猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:163954
Today:28
Yesterday:265
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
歯周病が起こす炎症が肥満を招く一因ともい言われています

実は、歯を失う一番の原因は、虫歯ではなく歯周病であることが分かっています。歯周病菌によって歯を支えている歯槽骨が徐々に破壊され、最終的には歯を失ってしまう病気で、初期段階では自覚症状がほとんどないため、手遅れになってしまいやすい傾向にあります。定期健診や歯石の除去、そしてご自宅での歯磨きを改善することで歯周病を防ぎ、大切なご自身の歯を守っていくようにしましょう。

 マイクロモーター ハンドピース

最近、テレビや新聞などで「歯周病と全身疾患の関係」が指摘されています。既にご存知の方も多いと思いますが、歯周病を治療せずにそのままにしておきますと、身体に悪影響を与えかねません。

では、一体、歯周病を治療しないでいると、私たちの身体にどのような影響を与え、どのようなトラブルを引き起こすのでしょうか?

 

糖尿病
血糖値が高くなり、全身の免疫力が落ち、悪化すると様々な合併症を引き起こすこともある怖い病気です。

 

肥満
歯周病が起こす炎症が肥満を招く一因ともい言われています。また、脂肪細胞が原因で全身の炎症が起きているため、歯周病の炎症を悪化させやすくなります。

 

誤嚥(ごえん)性肺炎
高齢者の死亡原因に多い肺炎のことであり、口内細菌が唾液に混じって気道から肺に入ることで引き起こされます。高齢になると、口腔機能が低下するため、誤嚥が多く、口の中に細菌が多いと誤嚥性肺炎を起こしやすくなります。

聞き覚えのある病気も多いのではないでしょうか?
お口の中に問題があるだけで、ここまで身体に悪影響を及ぼしています。

歯周病は早期の予防と定期的なケアが効果的です。何歳になっても健康な歯を維持するため、歯への意識をしっかり持ちましょう。

 歯科材料

歯周病治療ではプラークコントロールが重要

歯周病は、歯と歯茎の間にある歯周ポケットに溜まった細菌の塊「プラーク(歯垢)」によって進行していきます。そのため、治療の際はいかにプラークを取り除き、清潔なお口を保てるかが重要です。早期に適切な治療を受けないと、歯茎や歯槽骨の組織が壊されていき、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

歯周病治療は、進行具合によって異なります

歯の一番外側にある「エナメル質」だけが溶けている段階であれば、フッ化物を塗って歯を強化するという治療や、歯科衛生士によるブラッシング指導を行います。そしてエナメル質の内側「象牙質」まで虫歯菌に侵されていると、歯を削って細菌に感染している部分を全て除去。その後は削った部分に金属やプラスチックの詰め物を入れ、再び感染しないように治療します。

歯科用マイクロモーター

そして虫歯がさらに進行し神経にまで達すると、痛みを強く感じることとなります。この段階まで虫歯が進行してしまった場合は、神経を取り除く治療を選択しなくてはならないのです。このように虫歯菌は段階を踏んで歯を侵食していくことから、従来は虫歯を取り除いて詰め物をすることが治療の主流となっていました。しかし現在は、虫歯を作らないための「予防歯科」に重点が置かれています。

初期の歯周病治療

歯周病治療は、進行具合によって異なります。初期のころであれば、スケーリング、ルートプレーニングという方法で歯石を取り除きます。歯石は名前の通り、歯垢が石のように固まっているので歯ブラシでは取り除けません。まず、この歯石を専用の器具を使って取り除きます。それから、細菌が再び付着しないように表面を滑らかにします。歯周ポケットの奥深くまで治療しますが、麻酔をするので痛みを感じることはないでしょう。

 

中期の歯周病治療

症状が中期以上になってくると、歯肉にメスを入れ、歯の根を露出させて歯周ポケットや歯の根のあたりに付着した歯石を取り除いてゆきます。フラップオペレーションと呼ばれる手法です。最後に歯肉を縫合して終了。もちろん麻酔をしているので痛みを感じることはありません。

 

後期の歯周病治療

後期に入ると、歯を支えている骨が溶けているので、組織を再生するために「エムドゲイン」という薬剤を用います。この薬剤は、赤ちゃんの歯が生えてくるときに重要な働きをするタンパク質の1種です。溶けた骨の周りに薬剤を注入すると、薬剤が吸収されていくとともに組織が再生していきます。

