猫のおもちゃのブログ

プロフィール
QRコード
カテゴリ
アクセスカウンタ
Total:199408
Today:24
Yesterday:241
| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>
歯の移動中、様々な原因により歯の神経がしみるように痛むことがあります

矯正歯科治療中に起こりうるリスクと限界について

矯正歯科治療を進めていくためには、患者さんによるご協力と治療に関する知識が大切です。それにより良い過程と結果を生むことになりますので、体の治療と同じようにいくつかのリスク及び限界があることを認識しておく必要があります。

歯科 ユニット

1. 歯痛
装置装着後、当日から7日間程度(特に食事の際)歯痛を感じることがありますが歯が動く正常な反応なので心配ありません。
症状によっては鎮痛剤を服用していただきますが、通常 痛みは時間経過と共に消失していきます。長期間に及ぶ場合はお申し出下さい。

2. むし歯・歯周病・脱灰(初期むし歯)
治療期間中は出来るだけ間食を避けて食後の歯磨きを忘れずに行って下さい。
プラークを取り除き口腔衛生を心掛けて、大切な歯を失う原因を作らないように心掛けましょう。
治療中に虫歯や歯周病が見つかった場合は、装置を外して専門医にて治療していただくことがあります。場合によっては治療期間が延びてしまいますので、口腔衛生管理は徹底して行なっていきます。

3. 口内炎
頬粘膜・口唇・舌などにできることがあります。お渡しする塗り薬や装置をカバーするワックスで対処して下さい。
塗り薬やワックスが不足、または症状が悪化した場合はお申し出下さい。

4. 発音障害
裏側からの治療や床装置使用の際、サ行・タ行・ラ行が話しづらくなります。期間は様々ですが程なく慣れますのでご安心下さい。

5. 歯肉退縮・ブラックトライアングル
特に歯周病や何らかの原因で歯肉が下がっている方は、歯を動かすことでさらに歯肉が下がり歯根が露出することがあります。
また、歯の形にもよりますが、重なっていた歯がきれいに並んでくると歯肉と両隣の歯との間に三角形の隙間(ブラックトライアングル)ができることがあります。
これは歯肉が下がったように見えますが、実際は正常な歯並びなので問題ありません。
歯科 マイクロスコープ

6. 歯髄炎
歯の移動中、様々な原因により歯の神経がしみるように痛むことがあります。
通常数日で治まりますが長期に渡る場合はご相談ください。
また、しみるような症状は他にも原因がありますし、状態によってはごくまれに歯が失活し、変色することがありますので気になる方はお申し出ください。

7. 歯根吸収
治療中に歯根が短くなることがありますが、健康な条件下で起こる場合には何の問題もありません。
ただし、口腔衛生が充分に行われずに歯周病を引き起こした時には歯の寿命に影響することがあります。

8. 顎関節症
すべてのケースで起こるわけではありませんが、治療の内容や過程で、開口障害・頭痛・耳鳴り・筋の硬直などが生じることがあります。
顎関節症と矯正治療との相関性はないとされていますし、肩こりや姿勢、ストレスなどで発症することもあります。状態によっては専門医をご紹介します。

手遅れにならないよう、歯科医院へ

歯周病とは、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる細菌によって引き起こされる病気です。
歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの組織をじわじわと壊していく、虫歯より多くの割合を占めた、歯を失う原因第一位の感染症です。

 レントゲン照射器

手遅れにならないよう、歯科医院へ

歯周病の進行段階を大きく分けると「歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」という四段階になります。
現在、歯周病は3040代の日本人の約8割が感染していると言われています。30代で突然歯周病になるわけではなく、実は10代から少しずつ進行し、歯ぐきから血が出て初めて受診する30代の頃には、歯周病は歯肉炎・歯周炎になっているのです。
虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気が付いた時には抜かなければならない…なんてこともある、横綱級のこわい病気なのです。
ついつい放っておいて歯周病が悪化し、歯を抜くと多くの障害が出てきます。
50代で"自分の歯がほとんどない"ということにならないよう、日頃から歯周病の予防をぜひ心掛けたいものです。

