猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:69443
Today:24
Yesterday:64
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
適切な予防処置を受けて健康な歯を維持しましょう

きれいで健康な歯を保つためには、虫歯になったら治療するのはもちろん、病気になる前に予防することが大切です。ご自身のセルフケアでも予防できますが、ご自宅でのブラッシングだけでは不十分なことがほとんど。そこでご活用いただきたいのが定期健診です。毎日のお手入れに加えて歯医者に定期的に通い、適切な予防処置を受けて健康な歯を維持しましょう。

 生体情報モニター

ブラッシング指導

まず、日々のブラッシングがきちんと行われているかどうかを確認します。その後、患者さんの歯並びなども考慮して、磨き残しや歯ブラシが当たりにくい箇所をふまえてブラッシング指導を行います。わかりやすい指導に努めますので、ご自宅での正しいブラッシングにお役立てください。

 

3DS

3DSは、薬によって虫歯を予防する処置です。歯の表面をきれいにしたあと薬を歯に塗布することにより、通常では完全除去が難しい虫歯菌を除去し、虫歯予防に高い効果をもたらします。3DSを行えば、通常のブラッシングだけでも虫歯菌の少ない状態を維持できるでしょう。

 ニッケルチタンファイル

PMTC(Professional mechanical tooth cleaning)は、歯科医院で行う専用器具を用いた、プロによる歯のクリーニングです。歯の表面の汚れや、歯周ポケットの内側の歯の根の表面に付着している歯石やバイオフィルムを、キレイに除去することができます。

 

口内の虫歯菌や歯周病菌などが結びついたバイオフィルムに歯が覆われてしまうと、その上に歯垢がたまり、虫歯や歯周病の原因となってしまいます。歯みがきでは落としにくい歯石やバイオフィルムを除去するために、PMTCが必要になります。同時に虫歯や歯周病を予防することもできるのでおオススメの治療法です。

 

予防歯科を受診するメリット

予防歯科で定期的にチェックを受けていると、身体の健康診断を受けている場合と同様に、口腔内の状態の変化にいち早く気づくことができます。つまりは、虫歯や歯周病になりかかっている状況などを早期に発見して進行を防ぎ、大切な歯を長く健康な状態で維持することが可能となります。

虫歯や歯周病は、早期治療であれば治療期間自体が短くて済み、費用も抑えられます。また、早期であれば歯を削ったり抜いたりといった治療が不要となるケースも多いため、治療の痛みも軽減され、結果的にさまざまなデメリットの軽減につながります。

25歳以上の日本人の、実に80%超の人が歯周病の状態にある、という調査があります

自覚症状がなくても、成人のほとんどが歯周病である可能性があるのです。また、一生に一度も虫歯にならない人は非常に珍しいのも事実。では、これらの身近な疾病は、防ぎようのないものなのでしょうか?

 家庭用超音波スケーラー

「病気になってからそれを治療する」医療から、「病気になる前にそれを予防する」医療へ、医療全体が大きく転換してきています。欧米ではすでに常識となっている、この「予防医療」という考え方。中でも、疾病の原因と結果が比較的はっきりしている歯科の分野では、より進んでいると言えるのです。

 

虫歯も歯周病も、大きな原因は歯垢(プラーク)です。歯垢を取るための器具や手法はすでに確立されていると言ってもいいでしょう。また、ご自宅での正しいブラッシングも大切です。これらを確実に行いさえすれば、虫歯や歯周病を相当な割合で防ぐことができ、悪くなってから治療することに比べ、患者さんの肉体的・経済的負担を減らすことができるのです。

予防について

 

歯周病は基本的には,歯周病菌による感染症です。お口の中では、常に歯周病菌と体の防御機構とが戦っています。体の防御機構が歯周病菌に負けた時に、歯周病が進行します。
つまり、歯周病の治療を成功させるには、この歯周病菌との戦いに勝てば良いのです。
まず、敵軍の兵力を減らすため、すなわち、歯周病菌の数を減らすため、徹底したプラークコントロール(歯みがき)が必要です。また、戦争ですから、敵の基地も破壊しなければなりません。それが、歯石除去であり、歯周ポケット内のバイオフィルム(細菌の強固な塊)の破壊です。これは、歯科医院での治療となります。また、自軍の戦闘能力を上げる事も必要です。体の防御機構を強化するため、体調を整えて、疲労しないように注意しましょう。喫煙は、歯周病を悪化させますので、禁煙をおすすめします。

