境目の隙間が深くなり、歯周ポケットを形成します。ここから根の先に向かって炎症が拡大していきます。

 

中等度歯周炎

歯根膜や歯槽骨も歯の根の長さの半分くらいまで破壊され、歯がグラつき始めます。硬い物を噛むと痛みが出るようになります。

 

重度歯周炎

炎症が更に拡大し、歯槽骨は半分以上破壊され、歯はグラグラしています。付け根がむき出しなので、歯が長く見えます。

 

定期検診

お口の中の状態は日々変化するものですが、自分ではそれを確認することができません。定期的に歯科医院でチェックを受けることで、早めの対応が可能になります。

 歯科用ユニット

噛み合わせチェック

噛み合わせの乱れは、虫歯や歯周病の原因になるだけでなく、顎や顔、また全身にまでゆがみを招くことがあります。噛み合わせも、定期的にチェックを受けることが大切です。

 

歯周病の予防

歯周病は自覚症状がありませんので、健康な状態と思っていても感染している場合があります。初期段階での治療が開始できれば、患者様自身の身体的負担、治療時間・費用などを抑えることができますので、まずはお気軽に当院までお越しください。歯周病かどうかをお調べするとともに患者様の口内に適した予防方法をお伝えさせていただきます。なお、歯周病は治療を終えても、残念ながら再発するおそれがあります。ご自身では気がつかない口内の変化を見落とすことのないよう、定期検診にお越しいただき、末永く健康な状態を保っていきましょう。


歯周病は、歯周組織が歯垢に含まれている『歯周病菌(細菌)』に感染し、引き起こされる炎症性疾患です

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします。

 エアーモーター

歯周病と同じ意味で「歯槽膿漏(しそうのうろう)」という言葉もありますが、歯槽膿漏は字のごとく、「歯周組織から膿(うみ)が出る」症状のことなので、厳密にいえば歯槽膿漏は歯周病の一症状のことなのですが、最近では「歯槽膿漏=歯周病」として、歯槽膿漏という言葉はあまり使われなくなり、歯槽膿漏を含めて歯周病という言葉を使う事が多くなっています。

 

歯肉炎

歯肉に炎症が起き、それに伴い痛みも出てきます。この段階では、歯槽骨には症状は出ていません。 磨き残しのプラークに唾液中のカルシウムが取り込まれ歯石ができます。

 

初期の歯周病

これがいわゆる歯周炎です。歯周ポケットは、45mmほどになり、ポケット内にプラークや歯石がたまり炎症がより強くなります。歯肉の色が赤みを帯びてきます。歯を支える歯槽骨も吸収し始めます。

 生体情報モニター

中期の歯周病

歯肉下の支持組織、歯槽骨の一部まで炎症が広がります。 それにより歯周ポケットでき、ポケット内にプラークや歯石がたまり炎症がより強くなります。歯を支えている場所に炎症が起きるので、歯を指で押すとぐらぐらしたり、痛むようになります。

 http://saka-1991.blog.jp/

末期の歯周病

歯を支えている歯槽骨がほとんどなくなり、歯肉の喪失、歯根の露出等がおきてきます。歯のぐらつきや、痛みは著しく、歯が抜けてしまう恐れがあります。

 

歯周病は進行が比較的遅く、気づいたときには手遅れになることも少なくありません。 また、歯周病は一度進行すると、治療を行っても元の健康な状態には戻りません。歯周病治療は予防が第一です。 

歯全体にセラミックをかぶせる方法

 

セラミック治療とは虫歯や事故など何らかの要因により歯の一部が損なわれてしまった際に、その部分を補うために替わりに材料を詰めたりかぶせたりしますが、その欠損部分を補う素材をセラミックで行う治療の事を指します。以前は、こういった欠損を補う場合は銀歯や金歯など、金属が用いられることがほとんどでした。 しかし、最近では銀歯や金歯では印象が好ましくないという理由から、白い材料で歯を治療したいというニーズが高まり、セラミックが選択されるようになりました。 また、金属を使用した古い差し歯などでは、治療物と歯茎の間が黒っぽく変色してくる場合があります。 これは金属がイオン化して溶けだしたり、隙間が開いて金属が見えてしまう為起こる物です。

 

 エアーモーター

 

オールセラミックで行った治療の場合は、このように治療物と歯茎の間に黒ずんだラインが出来る事はなく、そう言った面からもセラミックが選ばれる理由となっています。 また、金属の場合人によってはアレルギー症状を引き起こされる場合があります。 その他にも、昔の銀色の詰め物は、水銀が交ぜられたアマルガムという物質の可能性があるなど、金属製では人体に影響を及ぼしてしまう場合があります。セラミックを使用した場合、このような影響を避けることが出来る為、セラミックを選択するという方も増加しています。 