 

歯周病と糖尿病は、とくに相互に発症や進行に関わりがあるといわれています。歯周病菌が増えると、それに伴って病原菌の成分が血液中に流れ込みます。流れ込んだ成分は、生体の細胞を刺激していろいろな活性物質を作り出します。このことが全身にいろいろな効果を及ぼしています。その活性物質のうちのひとつ、TNFαという物質は糖尿病にも関わっていると考えられています。

血液中の糖の濃度(血糖値)をコントロールするホルモンをインシュリンといいますが、血管中の歯周病菌の成分TNFαが血糖値をコントロールするインシュリンの働きを弱め、血糖値を下げる反応を阻害していることがわかってきました。糖尿病になると、体の免疫力を低下させるため、歯周病菌への抵抗力も低下させています。細胞がインシュリンに対して反応しづらくなっているタイプの糖尿病では、歯周病の治療により歯周炎がおさまると、血中のTNFαが減少し、血糖値が安定しやすくなることが示されています。

 歯科 ユニット

歯科医院では、歯ブラシよりももっと的確に細かな汚れを取る器具を取り揃えております。歯ブラシで100%歯垢を取り除くことは難しく、どうしても磨き残しが発生しがちです。プロによるクリーニングでは歯磨きで落とせなかった歯垢を取り除き、歯石の除去を行います。口腔内の細菌状況改善、むし歯・歯周病のリスク軽減にもなりますので、定期的にご利用ください。毎日の歯磨き、歯間の掃除がきちんとできているかどうかチェックします。プロのクリーニングもうけて頂きます。頻度としては、34か月に一回は検診が必要です。定期的に健康な状態を診ることで、異常があれば初期の段階で発見することができます。

歯並びが悪ければ、噛み合せも悪いので、むし歯や歯周病にもなりやすく健康にも影響を与えます

歯を失う大きな原因の一つは、歯列不正から起こる一定の歯に負担がかかり過ぎてしまう咬合性外傷によるものです。

クリニックでは、自分の歯を長く使っていただくために必要に応じて矯正治療を行っています。それにより、最小限の侵襲で、審美性、機能性、永続性を獲得する事ができます。対応する矯正歯科治療法は、前歯だけ1本だけというような部分的な矯正治療に対応するマウスピース矯正、見えないよう裏側に器具をつける舌側矯正、短期間で矯正治療が終わるゴムメタル矯正を行っています。

 電気歯髄診断器

歯並びが悪いとどうなる?

歯並びが悪ければ、噛み合せも悪いので、むし歯や歯周病にもなりやすく健康にも影響を与えます。それは肉体的なものばかりでなく、精神的にも大きな負担となります。

欧米では、健康的で整った美しい歯並びが常識になっています。

 

また文化的なものからみると、キレイな歯並びを子供に与えることは親の義務であるという文化だそうです。これは同じアジア圏でも矯正治療が広がっている理由のひとつとしてもあげられるのかもしれません。日本でも八重歯をチャームポイントとする人を多く見かけましたが、最近では、歯並びに対する日本人の考え方も、徐々に変化してきて綺麗で健康的な歯並びを求める人たちが増えてきました。

 

歯並びを治す歯列矯正歯科は、病気を治すのと同じように歯の正常な咀嚼(そしゃく)機能を取り戻し、健康な身体と心を作るための歯科治療なのです。そして治療が済めば、健全な咀嚼(そしゃく)器官とともに健康美あふれる笑顔も手に入れることができます。

不正咬合が与える影響

01 

食べ物が歯の間にはさまり、歯みがきがしにくく、むし歯や歯周病になりやすい。

02 

食べ物をよくかみ砕けず、胃腸などの消化器に負担がかかる。

03 

上下のアゴの発育や、顔の成長に影響を与えて、不調和をもたらす。

エアーモーター

04 

上アゴと下アゴをつなぐ顎関節に負担がかかり、顎関節症になりやすい。

05 

咀嚼筋の発達に影響を与え、筋力のバランスが崩れて姿勢も悪くなる。

06 

正しい発音がしにくくなる。

過去に金属を使った補綴物を入れて、見た目に悩みのある方

審美歯科とは、歯並びが悪い、歯や歯肉の色が気になる、などといったお口の美的な問題を解決し、美しい口元をもたらす歯科治療です 虫歯や歯周病の治療を終わらせた上で、口元の問題点を解消し、美しい口元に整えます。口元がきれいになったことで笑顔に自信を持てるようになり、性格まで明るくなったと語る患者様も多くいらっしゃいます。

