魂の所在~今あること。そして未来へ

プロフィール
ぺくさんさん
どうも。
ちょっと年はいってますが、
年取ってますます元気です!!

ふるさとへUターンして、ようやく調子を取り戻しました。

都市生活で疲弊していた身体が、長良川と森の精霊によってリライブしています。

このかけがえのない地域を未来の子供達に残していくために、まだまだがんばる所存です。

流域のみなさんよろしく!!!



QRコード
アクセスカウンタ
Total:944815
Today:98
Yesterday:219
映画『鳥の道を越えて』


8年ほど前に偶然東京で出会った同県人の今井君が初監督をした作品の記念上映会が今日、彼の故郷であり、作品の主な舞台でもある岐阜県東白川町であったので行って見た。

出会った当時から「地元に残る鳥猟文化を撮りたい」と言っていたので、この上映に至るまでは足かけ8年位は経過ているだろう。

彼とは縁があるのか、私がUターンした後も、郡上の美並を舞台にしたドキュメンタリーを基にした『日本山村会議』というワークショップが行われた縁で、彼の師匠である故姫田忠義氏とともに郡上でもお会いする機会もあった。

その縁で、今回の地元上映会以前に、この作品を自主上映しようと働きかけていて、自主上映会の前のスタッフの試写会として作品自体を見せていただいたので今回が初ではなかった。

前回そのスタッフで試写した時は、スクリーンも小さく画面の迫力が伝わりづらく、作品内容も決してエンターテーメントな内容ではないので、スタッフの感想としてはこれを郡上で自主上映して100名集めるのは結構大変ではないか?、何かイベントとセットでやればできないかという意見が出た。

作品の面白さを伝える側のスタッフからそのような意見が出されたので、これはなかなか難しいなと思い私から自主上映を秋以降に延期しようという提案をした。

丁度そのあと、今井君から映画館上映のオファーが来ているので自主上映を控えたいという連絡をうけたので、それなら丁度良かったと少し安心した。

作品は、東濃地域で昭和50年代まで続けられていた"カスミ網猟"という鳥猟の歴史を辿るドキュメンタリーで、彼のおじいさんから聞いた"鳥の道"を探すということから物語は始まっていく。

東濃地域では、昔からこの鳥猟が盛んで、渡り鳥が大陸から渡ってくる秋から冬にかけて多くの人たちが鳥を追いかけて全国各地を渡り歩いていたのだが、戦後のGHQ占領下の命令によりこの猟法が禁止されてからは密猟者扱いとなり、次第にこの生業を続ける人が姿を消していったのだ。

現在では、その鳥猟の経験者も80代となり、地元でもほとんどの人が実際の鳥猟を知らないという状態だ。

作品の中でも、戦後の"密猟狩り"の状況を伝えるインタビューもあり、それまでは当たり前に"カスミ網猟"に関わっていた人も次第に姿を消し、地域の生活様式から排除されていった。もちろんそれは、単に違法扱いになったからという理由だけでなく、そのような"仕事"をしなくても生活していける時代になったことも大きな要因となっている。


作品の中では、監督自身も地域文化と自然保護という対立概念で揺れており、決してその法律規制を批判する立場ではない。

作品の中で監督は、おじいちゃんが見たという"鳥の道"が僕にも見えたという地点でエンドロールとしている。

それは、観客にとっても決してすっきるする終わり方ではない。きっと突き放された感じをわざと残すことを期待しているような意図が見える。

この作品で表されていることは、この地域の人と文化のほんの一部を紬出して手繰り寄せて見せているに過ぎないのだ。

観客には"なぜ"という疑問がさまざま湧いてくるのだが、その部分は意図的に語られてはいないし、解説もされていない。

「こんな風に自分の足元にある一本の糸を手繰り寄せるだけで、日常では意識されてこなかった様々なことが露出してくるのだ」ということをこの作品は観客に突き付けているような気がする。

なぜ鳥を捕っていたのか?なぜ鳥を食べていたのか?なぜ鳥猟がこの地域に広がったのか?なぜそれが許されてきたのか?なぜそもそも猟をしていたのか?
なぜ急に衰退したのか?なぜ渡り鳥は飛んできたのか?なぜ渡り鳥は少なくなったのか?


