魂の所在~今あること。そして未来へ

プロフィール
ぺくさんさん
どうも。
ちょっと年はいってますが、
年取ってますます元気です!!

ふるさとへUターンして、ようやく調子を取り戻しました。

都市生活で疲弊していた身体が、長良川と森の精霊によってリライブしています。

このかけがえのない地域を未来の子供達に残していくために、まだまだがんばる所存です。

流域のみなさんよろしく!!!



QRコード
アクセスカウンタ
Total:983758
Today:55
Yesterday:81
<<prev | 最新 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 最初 | next>>
9月28日29日 白鳥DAY




9月28日29日の両日は、白鳥のイベントが満載です。

9月28日は
白鳥神社の秋の祭礼の試楽日、神社から街中へ獅子神楽が打ち出しです。
ふれあい創造館では「金澤翔子書展と国際絵画展」が開催されます。
午後1時からは円覚寺でお寺でイスラム文化を学ぶ会」が開催
夜は、白鳥駅前通りで変装おどりコンクールが開催されます。
最後はふるさと白鳥夢花火です。

9月29日は
白鳥神社の秋の例祭本祭りです。
9時から白山文化博物館では「白鳥神社の円空秘仏」の公開が行われます。
午後1時からは白鳥文化ホールで秘仏公開記念シンポジウムです
ふれあい創造館では午後2時から「金澤翔子席上揮毫」が開催されます。
午後3時頃から白鳥神社で獅子神楽奉納が行われます。
午後5時頃からは白鳥神社で大演芸会。
午後8時頃から白鳥神社で拝殿踊りがおどられる予定です。

小さな町の中のイベントなので両日ともすべて見て回ることも可能です。

是非白鳥へ。




仏法と現在
最近、郡上八幡の願蓮寺で月に一回開催されている「仏像~心とかたち」の読書会の中で阿弥陀如来の信仰について学んでいる。

日本が貴族社会(平安時代)から武士の台頭による武家社会(鎌倉時代)への大変革期は、同時に社会的大混乱(仏教でいう末法の世)期でもありました。

それは、この世界をどう生きたら良いのかという不安を皇族から貴族、武士、平民にいたるすべての民衆が感じていた末世でしたが、その中に、法然に始まる、南無阿弥陀という名号(念仏)を唱えれる(易行)ことだけで、仏の世界に生まれ変わる(往生)ことができるという新たな思想が生まれ、そのことにより日本の仏教思想の一大転機が訪れたと言われています。

親鸞は、その法然の浄土思想をそのまま受け継ぎ、"生きていくことが、悪行につながる"すべての民衆に"悪人正機"を説き「徳を積むことができる善人が往生できるのに、悪人が往生できないはずがない」という革新的逆説を生み出しました。

それは圧倒的な自然の力に逆らうことができない、人間存在の無力さを受け入れ、絶対的力の循環(他力本願)に身を委ねよという思想であるとも言えます。

その浄土思想の背景となっているのが阿弥陀信仰であり、西方浄土の思想です。
太陽の沈み落ちる"死"の世界の向こう十万億土という彼方に阿弥陀仏が"いる"とする考えであり、想像を絶する彼方でありながら地続きのその場所に浄土があると教えています。

"あの世"をイコール死後の世界として、時間的にとらえる西洋的な時間感覚とは、別のアジア的時間感覚が日本には古代からあり、つい100年ほど前までは当たり前に知覚されていましたが、近代化の流れの中で、この世界の中に存在する"あの世"を現代人は見失いました。

浄土と対をなすのは"穢土"というこの世界のことですが、現代の日本人はその感覚を喪失しています。
現実的には、放射能汚染により被爆した東日本、フクシマを想起することができますが、それさえも"なかったこと""終わったこと"として意識の外に置きたいと願っているようです。

この世界が"人間の欲望により汚れた末法の世"であるという仏の教えが生きているなら、この世と地続きの場所にあるという阿弥陀の浄土に往生することも可能なはずですが"(知も徳もある)善人さえも浄土を見失っているのに、悪人がどうして浄土に往生できようか"というのが現世の実態のようにも思えます。


万川亭通信(506)~フクシマ飯舘村報告会
 種子島の宇宙ロケットが秒読み段階で中止になった。現代科学の粋を集めたと
自他共に許すものでさえ、そうである。起こりうる可能性をいくら見積もっても、なお
事故は避けられない。そういう科学技術の限界を十分にわきまえて、取り返しの
つかない危険性をはらんだ原子力発電には手を染めない、これが3.11原発
事故が残した教訓であったはずである。しかしながら、現実の事態はそれに逆行
してるかに見える。
 このたび
郡上の若者達が計画している、来る9月1日のフクシマ・飯舘村報告会について主催者のことばを、以下にかかげる。(水谷)
 