 

歯周ポケット検査・・・歯周病になると歯と歯ぐきの間にある隙間「歯周ポケット」が深くなっていきます。専用の器具を用いて歯周ポケットの深さを調べ、歯周病の進行具合を確認します。

 歯科用ユニット

スケーリング

専用器具を使って、奥歯の裏や歯と歯の間などに強固に付着したプラークや歯石を除去します。

ルートプレーニング

スケーリングできれいになった歯の表面を磨いて滑らかにします。ツルツルになるので、歯周病の原因となるプラークや歯石の再付着を防げます。

咬み合わせの改善

歯周病は咬み合わせ不良からなることもあります。咬み合わせが悪いということは、歯並びも悪く、歯みがきがしにくいということなのです。咬み合わせの不良は、もともとの咬み合わせ異常だけでなく、治療で入れた補綴物の不具合によっても起こります。そのため、咬み合わせを整えたり、補綴物を修復したりして歯周病の改善を図ります。

歯周病はプラークの中にいる歯周病菌がもとで発症する可能性があります

 

自覚症状のないまま歯ぐきが炎症を起こしてしまうものであり、やがて顎の骨が溶けはじめ、最悪の場合は歯が抜け落ちてしまうリスクもある怖い病気です。日本人の30代の9割が感染していると言われています。

 

 

 

もしかするとその症状は歯周病?

 

歯周病に感染・発症している可能性があります。自覚症状を感じにくいものばかりであるため、セルフチェックしてみると良いかもしれません。

 

 

 

歯が抜けてしまう原因で特に多いのは虫歯と歯周病です。これらの病気は細菌感染によって起こることがわかっているため、予防することが可能です。しかし、日本では未だに虫歯や歯周病で歯を失う方が絶えず、平均して80歳の時点でわずか8本程度しか歯が残っていないのが現状です。一方、歯の定期検診が一般的に行われ予防の意識も高い欧米では、

 

80歳を超えても平均20本以上の歯が残っているのです。

 

80歳で20本の歯を残すためには日々のお手入れと定期的なメンテナンスが非常に重要です。口の中の健康を保っていくために、定期的に歯のメインテナンスに通院してもらうシステムが予防歯科です。 むし歯になる前に定期的にメンテナンスを行うことで歯の様々な疾患を予防し、健康な歯を維持していきましょう。

 

 生体情報モニター

 

ブラッシング指導

 

年齢や歯の生え方に応じて個別にケアを行います。普段のブラッシングでは虫歯や歯周病を防ぐことができないため、当院では具体的な指導を行っています。プラークの染め出しで汚れが残りやすい部分もお伝えしますので、おうちでも同じ要領でブラッシングをしてみましょう。

 

 マイクロスコープ 歯科

 

PMTC

 

PMTCは、歯科医師・歯科衛生士による歯のクリーニングのことで、虫歯・歯周病予防として非常に効果的です。専門の機器を使ってプラークを徹底的に除去し、口腔内のすみずみまできれいにします。保険適用のため費用も安く済み、かかる時間も40分程度です。歯に付いたヤニを取ることもできるため、喫煙者の方にもおすすめです。

 

 

 

予防歯科で定期的にチェックを受けていると、身体の健康診断を受けている場合と同様に、口腔内の状態の変化にいち早く気づくことができます。つまりは、虫歯や歯周病になりかかっている状況などを早期に発見して進行を防ぎ、大切な歯を長く健康な状態で維持することが可能となります。

 

 

 

虫歯や歯周病は、早期治療であれば治療期間自体が短くて済み、費用も抑えられます。また、早期であれば歯を削ったり抜いたりといった治療が不要となるケースも多いため、治療の痛みも軽減され、結果的にさまざまなデメリットの軽減につながります。