 

 

 

1.歯の表面に薄いセラミックを貼り付ける方法
・前歯に隙間がある場合…隙間のないようにセラミックをつけ爪のように貼り付けます。
・先天的な問題で歯が変色していたり、歯の表面がでこぼこしている場合…薄いセラミックを貼り付けて、見た目をきれいにします。
・事故などで歯の一部が欠けてしまった場合…セラミックを歯の形に整えて貼り付けます。

 

 歯科材料

 

2.歯の一部分にセラミックを詰める方法
むし歯の治療をした部分の詰め物(インレー)を、金属(アマルガムなど)やレジン(プラスチック素材)から白いセラミックに変えます。

 

 http://kiki.jimab.net/

 

3.歯全体にセラミックをかぶせる方法
神経を抜いた歯のかぶせ物(クラウン)を金属から白いセラミックに変えたり、古い差し歯を取り替えるときにセラミックを選択される場合もあります。支台(コア)の部分に金属を使う方法と、支台にもセラミックを使う方法がありますが、後者を「オールセラミッククラウン」と呼びます。

 

セラミックのデメリット
残念ながら、セラミックにもデメリットがあります。

 

保険が適用されません。
保険が適用されませんので、他の歯科材料に比べて高価です。

 

かみ合わせの調節が必要な場合があります。
1本の歯をセラミックに変えるだけでも、口全体のかみ合わせの調整を行なう場合があります。せっかくセラミックの歯科材料を入れても、「噛む」ために歯が機能しないのでは意味がありませんので、ご理解ください。


虫歯の主な原因はミュータンス菌という「細菌」と「歯質」、「糖質」そして「時間」の4つの要因が絡んでいると言われています

この4つの要因が重なった時に虫歯が発生します。4つの要因のうち、すべてが揃わなければ虫歯が発生することはありません。ミュータンス菌は、歯に付いた食べかすや糖分を栄養分にして、歯を溶かす「酸」を出します。

 マイクロスコープ 歯科

この強い酸により歯が虫歯になるわけです。作られた酸によって、お口の中は酸性となります。通常、お口の中は唾液によって極端な酸性にならないように調整されていますが、ミュータンス菌の棲家であるプラーク内はその作用が弱くなるため、より虫歯になりやすくなっています。

 

C1(エナメル質のむし歯)

症状:エナメル質まで溶かされて穴があいた状態です。まだ神経に達していないため痛みなどの自覚症状はほとんどありません。
治療:感染部分をごく少量削り、詰め物を被せて治療します。

 

C2(象牙質のむし歯)

症状:さらに進行して象牙質まで穴が開いた状態です。神経近くに達しているため、冷たい飲食物や温かい物を取ると、しみたり痛くなったりすることがあります。
治療:進行が早く予断を許さない状態です。状態によっては歯を大きく削り、神経を取る抜髄をして、被せ物を装着します。

 超音波スケーラー

C3(歯髄のむし歯)

症状:さらに進行して神経部分に細菌が達した状態です。この段階になると、神経部分に炎症が生じて(歯髄炎)激しく痛む場合があります。
治療:神経を取って(抜髄)根の治療(根管治療)を行います。根管内の汚れを完全に取り除いて薬で密封し、被せ物を装着します。

 

C4(末期のむし歯)

症状:歯質がほとんどなくなり、根元だけが見えている状態です。激しい痛みを伴い、健康な歯にも悪い影響を与える恐れがあります。
治療:残っている歯質があれば根管治療を行い、歯を保存します。残念ながら、治療が困難な場合は抜歯となります。

歯肉縁上(歯周ポケットの上)にある歯石を除去します

般的な検査・診査

歯周ポケット検査
歯周ポケットの深さを専用のものさしで測ります。その際の出血の有無も歯周病かどうかの指標とします。

 http://nienie123.seesaa.net/

レントゲン撮影
本来、歯周病が進行すると顎の骨が溶けていきます。レントゲン撮影によって、骨の質や量を調査します。

 

歯の動揺度検査
健康な歯であっても、力を加えれば多少は動揺します。しかし、歯周病が進行し歯と顎の骨との間にある組織の結合がゆるむと、歯の動揺は大きくなります。歯の動揺度を調べ、進行度を調べます。

 