(ことば)

 原発事故により深刻な放射能汚染が村内に広がっている飯舘村では、今も自分の村に帰ることができず家族がバラバラとなる避難生活が続いています。

 3.11以前には当たり前であった平穏な暮らしと生業を奪われ、慣れない仮設住宅での暮らしからいつ解放されるのかさえ目途のたたない状況から既に2年半になろうとしています。
 20136月、私たちは郡上からフクシマの飯舘村現地へ向かい、集落と村民の暮らしの状況を直接知る機会を得ました。
 私たちが体験した
今のフクシマ・飯舘をより多くの人に知ってもらうため今回現地報告会を企画しました。マスメディアからの情報では見えてこないフクシマの現実をより多くの方に知ってもらい、身近な問題として考えていただく機会として多くの市民の参加を期待します。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

開催内容「フクシマ飯舘村の今を知る報告会」

   終わりの見えない仮設暮らしとふるさとの未来~

開催日  201391() 開場 午後1時半、開演午後2
場 所  郡上市総合文化センター 2階 多目的ホール
     岐阜県郡上市八幡町島谷
207-1
参加費  大人1,500円 子供無料(中高生含む)
報告内容  ・現地訪問の経過と報告
      ・飯舘村避難者から「飯舘村の二年半」
      ・「先の見えない避難生活」について
      ・除染状況の実態など
主催団体 郡上・飯舘報告会実行委員会 
問い合わせ先 前田 
090-5449-5002
 *当日の報告会後に、「飯舘細川牧場の馬の怪死」についてのDVD上映(24)も行います

チラシダウンロード先
万川亭通信(502)~白鳥拝殿おどり
昨夜は地元、白鳥町野添の貴船神社に「拝殿おどり」
を見にいった。
世間では「郡上おどり」ばかりが有名だが、この
  白鳥拝殿おどり
こそ、民謡の古俗を伝えて「知る人ぞ知る」逸品である。踊りは、笛や太鼓など伴奏楽器をいっさい用いず、ただ人々がお宮の拝殿の床板を踏み鳴らす下駄の音だけをリズムにして行われる。
 
 夜八時をすぎた頃、三三五五あつまった男女三〇人ばかりが、いつのまにか輪になって踊りだした。明日が満月という空には、煌々と冴えわたる月が昇り、鬱蒼とした森のシルエットを背景に 「拝殿おどり」は始まった。
 この神社は、京都北郊の貴船神社から神を勧請して建てられたものだが、長良川の支流、牛道川の渓流のただ中にあり、神社そのものが巨大な岩盤の上に建っている。わたしは初めてここを訪れたとき、その古風なタタズマイに強烈な感動を覚えた。(京都の、あの貴船川に床を張った料亭が立ち並ぶ俗っぽさと、どうしても比較してしまうのだ)
 
 やーれ  そろりとョ  輪をつくれ  そろりャ そろりとョ  輪をつくれ
 お月のョ   輪のなりに
 お月では- 恐れ多い  天のお月ではー 恐れ多い
 
 初めてこの歌を聴いて、なんと艶やかな、そして深い哀愁にみちた旋律であろうかと感じ入り、以来、わたしはこの曲節の完全なトリコになってしまった。
聴くたびに、身の底から 深く 静かに からだの中枢を立ち昇ってくるモノがあり、やがて全身が浸されるのである。
 
 「場所おどり歌」と命名されているこの歌は、おそらく踊りの場に、まず神霊を招きよせる意味合いをもつのではなかろうか。
 拝殿の中央には、天井から切子灯篭が吊り下げられているが、紅色の紙をはったその灯篭は四方に鋭く、三角形の角を突き出していて、これは、おそらく邪悪な
霊魂や鬼の類いから、踊りの場を防ぎ守る役目を負うものと思われる。
 やがて踊りが佳境にはいった頃、近くの町や村からもヒトがやって来て、踊りの輪に加わる。
  
