猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:176745
Today:76
Yesterday:159
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
人間は誰でも美しさや健康を求めるものです

審美歯科治療とは、美しさに焦点を当てた総合的な歯科医療分野のことです。歯には機能的な側面と、審美的な側面があり、ともに健康に関しては重要な要素であります。 
審美歯科治療には様々な治療法があり、歯列矯正、ホワイトニング、セラミックによる白い詰め物や被せ物、ラミネートベニア法などがあります。 
人間は誰でも美しさや健康を求めるものです。あなたも審美歯科治療を利用し、美しい白い歯と機能的な健康な歯を手に入れてみませんか?

 ハンドピース

輝く白い歯にすること 
歯を白くすることは、その人の印象に大きく関わることです。タバコのヤニで歯が黒ずんでいる人よりも、白く綺麗な歯の人の方が好印象とされます。歯が汚れで黒ずんでいる人はクリーニングやホワイトニングで白くきれいな歯を手に入れましょう。また、歯が欠けていたり、銀の被せ物が気になる人はセラミックの素材を使用すると良いでしょう。

・整った歯並びにすること 
笑いたくても歯並びが悪いと、大きく口をあけて笑えません。歯並びを整えることによってコンプレックスを解消しましょう。

・きれいな歯ぐきにすること
せっかく白く綺麗な歯にしても黒ずんだ歯ぐきや歯ぐきのラインが整ってないと見た目が半減してしまいます。白く綺麗な歯にするには歯ぐき色やラインも重要になります。

 

金属を使わないで、身体にやさしいメタルフリー治療とは、銀歯などの金属を使わないで、オールセラミックやジルコニアなどのノンメタルの素材を使って治療をすることです。これにより金属アレルギーや金属イオンによる歯ぐきの黒ずみが解消されます。また、見た目も金属を使用しないので、白く天然歯に近い自然な仕上がりを得ることができます。今後の歯科治療は金属の治療から金属を使用しないメタルフリーの治療がスタンダードとなっていくと言われています。私どもおかむら歯科でもメタルフリーの治療を行っておりますので、ご興味がある方はお気軽にご相談ください。

歯科 鉗子

審美歯科治療は非常に繊細な技術を要しますので、ドクターと歯科技工士の腕と経験がものをいう治療となります。

患者様にとっては単に「白い詰め物・被せ物」を入れるだけだと思われるかもしれませんが、それは違います。

口元の美を獲得するための最低条件は、「いかに天然歯と見分けがつかない歯が作れるか」です。白い歯を作ればいいというものではありません。その歯がお口に入った時に違和感がなく、全体との色合い・形が調和して初めて「美」の獲得ができるのです。
「人工物」と他人に見破られてしまったら、我々の敗北です。

審美歯科治療の成功・不成功のカギを握るのは、見えるところだけではなく、見えないところにもいかにこだわれるか。
これがポイントです。

セラミックなどを使って白く美しくする治療は多くの医院で行っていますが、「美しさとともに機能性も必要」と考えます

審美歯科とは、一般的な健康保険での治療の目的「必要最小限の機能を修復させる」ではでなく、「見た目の美しさを重視した治療」が目的です。はつかわ歯科・矯正歯科クリニックでは、これに基づいた単に歯を白くキレイにするだけでなく、歯の色・形・艶などの美しさを考えながら歯や歯ぐき・噛み合わせの機能を回復する「審美治療」も提供しています。
ハンドピース
セラミックなどを使って白く美しくする治療は多くの医院で行っていますが、「美しさとともに機能性も必要」と考えます。セラミックやハイブリッド(複合素材)などを使用しながら、お口全体のバランスを考えながら機能性も兼ね備えた審美治療を提供します。
たとえば、オールセラミックは金属アレルギーの防止に効果がありますし、メタルボンド歯は丈夫で長く使っても変色しません。ゴールドは適合性に優れ天然歯と近い硬さで対合歯(噛み合う歯)を傷めません。

これらの治療は、ほとんどが健康保険外の治療(自費治療)となりますので、治療を希望される患者さんのご意見をしっかりとお聞きしながら治療を進めていきます。歯の白さや歯並びといった、美しさに焦点を当てた歯科医療全体を指す言葉が審美歯科です。歯の機能を修復するだけでなく「銀歯が目立って気になる」「きれいな歯で笑顔に自信を持ちたい」というさまざまな悩みに対応した素材や治療方法が登場し「歯の美容整形」とも言われています。

