猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:240673
Today:147
Yesterday:129
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
虫歯や歯周病になる前から定期検診に通い、お口の健康を維持しましょう。

ひと昔前までは、「歯は悪くなってから治す」というのが当たり前でしたが、近年では「悪くなる前に予防ケアする」という考えが広く浸透してきています。予防歯科とは、虫歯や歯周病にかかる前に定期的に受診し、健康な口腔内環境を整えることです。

虫歯や歯周病を予防するには口腔内の菌を減らすこと、そして口腔内の菌を減らすには、まずはご自宅でのブラッシングをしっかり行うことが大切です。食後にきちんとブラッシングを行うことで、虫歯や歯周病のリスクは格段に減らすことができます。ただし、正しい方法でブラッシングができていなかったり、歯と歯の隙間など歯ブラシが届かずみがき残しがあったりすると、虫歯や歯周病の発生原因である菌の塊・プラークは石のように硬くなり歯石に。こうなると、ブラッシングで取り除くことは不可能です。オートクレーブ滅菌

予防歯科では、ブラッシングでは取り除けない歯石や、歯ブラシが届かない箇所のプラークまできれいに取り除くことが可能です。また、正しいブラッシング方法を身につけることもできます。虫歯や歯周病を予防し健やかな口腔内環境を保つためにも、自分で行うセルフケアと歯科医院でのプロケアをきちんと実践しましょう。

 

予防歯科のメリット

ご自宅でのセルフケアに加え、定期的に歯科医院でプロケアを受けることで、以下のようなメリットが得られます。虫歯や歯周病になる前から定期検診に通い、お口の健康を維持しましょう。

お口の病気予防ができる

虫歯や歯周病の原因となるプラークや歯石は、ご自宅でのブラッシングだけではきれいに取り除けません。歯科医院での専門的なクリーニングを受けることで、プラークや歯石を取り除くことができ、虫歯や歯周病の発症を防げます。

 

早期治療が可能になる

口腔内にもし何か異変が起きても定期検診を受けていれば、早期発見、早期治療が可能になります。比較的軽度の段階で治療できるため簡単な処置で治療がすみ、治療にかかる費用も期間も抑えられます。

 根管長測定器

お口の中をスッキリ保てる

歯科医院で専門的なクリーニングを受けることで、プラークや歯石をきれいに取り除くことができお口の中がスッキリします。口臭の予防にもつながります。

 

PMTC

PMTCとは、歯科医師・歯科衛生士が行う専門的なクリーニングです。ブラッシングでは取り除けない歯と歯の間、歯と歯ぐきの間にこびりついたプラークや歯石を、専用器具を使って徹底的に取り除きます。最後に歯面をツルツルに磨き上げて、汚れの再付着を予防します。

毎日歯みがきをしていても、落としきれない汚れが残ってしまいます

予防歯科とは、むし歯や歯周病などお口まわりの病気にかかってから治療するのではなく、歯の病気にかからないように予防を行う診療科目です。

お家で毎日歯みがきをしていても、歯のトラブル予防には万全ではありません。普段の歯みがきでは、すべての汚れを落としきることが難しいのです。歯の健康を守るためには、予防歯科でプロによる予防・メンテナンス処置を受けることをおすすめします。

 歯科用バイブレーター

口と歯の健康は、全身の健康とつながっています

お口は臓器の入り口であり、全身の健康と深く関わりある器官です。このため、お口まわりや歯にトラブルが生じると、全身の疾患につながってしまうことがあります。

たとえば歯周病によって心筋こうそくや脳こうそくを引き起こしたり、糖尿病にかかりやすくなったり、低体重児出産を誘発したりなど、歯周病がさまざまな悪影響を及ぼすことがよく知られています。

また、生活習慣や食習慣に問題があることによって、お口の病気にかかりやすくなることもあります。生活習慣を改善し、口腔内環境を衛生的に保つことで、むし歯や歯周病を減らすことにつながるのです。

予防歯科で口腔内環境の改善を意識することは、全身の健康状態の改善にも役立ちます。健康な毎日を過ごすためにも、お口と歯の健康を保っていきましょう。

 

クリーニング

毎日歯みがきをしていても、落としきれない汚れが残ってしまいます。歯の表面やすき間に付着しているプラークや歯石、汚れ、食べかすを歯科衛生士が丁寧に除去していきます。きれいになった歯の状態を確認して、ご自身の歯みがき方法の改善にお役立てください。