       若衆が見えたでよ  他所の若衆が見えたでよ
       変わるぞ  拍子さま  歌節 変わるぞ 拍子さま
 
       ご苦労 他所の殿
       先づは ご苦労 他所の殿
 
       確かに 受け取るよ  こもとが 確かに 受け取るよ
 
 歌と踊りは、それが古風なものであればあるほど、本来それがコミュニケーションそのものであったことを示している。わたしは、かって沖縄のモーアシビ(野遊び)を見たとき、つよくそのことを感じたが、本土の、それも京都に近い、この奥美濃の町で、そのことを再確認しようとは思わなかった。        (つづく)
 

(以上を記すにあたり、保存会発行の『白鳥の拝殿踊』を参考にした。 特に
 郷土史家、白石博男氏の解説は裨益するところ大であった)
 
                二〇一三年八月二十一日
 
  水 谷 慶 一
501-5121岐阜県郡上市白鳥町白鳥1007
越美ぶんけん(越美文化研究所)
タグ: 拝殿踊り
貴船神社の拝殿おどり




















8月20日は白鳥野添の貴船神社の祭礼日です。

今年は、旧暦の盆にあたる満月が輝く晩となりました。

例年のように夜八時から拝殿おどりが催されました。

貴船神社は六ノ里川のほとりにあり、本殿は川のすぐ脇の自然の大岩の上にあります。

まさに川の神様であり、貴船神社が鎮座する場所としては最高でしょう。

郡上の中でも最高の美しさである貴船神社の拝殿でおどる拝殿踊りは、唄踊り人を恍惚とさせてくれるパワーがあるようです。

中世の庶民を熱狂させた一遍上人のおどり念仏のような熱気が再現されます。






万川亭通信(495)~友への返信
先週末、
東京から戻った直後に長年の友人から次のようなメールがとどいた。
 
 ・・・・・先日は折角の在京の折に会えなくて残念でした。
 一昨日の電話で、阿佐ヶ谷からとはうって変わって元気そうな貴兄の声に接して
 安心。御地の方が涼しい川風に恵まれていることと、何よりも白鳥にすっかり
 馴染んだ最近の貴兄がしのばれて誠に結構なことと喜んでいます。
  今朝のテレビで、済州島生まれの最近日本に帰化した呉善花という作家が
 韓国への入国を拒否されたということを耳にしました。以前に
      『韓国併合への道』
 という著書を読んだことがありますが、微妙な立場でなかなかバランスのとれた
 本だったように思うのですが、最近のサッカー場での横断幕、軍艦旗の騒ぎから
 こんな事になるというのは実に由々しいことで、一度貴兄の感慨を訊きたいもの
 です。 (以下省略)
 
 近頃の日韓関係は、竹島の領有や慰安婦問題にはじまって何かと物議をかもす
ことが多いのですが、これには百年前の日韓併合以来の両国の近代史がからん
でいるだけに根が深く、容易に解決のつかない難しさがあります。加えて両国の
ナショナリズムを煽る強硬論者が、コトの真実を見きわめる努力をするよりも
威勢のいい発言を連発して、それでメシを食っている連中が多いせいもあって、
問題の解決には一向役立たない。これにはまず、ナショナリズムそのものへの
視点を変革することが大切ではないか、と思います。
 
 突飛な例をもち出すようですが、あの『グリム童話』がどうして生まれたか?
1812年10月18日の日付がある初版の序文のおわりに、著者ヤーコブは、
   ---ライプチッヒの戦いのちょうど一年前に・・・・
と書き加えている。この戦闘で、ナポレオン率いるフランス軍に対し大勝利した
おかげで、グリム兄弟の祖国ドイツは長いフランスの占領下からやっと解放された。
 
 それまでの、ドイツの空が屈辱の灰色におおわれていた1806年に、兄弟は
ドイツの文学と言語の歴史に慰めと励ましを求めて、祖国に伝わる童話や民謡の
収集を始めるわけですが、その同じ年にゲーテもまたドイツの古い伝説に材をとって
『ファウスト』第1部を完成します。 
 つまり、まっとうなナショナリズムとは、本来こういうたぐいのモノでしょう。
 
 これもまたドイツの話ですが、最近、麻生財務相が日本の憲法改正を論じて、
「ナチスのようにやればいい」と発言して反響を呼びました。ワイマール憲法の轍を
二度と踏むまいと決意して出発した第2次大戦後のドイツ、冷戦下の東西分裂の
苦難をのりこえたドイツ人の国民感情を、これほど逆撫でした言葉はありますまい。
この無知と幼稚さに満ちた発言が、一国を代表する大臣によってなされる。
わたしたちは、今こういう国に住んでいるのです。
 