 

機能が前提の審美治療

ただし、きれいに見せるためだけに、健康な歯を削ったり抜いたりすることは、あまりお勧めできません。どんなに美しい人工物であっても、天然の歯に勝るものはありません。そのため当院では、審美歯科においても、できる限り自分の歯を残すことを念頭において取り組んでいます。

また、咀しゃく力(噛む力)の高さや長持ちするといった機能性はもちろん大切ですが、見た目の美しさも軽視することはできません。重要なのは、全体のトータルバランスです。白さだけでもなく、機能性だけでもない「トータル美」を目指して、患者様に最適な治療をご提案しています。

 マイクロモーター

本当の審美は奥歯から始まります

「歯の見た目の美しさ」というと、目立つのは前歯を中心とした前方ですが、前歯をきれいに整えるには、実は「奥歯がしっかり整っていること」が大切です。奥歯が低くなると前歯の噛み合わせが深くなり過ぎてしまいますが、奥歯がしっかりしていると前歯の位置が正常となるのです。

 

また、奥歯がしっかりしていないと、顎関節症の原因となってしまうため、歯軸方向に噛む力が伝わるように、「土台」となる奥歯を整えることが重要です。そういったことから、前歯を治療するときでも、実は奥歯にも注意が必要なのです。ただし、奥歯から全体を持ち上げるには、時間や費用もかかります。前歯だけの審美治療のはずが、矯正を含めた全体の治療が必要になることもありますので、そのままの高さで調整していくケースもあります。患者様のご希望に沿ってケースバイケースで対応しますので、遠慮なくご希望をお聞かせください。

・身体に優しい素材で、金属アレルギーの心配がありません。

審美歯科とは、歯の白さや、歯並びといった、歯の美しさに焦点をあてた歯科治療です。最近では、気軽に白くて健康的な歯を手に入れられることから、「歯の美容整形」ともいわれています。当院が特に力を入れているのは、「いかに天然の歯に近い治療を提供できるか?」ということ。審美歯科治療では、補綴物(被せ物や詰め物)の仕上がりが、見た目の美しさを左右します。そのため、当院の審美歯科では、ドクターと患者さまが納得するまで色や形の調整を行います。ときには技工士に作り直しを依頼することも。歯科医療のプロフェッショナルとして、納得できる補綴物を提供するために、決して妥協はいたしません。

このページでは当院の審美歯科治療・ホワイトニングについてご紹介します。

 マイクロスコープ 歯科

<審美歯科はこんな方にオススメ>
・歯を白くしたい
・歯の形が気になっている
・銀歯が気になっている
・短期間で歯並びを整えたい

 

セラミック製の人工歯や詰め物を用いた治療で、銀歯や銀の詰め物、小規模の不正咬合や色素沈着など、審美的な問題を解決したい場合に用います。とても白く美しい歯にすることができます。

 

<オールセラミックのメリット>

・身体に優しい素材で、金属アレルギーの心配がありません。
 セラミックは、耐久性と強度に優れた陶材です。

 ※オールセラミックの場合、金属でないため、金属アレルギーの心配がありません。

 

・自然の歯に近いまたは自然の歯よりも美しさが得られます。
 光の透過性に優れたオールセラミックは、治療した歯の透明感のある美しさを実現できます。
 将来的にも、金属の溶出による歯茎に変色などの心配がございません。
 特に見た目の気になる前歯の治療に適しております。

 ※オールセラミック治療の場合、裏側まですべてセラミックを用いるため、驚くほど自然に仕上がります。

 

・人体への安全性の高い素材です。
 人体に対する安全性(生体親和性)もセラミックの特徴で、
 整形外科領域では人工関節の材料として活用されています。

 超音波スケーラー

・プラークが付きにくい。
 表面が滑らかなので、プラークや細菌の付着が少ないのも特徴です。

<オールセラミックのデメリット>

・保険診療での自己負担金より治療費が多くかかる。
・1回の治療時間が長くかかる場合がある

 