 歯科 ユニット

メタルフリー治療

オールセラミック

補綴物(詰めものや被せもの)の素材にはいくつかの種類があり、そのうちの一つに「オールセラミック」があります。オールセラミックは、その名の通り、すべてセラミック(陶材)から成ります。

補綴物のなかには金属を使ったものもありますが、オールセラミックには金属が一切使われておらず、自分の歯のような透明感があります。金属を使った補綴物の場合、歯茎が痩せると金属部分が見えてしまったり、金属イオンの作用によって歯茎が黒ずんだりすることがありますが、オールセラミックではこうした心配がありません。

また、補綴物のなかで最も透明度が高く、しかも変色もほとんど無いことから、前歯のように見た目を重視したい歯の治療に適しています。

ブリッジや、咬合力がかかりやすい歯などにはジルコニアと呼ばれる材質を使用します。ジルコニアも金属を一切使用しないため金属アレルギーのリスクは減りますが、セラミックと比較すると透明感が出にくいため、適応部位が限られてきます。

 

オールセラミックはこんな方にお勧めです

前歯の形や歯並びを整えたい方

過去に金属を使った補綴物を入れて、見た目に悩みのある方

歯髄(歯の神経)を取ったものの、クラウン(被せもの)で覆っておらず、歯が変色してきた方

金属アレルギーの方 など

 歯科用マイクロスコープ

ハイブリッドセラミック

セラミック(陶材)とレジン(プラスチック)を混ぜた材料で作られたものです オールセラミックよりも軟らかく、周囲の歯にダメージを与えにくいというメリットがありますデメリットとしては、軟らかすぎるため摩耗のスピードもはやく、色調は多少劣り、年数を経るに従って変色してきます また、オールセラミックと比較して汚れがつきやすくなります


(2) PMTC - Professional Mechanical Tooth Cleaning -

歯科医院でうける専用の器具を使用し、歯の表面の汚れを除去、磨き上げる処置です。

普段のブラッシングで磨き残してしまった蓄積した歯垢を取ることでお口がすっきりします。また舌のクリーニングも行いますので口臭予防に繋がります。普段のブラッシングでは届きにくい歯周ポケットのまで汚れを取り除き、歯周病原菌、虫歯菌の数を減らします。いつでも受けて頂くことは可能ですが、歯石除去後に定期的に受けることで、より良い口腔内環境を保っていきます。

 

8020運動(はちまるにいまるうんどう)とは、満80歳で20本以上の歯を残そうとする運動のことです。

この運動は、厚生労働省や日本歯科医師会により、推進されております。
20本以上の歯があれば、食生活にほぼ満足することができるとされています。

では現実はどうでしょうか?全国調査では、1人平均40歳代で3本、50歳代で5本、60歳代で12本、70歳代で20本、80歳代で24本の歯を失っているという結果が出ています。

 エアーモーター

歯が20本以上残っていることにより、噛めるということだけでなく、噛むという脳への刺激により、20本以上の歯を持つ高齢者はそれ未満の人に比べ、活動的で、寝たきりとなることも少ないなど多くの報告がされております。では何故、年齢を重ねるごとに、歯を失ってしまうのでしょうか?若いうちに歯を失う原因は虫歯がまずは挙げられます。中高年以上になってきますと、歯周病で歯がぐらぐらになってしまうのです。

 

PMTCとは、【プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング(Professional Mechanical Tooth Cleaning)】の略です。
日本語に直訳すると「歯科専門家による機械的なお口の清掃」ということとなります。

実際にPMTCを経験されると、歯医者のイメージの痛いというものではなく、心地良いと感じられる患者様がほとんどです。

PMTCで得られる効果

 