疑問だらけの作品なのだが、その中で実際の渡り鳥の様子や鳥猟の方法だけは鮮明に記録されている。
「鳥屋場という山の鞍部にめがけて一斉に飛んでくる渡り鳥の羽音」を多くの猟師は鮮明に記憶している。そしてそれが忘れることができず鳥猟を続けるために全国各地を渡り歩いた人がいたことを。

合理性の理屈によって生きてきた現代人が、忘れ(させられ)てしまった人と自然とのかかわり方を、その豊かさを、唯一思い出させてくれる機会である自然との触れあい(鳥猟でなくても魚漁でも百姓でも)により、感覚的に理解できた世代がつい最近まで日本各地に沢山生きていて、そして今いなくなっている現在があるということをこの映画は私たちに示している。そんな風に感じた。

この映像がより多くの人の目に触れ、耳に触れ、ある感覚を呼び覚まし、平地人民を戦慄せしめんことを望む。



穴馬の伝承と文化


 最近地域のケーブルTVで市民投稿のビデオ(8ミリ)が放映された。
昭和55年に近所のお宮で上演された『為真の四季』というタイトルの素人芝居だった。

この地域でも昭和の時代までは、祭事の余興として旅役者の芝居とか、地区の氏子ののど自慢や素人芝居、地歌舞伎が境内で行われていた。
その当時は、地域の家族親族が集まっての宴会の中でにぎにぎしく行われていたことを思い出す。

そのビデオは、八ミリ映像をアナログテープに変換したモノをさらにデジタル変換したのもで、音声は限りなく劣悪で、映像も人の顔が判別できないほど劣化したものであったが、その映し出された芝居自体は極めて良質の"芸"で素人とは思えない出来栄えであった。

内容は、戦前の田舎の暮らしや季節の催事などを取り混ぜながらの無言劇で、春の田植え前の田んぼに牛を入れて耕す姿や、夏には、地元から出兵する兵士を送る壮行の催し、秋の人力脱穀機の稲刈りや、臼挽き、秋祭り、などが30分弱の舞台で面白おかしく見事に演じられていた。

その演劇の内容がとても素晴らしかったので、詳細を知りたくなり、ケーブルテレビで投稿者の情報を聞いて、お話を聞きに行ってきた。

その人は現在78歳になるHさんで、その芝居を創作し出演した本人であった。
聞いたところによると、神社境内の修復祝いでの催事として芝居を頼まれ、地域の人に呼びかけて3か月で練習して上演となったそうだ。

特に元となる台本があったわけでなく、今まで見てきた芝居の中から創作して芝居に構成したようだ。

当時の若い人たちは、今よりももっと芸能が身近で、自分たちが演じることにも慣れていたようで、いちいち演出家が所作を指導しなくても大体のイメージを伝えればその演技をすることができたと話した。それほど芝居慣れしていたのだろう。

話しは芝居のことに止まらず、H氏の出所来歴におよんだ。
もともとは、峠の向こうの福井県の穴馬(現大野市)の出身で、九頭竜ダムによって、全村集落移転が決定した昭和30年代、三十歳を過ぎたころこの地域の住民となり、移転して十数年後にその芝居を頼まれたというから、もともとそのような素質を地域の人に認められていたのだろう。

平成8年には、自分たちの一族が住み暮らした故郷の様子を未来に残す必要があると感じ、自らの記憶と当時の写真や地形図なども自筆で作成し、20ページ以上の冊子として作成している。その資料も見せていただいた。

そこには、失くしてしまった"ふるさと"の記憶を覚えている限り再現し後世の人に伝えたいという作者の魂といえる想いが込められている。

歴史伝承の資料としても大変貴重性の高い内容で、私たち世代が見失ってしまった"地と血の濃さ"のようなものをこれらの作品とHさん本人のありようから感じることができた。とても貴重な体験だった。