 歯科用超音波スケーラー

不規則な時間の食事、おやつのダラダラ食い、歯磨きをしないなどの乱れた生活によってお口の中の環境は悪化してしまいます。
小さい頃からの規則正しい食生活を身につけましょう。子供が欲しがるままに、甘いお菓子や、水の代わりに清涼飲料水を与えると、グラフのようにph7(酸性)状態が続くと歯が溶けて、虫歯になりやすくなります。

1. 食生活が基本

虫歯を予防するためには、まず規則正しい生活リズムと食習慣を身に付けることが基本です。

2. 歯磨きの習慣づけ

加えて、口の中を清潔に保つためには、歯の生え方に応じた歯磨きの習慣づけが大切です。

3. フッ素塗布で歯質強化

さらに、歯の質を強化するためには、定期的なフッ素塗布が効果的です。

むし歯と歯周病の予防は歯磨きだけでは不十分!

歯周病は、毎日のご自宅での適切なブラッシングケアと、医院でのPMTCを中心とする予防が基本となりますが、それでも歯周病になってしまったときは「スケーリング・ルートプレーニング(SRP)」などの治療を行うことで症状の改善を図っていきます。

 歯科ハンドピース

しかし中度~重度の歯周病となり、歯周ポケットが改善せずにプラークコントロールが十分にできない場合は「外科的治療法」により歯石を除去します。

 

 ≪スケーリング・ルートプレーニング≫
歯周病治療の最も基本的なものが『SRP:スケーリング・ルートプレーニング』と言い、歯周ポケット内部に入り込んだ歯石を取り除く治療法です。歯周ポケットが深いところには 歯肉の下に毒素の詰まった歯石がついていますので、歯石や細菌を専用の機械で徹底的に除去し根面の汚染物質を取り除いていきます。

 

むし歯と歯周病の予防は歯磨きだけでは不十分!

毎日欠かさずといえども、歯を磨くだけではむし歯や歯周病を完全に予防できないということをご存じですか?「治療をしたのに、何度もむし歯になる」「毎日歯磨きしているのに、むし歯になりやすい」

 高圧蒸気滅菌器

バイオフィルムを例えるものとして、台所の三角コーナーのヌメヌメがあります。台所をきれいに掃除しても、数週間すればまた三角コーナーにヌメヌメとした汚れが溜まってきてしまいますね。これと同じ現象が口の中でも起こっているのです。歯の表面に付着したバイオフィルムによって取り除けなかった歯垢は、やがて歯ブラシでは取れない歯石に変化します。

 

こうなると、歯ぐきに炎症が起き、むし虫歯や歯周病になってしまうのです。

歯科医院でバイオフィルムを取り除いても、再び付着してしまいます。ですから、定期メンテナンスを受けていただくことが大切なのです。定期的なメンテナンスによってむし歯や歯周病になる確率は激減します。

歯周病が骨にまで及んでしまう主な原因は、歯垢、歯石です

歯周病の進行を止めるためには、細菌感染の除去が必要になります。そのためには専門の器具を使用して、歯の根っこについた歯石を除去する必要があります。必要なときには麻酔を行い、担当の歯科衛生士が歯石を除去していきます。

 歯科重合用光照射器

歯周病が進んでしまった方のために(重度)

歯周病が進み、骨吸収が重度に進んでしまった場合、歯科医師が炎症を起こしている歯肉をメスで切り取り、歯の根っこについた歯石をとる場合があります。

 

根気良い治療が必要

歯周病が骨にまで及んでしまう主な原因は、歯垢、歯石です。原因となる歯垢、歯石を除去し、適切な処置を行なうことで、かなり進んだ病状も回復する場合があります。指示を守っていただき、根気よく治療を続けることが必要です。

 

歯周治療は確認が必要

歯周治療の流れの中で、大きなポイントとなるのが評価です。
評価とは、治療の効果を判定することです。基本的には、最初の診査と同様のことを行い、問題点が改善されたかをみていきます。