歯肉炎(歯肉ポケット26mm

歯肉にプラークがたまり、歯肉ポケットになります。場所によっては歯石も少し付きます。まだ、歯槽骨(歯根膜)は破壊されていません。

軽度歯周炎(歯周ポケット35mm

歯肉の腫れが強くなり、歯周ポケットを形成します。ポケット内部にはプラークや歯石がたまります。歯槽骨(歯根膜)も破壊され始めます。

中等度歯周炎(歯周ポケット47mm

炎症はさらに広がって歯槽骨の破壊も根の長さの半分くらいまで進み、歯がぐらぐらし始めます。歯肉が少し下がってきます。

重度歯周炎(歯周ポケット6mm

歯槽骨は半分以上破壊され、歯はぐらぐらです。

 生体情報モニター

プラークコントロール(ブラッシング指導・練習)

現状、患者さんがどのようなブラッシングを行なっていて、磨き残しのある部分の説明及びブラッシングの指導を行ないます。歯周病治療は患者さん との二人三脚で行なわれます。後日来院した際に、実際に正しくブラッシングが行なわれているかチェックします。その後に、ブラッシングの効果をあげるため に目立つ歯石や着色などをクリーニングを行ないます。

 マイクロスコープ 歯科

スケーリング

歯肉縁上(歯周ポケットの上)にある歯石を除去します。この段階で、歯肉の健康状態や適切なブラッシングが行なわれているのか再度チェックしま す。又、状況によっては新たに治療計画を再検討したり、ブラッシングが正しく行なわれていない時は再度、ブラッシング指導・練習を行います。

 

スケーリング・ルートプレーニング(SRP

正しくプラークコントロールが行なわれているが、歯肉縁下(歯周ポケット内)に歯石があるために症状が改善されない場合、この歯石を除去します。ポケット内の歯石を除去する場合は、局所麻酔が必要になることがあります。

予防歯科とは徹底的なプラークコントロール

痛みがとれるとどうしても、それで治ったものと安心してしまいがちですが、「何が原因でその歯が病気になったのか」を考えることはとても大切です。そのため当院では、まずはその病気の原因について分析することから、治療を開始したいと考えています。

 http://nienie123.seesaa.net/

したがって、比較的早い段階から、生活のご指導やブラッシングのトレーニングなどをさせていただきます。また、むし歯や歯周病になるのを未然に防ぐことも、当然ながら予防歯科の大きな役割です。定期的なクリーニングや、定期検診なども行い、皆様のお口の健康をお守りしていきます。

 

予防歯科とは徹底的なプラークコントロール

虫歯や歯周病の原因は歯垢(プラーク)です。プラークを適切に除去し、お口の中を清潔に保つことが虫歯や歯周病を防ぎ、歯を確実に守ることにつながります。(プラークコントロール) ではこのプラークコントロールを徹底し、健康状態を維持するためには実際にはどのようなことを行えばいいのでしょうか。

 

それは定期検診(メンテナンス)とご自宅での正しい歯磨き(セルフケア)です。日本で定期的に歯科医院でメンテナンスを受けている方は全体の約15%程度なのに対し、スウェーデンでは実に約8090%の方が定期的に歯科医院でメンテナンスを受けており、これがスウェーデンの人々に虫歯や歯周病が少ない理由なのです。

 超音波スケーラー

生活習慣指導

最近では、歯周病は生活習慣病の1つとも言われ、毎日の生活習慣が歯周病の発症や進行に大きく影響することが分かってきています。食生活・睡眠不足・運動不足・ストレスの改善、禁煙などについてアドバイスさせていただき、一緒にお口の健康について考えていきます

 コントラ 歯科

PMTC~お口の中のより良い健康を維持するために~

PMTCとは専門家により研磨剤や専用機器を使用してバイオフィルムを徹底的に磨き落とすことをいいます。歯磨きで落とすことができない汚れ「バイオフィルム」は、こびり付いた状態の細菌の塊で、歯周病や虫歯の温床になってしまいます。PMTCによる虫歯の予防効果は普段の歯磨きのなんと70倍とも言われます。

 

 現在、歯を失う原因で最も多いのが歯周病によるものなのです

歯周病は歯の周りに付着した汚れ(プラーク)により歯の周りの歯茎(歯肉)や歯を支える骨(歯槽骨)などが破壊される病気で、かつては歯槽膿漏と言われていました。

 オートクレーブ

プラークには歯周病の原因となる細菌が含まれており、歯と歯茎の境目の歯周ポケットに細菌が入り込むと、歯肉が炎症を起こし赤く腫れて出血します。

 