       二〇一三年八月六日 ヒロシマ原爆の日に
水 谷 慶 一
501-5121 岐阜県郡上市白鳥町白鳥1007
越美ぶんけん
阿弥陀ヶ滝 みそぎ祭り


















今年もみそぎ祭りに参加しました!!
いつも来ている森林文化アカデミーの生徒さんたちが、その日オープンキャンパスと重なり参加できないとのことだったので、例年より少ないのかと思っていたら、30名弱と思った以上に若い人たちの参加が多くありました。

一度やるとその醍醐味が忘れられず、毎年参加する人が増えています。

できれば、女性がもっと多いと絵になるのですが、来年は是非どなたかチャレンジしてみてください。

ドラマに夢中
NHKの朝ドラ「あまちゃん」を見だしてから、日頃見ることのなかったドラマを見ることがなぜか多くなってきた。

月曜から水曜日まで毎日が楽しい!!


おすすめ1
名もなき毒 TBS 月曜8時
原作:宮部みゆき「誰か Somebody」「名もなき毒」
主演:小泉孝太郎、深田恭子、
http://www.tbs.co.jp/namonakidoku/
ホームドラマっぽい作りだが、なかなかの本格ミステリーで週を追うごとに新たなストーリーが展開していく。

登場人物それぞれが何等か秘密めいた部分を心に抱えている。

かといってシリアスな展開ではなく、主演である小泉孝太郎が演じる真面目でぼくとつな青年が語る独白がユーモラスである。

脇を固める役者たちの個性が光り、ドラマの深みを引き出している。

深田恭子は相変わらずボーとしたとぼけた役だが、それがまたいい!!

おすすめ2
スターマン・この星の恋 フジテレビ 火曜10時
脚本:岡田惠和
主演:広末涼子、福士蒼汰
http://www.ktv.jp/starman/index.html
こちらは主演の広末演じる30代のバツイチ主婦のドタバタのコメディホームドラマ仕立てですが、記憶喪失の青年を自分の夫だと騙して暮らしていたが、その青年の過去が今後のストーリーで展開される予定。

広末涼子は実生活でもバツ2?、ドラマの主人公が実生活とダブって見えるのも面白い。「あまちゃん」でおなじみの先輩、福士蒼汰の笑顔は男でも虜になりそうなスマイルだ。

おすすめ3
Woman 日本テレビ 水曜日午後10時
脚本:坂元裕二
主演: 満島ひかり
http://www.ntv.co.jp/woman2013/
これはガチガチにシリアスなドラマ。
要領よく生きるのが下手なシングルマザーを 満島ひかりが演じている。
満島ひかりの演技にやたらリアリティーがあり、見ているこちらも身につまされてしまう。

ドラマのHPの解説にもあるように、現代社会に生きるシングルマザーの過酷な生活実態を赤裸々に表現し、それでも子供を守ろうとする女性の姿を描く。

個人的に大好きな 満島ひかりが主演であり期待値も上がるが、彼女のひたむきさが演技なのか素なのかはわからないが、「もう少し肩の力を抜いて生きろよ」と思わず心配してしまう。

いやー、韓流ドラマに嵌る中年女性のようになってきましたが、何か?
とかくこの世はややこしい
選挙の季節となり、TVやインターネットでは様々な情報が氾濫している。

各党各候補が、公約やら方針やらを盛んにアピールしているが、要は何を言いたいのかよくわからない。

原発政策、憲法問題、経済政策、社会福祉など課題は山積しているのだが、すべてが抽象的すぎていて、政党や候補者が何をしようとしているか理解ができない。

「日本を取り戻す」という安倍自民党のキャッチコピーはそれを如実に示していると思う。

取り戻すという抽象的な動詞によって、何かあいまいな情念を喚起させ「人々が今喪失して不安な心理」に訴求しようという意図のようだ。

そこには、大衆心理(社会心理か)をどうしたらキャッチできるかという綿密な計算がある。
それは単に政党や政治家の資質の問題ではないように思う。
社会心理がそのようなマインドに流される現実をきちんと計算してのことだ。
TVのコマーシャル同様、社会マインドをうまくつかみ取り、その言葉や映像により商品の消費行動へとつなげる手法だ。

「あの良き時代の日本」が戻ってくるかもしれない、「3.11以前の日本に戻れるかもしれない」という幻想を刺激しているのだ。

しかし、それはどう考えても不可能だ。 冷静に考えれば考える程現実は厳しい。

そんなことは実は、国民はよくわかっているのかしれない。
「不可能である」ということを真正面に受け止めることが耐えられないから、その幻想を非現実的と思いながらも、そうなったらよいのにと自己暗示をかける。