 

 


虫歯菌が虫歯の直接的な原因です

虫歯とはお口の中のミュータンスと呼ばれる細菌が砂糖やご飯やパンに含まれる「糖」を利用して酸を生成し、その酸よって歯が溶かされ、穴が開いた状態を「虫歯」と呼んでいます。、初期の段階では自覚症状がないため自分では気付かないことが多いのが特徴です。

虫歯の原因

虫歯は、「虫歯菌の数」「歯質・唾液の量」「糖分の量」「経過した時間」という4つの条件が複合的に重なって起こると考えられ、重なる度合いが大きければ大きいほど虫歯のリスクが高まります。

 口腔内カメラ

虫歯菌の数

虫歯菌が虫歯の直接的な原因です。
プラークや歯石に棲みつく虫歯菌が多ければ多いほど、歯を溶かす酸が多くなります。

歯質・唾液の量

歯質によって虫歯になりやすかったりなりにくかったりします。また、口腔内の自浄作用がある唾液の分泌量が少ないと、虫歯のリスクが高まります。

糖分の量

お口の中に残っている食べカスに含まれる糖分が、虫歯菌が酸をつくり出す際の栄養となります。その糖分が多いと、虫歯になりやすくなります。

経過した時間

食後から歯みがきするまでの時間が長ければ長いほど、虫歯になりやすい環境が持続されます。

 

初期虫歯(Co)の状態です。歯が溶けだして虫歯ができ始めていますが、黒い変色や穴が開いていません。この段階であれば、フッ素配合の歯みがき剤を使って歯を磨けば、虫歯の再石灰化が可能です。
マイクロモーター 

C1(エナメル質う触)

歯の表面にあるエナメル質が溶かされて、小さな穴があいた状態です。この段階では、細菌が象牙質に達していませんので、まだ痛みがありません。治療は虫歯の部分を削り、白い詰め物を入れれば終了です。

C2(象牙質う触)

エナメル質の下にある象牙質にも虫歯が達しているため、冷たいものや甘いものがしみます。治療器具が触れると痛みを感じるので、麻酔を使って治療します。治療は小さな虫歯であれば、白い詰め物を入れて終了です。むし虫歯が内部まで広がっている場合は麻酔をして歯を削り、型を取って人工歯を被せます。

C3(神経まで達したう触)

虫歯が神経まで達した状態です。激しい痛みがあり、神経が壊死すると根の外で炎症を起こして膿が出たり、歯ぐきが腫れたりします。治療は麻酔をして根管治療(根の治療)をします。神経を取り除き、根の中の汚れを取り除いてから詰め物を入れます。途中で治療を中断すると症状が悪化しますので、最後まで続けましょう。

C4(残根状態)

ほとんどの歯がなくなり、根だけが残っている状態です。治療可能な歯質が残っていれば、根管治療を行って被せ物を装着します。

 そのため、少しのサインも見逃さずに早期発見することが大事です

日本人の成人の約8割はかかっているといわれている歯周病。虫歯よりも歯を失う大きな原因となっていますが、そのおもな原因は歯垢(プラーク)です。お口の中の歯垢に潜む歯周病菌が歯ぐきに炎症を起こし、徐々に進行して歯を支える顎の骨を溶かしていきます。歯周病は自覚症状に乏しい疾患で、「サイレント・ディジーズ(静かなる病気)」ともいわれています。気付かずに放置すると徐々に悪化し、重症化すると歯が抜けてしまいます。そのため、少しのサインも見逃さずに早期発見することが大事です。

 電気歯髄診断器

下記のような生活習慣は、歯周病を誘発するとともに悪化させてしまいます。

歯磨きをしない

お口の中に食べかすや歯周病菌が残ってしまい、虫歯や歯周病の原因になります。

 

タバコを吸う

タバコを吸うと血行が悪くなり、歯を支えている組織にも悪影響が出ることで、歯周病が進行してしまいます。

 

ストレスが日常的にかかる状況にある

精神的ストレスのせいで体の抵抗力が弱くなったり、食生活が変化したりすると、歯周病が悪化しやすくなります。

 