原因から考える

虫歯には主に3つの原因があるといわれます。

この3つの重なりが虫歯を引き起こします。
カリオロジーは、虫歯の原因11つをときほぐし、個人個人がどのような状況にあるか、というところから、予防への道しるべを作っていきます。お口の中の細菌について、ご自分の歯の強さについて、食習慣について、見直すことから始めるのがカリオロジーです。当歯科医院では、患者さんにあわせて予防を考えていきます。

 マイクロモーター

定期的な検診が虫歯・歯周病を予防します

毎日の歯磨きが虫歯を予防する最良の手段ですが、全ての人が完全な歯磨きができるわけではありません。磨き残しがどうしてもでき、そこから虫歯になることもあります。また、毎日の歯磨きだけでは歯周病を防ぐことができません。歯周病予防には医院での歯石除去が有効です。来院されるペースは患者さんによって違いますが、3~4か月に1回が目安になります。毎日の歯磨きと医院での定期的な健診により、生涯ご自分の歯を保つことが可能になります。

 

歯がぐらつき、歯ぐきから膿が出てくる。又は、口臭がする。なんとなく歯ぐきが腫れぼったい。このような症状があったら歯周病が疑われます。歯周病は虫歯のような激しい痛みが出にくいので、気づいたときには歯を抜かなければならないということもあります。

噛み合わせが悪い場合や喫煙、糖尿病などの全身的な問題がある場合も歯周病が悪化しやすくなります。歯周病は「沈黙の病気」といわれ、病状が進行してもあまり症状がわかりにくい特徴があります。気づいたときには重症になってしまって手遅れになることが多いため、日頃から予防、早期治療に努めることが大切です。

日本では歯周病で悩んでいる人は8,000万人以上、成人の8割以上が罹っていると言われています

高齢の方ではほとんどの方が歯槽膿漏や歯周病で悩まされており、歯が抜け入れ歯になる原因が歯周病です。歯周病は、歯肉炎と歯周炎の総称で、歯と歯茎の間に細菌が繁殖することで起こる炎症性疾患です。初期では歯周の歯肉に炎症を起し、歯ぐきの腫れ、出血などがみられます。放置して進行すると膿が出たり、歯肉溝が深くなっていき、歯がぐらついてきます。

 歯科診療用ユニット

歯周病は、初期の段階では自覚症状がほとんど無いため、気づかないうちに進行し、最悪の場合、歯が抜けてしまうこともある軽視できない疾患です。また近年、歯周病は口腔内だけの問題ではなく、心臓病や肺炎、糖尿病など多岐にわたる疾患の発症リスクを高めるほか、歯周病の妊婦さんは約5倍も早産リスクの高いことが明らかになっています。

 

歯磨きが不十分なために、歯と歯肉の間に細菌が棲みついてプラークが溜まると、そこに炎症が生じます。これが歯周病の始まりです。初期には自覚症状はほとんどありませんが、次第に赤みや腫れ、出血、排膿、口臭など、様々な症状が起こり始めます。

プラークが石灰化して歯石になると、通常のブラッシングでは取り除けなくなり、歯周病は悪化します。歯と歯肉が付着しているすき間に「歯周ポケット」ができて、さらに炎症が歯肉の内部まで進行すると、歯肉溝が深くなってきます。やがて歯根膜(歯と歯槽骨を繋いでいる組織)や歯槽骨が破壊され、歯を支える力が次第に弱くなって、歯はグラついてきます。このままの状態を放置すると、最終的に歯は抜けてしまいます。

 

スケーリングとは、歯石を除去することです。歯周ポケットの中に隠れている歯石を、スケーラー(歯石を除去するための専用器具)を使って取り除きます。歯石の中にはたくさんの細菌が棲んでおり、そのままにしておくと、細菌が歯周組織を破壊してしまいます。そのため歯周病の原因であるポケット内の歯石を取り除くことが、歯周病の予防と治療には大切なのです。

 ポータブルレントゲン 歯科

ルートプレーニングとは、目に見えない歯周ポケット深部に入り込んだ歯石をスケーラーで取り除き、さらに歯根を滑らかな面に仕上げる治療です。歯周ポケットが深いと、歯肉の下に歯石が付着してしまいます。また、歯根には細菌が出す毒素が根面に浸透していきます。そうした歯石や細菌を除去し、根面の汚染物質を取り除くのが、ルートプレーニングです。ルートプレーニングは、ポケットの奥深くまでスケーラーを挿入するため、通常は局所麻酔をした上で行います。

