猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:51220
Today:11
Yesterday:41
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
歯周病を早い段階で予防や治療を行うことが大切

歯周病はよくあるお口の病気の一つ。末期になると、最初は1本だけがぐらつくだけであっても、短期間のうちに次々とぐらついてくることがあります。放置しておくと全身への影響がでることもあります。そのため歯を守るには、歯周病を早い段階で予防や治療を行うことが大切となってきます。

 http://blog.goo.ne.jp/geenaakusesari

あなたの歯周病チェックをしましょう

歯肉が赤み・紫色味を帯びている

歯石が付いている

歯みがきの時に歯肉から出血がある

口臭がするようになった

口の中がネバネバする

歯が浮いた感じがある

歯がぐらつくようになった

ものが噛みにくい

歯肉が下がって歯が長く見える

昔よりも出っ歯になった

歯と歯の隙間が広がって、食べ物が挟まりやすい

歯ぎしり、食いしばりをする

糖尿病にかかっている

タバコを吸っている

 生体情報モニター

歯周病が引き起こす全身疾患
誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)
ご高齢の方や寝たきりの方など、抵抗力が落ちていると大量の歯周病菌が発生します。食べ物を誤嚥した際に歯周病菌が肺の中に入ることで、肺炎を起こすリスクが高まります。

 

早産、低体重児出産
歯周病菌によるお口の中の炎症が血管をとおして全身に回り、羊水にも影響を及ぼすことがあります。これにより、早産や低体重児出産のリスクを高める場合があります。

 エアーモーター

歯周病の進行

歯周病は、進行するにしたがって歯を支える骨が溶けてしまう特徴があります。さらに、一度溶けて下がってしまった骨は、基本的に元の位置に戻ることはありません。治療が完治しても下がった場所で止めるのが精一杯で、治療を行わなければ、どんどん進行してしまうのです。末期になると、最初は1本だけがぐらつくだけであっても、短期間のうちに次々とぐらついてくることがあります。そのため歯を守るには、歯周病を早い段階で予防や治療を行うことが大切となってきます。

最良の治療”は「予防」です。病気になる前に正しいケアを

予防のメリットとは?

歯の寿命を延ばし、「痛い治療」を避けられる

治療のために歯を削ると、歯の寿命が10年縮むともいわれています。定期的にお口の中をチェックして病気を未然に防げば歯の寿命を延ばすことができ、「痛い治療」もせずにすみます。

 パルスオキシメーター

治療費・治療期間の負担を抑えられる

お口のトラブルを早期に発見できればできるほど、簡単な治療ですみます。それに合わせて治療期間も短くなり、治療費も少なくすることが可能。予防によってさまざまな負担を減らせます。

 マイクロスコープ 歯科

プロのクリーニングで口腔内の健康を維持

歯科衛生士が専用の医療機器で行うクリーニングを受けると、歯がピカピカ・ツルツルになってお口の中がスッキリします。口腔内が清潔に保たれるだけでなく、口臭の改善も期待できます。

 http://nienie123.seesaa.net/

PMTCとは

正式名称を プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング と言います。 すみずみまで綺麗に磨いているつもりでも、ご自宅のブラッシングではどうしても限界があります。歯にはどうしてもプラーク(歯垢=バイオフィルム)が貼りついてしまうものです。このプラークを取り除くために、専門の器具を用いて徹底的に研磨、清掃、虫歯を事前に防ぐのがPMTCです。普段ご自分で磨くことができる外側の歯はもちろん、歯と歯肉の間や、歯と歯の間も専用の器具を用い、徹底的に清掃します。 医師の指示を仰ぎ、自宅では出来ないPMTCや予防管理、治療・処置をしましょう。

 

定期検診を受けましょう

歯の健康のためには、日ごろからフッ素入りハミガキを使って、ていねいに歯をみがくこと、そして、定期的に検診を受けることが大切です。治療などの必要がなくても、少なくとも1年に12回は受診するように習慣づけましょう。口の中をチェックしてもらったり、歯みがきでは落とせない歯石や着色汚れなども落としてもらったりすれば、むし歯や歯周病の予防にも効果的です。

 

虫歯の原因は、虫歯になりやすい質の歯・糖分・細菌の量などです

これらの条件が揃うと、時間の経過と共に虫歯になっていきます。虫歯の進行状態により、C1C4に分けられます。最近は、ごく初期の虫歯はC1の前のCO(シーオー)と言います。

 http://blog.goo.ne.jp/geenaakusesari

CO 初期段階の虫歯

歯の表面を覆うエナメル質が少し溶け出し、白濁が見られます。この段階の虫歯は適切なブラッシングと予防治療により再石灰化して治ります。

 