審美歯科では、歯そのものを美しくするのはもちろんのこと、歯並びとお顔の調和、歯本来の機能を考えた治療を行っています

審美歯科とは、美しく健康的な白い歯や歯肉をつくることを目的とした治療を行う科です。
虫歯や歯周病といった病気を治療することを目的とした、一般歯科治療とは異なります。
審美歯科と聞くと、歯の見た目の美しさを追求する特別な治療といった想像されるかもしれません。

 歯科 通販

審美歯科では、歯そのものを美しくするのはもちろんのこと、歯並びとお顔の調和、歯本来の機能を考えた治療を行っています。優れた審美歯科技術により歯を白くしたい、歯の大きさを整えたい、歯並びをキレイにしたい、治療の銀歯を白くしたいなどのご要望にお応えしておりますので、お気軽にご相談ください。

 

歯は食物を咀嚼したり話したりなどといった機能的な側面と、見た目の美しさといった審美的な側面があり、心身の健康に関してどちらも非常に重要な役割を持っています。
物がしっかり噛めても、歯が気になってニコッと笑えないのでは、心が健康であるとは言えませんね。

 

そこで審美歯科治療とは、噛むといった機能面の向上を見据えながら、積極的に美しい歯を手に入れようという診療です。つまり、美しくかつ健康的な歯や歯肉を作ることを目的としています。では、具体的にはどのような治療法があるのかご紹介します。

 

インレー〔歯の白い詰め物〕

インレーとは、セラミックの白色の詰め物による審美歯科治療のことです。比較的小さい虫歯など、健全な歯質部分が多く残っている場合に行います。この治療のメリットは、歯を削る部分が少ないこと、残っている歯の色と同じ色の詰め物が出来るので、金属の詰め物のように見た目を損ねることがないことです。また、金属を使用していないので、金属アレルギーの方にも適しています。

 ハンドピース

クラウン〔歯の白いかぶせ物〕

クラウンとは、歯の全体を薄く削り、その上にセラミックの冠(クラウン)を被せる審美

歯科治療のことです。セラミックのみでクラウンを作る治療法と、セラミックの内面に金属を使う治療法(メタルボンド)があり、それぞれ歯の状態や患者様のご希望によりどちらで治療するか選びます。クラウンは、虫歯などで失われた部分が多い場合に行います。かない歯科クリニックでは見た目が美しいだけでなく、お体にも優しい歯科材料での歯科治療をお勧めしております。

歯に大きな穴が開いていたり、歯並びを綺麗にしたい方

古来から明眸皓歯と言われるように明るい瞳と白い歯は美人の代名詞でした。

一昔前には「芸能人は歯が命」というキャッチコピーもありました。審美歯科は簡単にいうと、歯の美容整形です。咀嚼や発音などの機能性の回復にプラスして見た目の美しさを追求した歯科治療を指します。

 マイクロモーター

【ラミネートベニア】前歯の表面の著しい変色やプラスチックの詰め物の変色、すきっ歯などの歯の形態を治したい場合には、歯の表面を一層だけ削ってつけ爪のような薄いシェルを貼り付けるラミネートベニア法を行ないます。

 

歯を白くするだけでなく、セラミックのシェルの大きさを調整することによって気になっている歯の形や歯並びを修正することが可能です。材質はセラミックなので汚れがつきにくく、歯茎にも優しく変色する心配がありません。

 

歯に大きな穴が開いていたり、歯並びを綺麗にしたい方

【セラミッククラウン】虫歯がひどくて歯に大きな穴が開いてしまっていたり、虫歯が神経まで到達していて神経を取り除いてしまった時、また歯並びをきれいにする時の治療がセラミッククラウン法です。

 

ラミネートベニアやセラミックインレーとは違い、歯を少し削りその上からセラミックスの歯を被せます。後述するオールセラミッククラウンとは違い裏側に金属を設置するメタルボンドと呼ばれるタイプです。

 歯科 超音波スケーラー

とくかく歯を綺麗にしたい方

【オールセラミッククラウン】オールセラミッククラウン法は、金属を一切使用しないセラミックオンリーの被せ物なので金属アレルギーをお持ちの方でも安心です。神経をとった場合の人工の土台も、金属を使用せず、白いグラスファイバーを使用します。

 