「予防歯科」という言葉は、まだまだ日本には定着しているとは言えません

日本では多くの方が歯科医院は「歯が悪くなったら行くところ」、という認識をお持ちのようです。

しかし、そのような認識のせいか、20歳でも健康な歯を維持している人は4%、80歳で総入れ歯になる人は全体の60%とも言われています。日本は経済的には先進国に入っていますが、歯に関する認識は欧米などに大きく後れを取っていると言わざるを得ません。
お口のトラブルの代表的なものは虫歯や歯周病といった細菌によって感染するものです。最近の医療の発展によって、それらは適切なケアと定期的なメンテナンスを行うことでほどんどが防げるようになってきています。歯科医院を「悪くなってから行く」、ではなく「悪くならないように行く」、という認識に変えましょう。歯は治療するものではなく、予防によってできるだけ長く使うもの、と考えれば、生涯にわたって健康に楽しく暮らしていくことの助力になります。

 タービン 歯科

「予防歯科」という言葉は、まだまだ日本には定着しているとは言えません。しかし、定期検診やPMTCなどのプロケアを受けている人と、そうでない人では50代を過ぎたころから、天然歯が残っている本数にはっきりと差があるというデータが発表されています。

セルフケアとプロケアを的確に利用している人は80歳でも20本以上の天然歯が残っているのに対して、セルフケアを丁寧にしていてもそれだけでは5本程度しか残せていないという発表もあります。つまり、長い期間に渡って口内環境を健全に保つには定期的なメンテナンスは必要不可欠なものであるということです。

 

お口の健康を維持するために 記録することの重要性

ほとんどの患者様にお口の健康ノートをお作りしています。 健康ノートでは、口腔内写真の記録や日頃のケアで心がけるべきところを写真とイラストで丁寧に説明しております。 医院内では専門性のあるスタッフが患者様とご相談する機会を尊重しています。

また、ご自宅では健康ノートをご家族とともにご覧いただくことが可能です。

 スリーウェイシリンジ

治療終了後も定期健診、定期メンテナンス等でご来院していただくことをご提案させていただいております。 特に幼児、小児のむし歯予防、成人の歯周病の予防には継続的な健診や定期メンテナンスが必要と考えております。お口の健康を維持するために、歯科医師、歯科衛生士をはじめ専門スタッフが必要な施術と専門的な最新の情報提供など、患者様に合った予防歯科のご提案を行っております。

予防歯科では、虫歯や歯周病を防ぎ、健康なお口を維持するための処置を行います

欧米諸国における歯科医院の役割は、治療から予防へと徐々に変わってきていおり、日本でも、予防歯科が重視されるようになってきました。当クリニックでも、生涯にわたって健康な歯を維持していただくために、日常のお口のケアと定期検診をしています。

 家庭用超音波スケーラー

予防歯科のメリット

(1) 口腔内トラブルを未然に防ぐ

定期メンテナンスを受診することで、むし歯や歯周病の予防ができます。むし歯や歯周病は再発のリスクもあり、完治してもメンテナンスを行わないと再治療になる可能性があります。

 

(2) トラブルの早期発見

定期メンテナンスを受診することで、口腔内トラブルの早期発見ができます。痛みや症状がひどくなってから治療を行うよりも、初期段階で治療をする方が通院回数も抑えられます。

 

(3) 治療費の軽減

早期で口腔内トラブルを発見できますので、治療期間や通院回数を軽減でき、結果的に治療費用も抑えられます

 

PMTC(プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)

自分ではしっかりと磨いているつもりでも、歯ブラシの届きにくい所や汚れのたまりやすい所ができてしまいます。

PMTCは歯科衛生士による専門的技術と専用ツールを用い、完璧に除去するというプロのテクニックです。虫歯予防や歯周病の予防と改善、歯質の強化とともに、歯の着色を除去し、光沢のあるきれいな歯を保つ等の効果があります。PMTCを行う際にはプロフィンハンドピースという器具を使用します。これは、1.1mmの往復運動により歯間隣接面の清掃行うものです。粘膜や舌に負担をかけずに、無理なく歯面を清掃します。