歯ぎしり・噛み締め

無意識下の歯ぎしり・噛みしめも、お口の健康にとって大敵です。顎や歯周組織に負担をかけた結果、歯肉が弱まり、歯周病が急速に進行します。

 

口で呼吸をする癖がある

口の中が乾燥すると歯石が付着しやすくなります。唾液による自浄作用もなくなってしまい、歯周病菌の温床となります。

 

栄養が偏った食事、偏食傾向が強い

食生活の乱れや偏食などによって体の抵抗力が弱まると、歯周病になりやすくなります。

 超音波スケーラー

 

歯周病にならないためには、毎日のブラッシングによるセルフケアと並行して、定期的に歯科医院でのクリーニングも受けましょう。歯垢は丁寧なブラッシングにより除去が可能ですが、歯石になってしまうとセルフケアでは除去できません。また、歯と歯ぐきの間の歯周ポケットに入り込んでしまった歯垢もブラッシングだけでは取りづらいでしょう。歯周病にならないためには、セルフケアによるブラッシングとプロの手によるクリーニングを並行して行う必要があるのです。なお、歯周病菌が繁殖しづらい食生活に改善することも歯周病の予防につながります。

歯周病は、歯をささえている周りの骨が無くなっていく病気です

歯の喪失に関する統計によると、60才を過ぎたころから急激に歯が失われていくことがわかります。その主たる原因となっているのが歯周病(昔でいうところの歯槽膿漏)です。

 

歯周病の予防には、自宅でのブラッシングも大切ですが、歯科医院にて専門の教育を受けている歯科衛生士に歯の周りはもちろんのこと、深くまで入り込んでいる歯石をも除去してもらう必要があります。

 マイクロスコープ 歯科

以下のチェック項目に1つでも当てはまったら、要注意です。

口臭があるといわれる

朝起きた時、口の中がネバネバする

昔より歯が長くなったように見える

食べ物が歯のすき間にはさまりやすい

歯がグラグラする

歯磨きの時、出血することがある。

歯茎が赤く、腫れている

歯茎から膿みがでる

 

歯肉炎

歯肉部分に炎症が起こった状態です。歯肉が腫れ、歯と歯肉の間にある歯周ポケットにプラークが溜まりやすくなっています。

【治療方法】
毎日の歯磨きや歯科医院でのクリーニングで改善します。

 

軽度歯周炎

歯周ポケットが深くなり、炎症が歯肉から内部に進行して顎の骨が少し溶け出した状態です。

【治療方法】
毎日の歯磨きに加え、歯科医院での処置が必要です。

 生体情報モニター

中度歯周炎

歯周ポケットがより深く46mm程度となり、顎の骨がさらに溶け出して歯を支えられなくなって歯がグラついてきます。

【治療方法】
歯科医院での外科的処置と投薬による処置が必要です。

 

重度歯周炎

歯周ポケットが7mm以上になり、顎の骨が半分以上溶けた状態です。歯のグラつきがひどくなり、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

【治療方法】
歯科医院での外科手術が必要です。顎の骨の再生治療を行い、歯が抜けた場合には入れ歯が必要になります。

歯ぐきが炎症を起こし、ブラッシング時に出血しやすくなります

歯周病は進行性の病気です。歯ぐきの腫れといった症状がかるいうちに、早めに院までご相談ください。早く治療すればそのぶん治療期間が短く済み、通院の手間や治療費 もかからずに済みますよ。

 マイクロスコープ 歯科

歯肉炎

歯ぐきが炎症を起こし、ブラッシング時に出血しやすくなります。

 

軽度歯周炎

顎の骨が溶けはじめた状態です。歯ぐきが腫れ、歯磨きの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。

 

中等度歯周炎

顎の骨が半分くらい溶かされた状態で、歯を指で押すとグラつくようになります。歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。

 

重度歯周炎

顎の骨の3分の2以上が溶かされた状態で、歯のグラつきがひどくなります。この状態を放置すると、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

 

歯周病の治療方法

診査・診断(レントゲン撮影)