C1 エナメル質の虫歯

歯の表面のエナメル質が溶け始め、歯の表面が黒くなります痛みはほとんど感じませんが放っておくと虫歯が進行する状態です。この段階では虫歯を削ってレジンなどの修復材を詰めるか、フッ化ジアミン銀による進行防止といった簡単な治療を行います

 パルスオキシメーター

C2 神経に近い虫歯

エナメル質の下の象牙質まで虫歯が進行した状態です。象牙質まで進行すると、甘い物や冷たい物がしみるようになり自覚症状が現れます。この段階では虫歯の部分を削り、詰め物か、被せ物をして保護します。

 

C3 神経に達した虫歯

象牙質によって保護されていた歯髄(歯の神経)まで虫歯が進行した状態です。神経が侵され、何もしていなくても激しく痛みます。この段階では被せ物(クラウン)を装着するのが一般的で、歯の神経を取り除く治療(根管治療)が必要となる場合があります。

 生体情報モニター

C4 末期の虫歯

歯冠の大部分が崩壊し、歯の根まで虫歯が進行して化膿している状態です。神経が壊死しているため痛みはなくなりますが歯根先端が化膿すると激痛が走ります。この段階では多くの場合は抜歯が必要です。抜歯後はインプラント、ブリッジ、入れ歯などで欠損を補います。

 

虫歯になりやすいところ

歯と歯の間(歯間)

歯ブラシがしにくい歯と歯の間はデンタルフロスや歯ブラシを使用して、汚れを取り除くようにしましょう。

 

奥歯

歯ブラシが届きにくい場所は、虫歯になる事が多いです。しっかりと磨けるようにブラッシングを行いましょう。

 

歯並びが悪い

歯並びが整っている方よりも、歯並びが悪いと凹凸ができ磨き残しが多くなります。
ブラッシング指導を受け、磨き残しが多い箇所を把握し、丁寧な歯磨きを心がけましょう。

歯周病治療の方法は、その進行段階によって異なります。

歯周病には日本人成人の9割程度がかかっていると歯科疾患実態調査では報告されています。
歯周病の症状とは、
歯を磨くと歯ぐきから血がでる。
歯ぐきから膿がでる。
歯ぐきが腫れたり、痛むことがある。
歯がグラグラと動く感じがする。
歯ぐきがむずがゆい感じがする。
口臭が気になる。
これらの項目に当てはまる人は歯周病になっている可能性があります。

 パルスオキシメーター

軽度の歯周病

歯の付け根にプラークがたまり、炎症を起こしはじめます。まだ痛みはありませんが、歯みがきをしたり、硬いものを食べたりした時に、出血を伴うこともあります。

 

中等度の歯周病

プラークが石灰化してできた歯石が大きくなるにつれて歯根膜(歯と歯肉をくっつけている膜)が溶かされ、歯周ポケット(歯と歯肉の間のすき間)ができてしまいます。歯肉が腫れて膿が出だし、歯槽骨(歯を支える骨)の破壊がはじまっています。

 

重度の歯周病

炎症が進行し歯槽骨が壊され、歯がグラグラします。歯根が見える状態までになると、血や膿も出て口臭もひどくなります。最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

 マイクロスコープ 歯科

歯周病予防、治療で基本となるのが『プラークコントロール』です。
プラークコントロールとは歯周病の原因である『歯垢(プラーク)』の増殖を抑えることを目的とした予防、治療法です。正しい歯磨きの仕方や歯科医院でのケアで、プラークコントロールをする事が歯周病予防、治療の基本となります。

 

スケーリング&ルートプレーニング

上記にもあるように、歯周病の原因であるプラークは、普段の歯みがきでも除去することはできますが、間違った歯磨きをしていたり、深くなった歯周ポケットに溜まったプラーク・歯石は、歯磨きで取り除くことが難しくなります。スケーリング&ルートプレーニングは、取り除きにくいプラーク・歯石を歯科医で除去してもらい、プラーク・歯石の付着しづらい歯に治療する方法です。

取り除けていないプラーク・歯石を歯科医で除去することにより炎症が収まり、歯周ポケットの深さも浅くなるので歯周病の進行を抑え、症状の改善が期待できます。しかしプラークは食事をすれば歯や歯の周りに付着していきます。スケーリング&ルートプレーニングをした後でも毎日の歯磨きをしっかり行い、除去していきましょう。歯周病治療は歯科医にまかせっきりにするのではなく、ご自身でも積極的に治療に参加することがとても大切なのです