 

予防歯科の利点

虫歯や歯周病を予防できる
たとえ虫歯がなくても定期的に受診することで、お口の中の健康を維持しやすくなります。

 歯科用バイブレーター

虫歯や歯周病を早期発見・治療できる
予防歯科をすることによって、虫歯の早期発見ができ、軽度なうちに治療することができます。

 

お口の中がスッキリする
お口の中の汚れをキレイに除去できるため、スッキリした爽快感をあじわうことができます。

「予防歯科」という言葉は、まだまだ日本には定着しているとは言えません

日本では多くの方が歯科医院は「歯が悪くなったら行くところ」、という認識をお持ちのようです。

しかし、そのような認識のせいか、20歳でも健康な歯を維持している人は4%、80歳で総入れ歯になる人は全体の60%とも言われています。日本は経済的には先進国に入っていますが、歯に関する認識は欧米などに大きく後れを取っていると言わざるを得ません。
お口のトラブルの代表的なものは虫歯や歯周病といった細菌によって感染するものです。最近の医療の発展によって、それらは適切なケアと定期的なメンテナンスを行うことでほどんどが防げるようになってきています。歯科医院を「悪くなってから行く」、ではなく「悪くならないように行く」、という認識に変えましょう。歯は治療するものではなく、予防によってできるだけ長く使うもの、と考えれば、生涯にわたって健康に楽しく暮らしていくことの助力になります。

 歯科技工用マイクロモーター 

「予防歯科」という言葉は、まだまだ日本には定着しているとは言えません。しかし、定期検診やPMTCなどのプロケアを受けている人と、そうでない人では50代を過ぎたころから、天然歯が残っている本数にはっきりと差があるというデータが発表されています。

セルフケアとプロケアを的確に利用している人は80歳でも20本以上の天然歯が残っているのに対して、セルフケアを丁寧にしていてもそれだけでは5本程度しか残せていないという発表もあります。つまり、長い期間に渡って口内環境を健全に保つには定期的なメンテナンスは必要不可欠なものであるということです。

 

お口の健康を維持するために 記録することの重要性

ほとんどの患者様にお口の健康ノートをお作りしています。 健康ノートでは、口腔内写真の記録や日頃のケアで心がけるべきところを写真とイラストで丁寧に説明しております。 医院内では専門性のあるスタッフが患者様とご相談する機会を尊重しています。

また、ご自宅では健康ノートをご家族とともにご覧いただくことが可能です。

 エアーモーター

治療終了後も定期健診、定期メンテナンス等でご来院していただくことをご提案させていただいております。 特に幼児、小児のむし歯予防、成人の歯周病の予防には継続的な健診や定期メンテナンスが必要と考えております。お口の健康を維持するために、歯科医師、歯科衛生士をはじめ専門スタッフが必要な施術と専門的な最新の情報提供など、患者様に合った予防歯科のご提案を行っております。

処置後は歯の表面がツルツルになり、虫歯や歯周病予防効果もあります。

歯科医療の先進国である欧米諸国では、歯科医院の役割が「治療」から「予防」へ徐々に変わってきました。その流れを受けて、日本でも予防歯科が重要視されるようになってきています。予防歯科の目的は、「お口を健康に保ち、生涯自分の歯で過ごす」ことです。虫歯や歯周病を治療することはもちろん大切なことですが、何より大切なのは虫歯や歯周病にならないことです。そのためには、日々の正しいブラッシングと定期検診が重要になってきます。

 歯科技工 機器

バイオフィルムを除去するPMTC

お口の中に潜んでいるバイオフィルムは虫歯や歯周病菌などの細菌の固まりです。これが歯の回りをすっぽりと覆い、その上からプラークが付着すると、虫歯や歯周病を引き起こします。バイオフィルムは毎日の歯磨きでは完全に落としきれません。これを取り除いてくれるのが、歯の専門家が行うPMTC(Professional mechanical tooth cleaning)です。PMTCは専用器具を使ったプロによる歯のクリーニングです。歯の表面の汚れや歯周ポケットの内側の歯の根の表面に付着しているバイオフィルムまで除去できます。処置後は歯の表面がツルツルになり、虫歯や歯周病予防効果もあります。