 

PMTC

歯科医師や歯科衛生士などのプロフェッショナルが、専用の機器を用いて行う歯のクリーニングです。プラークだけでなく、表面に付着した軽い着色汚れやヤニまで除去できます。PMTCを行うと歯の表面がツルツルになるので、汚れが再付着しにくくなります。

 歯科用 ダイヤモンドバー

歯科予防に対する意識が高い欧米では、歯の定期健診を受けることが一般的です。たとえば日本では2%しか歯の定期健診を受けていないのに対して、アメリカでは80%、スウェーデンではなんと90%の人が受けています。

この差は、80歳になってからの残存歯数にあらわれています。スウェーデンでは約25本、アメリカでは約17本の歯が残っているのに対し、日本人の場合、わずか約8本しか残っていないという結果があるのです。しっかり咬むためには20本の歯が必要といわれているなかで、とても少ないことがわかるでしょう。

「むし歯や歯周病になったら歯科医院へ行けばよい」という考えでは、歯を残すことは困難です。入れ歯やインプラントに頼らず、ご自身の歯でおいしく食事できるように、歯の健康に対する意識を高めて、定期健診を受けるようにしましょう。

 

歯周病は、プラーク(歯垢)の内部に潜む歯周病菌が歯周組織に炎症を引き起こすお口の病気です

歯周病は「日本人の国民病」とも言われており、成人の約80%が罹患している、もしくは予備軍であると考えられています。
高齢者がかかる病気だと思われがちですが、近年は10代や20代といった若年層が歯周病を発症するケースも増えています。歯周病のリスクが高まるのは、免疫力が低下しはじめる30代からです。30代以上の成人は、歯周病についてしっかり考えておく必要があると言えます。歯周病は、再発リスクが非常に高いお口の感染症です。重症化した状態の歯周病は「歯槽膿漏(しそうのうろう)」とも呼ばれますが、現在では軽度の炎症(歯肉炎)から歯槽膿漏までのすべての段階をひとくくりにして「歯周病」と呼んでいます。

超音波スケーラー価格

歯周病は、プラーク(歯垢)の内部に潜む歯周病菌が歯周組織に炎症を引き起こすお口の病気です。ほとんど自覚症状がないまま進行していくという特徴から、サイレント・ディジーズ(沈黙の病気)とも呼ばれます。はじめのうちはブラッシング時に歯ぐきから血が出る歯肉炎になり、少しずつ顎の骨が溶かされていく歯周炎となり、最終的には支えを失った歯が抜け落ちてしまうこともあります。

口臭や歯ぐきの出血・腫れなどが気になっていませんか?
歯周病は日本人が歯を失う原因の第1位でもあります。歯を失ってしまうとさまざまな不都合が生じ、生活の質が著しく低下してしまうことがわかっています。原因とメカニズムがわかっている歯周病は予防できる病気です。早い段階から適切なケアを行い、歯を失わないように努めましょう。

 歯科技工 機器

歯周病菌はプラークの中で増殖するため、毎日のブラッシングと補助的清掃器具(デンタルフロスなど)でプラークをしっかりと落とす必要があります。しかし、どんなに丁寧にブラッシングやフロスを行っても、完璧にプラークを取り除くことはできません。プラークが蓄積して石灰化したものが歯石です。歯石自体に歯周病菌が潜んでいることはありませんが、表面がザラザラした歯石にはヌルヌルしたプラークが付着しやすく、歯石ができるとプラークを大量に招きやすくなるので、歯周病菌が増えて歯周病が発症・進行しやすくなってしまいます。毎日のブラッシングとデンタルフロスなどとのセルフケアと併せて、定期的に歯科医院でのプロケアを受けることで予防することができます。

歯肉炎歯肉炎は、歯肉からの出血で自覚することが多い病気です。歯ぐきにのみ炎症が起きはじめ、歯周ポケットに歯垢が溜まっています。セルフケアとPMTCで完治できます。

軽度歯周病

歯垢が歯石になると、セルフケア(日々の歯みがき)での除去はできなくなります。歯ぐきの炎症がより強くなり色が赤みを帯びてきますが、この時点ではまだ痛みなどの自覚症状はほとんどありません。歯周ポケットは34mm程度です。

中等度歯周病

歯ぐきの腫れや出血が、自覚できるほどひどくなります。歯周ポケットは46mm程度。ときどき歯が浮いた感じや噛んだときの違和感、痛みがあります。失われた骨が回復することは困難です。