●虫歯予防
お口の中の細菌を減少させ、プラークの再付着を防ぎます。

 

●歯周病の改善
お口の中の歯周病菌を減少させ、歯周炎の症状を軽減します。

 歯科 ユニット

●口臭予防
おくちの中にいる菌の減少により、口臭も軽減します。

 

●審美性の向上
着色を除去し、光沢のある歯の表面を回復します。

 

●歯質の強化
フッ素入りの研磨ペーストを用いることで、歯の再石灰化を促進し、歯質を強化します。

美しい口腔内を取り戻す『セラミック治療』

審美歯科とは、歯の痛みを治すだけでなく、歯や口元の『見た目』の改善を目的とした治療の総称のことをいいます。

口元の印象は、あなた自身の印象を作る大きな要因の一つです。整った歯並び、さわやかな白い歯、健康的なピンク色の歯ぐき…どれか一つ変わるだけでも、あなたの印象は大きく変わるはずです。歯や口元のことでお悩みでしたら、まずは無料カウンセリングにお越しください。

 マイクロスコープ 歯科

美しい口腔内を取り戻す『セラミック治療』

セラミック治療とは虫歯や歯周病など、何らかの要因により歯の一部が損なわれてしまった際に、欠損部分を補う素材を『セラミック』で行う治療の事を指します。
セラミックは親和性が高く、強度が有り、審美性も損なわれない事から、審美目的での治療としても広く浸透しています。

 

① 過去の治療物(金属や変色したレジン)を白くしたい

自然な笑顔は相手に好印象を与えます。口を開けた時に銀歯や変色した歯が見えて気になる方は、白く自然で強度のあるセラミックによる被せ物(クラウン)、詰め物(インレー)に交換できます。

 

② 短期間の治療で歯並びを改善したい

セラミックを使っての歯並び改善治療も可能です。被せ物を作ったり、歯の隙間をセラミックで埋めたりしますので、希望の形や色にする事ができ、短期間で歯並びを改善できます。

 

③ 半永久的に白い歯を手に入れたい

セラミックは審美性に優れ、半永久的に変色せず、強度の強い素材ですので、これを活用し半永久的な白い歯を手に入れる事ができます。人前に出る職業の方には大変お勧めの治療です。

 

④ メタルフリーの治療を受けたい

セラミックは金属を一切使用しない素材なので、金属アレルギーの恐れがある方でも安心して治療を受けていただけます。人体への馴染み(親和性)も高く、安心・安全な素材です。

 歯科用ユニット

ラミネートベニア

歯の上にレジン(樹脂)を薄く盛り固める方法で歯を薄く削りセラミックを接着します。 セラミックの付け歯を利用することによって、表面まで黒ずんでしまった虫歯を白くしたり、歯と歯のすき間を改善したり、歯の形を全体的に整えたりするのに最適です。

 

メタルボンド

金属の上にセラミックを焼き付けたクラウン(被せもの)を利用する治療法です。セラミックは変色せず、審美性に優れた材料ですが、衝撃に弱く割れやすいという弱点があります。一方で、金属は強度がある反面、審美性に劣るという欠点があります。

それぞれの利点が欠点を補いあう治療法です。

 

「歯並びが悪い」「欠けた歯がある」「歯が黒ずんできた」といったお悩みはありませんか?

理想的な口元でないと、ついつい笑う時などに手で口を隠してしまったり、思いっきり笑うことができなかったりします。
歯医者は虫歯や歯周病を治すだけではありません。
様々なお悩みを解消し、理想的な口元を実現する治療法もあります。

 歯科バイブレータ

審美歯科とは、欠けてしまった歯、不揃いな並び、黒ずんでしまった歯の色などを整え、審美性(見た目)を回復させ、より美しい口元を作り出す治療です。
気になる部分の歯を少しだけ削り、人工の歯を装着することで自然の歯に近い、白く美しい歯を手に入れることができます。
目的やご希望に合わせて、様々な素材の人工歯を用意しています。

 