 

歯の健康を守る定期メインテナンス

お口の中の状態は絶え間なく変化しています。歯や歯ぐきの健康を保つためには、定期検診が欠かせません。患者さんのライフスタイルや口腔内の状態によっても異なりますが、3か月~半年に一度の定期検診をお勧めしています。メインテナンスを受けることで処置した歯が長持ちし、新たな虫歯や歯周病が見つかれば、早期に処置できます。長期にわたり安定した歯の状態を保つことができます。定期メインテナンスは、おいしいものを食べ、健康でいられる秘訣です。いつまで健康で丈夫な歯を守るためにも、ぜひ、定期的に受診してください。

 歯科重合用光照射器

大切な歯を守るためには治療より予防~予防歯科~

いつまでもご自身の歯で食事や会話ができることは、何より快適であり、健康的なことです。入れ歯(義歯)やインプラントなどの治療法で歯を補うこともできますが、天然歯以上の機能性を持つものはありません。

 

お口の健康維持のためにもっとも大切なことは、虫歯や歯周病といったお口のトラブルを未然に防ぐことです。虫歯になると歯を削る処置をしますが、これにより歯はダメージを受け、治療を繰り返すことでどんどん歯を失うリスクを高めてしまいます。また、歯周病は歯を失う理由の第一位であるお口のトラブル。いずれも、発症・再発しないよう「予防」で未然に防ぐことが大切です。

予防することは、虫歯を防ぐだけでなく、患者さまの痛みを軽減することにもつながります

先進国で一番歯を磨くことに時間をかけている日本人。

それにも関わらず、国民に一番虫歯が多い国が日本です。再治療が多いのは、「先進国では日本だけ」という事実をご存じですか?なぜ、磨いても磨いても虫歯になるのでしょう?それは、「歯に対する意識」の違いによるものです。

 歯科医療機器

WHO(世界保健機構)の調査によれば、虫歯が一番少ない国はスウェーデンで、全人口のうち虫歯を持っている人の割合は約12%程度。それに対して、日本は約50%にも上ります。12歳児における一人平均虫歯本数は、スウェーデンでは1.1本、日本では2.4本と倍以上。その違いの理由は予防歯科に対する意識です。スウェーデンにおいて、歯科医院で定期検診をする人の割合は大人80%、子供100%。日本の定期検診の割合は、わずか10%足らずです。

現在の虫歯や歯周病を予防する予防歯科学は、スウェーデンのイエテボリ大学を中心に発展しました。そのため、スウェーデンでは虫歯の予防に対する意識が非常に強く、80歳になっても1520本、自身の歯が残っているといいます。日本では「虫歯になって痛くなったら病院に行く」が当たり前ですが、欧米では「まず予防して虫歯にならないこと」が常識なのです。当院では本来の白い健康な歯を保つために必要なことは「予防」だと考えております。

 

予防することは、虫歯を防ぐだけでなく、患者さまの痛みを軽減することにもつながります。「虫歯になって痛くなったら病院に行く」では、一生その繰り返しです。歯が痛くなる⇒歯医者に行く⇒歯医者で痛い思いをする⇒歯医者に行かなくなる⇒歯が痛くなるこんな負のスパイラルから、そろそろ解放されませんか?お口の臭い、歯の黄ばみ。気になるところをケアして、歯が持っている本来の美しさを保つことが将来の歯のケアにもつながります。そして、予防することは美しさを保つだけではなく、削って詰める治療や抜く治療を減らすことになりますので、患者さまの痛みの軽減にもなるのです。

 オートクレーブ 価格

PMTCは悪いものを取り除くだけでなく、環境を今よりさらに改善する効果があります。

PMTCとは、歯科医院でおこなう「お口のプロの手による歯のクリーニング」です。日々のハミガキは歯に付着した歯垢を落とすためのものですが、すべてを取り除くのはまず不可能です。歯垢の中では細菌が増殖し、歯周病を悪化させていきます。
また喫煙やコーヒー、ワインを飲むなどの習慣で色素が歯に沈着することもあります。PMTCはそれらを丁寧に、完璧に取り除きます。さらに歯の表面をツルツルに磨きますので、新たな汚れが付着しにくくなります。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>