重度歯周病

痛くて噛めない、動揺して噛めないという自覚症状があります。治癒も望めず、骨がなくなるので入れ歯も安定しなくなります。ここまで進んでしまうと完治させるには時間がかかり、とても困難です。歯を保存するために歯周外科手術や再生療法を行いますが、残念ながら抜歯となる場合もあります。

歯周病は自覚症状が出るころには中等度~重度に進行している場合があります。

歯周病になっていないか自分でチェックしてみましょう

歯周病は自覚症状が出るころには中等度~重度に進行している場合があります。

歯科器具中古販売

下記の項目にあてはまらないか今すぐチェック!

歯みがきをすると歯茎から出血する

歯をみがくたびに歯茎から血が出るのは、「歯周病」の初期症状、「歯肉炎」かもしれません。
「歯肉炎」は炎症が歯茎だけにとどまっている状態です。
そのまま放っておくと歯茎の中の骨にまで炎症が進んで「歯周病」になってしまいます。

歯茎が赤く腫れている

歯茎が赤く腫れているのも歯周病の初期症状「歯肉炎」の可能性があります。
健康的な歯茎は薄いピンク色をしており、キュッと引き締まっています。

朝起きた時、口の中がネバネバする

口の中がネバネバするのは、唾液の分泌量が減っているからです。
唾液の量が減ると、口の中のバイ菌の活動が活発になりますので、歯周病にかかりやすい状態だといえます。

硬い物を噛むと痛い

歯周病は、口の中のバイ菌が毒素を出し、歯茎の中の骨にまで炎症が広がった状態です。
いわば、歯の土台となる骨が炎症を起こしているのですから、硬い物を噛める状態ではなくなります。
硬い物が噛めないと感じられたら、歯周病を疑ってみましょう。

歯が浮いた感じがする

歯周病が進むと、バイ菌によって歯茎の中の骨が溶け、歯が浮いたように感じることがあります。
そのまま放っておくと、歯がグラグラしたり自然に抜け落ちたりしますので、早めに歯医者で診てもらうことをおすすめします。

口臭が強くなったまたは口臭があると言われる

丁寧に歯を磨いていても口臭が取れない人は歯周病の疑いがあります。
歯周病にかかると口の中で菌がガスを発生させます。
このガスのニオイは大変不快感を与えると言われています。

歯科レントゲン

歯茎から膿が出る

歯周病にかかると、歯の周りの骨が溶けて歯周ポケットが深くなり、そこに膿が溜まりやすくなります。
膿は細菌と戦った白血球などの死骸です。

何度か同じ場所の歯茎が腫れたことがある

繰り返し同じ場所の歯茎が腫れるのは、そこに歯石がたまって歯周病になっている可能性があります。
疲れたり抵抗力が落ちている時に症状が出ることが多いです。

根っこが露出して歯が長くなった

歯周病が進むと歯茎が痩せて下がり、歯の長さが長くなったように感じることがあります。歯周病菌が歯周ポケット入ると、歯茎の中の骨を溶かすため歯茎が後退します。

歯がぐらぐらする歯周病菌が歯茎の中に入ると、歯の土台を支える骨が溶かされ歯がぐらぐらしてきます。放っておくと、歯を抜かなければならなくなったり、自然に抜けてしまう場合もあります。

歯を綺麗にされたい患者さんの希望を叶えるのが「審美歯科」です。

白くて綺麗な歯が
美しく明るい印象を与えます。

あなたが笑う時、おもいっきり笑顔が出せますか??

鏡でご自身のお口の中を見た時に何か理想の自分と違いませんか?

口元はその人の印象にとても深く関係しており、歯が白くて綺麗だとその人が美しくて明るいイメージを与えます。

理想の自分になれるように、より美しく、より自然に治療してもらいたい!

人前で自信をもって笑いたい!

歯並びを綺麗な歯並びにしたい!

若々しく綺麗な歯に戻したい!

銀歯を白くしたい!

今より、もっと綺麗で美しい歯を手に入れたい!