気づくのが遅れ、歯が抜け落ちてしまうようなケースもあります

歯周病は歯に付着するプラーク(歯垢)内部に生息する歯周病菌によって引き起こされます。始めのうちは歯ぐきに炎症を起こし、腫れや出血がある程度ですが、やがて炎症が深くなると歯ぐきの中にある歯槽骨が溶かされ始めます。また、重症化するまで自覚症状がほとんどないため、気づくのが遅れ、歯が抜け落ちてしまうようなケースもあります。

 ハンドピース

歯肉炎

歯と歯ぐきの間にある溝にプラーク(歯垢)がたまると、歯ぐきに炎症が起きます。炎症とプラークにより溝が大きくなり、歯周ポケットができます。この段階では、歯を支える歯槽骨は悪くなっていません。
【治療】
3カ月に1度の定期検診を行い、ブラッシングで改善します。歯石がついている部分は歯石を除去します。歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングPMTCも効果的です。

 http://shikachishiki.blogoo.ne.jp/

軽度歯周炎
歯周炎が始まり、歯周ポケットは34mm程度になります。歯周ポケット内にプラークや歯石がたまると炎症がさらに広がり、歯ぐきの色は赤みを帯びてきます。また、歯を支える歯槽骨が溶け始めます。
【治療】
ブラッシングで歯ぐきを改善します。その後、歯石がついている部分は歯石除去を行ったり、歯ぐきの中のルートプレーニングを行う場合もあります。歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングPMTCを定期的に受けてください。

 オートクレーブ

中等度歯肉炎
炎症が進行し、歯周ポケットが46mm程度と深くなった状態です。歯槽骨の吸収もさらに進行し、歯を指で押すと動きが始まります。ここまで進行すると、歯ぐきの腫れや出血など自覚症状が現れます。
【治療】
ブラッシングで歯ぐきを改善します。その後、歯石がついている部分の歯石除去します。歯ぐきの中のルートプレーニング行うときは麻酔をして行います。重症の場合は歯周外科を行う場合も増えてきます。術後、定期的に歯科衛生士が行う専門的な歯のクリーニングPMTCは必須です。中程度まで進行すると再発防止が重要になります。

 

重度歯肉炎
定期的に歯ぐきが腫れて、痛みもひどくなる状態です。
【治療】
ここまで進めば完治させるのは大変困難です。歯を保存できる状態であれば歯周外科手術、再生療法を試みます。しかし残念ながら抜歯となる場合もあります。
ここまで進行する前に、ぜひ定期検診を受けてください。

一般的によく知られているお口の病気のひとつに、『歯周病』があります

一般的によく知られているお口の病気のひとつに、『歯周病』があります。誰もがかかる可能性のある身近なものですが、歯周病とはどのようなものなのでしょうか。歯周病はお口の中で増えた細菌によって引き起こされる歯肉の病気です。毎日歯を磨いていても、正しく磨けていないと歯肉と歯の間などには歯垢(細菌の塊)が溜まっていきます。

 電気歯髄診断器

それを落とさずにいると、歯肉に炎症が起き、腫れや出血、口臭などの症状が見られるようになります。同時に、目に見えない歯槽骨(歯を支える骨)も少しずつ溶けていきます。中等度の歯周病では、歯肉の炎症が広がった面積は、全部で掌ほどの大きさになると言われています。歯を支えていた歯肉や歯槽骨が壊れていくことで、支えを失った歯はグラグラするようになり、治療せずに放置していると、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

 

歯周病の原因

歯垢は口の中の細菌の塊である歯の垢です。歯垢のことを専門的にはプラークと呼ばれています。歯垢は細菌の塊ですのでほっておくと歯や歯ぐきを蝕んでいきます。歯周病は細菌の感染症で歯垢と密接な関係があります。歯周病菌は食べ物のかすや歯垢などを栄養源として増えていきます。

 超音波スケーラー

歯周ポケット内の細菌

細菌といっても大きく2種類に分けられます。生存する為に空気を必要とする好気性菌と空気を必要としない嫌気性菌です。好気性菌は歯周ポケットのみならず、口内のあらゆる場所に生存していて主に虫歯の原因となります。嫌気性菌は歯周ポケットが4mm以上になると、その内部に発生し、その嫌気性菌が炎症を起こす事で歯周病は発症します。

 