さらに進行すると、歯肉の中にある歯を支えている骨が溶けて歯がグラグラしはじめ、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。歯周病は初期の段階では痛みなく進行するため、サイレントディジーズ(静かなる病気)とも言われています。現在、歯を失う原因で最も多いのが歯周病によるものなのです

 http://hanokennkou.shiga-saku.net/

歯の揺度

歯がどのくらいグラグラ揺れるかを調べます。歯周病が進行してくると、歯と顎の骨の結合がゆるみグラつきはじめます。

 

レントゲン

歯周病の進行とともに顎の骨が溶かされていきます。レントゲンで撮影して骨の密度を調べ、症状の進行具合を確認します。

 超音波スケーラー

ポケット診査

歯と歯ぐきの間のすき間(歯周ポケット)の深さを測ります。歯周ポケットが深ければ深いほど、歯周病が進行していると言えます。

 

 

ブラッシング指導

ブラッシング指導を行い、毎日の習慣から改善していきます。正しいブラッシングを行うことにより歯垢を除去します。

 

スケーリング・ルートプレーニング

歯に付いた歯石を専用の道具で取り除き、根面を滑沢にし再度付きにくくします。

 

定期健診

歯周病は再発が多い疾患と言われています。歯周治療が終了しても、その後の管理がしっかり出来ていなければ再発する可能性があります。メインテナンスとは、お口の中を定期的に管理する事により歯周組織の健康を維持していくことです。メインテナンスを行うことにより、歯周病の進行スピードを緩和したり、虫歯の早期発見ができます。

 

矯正治療は、子どもが行うものというイメージがあるかもしれませんが、大人でも可能です

矯正治療とは、矯正装置を使用して乱れた歯並び・咬み合わせを整える治療法です。矯正治療は、子どもが行うものというイメージがあるかもしれませんが、大人でも可能です。

 超音波スケーラー

叢生

歯が凸凹に生えている状態です。「八重歯」もこれにあたります。歯の大きさや数に対して顎の骨が小さく、すべての歯が並ぶスペースがない場合に起こりやすくなります。

 歯科材料

上顎前突

「出っ歯」とも呼ばれ、上顎が大きい、もしくは下顎が上顎に比べ奥に引っ込んでいる状態です。また、上の前歯が前に飛び出しているケースもあります。

 http://blog.goo.ne.jp/geenaakusesari

開咬

奥歯でしっかり咬み合わせたときに、上下の前歯が咬み合わずに隙間があいている状態です。幼年期の指しゃぶりが原因になることもあります。

 

反対咬合

上下の前歯が、逆に咬み合わさっている状態です。下顎が大きい場合に起こるとされています。

 

悪い歯並びが引き起こすデメリット

食事がうまくできない(消化不良)

咬み合わせが悪いと、食べ物を歯で噛み切ったり、しっかり咀嚼したりすることができません。よく噛まずに飲み込んでしまうと胃腸などの消化器官へ負担がかかり、消化不良を起こすケースもあります。

 

むし歯や歯周病になる

歯ブラシが十分に行き届かないことから、みがき残しが多くなります。それによって細菌が増殖しやすくなるため、むし歯や歯周病が引き起こされるリスクが高まります。

 

発音が不明瞭

不正咬合の種類にもよりますが、歯と歯の隙間から息が漏れたり、舌がうまく動かせなかったりすると、発音が不明瞭になったり滑舌が悪くなったりしがちです。

 

ワイヤー矯正は、歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーをとおして少しずつ歯を動かしていく最もスタンダードな矯正法です。ブラケットが目立つと見た目があまり良くありませんが、金属のもの以外に、透明なプラスチックやセラミックでできたブラケットも登場しています。またワイヤー矯正は、重度の重なりがあるケースなど、抜歯を伴う症例にも対応。矯正のステップに合わせてやわらかいワイヤーを使っていくことで、痛みを調節・軽減することも可能です。

歯のエナメル質部分のみで、象牙質にまでは至っていないごく軽度の虫歯です

虫歯の原因は、お口の中の細菌です。細菌は、ブラッシング(歯磨き)などで除去し切れなかった食べ物のカスを餌として繁殖し、歯垢(プラーク)を形成して歯の表面に付着します。歯垢(プラーク)は食べ物に含まれる糖を取り込んで酸を放出するようになり、この酸によって歯が溶かされた(脱灰と言います)部分を虫歯と呼びます。

 http://hanokennkou.shiga-saku.net/

C1 初期虫歯

歯のエナメル質部分のみで、象牙質にまでは至っていないごく軽度の虫歯です。C1の段階では痛みを感じることはほとんどなく、歯科医院でもフッ素塗布やプラークコントロールなどの予防治療で進行を防ぎ、歯を削る治療を行わないのが一般的です。

