魂の所在~今あること。そして未来へ

プロフィール
ぺくさんさん
どうも。
ちょっと年はいってますが、
年取ってますます元気です!!

ふるさとへUターンして、ようやく調子を取り戻しました。

都市生活で疲弊していた身体が、長良川と森の精霊によってリライブしています。

このかけがえのない地域を未来の子供達に残していくために、まだまだがんばる所存です。

流域のみなさんよろしく!!!



QRコード
アクセスカウンタ
Total:983573
Today:47
Yesterday:65
奈良での志賀さんの講演会

志賀勝さんをお招きして
「万葉集」などを中心に月信仰を考える講演会です。
古の人々の月夜に対する想いを感じながら
奈良の町屋「月眠」で楽しいひとときをお過ごしください。

月暦のお話 
「月信仰の聖地を語る」
お話  
志賀勝(月と太陽の暦制作室) 
    1949年東京生まれ。
    日本読書新聞編集長を経て著述業。
    1997年から「月と太陽の暦制作室」を開いて、
    月暦を毎年発行、月と季節の復権と発見に努めている。
    著書「魔女の素顔」「病気は怖くない」
      「月的生活」「月曼陀羅」など
    ↓ 「月と太陽の暦制作室」のホームページ
    http://tsukigoyomi.jp/index.html

日時  
2016年8月10日(水曜日) 18時~
場所  
月眠(ギャラリーと学びの町屋)
奈良市高畑町1042番地
0742-22-7180
↓ 「月眠」のホームページ
https://www.facebook.com/getsumin
参加費
1000円 

問合せ
主催 men at work
090-8752-3307
menat@nifty.com
担当 関山
c0103137_02024256.jpg


http://menat.exblog.jp/25852277/
今日は満月 十五夜ですね

 私は帰郷する以前、

東京にオフィスを構える「月と太陽の暦制作室」というところに出入りしていました。

ここは、志賀勝さんという人が中心になり、毎年月暦(一般的には旧暦と呼ばれますが)のカレンダーを製作しています。

 

そもそものきっかけは、

神奈川県の鶴川にある「民族文化映像研究所」へ出入りし始めた頃、そこで出会った人が、是非紹介したい場所があるというので、詳細もよく聞かずそのオフィスへ行ったのが初めでした。

 

当日そのオフィスでは「月の勉強会」という少人数の勉強会が開かれていました。

内容は読書会で、民俗学者の宮田登さんの「暮らしと年中行事」という著作をテキストとして使っていました。

もともと風土研究や民俗学は大好きなので、すっと引き込まれていきました。

その中で旧盆(旧暦715)の年中行事についての記述があり、「もともとは満月のその日にこの世に戻ってくる祖霊とともに踊る」という宗教的な色彩が強いものから、徐々に芸能として発展してきたことなどが書かれていました。

 

勉強会の後、「私の故郷では、お盆は連日徹夜で踊ってるし、踊りも2ヶ月近くありますよ」と話したらみんなびっくりして大盛り上がりでした。

その話がきっかけで、2008年のお盆には東京からバスで「十五夜盆踊り」ツアーとなり、50名近くの人々が郡上を訪れ満月の下で踊りました。

 

私もそれ以後すっかり「月の文化」のとりこになり、志賀さんの著作はもとより、各地に残る様々な月暦のイベントに参加してきました。

 

帰郷してからはなかなかそのようなイベントに参加する機会もないため、「月の会・長良川」として月好きの有志でお月見をしたり、季節の節句を祝ったり、夏至・冬至に関するイベントへ参加したりしました。

 

最近はなかなか忙しくなり、そんな風流なことを楽しむ余裕がありませんでしたが、725日に願蓮寺で開かれる予定の夏祭りのその夜に「お月様先生」である志賀勝さんに来ていただき月と季節の講演をお願いすることになりました。

きっと素晴らしい内容ですのでご期待下さい。

(6月中旬に改めてここで告知します。)


月と季節の暦ホームページ

http://tsukigoyomi.jp/