口腔衛生指導

歯周病の原因は歯垢です。それを除去するために日常的に行なっていただく、口腔衛生管理の方法をご指導します。歯周病治療では、口腔衛生管理は大切な治療のひとつであり、決して、エチケットや習慣と考えるものではありません。

 

歯垢の除去が治癒を促進して再発を防ぐことになるので、普段の口腔衛生管理が十分に行なわれていないと、歯周病治療はうまくいきません。この普段の口腔衛生管理と診療室での治療が組み合わさって、はじめて良好な結果が得られるのです。また、治療が終わった後も良い状態を維持するため、しっかりとした口腔衛生管理を行なう必要があります。

歯周病は初期から最終段階まで、3つの段階に分けられます

虫歯予防も大事ですが、大人になったらそれよりも歯周病の予防はもっと大切です。なぜなら、歯周病は歯を失う最も大きな原因となっているからです。歯周病と聞くと、おじいちゃんやおばあちゃんがなるお年寄りの病気だと思われる方もいらっしゃるかと思いますが、実は20代で歯周病になっている人もたくさんおり、早ければ30代には歯を失い始めてします。

 ハンドピース

歯周病は虫歯のように自分で気づくことがほとんどないため、どんどん進行していき、歯を支えている骨が知らない間に溶けてしまいます。一度溶けた骨が元の状態に戻ることはありません。常に歯周病の予防を心掛け、定期的に歯科医院に通ってスケーリングなどの処置も受けるようにしましょう。

 http://shikachishiki.blogoo.ne.jp/

軽度歯周炎

歯周ポケット(歯と歯ぐきの間にできた隙間)はおよそ35mmです。歯ぐきの腫れが感じられるようになるとすでに菌は歯周組織に入り込んで歯根膜や歯槽骨にも侵入しています。すると歯周ポケットはさらに深くなり、歯垢や歯石が溜まりやすくなります。

 

中等度歯周炎

歯周ポケットがおよそ47mmになります。菌による炎症はさらに進み、歯槽骨が歯根の長さの半分程度まで冒され、もう歯を支えていられません。歯のぐらつきを感じるようになり、これによってますます歯周ポケットが深くなってしまいます。

 オートクレーブ

重度歯周炎

歯周ポケットが6mm以上の深さになります。すでに歯槽骨は原型をとどめておらず、歯がぐらぐらになり、ちょっとしたことで出血し、抜けてしまいます。

 

歯周病の予防と対策

歯周病の対策には、ブラッシングによるお口の中の清掃(プラークコントロール)により歯周病の原因であるプラークや歯周病菌を取り除くことが必要です。また、ブラッシングだけではみがきにくい奥歯や歯間部のプラークには、デンタルフロスや歯間ブラシ、液体ハミガキや洗口液の使用が有効です。

 

生活習慣も重要な危険因子なので、タバコを吸う、疲労やストレスをためる、よく噛まずに食べる、間食が多い、つい夜ふかしをしてしまうということが続かないように気をつけましょう。さらに、歯周病は全身状態とも深い関係がありますので、歯周病と全身状態の両方をうまくコントロールしていくことも大切です。

現代には肩こりや腰痛など、国民病と呼ばれる症状がたくさんあります。 

その国民病の一つとされるのが、歯周病です。 厚生労働省の調べでは、成人の約8割が歯周病を患っていると言われており無視できない問題となっています。

血中酸素濃度計

歯周病とは

歯周病は歯槽膿漏とも呼ばれており、歯と歯ぐき(歯肉)の間の歯周ポケットに細菌が侵入し、歯ぐきの炎症が起こります。炎症によって徐々に周りの組織を破壊していき、出血や膿が出たり、歯が自然に抜け落ちてしまったりと重症化することがあります。

歯肉炎

歯ぐきが炎症を起こし、ブラッシング時に出血しやすくなります。

 

顎の骨が溶けはじめた状態です。歯ぐきが腫れ、歯磨きの際に出血が見られるだけでなく、冷たい水がしみたり、口臭が出たりします。

 マイクロスコープ 歯科

中等度歯周炎

顎の骨が半分くらい溶かされた状態で、歯を指で押すとグラつくようになります。歯が浮くような感じがしたり、口臭が強くなったりします。

 http://kiki.jimab.net/

重度歯周炎

顎の骨の3分の2以上が溶かされた状態で、歯のグラつきがひどくなります。この状態を放置すると、歯が抜け落ちてしまうこともあります。

 

P.M.T.Cとは  プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング歯垢が付着しにくい環境を作ることを目的に、セルフケアでは行き届かない歯の汚れを専用の機器を用いて清掃する処置のことです。歯ブラシでは届かない歯周ポケット(歯と歯茎の間の溝)内の、歯の根の部分までしっかり汚れを取り除きます。