歯を綺麗にされたい患者さんの希望を叶えるのが「審美歯科」です。

 高速滅菌器

セラミックでの治療

セラミックで治す治療では、もともとあった歯と同じ色調、質感のセラミックで治す治療方法です。虫歯治療だけでなく、変色している歯の治療、歯並びの改善、金属で修復した部分を白くしたい時などにも行います。

セラミックの特徴

1、体にやさしい

金属を使用しないので、金属アレルギーの心配はありません。

2、変色しにくい

セラミックは「入れたときは白かったのに、いつの間にか黄色くなった。」ということがほとんどありません。

3、1人1人に合った色調が出せる

肌の色が人によって違うように、歯の色にも個性があります。
セラミックは1人1人の歯の色に合わせて理想的な色を再現できます

メタルボンド(セラミック治療)

金属のフレームにセラミックを貼り付けた、かぶせ物です。
審美性に優れ、天然歯と変わらない色調を再現できます。

 電気歯髄診断器

オールセラミック(セラミック治療)

従来のメタルボンドと違い、フレーム自体も金属を全く使用しない文字通り「すべてセラミック」で作製された、かぶせ物です。
フレームに金属を使用しないため、光を透過し、自然な透明感が得られることから審美性に最も優れた治療法といえるでしょう。
また生体親和性に優れ、金属アレルギーのある方にも安心して使用していただくこと

 

すでにかぶせた歯が装着されている場合は、再びセラミックの歯でかぶせて治します

セラミック(陶材)って?
歯は個人個人で形や色がかなり異なります。周囲の歯と同じに見せるには独自の色を使用して合わせることが可能です(白過ぎればその歯が治療した歯であることがすぐわかってしまいます。ただ白くすればよいというものではありません)。何年経ってもセラミックの歯は変色しません。以前は歯肉が黒ずむようなこともありましたが、現在は歯を精密に削ることでそのようなことはほとんどありません。金属・プラスチックの歯や詰め物とちがって、天然の歯と見分けがつきません。(透明感など・・・)

歯科用 ダイヤモンドバー

プラスチック(レジン)よりも表面がツルツルしていてプラークが付きにくいです。
奥歯の噛み合う面の山・谷・溝などが、天然の歯と同じようにできていて、噛みごたえや装着感に違和感がほとんどありません。歯に詰めるタイプのもの、歯にかぶせるもの、付け爪のようなラミネートベニア、ブリッジタイプのもの、オールセラミック(全く金属を使用しないもの)のものがあります。

 

どの歯がセラミックの歯かわかりますか?

適応症は?
前歯などにすでにかぶせた歯が装着されていたり、または大きく詰め物がしてあり気になる場合。
隣の歯が治療を受けていない前歯など特にお勧めしたいです奥歯の銀や金の金属のかぶせた歯や詰めた歯が気になる場合。特に下の奥歯は目立ちますのでお勧めしたいです。
歯並びが悪いが、矯正はしたくないという場合も適応になる場合があります。

どのようにするの?
すでにかぶせた歯が装着されている場合は、再びセラミックの歯でかぶせて治します。大きな詰め物がしてある場合も、かぶせて治す場合が多いですが、ラミネートベニヤといって歯の表側だけを削って、つけ爪のようにセラミックの歯を貼り付ける方法もあります。

治療中に歯がないなど、見た目に問題はないの?
治療の期間だけ使用するテンポラリークラウン(プラスチックの白い歯)を装着していただきますので、周囲の人に気づかれることはありません。

歯科診療用ユニット

期間はどれくらいかかるの?
実際の治療は1歯の場合、約3回(根の治療が必要な場合プラス2〜3回)です。しかし、最初に診断したり、患者さんにご説明したり、治療後のチェックなどを含めますと実際に患者さんのご来院していただく回数は増えます。

料金はどれくらいかかるの?
1歯97,200円〜162,000円かかります。(保証あります)
部位、セラミックの種類によって異なります。
お問い合わせ下さい。クレジットカードもご利用いただけます。

歯周病は自覚がなくても、静かに進行する点にも注意が必要です

歯茎や歯槽骨などを、合わせて歯周組織と呼びます。歯周病は、歯茎と歯の間に歯垢が溜まり、やがて歯石となり、歯周ポケットを形成することで歯周組織に炎症を起こすのです。この歯周ポケットがどんどん深くなっていくと、歯がぐらつき始めます。ブラッシングで出血する、歯茎が腫れる、膿が出るなどの症状が見られれば、すでにかなり歯周病が進行しているかもしれません。

 ニッケルチタンファイル

歯周病は自覚がなくても、静かに進行する点にも注意が必要です。進み方は非常に遅く、また初期には痛みも違和感もほとんどないために、自分では気付かないことがほとんどです。また、食習慣の変化により、今では子どもにも広がっていると言われています。