歯周病は1本の歯だけではなく、お口の中にある全ての歯を支えている歯周組織を破壊していく病気です。まずレントゲン撮影をし、歯槽骨(歯を支える顎の骨)が現在どの程度失われているか確認します。それから、歯周ポケットを測定し、歯周病の進行程度を全ての歯について調べていきます。

 超音波スケーラー

プラークコントロール

歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を除去していきます。歯垢を専用の薬で染め出し、どこに歯垢がついているのか細かくチェックしていきます。さらにその歯垢を専用の器具などを使って効率よく除去していきます。同時にハブラシの指導も行っていきます。

 

スケーリング(歯石除去)とルートプレーニング

歯垢が取り除かれ、お口が清潔に保たれるようになると、腫れていた歯肉は引き締まってきます。この状態でスケーリング(歯石除去)やルートプレーニングを行います。

 

メインテナンス

歯周病の治療終了後、歯周炎の再発を予防するためには、定期的な検診とクリーニングが必須です。PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)各種専用器具を使用した、歯科衛生士による高度なお口のクリーニングで健康な口内環境を保ちましょう。

細菌が産出する酸、毒素や酵素によって歯周組織に炎症をおこし、歯周病となります

今日、歯を失う一番の原因は歯周病だと言われています。さらに日本人は、80歳以上になると45本の歯しか残っていない事実を知っていましたか? 歯周病は、歯周病菌による感染症で、生活習慣病のひとつです。

 超音波スケーラー

30代後半から進行しやすくなり、その一番の原因はプラーク(歯垢)と呼ばれる物質です。歯についた食べかすは、ほんの23分から数分で、口腔内細菌が増殖してプラークという細菌の塊に変化します。細菌が産出する酸、毒素や酵素によって歯周組織に炎症をおこし、歯周病となります。

 

歯周病治療の流れ

[STEP1]  初期検査
綿密な検査をし、歯周病の原因を調べます。レントゲン撮影や、歯周ポケットの深さや日頃行っているブラッシング方法を行ってもらい間違ったブラッシング方法で磨いていないか調べます。

 生体情報モニター

[STEP2]  初期治療
歯の汚れ(歯石も)を取り除きながら、歯ぐきの改善を目指します。最初は、患者さんや歯ぐきに出来るだけ負担のかからない方法を選択します。歯石が付くのは、正しいブラッシングが出来ていないことが原因です。

 

[STEP3]   再評価
歯周病の治り具合をチェックします。歯石除去や正しいブラッシングで歯周病が治らない場合は、外科的な治療が必要になる場合もあります。

 

 

[STEP4]  外科治療(必要に応じて)
初期治療によって治らない場合、外科手術を行います。
歯肉を切って歯槽骨からはがして、根の先の方や根と根の間に付いている歯石や炎症巣を除去して滑沢にします。

 

[STEP5]  定期検査
全ての歯周治療が終了した後は、長期的な健康維持のために3-4ヶ月毎の定期検診にきて頂きます。歯石が溜まってしまえば、また歯周病になってしまう可能性がありますので定期検診の度に、歯のみがき方をチェックしたり、新たに付着した歯石を取り除きます。

歯を失わないために、早めの治療で歯を守りましょう

歯周病は、歯垢が歯と歯肉の間に挟まる事で炎症を起こし、骨を溶かして最後には歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気で、日本人の約80%が歯周病にかかっていると言われています。
歯周病はむし歯と違い、軽度から中等度ではほとんど症状がなく進行するので、自分ではなかなか気が付きにくく、痛みや腫れに気付いた頃には歯周病がかなり進行している事が多いので厄介です。
歯周病の原因は主に歯垢・歯石で、取り除く事で大部分が改善されます。
歯を失わないために、早めの治療で歯を守りましょう。

 http://www.musublog.jp/blog/pinshi000/

こんな症状が一つでも当てはまる場合は、可能性があります。

歯茎から出血する。

口臭が気になる。

朝起きると口の中がネバネバする。

歯と歯の間に食べ物が入りやすい。

歯が動いて食べ物が噛みにくい。

歯茎が腫れて時々痛みがある。

 