セラミッククラウン法では被せ物の内面に金属を使用しますが、この方法は金属を一切使用しないために、光の透過度が高く、セラミッククラウンよりもさらに美しい仕上がりとなります。より審美性を求められる前歯の部分では、この方法が最も適しているといえます。

プロによる徹底的なクリーニング「PMTC」PMTCとは、専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングのことです

これまで歯医者へは「歯が痛くなってから行く」という方が多かったのではないでしょうか?確かに歯医者では痛みの原因を根本から取り除いてくれますが、少なからず歯の寿命を縮めてしまいます。

歯は一度削ってしまったら、もう元には戻せません。近年は虫歯や歯周病にならないための予防歯科が重視されています。ずっと健康な歯を保つためにも、虫歯になり治療によるダメージを歯に与える前のケアを心がけることが大切です。

 歯科材料 通販

虫歯の原因はバイオフィルム

歯間や歯と歯茎の境目には、歯ブラシでは落とすことの難しい細かな汚れが残っています。このネバネバした汚れをバイオフィルムといいます。バイオフィルムには、バイ菌が住みつき、放っておくと虫歯や歯周病、口臭、全身のさまざまな病気の原因となってしまいます。バイオフィルムが形成されると、抗菌剤やフッ素化合物などの薬剤が歯の表面まで到達しない為、十分な効果が期待されなくなります。

 

歯科医院で受けられるプロのお掃除

プロによる徹底的なクリーニング「PMTCPMTCとは、専用の器具を用いて行うプロによる歯のクリーニングのことです。毎日のブラッシングで落としきれなかった汚れを完全に除去し、虫歯や歯周病を防ぎます。どんなに毎日丁寧に磨いていても、歯と歯ぐきの隙間(歯周ポケット)には歯ブラシが届かない箇所ができてしまうため、磨き残しが出てしまいます。PMTCを行うことで、自身では取り除けない汚れを除去し口腔内を清潔に保つことができます。

 

定期健診でしっかり予防を行いましょう

今や歯科医療の主流は、「治療」から「予防」になりつつあります。悪くなってしまったところを治療するのはもちろん大切なのですが、それだけでは「悪くなっては治療し、また悪くなっては治療し」の繰り返しになってしまい、健康な歯がどんどん少なくなってしまいます。大切なのは「これ以上お口の健康が損なわれないような口腔環境をつくること」なのです。現在お痛みを感じている方はもちろん、そうでない方も定期的にチェックして頂く事をオススメしております。

 口腔内カメラ

虫歯予防のお話

いつもお口の中に食べ物が入っている状態は虫歯菌の思うつツボです。虫歯にならないためにも食事と食事の間にお口の中を休める必要があるのです。食べたり飲んだりすると、お口の中が酸性に傾いて歯が溶け始めます。虫歯菌にとってこの酸性の環境は住み心地がいいのです。それでも虫歯になるとは限らないのは、「唾液」が酸を洗い流し、中和して溶け出した歯の表面を元に戻してくれているからです。食事のたびにお口の環境が虫歯菌危険ゾーンに下がりますが、唾液により健康ゾーンに戻ります。リズムある食生活をしていると、お口の中が健康ゾーンでいる時間が長くなり、虫歯の危険は低くなります。

見た目もきれいでツルツルになるのでスッキリします

虫歯や歯周病に罹患しても悪化しなければ自覚症状が現れず、それらが進行してからでは治療時間や費用を多く費やすだけでなく、一生大事にしていかなければならない歯を失う可能性もあります。また、近年では歯周病と全身疾患(高血圧・糖尿病・心臓病)との関連性も示唆されています。定期受診とは、虫歯や歯周病にならないために、定期的に予防治療やメンテナンスを実施し、自分の口の健康を自分で管理していくということです。

 歯科 超音波スケーラー

毎日毎食後にきれいに歯みがきをしていても、どうしても歯ブラシが届かずに歯ぐきの溝や歯間に磨き残しができ、虫歯や歯周病の原因となるバイオフィルム(細菌の塊)や歯石となります。それらを除去するために、定期受診時に歯科医師や歯科衛生士が専門機器を使ってPMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)を行い、徹底的にクリーニングします。

 