 

C2

虫歯が象牙質にまで達した状態で、虫歯の進行が早くなります。歯の神経(歯髄)にまでは至っていませんが、進行すると痛みを感じるようになることもあります。C2になると、歯を削る治療が必要になります。レジンの充填または詰め物(インレー)で修復します。

 マイクロスコープ 歯科

C3

虫歯が歯の神経(歯髄)に至った状態です。神経が細菌に感染していますので強い痛みを感じるようになり、神経の治療(根管治療)を行わなければなりません。根管治療では感染した歯髄を少しずつ丁寧に取り除く必要がありますので、治療期間が長くなる場合があります。根管治療の後は、歯を削った量に応じて詰め物(インレー)・部分冠・全部冠(クラウン)で修復します。

 

C4 残根

歯肉縁上の歯(歯冠部)がほとんど失われ、歯の根だけが残っているような状態です。歯冠部がほとんど残っていませんので、冠(クラウン)などの補綴治療を行うことができません。ほとんどのケースでは抜歯をすることになります

 歯科材料

虫歯の検査

検査器具やレントゲンで、虫歯の進行度合いを調べます。

治療計画の説明

虫歯がどんな状態なのかをご説明し、治療計画をご案内します。

虫歯の部分を取り除く

虫歯の病巣を取り除きます。歯の神経まで虫歯が達している場合は、神経の治療も行います。

詰め物や被せ物を装着

虫歯の進行度合いや大きさに応じて、詰め物や被せ物を装着します。

再発予防

虫歯を再発させないために、定期検診や歯のクリーニングを受けることをおすすめします。

歯のクリーニングやフッ素塗布でお口の健康を守ります

お口の健康は、全身の健康にもつながっています。虫歯や歯周病を防ぐことで、患者さまにいつまでも健康であっていただきたい……当院ではそのような願いを込め、予防歯科に力を入れています。

 http://kiki.jimab.net/

定期検診では、歯科医院で行う専門的な歯のクリーニング「PMTC」や、歯を強くする薬を歯に塗る「フッ素塗布」などを積極的に実施。患者さまお一人おひとりにとって最適なメインテナンスとお口の掃除をご提案しています。患者さまのお口の状態や病状にもよりますが、基本的には34ヶ月に1度のペースでの通院をおすすめしています。虫歯や歯周病の予防には、痛い思いをしなくて済むというだけに留まらず、実は意外なメリットもあります。トータルで見ると治療費を抑えることになるため、経済面においても大きな利点があるのです。健康なお口でいつまでも快適に生活できるよう、ぜひ定期的な検診の受診をご検討ください。

 パルスオキシメーター

歯肉炎

磨き残しなどの汚れにより、周囲の歯肉が炎症を起こし、赤味を帯びて少し腫れたような状態になり、歯ブラシをした時に出血することがあります。この段階ではまだ歯槽骨には影響を及ぼしていませんが、放置していると次第に歯肉の中の方に進行し、やがては歯槽骨にも影響を及ぼします。周りの汚れを専用の器具で取り除き、毎日の適切なブラッシングをしていただくことで状態は改善します。

 

軽度の歯周病

歯肉炎と同様に歯肉には赤味と腫れが見られ、レントゲン写真や専用の器具により診査をすると歯槽骨がやや下がり始めていたりすることが確認できます。歯肉の中の汚れを専用の器具でしっかり取り除いた後に適切なブラッシングと定期的な検診を受けていただくことにより、状態の悪化をある程度防いでいくことができます。

 マイクロスコープ 歯科

中等度の歯周病

歯肉には変わらず赤みや腫れが見られ、膿が出てくることもあります。また歯を触ると少し揺れるような感じがすることがあります。病態は進行し、歯の根の半分くらいまで歯槽骨が下がって汚れが侵入していきます。歯肉の上からの処置では見えない上に届かなかったりと限界があり、完全に汚れを取り除くには歯周外科治療(歯肉の小手術)が必要になることもあります。

 

重度の歯周病

歯周病がかなり進行し、支えている歯槽骨の大半が下がってしまった状態です。歯はかなり揺れが見られ、また物を噛んだりすると痛んで噛めないこともあります。進行すればするほど抜歯の可能性が高くなり、ついには自然に抜け落ちてしまうこともあります。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>