審美歯科の治療法

インプラントには、入れ歯やブリッジと比較しても様々なメリットがあります。

クラウン

歯を全体的に削って、その上から人工の歯を被せる治療です。
歯の色だけでなく、形や歯並びを改善させることができます。

 

インレー

虫歯を削ったところに詰める、詰め物のことです。通常の保険診療では銀歯を入れますが、自由診療で白い人工歯を入れることができます。
前歯だけでなく、奥歯も白く美しい歯を手に入れたいという方にお勧めです。

 エアーモーター

ラミネートベニア

歯の表面を薄く削り、その上からセラミック製の人工歯を接着する方法です。
前歯の治療に使用し、歯と歯の間のすき間も改善することができます。

 

ホーム・ホワイトニングとは、ご自宅で寝る前に、歯を白くする薬剤を入れたマウスピースを装着して歯を白くします。
歯科医院に通院する必要が無く、忙しい方におすすめします。

 

ホームホワイトニングの特徴

ご自宅で行うことができ、手軽です。

歯科医院で行うオフィスホワイトニングに比べて、期間が長くかかりますが効果は長く持続します。また、後戻りもオフィス・ホワイトニングに比べて少ないです。

一定の制限がありますが、歯並びや噛み合せの改善にも利用できる

セラミック(陶器)で出来ているため、白くて透明な自然な仕上がりです。耐久性に優れ、飲食物の色素が付着しにくく、変色もありません。

金属を一切使っていませんので金属アレルギーがある方にもおススメです。強度があるので前歯や奥歯のブリッジ(抜けた歯の両隣の歯を利用し、橋をかけるように被せる方法)にも適しています。最も審美性に優れた素材といえます。

<オールセラミックの特徴>
・白く美しい歯を手に入れられる
・一定の制限がありますが、歯並びや噛み合せの改善にも利用できる
・金属を使用しないため、歯肉の変色や金属の露出などがない
・金属アレルギーの方にもオススメ

 歯科 超音波スケーラー

メタルボンド

"人工歯"の外から見える部分はセラミックで作り、目に見えない部分は金属を使用。表面にセラミックを使っていますので強度があり、審美性にも優れています。

オールセラミック同様、色素の付着や変色の心配もありません。金属を使っているため、オールセラミックに比べると、コストを抑えることができます。

<メタルボンドの特徴>
・表面硬度が高く、摩耗しにくい
・色素が付着しにくく、変色がない

 

ハイブリッドセラミックインレー

セラミック(ハイブリッドセラミックインレー)で出来たつめものです。一般的には奥歯に出来た虫歯などには金属のつめものを入れますが、より見た目を求めるときはセラミックインレーを入れます。

自然の歯により近い色合いで、変色がほとんどなく、汚れがつきにくいのが特徴です。

<ハイブリッドセラミックインレーの特徴>
・自然な白さがあり、質感・強度ともに問題ない
・金属アレルギーの方も安心して利用できる

 生体情報モニター

ラミネートベニア

歯の表面を12ミリ程度薄く削り、その上からセラミック製の薄い板を貼り付ける方法です。左右の前歯に隙間がある場合など、この治療法で見た目を整えることができます。

僅かとはいえ、歯を削らなければなりませんが、短期間で治療が終わり、後戻りがありません。

<ラミネートベニアの特徴>
・歯を削る量が少なく、ダメージを減らすことが可能
・ホワイトニングに比べ後戻りがない
・隙間の空いた歯の修整、矯正治療を使わない僅かな歯の修整などには良い場合もある

審美歯科とは、歯を本来の姿にする見た目の美しさを求めた歯科治療です

歯並びや白い歯が綺麗に整えば、顎のラインもスッキリして輪郭や表情も変わります。
口元を隠して笑う癖がなくなり、日常生活でも何事にも明るく積極的に行動できるようになったという方もいらっしゃいます。

もちろん、審美歯科による治療は、一時的な見た目の美しさやコンプレックスを解消するだけではありません。いつまでも健康的な歯を保つためにも、興味を持たれた方は、お気軽にご相談ください。神経のない歯や差し歯を、セラミックできれいにすることができます。