お口の中を細菌の少ない状態に保つことで、虫歯や歯周病を予防するのです。見た目もきれいでツルツルになるのでスッキリします。義歯も専用の機器を使用して清掃や消毒をしますので、気持ちよく使用していただけます。仕上げには虫歯予防のフッ素塗布を行います。フッ素は虫歯に強い歯を作る性質を持っており、定期的に歯に塗布することで歯質を強化し、虫歯になりにくくなる効果があるとされています。

 

特に「生えたての乳歯」や「生えたての永久歯」は、歯の質が弱く虫歯になりやすいため、年に3~4回フッ素塗布を行うことで予防効果を大きく期待できます。ホームケアの基本として、TBI(ブラッシング指導)や義歯清掃の指導も行います。虫歯や歯周病の防止や義歯を快適な状態に保つには、患者さん自身による毎日のホームケアがとても重要ですので、自己流ではなく、患者さん一人ひとりに合った 正しいお手入れの仕方を丁寧に分かりやすく指導します。その他にも定期受診時の口腔状態に合わせた適切な処置を行いす。

将来の健康投資と考えて、定期的に受診することをお勧めします。

 歯科 ユニット

PMTC

より徹底的にお口の中を綺麗にしたいという方にはPMTCがオススメです!PMTCは虫歯・歯槽膿漏を未然に防ぐ効果的な方法です。『毎日、歯を一生懸命磨いているのに、どうして虫歯や歯槽膿漏になってしまうの?』と思っていませんか?それは、歯の表面についているプラークが完全に除去できないことから起こるのです。24時間以内に歯に付着しているプラークを完全に除去すれば、虫歯や歯槽膿漏になることはありません。ご自分で磨いているつもりでも、磨けていないのが虫歯や歯槽膿漏になる原因です。うまくプラークが取れない方は歯科医院のPMTCを受けてください。歯肉に炎症がある人や歯槽膿漏に方は、特にこの方法が効果的です。

歯周病がさらに重度な病気の原因にも

歯周病は、歯の周りの細菌が原因で歯ぐきが炎症を起こし、進行すると歯槽骨(歯を支えている骨)が溶かされて、最終的には歯が抜け落ちてしまう病気。
歯ぐきから出血したり、歯がグラグラしている場合は、歯周病の可能性が高いです。

国民のほとんどが罹患しており、生活習慣が大きく関与しています。歯ブラシのみの予防法では、進行を止めるのは難しい病気ですので、検査により原因を明らかにし、対策を立てるようにしてください。

 歯科レントゲン

歯が悪いと健康に悪影響を与えるのはなんとなく想像できる。きちんと噛まないと胃腸にも負担がかかりそうだからだ。しかし、それでも普通、ケアしているのは虫歯ぐらいでは? そうでなければ、なかなか歯科医に行かないのが現状。そこで、前編に続き、さまざまな病気の原因にもなりうる実は怖い病気「歯周病」について、日本大学松戸歯学部歯周治療学講座教授で、日本歯周病学会の副理事長でもある小方頼昌(おがた・よりまさ)先生に聞いた。

 

歯周病がさらに重度な病気の原因にも

歯周病専門医がいる歯科医院では、万が一、重度な歯周病にかかっていても、ひと昔前のように“手っ取り早く抜歯してしまう”という少々荒っぽい治療は、ほぼ行なわれなくなっているという。まだ初期の段階の歯肉炎であれば、正しい歯のブラッシング法の指導や簡単な治療を受ければ治る確率が高いし、また、歯周炎にまで進行してしまい、歯茎や歯の土台となる骨が溶けてしまっていても、最新技術の“再生治療”を受ければ、ある程度まで元の状態に戻せるという。

 超音波スケーラー

「なかでも最新の治療法は『リグロス(歯周組織再生剤)』という薬を患部に塗ること。すると失った歯の周囲の歯根膜や骨を再生することができます。昨年からやっと保険が利くようになり、再生手術に使用することができるようになりました。骨を再生するには手術が必要でしたがこの方法であれば治療時間も約1、2時間で済みます」

悪い歯並びにはどんな問題があるのでしょうか。放っておくことによって、どんな障害が将来起こるのでしょうか

確かに、悪い歯並びは直接生命にかかわることではないかもしれません。しかし、長い目で豊かで健康的な人生を考えたとき、なくてはならないのが、 よい歯並びと噛み合わせなのです。悪い歯並びの障害は「病気」、「機能」、「成長」、「歯科治療」、「社会生活」の5つにわけて考えることができるでしょう。

