魂の所在~今あること。そして未来へ

プロフィール
ぺくさんさん
どうも。
ちょっと年はいってますが、
年取ってますます元気です!!

ふるさとへUターンして、ようやく調子を取り戻しました。

都市生活で疲弊していた身体が、長良川と森の精霊によってリライブしています。

このかけがえのない地域を未来の子供達に残していくために、まだまだがんばる所存です。

流域のみなさんよろしく!!!



QRコード
アクセスカウンタ
Total:970599
Today:24
Yesterday:140
天使と青い鳥
週末に娘が結婚した。

25歳というのは、適齢期という年齢だろうか。

私にとっては「えっもう!?」という感じだった。

娘が、高校生となり、大学にまで行き、社会人となって3年も働いたことだけでも驚きだった。

娘は、小学校から中学の一年までは殆んど学校には通えなかった。

その理由は今考えても良く分からない。

理由となりそうなことは沢山あったが、なぜ学校に行けないのかは本人にも分からずじまいだった。

しかし、何かのきっかけにより、突然と学校に通いだし猛勉強を始め、希望する高校に入り、希望する大学に入り 、希望する就職先に入ることが出来た。

私は、娘が小学校3年頃家庭を離れ、別居生活に入った。だから殆んど娘の日常を知らない。

休みの日とかに、娘達が通って遊びに来るという生活だった。

今思い返せば、親という資格など無いに等しいのだが、娘と縁が切れることだけは避けたかった。

それが結果的に良かったかどうかは今も分からないが、結婚式で「お父さんありがとう」などといわれると申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

本当は、結婚式自体も出る資格さえないのではとずっと考えていたのだ。

結婚することを知らされてからは、なんともいえないカウントダウンの日々が重苦しかった。


娘が郷里で産まれ、娘を抱いた妻を東京駅に迎えにいったときには、何重にも産着に包まれている娘が天使のように見えた。

この世には天使がいるのだと始めて知った。

天使は大切な人を守るために地上に降りてきたのだ。

大切な人は二人の大人。

ずっとその二人を守るためにそばを離れないで見守っていた。

そのことに気がついたのは、下の娘が高校で不登校になってからだ。

天使は二人を守るために、自分を犠牲にするのだ。


そしていつの間にか結婚式を迎えた。

天使だと思っていた娘は、いつの間にか青い鳥となり、羽が生えそろったと思ったら飛び立った。

もう、役目が終わったといわんばかりに、賛美歌がこだまする教会の中を飛び立っていった。

やはり天使だったのだ。

目の前には、見守られる人となった娘が幸せそうに笑っていた。

賛美歌が鳥の歌声のように聞こえ。








 
コメントエリア
■おめでとうございます
Peksanさま
おめでとうございます♪と
これまでお疲れ様でした(^^)

これからまた
楽しみが増えていきますね♪

おめでとうございます\(^o^)/
蓮舟 15/02/26 22:05

■責任を果たしたということで。
ぺくさんさん おめでとうございます。

うちにも同じ年ごろの娘が居りますが、まだまだそんな気配がなく、これを喜ぶべきかどうなのか考えさせられる話です。

悲しいものなんでしょうけど、子が巣立つことを喜ばなきゃいけないなと思ってる昨今です。
taki 15/02/27 22:13

■蓮舟様
ありがとうございます!!

同じ二人の娘をもつ身。

母と娘という関係は父親とはまた違う感慨があるでしょうね!!

奥さんもとても感慨深げでした。

彼女にとっても良いイベントとなったようです。
peksan 15/03/02 15:22

■takiさま
なにわともあれ、二人の子供がいてくれてよかったです。

人の一生の深みを感じられました。
peksan 15/03/02 15:25

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=30986