「オールセラミック」は、金属を一切使わず、自然な色合いと質感を追求したものであるため、ご自分の歯と同じようにお使いいただけます。歯の汚れ(プラーク)も付着しにくく、歯ぐきにも優しく、歯ぐきが黒く見えることもありません。また、セラミックは、金属を使わないので食べ物の味が変わらず、金属アレルギーの心配もない体に優しい素材です。

 歯科 マイクロスコープ

セラミック治療の種類

インレー

インレーとは虫歯治療等で歯を削った後に 歯に被せる詰め物のことです。
このインレーをセラミックやハイブリッドと呼ばれる素材にすることで、自然の歯のような美しさを取り戻すことができます。

 

クラウン

クラウンとは歯を削る部分が多くインレーではカバーできない場合等に、使用する被せ物のことです。これをセラミックやハイブリッドと呼ばれる素材にすることで、自然の歯のような美しさを取り戻すことができます。
またセラミッククラウンは、短期間で歯並びを良くしたい方にも最適です。元の歯を削りセラミッククラウンを被せることにより、天然の歯を矯正するよりも簡単に歯並びを美しくできます。

 歯科 ポータブルユニット

ラミネートベニヤ

ラミネートベニヤとは、歯の表面を薄く削り、シェルと呼ばれるセラミックの薄片を特殊な接着剤で貼り付けることをいいます。ホワイトニングでは白くできない場合や、前歯のすき間が気になる方などに適しています。
また、クラウンで歯並びを直すことができるように、このラミネートベニヤでもある程度の歯並びをきれいに見せることが出来ます。

虫歯などで歯を削って治療をする場合、最終的に何か詰めたり被せなければなりません

審美歯科と聞くと、見た目の美しさだけを追求する特別な治療をイメージするかもしれませんが、審美歯科において、歯そのものを美しくするのは当たり前のことなのです。
大切なことは、歯並びとお顔との調和、そして歯本来の機能をしっかりと考えた治療を行うことです。つまり審美歯科治療は一般歯科の技術の他に、歯科医師のデザイン力やカウンセリング力、豊富な臨床経験が必要となる治療分野といえます。

 歯科 ポータブルユニット

セラミック治療とは

虫歯などで歯を削って治療をする場合、最終的に何か詰めたり被せなければなりません。健康保険適応の材料では金属やレジン(アクリル樹脂に近い素材)、ガラス系のセメントぐらいしかありません。保険の材料が悪いわけではありませんが、耐久性や色調に満足頂けない場合があります。セラミック材料は10年ほど、口の中にあっても表面の劣化や変色がほとんどみられない、とても安定した材料です。一昔前はよく破折したり欠けたりする弱点がありましたが、現在は、e-max,ジルコニアといっためったに割れない材料で治療しております。

 

オールセラミック(ジルコニア)

従来の差し歯は金属のフレームの外側に白い加工を施すため、どうしても歯と歯肉の境が黒く見えたり、歯に透明感がなく不自然な感じが避けられませんでした。現在は金属のかわりに「白い金属」といわれるオールセラミック(ジルコニア)を使用することにより、前述した黒いふちどりもなく、自然な透明感のある白い歯をつくることができます。オールセラミックにもいくつかの種類がありますが、当院のジルコニアは最も強度の高い最新で最高級の材質を使用しておりますので前歯だけでなく奥歯においても充分な耐久性を備えています。

 歯科用ユニット

セレックを使ったセラミック治療

セレックの大きな特徴は短時間でセラミック治療が完了することです。従来の治療では歯を削った後完成までに約一週間お時間をいただいていましたので時間の大幅な節約が可能になりました。

また完成したセラミックの精度も歯科技工士が作るものと同じくらいかそれ以上ですので安心してお使いいただけます。ジルコニアセラミック、メタルセラミックには対応できないため微妙な色調や質感を表現したい場合は型取りを行い歯科技工士に製作していただきます。治療時間は2時間を目安にしていますが、例として午前に治療で30分~60分、午後にセラミック装着で30分~60分という時間を区切る治療スタイルも可能です。

 

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 最初 | next>>