 

PMTCProfessional Mechanical Tooth Cleaning

歯科医院で行う歯のお手入れを「PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)」と言います。歯垢を落とす専用の器材や研磨剤でクリーニングするので、患者さん自身のブラッシングでどうしても落としきれない歯垢もきちんと落とせます。

 

定期検診

治療が終わってからも、定期的に検診を受けることにより、小さなむし歯や自覚症状の出ていない歯周病などの発見が早くなります。いつまでも健康なお口を保つために、定期検診はぜひお受けください.歯科検診で重い病気の症状が早期に発見されることもあります。

 研磨用ポイント

唾液検診

同じように食べている家族の中にも、むし歯になりやすい人となりにくい人がいることは、どなたも感じられることでしょう。むし歯になりやすい人は、お口の中が酸性に傾いているのかもしれません。pH試験紙でどれぐらい酸性度が強いかを確認します。これに加えて、カウンセリングにより、お食事の内容や回数などからむし歯のなりやすさを総合的に診断したうえで、予防のための診断計画を立てていきます。

 

 

ブラッシング指導

健康に暮らしていれば、誰もが毎日歯を使っています。ご自宅で行う歯磨きは予防の要です。当院では歯ブラシの当て方・動かし方など患者さん一人ひとりのお口に最適なブラッシング指導を行い、きちんと磨けているかどうかをチェックしていきます。

 

歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の境目が深くなればなるほど、歯周病は進行しています

予防歯科とは、むし歯になってから治療するのではなく「痛くなる前に予防する」という考え方です。そのためには、歯科医院でのプロフェッショナルケアと、自宅で行うセルフケアが大切です。セルフケアだけでは、歯垢や歯石を完全に取り除くことができません。歯科医院で、定期的にPMTCや口腔内診査などの検診を受けていただき、むし歯や歯周病にならない健康な歯を維持していきましょう。

 オートクレープ

予防歯科で行う内容

歯周チェック

歯周ポケットと呼ばれる歯と歯茎の境目が深くなればなるほど、歯周病は進行しています。健康な状態の歯茎では、歯周ポケットの深さは12ミリですが、歯周病が進行していると6ミリ以上になることもあります。

また、歯周チェック時に出血が見られたり汚れが付着したりするのは、お口の状態が良くない証拠です。歯周ポケットの深さを調べることで、ある程度お口の健康状態を把握することができることから、当院では初診時に歯周チェックを行っています。

 

スケーリング

スケーリングとは、歯や歯根の表面に付着した歯垢や歯石を除去することです。歯石はカチカチに固まっているため、普段のブラッシングでは落とすことができません。歯科衛生士がスケーラーと呼ばれる専用の器具を使用して、歯から汚れを剥がすように歯石を落として綺麗にしていきます。

 

SRP・クリーニング

歯周病が進行している場合はSRPを、問題ないと判断した場合はクリーニングを行います。SRPとは、スケーリングでは取りきれない歯根や歯周ポケットに入り込んだ歯石などを、専用の器具にて搔き出す方法です。見えない部分の汚れが綺麗になったら、あとは歯科専用の歯みがき剤を用いてクリーニングを行い、ツルツルの白い歯に仕上げます。

 

予防歯科の先進国スウェーデンでは、定期的に歯科医院でメンテナンスを受けている人の割合が90%あるのに対して、われわれ日本人はわずか2%だけです。

その違いが、70歳におけて歯が何本残っているかに表れてきます。

スウェーデンでは1人平均20本残っているのに対して、日本人は平均8本だけです。8本というと上あごに4歯と下あごに4歯ということになり、4歯ずつでは当然食べ物をおいしく噛むことができないため、入れ歯やインプラントといった人工物を使うことになります。

 マイクロモーター ハンドピース

おいしく食事をとれない上に、治療を繰り返すことで治療費もかさむことになり、悪循環になります。お口の病は今、心臓病や糖尿病、肺炎など全身疾患にも関与していることが解明されてきていますので、お身体の健康を維持するためにもお口の健康は大事なことなのです。

 

PMTCとは、専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングのことです。

痛くなる前の予防が大切!
これまで歯医者へは「歯が痛くなってから行く」という方が多かったのではないでしょうか?確かに歯医者では痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。歯は一度削ってしまったら、もう元には戻せません。近年は虫歯や歯周病にならないための予防歯科が重視されています。ずっと健康な歯を保つためにも、虫歯治療によるダメージを歯に与える前のケアが大切です。