人間はかくも弱い存在なのである。

私がこの選挙で何かを問うとしたら、以下の二択でわかりやすくしてもらいたい。

・原発依存を容認する代わりに、それ以外の不安(社会生活全般の)を限りなくリスクゼロにする。

・原発依存から脱却し、未来の不安からフリーになるかわりに、エネルギーへの依存体質を改め、さまざまな不安リスクを抑えながら生活していく。

いかがでしょうか。
壮年隊、飯舘へ行く
壮士隊や凌霜隊が郡上から会津を目指したように、40オーバーの郡上の壮年隊は金曜日の深夜にハイエースに乗り込み一路福島を目指した。

運転を交代しながら、夜が明けるころには、北関東に入り、二本松ICの次の松川SIで高速を降り、2008年に福島市に編入合併した飯野町に着いた。


飯館村役場自体が隣接する福島市飯野支所の建物に間借りしている。

そこで私たちを待っていてくれたのは、飯舘からの強制移転により、飯野町に住んでいる飯館市議の佐藤さんであった。

早々佐藤さんの案内で、同じく飯野町に移転している、鴫原区長さんにお話を伺いました。

鴫原区長の家のある長泥地区は、原発事故後の避難指定が1ヵ月も遅れ、放射線量が今も高く、帰宅困難地域として今も立ち入り規制されている地域です。(25年6月村民避難状況)

全村避難が2年以上続き、仮設住宅暮らしや家族ばらばらの避難暮らしが村民の心と体を疲弊させているといいます。

村として、当たり前にあった地域コミニケーションが分断されている現状が村民の不安をより深刻なものにさせているのだと。

話を聞いた後、元の飯館村庁舎へ。
ここで私たちも防塵マスクを着用した。



役場前の線量計は0.55μSv/hを示しているが、持ち込み機材で測定すると1.0μSv/hを超えている。「大体どこもこの程度の誤差がある」という。


ためしに庁舎前の側溝で測定したら、、、



なんと5.90μSv/h 驚きの残存放射線量だった。



鴫原区長の家のある長泥地区には、今も一般者は侵入できない。居住者のみが制限つきで立ち入ることが許されている。



飯舘村で避難せず暮らしている人の一人である細川牧場のオーナーの細川氏。
事故以来、避難して放置された牛馬の救出を依頼され、役所の殺処分指示も無視して娘さんと二人で数多くの牛馬を助けたという。
安全が確認されたものは地域外のオーナーに委託したという。今は馬とロバ十数頭を飼育し続けているが、この2年の間に放射線の被害と思われる奇妙な症状が発症し死亡が続いているという。(詳細)


この日も月に100万かかるというアメリカの飼葉を忙しく与えていた。



近くでは、雑草生え放題の田んぼで福島再生支援東海ネットワークの人たちが、効果の高い新たな除染方法の研究開発を続けていました。


ここは、平成に入って廃校となった小学校の敷地が仮設住宅として利用されていた。


翌日は、朝から隣の福島市の仮設団地にお伺いし暮らしぶりを聞いた。
近隣市内にはこのような仮設団地9か所あり、1177人が暮らしている。
(その他の避難先状況)


事故後の避難村民の心と体のケアのために、故郷に戻り寄り一人一人に寄り添い話を聞くSちゃん。



大規模な仮設住宅で、井戸端会議をしていたご老人の仲間に入れてもらいお話を伺った。

子供のある若夫婦などは、県外へ避難する場合が多く、近隣の仮設団地は相対的に高齢者が住居している。

当たり前であった、家族の暮らしが分断され、いつまで続くのか全く先が見えない避難暮らしによりも心身ともに疲れいてるはずだが、そんな気持ちを跳ね返すようにジョークや笑いが絶えない。
しかし、最後は一人の部屋(家族の場合もあるが)に帰らなければならない。

国は、村民の帰村を前提に莫大な費用を投入し除染作業を続けているが、本当にその除染作業の効果が出るのか、元のように安全な暮らしができるようになるかについては被災民の誰もが信用していない。



村に帰り当たり前の暮らしをしたいという村民の願いは、時間が止まったような風景の中で蜃気楼のように漂い、だれもいなくなった村にある山津見神社のオオカミの狛犬は虚空に向かって吠えていた。




<<prev | 最新 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 最初 | next>>