 歯科 ユニット

矯正歯科の種類

着脱式

メリット

自由に取り外しができるため、歯を磨く時に外したり、フォーマルな席などで外したりすることができます。

デメリット

矯正装置は口の中にとっては異物の為、装着している時と装着していない時の快適感に大きな差が出ます。その為、特にお子さんの場合、親の目の届かないところで外したままの状態が長くなり、位置が変化してしまったりして、治療効果の面で問題が出るケースがあります。

固定式

メリット

最もスタンダードな矯正装置で一定効果が定期的にみられ、問題点があれば装置の改善も効果を下 げずに修正可能です。
マルチブラケット装置が最も普及しており、永久歯にブラケットを装着し、矯正ワイヤーを通すことで 歯を移動させる治療法です。
また、歯をぬくのではなく、あごの骨を矯正装置で拡大していく床矯正や、最近では歯の裏側に ブラケットをつけて、目立たなくする舌側矯正などの治療法も登場してきて います。

デメリット

歯の表側(頬側)の固定式装置の場合

装置が目立ち、見た目が悪い

装置に食べものが詰まりやすく清掃もしずらい為、虫歯や歯ぐきの病気になりやすい

矯正装置が舌や唇などの粘膜を傷つけるケースがあり、口内炎ができやすい

歯科用マイクロスコープ

歯の裏側(舌側)の固定式装置の場合

喋りにくい、発音が変わってしまう場合がある(慣れれば問題はありません)

頬側の固定式装置より食べものが詰まりやすく、虫歯や歯ぐきの病気になりやすい

頬側の固定式装置と比べ、より丁寧な歯磨きが必要となる

磨き残しが起りやすく、口臭の原因となる

頬側の固定式装置と比較して費用が高い

日々新しい矯正装置が検討、開発されておりますが、千差万別な症状に対応できる万能装置は未だ未開発で、個人個人の状態に合わせた最も適切な治療法をご提案します。

よく噛む(咀嚼:食べ物を噛み潰すこと)という行為は、唾液やホルモンの分泌、脳への血流を促進します

矯正治療を行なう際に「正しい噛み合わせをつくる」「整った歯並びをつくる」ということを重視するのはもちろんのこと「将来にわたって歯槽膿漏・歯周病・虫歯になりにくい噛み合わせをつくる」という点を意識しています。これは一般の歯科診療を行なっている見地から特に考慮すべきであると考えています。
口腔内カメラ

治療終了時だけを考えるのではなく、10年、20年後の患者さんの口腔内の健康を見据えた矯正を行うこと、当院の矯正治療はこのような診療方針のもとで行なっています。

矯正治療の重要性

矯正治療は何のためにするのだろう?
見た目をキレイにするために?
それも理由のひとつです。
しかし矯正治療には、審美的な改善だけではなく、しっかりと噛める歯並びをつくり口腔のもつ機能を正常な状態に回復させるといった重要な目的があります。

 

歯並びが悪いと

歯並びや噛み合わせの異常は、口腔内を虫歯や歯周病を発生させやすい環境にするばかりではなく、噛む力の低下、ひいては、顎の関節や全身にさまざまな障害を引き起こしかねません。

よく噛む(咀嚼:食べ物を噛み潰すこと)という行為は、唾液やホルモンの分泌、脳への血流を促進します。また、咀嚼は顎の筋肉だけではなく、首の筋肉も使っています。つまり、顎が不安定になり、噛みにくい状態が続くと唾液の分泌不足や咀嚼に関連する筋肉バランスの乱れにより消化不良や頭痛や肩こりをはじめ、全身にさまざまな症状をひき起こす可能性があるのです。したがって、矯正治療には審美性の向上のほかに次のような メリットがあります。

 マイクロモーター

矯正治療のメリット

口腔内環境の改善

被蓋(咬み合わせ)の改善

正しい噛み合せによる咀嚼機能の改善

噛み合わせ不正による全身症状の改善

つまり適切な矯正治療を受けることは、お子様や若い方はもちろん、4050歳の方々にとっても、長い人生を考えた上で大変有益であるといえます。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>