また、自分では磨き辛いブリッジや矯正装置の周りなども、P.M.T.Cなら隅々までキレイになります。 歯石を削り取るような硬い器具を使用しないため、痛みを感じることはほとんどなく、処置後には歯がつるつるして爽快感を得られます。

歯周病は歯垢中の細菌が歯周組織(歯の周りの歯肉や骨)に炎症を起こす病気

歯と歯ぐきの間から入ったバイ菌が、歯肉に炎症をひき起こし、さらに、歯肉の中にある歯槽骨(アゴの骨)を溶かしてしまう、これが歯周病(歯槽膿漏・しそうのうろう)という病気です。実は、日本人の80%以上が歯周病にかかっていると言われており、その原因や予防対策などについて興味を持たなければなりません。

 スリーウェイシリンジ

歯周病によるさまざまな症状

歯を磨くと歯ぐきから血がでる。
歯ぐきが赤く腫れている。
冷たいものや熱いものがしみる。(虫歯の可能性あり)
朝起きたとき、口の中がネバネバする。
歯と歯の間がすいて食べ物が詰まる。

歯ぐきがやせてきたと感じる。

歯ぐきから膿が出る。
口臭がある。
歯石がついている。
歯がグラグラする。

 

歯垢・歯石

歯垢とは、歯の表面に付着する白くやわらかい沈着物のことで、これは細菌の塊です。その細菌の塊である歯垢が清掃されずに歯に付着し続けると、唾液に含まれるカルシウム成分を吸着して、石灰化して硬い物質になってしまいます。

 超音波スケーラー

これが歯石です。歯垢は約 2 日で歯石に変化し始めます。歯垢も歯石も口臭や歯周病を引き起こします。歯垢は通常の歯みがきで除去することができますが、歯石はセルフケアでの除去が難しいため、歯科医院で除去する必要があります。

 

歯周病を予防するには?

歯周病の原因は歯垢ですから、それをためない、増やさないことが基本です。そのためにはまず、正しい歯ブラシの方法で毎日実行することです。歯の表面を歯垢のない清潔な状態にしておくことが何より大切です。

歯周病や虫歯の原因となる歯垢(プラーク)はたくさんの細菌がつくるバイオフィルムです。

歯垢(プラーク)はたくさんの種類の細菌がフィルム状(うすい膜状)になった集合体で、歯と歯ぐきの境目や歯周ポケット内に強固に付き、歯ブラシ等では簡単には取り除けません。  ハンドピース

歯周病の場合、バイオフィルムが歯の表面や歯周ポケット内に存在すると周囲に炎症が生じます。放っておくと、歯ぐきが腫れ出血し、膿が出てきて、歯周病が進行します。歯周ポケット内の歯石は、歯周病を悪化させます。早めに除去し、健康な歯茎を取り戻しましょう。

バイオフィルムは除去しても12~16週(3~4ヶ月)もすればまた作られると言われています。ですから歯科医院にて歯科衛生士による専門的な機器器具を使った定期的な除去をお勧めします。

 マイクロスコープ 歯科

軽度の歯周病

歯肉炎からさらに進んだ状態です。
歯茎の腫れや出血だけでなく、あごの骨が溶け始めます。
冷たい物がしみたり、口臭が出始めたりして、周囲に影響を与える可能性があります。この段階の歯周病だと歯周ポケットの深さは4㎜程度となっています。毎日の正しいブラッシングと早期治療に取り組みましょう。

 

中程度の歯周病

歯茎の腫れがひどくなり、ぶよぶよしているのが見て分かります。特に力を入れないブラッシングでも出血があります。歯肉もやせ細り、歯が長くなったように見えることもあります。 こうなると歯が安定しないので、触るとぐらつきます。この段階の歯周病だと歯周ポケットの深さは最大6㎜程度となっています。

 http://yaplog.jp/zetashika/profile/

重度の歯周病

かなり進行した危険な状態です。歯茎の腫れ、歯肉のやせ細り、あごの骨の溶解が進み、歯がかなりぐらつきます。歯茎からは出血だけでなく、膿が出ることもあり、口臭もひどく自分でも分かるレベルです。最悪の場合、歯が抜けてしまいます。この段階の歯周病だと歯周ポケットの深さは6㎜以上もあり、歯垢もたくさん溜まり、歯周病菌の温床となっています。 周りの歯にも影響が及ぶので、必ず歯科医院で治療を受けましょう。


| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>