虫歯の原因はバイオフィルム

 歯科用サクション

歯と歯の間や歯と歯茎の境目には、日々の歯磨きでは落とすことが難しい細かな汚れが残ってしまいます。この汚れに住み着いた細菌の塊をバイオフィルムといいます。このバイオフィルムを放っておくと虫歯や歯周病、口臭、全身のさまざまな病気の原因となってしまいます。またバイオフィルムが歯の表面に形成されてしまうと、抗菌剤やフッ素化合物などの効果が十分に期待されなくなります。

 

PMTC

プロによる徹底的なクリーニング「PMTC
PMTCとは、専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングのことです。
毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、虫歯や歯周病を防ぎます。どんなに毎日丁寧に磨いていても、歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)には歯ブラシが届かない箇所ができてしまうため、磨き残しが出てしまいます。PMTCを行うことで、自身では取り除けない汚れを除去し口腔内を清潔に保つことができます。

 歯科ユニットテーブル

定期健診でしっかり予防を行いましょう

今や歯科医療の主流は、「治療」から「予防」になりつつあります。悪くなってしまったところを治療するのはもちろん大切なのですが、それだけでは「悪くなっては治療し、また悪くなっては治療し」の繰り返しになってしまい、健康な歯がどんどん少なくなってしまいます。

大切なのは「これ以上お口の健康が損なわれないような口腔環境をつくること」なのです。
近年、お口の健康が身体の健康につながっていることが、証明されてきました。現在痛みを感じている方はもちろん、そうでない方も定期的にチェックして頂く事をオススメしております。

糖類を多く含む甘い物を食べることで、歯垢の付き方が何倍にもなるという報告があります

13回、食後できれば3分以内に3分間歯磨きをすることで、歯周病の最大原因である歯垢を除去することができます。奥の歯から2本ずつを目安に全部の歯をていねいにブラッシングしましょう。歯垢が取れにくい歯と歯ぐきの間は、歯ブラシを少し斜めにして小刻みに動かすと歯垢が取り除けます。加えて1日の最後にデンタルフロスで歯と歯の間を掃除すると、より一層歯周病を遠ざけることができます。

歯科用マイクロスコープ

2良く噛んで、唾液の分泌を多くする

唾液は、食べ物のかすを洗浄したり、口の中の細菌を浄化するなど重要な働きをしています。唾液の分泌が多い子どもが歯周病になりにくいといわれているのも、この働きによるものです。唾液の分泌を増やすには、日頃から良く噛んで食べる習慣が大切です。また、噛み応えがあり自然と唾液の量が増える玄米や豚もも肉、牛もも肉、小魚や生野菜などの食品を意識してとることをおすすめします。

3甘い物を食べた後は、すぐにケアをする

糖類を多く含む甘い物を食べることで、歯垢の付き方が何倍にもなるという報告があります。しかし、食べた直後に水やお茶を飲んで食べカスを胃に送り、なるべく早い時間に歯磨きをすることで歯垢を防ぐことができます。好きなものを我慢してストレスを溜めてしまうよりは、食べてケアをすることを心がけるといいでしょう。

4禁煙をする

タバコを吸う人は歯周病にかかりやすいだけではなく、歯周病の進行速度も速くなり、その上治療をしても治りにくいこともわかっています。自分の歯で一生食事をするためにも、禁煙にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

マイクロモーター 販売

5ビタミンCを積極的にとる

ビタミンCを積極的にとることで、歯ぐきを丈夫にすることができます。ビタミンCはレモン、グレープフルーツ、じゃがいも、チンゲン菜などに多く含まれています。ビタミンCを食品だけでとるのはなかなか難しいので、ビタミンCが含まれているサプリメントなどで補給することもおすすめです。

6歯科医で定期的に歯垢を取る

歯垢がきちんととれているか、毎年定期的な歯の検診をすることが大切です。歯垢が固まると歯石になり、歯磨きでは除去できなくなります。とくに歯並びや噛み合わせが悪く、なかなか歯垢が取れない場所があるようなときは、歯科医で定期的なメンテナンスを受け、歯垢や歯石を取り除きましょう。最近では痛くない歯石除去の方法もありますので、歯科医に相談してみましょう。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>