歯周病の予防(治療)

ブラッシング指導

現状のブラッシングでどこが磨けていないのかをよく理解して頂いた上でご自分に合ったブラッシングの方法を学んでいただきます。ブラッシングによるプラークコントロールが歯周病治療の第一歩です。

 生体情報モニター

スケーリング(歯石除去)

歯石は歯面に付着したプラークに唾液中のリン、カルシウムが混じって石灰化したもので、歯に強固に付着しており、強い病原性を持っています。一般的に超音波スケーラーやキュレットスケーラーを使用して取り除きます。

 

「病気になってからそれを治療する」医療から、「病気になる前にそれを予防する」医療へ、医療全体が大きく転換してきています。欧米ではすでに常識となっている、この「予防医療」という考え方。中でも、疾病の原因と結果が比較的はっきりしている歯科の分野では、より進んでいると言えるのです。

 

虫歯も歯周病も、大きな原因は歯垢(プラーク)です。歯垢を取るための器具や手法はすでに確立されていると言ってもいいでしょう。また、ご自宅での正しいブラッシングも大切です。これらを確実に行いさえすれば、虫歯や歯周病を相当な割合で防ぐことができ、悪くなってから治療することに比べ、患者さんの肉体的・経済的負担を減らすことができるのです。

歯周病は昔は歯槽膿漏と呼ばれていました

今でもこれを別の病気と思っておられる方がいるようですが、同じことです。歯周病は歯周病菌が引き起こす病気です。

 https://shika.cookpad-blog.jp/

元来健康な状態では歯の根の周りにはしっかりした骨(歯槽骨)があり歯を支えていますが、歯周病になると歯周病菌が根の周りの骨を溶かしてしまいます。ひどくなると歯はグラグラになってしまい十分咀嚼することができなくなります。しかも無自覚に進行してしまうことがほとんどで、日本人の8割が歯周病にり患しているといわれています。

 超音波スケーラー

歯垢は口の中の細菌の塊である歯の垢です。歯垢のことを専門的にはプラークと呼ばれています。歯垢は細菌の塊ですのでほっておくと歯や歯ぐきを蝕んでいきます。歯周病は細菌の感染症で歯垢と密接な関係があります。歯周病菌は食べ物のかすや歯垢などを栄養源として増えていきます。

 

歯周ポケット内の細菌

細菌といっても大きく2種類に分けられます。生存する為に空気を必要とする好気性菌と空気を必要としない嫌気性菌です。好気性菌は歯周ポケットのみならず、口内のあらゆる場所に生存していて主に虫歯の原因となります。嫌気性菌は歯周ポケットが4mm以上になると、その内部に発生し、その嫌気性菌が炎症を起こす事で歯周病は発症します。

 生体情報モニター

8020運動」ってご存知ですか?
8020運動は、『80歳になったとき、自分の歯を20本以上残そう!』という運動です。
ある調査によると、"80歳になったときに自分の歯を20本残せるか"との質問に、約75%の人が"自信がない"と回答したそうです。歯を失う原因は、むし歯だけではありません。
しっかり歯磨きをしていた人でも、日本人は、50歳を過ぎたあたりから急に歯を失い始める人が多いようです。先ほどお話した「歯周病」がその原因のひとつ。大切な歯を守り続けるためにも、「歯」の危険度チェックをしてください。

 

歯ぐきが腫れたり血が出ることがある
歯ぐきの色がピンクではなく、赤や赤紫になっている
歯がのびてきた
固いものが噛めな指で歯を押したり、強くかみ締めると歯がぐらつく
指で歯茎を押すとブヨブヨしている
口がネバネバする
歯が浮いた感じがする

 

当てはまる項目が多いほど、歯周病になっている危険性が高いと言えます。歯周病は、むし歯のような強烈な痛みがないため、気づいた時にはだいぶ進行してしまっているものです。一つか、二つでも当てはまるものがありましたら、ライフスタイルの改善にも気をつけながら、一度、検診にいらっしゃってください。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>