魂の所在~今あること。そして未来へ

プロフィール
ぺくさんさん
どうも。
ちょっと年はいってますが、
年取ってますます元気です!!

ふるさとへUターンして、ようやく調子を取り戻しました。

都市生活で疲弊していた身体が、長良川と森の精霊によってリライブしています。

このかけがえのない地域を未来の子供達に残していくために、まだまだがんばる所存です。

流域のみなさんよろしく!!!



QRコード
アクセスカウンタ
Total:945180
Today:191
Yesterday:272
書評『鄙への想い』田中優子著


図書館で借りた本で書評を書くなど、著者には大変失礼なことと思うがご勘弁を。

図書館でパラパラとめくってみた印象は、白洲正子の著作かくれ里のイメージだった。

でも、テレビでよく見るコメンテーターの雰囲気と、現在の職務法政大学学長という肩書からするときっと、右脳的(左翼的とは思わないが)な表現なのだろうなという感じもしていたので、当たらずとも遠からずという感じだ。

鄙とは、都(みやこ)に対する周辺地域。ひなびた地域という意味です。

簡単に言うと、都と鄙の関係を、専門の江戸近世文化論から近代社会批判を提起する内容となっています。

近世まで日本にあった、あの世とのかかわりや、コミュニケーションの意味を、3.11のような現実問題から問うています。

近世と近代の決定的な違いは、表面化した西洋化やグローバリズムによる均質化の基となる、"国"のとらえ方であると言います。

江戸は270以上の藩からなる州政府であったので、人々にとっての"くに"は元来藩という自分が所属している具体的な"場所"であったということです。

それが近代というピリオドを迎える中で、西洋社会の作り上げた抽象概念として国家にすり替わったことが、それ以前の日本の自然観や社会観、生死観を大きくかえていったのです。

だがしかし、今日の問題はグローバリズムか、ローカリズムかという問題では解決できないとも書いています。

"鄙を生きる"大切な考え方として、大きなシステムに依存する仕組みから脱し、小さな仕組みやコミュニティーで生きる単位を生み出していくことだと言います。

では、都市での生き方はどうすればいいのか?著者は江戸がそうだったように都市で生み出されたもの、排出されたものを、都市の中で処理し、リサイクルし、海や大地に戻すという倫理や思想が必要だと言います。

福島原発の事故の事を引き合いに出すまでもなく、近代都市が生み出している人工都市幻想からの脱却をするためには、異質なものや生活リスクを外部に排除することのない仕組みが必要だと結びます。

分析や論法、到達した想いについては、とても合意できる内容でしたが、過去の人物の著作や事象の引用が多く、田中氏の独創的感性(左脳的)が十分発揮されていないところが残念と言えば残念でした。




コメントエリア

まだこの記事のコメントはありません。

コメント投稿

コメント記入欄を表示するには、下記のボタンを押してください。
※新しくブラウザが別ウィンドウで開きます。

トラックバックエリア
この記事のトラックバックURL
http://www.musublog.jp/blog/trackback.php?id=22941